アナライズstoreblog

カテゴリー: 試打インプレッション

2018年11月05日飛距離の階段を作るにはリアルを知ろう!&イロイロなクラブ打ちました

アナライズのYouTubeチャンネルで
マーク金井の生配信 本日11月5日21時から配信します

毎回おなじみ録画ありません 生でお楽しみください


季節は秋から冬へ、一昨日は、ジャパンゴルフスクールで開催された、ゴルフショップマジックの大試打会へ

印象に残ったのは、ブリヂストンさんがボールフィッティングを・・・

練習場でやるってことはですね。練習場で本球を打つってことです。回収できるんでしょうかね(汗)すごいコストです。本気です!!! T島も受けてみたい〜 すごい人気でした!!!

っていうかすごい人で、なかなか試打出来ない(汗)

その中でも試打してよかったのは

共栄ゴルフさんが作っておりまTAKUMIJAPANのアイアン。メッチャ良かったです

T島的には、マッスルもフルキャビもよかったんですがハーフキャビティ(TYPE-N)が良かったです!欲しいレベル!送ってください

そしてマスダゴルフの新しいドライバー この試打会に何とか間に合ったそうです

打ってみると、球の収まりが良いんですよ。何も考えず打ってもいい球が出るし、スライス、フックなど操れる。

はい!非常に構えやすいです(天ぷら後がありますけどT島じゃないです)安心して打てるので、振れば振るほど飛距離が伸びるタイプのヘッドでしょう。軌跡の一発よりも、スコアに直結する平均して飛距離が伸ばせそうなドライバーでした。これは良かった。送ってください。

人気のM425のストレートネックタイプのウエッジ これすごく好き

グースのM425は、品薄のようですがM425Sはまだ在庫があるようですんでぜひ!これも送ってください!

んで、こちらT島でもなかなか試打する機会がない Аグラインドのクラブ、野村タケオさんのブログで絶賛していたユーティリティ試打してみたかった〜 BX-H Aグラインドと言えば上級者好みの球持ちがいい打感が魅力ですが、このBXシリーズは弾くフィーリングで飛距離重視。ヘッドは大きくなって安心感が増しております

 

これよかったわ 送ってください! BXシリーズ!アイアンもめっちゃ良かった〜

んでムジークさんのディープフォージドアイアンも打てました

このマッスルバック、良かったですよ!!! 社長の吉本氏がムジーク裏ブログで、このクラブのおかげで良いスコアが出たと言ってましたが、理由がわかりました。キャビティは捕まりもよくっていい感じ。新しいシャフトも試打してみたかったんですが、打席が一杯で打てないんです(汗)

しかし大人気だったね〜毎年、来場者は増えてる感じです。ということで、全部送ってきたらどうしよう(請求書付きで)と心配になりましたが大丈夫です。T島ブログとか業者の方、誰も見て無いことに気が付きました。まあクラブはちゃんと買ってますから(笑)・・・

昨日は練習場へ行こうと思って、半パンで外に出たら寒くて戻りました。

ということでこの本を一気読みサンデーでした

タイトルは、過激ですが中身は的を得ていることで、そーだよね って事ばかりです。面白かったです!機会がありましたらぜひ読んでいただきたい。

んで・・・

アナライズmmアイアン限定発売開始しましたが・・・

完売しました・・・・

次回入荷は未定です

土曜日のブログで、皆さん自分のアイアンのロフト角とか知ってます?という話をしました。飛距離の階段っていいますけど、ホント皆さん知ってますか?

飛距離の階段を知るには・・

GARMINのアプローチCT10とか

Arccos360

などで実際の飛距離の階段を探るとか・・

練習場や、弾道計測器などで飛距離を知ることが大切です。そうすると あれ?飛距離の階段がおかしいぞ??ってことがあります

そして、その原因を理解しましょう。はい・・

たとえば・・・

カタログやWebサイトにこういうスペックが載ってます。例えば7番が27度、8番が31.5度なので、その間(ロフトピッチ)は4.5度あるということです。

ロフトだけでなく、長さも距離の階段を作るのに有効です。7番アイアンと8番アイアンの長さ差は0.5インチ。通常長さの差は0.5インチの場合が多いですが、そうでもない場合があります・・・

自分のクラブセッティング、まずはロフトと長さを知りましょう。

でもカタログ値と実際が同じであることは殆どありません・・・・なぜなら製品誤差があるからです。これをまず知っておいてください。

表示とリアルは違うんです。

マーク金井は、ゴルフクラブを試打する時、かならずクラブを計測します。

右からクラブ総重量、バランス、振動数、センターフレックス、フェース角、ロフト角です。これをクラブに貼ります。原稿を書くにはあと、クラブ長と重心角も測ります。

というのも・・・

10度のドライバーを試打して、このヘッドはボールがすごく高く上がりました。

『このドライバーはロフトの割にボールが上がりやすい』

実際に計測すると、表示は10度だけど、計測してみるとリアルロフトは11.5度(その逆もあります)もあるからです。

まず大切なのは、公称値を知ること!そして、リアルな数値を知ることです。

最近は裏メニュー的になっておりますが・・・マーク金井のクラブ&スイング診断というのがありまして、クラブを計測して、クラブとスイングの診断してくれます。マーク金井が多忙なため、なかなか予約が取れませんがけどね・・・

あとこちらも偶然、東京は神田なんですが、ACTEK GOLFさんもクラブセッティング診断というメニューをやっておられます。

まずはリアルな数値、ほんと実際のところを知るというのはとても大切かと思います。知った上でゴルフの悩みと突き合わせてみると、問題点が見えてくると思いますよ

ではまた水曜日に

あっ今日21時から生配信忘れないでくださいね!!


 


2018年10月31日飛距離の階段大切!Mグローレアイアン、GAPR試打ラウンドインプレ

何かグッと寒くなりました関東地方です。今日は横浜アリーナへ小田和正のライブへ行きます。嬉しい!えーっとT島ですがそもそもゴルフは27歳か28歳になって始めたわけで、音楽が好きで、貸しレコード屋でバイトを始め、そこから中古ゴルフショップを作り、なぜか東京に来てこんな仕事をしております。

小学校の頃からラジオが好きで、広島なので岩国の米軍基地から飛んでくる岩国放送(いわゆるFEN)やRCC(中国放送)をずーーと聞いてまして。ラジカセも持って無くて、カーステレオをもらって部屋に持ち込んで、12VのACアダプターを第一産業のパーツ館(第一産業からダイイチからのデオデオそしてエディオン)で買って、カセットテープでいろいろきいてました。

中学2年の時の親父の気まぐれで、システムコンポ(オーディオ)を買ってもらってから、最初に買ったのLPはオリビア・ニュートン・ジョンだったかな。大空港という映画のサントラだったか?海外ドラマサントラ集だったか定かではありません。その後は音楽まっしぐらでしたね。洋楽好きだったんですけど、ニューミュージックという時代で、浜田省吾、荒井由実、かぐや姫、さだまさし、そしてオフコースなどなど、LPを買っては聴きまくってました。

おじさんはオフコースに入りたかったのです・・

あれから40年経ちまだ小田和正さんは現役。オフコースのアルバムのタイトルはゴルフから来ているものが結構あります フェアウェイとか、スリー&ツーとかね。まだゴルフもしてなかってピンとこなかったのですが、今になって、なんかのご縁でゴルフの仕事についてるというのは不思議です・・

ああ スイマセン、浮かれてました・・

はいコチラ。新製品試打ラウンド

濃いメンバーでございます(汗)T島最年長で一番背が低い(泣)実はT島は、黄色いポロシャツではなかったのですが、わざわざ着替えさせていただきました。

あっ一番右にいらっしゃいます 鹿又芳典さんのお店 ゴルフマジックの試打会が今週土曜日にあります。T島もお邪魔します。お暇な方はぜひ

はい!

もちろんMグローレドライバーも試打しましたが。結構取り上げておりますので

テーラーメイドMグローレを日本でそこそこ速く丸裸にした。

コチラを読んでいただければと思います。ボールが捕まり、ボール初速が出ます。T島はこの捕まりの良さに苦戦しましたが、ほぼ全ホールフェアウェイをキープしました。フッカーのT島には、気持ちよく打てる感じではありませんが、フェードが持ち球な人は、飛距離が伸びる要素満載ですね。

はい。今日はMグローレアイアンです

えーっとですね。あまり期待してなかったんです。でも打ってみたら、あれ・・・良いじゃん!!!

意外と構えやすい。1番手は軽く飛距離が伸びます。そしてボールは上がりますのでグリーンでも止まります。5番アイアン飛ぶわぁ〜って思ったらロフト角21度でした。流石にロフトが立ってるので、気持ちよくボールが上がる感じではありませんが、21度でも地面から打てるというのは、ちょっとすごいなぁ・・・

T島的には7番ぐらいからのセットならありがたいかなと・・

⇩コチラがロフト設定です

6番と7番の差が3度、ちょっと差が出にくそうですが、それ移行のロフトピッチ(番手間の差)は5度刻みといい感じです。飛距離の階段が作りやすいぶっ飛び系アイアンですね。AWが47度、SW53度というのが少しロフト立ち過ぎ?と思う人が多いかもと思いますが、この53度のSWなかなか使い勝手が良くて、結構いいセッティングですね

打った感じは直進性が高く、ストレートでまっすぐな弾道が魅力です。音も打感も気持ちいいと思いました。

シャフトはカーボンシャフトの出来がとても良かったです。でもスチールシャフトがあるので、かなり幅広いゴルファーが使えると思います。やっぱりアイアンも飛んだほうが気持ちいいよねって感じ・・・

そして、PGAツアーで話題のGAPRというユーティリティです

T島的にはこのGAPRシリーズでは一番、手強さがない GAPR Hiが気に入りました。ヘッドがかなり小ぶりで、ロフトが19度で『打てるのか??』と思いましたが、打ってみるとボールが上がるし、前へしっかりと飛んでいきます。

イイねぇ〜

ヘッドが小ぶりなので、ラフからの抜けがいいのがツアーで人気なポイントだと思いました。

あとコレも打ったのですが・・・GAPR MID

(写真撮るの忘れたので発表会で撮ったやつ)

これの18度 構えた感じ、アイアン形状だし、18度だし『打てるのか俺』と思ったんですが、打ってみるとボールがシューンと上がるし『これいいじゃん!!』と評価一変。一緒にラウンドしていた野村タケオさん。これをティショットで使って200yちょい気持ちよく飛ばしていました。

T島が買うなら24度とかかなぁ〜 かなり欲しくなりましたぜ

アイアンですが、何番で何ヤード飛ぶというところばかりに目が行きますしかし、アイアンは飛距離の階段がうまく作れることが大切なんじゃないかとT島は思っています。アナライズが限定で発売する予定のmmアイアン 6番から5度ピッチとしっかりと飛距離の階段ができる仕様となってますんで、発売の際 ぜひぜひご検討いただければと思います。

限定の為、迷ってると売り切れて、次の入荷までかなりのお時間かかるということが予想されます。発売決まりましたら、マーク金井ブログ、アナライズストアブログで告知しますんでよろしくおねがいします。

ではまた金曜日に


←クリック


2018年10月22日グラファイトデザインツアーAD VRを試打しました&パターがメッチャいい感じ

土曜日はブリック&ウッドクラブへ伺いました。ご存知の方も多いと思いますが、ディスモンドミュアヘッド設計の難コースです。マーク金井がフェアウェイキープ率は100%と自慢していましたが、あとでGARMIN CT10で取ったデータを見たら、T島も100%でした。

たぶんこのおしりセミナーのおかげだと思います

おしりでスイングが変わる!!おしりセミナー②回めのおかげです。ほんとチーピンが出なくなりました

左腕の回旋は、更に進化していると思うのですが、コースに出ると全く出来ません。ドライバーはほぼストレートですが、アイアン、アプローチがまだまだ出来ません。すごく新しいことをやっている時に、こういう難しいコースに行っちゃダメですね(汗)気持ちが萎えます。ほんと情けない(泣)でも

27度、30度のマジックマリガンUTは大活躍してくれました。

27度が5番アイアンの代わり、30度が6番アイアンの代わりなんです。T島的にはこの2つの番手には、アイアンと同じシャフトを出来れば入れて欲しいと思っています。マジックマリガンUTはカスタムオーダーもできますんで、あとNS950が入っているモデルはお値段もお求めやすくなってますんで是非是非

練習場ではできるのになぁ(泣)コースで一発でも出ると自信になるのになぁ〜 悔しいので赤羽ゴルフ倶楽部に通おうかなとか思っています。

しかし、このパターが絶好調です

というのも、このYONEXのパターを開発した清永先生のセミナーと、塚田好宣プロとのラウンドが効いています。

先日セミナーの模様はブログに書きましたし、マーク金井ブログでも書いていましたね。今回心がけていたのは・・・・

  • グリップはしっかり握ること(下りは特に)
  • 口でイチ・ニィ・サンといいながら打つ。(リズムが大切)
  • ショートパットは壁ドン(2mオーバーさせる距離でも入る)

この3つですよ。先日、塚田好宣プロとラウンドした時も、ファーストパットを気持ちよくオーバーさせて、返しもガッツリうってました。真似してみましたが、高速グリーンではメッチャ怖いです。ブリック&ウッドクラブは11フィートの速さだったようですから尚更でした。しかし届かなければ入らない。続けているうちに距離感もあってきて、返しも怖くなくなってきます

かなりいい感じです。下りの1mをガッツリと打って4メートルオーバーさせて4パットしたのは内緒ですけど、それ以外はかなりいい感じです

清永先生は、口でイチ・ニ・サンと言いながら打ちなさいと言ってました。ちょっと恥ずかしいのですが、嫌なパットだなぁ って時でも言いならが打つとサッと打つことが出来ます。緊張するとテイクバックがなかなか上がらない人にすっごくオススメします。ロングパットの距離感も合ってきます。ショットもそうやってみようかな と思うぐらい良いです。

えーっと遅くなりましたがこちらT島も試打しました〜

グラファイトデザイン ツアーAD VR

マーク金井は⇩こちらでインプレッションしておりますケド・・・

YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR

T島ですが、意外とグラファイトデザインさん、好きなシャフトが多く・・以前フェアウェイウッドにはツアーAD PT6SRや7Sなどをながーーーーいこと使っておりました。アナライズさんとあまりご縁がないメーカーさんなので、なかなか試打のお仕事で、シャフトが届かないと打てないんですけど・・・

今回ツアーAD VRもようやく試打することが出来ました。まあ詳しいというか、ちゃんとしたインプレッションは↑をご覧いただければと思います。

T島的インプレッションです。

T島ですが、VRの前のモデルのIZというシャフトが好きでした。フェアウェイウッドに入れたりしてます。この動画でマーク金井も言ってますが、IZが合う人はVRはちょっと・・・ということなんですけど・・・

60グラムのSを打った時は、コレは苦手だな〜と感じたツアーAD VRですが、今回 VR5(S)を打ってみたら、アレそんな苦手じゃないカモと思いました。確かにT島手元がしっかりしたシャフトだと、タイミングが取りにくい傾向があるんですけどね。50グラム台のSの方が、60グラムのSよりも硬くないので、あれっ?って感じで打てました。

ちなみにVR5(S)の振動数は255cpm、センターフレックスは4.06となっております。センターはあまり硬くないシャフトですね。

T島ですがトップでループ気味になるんですけど、最近発見したのは、このループ気味になってタイミングを取っている模様。動画でチェックしたら

コレ振りやすいな!というシャフトほど、ループ傾向が強くなっていました。

しかしこのシャフトを打つ時は切り返しのタイミングが早くなり、ループが収まっているんです。マーク金井が『スイングを変えたければ、クラブを変えろ』とよく言ってます。これは竹林隆光さんがおっしゃっておられた台詞。T島にとって気持は良くないけど、データや動画を見た時に、ツアーAD VRってアリなんじゃないだろうか??と思ってしまいました。

一昨年よく使っていた、フジクラさんのスピーダー569エボリューション3というシャフトとかアッタスクールとかも・・気持ちは決して良くないんだけど、結果が良かったシャフト。そして切り返しもしまった感じになっていたわけで・・・

こういうシャフトを選ぶのもアリかななんてT島思ったりしています。心地よさというのは、スイングが変わらないんです。自分にとって気持ち悪いシャフト(でも結果がいいシャフト)をあえて使うとどうなるんだろうなぁ〜 なんて思いました。

この辺がフッティングの限界 とマーク金井はよく言ってます。自分にとって気持ちいというのは、スイングは変化しにくいものです。今発展途上の方は、この辺見極める必要があるような気もします。

グラファイトデザインの ツアーAD VR ですが、やはり手元がしっかりしていて、切り返しが早い人に向くと思います。どちらかと言えばアウトサイドイン傾向の人のほうが振りやすいのかななんて思いました。

是非一度試打してほしいと思います

ではまた水曜日に


ツアープロに静かなブームのフレループ

←クリック


2018年10月17日ピンの新しいSIGMA2パターを見たついでにピンのこだわりに触れる

すっかり秋ですね。先週、日本オープン練習日に横浜カントリークラブに行った時は、すごく暑かったんだけど、一週間でもう秋です。いい感じです

プロギアさんの本

スイングの壁を知る5ステップメソッド

もようやく手元に届きました。

↓コチラから購入できます(クリック)

100切り、90切り、80切り、70切りという5っつの壁をどうやぶるか?というのがテーマのようです。その5つの壁を破るために必要なスイングの壁を設定してそれをクリアする練習方法がいろいろと載っています。

  • LEVEL 1 体の正面で打たない
  • LEVEL 2 インサイドアタック
  • LEVEL 3 ハンドアクションを覚えよう
  • LEVEL 4 骨盤と左腕の外旋を連動
  • LEVEL 5 スイングを数値化

の5段階 その4段階目に

  • LEVEL 4 骨盤と左腕の外旋を連動

でこちら。

ゴルフの竪琴(&パイロンセット)

 

←クリック

”ゴルフの竪琴は左腕の外旋をマスターするのに最適な練習器具です”

って書いていました

フレループ

←クリック

”クラブと同じようにグリップでき、左腕の外旋を練習するのに適した器具です。”と書いてあります。

こちらプロギアさんは、普通に買って頂いて、試して気に入っていただいたようです。プロギアさんではLEVEL4で登場しますが、LEVEL3のハンドアクションを覚えるというところで登場してもいいカモとか思います。

マーク金井的には、まずハンドアクションを覚える、そして体の正面で打たないという順番なのかな?と思います。この体の正面で打たないというのは

↓こちらのおしりセミナーで説明してますんで是非ご覧ください

はい 火曜日はピンジャパンの本社にお邪魔しました。つか遠いっす(美女木)つかクルマで来ないでとか書いてあるし・・・電車でいきましたがの

はい パターが発売になりました SIGMA2パター

えーっと、情報解禁ってのが昨日の12時(0時)だったので、皆さんもう観たでしょ?情報を・・・だからサクッと行きますね。

今回のSIGMA2はフェースインサートが2重になっています↓

柔らかい打感のパターって音がしっかりしないものが多いのですが、柔らかい打感なのに音がするという。その音がトゥんというらしい

そして長さ調整システムが進化!グリップエンドにダイヤルを差し込んで回すと長さが変わります

パターのシャフトの長さってとっても大切です。マーク金井も非常に拘っているので、アナライズで買えるマーク金井設計のパターは、32インチ〜37インチと長さが選べるようにしています。みなさんもこんなパターがあったら自分の最適の長さがわかると思います。

T島は、調整機能がないやつをオーダーで作りたいです。

あと↓ピンの工場を見せてもらいました。ピンの工場と言ってもアッセンブリーの工場です。ヘッドは別のところで作っていますが、組み立ては本社にあります工場スペースで作っています。だからフィッティングによるライ角などのこまかい仕様変更が可能なんですね。(これはパター以外もそうです)

えーっと今回T島が伝えたいポイントが3つ、ピンのパターはここでシャフトを曲げてます。(ライ角などこだわれます)そしてグリップの下巻きが、螺旋巻きというこだわり。(T島螺旋巻きが好き)そして、グリップはレーザー水準器を使ってスクエアに入れてます。

ちょっとちょっとーすごいこだわりじゃないですか〜

長さもオーダーシートのバーコードで自動でカットするので、間違いが少ないわけです。(もし間違ったらオーダーシートの間違いの可能性が高いです)

そして、ショールームで素晴らしいのが、過去のヘッド展示してあること。本当に初期の軟鉄鍛造のヘッドなんかもあります

しかしある時期から軟鉄鍛造ヘッドから、ガラッとピンっぽくなるヘッドに変わるんですね。これは↓ステンレス鋳造に変わりました

これはどうしてか?というと、ステンレス鋳造の方が、個体差がなく作れる。つまり精度が高いからという理由だったと記憶しています。創業者のカーステンソルンハイムさんは、精度にこだわった人です。そして名器ピンアイ2アイアンが生まれます

ステンレス鋳造のメリットは他にもあります。素材が硬いので使っているうちに、ロフト角やライ角などが変わらないのです。逆を言えば調整ができないのですけど、逆に一度調整してしまえば、あとは経年変化を気にせず長く使えるんですね

ということで、創業者のこだわりを継承して、ピンはステンレス鋳造にこだわっています。T島的には軟鉄鍛造アイアンにこだわりはありません。ピンと言えばステンレス鋳造!!ライ角を最初に選べば問題なしって感じです! ピンラブ!しっかりとウエッジの歴代もありました

大きいメーカーで歴代のアイアンをこんな感じで残しているのを見たことがありません。ピンのこういうこだわりってすごい素敵。

プロのセッティングで、そのままプロが使える感じで置いてます。ウエッジもカスタム仕様になっているのが驚き

↓こんなすでに手に入らないグライド2.0ステルスウエッジ 54度とかもあります。これ欲しい〜

そしてゲストが塚田好宣プロでした 。T島が一緒に本を書いた、なんとなく友達な 今野一哉プロが、塚田好宣プロと一緒に写真撮ってくださいというのが面白かった。

そしてまさかのセルフィー

そして この今野一哉プロお決まりのポーズまで塚田好宣プロにさせる・・・

お二人とも面白いっす

ということで また金曜日に


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

よろしくおねがいします


2018年10月05日ツアープロってすごいね&ホンマTW747シリーズ続き

マーク金井のYouTube試打
打たずにいられない

最新動画はタイトリストTS3ドライバーです

ぜひご覧下さい



今週も連休というのに・・・また台風です(泣)T島のホームコース的な長野県にあります富士見高原ゴルフコース、台風の被害にあって15ホールでの営業をするようです(泣)

15ホールでの営業とは言え、素晴らしいコースですから、皆さん是非行ってあげてください

そしてこちら・・・

mmアイアンのヘッドが入荷してきました!!!!! やったー!!!えーっと検品やら組み立てやらいろいろありまして、発売までしばらくお待ち下さい!!!

T島ですが、水曜日に太平洋クラブ益子コースへお邪魔しました。

えっっと、というのもコチラでサードQTがあるそうで、下見したいと↓このプロがツイッターで呟いていたので、じゃ行きましょうとなりました

はい。塚田好宣プロ・・

しかし・・・8時14分スタートなんですが、8時を過ぎても来ません。LINEしても電話しても、何の返信も無し、一緒にお付き合いすることになっていた、ゴルフバカイラストレーターの野村タケオさんと、ずーっと待ってました。

T島は、太平洋クラブ益子コースのアプローチ練習場でみっちり2時間練習しました。

こちらフレループを使って、ずーーーーと取り組んでおります左手の回旋

←クリック

いやコレがですね・・・左手の回旋ですが、ドライバーはやっても怖くないですけど、地面にあるボール、特にアイアンが怖いんです。小さい動きでも回旋するわけですから

大丈夫なんじゃろうか?

と不安だったのですけど、この2時間でしっかりとアプローチ練習を繰り返し、バンカーでも・・・

ええええマジこんなにやってもいいの???

というぐらい早いタイミングで大胆に左腕の回旋すると、バンカーで

サクッ!

と出ます。あのねバンカーってドーンと打てとか、そんな力いりません。サクッとでるんですよ。左腕でのドリル↓こんな感じで

バンカーで打てれば、サクッと出ます。オープンスタンスとか、フェースを開くとか、全く要りません。

いやーーーースゲー! 今までの俺は何だったんだぁああああ

まあしかし、コレはフレループで頑張っていたので、出来たのですがこの動きを実際にやるのは根性がいります。コレがスイングのイムジン河なのか・・・・

とりあえず、アプローチとかバンカーなどの小さい動きなら出来るようになりしました

1時間過ぎた頃に、『寝坊しました 今から向かいます』とLINEが来ました。でもどこから向かうのでしょうか? 千葉? 千葉だったら2時間はかかるでしょう??

どこからですか? と送りましたが返事がなく・・・更に1時間練習して・・

まあほんとに来るか不明なので、最終スタート11時に向けてまず食事してたら来ました(汗)

まあQTの下見ということで、フルバックからです。でもツアープロというのは、凄いですね。ゴルフが簡単です。毎回バーディパットです

スゲーのはOB打っても、120ヤードの4打目入れてOBイーグルとか・・

林に入れてもそこからグリーン脇まで運び ラクラクパー

そしてやっぱり何度見ても凄いのがパターの距離感。かならず1.5メートルぐらいオーバー目に打ってショートしない。

ファーストパットは

ええ

ってぐらい強い

返しはさらに

えええええ

ってぐらいしっかり打ってます。壁ドンですよ 壁ドン

ゴルフ超簡単教でしたわ・・・

T島は、アプローチだけは絶好調でした。T島のアプローチが素晴らしいので・・塚田好宣プロがウエッジ見せて下さいと・・・

アナライズmmウエッジ

塚田プロ、何発が打って

イイですね・・・コレ

とお褒めの言葉をいただきました。野村タケオさんが、『だってそのmmウエッジ ピンのG25のウエッジのオマージュですから』とキッチリ説明をしてくださりました(オマージュではなく、パ○リと言う表現でしたから)まあG25アイアンでツアー優勝している塚田さんも気にいるわけです。

ちなみに今度発売するmmアイアンは、ピンG25のオマージュです。

アプローチをミスした時に、塚田プロから重心の位置に気をつけてアドレスするよう教えてもらって、メッチャラッキー。

っていうか・・・塚田プロの被害は2回めでしたが、まあ許しちゃうのが塚田プロの魅力?(笑)

んで、水曜日の続きです

本間ゴルフ TW747シリーズですが、ドライバーかなりいい感じでしたが

フェアウェイウッドも良かった

3Wは15度と3HLというのがあります。

ロフトは何度なんでしょうね(汗)17度ぐらいかな

カーボンクラウンだそうです。コレメッチャ良い!!!すごくやさしいボールが上がりやすいです。5Wからはカーボンクラウンじゃないそうです。T島的には 3HLと7Wを入れたい感じです。

んで 一番好きだったのコレ

ユーティリティです これ構えやすい、打ちやすい、音も打感も良いと素晴らしい

シャフトもいい感じでした。おもわずTW727の中古を探そうかななんて思いました(そこかよ!!!)松山英樹も、ホンマのTW727の19度UTを長く使ってますよね(たまに使わなくなるけど、すぐ戻る)

ユーティリティでもヘッドが大きくて、打ちやすいのが魅力です。TW747も良く出来てます!特にカーボンシャフトが秀逸です

えーっと アイアンとウエッジ スイマセン 打ってません。なんか出してくれなかったんだよね〜 まあいいけど

2種類

以前は細かな差で沢山モデルが合ったけど、違いがT島レベルではよくわからない。(プロはわかるんでしょうけど)今回は、軟鉄鍛造↑と飛び系↓

ウエッジはこんな感じ

また打つ機会があったらレポートしますね

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


1 2 3 4 5 6 69
▲ページのTOPへ戻る