アイアンの選び方はテークバックの仕方で決まる

アイアンの選び方はテークバックの仕方で決まる

アイアンの選び方はテークバックの仕方で決まる

ツアープロが好んで使っているからでしょう。アマチュアの憧れとなっているのがヘッドが小ぶりマッスルバック形状のアイアン。デザインがシャープで格好良いこともあり、「難しくても使いこなしたい」と思っているアマチュアが少なからずいます。

さて、このアイアン選び。ヘッドが小ぶりなマッスルバックは、大型ヘッドのキャビティに比べるとスイートエリアが広くありません。性能を引き出すには正確なミート率が要求されますが、長所もあります。

ドライバー同様、アイアンの場合もフェースが小さいほど重心距離が短く、フェースが面長になってくるほど重心距離が長くなってきます。重心距離が短いマッスルバックはヘッドの操作性が高く、スイング中にフェースの向きをコントロールしやすい。ドローやフェードを意図的に打ち分けたいプロ、上級者にとっては、「やさしい」アイアンになってくれるのです。

他方、大型ヘッドのキャビティは重心距離が長く、操作性が低いです。真っ直ぐ打つのには適していますが、わざと左右に曲げたい時には「難しく」アイアンになるのです。

そしてアイアンは、スイングによっても適したヘッドの大きさがあることをお教えしましょう。

テークバックでフェースを開いて上げたり、トップでフェースが開きやすい人は、ヘッドサイズが小さいアイアンがお勧めです。このタイプのゴルファーはスイング中にフェースの開閉が大きいと言えますから、重心距離が短い方がインパクトのタイミングが合わせやすいし、方向性も安定してきます。

テークバックでフェースを閉じている人や、宮里藍プロのようにトップでフェースが空を向く人は、フェースが面長でヘッドが大きいアイアンがお勧めです。このタイプはスイング中にフェースの開閉が小さいため、重心距離が長い方が、スイング中にクラブの動きをコントロールしやすく、直進性も活かせるでしょう。

ちなみに、重心距離は飛距離性能にも少なからず影響を及ぼします。同じロフトで打ち比べた場合、大抵のゴルファーは重心距離が長いアイアンの方が飛距離が出ます。アイアンにも飛距離性能を求めているならば、迷わず大型ヘッドを選んだ方がいいでしょう。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。