ドライバーをリシャフトする時は シャフト接着寸にも注意すべし

ドライバーをリシャフトする時は シャフト接着寸にも注意すべし

ドライバーをリシャフトする時は シャフト接着寸にも注意すべし

 メーカーの純正シャフトが装着されたドライバーというのは、洋服に例えるならば吊しのスーツと同じです。どんなゴルファーにも扱いやすいシャフトが装着されています。対して、メーカー純正ではなくてリシャフト用のシャフトを装着すると、吊しのスーツではなく、オーダーメイドされたスーツに変身します。モデルによって異なりますが、ドライバー用だとリシャフトに必要なコストは1本2万円から6万円ぐらいです。

 さて、このリシャフト。買ってから試すのではなく、試してから購入することをお勧めします。大型ゴルフショップや練習場での試打会に行けば、クラブ同様、リシャフト用シャフトを試打できます。インターネットで「ゴルフ、シャフト」検索すれば、どこで試打できるチェックできます。そして、試打の時にこだわりたいのが最初の1発目。アイアンでウォームアップしたら、試打シャフトに持ち替えます。そして、素振りをしてから実際に打つ。1球ににチョロ、2球目に引っかけが出るようなシャフトは相性が悪いので手を出さない方が良いでしょう。1発目でちゃんと芯に当たって、曲がりも少ない弾道で飛距離が出るシャフトこそが、自分にとって相性が良いシャフトです。

 気に入ったシャフトが決まったら、次に必ずスタッフの人にシャフトの接着寸を聞いて下さい。接着寸とはシャフトの先端をどれぐらいヘッドに入れているかの寸法で、これがヘッドによって異なるからです。具体的に言うと、接着寸は30~55ミリぐらいと幅があり、この接着寸が異なると、同じシャフトでもしなり感、振り心地が微妙に異なります。接着寸が短くなるほど先端のしなりが大きくなって、振った時にシャフトが軟らかく感じます。対して、接着寸が長くなるほど先端のしなりが小さくなって、振った時にシャフトが硬く感じるのです。ゴルファーによって感じ方は異なりますが、5ミリ以上接着寸が異なると同じシャフトでも硬さやしなりのフィーリングが違ってくるのです。シャフトというのは先端の細いところが一番しなるので、最も細い先端部分の影響が一番大きいのです。専門的に言うと、接着寸が変わってくるとシャフトの先端剛性値が変ってしまうのです。

 試打した時にいい感じだと思ったシャフトでも、接着寸が異なるとシャフトは同じ性能を引き出せません。試打したシャフトと同じフィーリングを求めるならば、シャフトの接着寸を合せる。これがリシャフトにおける極めて重要なポイントです。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。