アナライズstoreblog

2019年06月19日アイアンの新製品情報をみて毎年思うんだよね

 

全米オープンも終わりました。次は全英オープンでメジャーは終わり。そんなこんなしていると、色々な新製品情報が飛び込んできます。

タイトリストさんの新製品情報が最近SNSで目立っていますね

7月にはTS1とTS4ドライバーが発売となります。TS1は、かなりやさしい感じで、タイトリストのプロモデルとしては異例な感じのクラブのようです。逆にTS4はヘッドが小さいヘッドのようです。また試打したらReportしますね

んで 今年はタイトリストのアイアンイヤーです

まずはMB、CBが

T100というのがたぶんAP2かと・・・ バックフェースは完璧にかっこいいですね

あれAPシリーズが・・・無くなっちゃうの??と思った方

どうやら APシリーズはTシリーズに変わるようです。ヘッドの大きさ的には・・・

  • AP2→T100
  • AP3→T200
  • AP1→T300

ではないかと思います。非常にかっこいいです!!!!では性能的には変化しているのでしょうか?

現時点では実物も拝見していないのでわかりません。

アナライズのYoutubeチャンネルの最新動画

こちらで、アイアンの形状についてマーク金井が説明しています。アイアン形状は大きく分けて3種類。これが一種類ということであれば、それがBESTということですが、これが3つあるということは、どれか一つが絶対的に良いというわけではないということですよね。

やさしさ であるとか、ボールの上がりやすさというのはデータ的な裏付けがあって、そこから見ることが出来ます。そういうデーターをまとめている本とかもあります。

Youtubeでマーク金井も説明していますが

  • ボールの捕まり、操作性→重心距離
  • ボールの上がりやすさ→重心の高さ
  • ミスヒットの強さ→重心の深さ、慣性モーメント

と言う数値で表すことが出来ます

基本的にマッスルバックというのは構造上、重心距離は短いわけで、この狙いは、ボールを捕まえようとすると捕まえやすい。フェースの開閉のコントロールしやすいの操作性ががよいということになります。

あと重心高は、やや高めにして、重心深度も浅めにすることで、バックスピン量を増やすことが出来ます。全米オープンのグリーンってボールが落ちるとすごい音がしましたよね?それは硬いわけです。硬いグリーンでもボールを止めれるようにするためです。そしてスピン量もコントロールしやすいわけです。

キャビティバックは、打面の裏の肉厚を、ヘッドの周辺に重量を分配します。ということで、マッスルバックよりも、設計の自由度が高くなります。タイトリストで言えば CBシリーズは、あまり打球面裏の肉厚を薄くしていないので、ヘッドの大きさもMB、つまりマッスルバックとあまりかわりません。

フルキャビティやポケットキャビティは、フェースを薄くして、その重量を周辺に配置するわけですから、マッスルバックよりかなり重心距離を長くすることができますし、重心深度を深くすることが出来ます。中空アイアンも同じ傾向がありますが、後面全面中空にするのか、一部中空にするのか、空洞のスペースが大きいほどヘッドが大きく出来ます。

でも残念ながら内部は見えませんよね

ヘッドの重量自体は、マッスルバックもキャビティも中空アイアンほとんど変わりませんから。その重量をどう配分するのか?というのが問題なわけです。

つまりヘッドサイズが大きいということは、フェース以外に重量を分散しているということです。(すげーザックリですいません)ミスヒットの強さを見極めるには、ヘッドサイズが大きいこと、そしてキャビティが深いこと

もう一つ忘れてはいけないのがソール幅です。幅が広くなる=ヘッドの下側が重くなる

つまり重心位置が低くなるということ

ソール形状、バンス角にもよりますがダフリのミスにも強くなる傾向があります。

ということを踏まえると、数値的には、ヘッドの大きさが極端に変わらない限り、数値を極端に変えることが出来ないわけです。アイアンのモデルチェンジというので、数値的に分析すると、同じシリーズならニューモデルが劇的に変化させるということは、かなり難しいということです。(すごい素材が登場すると もしかしたら変えられるかも)

打点の安定しているプロであれば、少しの違いも感じることが出来るでしょう。プロがニューモデルを打って良くなった!!!というのは、外交辞令でもないのでしょうね。

これは数値的な変化の話。

でもゴルファーは、構えやすい顔とか、何となくの佇まいであるとかで、非常に振りやすいと感じることがあったりします。

T島も

ピンのブループリントアイアンとか打って、アレ?なんか打ちやすいよ とか思ったりしました。(7番までの話(汗)それ以上は無理)

あとマスダゴルフのファストマッスルとかそんな経験をしたことがあります。

正直言いますが、各社ニューモデルを数値的に分析すると、前のモデルとあまり変わらなかったりします。歴代のデータを見ればわかります。でもゴルフクラブは数値だけじゃないと言う経験を何度もしています。

なんか、打ちやすくなったりするんですよ 数値じゃない何かがあるんです。T島はその正体がわかりません・・・でもあるんです。

だから毎年新製品が楽しみになんです。なんかハマるアイアンがあるんですよね

みなさんも新製品をお楽しみに

えっと・・・アイアンの形状による性能の違いをYoutube動画やらT島の説明でわかっていただけたと思うのですが・・・・ ってことは? ウエッジだってそうなんですよ

キャビティのウエッジって、フルショットやコントロールショットでもミスに強いです。だって、アイアンがキャビティなのにウエッジがマッスルって人が多いじゃないですか?ということで・・・微細なスピンコントロールが必要ないなら ウエッジもキャビティをオススメします。

プロレベルの技があるならいいですけど、アマにはアマのウエッジがあります

こちら、グース目でソール幅も広く、深いキャビティでミスヒットに強いウエッジなんですよ

mmウエッジよろしく↑クリック

ではまた金曜日に


T島も毎朝振ってます プレループ オススメですよ⇩


2019年06月17日全米オープンの気になるパターは?

Youtube動画【おしえてマークさん】今回から、マーク金井が皆さんの質問にお答えします。

マークさんの質問箱#1

 


本日!マーク金井の生配信 ここだけの話やります! ブログや雑誌では言えないことも、ガッツリと喋ってしまいます。そのため録画はありませんので、生でお楽しみ下さい

話題はやはり全米オープンです。このブログを書いている時点では、まだ結果がでておりません。

前回のブログでも書きましたが、ペブルビーチ行ってみたいですよね? 日本人ゴルファーだけでなく、アメリカのゴルファーもペブルビーチに憧れがあるようで、こんな記事を見つけました。

T島が調べたことよりも詳しく書いていますね。プレー代550ドル、カート代45ドル、キャディさんつけたら47.5ドル+チップですね。レンタルクラブが95ドル・・・

この記事にもありますが・・・

正直なところ、あなたがトーナメントの資格を得るか、またはコースにこっそり侵入しない限り、Pebble Beachをプレイする安価な方法はありません。

と書いてあります。宿泊無しで予約するのは難しようです。最低2泊は泊まらないといけないそうですが、泊まっても割引はないとのことです。でもカート代45ドルは不要らしい。

そもそもプレーするために宿泊するわけですが・・

一泊$940-$6,940です

うーむ。厳しい・・あまりに厳しすぎる、っていうか6940ドルってなんやねん

週末は、まず土曜日は・・・

東京ドームでサザンオールスターズを!年齢層がメッチャ高い(汗)凄く盛り上がりましたが、T島的には35周年の日産スタジアムでみたライブのほうがよかったかな?サザンオールスターズと言えばですね、プロになって初めての学園祭ライブが広島であったのを観に行ったんです。当時の広島電機大学が呼んだんですけど・・・ 今や伝説のライブですね。凄く盛り上がりました。懐かしいなぁ〜当時高校一年生だった。

桑田佳祐のオールナイトニッポンとか聞いてました

そして昨日は

渋谷で、エレキコミックのやついいちろうさんが主催する音楽フェスの

やついフェスに行きました

ライブハウスでのライブってすごいです。お客さん若い(笑) メッチャ盛り上がってました。幸運にもやついフェスで、トークショウをされていたゲッターズ飯田さんに占ってもらえました。

永遠の16歳だそうです(汗)

非常に今年から良い運気だそうです。すごい頑張りやさんですね〜と言われました、ひょうひょうとしているのでわかってもらえないT島。やっぱりそうなんだ〜と思い嬉しかったです。頑張りやさんでないと、セミナーの動画編集は無理ですよ(マジキツイです)。

ということで、T島ですがゴルフっぽいことは何もやってない。まあフレループはしつこく振ってます

話を全米オープンに戻しましょう。まず感じるのは、ショートゲームの凄さです。まずウエッジで凄いラフから当たり前のように寄せてくる。特にケプカは

あーやっちゃったぁああ〜的に パーオンしなくても。ボールも見えないようなラフから、OKにつけるわけです(汗)

なんやねん

って感じですよね。でもこのフィールドに居る人は、当たり前のようにやってきますよね。松山英樹も凄い・・・

しかし・・・更に凄いのがパター! ホント凄いですね。上位の選手に共通するのは、3パットしないことです。短いのを外して上位にいる選手は誰もいません。T島が応援している、松山英樹、タイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイは残念ながら短いパットを外すシーンが何度か見られました。

一方、ブルックス・ケプカやゲーリー・ウッドランドは、コレが入るの?というのを何回も決めていました。(初日はタイガーも決めてたんだけどなぁ)

ダスティン・ジョンソンの2日めもショットは抜群でも、パターがはいらなかったなぁ。

ケプカとウッドランドはピンタイプのパター、ローズは面白いパターを使っていますね。

AXIS 1パター

えーっと日本には正式な代理店が無いようですね。

Youtubeを観るとなかなか革新的です。でもかなりのお値段ですよ(汗)

何となくこのパターと共通点が多いですね

フェースバランスではなくて、ストロークバランスとなっています。最近多くなっていますね。以前はオデッセイのバックストライクぐらいだったのですが、オデッセイのトウアップパター、イーデルなど増えてきました。

非常にヘッドが出しやすいのが特徴です。でもこういうパターの特徴として、T島が感じるのはテイクバックはやや引きにくいかなぁ と言う感じ!でもヘッドが狙ったラインへでていく感じはとてもメリットがあると思います。パターがしっかり打てないとか、どうも勝負どころでショートする人にはオススメです。

ヘッドが出しやすいと言えばこういうのもあります

アナライズのRS1.5パターのリバースシャフト

【リバースシャフトとは?】

一般的には、ヒール側やセンター付近に装着されるシャフトを、ヘッドのトゥ側に設置。
シャフト軸線よりも手前側(内側)に重心が位置するため、アドレスした時に重心位置は、手元の真下に近づきます。

これによって、ストローク中、フェースを真っ直ぐに保ちやすくなり、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ動かす、直線的なパッティングスタイルに適しています。

すごくフォローが出しやすい感じがします。真っ直ぐにヘッドが動かしやすいんです。面白いでしょ? すごく不思議な感じがします!

センターシャフトは、柔らかいながらしっかりとした打感が楽しめます

このRS1.5パター

ヘッド重量が370グラムとしっかり重い、しかしカウンターウエイトのグリップで、テイクバックしやすい。アルミ削り出しなので打感も柔らかい

と色々な工夫されています。ミスヒットしてもそれを補ってくれるので、アマチュアゴルファーにぴったりですよ。

ということで、全米オープンの結果は生配信でマーク金井がしっかりと語ってくれると思います。

ではまた水曜日に



2019年06月14日アプローチはトン・コロコロコロコロぐらいがいいんじゃないかな・・

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ストレートネック・グースネック”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

 


梅雨の中休みでしょうか? 関東地方は昨日、今日と、いい天気ですね。赤羽行きたいなぁと思いつつ、仕事の追われるT島です。

全米オープンが始まりました。メージャーが終わった直後の月曜日21時から
マーク金井の生配信 ここだけの話やります! ブログや雑誌では言えないことも、ガッツリと喋ってしまいます。そのため録画はありませんので、生でお楽しみ下さい

 

今回はペブルビーチゴルフリンクスです。行ってみたい!プレーしてみたいです。

えーっとプレーできるらしいです。特別なコネはいらないようです。一応パブリックというか、ペブルビーチリゾートというところが所有する4つのコースの一つなんですね。

基本的に、ペブルビーチリゾートのホテルに2泊以上しないとプレーできないそうです。(なにやらハイシーズンは3日)ゴルフだけでもプレーできるようですが、プレー日の1日前にしか予約できないそうで、プレーだけのお値段は550ドルらしい。(カート代別)

しかし1日前に行って、予約するとか無理っすよね。宿泊とプレーするなら、ペブルビーチリゾートのwebサイトから予約出るみたい。ホテルのお値段は一番安くても10万ぐらいでございました(汗)最低2泊ってことはホテル代だけで20万ってことっすか・・・

スゲーぜペブルビーチ!

T島的には、まずはニュージーランドに行ってゴルフしたいっす

昨日は、塚田好宣プロとしゃぶしゃぶ食べに行きました

東京都江戸川区新小岩にあります つくし と言うお店です。塚田プロの後輩のお店らしいです。マジ美味かったので、お近くはぜひ

塚田プロは、全米オープン、全英オープンに出場したことがあり、そのお話などを伺ってました。ピンのBlueprintアイアンの話なども教えてもらいました。プロにはいいアイアンだそうです。T島も打てましたけど・・i210のが好きです(汗)

塚田プロですが、今年50歳なので、チャンピオンズ・ツアーに挑戦したいそうで、先日日本で行われ 2019 マスターカードジャパンチャンピオンシップに下見に行ってきたそうです。出場選手ですが、とにかくショートゲームが上手い。アプローチもスピンを掛けてこなくて、足を使うのがメッチャ寄るとのことでした。

今どきのプロは、スピンをかけてくるアプローチ主流だそうですが、チャンピオンズ・ツアーの選手は ポーンと上げてそれが、コロコロ転がって寄っていくんだそうです。塚田プロ的には

「チャンピオンズ・ツアーの選手がレギュラーで活躍してた頃は、ほっといてもスピンがかかるウエッジばっかりだったのが、今は溝規制でスピンがかからないので、足を使ってるんじゃないかな」(スイマセン酔っ払ってたんでこんな話だったとうろ覚え)

と言う話でした。今のレギュラーの選手は、溝規制のウエッジでもスピンを掛けて行くそうですが、チャンピオンズ・ツアーの選手はメッチャ上手く転がすそうですよ。T島もスピンがかかるウエッジというのが好きでしたが、今はあまり使いません。普通にポーンと打って足が使える方が寄るんです。

今でも、溝を彫刻にした とかいう高級ウエッジあります。スピンがかかるウエッジって楽しいんです。

バックスピンは魔性です

ピンまで打っていってピタリと止めると快感なんです。最近はあまりやらなくなりました。T島がゴルフを始めた頃といえば

アルバに連載していたゴルフ漫画

新 上がってなんぼ 泣くな太一

川端太一の必殺技のロブショット 蘭陵(ラリョウ、漢字あってるんだろうか??)です。これを非常に練習しました。アホですねアホ。メッチャロブ上手いです、それは蘭陵を練習したからです。(あ?知りませんか 上がってなんぼ??)

おまけに、織部金次郎という映画がありましてね。武田鉄矢がダメなプロゴルファーを演じるんですが、バンカーショットが死ぬほど上手くて、バックスピンをかけるんです。

行け〜 って言ったらバックスピンで戻るわけで(汗)

最近、CS放送の日本映画チャンネルで放映されていたので、観てしまったんですがゴルファーが作った割にかなり雑な模写でした(泣)ゴルフを始めた頃にそんなロブショットを練習したもんで、激スピンウエッジが出た時には、すぐ買いました

フォーティーンMT28とか、ゲージデザインスタジオウエッジとか・・・古くはピンアイ2とかですね。コレ大丈夫??っていう溝の深さです(汗)⇩

そんなウエッジ使って、無駄にロブを打っていたものですから、スピンをかけたくなってしまうわけですよ。でもやっぱりスピン量を安定してかけるというのは、相当難しいんです。

止まったり止まらなかったりと結果が良くないのです。バックスピンって魔物だと思うんです。T島レベルだと、ピンの手前に落ちた時にバックスピンで止まり、ピンの奥に打ってしまったら結構転がるという・・・ことが多くって(下手ってことですけど)

そんなことなら、激スピンとか要らねーとか思いました。

あとは、54度のウエッジを使うようになったことも大きいです。58度と比較するとやはりスピンの掛かり具合が違います。なのでピンをガッツリと狙えませんから。必然的にポーン、コロコロのアプローチになります。

とても確率が良いわけです・・・

ということで、最近は激スピンより適度なスピンがかかるウエッジが好みとなってしまいました。

ってことで・・・レギュラーツアーみたいな、硬いグリーンでプレーすることは我々にはありませんから、激スピンウエッジってぶっちゃけ要らないんじゃないの? とT島は思っています。

はい mmウエッジってまさに、適度なスピンが掛かってくれます。バンカーショットでもちゃんと止めれますしね。深いキャビティでフルショットやコントロールショットのミスにも強いですよ

ということで、激スピンウエッジ使っている人は、一度適度なスピンがかかるウエッジで、トンコロコロで寄せてみて下さい

ではまた 月曜日に


マーク金井のエースシャフト⇩こちらです

↑こちらからオーダーいただけます

手打ちが直る、ハンドファーストインパクトのヒント満載

体幹セミナーの最終回配信開始しました

よろしければチャンネル登録を是非お願いします

 

 


2019年06月12日ドライバーのスチールシャフトの衝撃、ECOな靴が届きました

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”シャローフェース・ディープフェース”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


あーゴルフ行きたい〜と思うようにゴルフ熱が一気にあがったT島です。今朝も晴れていたので、朝から縄跳び&フレループをガッツリできました

 

今週ゴルフ無いんですよねぇ。ゴルフ熱がまた上がるようなものが送られてきました

アディダスゴルフ ツアー360 XT パーレイ

海洋プラスチック廃棄物をアップサイクルして作られた世界初のゴルフシューズ。

だそうです。なんと画期的!!! 海洋プラスチック廃棄物ですが、今朝もNHKの朝のニュースでも話題となってました。T島レベルでは、ゴミを出さないようにしたいと思うぐらいのことしかできませんが、廃棄物をアップサイクルできるようになり、そういうものを購入することで少しでも貢献できるのかと・・・

こちらの靴ですが、履いてみると凄いホールド感です。柔らかい素材ですが土踏まずのアーチはしっかりと強化されていて、素振りしてもいてもホールド感抜群でした。コースで試してみたらまたReportします。

えーっとこちらの動画も無事アップしております。あとは残っているのがNEOお尻セミナーです。こちらも取り掛かりますね

この体幹セミナーの中身ですが、なかなか凄いです。マーク金井も言ってますが100人のうち1人ぐらいしかわらからないだろうけど・・って ほんとコレをマスターしたい。手を使う感覚が無くなるのがわかります。

動画編集するのに手持ちのMacBook Pro(2014)メモリMAX君(と言っても16G)では、ストレスを感じるようになりました。

その時に、意見をSNSで求めたら・・・動画編集を仕事としてやってる人とそうでない人のアドバイスの違いに驚きます。まあT島が、連日1日5時間近く動画編集していると思っていない人が多いのもあると思いますけどね。

わかっている人に聞いたほうがいいですね。ゴルフスイングも同じだと思います。

プロの意見は皆さん同じで、WindowsのPCを自作するのが一番コスパが良さそうです。メインPCがMacからWindowsにかわっても なーんも問題無いです。iPhoneからAndroidに変わっても特に苦労しませんでしたし・・・自作PCは先日作った高級眼鏡と同じぐらいで出来るそうなので、なんとか頑張りますよ。動画って結構大変なんです・・・

まあ、だましだまし使うと言う方法も教えてもらいましたので、しばらくはそれでやろうかなとか思います。ということで、結構たいへんなわけで、動画を観てもらって チャンネル登録してもらえれば嬉しいです。

えーっと衝撃を受けてどうしようか困っているのがコレ

エースシャフト決定。ドライバーのスチールシャフトも凄かった!凄い練習器具かも

コイツのおかげで・・・ゴルフクラブって進化しているのか?と思うようになりました。

あのね。このドライバー3年ぐらいに発売された420ccなヘッドに、100グラムのスチールシャフトですよ。俺のこだわりは何だったのか?というぐらいの衝撃。

島田ゴルフのスチールシャフトです。マーク金井のエースシャフト

こういうの困るんですけど・・・ 困っているのでちょっとゴルフに行って検証したいのです。

えーっとT島がショックを受けている様をブログやSNSで書いたので結構反響がありました。皆さん打ってみたいらしいです。でもコレ俺のエースだから貸したりできないし・・・(T島ケチだな)

飛ぶのはやっぱりカーボンで長いシャフトのほうが飛びます。でも平均飛距離的には、かなりの高レベルです。あと気持ちいい。しっかりと振り抜ける。

マーク金井が言うには、コントロールショットも打ちやすいとのこと・・・

「100ヤードから260ヤードまで打ち分けるでぇ俺は〜」

なんて言ってました。T島的には一気に振り切る練習ができそうなんで、練習器具としても使おうかななんて思ってるんですけど・・・

気になるのが・・・

T島、肘痛に悩んだことがあります。スチールよりもカーボンのが衝撃減退率が高いので、アイアンのシャフトをスチールからカーボンにしました。この時凄く楽になったんですね。ドライバーをカーボンからスチールにすると、衝撃が〜と思ったんですがあまり痛くなりません。

T島的推測ですが・・・ アイアンは、地面を打つけど、ドライバーは打たないからじゃないかと・・・(違ってたらごめんなさい)練習場でもマットの下はコンクリートだしね

ということで肘は痛くなってません。(ドライバーは練習場でもほとんど打たないしね)

アナライズでは、新しいアイアン用カーボンシャフトを作っているそうで、近々ラインナップに加わるのではないか?と言う情報を得ております。T島打ってみましたが

メッサよかったです

えーっと、T島もドライバー用シャフトが島田ゴルフスチールになったとしても、アイアンはやっぱりカーボンが好き。肘も心配なんですよね。ウエッジはお約束のこちらから変えませんけど

KBS HI-REV2.0

えーっと・・・でも ドライバーにスチールシャフト。T島的にはヘッドを選ぶような気をしますけど、かなりの衝撃でした。単にスイングが良くなっているのか?? まあそんなはずはないっすけどね(汗)

うーんリハビリが必要だ(汗)

ということで また金曜日に。


ツアープロの人気の練習器具ゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年06月10日エースシャフト決定。ドライバーのスチールシャフトも凄かった!凄い練習器具かも

手打ちが直る、ハンドファーストインパクトのヒント満載

体幹セミナーの最終回配信開始しました

よろしければチャンネル登録を是非お願いします


今日は雨ですね。T島は、朝の日課である縄跳びとフレループスイングができないのでモヤモヤです。梅雨ってやだなぁ〜と思いますが、この時期に雨が降ることの大切さも知っているわけで、ありがたないなぁ〜なんて思うことにします。

さて土曜日にゴルフに行ったんですけど・・・

いつものとこより飛んでます。ガーミンもそのように表示しています。アレ・・・いろいろやっているので何の効果かわかりませんが、飛んでおります。富士見高原ゴルフコース、この時期は洋芝ということもあって、地面が柔らかくほとんどランがでないんですよ。それなのに・・・

前半驚いたのはコレです

島田ゴルフのスチールシャフトです。マーク金井のエースシャフトです⇩

スタートホールこそ、カス当たりで、やっぱダメか・・と思ったのですが。その次のホールからしっかりと打てました。打った自分がビックリ。クラブに振られる感覚がとてもいいです。全体的に重いのですが、その重さを上手く使うことが出来れば、43.5インチと言う短さながら、しっかりと飛んでいます。

えーっと、実はこのシャフトを買って、ヤマハインプレスRMXツアーに装着したんですが、上手く打てず(買った中古ヘッドのフェース向きがクローズでどうも構えにくかったのが問題かな)、PXGのスリーブをつけたのですが、右へ右へと飛んでしまい。今回は ナイキのVAPOR SPEED のタイガーモデル(限定品)をGDOさんの中古を購入420ccだそうです(汗)

T島の分析からすると島田ゴルフのスチールシャフトと相性がいいヘッドは、あまり重心距離が長くないほうがいいのかなという印象です。

慣性を使って飛ばす感覚というのが、何となく感じることが出来るんです。振り切った時の気持ちよさが魅力です。あんまり何も考えずにとにかく振り切る・・・なんか練習器具としても効果があると思うんです。

やはり総重量があるので、うまく振り切った時と、そうでない時がよく分かります。これってとっても練習効果があると思うんです。すごく気持ちよく振り切った時って凄く気持いい。このセミナーで言ってることを実践するにはこのスチールシャフトですよ!!!

体幹を使うことを教えてくれます。もしかしてこのスチールシャフトが上手く打てるようになったのは、体幹セミナーでやってるバンプしないとか、左足を軽くするとか、それを練習したからなのかと・・・あのT島が言ってもな~んの説得力も無いことはわかっていますけど・・・・

スチールシャフトのドライバーってスイング良くなる気がする・・・

43.5インチのスチールシャフトで、今までよりも10ヤードぐらい先から打てるって気持ちよかったです。ということでサクッと40回で前半終了。

マスダゴルフのスタジオウエッジM425をしっかりと使ってみたんですけど。mmウエッジよりもグースが強くて、何か「こう構えて、こう打て!」と言われているようで、「はいはいかしこまりました」と打つとポーンと寄っていく感じです。バンカーもグースに戸惑いながら、打ってみると、簡単に出ます。

このウエッジ、理由はわからないのですが、ラフから打ってもボールに当たる音がするんです。気持ちいいですね。

えっー。もうスチールでいいや と思っていたのですが

TRPXのAFTERBURNERですが・・

やっぱりスチールより飛びます。5ヤード〜10ヤードぐらいですかね。このシャフトとても扱いやすいです。

芯にしかあたらん。高弾道です!いやぁ気持ちいいです。1発めからナイスショット。球がヨジレません。

気持ちいい〜

長さも感じません。ほんとシビアさがないんですよ。思い切り振れば イイトコに飛んでいきます。エース決定です。タイミングとりやすく、振り抜きがいいです。とにかく気持ちよく振れます。

赤羽では、島田スチールシャフトを振り倒したいと思います。

えーっ、ゴルフというのは不思議なもので、前半のハーフよりも5ヤードから10ヤードドライバー飛んでも。いいポジションにボールがあるってのは怖いっすね。PAR5でスプーン持ってダフったりと、アホなミスがあり前半よりもスコアが悪いという(汗)後半42でした。しかしなかなかパーオン出来ないホールがある富士見高原ゴルフコースで、パーオンするようになりましたよ。

サクッとラウンドした後は、松本のスタジオコアに伺いました。(富士見高原から45分)

小澤さんは、東京でセミナーされていて不在。いつもすれ違いですが、佐藤コーチがしっかりと教えてくれました

おおおお なんて見た目がちがうんだ・・・かなりの衝撃を受けるT島です。T島が上手く出来ていないポイントをしっかりと教えてくれました。皆さんはどんなドリルとやっているのか?知りたいでしょ??

教えてあげない(汗)

大切なポイントですけど・・フェースを開いたまま下ろすことだけに気を取られているようですけど、要はクラブを後ろ回ししながら下ろしたいわけで、開いたポジションで、後ろ回しせずに止まってしまうと、そこからは閉じる動きをしないとクラブは動かないわけで・・・

後ろ回しを止めちゃダメ!

というのが今回のポイントでしたね。ほかにも後ろ回す瞬間に前傾が無くなるとか・・・どこから動くかとか・・またまた勉強になりました!!!

これが行ってすぐ撮ったスイング。

コレでもかなりまともになったんですですけど、まだ切り返しでフェースを閉じる方向に動いてますよね。その分トップでクラブが暴れる(泣)

そして、いろいろなドリルをやった後

こうなりました!!!

 

うぉおおおおお〜 暑苦しさ減ってきた〜

まあ、コレがコースで出来るかどうかわかりませんが、とりあえずまずは1回でも出来ないことにはねぇ すげーゴルフ熱があがりました!!!! ありがとう佐藤コーチ(泣)

えーっと、松本のスタジオ コアに行ったら、このボードを是非見てください

代表の小澤康祐さんのプロフィールです

中学の時のあだ名 黒綿棒っていうのがツボでした・・・それよりも趣味ダンスって、マイケル・ジャクソンの路上パフォーマンスって どこでやってたんだろう・・・

佐藤コーチですが、小澤さんのことを、「なんでもできちゃうんです。」と言われておりました。観てみたいですね 皆さんも是非松本へ・・・

↑こちら どうぞ 遠方の方は動画を

ってことで、雨やんでくれないかなぁ

ということでまた水曜日に


1 2 3 4 5 6 340