ドライバーをリシャフトする時は純正よりもワンランク軟らかくすべし

ドライバーをリシャフトする時は純正よりもワンランク軟らかくすべし

ドライバーをリシャフトする時は純正よりもワンランク軟らかくすべし


 ツアープロやトップアマの影響もあるのでしょう。最近はアベレージゴルファーの間でもリシャフトする人が増えてきました。リシャフトとは、使っているクラブの純正シャフトを抜き、シャフトメーカーが独自に発売しているシャフトに差し替えることです。メーカー、モデルによって異なりますが、ドライバー用だとリシャフトに必要なコストは1本2万円から6万円ぐらいです。

 さて、このリシャフト。純正シャフトに比べると、シャフトメーカーのシャフトはバリエーションが豊富です。重さ、硬さを選べるのはもちろんのこと、素材にこだわったシャフトや調子(キックポイント)も色々選ぶことができます。純正シャフトが万人向けだとすれば、リシャフト用のシャフトは個性的なシャフトが多いです。

 では、どんなシャフトを選べば飛距離と方向性を安定させられるのか?

 例えば、ドライバー。軽くて手打ちになりやすいならば今よりも10gほど重くするといいでしょう。対して、46インチ以上の長尺で飛距離アップを狙うならば、今よりも5~10gほど軽くするといいでしょう。長くした時はシャフトを少し軽くしないと振りづらくなるからです。硬さについては注意が必要です。リシャフト用シャフトは、純正シャフトに比べると総じて硬めです。例えば、ドライバーで純正のSの硬さがちょうど良い人ならば、リシャフト用はSRかRをチョイスして下さい。今どきの純正シャフトはヘッドスピードが43m/s前後の人にちょうど良い硬さになっていますが、リシャフト用のSはそこまで軟弱ではありません。昔の今も45m/s以上の人が使いやすい用に作られているからです。

 シャフトの性能がどんなに良くても、重さと硬さが自分にマッチしていないと、シャフトの性能を引き出せないだけでなく、スイングに悪影響が出ます。特に、自分のパワーよりも硬いシャフトを使ってしまうと、打ち急いだり、切り返しで力んでアウトサイド・イン軌道になって、引っかけやコスリ球のミスが出やすくなります。シャフトの硬さ表記には基準がありません。特にメーカーの純正シャフトはゴルファーの高齢化に合せて、年々、軟弱化の傾向にあります。リシャフトを成功させるには、くれぐれも硬さを間違えないように注意してください。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。