アナライズstoreblog

2019年12月13日意外に宣伝じゃないアイアンの選び方

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”冬ゴルフ”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


昨日は、鳴尾ゴルフ倶楽部でプレー、我が阪神タイガース並びに、矢野監督を応援するコンペでした・・・

えー鳴尾ゴルフ倶楽部、T島が一番好きと言っておりますが、嫌いになりそうなぐらい。うまく行かない(汗)ドライバーは安定してたのですが、かなり色々と上手く行かず。1メートルを4パットなど、ガッツリと叩きました。

んで同伴していただいたのが・・・この方

元背番号28番の福原忍さん。T島は江夏豊さんの大ファンで、小学校一年の時に背番号28番のレプリカのユニホームを買ってもらったぐらい好き。ご縁があって江夏さんとお会いしたこともゴルフもあります。その28番をつけて活躍された福原さんは、この人はホントに28番が抜群に似合ってました。今は一軍投手コーチをされてます。

スタート前に、もしかして『田島さんはT島さんですが・・携帯で読んでます。僕、道具が大好きなんです』とブログを読んでいただいていたことに感激(泣)緊張が高まりました。いやー2019年で1番嬉しかったです(泣)

福原さん、ヘッドスピードはあるんです。スイングも体の使い方が理想的なんですけど、手を使ってしまいます。上手く(汗)クラブ自体にも問題が(シャフトの硬さと重さ)スイングは、PGAティーチングプロアワードで最優秀賞を受賞した上田栄民プロに任せ、クラブのことは、カリスマフィッター大蔵ゴルフスタジオのMr吉田がアドバイスをしてましたね。

あとで上田プロに聞いたはなしでは、福原さん、投手コーチに”肩も体は開くな”と教わったんそうですが、亡くなられた伊良部さんに『体開かないでどうやって速い球投げるんだ?』と言われ、そこからすごく変わったらしいです。ゴルフも昔はそう言われていました。テニスもそうみたい。面白いですね!!

たぶんこれで、あと50ヤードは伸びるんじゃないかな〜

ラウンド中もいろいろな話ができて幸せでした(泣)

T島ですが、ピンG410プラスドライバーを持っていったのですが、キャディさんが『このドライバー曲がらないですよね』と言われプレッシャーでした(汗)福原さんはG410プラスが無くて、LSTをゴルフパートナーで買ったらしい(汗)

んで、矢野監督。もう素晴らしい・・マーク金井とのトークショーが更に素晴らしい内容でした。マーク金井の聞き役がとてもよく、いい話を引き出してました!グッジョブでした。

『僕らがいかにいいプレーしても、ファンの皆さんが来てくれなければ、なんにもならない』

『昔は、プレー中に笑顔になるな!とか球場で声かけられても、そっち見るなとか、言われていましたが、僕は声かけられたら そっちを向け!そして笑顔と選手に言ってる』

球場にファンが行きたくなるわけです。他球団、特に横浜ベイスターズの観客動員数がアップしている理由など矢野監督なりの分析が面白かったです。

来年は It’s 勝time! オレがヤル  がテーマ

勝ってファンも選手も笑顔になる。って素敵や〜 トーナメントに関わる方々は、矢野監督の話を聞いていただいて参考にしていただきたい

はい、意外に宣伝じゃないシリーズ、今回はアイアン編です!! 書いているうちにわかったことは、T島はファンタジーがかなり好きなんじゃないのかということです。正確に言うと、プロダクトアウトをどう打ち出すかという時の、差別化ポイントをファンタジーにしている人が居るわけで・・・

面白いチャレンジを、壮大なファンタジーに持っていく。

これはメーカーの技術陣のせいじゃありません。マーケティングの人がファンタジーにしているだけじゃん!!!まあファンタジーにされたことは資料になるので、技術開発陣に戻ってきて、ファンタジーのように語る的な・・・

まあ良いんです・・

えーアイアンですが、軟鉄鍛造というのもファンタジーですよね。アイアンの歴史をたどると、軟鉄鍛造と言う作り方が定番だったのですが、精度良く沢山つくるためには鋳造技術を使ったほうが良いわけで、ステンレス鋳造のアイアンが増えてきた・・ピンは精度を求めてステンレス鋳造にたどり着いたという記憶があります。

そもそも厳密に言えば、軟鉄鋳造といっても、軟鉄鍛造の鉄とは厳密に違います。S20CとかS25Cとか、鉄に炭素が含まれている割合の差です。このいわゆる軟鉄をそのまま使って鋳造すると、スッカスカになってしまうらしい。(素材の関係で)鍛造する必要があるのは、鍛造しないとスッカスカになるからという・・・

じゃ・・軟鉄鋳造の軟鉄ってなによ? というと微量のニッケルとかモリブデンをプラスしてるとのこと。でも一部熱処理されているものを除いて、ネック調整も鍛造と同じように出来るんです。以前、ジューシーの松吉さんに『でも軟鉄鋳造って硬くないですか?』と聞いたんですが『実はコレ、特に関係ないんです』と言われて驚きました。

先日マーク金井がミズノプロ920アイアンと520アイアンを試打して・・

920アイアンを褒めてました。T島的には、520のほうが軟鉄鍛造ボディに、比重の軽いチタンをはめ込んでボールが当たるところは、マッスルバックぐらい厚くなっているはず。比重の軽くするぶんやさしさも狙ってるわけですけど、920アイアンのほうが良いというんですね。

920は、大きい軟鉄鍛造ヘッドです。溶接でもなく無垢の鍛造からキャビティ部分を精密加工して削り出しています。この無垢のが張り合わせたり溶接したりするよりも打感が良いと主張しておりました。

T島も打ってみましたが、520のほうがカッコいいですが、920の方が好きでした。打感はどうなんですかね〜 マーク金井がそう言った後だったので、920のがよく感じました(汗) まあそんなもんです僕なんか(汗)

 

でも とっても良いアイアンだと思いました!!

打感は素材だけでなく、打面の厚さ、貼り合わせ、溶接の有無、内部構造などいろいろと要素があるわけで 軟鉄鍛造だったら自動的に、打感が良くなるというのは、ファンタジーかなと思います。要素の一つかと思います

アナライズ mmアイアンですが・・・軟鉄鋳造です!打面厚くしてます。打感悪くないと思います。なんだか920アイアンちょっと似てる。mmアイアンのがバンスがありますけどね。

↑クリック

絶対!軟鉄鍛造じゃないと! ってわけでもないとT島は思います。でもライロフト角が調整できるので、全然!軟鉄鍛造好きです。

T島的アイアンに求めるのは

  • ヘッド大きめ
  • ソール広め
  • バンス角多め
  • ライロフト角調整できること

素材にはこだわらない。これが満たされているなら、できるだけカッコいいほうがいいです(汗)

  • 本数少なくても買えること

コレも大切かな

最近は、慣性モーメントもチェックするようになりました。

T島、アイアン7番から、冬場は135ヤード、125ヤード、115ヤード、105ヤードぐらいのキャリーが安定して打てればいいと考えてます。4本だけなんで アイアンセットの重要度が皆さんよりもかなり低いと思います。

この4本ならマッスルバックとかでも良いんじゃないですか?なんて言われてますが、気持ちで負けちゃうんですよねぇ

でも大手C社がM社にOEMを委託して、ツアー用アイアンを作るとかいう話を最近耳にして、使ってみてぇとか思うT島の脳内はファンタジーに溢れています。打てるように練習したいと思います(ホントか)M社は1本から買えるし(汗)

アイアンというのはサイズ的に、地面から打つこともあって、劇的な変化がなかなか難しいと思います。素材を複合にしても効果が出にくいです。といって効果はゼロではありませんしね。

ファンタジー要素が少なくてカッコいいアイアンが何となく良い気がします。T島的には、mmアイアン、ミズノプロ920アイアン、ピンi210アイアン、RAZZLE DAZZLE CSI-Sフォージド もよかったなぁ〜

mmアイアンのようにファンタジー要素がほとんどない機能特化したアイアンを使うのもよし、〇〇プロが使っているツアーアイアンを使うのもよいとおもいます。ファンタジーに踊らされるのもいいでしょう。同じアホなら踊らにゃソンソン っていうのも楽しみの一つかと。

まあそれよりも練習します

ではまた月曜日に


シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。

 

 


2019年12月11日意外に宣伝じゃないドライバーの選び方

忘年会などあまり声がかからないT島ですが、忘年コンペは幾つか入っています。明日は、T島的ゴルフ場1位を志摩シーサイドカンツリークラブと争う鳴尾ゴルフ倶楽部へ行きます。今からわくわくしております。

こちらも初投入!!! 色々と楽しみです。鳴尾ゴルフ倶楽部の高速コーライグリーンに通用するのでしょうか?? んで・・

パターについてはこんな動画に出ております

中古のパターについて語っております(汗)よろしければチャンネル登録をお願いします

こちら行きたかったのですが・・・

福岡でこんなイベントが

福岡の皆さんぜひ行ってみてください。T島からのお願いです

T島も書いてもらってます

さて前回のブログ

意外に宣伝じゃないユーティリティの選び方

ゴルフクラブってファンタジーが増えてきたよね?って話がでてきました。例えば可変スリーブとか、重心位置を移動させるために、ウエイトの位置が動かせるというやつです・・・・

今回はドライバーのファンタジーと選び方について

可変スリーブと、ウエイト位置が動かせると、すべてのゴルファーが1本のドライバーでOKなんてファンタジーがありましたね。ワンヘッドというファンタジー、今はミズノさんぐらいしか残ってないです。口火を切ったテーラーメイド(R1ドライバー)は早々に、ロフトのちがうヘッドを発売するようになりましたよ。

可変スリーブについてはこちら

今更聞けないシリーズ!可変スリーブってどう使う?

↑読んでいただけるとお解りかと思います。可変スリーブではすべて補えません。だから可変スリーブ付きドライバーでも、ロフトのバリエーションがあります! マーク金井はそもそもカチャカチャが嫌い。T島はシャフトが簡単に変えられるから好き。でもロフト角はヘッド個体を見てノーマル位置で決めます。可変スリーブを当てにしません。

ウエイトの移動ですが・・テーラーメイドR7が口火を切り、M1ドライバーなどが積極的に宣伝

でも活かせている人がいるのでしょうかね? もちろん重心位置がかわりますので球筋は変わります。このブログでも実験しましたが確かに重心距離も深度も変わりました!

でも、フェースのセンターでボールを打ちたくないですか? 構えた顔が変わらないのに重心位置だけ変わってもねぇ・・・なんて思います。でも縦方向は重心深度が変わるから良いかもとか思います。

ついにはウエイト外しとかが流行りました(汗)

プロがウエイトを外すからといって、軽いヘッドを使っているわけではないのです。(池田勇太プロとかは軽くしているみたいですけど)ヘッド内部にジェルなどを盛ったりしています。

つまり、ウエイト移動って要るの?ってことになります。

T島ですが・・・ウエイト外しならぬ ウエイト増やしをやってます

ピンG410プラスドライバー ウエイトは1つで それを3つのポジションに動かせます。ノーマル状態は16グラムのウエイトが1個付いてます。T島は、Amazonで8グラムと5グラムのウエイトを買って2つ付けました。(改造なので自己責任となりますよ)ヘッドを軽量化しつつ。周辺にウエイトを配分し、若干深度を浅くしたかったのですが・・・

『ぶっちゃけ違いはよくわかりません(汗)』

なんとなくカッコいいだけ。でもなんかいい感じなんだよね T島的な小さいファンタジーを楽しんでおります。メーカー風にカタカナを駆使すると『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』これでファンタジーなんて簡単に出来上がるわけです。

打球音は少し変わりましたよ。

でも、T島こういうファンタジーの謎を解いていくのは嫌いじゃありません。結構好きです(汗)

そう言えば、今朝Facebook見たらグリップ重量を増やすカウンターウエイトを採用するドライバーも意外とあります。T島が覚えているだけで ミズノさん ヨネックスさんなどが、重いグリップを使ってました。

そしたら、トップブランドのゼクシオが、凄いテクノロジーのようにカウンターウエイトのグリップを、”初めてです”的に凄い長い時間かけて新製品発表会で説明して驚きました。驚きの模様はこのブログを・・⇩

11代目ゼクシオとGOLFTVが発表されました!!

プラスウエイトテクノロジーらしい

カウンターウエイトというのは、手が浮いてしまう人には劇的に効きます。ドラコンの選手も使っています。大手メーカーさんはタメが深くなると説明してくれています。スライサーにはイマイチと言う声が多かったりします。

アナライズで扱っていますシャフトスタビライザー

10年ぐらい前から扱っております カウンターバランスの元祖⇩クリック

シャフトスタビライザー

こちらですね、アメリカのゴルフショップ、フェアウェイゴルフさんで見つけて、マーク金井が気に入ったもんですから、ほとんど日帰りでオーランドのPGAマーチャンダイズショーに行って、日本での代理店契約を結んだと言う商品です。現地1泊といっても夜中について1泊して、PGAショー行って、ゴルフしてそのまま日本に帰ったという弾丸ツアーでした。

カウンターウエイトって、入れてみるとすごく体感できるので、ファンタジーっぽさがあまりないんです。まあアメリカ側が新しくなったよ!という中身が意外とファンタジーっぽいんです。振動を吸収するとか・・・よくわからないのですが、ほぼカウンターウエイトの効果だと思います。あとグリップの中に入るので剛性感が出る気がします。

まあカウンターウエイトというのは、ドライバーに標準装備されていなくてもあとから装着できますんで、特になくても良いと思います。結構ウエイトの重さ(20グラムぐらい)ないとあまり実感できないと思いますけどね。

あとファンタジーっぽいのが空力です。T島もメタルドライバー全盛時代に、ネックが飛行機の垂直尾翼みたいになっているフォイラーとかいうドライバーを買いましたけど、空力を体感できた人っています?

そしてフェースの反発です。もう色々なメーカーが言ってます。でもギリギリだから飛ぶって話になかなかなってないんですよ。今年のはじめにテーラーメイドとキャロウェイがバーンと独自のフェース構造を打ち出しました。だから圧倒的に飛ぶのか?と言うとそうでもなかった。もちろん飛んでますけど、一番売れたのはフェースの弾きについて特に宣伝していなかったピンという・・・ピンが説明したのは『さらなるたわみを生み出す
フォージドフェース』これだけ(汗)

T島もマーク金井も、G410のフェースの弾きが良いとずっと言ってました。

意外と弾く

と、意外とというのは、特に弾きの良さを謳っていないから付いたわけですけど・・・どこだってギリギリ目指しているんですよね。

ということで、ドライバーってファンタジーの塊なんです。というのもゴルファーの夢や希望が詰まっているから!ファンタジーだからといって、それが不要であるわけではありませんし、効果がないわけではないと思います。

T島的にはぶっちゃけ『あって邪魔にならないファンタジーならOK』です。メーカーの試行錯誤です。効果はあるけど圧倒的な効果ではないわけです。圧倒的な効果ならルールで規制されるでしょう。各メーカーさんは、試行錯誤しているんです。その試行錯誤は素晴らしいんですが、なんとなく凄く感じるように『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』なんて言うからファンタジーっぽくなる。

例えばオノフさん なんか

シンプルで勇気あるなぁと思います。

T島的には、カタカナから受ける妄想を捨てて、打って良かったら良いんじゃない?と思うわけです。でもどこのメーカーもファンタジーを打ち出していますから、本質を見極めて、踊らされないことが大切なんじゃないかと・・・

自動車で言えば、フルオプションに惑わされないこと。もちろんフルオプションでも基本性能が良い思えば購入すればいいでしょう。オプションがついてなくても良いものはたくさんあります。

ということで・・・

また金曜日



2019年12月09日意外に宣伝じゃないユーティリティの選び方

マーク金井チャンネルの生配信!12月の1回目は

本日21時

(12月9日月曜21時から配信します)

録画配信はございません 生でごらんください

たぶんJT日本シリーズの話とか話しちゃうんじゃないでしょうか?ぜひご視聴ください!!

石川遼かっこよかったわ

さて・・
2013年11月にアナライズのWEBサイトがリニューアルして、アナライズストアブログが始まりました。それ以前はアメブロでやってました(残ってるのは2011年9月から)GDOブログでもやってたのかな??覚えてません(汗)たぶんver3なんでやってたんだと思います(汗)

なんだかんだで10年近くやってると思います。T島のゴルフの課題でありました『脱アンダー星人』というのは、最近、マーク金井のセミナーとゴルフスイング物理学の小澤さん、佐藤さん、新宿インドアゴルフの長井さんのおかげで。どーやってもクラブパスがフェードにならなかったのに、最近はインサイドから殆ど入らず

クラブパス-3.0Lとかと言う数字が出るようになりました・・ そんなのアウトサイドインに振ればいいじゃん!と皆さん思うでしょ? どんなにやってもこの値は、マイナスつまりLにならなかったんです。最近はなんか出るんですね。もちろんコースでは、左を向いて逆球が出たりしますけど(汗)

一応頑張っております

こちらのデータ、この練習器具を使って打ったデータです

こちら渋野日向子プロも愛用する

こちらでございます。超柔らかい練習用シャフト。すごい人気だそうです・・・コレ普通にアイアンに入れて使ってみたいカモ というのは、やわやわシャフトというほどやわらかくない。こういう練習器具にしては、意外と硬いです・・コレは好みだと思うんですけど、T島はいつも

EF009を使っています。↑ウッド用だけでなくアイアン、ウエッジ用もあるんですけどね。今売り切れ中です!

こちらのが、やわらかいです。これは好みですけど、T島的にEF009ぐらいのやわらかさのほうが好きです。しなりをガッツリ感じたい人は、こちらをオススメします。

こんな感じで、話題の商品を説明しつつ、自社の商品もアピールするのが目的なのです。しかし世の中のゴルフクラブは進化しているのか?と言う疑問を持ってきました。最近よくマーク金井が、ゴルフクラブにファンタジーを持ち出すことが増えてきた と言うようになりました。

特に有料メールマガジンにはそんなことが書いているんですね

マーク金井の有料メルマガ 是非 ご購読いただければと思います⇩クリック

↑こちらからご登録できます

えーっと・・ファンタジーというのは、T島的に理解すると、ほんとに効果があるのか?いかにも凄いテクノロジーに感じるけど、実際だれでも効果が出て、飛距離アップしたり、スコアアップするのか?

という”なんか凄い”こと、それがファンタジーなわけです。”なんとなく凄い”感じがする。なんとなく凄いを売りにしているんですよね。カタカナで非常に長いテクノロジーを説明しているものは、意外とそういものがあります。

例えば、今ではマストになった。カーボンコンポジットヘッド。クラウンを軽量化することで、低重心のヘッドを作りたい、クラウン部分の重量をフリーウエイトで活用する。実際にクラブを設計している人、何人かに話を伺ったところ、カーボンクラウンを接着する。のりしろ部分や、接着剤などで殆ど減らないと言う話を聞きました。

新しいテクノロジーといいますが、重心位置ではここ10年あまり変化がありません。カーボンクラウンを採用して低重心化したいなら、重心位置がかわるはずだし、明らかに距離が伸びたということがあるでしょう。しかし最近の傾向としては慣性モーメントが大きい物が増えてきて人気があるということです。(ピンなど)

アナライズのクラブは、ファンタジーに興味のないマーク金井が設計しています。ファンタジー要素がないと、非常に宣伝しにくいんですけどね(汗)

ということで、ストアブログ本来の目的に立ち返りアナライズのクラブをもう一度説明して行こうと思います。

まず一回目は マジックマリガンUTです ええ宣伝かよ?と思われるかもしれませんが、よく読んで頂くと UTの選び方が何となくわかってくれると思うんです

チタンのUTが増えてますね。チタン効果です!チタンはそもそも強度があり比重が軽い素材です。つまり強度を保ちつつ軽く作れます。ドライバーの大型化にはチタン素材がなくてはならなかったのです。大型化出来るメリットがあります。

チタンだからフェースの弾きが強い!というわけでもなく、フェースの弾きはステンレス素材でもルールギリギリぐらいまでなら出せるそうです。しかしUTのヘッドを大きくしてもデメリットもでてきます。だってUTが大きくなったらFWじゃん(汗)

サイズはUTのままで強度を確保して軽量に作り、余ったウエイトで重心位置を適正化する。ということも出来ます。

 

しかし、そもそもヘッドサイズ自体が小さいので、あまりフリーウエイトも生まれません。全部ステンレスで作っても、ぶっちゃけそんなに変わらないという・・ もちろんコスト度外視で、ベストを目指すならチタンやカーボンクラウンなどを採用すれば、構造的にベストになるかもしれません。しかしヘッドサイズを考えるとあまり差がでないと想像します。

そもそもUTに飛距離は要るでしょうか? そもそもUTってアイアンの代わりであることを思い出してください。3番アイアン打てない!でもショートウッドはどう構えていいかわからない。ウッドのように上がって、アイアンのように構えやすい!そんなのから生まれてきたのがUT。

 

飛距離が圧倒的に出るより も 飛んだり飛ばなかったりしない安定した距離が打てることが大切。ならば安定した手法で、安定した素材でシンプルに作ることを選んだわけです。つまりカタカナが踊る素材や、ファンタジーは何もなし。

しかし打ってみると、アイアンぽくスピンが入ります。そして距離が合います。

ソールにバンスのような傾斜がついているので、アイアンぽく打つととても気持ちいいです。そしてマレージング独特の打感で非常に打感がいいんですよね

シャフトはいろいろ選べますよ UTはシャフト選びが非常に大切です。面白いのがこのUTができる以前に、UT用のアナライズオリジナルシャフトが先に開発されたことです。

大手メーカーのUTの純正シャフトですが、カーボンシャフトは50グラムのものが多く、そして重くても60グラムなんです。ドライバーにカスタムシャフトの60グラム台のシャフトを入れると、重さが逆転します。(これはフェアウェイウッドが上手く打てない場合も同じ傾向があります) スチールシャフトだと、重すぎる可能性もありますよね。

ということで70グラム台のUT用シャフトがそもそも無かったのでアナライズで作ったわけです

このシャフト手元がしなって先端がしっかりしているUTにピッタリのシャフトなわけで・・・

これだけでなく、カスタムシャフトも選べます

ということで、マジックマリガンUTをよろしくお願いします

人はファンタジーにお金を払いますが、本来の必要な機能をしっかり作り上げるとお手頃で手に入るのです

ではまた水曜日に


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。

 


2019年12月06日今が買い時かも・・パターとウエッジ

マーク金井チャンネルの生配信!12月の1回目は

12月9日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください


寒いですね。いよいよ男子ツアーも最終戦。東京よみうりカントリークラブは意外と近いので観戦に行こうかな〜 なんて思っています。

あっそうそうJGTOさんのインスタ。素敵な写真を集めているのがこちら

JGTOimages

日本ゴルフツアー機構のオフィシャルフォトのインスタです

↑こちらからご覧になれます。ぜひフォローしてね

昨日は、YouTubeの撮影に広島に行ったT島です。 これが最新の動画です

レンタルって何よって感じですよね。もしよければ観てやってください

先日アイアンのYouTube動画を公開したのですが

すごく売れたらしい(汗)効果あるんだYouTube・・・ということで、ご興味有る方中古ショップの方、T島にご連絡を・・

中古ショップに行ってしまうと・・買ってしまうよね〜

といってもドライバーとかフェアウェイウッドとかアイアンとか来年新製品がでること、皆さんなんとなくわかってませんか??? だって1年ごとのモデルチェンジサイクルだし・・・

キャロウェイなんかもうこんなの出るらしいよ

なので、流石のT島も、ドライバーとかは、安いのがあっても触手が動きませんでした

でも こんなの買いました

まずコレ・・ドルフィンウエッジです

ウチの家人は、リンクスSSウエッジ50度、56度を長く愛用していたのですが、10年近く使っているとボロボロで、しかたないので50度ドルフィンウエッジを買ったら、なかなかいい感じでドルフィンに変更。そしてSSウエッジ56度の代わりに、T島のmmウエッジの54度がとても気に入って使用していたのですが・・私も使いたいので、こちらが激安だったんで、ドルフィンを使わせて・・俺の元にmmウエッジが帰ってくるというわけです

はい。やっぱりmmウエッジは安心感があります。激スピンがかからないのもとても良いです。トン、コロコロぐらいの足があるほうが絶対使いやすい

今、T島のmmウエッジには、フジクラMCI90 Rをチップカットして入れているのですが。こちらに変更したいと妄想しております

mm88ですが、アナライズにmmウエッジにmm88が試作で入っているものがありまして、打ってみたらかなりいい感じだったんです。

20ヤードぐらいのショットでは、先端剛性がありますんで、ヘッドの入りが安定してます。打ち出し角は抑えられていて、止めたい時には止めれる感じです。T島的には、70ヤード以内のコントロールショットでこのシャフトのメリットがすごく出ると思うんですよ。硬すぎないので、気合が入らず スッと切り替えせるので、気合入って引っ掛けて、左の奥に外すと言うのがなさそう!

ということで、mmウエッジ+mm88って組み合わせがオススメなんですけど・・ラインナップにないのね(汗)

んで・・・ついにコレ買いました

テーラーメイド スパイダーX 程度がイマイチなので安かったです。

このネックはフェースバランスではないので、L字っぽく打てます。色はブルーがほしかったんです。パターは慣性なのか感性なのか?なかなか難しいですよね。T島は感性で打ちたいですけど、慣性もある程度欲しいと思いますので、こういうパターを選びがちです。いわゆる忖度しているヘッドなわけです。

感性を使って慣性も助けてくれるのが狙いです。

こういうパター入ってるときは、メッチャ入るんです。でも不安になったら(T島メンタル弱い)慣性モーメントが大きくてターゲットに合わせやすいパターが欲しくなります。

このパター、動きはオートマチックなんですけど、慣性モーメントが大きすぎず

意外とマニュアル感もありました。プロが選ぶのもわかります。

じゃ、もうマニュアル感要らないと言う人はこちら・・・

 

こちら慣性モーメントでかいです!そしてまっすぐ動かしたい人は

リバースシャフト!

【リバースシャフトとは?】

一般的には、ヒール側やセンター付近に装着されるシャフトを、ヘッドのトゥ側に設置。
シャフト軸線よりも手前側(内側)に重心が位置するため、アドレスした時に重心位置は、手元の真下に近づきます。

これによって、ストローク中、フェースを真っ直ぐに保ちやすくなり、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ動かす、直線的なパッティングスタイルに適しています。

これ、ホントまっすぐ動かしやすい。オートマチック感半端ないです。これに慣れたら戻れない感が半端ないです。ぶっちゃけ打感はちょっとボケます。打感にこだわるならセンターネックがオススメ。でもまっすぐウチたいならコレです。

限定発売ですが、今ありますんでぜひ

ぶっちゃけ、来年になればドライバー、フェアウェイウッド、アイアンは新製品がガッツリ発売されるのが世の常。買い時ではありません!ということで、パターとかウエッジとかは大丈夫なんでぜひいかがでしょう

ということで、また来週

あっ、セミナーですが・・・

打点コントロールセミナーのみの空席となっております。明日ですよ!!! 明日寒いし東京は天気悪そうなんで、ぜひお申込みください


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


2019年12月04日新しいTOUR-Bに触れてボールの進化を実感する。アプローチ大切です!

マーク金井チャンネルの生配信!12月の1回目は

12月9日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください


アナライズ12月のセミナー参加者募集中でございます

残りは 打点コントロールセミナーとNEOアプローチセミナーを残すだけ。特にT島的に注目は、NEOアプローチセミナーでしょう。この間、マーク金井のゴルフは確変中で、その影響はアプローチにも現れています。というか・・・ハンドファーストに打つ極意とか、ゴルフスイング物理学的なテイストは、アプローチに如実に現れるからです。

というのも、新しいセミナーは撮影しているT島ですが、マーク金井とラウンドしている時に、アプローチの致命的な欠陥を指摘してもらって、それを治すことに取り組んだわけです。アプローチの誤解というのは、フルスイングでの誤解と同じ。

そしたら、アプローチで打つ球がすごく低くなって来ました。大蔵ゴルフスタジオでウエッジをテストしていても、辛口コメントで有名なMr吉田に

『T島さん アプローチすげー良くなりましたね』

と褒めていただきました。まだコースに出るとダメなスイングも顔を出すのですが、アプローチが良くなると、スイング軌道も良くなるわけで・・・

7番となってますが 打ってるのは8番だったりする(汗)

アンダー星人T島も、アウトサイドからヘッドが入れれるようになりました。(スイマセンごく偶にですけど、通常は気持ちインサイドです)

良い軌道を覚えたかったら、アプローチの練習がオススメです。つまり”NEO”となったアプローチセミナーは大注目なわけです!!!

そしたら、バンスの効いてるウエッジが更に打ちやすくなりました

こちらのmmウエッジの良さも更にわかるようになりました↑クリック

んで打点コントロールですが、これもかなり確変しているはずです。T島的にもこの間、ヒール寄りに集中していた打点(つまりインサイドアウト)だったのが、真ん中に集まってきました。打点をコントロールできるということは、スイング軌道の問題点を修正できるというわけで・・・ 打点コントロールセミナーもよろしくお願いします。

残席わずかですんで・・・・

さて昨日は、ブリヂストンさんに新しいボールについて、いろいろなお話を伺いに行きました。

イラストレーターの野村タケオさんもいらっしゃいました。毎年律儀にT島ごときにもこちらをいただけるのです。2020年ゴルフバカカレンダー

皆さんも欲しいでしょ お買い上げは↑をクリック!

はい 新しいボール

ブリヂストン TOUR-B X、TOUR-B XS です

初めに書いておきますが、来年発売されるこのボール。凄いカバーが魅力なのですが、詳細はまだ書いちゃダメなんですよ。

すでに、10月のBSオープンからTOUR-B Xはツアーに投入されています。すでに宮本勝昌、近藤智弘、宮里優作、市原広大、嘉数光倫、海外ではマット・クーチャー、ブライソン・デシャンボー、Lトンプソンが使用しているとのこと・・

T島ですがBSオープンに取材に行って、このボールをこっそり1個だけもらったんですよ。打ってみた驚いたのが、TOUR-B Xでも打った感じが、嫌いじゃなかった。T島はTOUR-B XS派なんですが、『これTOUR-B Xでも大丈夫じゃん』と思いました。

この取材の後ですね、大蔵ゴルフスタジオに行って、鳥かごの中で打ってみたけど、アプローチでボールがゆっくり飛ばせます。スピンもかかってるから、ネットにあたってシュルシュルって音がかなりする。ドライバーの飛距離も飛んでると思います。

これは実際コースで打ってみないとね・・・

BSさんの現行TOUR-Bシリーズですが、発売3年でなんと過去最高の売上だったそうです。これはZOZOチャンピオンシップでタイガーが勝った時、そんな絶好調のボールを、モデルチェンジするんですから気合が入っております。タイガーも、今週のヒーローワールドチャレンジから変える予定だったそうですが、プレジデントカップに出場することになり、来年1月からの投入するみたい。

タイガー効果で、国内シェアもバンバン上がっているそうですが、アメリカでは日本ほどではないそうです。T島にどうやったらいいですか?なんて聞かれたので

『テレビ中継の撮り方を変えてもらう』

と提案しました。

T島はPGAツアーをよく観るのですが、明らかにカメラワークが日本と違うと思うんです。特にグリーン上で、選手が打った後は、ボールがすごくアップになるんです。回転が遅くなると、ボールロゴがすごくアップになる。そんな時にトップシェアのタイトリストのゴロが、いつもバーンと映るわけで・・・T島もPGAツアーを観始めてから『やっぱタイトリストなんだなぁ』と思った瞬間があったわけです。

日本の中継は、プレーヤーとボールとカップが全部写ってる。どんなボールなのか観ててよくわからない。今回ZOZOでは、日本で開催されていてもPGA的カメラワークだったので、Bマークがバーンと写ってて、『あーータイガーはブリヂストンなんだ』と思った人が多かったんじゃないかな〜

特にPGAツアーのWEBサイトのリーダーズボードには、タイトリストを使っている選手にはタイトリストって右側に書いてますよね? それぐらいお金つかってるんだから、カメラワークも指令をだして

『タイトリスト使用選手のパットのときは、ボールをアップにしろ』

なんてこともやっていそうです。と妄想しております。

ということでブリヂストンさんは、まずBSオープンの時から、カメラワークを変えてもらって下さい。

まあそんな冗談のような話をしておりました

ということで来年早々の発売が楽しみな ブリヂストンの新しいボールのお話でした

ではまた金曜日に


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


1 2 3 4 5 6 355