手首を使い過ぎて引っかける人はシャフトが左から入っているパターを選ぼう

 

 手首を使い過ぎて引っかける人はシャフトが左から入っているパターを選ぼう

手首を使い過ぎて引っかける人はシャフトが左から入っているパターを選ぼう

 パットの方向性が今ひとつ定まらない。インパクトで手首を使い過ぎてしまい、左に引っかけるミスを連発してしまう‥‥

 こういう場合、どんなパターを使えばミスを減らせるのか?

 手首を使い過ぎている自覚があるならば、ミスを減らすには2つの方法があります。ひとつはグリップ交換。今までよりも太いグリップに変えてみることです。太いグリップは指先側でクラブを握れません。手の平全体でクラブを握ることになって、手首を使いづらくなるからです。特に右手部分が太く作られたグリップは、インパクトでパンチが入りづらくなる分だけ、引っかけのミスを軽減できます。

 もうひとつはシャフトの装着方向。いろんなタイプのパターが市販されていますが、シャフトの装着方向は大別すると2つあります。ひとつは自分から見て右から。もうひとつは自分から見て左からです。プロや上級者に人気のパターの大半は、シャフトが右から入っていますが、手首をこねやすい人にはこのタイプはお勧めできません。シャフトが右から入っているパターの場合、構えた時はフェースが被らないメリットがありますが、ボールが捕まりづらい。結果、右に外すのを嫌がると、インパクトで手首を使い過ぎて引っかけやすくなります。対して、シャフトが左から入っているパターの場合、構えた時はフェースが被った感じに見えます(シャフトが右から入っているのに比べて)。このためボールを捕まえる動きが求められません。ハンドファーストに構え、ハンドファーストに打っても真っ直ぐ転がりやすい分だけ、手首を固定してストロークしやすくなります。

 たかがシャフトの装着方向と思うかも知れませんが、シャフトの挿し向きは構え方、打ち方に少なからず影響を与えます。ですのでパターを選ぶ時は、ヘッド形状だけで選んでしまうのは避けて下さい。シャフトの装着方向もしっかりチェックしてから購入を検討した方がいいでしょう。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。