ドライバーはミスの形状で選べ!

az_ce_dr021ドライバーを選ぶ場合、多くのアマチュアは構えた時の顔付き、そしてフェースの向きやフェースの分厚さに目を奪われがちです。

確かに、構えた時にボールが上がりづらく感じたり、方向性が出しづらいと感じるクラブは手を出さない方がいいです。プレッシャーがかかった場面では、「何となく構えづらい」クラブよりも「すんなり構えられる」クラブの方が気持ち良くスイングできますし、不安要素が少ない方がミスも減らせます。

ですが、ドライバーを得意クラブにするには顔付きだけで無く、お尻の形状にもこだわって下さい。打球面であるフェースがクラブの顔だとすれば、お尻にあたる部分となるのはバックフェース(フェースの反対側)。ここの形状は、お尻が高いハイバックと、お尻が下がったシャローバックとに大別できます。

では、我々アマチュアはどちらを選べばいいのかというと・・・

選択条件となるのがミスの傾向。例えば、アイアンが得意でドライバーが苦手な人や、ドライバーでテンプラのミスが出やすい人は、シャローバックをお勧めします。このタイプの人はドライバーでも打ち込む傾向があって、それがミスを招いています。しかし、シャローバックならば、お尻が下がっている分だけアドレスで右肩下がりになりやすいため、無意識の内にアッパー軌道で振りやすくなるのです。そしてミート率アップという結果がついきます。

他方、ドライバーでトップやチョロが出やすい人の場合は、ハイバック形状がお勧めです。このタイプの人はすくい打ちし過ぎる傾向があって、それが前出のミスを招くのです。でもハイバックならば、お尻が高い分だけアドレスで右肩が下がりませんから、すくい打ちになりづらいアドレスを作れて、ミスを減らすことができます。

もちろんドライバーでミスを減らすには技術的な裏付けも必要ですが、大半のゴルファーは構えた時に、ボールとクラブの両方を見ています。そして、知らず知らずの内に、その視界の中の情報から、ヘッド形状に見合ったアドレスをしがち。ゴルファーが視覚に左右されることを上手く利用すれば、道具(クラブ)でもミスを減らせるのです。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。