マーク金井blog

2014年02月18日飛ぶドライバーの「選び方」の選び方とは‥‥その2

deliver-2014-snow

昨日は定例となっているスノボに行ってきました。高崎までは晴天でしたが、関越トンネルを抜けるとそこは吹雪〜。ジャパンゴルフフェア2014でFUBUKI「J」に関心を持ったことが影響したとは思いませんが、リフトに乗ると視界10メートルくらいのような天気の中、3時間ガッツリと滑ってきました。そして、スノボから神田に戻るやいなや、 GDOの試打インプレッションミズノの新しいJPXをガッツリ打ちました。毎週のスノボのおかげで基礎体力が上がったのでしょう。疲れているはずなのに、ドライバーの飛距離はいつも通り出てくれました。というか、体がヘトヘトでもシャフトのしなりをタイミング良く使うことができると、効率良くヘッドスピードが上がって飛距離も出ます。

P1050934

さて、今日のエントリーもドライバーの「飛び」の基本要素についてです。

昨日のブログでも書きましたが、昭和49年に発刊された「ゴルフの科学」(河村龍馬著)では、面白いデータも出ています。初心者は重いヘッドでも軽いヘッドでもヘッドスピードの変化量が少なく、プロや熟練者は重いヘッドと軽いヘッドとではヘッドスピードの変化量が大きいと書かれています。

「ヘッドが非常に重いと、たとえばハンマーを振るような場合には、その速さは訓練の度合いにあまり関係なく、ほとんど体力だけできまってしまう。ところがヘッドの軽いクラブを速く振るには、多分に技術が必要になる。いくらヘッドを軽くしても、未熟練者はそれほどヘッドスピードは出ない」(ゴルフの科学より引用)

「ゴルフの科学」には、未熟練者の場合、なぜ軽いヘッドにしたらヘッドスピードが上がりづらいかの記述がまったくありません。物理の先生にしてはめずらしく、一刀両断で言い切ってます。

もし、河村先生の言ってることが本当であれば、上級者ほど軽めのヘッドにした方がヘッドスピードが上がり(ヘッド重量が軽くなることのデメリットを上回り)、ボール初速が上がって飛距離がアップすることになります。この説を実験するために、2014年、マーク金井は今までよりも少し軽いヘッドを使うことにしました。具体的には190~195gのヘッドを使い、これでボール初速72m/sを目指してみたいと思います。もちろん、ヘッドを軽くしただけでは劇的にヘッドスピードは上がりません。

加えて、同じ長さでヘッドを軽くするとスイングウエート(バランス)がダウンしてしまいます。例えば、他の要素を変えないでヘッドを5g軽くすると、バランスは3ポイント前後下がります。

例えば、バランスがD0の場合、ヘッドを5g軽くするとC7になるのです。

この場合、C7のままで使うのもアリですが、せっかく軽くしたのだから取り組みたいのがクラブの長尺化です。ヘッド重量が同じで0.5インチ長くすると、バランスは3ポイント前後アップします。言い換えると、軽いヘッドを使う場合、クラブを長くしても振りづらくなくなるのです。目安としては、

5g軽量化≒0.5インチ長尺

マーク金井のドライバーの長さは45〜45.5インチ。ヘッドを5〜10g軽くすることを考えると、46インチ前後長くしてもヘッドの効き具合(バランス)は変わりません。しかしそれでは面白くないので軽いヘッドのドライバーを使う時は47インチ前後で組むつもりです。現在、手元にはキャロウェイのX2HOTがあります。これはスリーブ込みでヘッド重量は195g前後。これにスピーダー569を47インチにして装着してテストをする予定です。

P1060001

こちらセル(フェルール、スリーブとシャフトの間の黒い樹脂2gぐらい?!)の重量も加算されてるので196gとなっている。

クラブは48インチ以上はルールで制限されています。ルールで制限されているというこは長さは飛距離アップに直結する要素であることは間違いありません。実際、ドライバーの飛距離を競うドラコンに出場する選手は例外なく47インチ以上の長尺ドライバーを使っています。言い換える、これまで普通の長さ(45インチ)でドラコンを獲った選手はいないのです。

「ゴルフの科学」では、長さに関してはこんな記述があります。

まず長さだが、ミートさえ確実ならば長い方がよく飛ぶ。ただし長さに応じてヘッドの重さを減らし、スイング中に筋肉にかかる負担を増やさない方にしなければならない。こうすれば回転半径が大きくなっただけ、ヘッドスピードが増して飛距離が出る(ゴルフの科学より引用)

長尺の記述もかなりざっくりした感じですが、クラブメーカーのPRGRはかつて長尺についてこんな説明をしていました。

クラブが1インチ長くなるとヘッドスピードが1m/s上がり、ボール初速が1.4〜1.5m/sぐらいアップして、キャリーが6〜7ヤード伸びる。

この説明だとヘッド重量のことは一切触れていません。1インチ長くするとヘッド重量は5〜10gダウンさせる必要があります。それを差し引くとキャリーが3〜5ヤードぐらい伸びるのが現実的な所でしょう。ちなみに、ゴルフフェアのフジクラのブースでも延々とマーク金井のプロモ動画が流れてましたが、昨年自己最高飛距離をマークした時は、47インチのドライバーを使っていました。ヘッドはフォーティーンのCT112でシャフトはスピーダー569です。

1619171_10200803085279351_108865960_n

次回は、クラブの長さのウソホントについてじっくり書きましょう〜。

(▼▼)b

マーク金井セレクションクラブコーナー出来ました

アナライズW65を装着したフェアウェイウッドもあります!

store_markselectclub
こちらを是非クリックして下さい!!↑

こちらも毎日更新しております。アナライズのストアブログ(T島ブログ)

store_blog_header
アナライズT島ブログ写真をクリック!


カテゴリー アナライズからお知らせ, クラブセッティング, ゴルフクラブ分析, 新製品情報

コメントは停止中です。