アナライズstoreblog

カテゴリー: 試打インプレッション

2019年09月20日USTマミヤ アッタス11をフィッティングしてもらいました

マーク金井の生配信9月23日月曜日21時です 録画はYoutubeではありません

見逃した方は⇩こちらでご覧いただけます


今週もまた連休だそうですが、週末は雨予報となっております。先週ゴルフしてないので、9月はメーカーさんの試打ラウンドのハーフが2回と、KOSHIGAYAに一回行っただけで、ゴルフしたいなぁ〜なんて思うわけです。

新兵器も買い尽くし、そろそろたくさん増えたドライバーも処分したいと思っています

そう言えば、ゴルフスイング物理学の小澤さんは、mmアイアンについていろいろ調べていて・・もしかしたら理想のアイアンかも?と妄想が膨らんでいるようです

小澤さんのYoutubeをぜひご覧いただきたいのですが

アイアンでこだわっている3つのポイントを説明しています

  • 重心高
  • スイートエリアの広さ
  • バンス

重心高が低すぎるアイアンというのは、なかなか難しいものです。低重心なアイアンというのは、ボールの打ち出し角を上げることができますけど、バックスピンが入りにくくなります。

  • 重心高 低い →  ボールの打ち出し角 高い バックスピン量 少ない
  • 重心高 高い →  ボールの打ち出し角 低い バックスピン量 多い

こういう傾向があります

先日ボールフィッティングに行きましたが

  • ディスタンス系ボール →  ボールの打ち出し角 高い バックスピン量 少ない
  • スピン系ボール    →  ボールの打ち出し角 低い バックスピン量 多い

とこんな傾向が・・アイアンを飛ばしたいなら、重心高が低い方がいいのですが、そもそもアイアンって狙ったとこに止めたい道具なので、重心高が低すぎると困るわけです。小澤さんもその部分にこだわっておられるわけです。

mmアイアンってのはフェースのセンターに重心を持ってくるのにこだわりました(重心距離的に)構造的にも、キャビティ構造のアイアンというのは、あまり低重心にならないのです。もちろんmmアイアンはソール幅が広いのですが、キャビティを深くすると、ヘッドが大きくなり、単一素材なので、どうしても重心高は、低くなりません

程よい高さの重心高なわけです。ヘッドが大きく周辺部にウエイトがあるので、慣性モーメントは大きくなります。そして特徴はバンス角ですね!これはホントこだわっておりますから・・ってことで小澤さん的には理想じゃないか?ということで

メッセンジャーでやりとりして、シャフト何が良いですかね?などと情報交換してました

悩んでる小澤さんに あっ 残り在庫結構減ってるんで よろしくおねがいします。

とお伝えしておきました

Youtube動画 新シリーズ『ゴルフの真理』今回は、フジクラ スピーダーエボリューション6について語っています。

T島も使っております↑ あれ コレで好感触だったのに 使ってないよ

こんなのに出たのに、使わないといけないでしょ ということで、

USTMamiyaフィッティングラボ東京

東京都千代田区五番町12-11 泉館五番町4F
TEL:03-6272-9801 
※駐車場あり

こちらに行ってきました。

はい。まずは問診です・・

フィッターの橋添恵さんです。こちらを書いてる間に、持っていったクラブを計測してくれます。今回T島は持っていってませんけど・・・

USTマミヤさんは、シャフトの振動数に非常に注力してフィッティングしてくれます

あと握力を測ります

T島握力があるのにヘッドスピードが遅いという悲しい現実・・

んで、振動数を入力するとこんな感じです(仮想数値です)

USTマミヤさんは、振動数だけでなく、総重量も重視していて、両方で問題点を探るんです。USTマミヤさんのフィッティングですが、これすごく良い点だと思うんですけど、全体的に見直してくれる。1本が素晴らしくてもスコアを作るのは難しいですよね。1本でラウンドするわけではないので・・・

一度体験してほしいです。

んで・・・フィッティングなんで、最新シャフトがあなたにピッタリです!ということが意外と少ないのです。だって・・あなたのスイングにあわなかったら意味ないでしょ??

ということで、そんなとこもフィッティングの楽しみかもしれません

今回の目的はトータルなフィッティングではないので、早速 アッタス11の試打をさせてもらいました。えーっと残念なことに、朝、手首をグリッとしてしまって、上手く振れません(汗)遅いヘッドスピードが更に遅い(泣)

GDOさんの企画でも 5SRが一番良かったんですけど、それと同じ結果でしたね。まあ5SRまでは、手首が痛くなかったというのもあります(汗)

T島どうして、アッタス11にこだわるかと言うと、このシャフト打ち出し角が高いんです。T島が持っているこのドライバー

低スピンで飛ぶんですが、もう少し高く打ち出したいんですね!なのでガッツリと高く打ち出したら、もしかしてメッチャ飛ぶんじゃないかなという煩悩です。

このシャフトは、高弾道が売り。非常に面白いシャフトです。こちらのフィッティングですが、ヘッドが色々と選べるのがとてもありがたい。最新ドライバーをお持ちなら、もしかしたら自分のヘッドでフィッティング出来る可能性もありますよ

くわしくはこちらを・・・

USTマミヤの新しいフィッティングルームに潜入、おしりセミナー動画よろしく

様々な角度で、あなたにあったシャフトを探してくれるUSTマミヤさんのフィッティングですが、T島が重いシャフトが苦にならないのは握力があるおかげであることがわかりました。

こちらの橋添さん、クラブ的な知識もスイング的な知識もちゃんと身につけていて、T島ぐらい飛びます(凹む) ”ニコパチ撮るよ”というと、化粧をチェックする女子力が素晴らしいです。話しやすい雰囲気なので、いろいろ聞いても大丈夫です。

居心地が良いので、いろいろテストさせてもらいました。

ってことで、最新シャフト、最後に発売になった アッタス11(ジャック)もお忘れなく

ではまた月曜日に



2019年09月06日スピーダーエボ6、ディアマナZF、ツアーAD・XC、コース試打インプレ。

マーク金井のYoutube生配信 ここだけの話 次回は9月9日21時から配信します

録画はYoutubeではありません。生配信後 こちら⇩でご覧いただけます。

有料動画を集めております。

Youtube動画 新シリーズ『ゴルフの真理』今回は、ゴルフスイング物理学の小沢康介さんと、生配信後のアフタートークをお送りします。ヤバいです!


昨日は、広島に打ち合わせに行ってきたT島です。新しく始まるお仕事なので、打ち合わせだけなんですが、こんなものを買ってしまって 大赤字です

せっかく広島に来たのに、ミーティングからのミーティングを重ね、お好み焼きも汁なし担々麺も無しで残念な感じです。オマケにドライバーヘッドまで買ってしまって 大赤字ですわ(泣)

せめて帰りの弁当ぐらい買ってくれ(泣)

ということで、涙の広島出張ですが、ピンのG400MAXを手に入れることができました。現行ドライバーで最大の慣性モーメント・・と言いたいとこですが、本日ヤマハのRMX220が発売されたの現行で2番めですね

っていうかこちらもオーダーしていますので、近日中に届くはず。メーカーの公称値ながら軸回りの慣性モーメントが1万を超えているとメーカーが謳っているこちら

PXG0811XFドライバー こちらも手元にあります。PXGさんがおっしゃるに 左右の慣性モーメントのデータ 5900g・cm2とルールギリギリだそうです。(最近資料を探してみました)もしかして最大値なのかな??

T島ですが、メーカー値を比較するよりも、ゴルフクラシック誌のドライバー重心ハンドブックを頼りにしております。こういう計測値は、測る機械によっても差がでるものです。ヤマハとPXGのデータが載るのは来年かなぁ〜

まあ慣性モーメントでかいドライバーをコンプリートしてどうするの?と自分でも思うんですが、まあ仕方ないじゃないの!!!的な感じ。現行3大慣性モーメントでなんか記事書いてみようかな と思っています。

えーっと今日は・・・

ヤマハRMXシリーズの発売日。

昨日は

三菱ケミカル ディアマナZF、フジクラ スピーダーエボリューション6の発売日となっております。

先程も書きましたが、ヤマハRMXは220をオーダーしております。フジクラシャフトのエボリューション6は、569のSR シブコ仕様をゲットしております。そして三菱ケミカルのディアマナZFは50SRをゲット。ということでどちらも

ということでラウンドインプレッションしたいと思います。ちなみにエボ6は、661のS、569のS、569のSRをコースで試しています。

ディアマナZFも、60S、50S、50SRと打ってます。

まずは、フジクラ スピーダーエボリューション6をラウンドでガッツリ打った印象ですが、エボ6というとエボ4の進化系というのがカタログにも書かれています。エボ4と言うシャフト、(正確にはエボ4、スピーダーTR)はフジクラというかスピーダーっぽくないシャフトだとT島は思うんですね。スピーダーっというと先端がバーンと動いてボールを捕まえて、ボール初速が出るシャフトなんですけど、エボ4はあまり動かないシャフトです。

 

先端もそんなに動きません。エボ4はとにかく動かなかったシャフトで、まさに叩けるスピーダーなのですが、やり過ぎだろ!って印象で、T島も569のSとか印象があまりよくなくて、SRやRを打って 『いいじゃんコレ』となりました。エボ6は、その反省を踏まえているのか知らんけど・・エボ4よりも0.5フレックスは柔らかく感じました。

 

普通に661S、569Sも気持ちよくふれましたが、そこはミーハーのT島、シブコ様と同じ569SRにしておきました。だってガッツリアベレージで250ヤードは軽く打てるシブコ様が569SRなわけですよ。ならT島ごときならSRでいいじゃんという感じ。カスタムシャフトでもSRが選べる時代が来て欲しいな〜 ということでSRです

 

569Sだと、振り急いだ時に、左のミスが不安だったんですがSRだとグッとしなりを感じで、やや右に打ち出せる気がします。(スイマセン気持ちの問題ですけどね)エボ6ですが、マーク金井とも話したのですが、ランバックX、いわゆる金バックスっぽいシャフトです。金バックスは10年前のシャフトですが、今どきの慣性モーメントが大きいヘッドにも対応してきたのが、エボ6なのでは?という印象。スイマセンがT島的な当てにならないインプレです。

ということで、フェアウェイウッドにもいい感じかと思います。

一方、三菱ケミカルのディアマナZFですが、コースに持ち出して打ってみると、やや手元はしっかり目ですが、661Sでもしなり感があって、アレ打てるじゃん!!という印象。手元と先端がしっかり目だなと発表会では思ったのですが、コースで実戦で打つと、タイミング取れるし、あまり神経質にならずにバーンと打てるなぁと言う印象です。

やはり60Sはしっかり感がありますが、適度なスピン量で強い球が打てました。50Sにすると、球の高さがでます。50SRがヘッドスピード40m/sちょいのT島(トラックマンでは40ギリですが)には扱いやすく、頑張らなくてもいい球がでます。

捕まりは悪くないけど、捕まりすぎないという感じでしょうか・・・

エボ6よりも叩ける印象がありますが、同じスペックだったら、グラファイトデザインさんのツアーAD XCみたいに、気合を入れなくても打てる感じです。

ちなみに ツアーADのXCも 6S、5Sとコースで試打しています。

こちらのシャフト。名器 ツアーAD BBを進化させた感じ。BBよりも先端のスピード感を感じるんです。T島の超私的な感想を言えば、チョット頑張るとメッチャいい球が出ます、このチョットが大切。一番この中でハードかなという印象 5SRとか打ってみたいですね。

一方、練習場で凄く打ったのに、コースで打ってないのがコレ ATTAS11です。

こちらは改めて

彼女にフィッティングして貰う予定です。(汗)

実はアナライズのアイアン用シャフト 新しくなります。

  MI-77(70g台後半) MIー88(80g台後半) どちらも調子は中調子。フレックスはSR相当。 発売は9月中旬から後半を予定しています。

まだ77しか打ってないのですが、いい感じです。もちろんこちらもインプレしますんでお楽しみに。

あっ こちら相変わらず好調に販売中

スリーブ付きスチールシャフト

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

皆さん飛距離の落ちが少ないので驚くかも・・

ということで また月曜日に


YouTubeセミナー 振り遅れセミナー配信開始。 正しい振り遅れ覚えましょう!


2019年09月04日テーラーメイド、2019秋のアイアン・ウエッジ祭り?試打インプレッション。

マーク金井のYoutube生配信 ここだけの話 次回は9月9日21時から配信します

録画はYoutubeではありません。生配信後 こちら⇩でご覧いただけます。

有料動画を集めております。

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”クラブセッティング”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


今日は涼しい関東地方です。早く秋が来て欲しいなぁ〜

前回のブログですが

ネタが思いつかず、大慣性モーメント(5000g・cm2以上)について調べてみたら、予想を超えてたくさん出てきて、想定と違って焦ってしまって纏まりのない内容となりちょっとモヤッとしたんです。

2007年から大慣性モーメント時代が3年ぐらいあって、また10年収まりをみせていたのですが、ピンのドライバーの売上げが毎年うなぎのぼりな影響なのでしょうか?第二次大慣性モーメント時代がやってくるのでしょうか? T島的には全てがそうなるとは思わないのですが、各社出してくるとT島は思っています。まあすでに、テーラーメイドやキャロウェイは、5000g・cm2に近い慣性モーメントのものを出しています。

歴代使ってきたドライバーを振り返りながら思いを馳せるのも楽しいものです

T島的に振り返ると、大慣性モーメントのドライバーに対抗するためにこちらを使っていたことが多かったなぁ と振り返りましたね。大慣性モーメント時代に、アナライズはシャフトスタビライザーの取り扱いをはじめました。T島もツアーバーナーTP(09)ドライバーにシャフトスタビライザーを入れて使ったよなぁ なんて思い出しました

ぶっちゃけ理由はわかりませんが、手元の重さで扱いやすさを増したかったのかなぁ

先日、ゴルフスイング物理学の小澤さんと、チャットしていて、ゴルフクラシック誌のドライバー重心ハンドブックをご存じなかったので、送って差し上げたので、次回お会いした時のクラブについてのお話ができるのが楽しみなんですよね。大慣性モーメントドライバーが打てるスイングをT島も完璧に身に着けたいです。

小澤さんがライブ配信で、クラブの特性を極端にしたのが、フレループなんて説明してくれましたが、大慣性モーメントドライバーが一番極端かと思うんですね、やはりこちらが効果的でしょう。

さて昨日は、テーラーメイドさんが 秋の新製品を試打させてくれると言うので行ってきました。T島は何故かゴルフダイジェスト社チームの組に入りました。まあ隔週で週刊ゴルフダイジェストに書いてますし・・・⇩

面白かったのは、試打クラブを観た瞬間、チームゴルフダイジェスト社さんは、『うぉーオリジナルワンとかあるよ。打ってみたかったんだこれ』とかのリアクションがメッチャ熱い(笑) T島こういうの大事だと思うんです。記事の熱というかこういうのが元となると思うんです。好きだなぁ この人達!!!

ゴルフ雑誌の方々はお力がありますから

『ZOZOでなんか仕事ないっすか?』

と聞いてみたら

『チケット買って下さい』

と言われました(泣) ち!もう買ってるわ!

『ああタイガーに逢いたい』

と言ったら、

テーラーメイドの皆さんが・・・⇩これに応募して下さいと・・

テーラーメイドのクラブを買って↑こちらに応募してください だそうです。冷たい・・(当たり前ですな)

はい気を取り直しました・・

ギア大好きな人は、『秋にテーラーメイドってなんか出るっけ?』と思われたことでしょう。そうなんです目立ったものは出ません(ぶっちゃけ過ぎてスイマセン)でも 地味に面白いクラブを出してきます まずはコレ

P790アイアンです。2017年9月に出た先代のP790アイアンは、日本で一番早いインプレやりましたが、T島的には ぶっちゃけ『アレ?』と思ったんですね。構造的にはPXGと裁判になったぐらいですから中空で中身に樹脂と一緒なんですが、打感がアレ?って感じでした。

今回は打ってびっくり。打感はすっごく良くなってる。外見はテーラーメイドですからかっこいいです。打ってみるとボールは上がりますし、前作のハードな感じをあまり感じません。ロフト角は7番で30.5度とストロング気味ですが、7番より下は8番が35度と4.5度ピッチでその下は40度と5度ピッチで飛距離の階段が作りやすいでしょう。7番より上だと6番は、26.5度と4度ピッチ、5番は23.5度と3度ピッチと、飛距離の差が出にくくなっておりますが、今どきのぶっ飛び系アイアンに比べると、全然良いですね。

あと顔もトゥ側が高くなって好きな感じになりました

5番アイアンもボールが上がり、スピンもしっかりかかります。テーラーメイドのPシリーズは、上級者向けなのでコントロール性も高めです。前作は?でしたがこちらは、かなりいい感じです。お値段もちょっといい感じですけど・・1本26000円という(汗)

そしてウエッジですが、タイガーが使うこちら

ミルドグラインド2ウエッジ

黒色酸化処理とメッキの2種類です。

どちらもフェース部分だけはノーメッキとなっております

はい。かっこいいですね。スピンもかかりますよ。ノーメッキだからスピンがかかるというのは、よくわかりませんが、実際打ってみるとスピンのかかる感じがよくわかりました。

T島的には、このローバンスを使って遊んでるのが最高に楽しかったです。右足寄りに置いてスピンをズバッとかけるとか

T島、ウエッジマニアなんです。こういうウエッジは楽しいっす。アプローチ練習場では最高ですが、実際コースで使うなら迷わずコレかなぁ

HI-TOEって、T島持ってて難しいから売ったって言ってたじゃんって?

こちらHI-TOEですが、HI-TOE ビッグフットというやさしいバージョンです。ヘッドが大きく、ソールも幅広いんです

コレスゲーです。同伴の皆さんや、テレビに出てる有名なお方も絶賛。ワイドソール、ハイバウンスで、スピンもかかります。

なんとなくグースに見えるのもいいですね。ふつうにポンと打つとそれだけで寄ります。みんなのゴルフダイジェストの人に、撮影するのでちょっと打って下さい と言われて打ったら、手前15センチぐらいダフったのに、普通に寄っていきました(汗)

コレ凄いのに、カスタム限定クラブだそうです。テーラーメイドさん、前作のP790アイアンといい、なんかさあ商品構成間違ってるんじゃないのかなぁ〜 コレ売れると思うよっていうのがカスタム・・テーラーメイドの色ではないってことなのかな????

マジ コレは良いと思ったウエッジでした。唯一弱点は、フルショットがロフト角より飛ばない。(上に上がるので)ぐらいです。まあコレは慣れでしょうけどね・・・っていうかコレは欲しいかも。アプローチに悩んでる方にオススメ。

ややこしいことも出来ます⇩Mr吉田が、教えてくれた構え方でT島、アプローチがメッチャ良くなったんですが(⇩こちら是非観てね)そういうことも楽々できます

球を抑えて打てたりもします まあコレはアナライズのmmウエッジでも出来ちゃうんですけどね

mmウエッジ こちらもお忘れなく。お求めやすいお値段ですよ(汗)

んで、宣伝を織り交ぜつつ展開していくいつものパターン。なのでT島ブログ、メーカーの方がなかなかシェアしてくれないのもよくわかります(汗)

そしてパター

はい。非常に凝った構造です

TPコレクション パティーナ と言う名前です。覚えられんカタカナ パティーナ

  • ボールに順回転を与えやすくテーラーメイド独自の「PURE ROLL(ピュアロール)」インサートを採用。
  • 5mm厚のアルミニウム製フェースインサートをボディにビス止めすることで、打感が向上。
  • 素材には303ステンレススチールを採用、ヘッド全体からネックを通じて手に伝わる打感を心地よいものに。

というウンチクだそうです。えーっと疲れて投げやりになっておりますが、このパター、T島結構好きです。打感がしっかりしていていい音が出ますので、距離感が出しやすい!!! このインサートでスパイダーX作ってくれんかなぁ アレ音がなぁ

ということで一気にお送りしました。総じてかなりの高評価でございます

特にウエッジは、どっちも好きかも・・・

ということで、また金曜日に


YouTubeセミナー 振り遅れセミナー配信開始。 正しい振り遅れ覚えましょう!

スリーブ付きスチールシャフト

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

 


2019年08月30日日本で一番早いプロギアチューン02、03ドライバーとか、egg5500とか試打インプレ

Youtube動画 新シリーズ『ゴルフの真理』今回はピンG410LSTです。


 

えーっとアナライズのセミナー、9月の一般募集開始しています

⇩クリック

切り返しセミナーは満席です。他のセミナーはまだ若干の空きがありますよ

この機会に是非

やっと涼しくなったと思ったら、また暑いですね。こちらが活躍しました

↑こちらですが、昨日プロギアさんの新製品の試打ラウンドテストがあったんですけど、前の組の人たちです。T島ももうひとりの方もガッツリコレを着てました。35度を超えた気温でも涼しいのでヘタれませんでしたよ

今回は、T島夏のプロギア祭りをお送りします。

まずはegg5500シリーズです。写真に写っているのはスーパーエッグ480ドライバー。これはルール不適合の高反発です。スーパーエッグボールと一緒に打ちましたが、高弾道で飛びます。スピン量はやや多めですが、ヘッドスピードが速くない人がターゲットなので、これはコレで良いと思います。

んで・・・写真はないのですが(何故だ)

前回、新製品発表会でレポートした時は、T島手首が痛くて打てませんでした。今回ガッツリと打ってみて 驚きました

良いです・・・

凄く直進安定性があります。打って感じたのは、大慣性モーメントだなということです。カタログを見たら書いてありました、左右の慣性モーメント5350g・cm2です。かなり大きいですね。市販でも最大級レベルです。

えーっと、慣性モーメントがデカイとヘッドが開いても戻しにくいって書いたよね。覚えてます?ということで、オフセットがついてます。T島気になりません。このヘッドに、ディアマナDF60Sにして、44.25インチにしてあるヘッドが、何故かあったんですが・・・ ヤバい 持って帰りたいぐらいの安定感でした。何度でも書こう!そのまま売って下さい!!

んでフェアウェイウッドがまた素晴らしい

ボールがめっさ上がります。フェアウェイウッドが苦手な人に是非オススメしたいです。こちらの3Wにも何故かディアマナDFが入ったのがあって、打ったらめっさ気持ちよかった・・セットで譲って下さい。この写真の9番はすごく使い勝手がよかったですね。eggシリーズは歴代フェアウェイウッドの出来が良いです。

アイアン型UTも打ちましたが・・・T島的にはやさしいロングアイアンと言う感じでした。プロギアさんぶっちゃけすぎてスイマセン。あまり興味ないっす(汗)でもアイアンが大好きな人にはとても魅力的な一本かもしれませんよ

んでアイアンです NEW eggアイアン

こちらも使いやすい感じ! そして嬉しいのがトップ目のミスにとっても強いってことです。⇩この写真のようにかなり下目で打ってもボールがちゃんと飛んで気持ち距離が落ちる程度。

ぶっ飛び系アイアンは打点によって飛距離の差が出るのが一番困るんです。だって9番で150ヤードぐらい飛ぶんですけど、打点がずれて120ヤードしか飛ばなかったら、ハザードに捕まったりするでしょ? その差が少ないんですね

ちなみにeggフォージドアイアンという軟鉄鍛造ボディのアイアンもあります。軟鉄鍛造というと打感が良いと思うかもしれませんが、打感は打面が肉厚かどうか、フェースの素材でも決まります。だからぶっちゃけ打感は、ステンレスボディのものとあんまり変わらないです。ただライ角調整はできますのでその点ではオススメ度がアップ! 打感は期待しないで下さい。ただこちらのほうがかなり構えやすいでしょう。ミスヒットの強さはフォージドよりも普通のeggアイアンのが優れていると思いますよ

さてここからが、日本で一番早い試打インプレですよ えーっと PRGR−TUNEってご存知ですよね?プロギアさんが、パーツのみ販売しているブランドです。これはプロギアの方に聞いたのですが・・・まずPRGR−TUNEはかなり実験しているらしい。そしてそれを通常のラインナップにフィードバックするそうです。結構攻めている商品が多いので、PRGR好きのT島はPRGR−TUNEが更に好きです・・・

NEWモデルでます!!! 今まで01、02、05とありましたが

02がモデルチェンジされ、あらたに03が出ます

このデザイン嫌いじゃないのですが、どう変わったかわからない印象(汗)

まずは02ドライバーから

パッと見よくわからないんです(汗)そこは置いておいて、えーっと02(03)もですが、まずはボール初速ですよ。明らかに速く感じる。これは音が良いせいもあります。ホント爽快感のある音です。この音のおかげで、皆さん大好きな打感が最高に感じます。

02ですが、左のミスが出にくいです。強い球が前に前に飛びます。そしてこの顔の良さですよ

ホント 素敵な顔ですよね T島でも軽いフェードが打てたりします。01というのは、かなり捕まりを抑えたモデルでしたが、今回の02も前作よりも捕まりを抑えて感じます。でもミスヒットにかなり寛容になった気がします!!! 試打クラブには、フジクラ スピーダー661エボリューション6のSや、ツアーAD XC−6のSなどT島的には、結構頑張って振らないといけない仕様でしたが、気持ちいい球が出ました

ああああ 快感 (薬師丸ひろ子風)

でも、コイツ 02はですね 結構硬派ですよ。打ちこなしたら気持ちいいんですけど

03は、見た目は硬派ですが、打ったらやさしい ツンデレです

こちらのほうが捕まり、ボールも上がりやすいです。⇩こちらの形状を見ていただくとわかると思います ちょっとヘッドの奥行きがあるでしょ??

とは言えですね これでも充分美形かと思うのですけど・・・こちらもボール初速が早く、音が気持ちよいです。02よりも直進性に振った感じの03です。カッコいいくせに、シビアな感じがまったくないので、気持ちよく飛んでいくのですYO!!!

いやーコレはヤバいですね。このブログで05ドライバーも紹介しましたよね。T島が使うならぶっちゃけどれでも良いけど、03か05かな・・05よりも03はスピン量が抑えられているので、自分のスピン量がどれぐらいか?多いタイプか少ないタイプかで決めてもいいでしょう。

前の組の有名な人達は、お店用のPRGR-TUNEと、自分用をその場で注文されていました。俺もサクッと頼めるビッグな男になりたいっす

はい どちらも65000円税前です。フェースはCNC高精度加工でヒジョーーーーーにコストが掛かっています。ギリギリな高反発エリアがヒジョーーーーーーに広いのです

ヒジョーーーーーーーーーに(財津一郎風に)

つまり薬師丸ひろ子的 カイカンで、財津一郎的に スイートエリアが広くてコストかけて作っている。宝石箱なのです(彦麻呂か!)

もーズルいぞ PRGR-TUNE

んで アイアンも出ます。

PRGR-TUNE 01 HCアイアン

型番に01が付く=本格的アスリート向けってことになります。このアイアンですね。まあほぼマッスルバック的なアイアンなんですが、凄く凝った構造となっています

本体は軟鉄鍛造、そして純チタン鍛造のインサート、そして軟鉄鍛造フェースをハメあわせています

そしてヘッドのトゥよりにタングステンが入ってます

はい。こちらもヒジョーにコストが掛かっております(汗)

マッスルよりもミスに強く!やさしいんです。えーっとわかりやすく言うと、軟鉄鍛造の中空ボディの中空部分にチタンをはめ込んだんですね。なので打感がミシッって感じでとても良いです。

18番でシャンク2発打ちましたケド(汗)

T島レベルなら・・・

05が好き・・(スイマセン ぶっちゃけ過ぎで)

プロギアさんの素晴らしいのは、データをきっちりと公開してくれるとこです。PRGR-TUNEも重心距離から深度、慣性モーメント、アイアンならバンス角もしっかりとデータで出してくれています。T島データオタクじゃないですが、これって慣性モーメントがかなりデカイだろう とか思ったりした時に検証出来るのが嬉しい

T島的には、最近 外ブラよりも国産メーカーが頑張っている気がします。egg5500もシャフトをガッツリ変えると凄く面白いのがわかりました。T島がいかにも使いそうもない感じですが、それを裏切って使ってみたい気もします

ということで また月曜日に


スリーブ付きスチールシャフト

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

 


2019年08月21日意外と早い試打インプレ アッタス11(ジャック)打ちましたぜ

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ドライバーのヘッド重量”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


昨日から販売再開しました

こちら、昨日売れに売れて!売り切れになってしまいましたが、再び販売再開

スリーブ付きスチールシャフト

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

こちらよろしくおねがいします。

マーク金井は、このシャフトを キャロウェイ エピックフォージドドライバーに装着しています。T島はテーラーメイド M3 440に入れています。素直な特性のヘッドが合うんじゃないかなぁ なんて思います。今は使っていない テーラーメイドのグローレFなどに入れてみては?

えーっとこの間、肩こりがひどいなと思ったら⇩こんな動画が・・・

小澤さん!!! えーっとゴルフスイング物理学の聖地でもある松本スタジオコアは、整体&パーソナルスタジオでもありました。皆さんも是非チャンネル登録お願いします

えーっとこちらにT島も登場しております。アッタス11(ジャックとよみます)いよいよ正式発表です。この上で試打データでておりますが、皆さんキャリーが室内のトラックマンで打つほどでてないんですよ。撮影時アゲンストだったんです!(マジこれ!!)T島的には、安定して飛んでたと思うんですけどね・・・

このアッタスジャックですが、発表のタイミングがチョット微妙でした。

というのも・・2019年7月最終週に開催された センチュリー21レディスゴルフトーナメントで、1、2フィニッシュと遂げております。でも情報は出せない的な・・・・T島もこのタイミングでガッツリとレポートしたかったのですが、情報を発表までに一切口外しないことの誓約書を書いておりましたので・・・筋は通す訳で・・

いきなりチェンジして、活躍というのはなかなか売りになると思います。とことん一番ホールなどを観察していただくと、結構目にされるかもしれませんね。発表前に使用プロが大活躍しているに、上手く打ち出せず、その後 渋野日向子プロが、全英女子でフジクラのスピーダーエボリューション6で優勝してしまうという(こちらは発表済)

えーっとこのアッタスジャック君ですが・・・

まずどの重量帯でも共通するのは、手元のしなり感ですね。タイミングがとりやすいシャフトですよ。そしてインパクト付近では先端が動いてくれるので、打ち出し角が高くなります。いつもの弾道よりも出だしが高いので

えっ?

と思いました。先端が走るシャフトっていうのは、ヘッドスピードが上がりやすいメリットがあるとT島は思うのですが、デメリットがスピン量が増えること。アッタスジャックはかなり低スピンなので、高打ち出し、低スピンのいわゆる飛ぶ弾道が楽しめるシャフトになっていると思います。

なのでハマると飛びますよ・・・

あと全スペック打ちましたが、重さと硬さが変わってもフィーリングが変わらない点もいいなぁと思いました。T島ですが、この頃はスイング的にも過渡期で、8月に入りかなりやりたいことが出来てきたので、もう一度しっかり打ってみたいと思いましたね。

飛ばないタダのオジサンT島のインプレですから、あまり参考になさらないだろうということを前提に、言わせていただきますと・・・

イマドキの捕まらない、ボールが上がりにくいドライバーにかなり意識して作っている感じ。ココからは、ホント適当なんで最初から誤っておきます

ちなみにアッタスジャックの発売は9月13日からだそうです

この秋の新製品シャフト

つかまるなあ と言う順番

ジャックの捕まりの良さが特徴的、とは言えチーピンはかなりやらかさないと出ませんでした。スピーダーエボリューション6とディアマナZFはほぼ同じぐらいの印象です。XCですは、左が怖い人が安心して振り抜けるでしょう。

シャフトのしっかりしている感じもこの順番ですね!

ボールの上がりやすさ

こんな感じ・・

面白いのは今年のシャフト、どのシャフトも手元のしなり感があります。ディアマナZFは手元というのは少し違うかもしれませんが、タイミングが取りやすいことは間違いないです。

話をアッタスジャックに戻しましょう。T島ももう一回試打してどれを選ぶか 考えたいですね。そうですアッタスを選ぶ時は、コチラがあります

USTマミヤの新しいフィッティングルームに潜入、おしりセミナー動画よろしく

USTMamiyaフィッティングラボ東京

東京都千代田区五番町12-11 泉館五番町4F
TEL:03-6272-9801 
※駐車場あり

まだ発売前なので、ラボではジャックの試打用を準備中とのこと、28日ぐらいから準備できそうとのことです。準備ができ次第、アッタスジャックもフィッティングできるようです。 各練習場で行われる試打会では週末の24日、mALBA×Pargolf シャフト大試打会2019(北海道、ヒューマンゴルフガーデンにて開催)で試打出来るようです。

アッタスジャック是非試して欲しいと思います

フィッターの橋添 恵さんが、あなたをお待ちしてるはず・・・(多分指名はできません。指名ってあなた、そういう店ではありませんから!!!!)

まずはご予約を!⇩

ということで、是非試打してみて欲しいシャフトでした

ということで・・・

また金曜日に


こちらスチールシャフト付きクラブ販売再開しました。

ご注文いただいてからの組み立てになりますので
お時間いただきます(10から夏季休暇ですので、8月19日から順次組み立てそして発送となります)⇩クリック


1 2 3 4 5 6 79
▲ページのTOPへ戻る