FWの重量チェックでトップ撲滅!

FWの重量チェックでトップ撲滅!

FWの重量チェックでトップ撲滅!

新しいフェアウェイウッド(以下、FW)を購入したら、途端にトップのミスが出始めた‥‥

ドライバーと違ってFWは地面から打つクラブ。ティアップして打てないので難易度が増しますが、もし、ダフりよりもトップが多いならば、ぜひともチェックしたいのがクラブの重さ。料理用の秤でかまいません。ドライバーと、苦手にしているFWの重量を比べてみて下さい。ドライバーよりもFWの方が軽かったり、どちらも同じぐらいの重量だったりしたならば、上手く打てない原因はスイングだけでなくクラブにもあると考えられます。

ご存じのように、今どきのドライバーは45インチ以上が当たり前。それに対して3Wは昔も今も43インチ前後がスタンダード。2インチ以上も長さが異なるのに、FWの方が重量が軽いと、振った時にはその重量差以上に軽さを感じます。結果、手打ちが助長されたり、インパクトゾーンで手首のコックがほどけるタイミングが遅れやすくなって、ヘッドがボールに届きづらくなるのです。

FWに限らず、必要以上に軽いクラブはダフりのミスが出づらく、トップやチョロが出やすくなってきます。
では、ドライバーとFWとでは、どれぐらいの重量差が必要なのか?
例えば、ドライバーの重さが300gの場合ならば、3Wの目安は310~320g。ドライバーよりも10~20g重くなっていれば重量フローが整います。長さと重さの関係が良くなって、手打ちになるのを防止できますし、手首のコックがほどけるタイミングが合ってきて、ボールの下にヘッドを入れやすくなってトップを防げます。

クラブの重量を調整するには2つの方法があり、ひとつはシャフト交換。10~20g重いシャフトを装着すれば軽いFWを重くすることができます。もうひとつは、シャフトの手元側(グリップとシャフトの境目近く)に重量調整用の鉛を張る方法。5~10gの鉛を張ると、スイングバランスを変えないでクラブ重量をアップさせられます。

FWでトップが多発するならば、まずはシャフトに鉛をペタッと貼ってクラブを重くして下さい。たかが5~10gと思うかも知れませんが、重さが変わるとクラブの振り心地は結構変わります。クラブを買い換えなくてもトップのミスを減らせるでしょう。

アナライズ開発のフェアウェイウッド用シャフト ANALYZE W65

http://tld.easy-magic.com/user/index.php?menu_id=95&main_content_type=NEWS

アナライズのシャフトスタビライザー

http://www.analyze2005.com/sstotal

 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。