マーク金井blog

2005年09月02日735・CM 重すぎるよ~

10日ほど前に買った、
ステン鍛造の735・CMでございますが、

前回のブログ「究極の選択」←クリック

IMG_0690_2
IMG_0687

総重量は435.2グラム!!!

IMG_0692
IMG_0691

ダイナミックゴールド装着とはいえ、重すぎるっ!!
国内メーカーだとDGでも430グラム弱もあるというのに‥‥

ヘッドが重いのか?
グリップが重いか?
はたまたバランス調整ウエートがいっぱい入っているのか?

手にした感じだとグリップがかなり重めで、
53~55グラムぐらいありそう‥‥、

マッスルバック形状の8番以下は何とか使えますが、

キャビティの7番以上は「重いとダフりやすくなる」のセオリーどおり、

ちょっと気を抜くと、ボール手前をどす~ん、どす~ん
普段410~420グラムがちょうどいい人間には、
ハード過ぎるっ。
なもんで、リシャフトします。

シャフトはテーラーのラックフォージドCBに装着して気に入った、NS1150にしました。
(ダイナミックゴールドよりも約10グラム軽い仕上がり)

このシャフトは、軽量スチールの定番NS950と比較すると、
とても同じシリーズのシャフトとは思えないぐらい、
フィーリングが違います。今まで試打した軽量スチールの中で、
もっとも弾き感が良く、それでいて吹き上がらない弾道が打てます。

「軽量なんて頼りない」という人も、これを打てば、

軽量スチールの概念が変わるっ、ていうぐらいしっかりしてます。

加えて、カウンターバランスが強め。
少し軽量グリップも装着した方がバランスを出しやすい。
重めの軽量シャフトを装着しても、少し総重量を下げられる点もグッドです。

明日、リシャフトしますので、
ヘッドとシャフトとグリップの重量を丸裸にしまっせ~

ちなみに、ボクが買ったのは平行物。
タイトリストさん、公称値と違っていてもあんまり気にしないで下され。


2005年08月31日究極の選択

和朝食にするか? 洋朝食にするか?
カレーにするか? ハヤシにするか?
V1にするか? V1Xにするか?

2つあると選ぶのに時間がかかるタチなんですが、

ここ数日、どっちにしようか?

と悩みまくっていたのが これっ!!!

img20050828

タイトから新しく出た 735・CM

は、軟鉄鍛造とステンレス鍛造 が選べる。

リセールバリューを考えれば、

絶対 軟鉄鍛造 なんだけれど‥‥
(タイトのステンは中古ショップでの査定が低い!!!!)
さんざん迷ったあげく、買ったのは

img20050829

ステンです。

個体差かも知れないけれど、こっちの方が
ネックが少しグース気味 なことと、

艶消し の方が ヘッドが引き締まって見えて構えやすかったから です。

写真だとショートアイアンの方がヘッドが大きく見えますが実際は 逆。

ロングの方がヘッドが大ぶりで、
ショートになるほどヘッドが小ぶり。

ちょっとやりすぎじゃないのと思えるぐらい
ヘッドサイズが異なりますが、
これもタイトならではのこだわりなんでしょう。

コンボって、一歩間違うと寄せ集めみたいに見えますが、
デザイナーに高いお金を払ったのかも?

今までにない統一感があります。

んじゃ、また明日。

PHOTO/タイトルバー写真金子信敏さん、
プロフィール写真南条善則さんです。