マーク金井blog

カテゴリー: 超私的なゴルフ場調査

2016年05月04日超私的なゴルフ場調査~ダンロップGCパー3コース(兵庫県) 前編

マーク金井の独断と偏見に満ちあふれた超私的なゴルフ場調査、今回はMMT9パー3チャンピオンシップの会場である、ダンロップゴルフコース パー3コース(兵庫県、神戸市北区)MMT9は9ホールのプロトーナメントですが、今回はスピンオフ大会ということで、パー3のコースで開催します。ダンロップゴルフコースにはパー72、コースレートが72.9の本格的なコースがありますが、そのすぐ隣にパー3コースがあります。どのホールも林でセパレートされており、打ち上げ打ち下ろし、池越えや谷越えもある本格的ショートコース。最短が52ヤード、最長ホールが136ヤードとなっている。

mv-2

5月8日開催!!

5月2日プレー。
スタート時間 午前8時45分ごろ
天候は快晴。微風。
スタート時間の気温はすでに25度前後あり、プレー開始とともに気温が上がり、プレーの体感温度は28度前後。

 

概要
開場日:1994年 4月1日
コース設計・大橋貞吉
1783ヤード   パー54
コースレート:なし
高麗、1グリーン
担ぎでの歩いてのラウンド

 

アクセス

車利用の場合
大阪市内からは中国自動車道、西宮北ICから約7分。
三宮からは新神戸トンネルを経由して、約35分。

 

クラブハウス

パー3コースにもクラブハウスがあり、2階建て。正面玄関入って左奥側に受け付け。右手前側にロッカールームとトイレ。右奥にレストランがある。入ってすぐ右側にコースレート保持者のプレートがあり、ジュニアの部では男子ツアーで活躍する藤本佳則が47(7アンダー)をマークしている。

 

練習場

1番ホールの左側に練習グリーンとパッティンググリーンを完備。パー3コースの駐車場の隣には広々とした打ちっ放し練習場もある。

 

グリーン    高麗グリーンで芝目も適度に強い
スティンプメーター7~8フィートぐらい
バンカー    基本的にバンカーは少なめでアゴも低い
ラフ      脱出に苦労するほど長くない
ティグラウンド 人工芝

 

1番 99y パー3

軽く打ち下ろし~

軽く打ち下ろし~

真っ直ぐでわずかな打ち下ろし。グリーン左サイドには縦に細長いバンカーが配置されている。グリーンもバンカー同様、縦に細長い。グリーンは軽い受けグリーン。ピン位置にもよるが、右サイドに打った方がパーを取りやすい。マーク金井はPWで軽めに打って右サイドのカラー。そこからパターで打って2パットのパーでホールアウト。

 

2番 66y パー3

1番と同じく軽い打ち下ろし。左手前に小さいバンカーがあり、グリーンが横長。グリーン奥は段差になっていて凹んでいる。オーバーするとアプローチが難しい。ピンが奥の時でも手前に乗せた方がスコアをまとめやすい。ティショットを奥に外し凹んだラフ。ちゃっくりしそうなライなので、テキサスウエッジ(パター)でガツンと打って30センチに寄せてパーでホールアウト。

 

3番 105y パー3

打出しが狭い~

打出しが狭い~

豪快な打ち下ろし。高低差は9mもある。打ち下ろしを計算した距離を打ちたくなるが、そうするとショートしやすいホール。打ち下ろしを気にせず距離表示通り打った方が、距離が合いやすい。PWで軽めに打ってピン横3mに乗せるものの、ラインを読み違えてナイスパー。

 

4番 52y パー3

谷越え~

谷越え~

距離が一番短いが谷越えホール。バーディを狙いたいホールだが油断できない。グリーン奥は横幅がなく、左右に外すと寄せが難しい。

 

5番 95y パ-3

やや強めの打ち下ろし。高低差は6.6m。グリーン右手前にバンカーがある。ピン位置に関係なく、グリーン中央を狙った方がパーやバーディを取りやすい。

 

6番 115y パー3

ハンデ1~

ハンデ1~

池越えで軽い打ち上げ。視覚的にプレッシャーがかかり、グリーン手前は崖になっているのでショートは禁物。グリーンは斜めに横長。ここもピン位置に関係なくグリーン中央を狙いたい。グリーンは右奥が一番高く、手前に乗せるとスライスラインのパットが残りやすくなる。このコースで一番難易度が高いホール。

 

7番 94y パー3

軽い打ち上げ~

軽い打ち上げ~

グリーン右サイドはバンカー。軽い打ち上げなので、5ヤードくらい強めに打つと距離が合いやすい。グリーンは縦長なので、ピン位置をしっかり確認して打ちたいホール。

 

8番 114y パー3

このコースで一番打ち下ろしが強いホール。このホールは打ち下ろしの分だけ10ヤードぐらい距離を差し引いた方が距離が合いやすい(無風の時)。手前からグリーン中央に狙って打つとワンオンの確率が上がる。

 

9番 120y パー3

グリーンは2段~

グリーンは2段~

軽い打ち上げで、グリーンは縦長で2段。ピンが右奥に立っていると非常に難易度が高くなる。ピンが右奥だと10ヤードぐらい距離を足したくなるが、オーバーすると寄せづらい。ピンを狙うのもありだが、グリーン中央に乗せて、パットで頑張るという攻め方も大いにありだ。

 

後半は次回アップします~。

(▼▼)b



アナライズ製品試打、体験会

7年ぶりに販売を再開した超柔らかシャフトの練習器具EF-009(現在予約販売中)

発売以降大人気のマジックマリガンフェアウェイ
ミニドライバー的な飛距離重視の3+とロフト17度の簡単にフェアーウェイから打てる、3HLの2種類のロフトとW65、W602種類のシャフトラインナップ

バンスソール採用で打ちやすさを追求したマジックマリガンユーティリティ

グリーン周りで絶大な力を発揮する、マジックマリガンチッピングユーティリティUT35をはじめ、アナライズオリジナルクラブを試していただける試打会を開催します。

他にも、多数のツアープロも愛用している、爆発的な人気の練習器、【ゴルフの竪琴】
今どきの重心距離の長いクラブに対応出来る様に、シャットフェースなスイングを身につける為の短い長さの練習機【スーパーシャットくん】等が
実際に手に取り体験して頂けます。

開催日時
4月30日(土) 15:00~18:00
5月 2日(月) 15:30~18:30
5月 5日(木) 15:00~18:00
5月 7日(土) 11:00~13:00   15:00~18:00

開催場所 アナライズ神田スタジオ
http://www.analyze2005.com/?page_id=21

上記開催時間は、ご予約無しでご来店頂けます。

当日、在庫のある商品につきましては、その場で販売も行っております。
(お支払いは現金のみとなります)

マジックマリガンフェアウェー、ユーティリティのカスタムのご相談等も承ります。

是非この機会に、実際にお手に取り試して頂きその打ちやすさ、練習機の効果を体感してみてください。


2015年11月13日MMT9の聖地、千葉市民ゴルフ場でいいスコアを出すコツとは!?

昨日は久しぶりに早朝9ホールを楽しんできました。場所は9ホールの聖地、千葉市民ゴルフ場。平成20年10月23日に開場で設計監修は永久シード権を持っている片山晋呉プロ。ホール数は9ホールで、グリーンはベントのワングリーン。初心者も手軽にゴルフを楽しめるように作られた癒やし系コースです。

12241773_10204055735833582_5224243623770242038_n

 

ヤーデージ 3055y パー36(ブルー)
      2702y パー36(ホワイト)
      2365y パー36(レッド)

 

距離はそれほど長くありませんし、OBはコースの外周だけ。隣ホールに打ち込んでもそのまま打てます。ドッグレッグもありますし、大きな池が2つあります。やさしいながらもハザードは適度効いています。来週の木曜日(11月19日)にはMMT9の予選会があり、12月17日(金曜日)には第4回本大会があります。昨年12月にも開催しているので、今回で2回目です。

12002984_906395532785041_7223015754433566119_n

 

そこで今回のエントリーは千葉市民の攻略法について超私的に書きたいと思います。前回の予選のカットラインは+2(38)のカウントバック。今回も恐らく、カットラインは同じくらいでしょう。手前味噌ですが、前回の予選のメダリストは-2(34)でマーク金井でした。

 

千葉市民を攻略するコツですが、ズバリ、セカンドショットです。パーオン率が高かければ高いほどスコアをまとめられます。初心者でもプレーしやすいようになっているのでグリーンのアンジューレーションがそれほど強くないからです。逆に言うと、ティショットで求められるのはナイスショットよりもミスショットを打たないこと。ティショットは200yも飛べば、すべてのホールでセカンドでグリーンを狙えるからです。

 

ティショットについて注意が必要なのは、、、、

1番、2番、4番、5番、9番。

12241775_2200114670129432_4701531539606912961_n

1番ホール 左はOB、右はかなり広い。

course_map

 

 

この4ホールとも右サイドは50ヤード以上曲がってもセーフですが、左に曲げてしまうとOB、もしくは池が待ち構えています。なので、この5ホールに関しては、フェアウェイキープすることよりも、OB、池ポチャしないようにティショットを打つことです。

 

具体的に言うと、右のラフを狙って下さい。

 

例えば、1番と2番の場合、フェアウェイの右サイドにバンカーがあります。普通でしたらバンカーの左サイドを狙うのがセオリーですが、千葉市民の場合でしたら、バンカーに入れるつもりで打つか、もしくはバンカーの右を狙う。これだけで左OBを避けられます。4番と5番は左サイドに池がずっと続きます。ここも右のラフぐらい狙いましょう。5番に関しては、右サイドに策があります。マーク金井は勝手に「動物園」と名付けてますが、この動物園に打ち込むように心がければ、相当なミスショットをしても池には入りません。

 

次に、千葉市民でスコアを崩しやすいホールを上げると、

2番、4番、9番

 

2番はティショットでは左OBが目に入ります。フェアウェイの両サイドに大きな木があり、フェアウェイにボールがあってもセカンドがスタイミーになります。もしも木が邪魔だと感じたら無理は禁物。そしてフックをかけて狙うは避けた方がいいです。グリーン左サイドにはOBがあり、フックがかかり過ぎてしまうと大叩きする恐れがあるからです。

 

4番は距離が短いパー5ですが、左サイドはグリーンまでずっと池。セカンドで引っかけると池ポチャしやすいホール。セカンドは右サイドのラフでいいぐらいで狙った方が安全ですし、3打目も打ちやすくなります。ここはグリーンアンジュレーションが強く、ピンが手前ならショート目。ピンが奥ならばオーバー目の方がスコアメイクしやすいです。

 

そして最終9番。ここも距離が短いパー5。ティショットが上手く打てれば、残り距離は170~200y。2オンを狙えますが、右サイドには巨大な池が待ち構えています。そして、グリーンオーバーはOB。池を嫌がって大きめに打つとナイスショットがOBになったりします。もちろん、池越えを狙ってダフると大叩きします。バーディー、イーグルも出ますが、トリプル以上も出やすいホール。ティショットはフェアウェイキープがベストですが、左サイドはOB。安全に行くならば右のバンカー狙いがいいです。バンカーに入ったらウエッジか9番ぐらいでレイアップ。200yを切っててボールのライが良ければ、思い切って狙っていくのもいいでしょう。このホールは逃げるよりも攻めた方がスコアメイクしやすいです。

12241601_10204055940878708_1554024367831219546_n

最後に、すべてのホールについて言えますが、グリーン中央に乗せておけば特別難しいパットは残りません。パープレー(36)を本気で狙うならば、ピンポジションを一切気にしないで、グリーン中央を狙いましょう。全ホール、グリーン中央にパーオンできれば、パターの調子がそれほど良くなくても36を出せるでしょう~。

 

(▼▼)b

11月もドーンとセミナー祭りやります

  • 11月21,22,28日 11時から ゴルフの竪琴セミナー
  • 11月21,22日  13時から インパクト解析セミナー
  • 11月23,28日  13時から シャフトセミナー
  • 11月23日   11時から ストレッチパッドセミナー

どのセミナーも開催時間は1時間30分の予定です

詳しいことは↓こちらをクリックして下さい

bnr_store_seminar

 

マーク金井の電子書籍が発刊されました

↓こちら全五巻です お求めやすい価格となっております

41858_ext_06_0


mulligan_ut35_top

アプローチが苦手なあなた!

こちらはロフト35度そして、ウッド型UT形状で重心深度も深めなので、ミスにも強いそして500g以上としっかりとした重量!!加えて太いグリップで手元に重量がありテイクバックしやすいんです

コチラはパターに近いクラブです

ほんとにパターみたいにアプローチできます!!!

ポーンと寄ります!!!

コチラはお値段 お手頃で10584円!!


大ヒットした リンクスSSアイアン&ウエッジがモデルチェンジ!

bnr_store_mulligan_iron

 

アナライズ10周年記念 T島ブログ仕様 マジックマリガンUT大好評販売中

マジックマリガンUTに、アナライズのプレミアムグリップを装着して、お値段そのまま!!! なんか微妙ですがちょっぴりお得になっています

NS950装着モデルもT島仕様あります↓よろしくお願いします

ut00011-300x300

こちらもほぼ毎日更新しております。アナライズのストアブログ(T島ブログ)よろしくお願いします↓クリック

store_blog_header

2015年09月16日超私的なゴルフ場調査~小樽カントリー倶楽部 旧コース

マーク金井の独断と偏見に満ちあふれた超私的なゴルフ場調査、今回は北海道で2番目に古い(北海度最古とも言われている)、小樽カントリー倶楽部 旧コース(オールドコース 北海道、小樽市)。

 

otaru

 

小樽カントリーというと新コースの方が有名ですが(日本オープン開催コース)、最初にできたのは旧コースです。北海道で2番目に古く(一説で一番古い)、1928年(昭和3年)4月15日に3ホールが完成し、5月に6ホール、9月には9ホールのゴルフ場となっています。日本海、銭函海岸に面したシーサイドコースで日本のセント・アンドリュースとも呼ばれています。もともとは牧草地。開場当初はフェアウェイに牛がいたり、コースに流れる小川で洗濯する人もいたそうです。

 

距離は3133。ティマークはひとつだけです。バックティもレディスティもありません。
グリーンはベントのワングリーン。どのグリーンも小さめです。設計は久野岩治。

 

9月10日プレー。
スタート時間 午前12時10分ごろ
天候は曇り。強風。
スタート時間の気温は20度前後で、プレー中の体感気温も20度ぐらい。半ズボンでプレーするとやや寒い。
開場日:1928年 (昭和3年)
コース設計・久野岩治
3133ヤード   パー36(ティはひとつだけ)
ベント、ワングリーン
電動乗用カート利用。フェアウェイ乗り入れ可。

 

アクセス
車利用の場合
札樽自動車道/銭函ICより2㎞
電車利用の場合
JR函館本線・手稲駅からタクシーで約5分
札幌市内からだとタクシーで約45分

 

クラブハウス

clubhouse

Restaurant

launch

歴史を感じさせる建物は山小屋風2階建て。入ってすぐ右手に受付、左手に洗面所とロッカールーム。らせん階段を上がった2階にレストラン。2階からはコース全体、そして銭函海岸を見渡すことができます。

 

フェアウェイ  洋芝で、ところどころにディボット跡が目立つ
ラフ      セントアンドリュースのような深いラフもある
グリーン    ベントで芝目も適度にある
スティンプメーター9フィート前後
バンカー    バンカーは少なめ、アゴもそれほど高くない

 

1番、355y パー4

 

1ht

1hg

真っ直ぐなミドルで左右に曲げるとOBがあります。プレーした日は右から左へ(海に向かって)の強烈なサイドウインドが吹き、真っ直ぐ打つと左のOBまで曲がります。マーク金井は持ち球がドローなこともあり、思い切って右OBゾーンめがけてティショット。ボールは風で30ヤード以上流されてフェアウェイ中央に落下。グリーン周りは左右に木が配されて少し林間風。残り120yを9番アイアンで打って、グリーン左に2オン。8mのファーストパットを50cmに寄せてパーでホールアウト。

 

2番、139y パー3

2ht

海に向かって真っ直ぐなショート。距離は短めですが、ティからグリーンの間は深いブッシュ。セントアンドリュースのような雰囲気があります。グリーン手前にはバンカーも待ち受けています。ティショットをチョロすると、ひざの高さぐらいまであるブッシュからのショットになり、脱出は極めて困難。強いフォロー風が吹いていたのでPWでティショット。ピン左横3mにワンオンするものの、ラインを読み切れずバーティパットはカップの左端を通過。2パットのパー。

 

3番、380y パー4

3ht

銭函海岸と平行した真っ直ぐなミドル。ティグラウンドのすぐ右は林がありますが、そこを抜けるとホールをセパレートするものはなにもなく、だだっ広い空間が広がります。これぞリンクスとう景色は圧巻です。どこからどこまでが、自分のホールなのか分かりません(笑)。それでいて、フェアウェイの右サイドには幅1mぐらいのクリークが流れています。風は左から右に強く吹くので、強いドローボールを打つものの、風に流されてドローがフェードになりました。ティショットは右サイドのクリークに入ったので、ワンペナでドロップ。残り120yをPWを打ち、ピン横50センチに3オン。これを沈めてパーでホールアウト。

 

4番、432y パー4

4ht

3番の折り返しで、長くて真っ直ぐなミドル。小樽旧コースの中で最も長いミドルでハンデ1のホールです。ここも隣ホールとの境界線がまったくありません。平坦なホールですが、フェアウェイは自然の起伏でかなり凸凹してて、つま先上がりやつま先下がりになる場合が少なくありません。グリーン周りは3つのバンカーが待ち構え、難易度が高くなっています。ティショットをフェアウェイにキープするものの、残り180yのセカンドを引っかけてグリーンオーバ-。そこから3オンするものの、3パットしてダブルボギーでホールアウト。

 

5番、340y パー4

5hg

ほぼ真っ直ぐなミドル。左右はOBでグリーン周りは少し林間風になっています。ここもプレーした日は右から左への強い横風。ティショットは右のラフ。残り130yのセカンドは左に曲がるのを計算に入れて、グリーン右サイドに狙って打つと、風の影響がまったくなくてグリーン右サイドのラフ。ベアグラウンドからのアプローチをなんとかグリーンに乗せ、2パットのボギーでホールアウト。

 

6番、487y パー5

6ht

6hb

ほぼ直角に左ドッグレッグしているロング。曲がり角にはフェアウェイバンカーが配置さており、右サイドは広々している。真っ直ぐ打って飛びすぎると銭函海岸が待ち受けています。フォローの風に乗せてと思ってバンカー越えを狙って打ったら、フォローの風にボールが叩き落とされ、バンカーに落下。バンカーから脱出するのに2打費やして4オン。グリーン奥から12mのファーストパットを3mショートして3パットのダボでホールアウト。

 

7番、517y パー5

7ht

7hg

真っ直ぐなロング。フェアウェイ右サイドは銭函海岸。海にもっとも近いホールで、ティからは手稲山が見渡せます。ホールはひたすら真っ直ぐですが、グリーン手前の左サイドには荒涼したブッシュがあります。ここも左から右への風が強く吹き、スライスやコスリ球を打つとボールは簡単に銭函海岸に飛んでいってしまいます。ドライバー、セカンドを上手くフェアウェイキープでき、残り50yをピン奥3mに3オン。これを1発で決めて初バーディ~。

 

8番、155y パー3

8ht

グリーン手前と左サイドにバンカーが待ち受けているショートホール。ここも風が左から右に強く吹き(海に向かっての風)、風の計算が難しくなっています。オーバーすると寄せるのが難しく感じたので8番アイアンでティショット。グリーンを5yほどショートするものの、アプローチを1.5mに寄せて、ワンパットのパーでホールアウト。

 

9番、328y パー4

9ht

ほぼ真っ直ぐなミドルですが、ティグラウンドの右側からブッシュがはみ出していて、ドローボールを打たせてもらえません。フェードを求めてくるホールですが、フェアウェイ左サイドにはブッシュが待ち受けています。距離を考えると、ティショットは200yぐらい打てるクラブでフェアウェイ左をキープした方が、安全かつセカンドでグリーンを狙いやすくなります。マーク金井はドライバーでインテンショナルスライスを打ち、フェアウェイキープ。残り70yのセカンドをザックリしてショートするものの、アプローチを2mに寄せて、ワンパットのパーでホールアウト。

 

総評

SC

9ホールだけのゴルフ場ですが、これぞ北海道のリンクス。お隣の小樽カントリー新コースは林間コースなのに対して、旧コースはセント・アンドリュースと同じく、自然そのもののレイアウトを楽しめます。かつては2グリーンだったみたいですが、現在はワングリーンになっていて、グリーン周りはそれなりに絞られています。グリーンは小さくて硬いので、フォローの風が吹くとボールをグリーンに止めるのが難しくなります。風を遮るものが何もないので、強い風が吹けば吹くほど、コースの難易度が上がり、挑戦意欲をかき立てられるコースです。乗用カートではなく、担ぎセルフでプレーしてみたいです~。

(▼▼)b


 

アナライズからお知らせ

マーク金井の電子書籍が発刊されました

↓こちら全五巻です お求めやすい価格となっております

41858_ext_06_0


mulligan_ut35_top

アプローチが苦手なあなた!

こちらはロフト35度そして、ウッド型UT形状で重心深度も深めなので、ミスにも強いそして500g以上としっかりとした重量!!加えて太いグリップで手元に重量がありテイクバックしやすいんです

コチラはパターに近いクラブです

ほんとにパターみたいにアプローチできます!!!

ポーンと寄ります!!!

コチラはお値段 お手頃で10584円!!


大ヒットした リンクスSSウエッジがモデルチェンジ!

リンクス SSマジックマリガンウエッジ!販売開始↓

bnr_store_mulligan_wg (1)

アナライズ10周年記念 T島ブログ仕様 マジックマリガンUT大好評販売中

マジックマリガンUTに、アナライズのプレミアムグリップを装着して、お値段そのまま!!! なんか微妙ですがちょっぴりお得になっています

NS950装着モデルもT島仕様あります↓よろしくお願いします

ut00011-300x300

こちらもほぼ毎日更新しております。アナライズのストアブログ(T島ブログ)よろしくお願いします↓クリック

store_blog_header

マーク金井ブログ更新しています小樽カントリー倶楽部旧コース行ってみたい!http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=14092

Posted by マーク金井のアナライズ on 2015年9月15日


2015年09月13日北海道でゴルフをするなら、どこでプレーするのがいいのか!?

先週は久しぶり北海道でゴルフを2ラウンド、そしてトーナメント観戦をしてきました。プレーしたのは「サンパーク札幌」と「小樽カントリー旧コース」。どちらも午後スルーで18ホール。北海道はスループレーが基本なので、1日を有効に使えるのがいいです。そして、一昨日の金曜日は恵庭カントリークラブで「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」を観戦。同じ北海道にありながら、3つのコースはまったく雰囲気が異なります。

125998_600400

マーク金井設計 リンクスナチュラルパタープロトタイプを使う片山晋呉プロ。写真はGDOより転載 撮影は内田眞樹カメラマン

サンパーク札幌は広々とした癒やし系コース。OBがほとんどありませんし、グリーン周りも厳しくありません。千葉県にある千葉市民ゴルフ場に似ていて、スキー場に例えるならば、初中級ゲレンデ。誰もが楽しくプレーできますし、いいスコアも出やすくなっています。レディスティーの配置も絶妙で、女性がベストスコアを狙いやすいコースです。料金も手頃です。場所は千歳空港と札幌しないのほぼ中間。地の利もGoodです。

12009772_10203793390235106_7211591273268645090_n

 

11954740_10203793676682267_3316747845993270188_n

 

 

小樽カントリー旧コースは9ホールです。開場は1928年。北海道で一番歴史のあるコースだと思ってましたが、調べてみると1年違いで2番目に古いゴルフ場でした。日本海に面したシーサイドコース。もともとは牧場地だったこともあって、ホールとホールの間はまったくセパレートされてません。自然のままに作られたコースは、ゴルフの聖地、セントアンドリュースに似ています。スキー場に例えるならばバックカントリー。フェアウェイは自然の起伏で凸凹してますし、チョロしたり、曲げると深いラフにボールが飛び込みます。ショットが不安定なゴルファーがプレーすると、ゴルフをする時間よりもボールを探す方が時間がかかるでしょう。グリーンは小さくて硬く、ラフから打つとまず止まりません。コースを遮るものが何もないので、風の影響が強く、風対策が上手くでなきないとスコアメイクできません。日本にいながらゴルフの原点を存分に味わえるコースです。場所は札幌市内からタクシーで約45分ぐらいでした。

12004913_10203798584404957_1078397621298845301_n

 

12003414_10203809031866137_614717674210635460_n

恵庭カントリークラブは、豪華な林間コース。すべてのホールが林でセパレートされており、戦略性が高いレイアウト。クラブハウスは高級ホテルのような作りで、クラブハウスの目の前には美しい池が配されています。トーナメント開催にふさわしく、グリーンは最高のコンディション。スティンプメーターで軽く10フィートを超え、スリリングなパッティングが楽しめそうです。過去に取材で1度プレーしましたが、ドッグレッグ、アップダウンも適度にあります。米国の高級リゾートでプレーしているような雰囲気を存分に味わうことができます。場所は千歳空港と札幌市内の間にあり、やや千歳空港寄りです。

12004907_10203803642611409_6557331473192177289_n

 

11988231_10203803642931417_1097538644183249348_n

北海道には現在162のゴルフ場があり、全国で一番多いです。二番目に多いのが兵庫県で、三番目が千葉県です。162もあると「どこでプレーしたらいいのか迷ってしまう~」って、ことになります。そこで今回は、超私的に北海道ゴルフのお勧めコースを紹介したいと思います。穴場と言うわけではありませんが、王道チョイスでもありません。かなりというか、相当マニアックなチョイスです(笑)

 

クラシックなコースでオススメ

室蘭ゴルフ倶楽部(白鳥コース)井上誠一設計 とにかくレイアウトがタフ
函館ゴルフ倶楽部 赤星四郎設計 北海道最古のゴルフ場 風向明媚
小樽カントリー旧コース 北海道で2番目に古いゴルフ場 英国リンクス風
根室ゴルフクラブ 日本最東端のゴルフ場 一度は行ってみたい北海道のリンクス
釧路カントリー鶴居コース 白樺が美しい林間コース

 

今どきのコースでオススメ

北海道クラシックゴルフクラブ ジャック・ニクラウス設計
桂ゴルフクラブ ロバート・トレントジョーンズJr設計

 

プレーしたことがあるコースが少ないので独断と偏見で選んでますが、選んだ中の、函館小樽旧コース根室の3つは9ホールのコース。日本ハーフコース振興協会の会長ということもありますが、この3つのコースは歴史もさることながら実に北海道らしさに溢れています。3つとも北海道の雄大な自然の中にありますし、コースから海を見渡すことができます。特に函館は山の上に位置することもあって、フェアウェイから函館湾、そして津軽海峡を見渡せます。

 

男子ツアーは今週のネスレ日本マッチプレーに続き、来週も北海道でANAオープン札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース)が開催されます。そして、来年3月には北海道新幹線が開業されます。飛行機が大の苦手なマーク金井にとって、新幹線開通は願ってもないことです。来年は北海道でスノボとゴルフに行く機会が一気に増えるそうです~。

 

(▼▼)b


アナライズからお知らせ

マーク金井の電子書籍が発刊されました

↓こちら全五巻です お求めやすい価格となっております

41858_ext_06_0

 


mulligan_ut35_top

アプローチが苦手なあなた!

こちらはロフト35度そして、ウッド型UT形状で重心深度も深めなので、ミスにも強いそして500g以上としっかりとした重量!!加えて太いグリップで手元に重量がありテイクバックしやすいんです

コチラはパターに近いクラブです

ほんとにパターみたいにアプローチできます!!!

ポーンと寄ります!!!

コチラはお値段 お手頃で10584円!!


 

大ヒットした リンクスSSウエッジがモデルチェンジ!

リンクス SSマジックマリガンウエッジ!販売開始↓

bnr_store_mulligan_wg (1)

アナライズ10周年記念 T島ブログ仕様 マジックマリガンUT大好評販売中

マジックマリガンUTに、アナライズのプレミアムグリップを装着して、お値段そのまま!!! なんか微妙ですがちょっぴりお得になっています

NS950装着モデルもT島仕様あります↓よろしくお願いします

ut00011-300x300

こちらもほぼ毎日更新しております。アナライズのストアブログ(T島ブログ)よろしくお願いします↓クリック

store_blog_header

マーク金井ブログ更新していますマーク金井的オススメを書いてますhttp://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=14066

Posted by マーク金井のアナライズ on 2015年9月13日


2015年06月26日超私的なゴルフ場調査~「米軍厚木基地内 厚木ゴルフクラブ」後編

マーク金井の独断と偏見に満ちあふれた超私的なゴルフ場調査、今回も日本にいながらもパスポート無しでは入れないゴルフ場、米軍厚木基地内「厚木ゴルフクラブ」(神奈川県)。後編では4ホールからじっくりと各ホールを紹介していきましょう。

a-14

 

4番、348y パー4

左サイドは滑走路~

左サイドは滑走路~

 

ほぼ真っ直ぐなパー4。左サイドはOBラインがずっと続き、OBラインのさらに左側は滑走路。もちろん飛行機も駐機しており、ここが米軍基地であることを明確にしてくれるホール。グリーン手前には大きなバンカーが待ち受けている。グリーンは横長で左右に外すとロングパットが残る。マーク金井はセカンドを引っかけてバンカーに打ち込み、3オンしたものの3パットしてダボでホールアウト。

 

5番、373y パー4

a-5h

真っ直ぐなホールだが、グリーンだけが少し右に振ってあるパー4。ティショット落下地点にはこれみよがしな木が数本植えられ、微妙にスタイミーになっている。ティショットでフェアウェイキープし、グリーン奥15mに2オン。ファーストパットを寄せ切れず、3パットのボギーでホールアウト。

 

6番、151y パー3

木越え~

木越え~

正面に大木が2本あり、木越えとなるパー3。ピン位置によっては木がスタイミーになって難易度が高まる。マーク金井はグリーン手前にワンオンするものの、ここでもファーストパットがOKの距離に寄らず、セカンドパットを外しての3パットボギーでホールアウト。

 

7番、約180y パー3

豪快な打ち下ろし~

豪快な打ち下ろし~

アウトではここだけが起伏があるホール。本来はパー4だが、右サイドの民家にボールが打ち込まれるのを防止するために、パー3となっている。ティからグリーンにかけては強い打ち下ろし。グリーンは巨大な横長で、アンジュレーションも強い。ティショットを右にプッシュアウトし、アプローチを1.5mに寄せるものの、パーパットをスルッと外してボギーでホールアウト。

8番、314y パー4

右サイドにクリーク~

右サイドにクリーク~

か細いクリーク越えのパー4。右サイドにも用水路のようなクリークが流れている。距離が短く、セーフティに左サイドを狙いたくなるがドライバーで打つと突き抜ける。マーク金井はミニドライバーで打てフェアウェイキープ。残り75yのセカンドをハーフトップしてグリーンオーバー。グリーン奥からのアプローチはザックリ。4打目も乗っただけ。何とか2パットで切り抜けダブルボギーを叩く。

 

9番、163y パー3

グリーン面は見えない~

グリーン面は見えない~

打ち上げのパー3。グリーン面がまったく見えないので距離感が掴みづらい。グリーン右にワンオンするものの、ファーストパットを3mもオーバーしてしまい、3パットしてボギーでホールアウト。

 

10番、340y パー4

a-10h

インの出だしは、河川敷のようにフラットなパー4。右サイドにはフェアウェイにせり出すように木が配され。フェードボールが打ちたくなる。グリーンも起伏がそれほど大きくなく、どこに乗せても2パットさせやすい。ティショットをフェアウェイにキープし、右手前4mに2オン。ファーストパットをOKの距離に寄せ、パーでホールアウト。

 

11番、338y パー4

a-11h

わずかに右ドッグレッグしているパー4。ここも左サイドはOBで、その先には巨大な滑走路。軍事基地らしい光景を横目で見ながらプレーできる。ティショットは左のラフに打ち込むものの、セカンドは10mに2オン。ファーストパットは遅いグリーンなのに過剰に反応してパンチが入り、2メートルオーバー。返しは入らず3パットのボギーでホールアウト。

 

12番、415y パー4

a-12h

右ドッグレッグのパー4。曲がり角付近の左サイドには巨大なフェアウェイバンカーが待ち構えている。グリーンの左サイドにはバンカーが縦に2つ並ぶ。ティショットを引っかけて林に打ち込む。林の先はOBで、そのさらに先は滑走路。林に打ち込むものの前方が開けていたのでなんとか2オン。ここでも3パットをしでかし、ボギーでホールアウト。

 

13番 212y パー3

a-13h

距離のあるパー3。グリーンの右サイドにはバンカーが3つ配され、右へのミスが許されないホール。ティショットを左に引っかけ気味だったが何とかワンオン。8mを2パットで収め、何とかパーでホールアウト。

 

14番 540y パー5

a-14h

ここからパー5が3ホール続く。軽く左ドッグレッグしており、バンカーも左サイドに集中して配されている。真っ直ぐなパー4だが、左右の松がせり出していてフェアウェイが狭められている。ティショットを安全に右に狙ったら突き抜けて、右の林。前方が開けていたので、セカンドは7番アイアン。フェアウェイからの3打目でグリーンを捕え、何とか2パットのパーでホールアウト。

15番 543y パー5

a-15h

真っ直ぐなパー5。左右に林があって林間風。ティグラウンドからグリーンまで見渡せるが、フェアウェイの幅はそれほど広くない。ティショットはフェアウェイキープ。セカンドは7番でレイアップ。グリーン手前に大きな木があり、飛ばしすぎるとスタイミーになる恐れがある。3打目は引っかけるものの、何とか3オン2パットのパーでホールアウト。

 

16番 475y パー5

a-16h

ここもウナギの寝床のような真っ直ぐなパー5。左サイドはOBで、その先は基地内の生活道路になっている。ティショットを右にプッシュアウトし、セカンドはフェアウェイに戻しただけ。3打目をグリーン左に外し、寄らず入らずのボギーでホールアウト。

17番 133y パー3

a-17h

真っ直ぐなパー3。左サイドはドライビングレンジ。グリーン手前左側にはバンカー。グリーン奥は打ち込み防止のネットが張られている。ピンが近く見えたのでPWで打ったら、グリーンに届かずバンカーに。バンカーから3mに寄せるものの、ボールはカップをかすめただけ。2パットのボギーでホールアウト。

18番 455y パー4

a-18h

最終ホールにふさわしいダイナミックはパー4。ティショットからグリーンまで軽い打ち下ろしで右ドッグレッグ。ティショットを左サイドにキープできるとセカンドでグリーンを見渡せるが、右サイドだと完全にブランド。グリーンは縦長で左右にバンカー。ティショットを右のラフに打ち込むものの、木越えのセカンドショットでグリーンを捕える。15mのパットを80センチに寄せてパーでホールアウト。

 

総評

米軍基地内にある保養施設としての位置付けのコースです。距離はそれほど長くありませんが、初心者から上級者まで楽しめるレイアウトです。ホールは総じてフラットですが、アウトの7番、9番、インの18番はそれなりに起伏があって上手く変化を付けています。プレーした日は暑さ対策もあってグリーンはかなり遅かったです。ベントなので速く見えるのですが、実際に打つと全然転がりません。これに惑わされてしまい、パットの距離感が狂いまくり、3パットを連発してしまいました。

 

電動乗用カートでのプレーですが、コースがフラットなので担ぎセルフにも適したコースです。距離を考えれば、7~8本クラブがあれば全然平気な感じがしました。 林間コース的なレイアウトですが、木の種類が違うからでしょう。日本にいながら米国のコースを回っている感じを楽しめるコースです~。

 

(▼▼)b

6月27日(土)

中越豪 パッティングセミナー

10時開始 残り僅か、14時からも開始決定!まだ間に合います
参加料8000円

ジオギャラクシー代表 中越豪。ツアーサービス、プロキャディの経験もある。中越豪があなたをパッティングの世界の入り口にご案内します。希望者にはパターの調整もします(別料金)愛用のパターをお持ち下さい

お申し込みは yoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

7月5日

4スタンスセミナー(レッシュプロジェクト公認トレーナーによる)

10時開始

レッシュプロジェクト公認トレーナーの山下プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8000円です yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

大ヒットした リンクスSSウエッジがモデルチェンジ!

リンクス SSマジックマリガンウエッジ!販売開始↓

bnr_store_mulligan_wg (1)

アナライズ10周年記念 T島ブログ仕様 マジックマリガンUT大好評販売中

マジックマリガンUTに、アナライズのプレミアムグリップを装着して、お値段そのまま!!! なんか微妙ですがちょっぴりお得になっています

NS950装着モデルもT島仕様あります↓よろしくお願いします

ut00011-300x300

 

store_blog_header

マーク金井ブログ更新しています日本にあるのにアメリカなコースです。http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=12834

Posted by マーク金井のアナライズ on 2015年6月25日