3パットを連発する人は、センターシャフトのパターを使おう

3パットを連発する人はセンターシャフトのパターを使おう

3パットを連発する人はセンターシャフトのパターを使おう

ショットはそこそこなんだけど、グリーン上に上がるとパットが決まらない。3パットを連発してしまって、スコアを崩してしまう・・・

3パットが出る要因はいくつかありますが、アマチュアに多いのが「距離感」の悪さでしょう。10メートルのパットを打つ場合、左右に3メートル外す人はそういません。ところが、3メートルショートしたり、3メートルオーバーする人は結構います。言い換えれば、3パットを減らすコツは距離感のミスを減らすこと。最初に打つパットの距離感が良くなれば、確実に3パットの回数を減らせるからです。

では、どんなパターを使えば「距離感」が良くなってくるのか?

ショートやオーバーを減らすには、芯で捕らえることが重要なポイントです。芯を外すと転がりが悪くなってショートしやすいし、ショートを嫌がると「強く打ち過ぎて」オーバーしやすくなるからです。具体的に言うと、慢性的に距離感が良くない人は、ヘッドが大きくてセンターシャフト構造のパターがお勧めです。通常のパターと違って、センターシャフトのパターは重心距離がゼロです。

センターシャフトのパターは、野球のバットとかテニスのラケットと同じ構造と考えると良いでしょう。シャフトの延長線上に芯(スイートスポット)があるので、重心をコントロールしやすくなっています。そして、シャフトの延長ということは通常のパターよりも手や腕の延長と同じような操作感が得られます。自分の感覚がダイレクトに伝わりやすい分だけ、芯で捕らえやすいのです。ゴルフの経験がまったくない人でも、センターシャフトのパターならば数分打つだけで上手く芯で捕らえることができます。

パターは遠くに飛ばすことが求められませんが、反面、どのクラブよりも正確な距離感、正確なミート率が要求されるクラブです。芯を外して打ってしまうと、ボールの転がりがガラッと変わってしまうのです。

センターシャフトのパターは「構えづらい」、「フェースの向きを合わせづらい」等の短所はありますが、パットの距離感に問題を抱えている人にとっては、確実に自分の欠点をカバーしてくれます。3パットを減らすには練習も大事ですが、自分の欠点をカバーしてくれる道具(パター)を選ぶことも大事です。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。