アナライズstoreblog

カテゴリー: クラブ分析

2017年09月01日まだ60g台のSですか??&疲れたら股関節動かして下さい

こちらの動画配信開始

マーク金井のシャフトセミナー その2

マーク金井のシャフトセミナー その3

スイマセン遅くなりました。お休み中も除々に勧めていたんですが、シャフトセミナー2はマーク金井の説明シーンが多く、一つのことを話しながら、終わらずに次のことがなんとなく混ざりつつ、大切なことを言う・・という表現がとても多く(毎回ですが)1分を編集するのに10分ぐらいかかりました(ドリルシーンが多いと喋らないので楽です)

ここを省略しよう・・・ いや 頑張って伝えなければ という葛藤が渦巻いた感じです。顔出しNGの参加者の方のチェックも頑張りました。

引き続き、ゴルフの竪琴セミナー、脱アンダー星人セミナーもアップしていきますね

そして、こちら・・・

マーク金井”ここだけの話”
9月4日21時 配信決定!!

こちらも配信決定しております!!あっ今回のPGAツアーは、金曜から月曜なので、松山英樹が活躍しても、まだ結果が出ていませんけど、いろいろネタを用意していることかと思います楽しみにして下さい

さてさて、金曜日はストレッチパッドの日です。T島ですが休みの行動

  • 土曜日 東京湾で船釣り
  • 日曜日 出雲大社近郊で、神社巡り(1万5千歩ぐらい歩く)からの玉造温泉
  • 月曜日 大山ゴルフクラブでラウンドからの宍道湖の夕日からの飲み
  • 火曜日 松江から博多に移動し、塚田好宣プレ誕生会と言う飲み
  • 水曜日 志摩シーサイドカンツリークラブでラウンドからの飲み
  • 木曜日 KBCオーガスタで観戦からの飲み
  • 金曜日 博多から広島へ移動
  • 土曜日 広島から岡山のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部でラウンドからの飲みからの広島へ戻り
  • 日曜日 実家から広島市内で中古ショップ巡り
  • 月曜日 早朝、岩国錦帯橋空港から戻り、メルマガ取材からの動画編集

と昼は活動しつつ、早朝にブログ執筆、構成、メルマガ執筆配信、急な原稿2本、他社原稿2本、動画編集など、いつものペースでやってまして、前の週も休むための、原稿を地味に書いてましたから、かなりハードでした

そんな無理がたたってか、JFE瀬戸内海でゴルフしている時、何故か股関節が痛い・・・バタバタしていつものストレッチパッドのストレッチもサボり・・

体調最悪・・・

ストレッチパッドの取材ももうヘロヘロでした

身体カッチカチ

ストレッチパッドを腰に引いて横たわれと司令が・・・

寝転がっても太ももの裏が下につかない(股関節が異常に動いていない)

足をこう持ってもらい

ググっと膝を曲げてもらうと

あぁ~ぎもぢいいいいいい・・・

反対側も曲げます

あああああぎもぢいいいい〜

こんどはこんな格好して・・

んで

引っ張り合うわけです(プロレス?!)

これメッチャきもちいです・・・

あ〜メッチャ楽になったぁ

だいぶ股関節も動くようになりました↓

これ疲れた時に、奥様旦那様に手伝ってもらって是非やってみて下さい

ストレッチパッド!

ストレッチパッドお試しいただきたいと思います

ほんとクルマのシートやオフィスの椅子に置いてもらって、あとはストレッチするのも最高に気持ちいですよ

9月になりましたね、シャフトメーカーから新しいシャフトが発売されますよね

フジクラ スピーダーエボリューション4

USTMamiya ATTASクール(こちらはもう発売されてます)

三菱ケミカル ディアマナRF

三菱ケミカル FUBUKI AiⅡ

この4本はレポートしていますが

グラファイトデザインさんからはツアーADのIZと言うシャフトが出ます

↑こちらの記事ですが、プロゴルファーでゴルフダイジェストの記者である中村サンが書いてますんで、わかりやすいっすね

ツアーADのIZですが・・手元にしなりを感じるのでT島凄くタイミングが取りやすかったです。名器PTに近いということですが、素直な感じがPT譲りですが、タイミングがさらにとりやすくなったPTと言う感じです。

コレは入れてみたい!

と感じたシャフトです

T島的には

スライサーなのに、ピンとかタイトリストとかテーラーメイドのドライバーを買ってしまい。苦労している方は USTMamiyaのATTASクールを

しっかりとボールを叩ける人。スピンが多い人は フジクラのスピーダーエボリューション4を

コックが解けやすく、気持ちアンダーな人で、引っ掛けがいやだけど、飛距離を求める人は 三菱ケミカル ディアマナRFを

あまり考えずシャフトのしなりを感じつつ、ポーンと安定して飛ばしたい人は、三菱ケミカル FUBUKI AiⅡを

シャフトのしなりを感じて、いい意味シャフトがあまり何もしない方が好きな人は グラファイトデザイン ツアーAD IZを

なんて思います

T島も

「あのシャフトどう?」

って聞かれますけど、各シャフトだいたい40g台から70、80gまでありまして・・・硬さもR2というRの柔らかめからXまでと、スペックというものがあります。皆さんシャフトの特性について知りたがりますが、もっと大切にしてほしいのが・・・

重さと硬さです・・

なんか・・・とりあえずビール的に

60g台のS

って決めていませんか???? 特にヘッドスピードが44m/s以下の人・・

今までそうだったから? まあ何となくそう決めていますが、今、ツアープロもシャフト重量をを軽くしています。この傾向が強いのはなんとPGAツアーのほうだそうです。

ジャスティン・トーマスは三菱ケミカルのディアマナBF60TX(先端1.5インチカットしていますが)60gです

いろいろなメーカーの方に聞いたら、70g台のシャフトをドライバーに入れる人がかなり少なくなってきたそうです。

まあ60gのSにこだわるキッカケになっているのは、メーカーのカスタムシャフトをずっと選んできた人は、以前も60gのsだったから・・という理由が一番多いからかもしれません。しかしちょっと待って下さい。皆さん年令を重ねてきていますので、徐々に軽くしてもいいのではないでしょうか?? 以前のように軽いシャフトが頼りないということは、技術革新があり とうの昔から無くなっております。

T島的には、今まで60g台のSを使ってこられた方、60gのSR、50g台のSなど是非お試ししていただきたい。

T島、お前は、メディア試打会や大蔵ゴルフスタジオなどで、色々なスペックのシャフト打てる機会があるからそんなことが言えるんだ、どうやって打つんだソレ

なんて言われたらゴメンナサイ!と言うしかないのですが。シャフトメーカーさんの試打会などで是非打ってみて欲しいと思います。

最近はメーカーカスタムシャフトも、○○のひとつ覚えの60Sじゃなくなって、50Sもラインナップに入っているメーカーが増えてきました。(超嬉しい)

ちなみにマーク金井はATTASパンチの5Sを使っています。これで270yとかコンスタントに打ってるんです。T島はシャフトのしなりを上手く使えるマーク金井が、自分のヘッドスピードに対して、少し柔らかめのシャフトをいつも使っているのを見ていますので

これがシャフトのしなりを上手く使うクラブセッティングじゃないかな?!

などと思ってます。

ということで・・T島は50g台のSRが最近のトレンドです

フジクラさんのスピーダーエボリューション4は40g台の474のSでもいいかななんて思ういいシャフトでした!!! 入れてみたいねぇ

あの・・・

とりあえずビールはいいんですが・・・

とりあえず60gのsは止めませんか??

ほんとお願いですから 他のスペックも打って下さい。自分のヘッドスピードが瞬間最大風速じゃなくて、巡航速度基準でシャフトのしなりを上手く使えるようなの

いかがでしょ??

こちらのシャフト

スイングが良くなるアナライズW60

60g台ですが硬さはSRぐらい(ワンフレックスです)ドライバーのシャフトが50gのSだったらぴったりの重さと硬さとなってます

お値段もお求めやすいので是非オススメします

ではまた明日


売り切れていました

マジックマリガンUT 

21度、24度販売再開しています ↑クリック

グリップにアナライズオリジナルグリップが装着されていますが、現在アナライズオリジナルグリップのバックライン無しが欠品中です。バックライン有りもしくは、ツアーベルベットラバーのバックライン無しが、お選びいただけます。(確認メールを差し上げますのでよろしくお願いします。)

名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!


2017年08月28日クラブセッティングのウエイトフローについて考えた!

土曜日のJFE瀬戸内海ゴルフクラブは、T島的には気合の入った試合的なコンペでした

素振りでできても、ボールを前にしたら出来ない

練習場でできても、コースではできない

コースでできても、試合でも出来ない

まさに、このことを思い知らされることになりました。

練習場では、あっコレ行けるかも?!と思っていたのですが・・・・

まあ休みに入って、パターがいっそ入らんその流れを受け継ぎ・・・ラフが深いのにドライバーはどこへ行くかわからない(汗)、アプローチも寄らないし、90切るのが精一杯でした(泣)

試合でこのスイングが出来るように、ガンバリマス(泣)

くっ悔しい・・・(泣)

うーん うーん・・・・

一夜明けて・・・

まずお好み焼きの名店 八昌(五日市店)でお好み焼きを・・・

そしてT島の前職であります広島市内のレプトンでお買い物!!!

レプトンゴルフ五日市店から、レプトンゴルフ地蔵通り店へハシゴしました。

T島が作ったところがか移転して、倍以上広くなりました

中古シャフトとか・・

中古ヘッドとか・・

マニアックな地クラブコーナーとか・・ T島が欲しいロッディオのフェアウェイウッドなども在庫ありました(39800円とか 安かったわ) スタッフの古山さんに、

宣伝してください!

と脅されたので、宣伝しています(汗)

T島が今欲しいとおもっている ↑YONEXのN1−CBとかありました。なかなかの品揃えです。マーク金井のセミナー、やったらイイじゃん!というと

古山さん:「ええ マークさん 来てくれるんですか?」

T島:「うんセミナーは全国どこでも行くって、言ってるから行くでしょ!」

ということでもしかしたら広島でセミナーがあるかもしれません。「T島さんも一緒に来ますか?」と言われましたが、T島は自腹ではいけません(涙)

ということで、広島の皆さん、T島亡き後も、マニアックに成長を続けるレプトンゴルフよろしくお願いします。

さて、ブログの冒頭で大きなコンペのことを書きましたが、おかげさまで色々な人のクラブを見る機会がありました。その人のこだわりを聞くこともあったのですが・・

面白い傾向があることに気が付きました・・・

クラブセッティングというと、パターを含め14本ですが、クラブにこだわりがある人でも、14本の1本として考える人と、1本1本それぞれ考える人がいるということを・・・

14本のうちの1本というと、クラブの流れというのに気を使っています。

ドライバーが一番軽い そして徐々に重くなる←ウエイトフロー

T島的にはウエイトフローって大切だと思うのですけど。ゴルフクラブって一気に全て買い換える人と言うケースって、始める時ぐらいじゃないですか? あとは徐々に変えていく場合がほとんどだと思います。

徐々に重くなるってクラブ重量なんですが、徐々に短くなるから重くなるんですね。振り心地を揃えるということです。MOIマッチングなどは振り心地を数値的化してそろえるんですけど、なかなかそこまでやるのは難しい。

クラブ重量=ヘッド+シャフト+グリップ

なわけです

ヘッド重量は、番手が変わると変わっていきます(短くと重くなる)

シャフト重量ですが、なんとなくドライバーが一番軽く、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッジとあまり変わらない人が多いです

T島の経験則では、シャフト重量もウエイトフローさせたほうがいいとおもいます。(マーク金井もそう言ってますが)

コレもあんまり極端に厳密にやる必要はないとT島は思ってます。

  1. 1W
  2. フェアウェイウッドセット
  3. ユーティリティセット
  4. アイアンセット
  5. ウエッジセット

T島はこの5つのカテゴリーにおいて、除々にウエイトが増えればいいと思います。例えばT島の今のセットでいうと

  • 1W              シャフト重量50g台
  • フェアウェイウッドセット   シャフト重量70g台
  • ユーティリティセット     シャフト重量80g台
  • アイアンセット        シャフト重量110g台
  • ウエッジセット        シャフト重量120g台

となっております。こう書いてみると・・・ドライバー以外が重いんですね(汗)軽くしようかなぁ

  • 1W              シャフト重量50g台
  • フェアウェイウッドセット   シャフト重量60g台
  • ユーティリティセット     シャフト重量70g台
  • アイアンセット        シャフト重量90g台
  • ウエッジセット        シャフト重量110g台

たぶんこんな感じにするはず。

こういう一応縛りがあります。でも1本1本買い替えていくと、ウエイトフローの例外が増えてきます。

「この○○のフェアウェイウッドが気に入ってるんだよ!!」

と言われるんですが、それってシャフト重量が軽いので、ウエイトフローが崩れるよねと、もう反射的に思うのですが、最近は・・

 

「そうです!いいですねぇ〜」

 

なんて言ってしまいます。T島の提案としては、一度皆さんのクラブの重さを測ってみてください。バランスとかどうでもいいんで・・・

家庭用の料理秤で大丈夫です

まずは、測ってみてください

それで、流れを乱していたり、逆転しているものがないかチェックしましょう。

もう一つ、WEBなどでカタログをチェックして、自分のクラブのシャフト重量を調べてください。それで流れがおかしかったり、逆転したりしているものがあったら、もしかして・・・

なんか打つの難しいなぁ ってクラブの可能性があります!要チェックですよ

市販の純正シャフトはこうなる傾向がありまして・・・

  • 1W              シャフト重量50g台
  • フェアウェイウッドセット   シャフト重量50g台
  • ユーティリティセット     シャフト重量50g台
  • アイアンセット        シャフト重量90g台
  • ウエッジセット        シャフト重量90g台

この場合の1Wをカスタムシャフトにすると

  • 1W              シャフト重量60g台
  • フェアウェイウッドセット   シャフト重量50g台
  • ユーティリティセット     シャフト重量50g台
  • アイアンセット        シャフト重量90g台
  • ウエッジセット        シャフト重量90g台

すでにチーンとなってしまうのです

アナライズのクラブは、チーンとならないように、マジックマリガンFWには60g台のカーボンシャフト、マジックマリガンUTは70g台のカーボンシャフトを用意!大手メーカーではなかなかない重量帯のシャフトを用意してます

あっそうそうこちら全ロフト揃いました

マジックマリガンUT 

21度、24度再入荷しました ↑クリック

グリップにアナライズオリジナルグリップが装着されていますが、現在アナライズオリジナルグリップのバックライン無しが欠品中です。バックライン有りもしくは、ツアーベルベットラバーのバックライン無しが、お選びいただけます。(確認メールを差し上げますのでよろしくお願いします。)

こちらよろしくお願いします

ということで また水曜日に!


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!


2017年08月23日アイアンセットってそんなに大切?!その2(カノッサの屈辱的な)

 

9月のアナライズセミナーの募集開始しています↓クリック

ご注意 弊社のセミナーは、動画撮影、写真撮影をする場合がございます。参加申込みの方は、撮影、配信の許諾を前提としておりますので、ご確認の上お申込み下さい。

ボチボチ満席が出始めています。↑のバナーをクリックして確認ください

こちらの動画もよろしく

シャフトセミナーの動画第一弾!!

募集の際に、撮影許諾を謳っておりませんでしたので、参加者の方のお姿が映らないように編集しております。メッチャ大変で、つながりも悪い部分がありますが、ご容赦下さい

続きですが・・なかなか難航しております

通常進行で仕事をしておりまして・・昨日はメルマガなんて書いてました。ちとお時間ください

ということで博多に来ました。嫁と二人で水炊き食ってたら、KBSシャフトのSさんが塚田好宣プロのプレ誕生日会やってますから、来てくださいといわれまして・・

お邪魔したら

Mrフェアウエイの稲森佑貴プロもいらっしゃいました。稲森プロは、ドライバーが曲がらない男として有名な方です。JGTOのスタッツですが、2015年、2016年フェアウェイキープ率1位。16年にマークした71.66%は同部門歴代1位の数字だそうです。

練習場で250yの看板の 2か0どっちを狙おうかな的な感じらしいです(汗)曲がらない秘訣を聞くはずが、ゴルフ以外のブレない男であることが判明!とても応援したくなりました。

さてさて 月曜日に書いております

9月のセミナー募集開始!T島的問題発言!アイアンセットってそんな大切?その1

アイアンセットってそんなに大切?!ってやつです

  • アイアンセット3〜SWの10本が基本
  • AW、SWもアイアンセットに入っていた
  • 本数も多く お値段高かった

その為に、アイアンに対する重要度が、無意識のうちに高くなり、アイアンセットにかける思いが、必然的に高くなっているといたわけです

しかし・・・

アイアンセットは解体されてきました

3番アイアン→7W、UT21度

4番アイアン→9W、UT24度

と第一期アイアンセット改革が訪れます。これはショートウッドブームからのユーティリティの誕生が原因でしょう。そもそもロングアイアン問題というのが、ゴルフ雑誌のテーマであることが多く。

打てないなら抜いてしまえ!

という記事をよく目にしました。入れてるけどピカピカと言う人も少なくなかったです。そして、キャロウェイのS2H2からのビッグバーサフェアウエイウッドの登場で、ショートウッドブームが到来。3番アイアンから7Wに変更される人が多かったです。あとヘブンウッドと言うネーミングが良くてね・・

そして、プロギアのインテスト(タラコ)やフォーティーンのHI858などの、ユーティリティという名前が付く以前のユーティリティにより、3番、4番アイアンの存在価値が希薄となるわけです(っていうかカノッサの屈辱的な展開となっております)

これでアイアンセット3番アイアンから・・と言う流れが分断され5番からと言うムーブメントが起こります

ロングアイアンだけでなく、下の番手にも改革が進みます

タイガーが使っていたクリーブランドのウエッジTA588や、ジャンボ尾崎の使っているウエッジ、MTN3、j’Sウエッジ、チタンマッスルなどアイアンセットのウエッジなんだけど、ウエッジだけ買う人が増えてきました。

この時点で

アイアンセットのAW、SWをそのまま使うのってダサくない?!というよくわからない。トレンドが生まれました。T島ですがアイアンセットはジョーキャビなのに、ウエッジは倉本プロモデルだったり、クリーブランドにしたりと、なんとなくカッコイイなというトレンドに流されていました

その後、激スピンウエッジブームがやってきます。はいフォーティーンのMT28の大ヒットにより。単品のウエッジを買うというムーブメントが生まれます。マニアだけが、ウエッジをアイアンセット以外のものを使っていたのに、この傾向が広まっていったのです。

その結果

5〜SWの8本だったアイアンセットが

5〜PWの6本セットになって現在に至るわけです

実はMT28、大ヒットしてロフトバリーションが凄かったのです。たぶんこの頃からフォーティーンには野望があったのではないかとT島は推測していました

42度、48度などというロフト設定があり、ウエッジセット構想です。T島はこのころ妄想していたのは5〜8番までをキャロウェイのX12レスオフセットにして、MT28を42、48、52、58と入れる。です。結局やりませんでしたが、フォーティーンさんは今でも、ウエッジセット構想を諦めていないと推測しています。

はい 整理してみましょう

ショートウッド、ユーティリティの登場で アイアンセットは5番からとなった。

単品ウエッジの登場で、下の番手も減り PWまでとなった

5番アイアン〜PWまでの6本が定番となったわけです

そして、マーク金井やT島はアイアンは7番からのセットになると予測しています

  • 5番アイアン→UT27度
  • 6番アイアン→UT30度

この流れは徐々に来ると思っています←この話は後日

んで・・

3番アイアン、4番アイアンからショートウッド、ユーティリティになって、ゴルファーはスコアアップできたとT島は確信しています。(ゴルフクラブの14本にかけるコストは上がりましたね)

しかし問題はウエッジです・・・

アイアンセットのウエッジから、単品ウエッジにしたデメリットがあります。アイアンセットのウエッジの素晴らしいのは、アイアンセットの難易度というか、ターゲットユーザーに合わせた、AWやSWを作っているわけです

しかしこの流れが切れて、アイアンはヘッドの大きいポケットキャビティなのに、ウエッジだけシャープなプロ使用モデルになってしまうと言う人が多くなっています。単品ウエッジですが、プロがアイアンセットの流れを無視して、別のウエッジを入れてることがカッコイイと感じたトレンドなので(スイマセンT島的分析なので)

単品ウエッジは、プロ使用モデルが殆どだったわけです。つまりウエッジとして難易度が高く、やさしいアイアンセットの流れで作った、やさしいウエッジが姿を消したわけです・・・ 絶滅危惧種になってしまった時期があります

その時期にマーク金井が、クリーブランドのニブリックを見つけてきて、そして自分で作ったのが

名作MSウエッジ

そして、フォーティーンからもD030などが登場し

アマチュア目線のウエッジが増えてきました・・・

そして、アイアンセットについていた、やさしいアイアンをイメージして作ったのがこれです!!!

アナライズmmウエッジ

扱いやすくって、低価格で、ミスに強いので、プロ使用モデルで苦労している人にぜひ使ってもらいたいウエッジなんで ぜひよろしくお願いします

ってことで まだ金曜日も続くかも


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年08月14日全米プロゴルフ選手権を観てドライバーをチェックする&もしかしてハンドファースト??

マーク金井”ここだけの話” 

本日21時配信します!!


アナライズの発送やらメール返信は今日から16日までお休みです(大企業みたいだ)本日からセミナー以外の時間は15日まで誰もスタジオにはいません。

さて本日の生配信はまたまた松山英樹の話になるでしょう。結果は残念でしたが・・・

さて全米プロゴルフ選手権の使用ドライバーをチェックしてみると・・・

実は松山英樹とケビン・キスナーは同じドライバー

キャロウェイ グレートビッグバーサドライバー(2015)です

  • 松山英樹は9度
  • ケビンキスナーは8.5度

松山英樹はフェード系、キスナーはドロー系です。松山英樹の方が飛距離が出ますが、ロフトは、松山英樹のが多いというのが面白いですね。松山のほうが捕まえて飛ばしたい、キスナーは捕まりすぎないように・というのが推測されます。

重心データですが ゴルフクラシックに付属している2017年の重心ハンドブックによると・・・・

  • 重心距離:38.3mm
  • 重心深度:36.4mm
  • 重心高:31.6mm
  • 重心高2:22.2mm
  • 重心角:22.4度
  • ヘッド重量:202g

とこんな数値 重心距離は標準的、深度は少し浅いですね。重心深度÷重心距離は0.95です。この値が1に近いほどニュートラルな挙動になると、マーク金井が良く言ってます。

0.95ですから、ニュートラルな挙動のヘッドでしょう

加えて重心高は31.6mm、重心高2は22.2mmですから気持ち低スピンボールが打ちやすい感じです。この重心高2は、重心高の上にどれぐらいのスペースが有るか?!という低スピンボールの打ちやすさを表す数値ですが、ここがあまりに広いとボールが捕まらなくなってしまいます

理由はわかりません(汗)

この22.2mmという数値は、捕まりを保ったまま、低スピンが打てる感じの数値かと思います。実はこの22mm前後って、マーク金井が好む数値なんですね。

 

↓コチラ参照

マーク金井のエースドライバーを分析した!

しかし・・・今どの中古ショップに言っても グレートビッグバーサ在庫がありません

幻のドライバーとなっております。何やらカナダのゴルフショップの写真を見たら、鬼のようにグレートビッグバーサの在庫がありました。これを日本に持ってきて打ったら

大儲けできまっせぇ〜

まあ、今キャロウェイさんGBBエピックが売れているので、メーカーサイドで動くことはないでしょう(汗)

ちなみに優勝した

ジャスティン・トーマスのドライバーは

タイトリスト 917D3ドライバー

  • 重心距離:40.3mm
  • 重心深度:37.7mm
  • 重心高:31.9mm
  • 重心高2:24.4mm
  • 重心角:22.2度
  • ヘッド重量:204g

こちらつかまりを抑えた低スピン弾道が打ちやすいドライバーです。ドローを打つ人には安心感があるドライバーでしょう。重心角も大きすぎないから扱いやすそうですね

どちらのドライバーも気になるのは

ヘッド重量!

200gを超えてしまうと、打ちにくく感じる人が多いんですね。特に917D3は204gと重いので、なんか振り遅れるなぁとか、振りにくいなぁと感じる人が少なくないかと・・

ハードヒッターにはいいでしょうけど、そうでない人はウエイトダウンをオススメします

普通のヘッドは重量が重いと減らすの歯かなり難しいんですが、このモデルには、ソールにあるシュアフィットCGウエイトを交換すれば簡単にウエイトダウンできます。最初装着しているのが12gのウエイト、このウエイト別売りしていますから8gのウエイトを購入して交換すると4gほどヘッド重量を減らすことが出来ます!

ヘッド重量が200gなら使いこなせる人も増えるはずです

タイトリスト917D2、D3は以前のモデルに比べて人気がイマイチだそうですが、T島的には、価格が高くなったこと。そしてヘッド重量が重くなったことによって、扱いにくく感じる人が増えたのでは?!と推測しています(前作915シリーズはヘッド重量200g弱だったんです)

しかし・・このウエイト2本セットで5000円もします(汗)あのぉ高くないっすか?!

T島的に917D2、D3ともヘッド重量を落とせばかなりオススメのドライバーです。

タイトリストの917シリーズ

ホントもったいないっすね・・・

あっこれ記事にしよっと

しかし ホント松山英樹プロ残念だった。きっと勝てます。

やっぱり勝つためにはショートゲームなんですね。2mを沈めること。2日目にあれだけはいっていたので、3日目、最終日ともに、凄くパットが入らないと感じてしまったかもしれないですね。

太いラインを引いた松山英樹のボール。今日はいつもよりラインがよれて転がっていた気がします。特に今日は、少しアッパーにヘッドが入ってる時があって、勢いが強くなって、カップに蹴られていた気がします。

パターを変えてからハンドファースト度合いが減った気がするんですが???

↓の写真はスコッティ・キャメロンを使っている頃の松山英樹

このテーラーメイドのTPコレクション・ミューレンというパター、カタログを観るとロフトは3.5度となっています。スコッティ・キャメロンとあまり変わらないはずですが、このハンドファースト感が今無いですよね?!キャメロンの時は、もっとハンドファースト感が強かった気がするんだけどな↑写真(すいませんT島的分析なので、見当外れかもしれません)

松山英樹と比較して申し訳ないですが、T島もパターの調子が悪い時は、ハンドファースト度合いが減ります。そもそももう少しハンドファーストに打ちたいのですが、ロフトが少ないパターを使っているといつの間にかその度合が減ります。

ロフト角の大きいパターを使うとハンドファースト度合いの傾向が強くなります。

はい!このパター!ロフトが7度!! 自然とハンドファーストに構えられます

リンクス ナチュラルパター↓クリック

 

ちょっとこれで練習します。松山くんもどう??(スイマセンスイマセンスイマセン)

ということで

水曜にまた お会いしましょう


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年07月24日ジョーダン・スピースのクラブ(特にウエッジ)をチェックした

全英オープンが終わりました

ジョーダン・スピースの上がり4ホール凄かったですね。でも13番は何かモヤッとしました。非常に時間をかけて、穿った見方かもしれませんが、勝負には流れがありますから、マット・クーチャーのプレーのリズムは乱れるはずです。

ゴルフは一人でプレーしているのではないですよね。マット・クーチャーはあんなに待たされてどう感じたのでしょう。それともそれに違和感を感じてしまうのは、日本人のメンタリティなのでしょうかね?!

T島なら、さっさと打って、ゴメンねクーチャーという場面なんですが、これが勝負師ということなのかな。

でもその後のスピースはホント凄かった・・・

ジョーダン・スピースですが、よく解説者が「飛距離が出る方ではない」と言われています。PGAツアーのスタッツを観るとドライビングディスタンスは 291.1ヤード で94位タイ。PGAツアーの平均が290.9yと平均以上は飛んでいます。日本ツアーで比較すると、23位の今平周吾が291.23ヤード、ベスト20位前後ということで、日本では飛ばし屋といっていいでしょう。

ちなみに松山英樹はPGAツアーで301.7ヤードで24位タイ、日本ツアーだと5位のK・バーンズぐらいです。PGAツアーのレベルがよくわかる数値です。PGAツアーのフィールドの方が、コースは広いそうですから、飛ばせる環境にあるらしい

飛距離は充分で、セカンド以降の上手さが目立つ選手ですね。特にアプローチとパターは、すごく上手い。(スタッツ的にはすば抜けていないのですが、勝負どころで決めれるということでしょう)

ちなみにジョーダン・スピースのクラブセッティングですが・・↑こちらに載っています

あまりクラブは変えないタイプですね ドライバーは915D2、フェアウェイウッドは915F、アイアンは716AP2(一応現行モデルですが、ツアーではすでに718AP2がでてますんで、なんかT島的にはすでに旧モデル感が強い)

現行モデルは

3番アイアン:718 T-MB

ウエッジ:タイトリスト  ボーケイ SM6 (46-08 F グラインド, 52-08 F グラインド, 56-10 S グラインド  60-04 L グラインド)

これぐらいです。

注目はウエッジ 716AP2は5番から9番まで

46度、52度、56度、60度とソール形状の違うウエッジが4本入っています。

ボーケイウエッジには、5タイプのソール形状があります

  • Fグラインド
  • Sグラインド
  • Kグラインド
  • Mグラインド
  • Lグラインド

ジョーダン・スピースは46、52がFグラインド、56度がSグラインド、60度はLグラインドみたいです

タイトリストさんのWEBサイトには、このグラインドの選び方が動画で紹介されています。この動画ですが すっごく分かりやすく作らているにも関わらず・・・

2ヶ月で3108人しか見てないのです・・・

もったいないです!

(きっと、目の前で削ってくれるわけではないのにグラインドってカッコイイ表現にこだわっているからじゃないかと・・まあこの表現がタイトリスターにはたまらんのでしょうけど)

この動画、ソール形状をどう選べばいいか?!しっかりと説明してくれています。この動画をチェックすると、ジョーダン・スピースさんは、60度以外シビアなフェースコントロールが必要なソール形状を選んでいないですね。

T島的には世界で一番アプローチが上手いと思っているスピース。聞いたところによる

普段は56度のSグラインドを多用!!そして60度のLグラインドは、緊急用的に使っているとか・・・

皆さん是非参考にしてください!

この動画でも言ってますが

ソール幅を落として、バンスの効きを抑えると、自分でヘッドコントロールする必要があります。ボーケイでしたら、MグラインドとLグラインドは、ヘッドコントロールする技術が必要だよって言ってますね。もちろんアマチュアゴルファーのごく一部はこの技術を持っています。そういう人はホームコースに芝の上から打てるアプローチ練習場があって、そこにこもって練習できるような人、ショットバリエーションが豊富な人です。

ジョーダン・スピースはまず46度、52度は、フェースを開かなくてもバンスが効いて、ヘッドコントロールをシビアにする必要がないFグラインドを選んでます。

そして通常使用の56度、フェースを開くことを前提にSグラインドをチョイス

だったら我々は、わざわざ難しくする必要はないと思うんですけど・・・そりゃMとかLとか何となくカッコイイですが、そんな練習しますか?!(芝の上からですよ。マットじゃわからないですからね)

この動画ですが、今使ってるウエッジのソール形状があっていない場合

リーディングエッジ側に砂がつきますと教えてくれています。

ボーケイウエッジたしかにカッコイイです!!

オススメです!!

でもアナライズのmmウエッジはソール形状が、ボーケイで言えばKグライドぐらい広くてバンスが効いてます

そしてSグラインドみたいになんとなくトレーディングエッジを落としています。↑の写真みたいに、特に考えなくても上手くソールが使える形状になってますよ

お値段もお求めやすくなっております。

やさしいウエッジつかいましょ↓クリック

ではまた明日


打点コントロールセミナーの動画配信、その2、その3配信しました

ぜひご覧ください。ちなみに8月の打点コントロールセミナーは満席となりました

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


1 2 3 4 5 6 39
▲ページのTOPへ戻る