アナライズstoreblog

カテゴリー: 再入荷情報

2019年03月27日PRGR-TUNEってご存じ?&ついに発売開始!mmアイアン、スリーブ付きスチール

YouTubeアナライズチャンネル 『おしえてマークさん』今回はフェースアングルについて説明しています。あれ?なんだっけ?というクラブの疑問についてマーク金井が説明します


月曜日の生配信から、話題の腰蓑・・・

火曜日のマーク金井ブログで、全容が公開されました

超私的な提案 インパクトで腰(骨盤)を開くとっておきの練習法とは!?

なんて変わったことを考えるんでしょう(汗)・・・

そして動画がコレ

自宅でヒラヒラやってみましたが流石に練習場ではできません(汗)しかしマーク金井の腰のキレって凄い、T島もやって動画で撮ったけどこんなスピードが出ない。このドリルで飛距離が更に伸びたとのことです。

T島も、以前よりインパクトで骨盤が開けるようになりました

なかなか道のりは長いなぁ。やっぱり腰蓑買う(笑)お陰様でどんどんゴルフ熱が上がっていきます。

さて、T島ですがアイアンセットは7番までしか入れていません。しかし最近6番アイアンも打てそうな気がしてきて6〜PWまでのセットにしようかなと思っています。

ちなみに・・・今年の新製品イチオシのアイアンは、ピンのG410アイアン(ウエッジは弾く感じなんでWまでのオススメ)そしてこちら・・

プロギアのパーツブランド PRGR TUNE05CBアイアン

4月12日発売だそうです。ディスタンス系ポケットキャビティ。フェースはマレージングですが、ボディは軟鉄鍛造。中空構造になっていて、その中には衝撃吸収素材がはいっているという凝った構造です。フェースは弾くんだけど、打感はそれを感じないというのが良いかも・・・

PRGR-TUNEとは、パーツ販売のためにPRGRが作ったブランドなんです! 販売店は限られますし、非常に精度にもこだわっているので、お値段はしっかり目です(このアイアンは1個2万(税前)ヘッドだけね)7番で28度とロフトが立っておりますので飛びます。もちろん高く上がるような構造になっているので、飛ぶだけじゃないですよ

ぶっ飛び系なのに、見た目は硬派というのがいいじゃないですかぁ〜

PRGR-TUNE 結構ラインナップも増えていますが 05シリーズはドライバーとフェアウェイウッドだけ昨年の9月に発売されていたんです。

このドライバーとフェアウェイウッド、隠れた名器だとT島は思っています。日本のメーカーには珍しい、重心距離が長めで、重心深度が深い、安定感のあるヘッドです。それでいて、フェースはギリギリという。メッチャ惹かれる〜好きだぁ〜

先日、PRGRのRSシリーズの新しいラインナップ、RS-E、RS-REDを試打ラウンドさせてもらった時に、気を利かせて持ってきてくれたんで、コースで試せました・・・

んでフェアウェイウッドも、構えやすくて、ボールが気持ちよく上がります

5Wのつもりで、3wを握っていて打ったら、メッチャ良い球が出て、あとで気がついた。これはよかったね〜 こちらチタンなのでお値段5万円(税前)はい・・結構します(汗)

T島の頭の中には、長渕剛の巡恋歌が流れました。

こんないいクラブ勝手に持ってきて 勝手に好きになった は無いでしょう〜♪

と勝手に逆恨み・・・つかPRGRのNさん送ってください。と言っても あなたの胸には刺さらない♪〜 と1979年の歌を思い出したわけで・・っていうか40年前ってNさん生まれて無いのかもね

PRGR-TUNEシリーズは昔から勝手に好きなんですけどね・・・05は特に、幅広い層にもオススメです。女性の方にもとっても良いと思うのよ。

あとN ウエッジ これかなりグースのウエッジで、優しい感じですよ

スピンもかかるしね〜 アレ?こんなにPRGR-TUNEを取り上げるつもりじゃなかったのに(汗)最後にどうしてもあと一つ紹介していいですか

これは、0(ゼロ)UTというんですけど、PRGR-TUNE初のウッド系のUTです。デザインの流れで言えば05UTでも良いと思うんだけど・・・

これ少しサイズ大きめ、安心感ありで、ボールが浮きやすく、適度なスピンで使い勝手の良いUTです。ニュートラルな感じでいいっすね! ロフト角のバリエーションは嬉しいことに6UT 26度までございます。

アイアンは6番から って人にもいいですよ。

こういうパーツブランドって、入れたいシャフトが決まっている人には、とっても良いですよね。メーカーのカスタムシャフトって限られているし、肘痛が怖いので、アイアンに重いカーボンを入れたいという、T島みたいな人にはとっても嬉しいんです

PRGR-TUNE 05CBアイアンは6番からのセットだそうで、イマドキ感ありますよね。5番要りませんって人も最近増えております

T島のアイアン選びの基本をよくブログに書いてますが・・

  • ヘッド大きめ
  • ソール広め
  • バンス多め
  • ライ角が調整できる、もしくは選べる
  • キャビティ、もしくは中空
  • できればカッコいいほうが良い

というのがありますが、最近は・・・

  • 5番〜PWとか無理、6番からにして
  • シャフトはカスタム対応、もしくは重めのカーボンがあること

というのが加わっております・・

でもなかなか無いんです・・・でも アナライズにはあるんですよ

こちら、以前発売して、一瞬で売り切れたmmアイアン 再び一般販売開始(限定です。数に限りがありますので売り切れたらごめんなさい)⇩クリック

(アイアンは希望あればライ角調整できますので、備考欄にご記入ください。ご注文いただいて組み立てますので発送までお時間いただくと思います)

そしてこちらも一般発売開始スリーブ付きスチールシャフト⇩クリック

マーク金井が最近ハマっております。ウッド用スチールシャフトに各社スリーブを装着して販売します。ついに一般発売開始しますよ

長さは43.25インチ(アナライズ基準)になります。

【お願い】注文の際【備考欄】に、使用するヘッドのクラブ名を記載ください。
スリーブは、テーラーメイド、タイトリスト、キャロウェイ、ピン、他のメーカーに対応しています。一部対応できないスリーブもございます。ご不明な点は、お問い合わせください。こちらもご注文いただいてから、組み立てますので発送までお時間頂く場合がございます


是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2018年12月05日2019年噂の新製品情報+海外メディアと話したよ&2019年ルール改正 その13

売り切れていました イージーフレックスEF009、EF009SW入荷しました↑クリック

シャフトのしなりの習得、切り返しのタメを覚えたい人は是非こちらを!


日本に戻ってきたT島です。実はスコッツデールで泊まっていたこの部屋のベッド

床から1m以上厚みがありまして、ベッドから降りる時転けそうになって、手を突いたんですが、捻ってしまったのです。まあ向こうにいる時は気が張ってるし、ゴルフもできるし、我慢していたというかあまり痛くなかったのですが、日本に帰って一夜明けてから、メッチャ痛くなりました(泣)

昨日は、マーク金井の有料メルマガのお仕事など、色々一気に片付けてたので病院にいけてません。もしかしたら一日経った治ってるだろうなんて思っていたのですが、一向に治る気配がありません

本日病院に行ってまいります!

2019 年規則変更点の解説

16.3. 地面にくい込んだ球の救済

現在の規則:特定の状況では、球が自らのピッチマークにくい込んだ場合に救済を受けることが許され ています。

 規則 25-2 は球がスルーザグリーンの芝草を短く刈ってある区域(フェアウェイの芝の長さかそれ 以下に刈ってある区域)にくい込んだ場合に限って救済を許しています

 しかし委員会はこの地面にくい込んだ球の救済を芝草を短く刈ってあるかどうかにかかわらずス ルーザグリーン全域に拡大するローカルルールを採用することができます(砂にくい込んだ場合を 除く) 。

 救済を受ける場合、プレーヤーは元の球をその球がくい込んでいた場所にできるだけ近く、ホール に近づかない所にドロップしなければなりません。

2019 年規則:現在の規則の設定と逆になります。

 規則 16.3 は球がジェネラルエリア(現在のスルーザグリーンとして知られている区域)のどこにく い込んだ場合に対しても救済を認めています。

 しかし委員会はこの救済を芝がフェアウェイの長さかそれ以下に刈られているジェネラルエリア の部分にくい込んだ球に限定するローカルルールを採用することができます。

 救済を受ける場合、プレーヤーは元の球か、別の球を球が地面にくい込んでいた所の直後の箇所か ら 1 クラブレングス以内でホールに近づかない所にドロップすることになります。

変更点ですが、ジェネラルエリア(ティーイングエリア、バンカー、ペナルティエリア、グリーン以外のエリア)では、地面に埋まった球を罰無しで、1クラブ以内のボールの近づかない所にドロップできるわけですよ。わかりやすくていいですね!!!

はい

さてようやく2019年の新製品情報が流れてきましたね!まずはコレ

キャロウェイはローグに変わって、エピックフラッシュ、エピックフラッシュサブゼロを出してくるようです。この情報はR&Aの公認サイトからです。このドライバーはルール適合です。というリストに載らないと使えないわけで、早々と申請をしたということですね

サブゼロ、サブゼロv2,v3と3種類あります。この場合推測されるのは、発売されるのは1つだけで、後は契約プロの要望を聞いてサイズダウンしているとかということかと推測します。

そして、テーラーメイドは・・・

とこのティーザー広告を出してきましたね。ここのフェースのネジをどう使うのか???またまたテーラーメイドが気になることをやってきております

と注目の2社がじわじわと新製品の情報を小出しにしてきますね。

キャロウェイは、ローグじゃなくてエピックに戻ったのかなぁ〜 ローグは重心距離を動かすウエイトがありませんでしたが、今回は搭載してきましたね。T島的には要らんとおもうんじゃがのぉ。なんかちょっとモヤっとするんですね

 

そしてテーラーメイドですが・・フェースにねじ・・ネジと言うかこれはウエイトと見ています。フェースにウエイトを配置するということは、重心深度が浅くなりますね。一番ダイレクトに調整できるのはフェースです。

えっと、すでにフェース面の構造自体は結論が出ているそうです。もうルールに沿ってこれ以上は無理って話をPXGのエンジニアが言ってました。ってことはそれ以外のところの構造をいろいろ画策するしか無いと言う話。

しかしテーラーメイドはパッと観てわかる革新的なイメージを作るのが上手いです!!!

えっとですね。PXGのメディア・イベント、まあT島英語はほぼ喋れないのですが

こんなアウェイで、通訳してくれる人もいないのに カウンターに座って、アメリカとユーロの人の話を聞いておりました

ウイスキーソーダを飲みながら(ハイボールなんて無いんですよ皆さん)

そしたら、アメリカもドライバーの価格帯が上がるのではないかと言う話で、599ドルになるんじゃないの?的な話が出てきましたよ。その時に、いきなり日本のハイなブランドについて聞かれました。

本間ゴルフと三浦技研は、今アメリカでも盛り上がってるけど、他にはないのか?

的なことだったと思います。その時は、訳してくれるペラペーラな人がそばに居てくれたので、大丈夫だったのですが・・・本間ですが、ジャスティン・ローズとの契約は、アメリカ、ユーロのメディアの人は『もう決まってるよね』的な感じでしゃべってます。

T島が言ったんじゃないですよ。向こうの人は『契約したんだろ』的なことを口にしてます。本間ゴルフですが、海外ではハイブランドのイメージが定着しています(特にアジア)今回、一番名前が出てきたのは、本間とジャスティン・ローズの話でしょう。

三浦技研も注目されてました・・・

他にないのか?と言われたので、ゼクシオとかは?と言いましたが、反応なし・・あと、マジェスティも・・・ですPXGみたいな高い値段のは無いの?って言われたのでモダートってとこが高いけど って言ったけど、知らないとのこと・・残念

プロが使うからクラブが売れるという時代は終わった という印象を受けました。しかし性能を証明するためにある程度の契約プロはいたほう良い。でも契約金をバンバン払って、使ってもらうというスタイルはもう終わってる とアメリカのメーカーの多くは思っているようです。

劇的に図抜けたものは、毎年出せない。それよりも三浦技研の会長のようなレジェンドがいることで、ブランド価値を保つとかのがいいんじゃないか?とか・・

とはいえ・・テーラーメイドの新製品がやっぱり気になるT島。きっと買っちゃうんだろうな〜なんて思いました

ではまた



2018年08月29日アプローチでいきなりカツーンが出た時にどうする?

もうすぐ8月が終わろうとしてるのに、この湿度はヤバイです。ホント勘弁してほしいですわ!!!! といいつつ今朝は、マーク金井とカッキーとアナライズ研修会で赤羽ゴルフ倶楽部へ、ほんと早朝なら快適ですよね。T島は毎日一人サマータイム(単なる早起き)なので、早朝は得意です!

赤羽にたまたま来られている方が、ブログ読んでますよ〜って声かけてくれました(超嬉しい)T島、最近衝動買いした新兵器を導入しましたが・・・・

不発・・・ リシャフトしたい

これでも入れるか・・・(持ってないけど)フジクラ スピーダーエボリューション5 FW。毎回フェアウェイウッド用を発売するんですが、ドライバーがいい感じだったら、フェアウェイウッドもリシャフトしたくなるという。お値段控えめだし・・・・ これはスピーダーマジックかも・・・(あの他社も追随してほしい)

残念ながら、ドライバー用とまったく同じではありませんが、テイストは似ています。手元の剛性を上げているシャフトが多いですね。もしリシャフトしたらレポートします

っていうか・・マーク金井の練習のテンションが最近すごいです。まあスイングがバンバン進化しています。

スイングが変わる→練習が楽しい→変化のスピードが上がる

と効率よくスイングが変化しています。T島はまだまだ左の回旋が遅いですが、地味にやるしかありません。意識してできるほど簡単じゃないんですよ!!!

やはりやって、撮って、やって撮ってが大切です。これしか無い!マーク金井をみていると、T島が出来ないのは、ただ単に

『ドリルが足らない』努力が足らない

だけという気がします(汗)ほんとやるしか無いです!!!! 回旋が遅いのは承知の上ですが、マーク金井が取り組んでいるフットワークにも挑戦したくなるわけですよ(汗)

超私的な提案 インパクトで左のお尻を背中側に突き出すメリットとは!?

こちらですが、T島もめっちゃ意識して練習してます。しかしコースでフットワークを意識するようになると、チョロ的な球が出始め(汗)ちゃんと飛ぶ確率が50%と下がっております(泣)しかしちゃんとできると、気持ちいい球がでますね。

この動きができるようになると不思議な事に、T島の場合はアイアンでフェード的な球が打てる。アプローチでヘッドが上から入るという副産物を生んでおります。お陰様でアプローチが好調です。

T島も突然アプローチがおかしくなるときがあります。T島的には一番得意なウエッジのコントロールショットが突然崩壊するわけです(泣)先日戸塚カントリーに伺った時がコレでした。絶好のポジションから

カトゥーン・・

とグリーンオーバーしてしまう(泣)滅多に出ないのですが、え?なんでなんでみたいに、数年に一度この症状が出るときがあります。

この症状ができる時・・・なんかねぇ 名門コースだったり、試合だったりで、呼吸が浅くなるというか・・・・

もっと短いグリーン周りからもトップしたり、チャックリしたりと・・・・・

T島的には、このミスが出る時は、カウンターウェイト入れて、トップで間合いが取りやすくするという方法。 はい。シャフトスタビライザーですね。ウエッジ用シャフトスタビライザーと言うのがあります。↓クリック

非常にすぐれものなのですが・・唯一の弱点は、重めのカーボンシャフトに装着できないことです。カーボンシャフトが重くなると手元側が肉厚になり、シャフトスタビライザーが入らなくなります。簡単に着脱できるのでお試しいただけると嬉しいです

偶に、抜けない!!と言われることがあります。装着する時に、六角レンチでゴムを膨らまし、肉厚を太くすることで固定するのですが、外す時に、この作業をお忘れになって、無理やり抜くと壊れます。かならず六角レンチでゴムを緩めることが大切

こちらの動画で着脱法を説明しております是非ご覧になって下さい↓

はい。いやいや、アプローチのミスはクラブじゃないだろ!撃ち方に原因があるんだろって、はいスイマセンそうなんですね。T島の場合呼吸が浅くなると、切り返しの間合いが取れなくなってくるんです。

じゃあどうすれば良いか・・・ こちらが切り返しの間を教えてくれます↓クリック

超柔らかいシャフトが入ったサンドウエッジです。これはシャフトがしなって勝手に切り返しの間合いをシャフトが作ってくれます。これでアプローチの練習するだけで、この間合いがわかってくるわけです。

特にルール違反ではないので、なんだったらこのイージーフレックスEF009 SWをアプローチに使っても良いんですよ!!!!

何だよ〜宣伝かよ〜って、宣伝のブログなんですから早く気がついて下さいよ〜。えーっと、柔らかいシャフトのウエッジ、例えばレディースクラブでも変わりにはなりますが、このEF009ってほんと良く出来てるんですね。トップでの間合いが実にわかりやすいんです。そして何故か、本数をあまり作らないのです

ってことで、いつも売り切れなんですが、最近入荷しておりますので是非是非。

あっ・・・これは、ラウンド中に出来ないことばかりですね(汗)ラウンド中にいきなりカツーンが出てしまった場合どうするか・・・

  • 腕の意識は忘れて、下半身リードで打つ
  • トップで止めて打つ
  • できる限りパター
  • 諦めて受け入れる

など思い浮かびますが、即効性があるかどうか微妙(スイマセン)定期的に柔らかいシャフトで練習して予防するのがいいかと思います。

さてこちらのアイアンですが

夏ぐらいに発売予定でしたが、9月下旬から10月発売予定です。えーっとぶっちゃけあくまで予定で、メールでお問い合わせいただいても、工場より連絡がないとアナライズもいつになるのかまったくわからないわけで・・・

決して隠してるわけではないので、ご理解下さい。時期がわかりましたらブログで案内させていただきます。

ということでまた金曜日に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

フレループ

 

 


2018年03月23日ジャパンゴルフフェアーに行こう!&RENGAパターもうすぐ再販

来週月曜日21時から マーク金井ここだけの話 生配信します


本日からジャパンゴルフフェアー2018開幕

会場はパシフィコ横浜

開催時間

  • 3月23日10時〜19時
  • 3月24日10時〜19時
  • 3月25日10時〜17 時

はい 本日よりジャパンゴルフフェアー開幕です。今年は金曜、土曜が19時までと開催時間を2時間も長くなっています。大手メーカーのプロギア、ヤマハなど10年ぶりぐらいに復活するなど活発な感じです。

T島ですが本日は夕方まで会場におりますので、明日のブログで見どころをレポートしたいと思います。

さてさて

最近 YOUTUBEを観ていて

凄い!凄い凄い!!!

と思ったのがこちら↑三枝こころさんの動画!何が凄いって、見事にハンドファーストインパクトというか、スイングがどんどん進化しているんですよ!!!

これはこころさんの地道な努力の成果だと思います。

T島もフリップと回旋の違い このゴルフのイムジン河が越えられません(T_T)

これがキモかも?!フリップと腕の回旋の違い(マニアック過ぎ?)

↑これですよ

回旋を覚えるためにインパクトスナップを真似てこんなの作ったりするから

(せこいぞT島)

 

ダメなんでしょう(T_T)

買いますインパクトスナップ

こちらですね。三枝こころさんが指導を受けている森守洋コーチのスタジオ 東京ゴルフスタジオさんで売ってます↑クリック

森守洋さん、このブログなんかお読みでないでしょうが・・フリップ撲滅法をT島に教えて下さい。そしてその模様をこのブログでお伝えしたい!!!

全国のフリップ野郎にヒントを!

と虚しい叫びでした・・

しかしこころちゃんのスイング素晴らしいなぁ。T島は新製品発表会などでお会いしても、会釈程度でほぼ覚えてない感じでございます。まあT島的には、あんな素敵な方に挨拶されたら、挙動不審になること確実なわけで、それを防げてるから良いんですけどね

アナライズの初心者セミナーもringolfのこころさんの動画でセミナーを知ったということで、参加申し込みをされた方2名もいらっしゃいました。

俺も頑張るぞ (泣)

はい こちらの動画アップされました

ハンドファーストインパクトが出来る人には最高のアイアンというマーク金井の評価でした・・・

うーん あまり自信無いっす 一応ヘッド入射角−3度くらいでヘッドが入っているのですくい打ちではないんですけどね。

T島と言えば

ドライバーもイマイチ、そしてアイアンがどーもいかん アプローチも(泣)

しかしパターはいい感じ

コイツのおかげです。

通称RENGAパター

カラー 2種(ブラック、レッド)
ロフト角 2種(4度、7度)
ネック形状 2種(センターシャフト、リバースシャフト)
長さ 標準34インチ(32〜37インチまで対応)

とバリエーションがあります。もうすぐ入荷するので、来週中には欠品しておりますスペックが再発売されると思います(こちら数が少ないので販売再開されたらお急ぎをくださいね)

T島ですがRENGAパターあれこれ試打しました

いきなり使って違和感がないのは

ロフト4度のセンターネックです!!! もう普通に慣性モーメントの大きさと打感の良さを堪能いただけます。

次はロフト7度のセンターネックでしょう。こちらはハンドファーストのインパクトが出来ないと距離感が合いませんから、ちゃんとそれを意識して下さい

同じぐらい慣れが要るのが

ロフト4度のリバースネックです。リバースネックは非常にヘッドをまっすぐ引いてまっすぐ動かしやすいのです。しかし構えるのがチト難しい。リバースネックということは、シャフトがトゥ寄りに刺さっている!つまり構えるとシャフトがヘッドの上に見えるんです。

まずこれに慣れる必要があります。ロフト4度だと慣れやすいかと思います。それが7度になると、ハンドファーストにしつつ、シャフトが見えてフェースを合わせるということになるので、アレ??となる人には勧めません

リバースネックはヘッドが、まっすぐ動かしやすいのと、

ヒッカケのミスが出にくいです!!!!!

これに悩んでるとリバースに挑戦して下さい

やっぱりパターはスコアの生命線なんですけど、ショットをなんとかしたいT島です

フレループするかなぁ

ではまた明日


えーっと昨日から4月のセミナー募集入ってます

アナライズセミナー  お申込みはこちら↓から

すでに4/14 11時、脱スライスセミナー、4月21日11時、アプローチセミナー、4月29日、フレループセミナーは満席となっております。

えーっとプライム会員、プライムゴールド会員の皆さん、申込みの時にかならず書いてくださいね。ご注文の時もかならずご自身で備考欄にプライム会員ですと書いてください。プライム会員様にアラートが出るようなシステムがアナライズにはありません。スイマセン、全員覚えることもなかなか難しく・・・カッキーからも皆さんにお願いしてと言われてまして・・

イージーフレックスEF009アイアン、ウエッジ!!!再入荷!してます↓↓

pr00014

アナライズオリジナル練習器具 「イージーフレックス EF009 7I+SW 2本セット」+ 解説DVD

pr00013

アナライズオリジナル練習器具 「イージーフレックス EF009 SW」

pr00012

アナライズオリジナル練習器具 「イージーフレックス EF009」+ 解説DVD

よろしくお願いします


2018年03月17日メーカーのこだわりに触れるとクラブがよくわかるかも?

アナライズのYOUTUBE番組を配信しております

ANALYZEチャンネル

人気のコンテンツ マーク金井の打たずにいられない は

日本未発売のテーラーメイド M4 D−タイプドライバーです

ぜひご覧ください

あと・・アナライズのプライム会員様にお知らせ・・・↓

だそうです・・・(汗) マーク塾とはアナライズのプライム会員様(有料会員)のメニューです、ちなみに会員募集は終了しております・・


昨日はマーク金井とガーラ湯沢に行きました

マーク金井さんお上手でした。この人は、上達するシステムを作るのが上手いので、最短最速で上達しますね。もちろん時間もお金もかかりますが、継続、促進、保証この3つの条件を見事に作っています。

スノボって荷物が多いので、誘われたら「行きます〜」っていうんですが、徐々に「荷物多いし面倒くさい」と思うものです。しかし板と靴を預けているなら、気軽にいけますよね。そういう仕組を作るのが上手い。ゴルフもそうですね

っていうかこの人達、ガーラのレストランでレッスン始めてます・・・(汗)

つか 抱き合って恥ずかしい・・・

コレ何のレッスンかわかります? アナライズのセミナーに来ている常連の方ならわかりますね。

はいコレ

アプローチセミナー このセミナーの1ヤードアプローチで、手を使わずにテイクバックするのが極意なんですが、このテイクバックの仕方を教えてます。T島的に、アプローチセミナー、これで正しいアプローチが覚えられたら、絶対にショットが良くなると思います。なのでアプローチの練習します!!!!

アプローチも大切なんですね!

さてPXGの本社でこれを見せてもらったんですけど

鍛造の種なんですけど、こちらヘッドの内部が見えます 右側はCNC加工してあるのがわかりますか? なかなか内部をCNC加工するのは珍しいんですね。左側の種のように、そのままなんですけど、右のようにCNC加工して、精度を高くして、このキャビティ部分のスペースを更に広げて作っています。この部分なんか誰も見ることはないのですが、神は細部に宿るといいますが。この見えないところに、CNC加工という凄いコストの掛かることをやっているのです

中空にして樹脂を入れる・・

活字で書くと、これだけのことですが、これだけなのか?これだけではないのか?でかなり違うんとおもうんです。PXGは、こんな手間もお金もかかることしています。でも高いと言われますよね。理想を追求するとコストがかかるのは当然のことなのです

ここまでこだわって作っているのに、中空にして樹脂入れるというと どこかと同じになってしまう・・・ モヤってします

このネジ穴開けるのも、大変ですよね 余計に手間がかかる。これは遊び心でウエイトをかっこよくしただけですけど、これはなんとなくカッコイイ。もともと重心位置を決めるために、ネジを使って試作したらカッコよかったから採用!ってなったそうです

詳しくはこちらを読んでね↓

なんだかんだでこんなに手間がかかってしまうので高価になってしまうわけです。キッチリやるとコストがかかるのは当たり前!

ちゃんとしたものは高い。こういうこだわりがT島好きです PXG LOVE

先日、ゴルフ写真家の宮本卓先生が写真展をやっておられるのでお邪魔しました

↓クリック、20日まで日本橋三越本館の4階ゴルフ売り場でやってますんでぜひ

こちらに伺ったときに、展示ブースのとなりに、マスダゴルフさんのブースが有りまして。そちらでマスダゴルフの寺田さんが・・・こちらを見せてくれました

右の丸いのは金属の塊です。これを削って左のパターが出来上がります。

この塊1個でパターヘッドは1個しか作れないそうです・・・

寺田さんがT島に、「この丸いの持ってください・・」とおっしゃるので、手で持ってみましたら・・・・

持ち上がらない・・

寺田さん:「何キロあるかわかりますか??」

T島:「うーんわかんない片手でヒョイと持ち上がらないから5キロ以上であることは間違いないよーな」

寺田さん:「正解は8キロです」

8キロってことは・・・ヘッド重量が約350グラムとして

350グラム÷8000グラム=4.37%

残り95%ちょっとは無駄になってしまいます。350グラムのために、7650グラムが無駄になってしまう。しかし削りだすことで、高い精度と素晴らしい打感を得ることができます。

その出来上がったヘッドを更に、巨匠増田雄二が削るんですよ。そりゃ安くしろってもできるわけないでしょ?↓はい!(クリック)

そうなんです

こだわる!手間をかける!そうすると当たり前にお値段は高くなります。

安い=コストダウン

ですから・・・

アナライズのRENGAパターですが↓こんなフェースに溝が入っておりまして、こだわって作ってます

このヘッドってアルミをCNC加工して作り上げるのです。こちらもアルミのインゴット(塊から削り出しております)

しかし、CNCの割には23760円と、低価格に収まっております!!!

これには秘密があります。

  • アルミは柔らかいので、削り出しやすい(軟鉄、ステンレスなどよりも低価格です)
  • ネックがないので削り出しても、無駄になる部分が少ない
  • シンプルな形状なので、無駄になる部分が少ない
  • 卸しをしない直販のみなので、原価率を上げることができる

という秘密があるんですね。

PXGやマスダゴルフみたいな、プレミアム感を重視していないのは、マーク金井のゴルフクラブは所詮、道具!道具は高くないほうがいい。という姿勢が違うからかと思います。

道具は手軽に買え、使ってもらってこそ生きる と言うコンセプトで作っています

この辺は、各社のこだわりかとおもいます。PXGやマスダゴルフは一切妥協しない。マーク金井は、道具としての機能を追求し、道具としての価格を重視するので、非常にいい塩梅のところを探して、コストダウンします。

これは各メーカーの、コンセプトです!どちらが間違っているわけではなく。どちらも正解じゃないかとT島は思います。

売り切れスペックが多かった アナライズRS1.5パター 来週再入荷しますので

よろしくおねがいします。↓クリック

ではまた月曜日に


片山晋呉プロがフレループを使用↓

フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


1 2 3 4 5 6 11
▲ページのTOPへ戻る