アナライズstoreblog

カテゴリー: 練習法、ヒントになれば

2017年02月18日GBBエピック、スター、サブゼロ、US仕様、調べてみました&MMウエッジ売れてます

MMウエッジ 売れてます

こちらをクリックしてください

売れすぎて 発送にお時間いただいております

さて2月17日は、アナライズのMMウエッジの発売日でもありましたが・・・

キャロウェイのGBBエピック

の発売日でもありました

えーっと、キャロウェイ史上でもERC2レベルのスゲー予約があったそうです、

何やら予約が殺到していて、

GBBエピック品薄らしいです!!!!

アナライズMMウエッジと同じように!売れてます!!! 

はい買いました!!! つるやゴルフ西神戸店さんにお願いしてました

ヘッドのデータを計測(個体差がありますよ)してみましたが

  • 表示ロフト:9度
  • リアルロフト角:9度
  • フェース角:-3度
  • ヘッド重量(スリーブなし):196.8g(シュリンクを取ると196gぐらいかな)

ヘッドが結構重いです。シュリンクを取って、スリーブを入れると202〜204gとかになりますね。テーラーメイドのM1レベルの重さ!! です。GBBエピックサブゼロを買おうかなと思っている方は、この点だけちと心配です。ヘッドが重いですが、サブゼロはウエイトが2つありますから、このウエイトを交換すると簡単にヘッド重量が下げることができます。(探してみたらAmazonで売ってました)200gぐらいにして使うつもりです

ちなみにGBBエピックスターはコチラのデータを↓

キャロウェイGBBエピックスターを丸裸にしてみた&スノボにはストレッチパッドだぜ

  • 表示ロフト:9度
  • リアルロフト:9.5度
  • フェース角:−0.75度
  • ヘッド重量:198g(T島推定詳しくは↑のブログを御覧ください)

こちらは、カチャカチャありませんが、フェース角のオープン度合いは少なめです

ちなみにこちらGBBエピック US仕様は(昨日のブログにも書いたけど)

ヘッドスペックですが(個体差がありますよ)

  • 表示ロフト:9度
  • リアルロフト角:9度
  • フェース角:-3度
  • ヘッド重量:192.3g

 

ヘッド重量以外、偶然にもエピックサブゼロ9度と同じですね!US仕様はカチャカチャがありますので、+2度までアップできます。

GBBエピック総じて、表示ロフトとリアルロフトがほぼ同じ(個体差がありますから)なので、ロフト選びは慎重にした方がいいと思いますよ!!!!!!!

このスペックではボールが捕まらないという人が多いと思われます!!

ちなみに音ですが、T島の超個人的な感想でいうと

と感じました

ご参考になれば・・

 

売れていると言えばコレ・・・

ムジークのOnTheScrew I・C・E 

27度と30度を買いに行ったら、「まだ出てないよ」(4月発売開始らしいです)とムジークの社長さんに言われまして・・ まだ21度と24度だけらしい。じゃ24度って言うと、「21じゃないの?ビックリするぐらいボール上がるから、もう7W要らないよ」と言われるので、意を決して買ってみました

シャフトはフジクラのMCH70を入れました

弾道計測器で打ってみると確かにボールは上がって距離も出ております・・火曜日ラウンドなので楽しみよ

MMウエッジは明日発売、便利なカチャカチャを見つけました&プレ男レッスン観てね

こちらで紹介した コレ

ALL-FIT

コレを使ってみました!!

しっかりとロフトとフェース角も変化します。優れものですね

先日大蔵ゴルフスタジオ世田谷に、このシャフト、BUDDYのMTαをお返しにいったら

アザスゴルフさんのプレミアムシューズ受注会をやってました

こんなおしゃれなシューズがフルオーダーで作れます

フルオーダーっていっても、マイ女医ズみたいな外側だけじゃないんです。足型をとって

完全フルーオーダー!

T島の足ですが、足のサイズは24.6cmなくせに幅は26cmのサイズが必要で、甲は27cmのサイズが必要という・・・

かなり特殊やん・・

それを踏まえて外側を作ってくれて

インソールもフォーミングです!!

そして 基本的なデザインから

100種類以上の革から選べます

今まで作った人を参考にしつつ

はい!カッコいいシューズをオーダーしてしまった

アナライズでも受注会したいなと思いつつ

この靴また作りたいと思ったわけです

靴はサイズがありまして、在庫を沢山持たないといけないのです・・なかなか難しいのですよ

ってことで

また明日


 


2017年02月16日MMウエッジは明日発売、便利なカチャカチャを見つけました&プレ男レッスン観てね

いよいよ明日から

アナライズMMウエッジ発売します!!!

MMウエッジについて詳しくは↓昨日の記事を読んでね

MMウエッジ2/17発売します&キングオブシャフトは3月・・

このウエッジを使ってくれている人が・・・この流れでアイアンが欲しいと書いてましたが・・もしかして企画中かも・・でもまだお時間かかるかも・・

 

昨日はスタッツさんの展示会にお邪魔しました

株式会社スタッツさんは、ゴルフセレクトの確立を目指して、既存のゴルフウェアではなく、アイテム別のブランド群を提案する会社です。オリジナルブランドの開発やバイイング業務を通じてゴルフセレクトのプラットフォームを提供している会社。

アウターやらパンツやら、ゴルフシューズなど其々のブランドを立ち上げています。とっても大人なゴルフウェアを展開

ウェアもシンプルでそんなに高くないし(やすくはないけど)素材も雰囲気も素敵です。ガラガラヘビみたいなウェア来ている人が多いですが、チンピラみたいに見える人も少なくないので、T島も気をつけたいと思います

特に靴がおしゃれな感じでした

その後歩いて飯倉片町でフェラーリを借りて(ウソ)

両国で行われている

AdmiralGOLFの展示会へ

ベルディングとコラボのキャディバッグ30万円!!!(オーダーメイドらしい)

ビートルズですよ!!!

後ろはこんな感じ

やばい!買う買う買う!!!!っていっても2017秋冬なので、買えるのは8月以降でございます(待てないよ〜)他にも素敵なの満載なのですが、アメリカのブランドのくせに、ユニオンジャックとか使うC社が真似するので、あまり載せちゃうとね・・

T島はAdmiralラブです

フェラーリの辺で↓こちらを借りちゃいました

キャロウェイGBBエピック(US仕様)US仕様なので、カチャカチャとなっております

もうカメラもそうなんだけど、こういうの統一して欲しい・・・T島が持っているシャフト達はこんなスリーブしか無いのです

でも世の中には今こんなものがあります

ALL-FIT!

1本のシャフトで各社のシャフトがつけられるという!!!!!凄いパーツ

T島サンプルを手に入れました

この本体に

 

色々なパーツをつけることで各社のヘッドに装着できるという・・・

たとえばキャロウエイ

ピン

テーラーメイド!

タイトリスト

とても面白いですね。フィッティングスタジオなど便利です!!!

ちょっと使ってみようと思います!!!アナライズでこのスリーブ付きのシャフトとか販売したいなぁなんて思います。フィッティングスタジオにはとてもいいですよね。あと色々なヘッドを持っている人にも有効です(残念ながらパーツは外ブラばかりですが)

このスリーブを装着してるシャフトもすでに販売されているようです

大手問屋さんルートでも流通するようですから、もうすぐ手に入りやすくなるかもしれませんね

また使ってからレポートしますね。

ん?まてまて?

キャロウェイのGBBエピック US仕様・・

気になるって???

はい。まずヘッド重量ですが

192.3gです

スリーブ込みで200g弱でしょうか?!重すぎずいい感じですね。このヘッドを計測しましたが

表示ロフト9度→リアルロフト9度・・・

フェース角-3度とかなり開きます。しかしカチャカチャがありますからロフトを2度増やすとリアルロフト11度、フェース角-1度といい感じになりそうです。純正シャフトは超硬いです(スイマセン測り忘れました)

US仕様を買う場合はロフト多めがいいかもしれないですね。試打レポートをお待ちいただければと思います!!!!

こちらご存知でしょうか??

マーク金井が、ゴルフネットワークの人気番組

に登場しています

放送予定は

初回放送予定

2/7 (火) 午後8:00~8:15 2/14 (火) 午後8:00~8:15
2/21 (火) 午後8:00~8:15 2/28 (火) 午後8:00~8:15

こんな感じ

バンバン再放送しているので、ゴルフネットワークを是非チェックしてください

ではまた

明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年02月13日ヘッドなの?シャフトなの?どっちが大事なの??

こちら超限定数ですが販売再開!お急ぎを

すいません完売しました


昨日書いたように土曜日に田島創志プロと、ゴルフ仲間とラウンドしました

その時に、「T島さん毎日ブログを書くって大変ですね。」と田島プロと言われました

ありがたいことに、アナライズストアブログだけで、ゴルフのキュレーションサイトとあまりかわらないぐらい観ていただいています。ぶっちゃけマーク金井のアナライズのブログであることが一番の要因だと思います。でもこんなことを知っていたらクラブ選びにプラスになることになるんじゃないかなぁなんてことを、書いても観ていただけるので、書いてる本人もとてもありがたく思っています。少しプレッシャーに感じることもあります。

個人的にSNSもやってますが・・困る質問が・・

「T島さん的に一番良かったのはどれですか?!」

なんてFacebookで聞かれます。お友達は、リアルに知ってる人限定でやってますんでヨロシク。フォローはご自由に!特に友達限定の記事はありませんので!見れますし、コメントできます。(つまらないコメントには返事しませんケド(リアル友達でも・・(汗))

この質問、ぶっちゃけ非常に困ります・・まあ気持ちはわかります。T島だって、マーク金井、鹿又さんやQPさんが、どんなクラブを評価したのか気になりますし・・

しかし「ブログで褒めてたから買ってみたけど(スイマセン買う前に、試打して下さい)よくなかったとか、リアルでたまに怒られます」

買って下さい!と書くのは、アナライズのクラブだけです。(すいませんアナライズストアブログだし)他社のクラブは、試打して下さいって必ず書きます。

どんなにブログで褒めたり、T島が買ったりしても、皆さんクラブを買う時は!

とりあえず!!必ず試打して買って下さい!

今日のマーク金井ブログにシャフトのことが書いてあります。(T島が写真貼ったり、リンク貼り付けたり、アナライズの商品の告知入れたりするので、事前に読みます。)是非読んでいただきたい。シャフトについての都市伝説に触れています

クラブは基本的に、ヘッド、シャフト、グリップの3つから構成されています。T島的には、飛距離性能というかクラブの特性自体の70〜80%は、ヘッド性能で決まると思っています。しかしヘッドとゴルファーをつなぐのは

シャフトです・・

このシャフトが、ヘッドの持ってるポテンシャルを上手く引き出せればいいのですが、ゴルファーとの相性があります。ヘッドのポテンシャルを、100%伝えて、シャフトのポテンシャルである20%を加えることができれば

ベストということになりますよね。ヘッドの性能を出し切れるシャフトってことです

しかし、ゴルファーとシャフトの相性が悪いと、シャフト持ち分の20%を加える以前に、ヘッドのポテンシャルの10%も引き出せないという悲劇が起こります。

?? よくわからない??

すいません T島文章下手です・・・

クラブヘッドが80点、持ち点があるとします

シャフトには

  1. ヘッドの持ち点をゴルファーにロス無くつなげる機能
  2. シャフトの特性によるプラス機能(20点ぐらい)

2つの機能があるとします

80+20で100点が理想です

しかし・・まず・・

① ヘッドの持ち点をゴルファーにロス無くつなげる機能

正確にはゴルファーの能力をヘッドに伝える機能となるんですが・・

この中身ですが・・ぶっちゃけ皆さん

シャフトとの相性

という言葉を使います。まずゴルファーがシャフトを上手く使えるか?その使い方と、シャフトとの相性というのが近いかと思います。まずシャフトの使い方は、今日のマーク金井ブログをどうぞ! まあ正確にはシャフトの使い方との相性というのが正確なのかなと言う気がします。

↑このことを、われわれはザックリと

シャフトが合っていない!

と表現します

80点を100%伝達が理想なんですが・・(80×1.0=80)

80点の20%も伝えることが出来ない・・(80×0.2=16)

という悲劇が起こります。逆に・・・

「これにして30y伸びたよ」

って言う話を聞いても、「ふーんよっぽど今まで合ってないシャフト使ってたんだね」と思うわけです(80×0.5だったのが、80×0.8になった的な)・・・まあヘッドスピードが速くて、スピン量が多い人のスピン量が減ると劇的に飛びます。そういう場合ももちろんありますが・・基本的にシャフトの要素が大きいと思います。シャフトが持つ要素はいかに上手く伝えるかなんですね。(まあ振りやすさという曖昧な表現となりますけど)

加えて・・

  • シャフトの特性によるプラス機能(20点ぐらい)

このプラス機能自体は、球筋に対する作用です。ボールを捕まえてくれるとか、捕まらないとか、打ち出し角を上げるとか、あまり上げないとか・・こちらもゴルファーの求める方向と違うものだと+20点ではなく-20点になってしまう可能性があります。

ということでシャフトの要素って非常に大切だとT島は思っているのです(これが正解かどうかはわかりませんが、そう思ってます)

シャフトで飛ばせ・・・

というのはシャフトでは飛ばせないんだけどね・・と思う反面、いかに合っていないシャフトを使っている人が多いか?!ということでもあります。

でもシャフトは見ただけじゃよくわからない・・・

特に純正シャフトって情報がありません・・カスタムシャフトの比率が上がっていますから、純正シャフトの位置づけがどんどん下がっている気がします。カチャカチャで簡単にシャフトが変えれることも影響しているのか?!ヘッドの進化に比べて、純正シャフトはコストダウンしている気がしてなりません・・・

重さ、硬さ、そして長さ、キックポイントについても、統一基準があるような無いような・・・もちろん、本間ゴルフさん オノフさん ダンロップ ブリヂストンさんなど、純正シャフトにこだわっていると感じるメーカーさんもありますけど

T島が個人的にクラブを買う時、実はシャフトを変えること前提で選んでいることに、無自覚でした。つまりヘッドだけ買う感覚です。ほんと地クラブとかヤマハさんみたいにヘッドだけで売ってほしい・・・

んで、わかりやすいように書こうとして、カオスになっている文章を読んで気がつきました・・・

ということで、T島が、○○買っちゃいました!!と言っても、それはヘッドだけの評価・・・であることに気が付きました。自分に合っているシャフトを入れることを前提で選んでいるんです(汗)

ですから・・もし注目しているならどんなシャフトを入れたかという点も注目して下さい!!純正シャフトのまま使うことはまずありませんから・・

アナライズのクラブにはカチャカチャとかありませんが

シンプルなヘッドに、お金がかかった用途に合わせたしっかりとしたシャフトを組み合わせています↓

↑写真をクリック

↑写真をクリック

純正シャフトにもしっかりとお金がかかっています。なのでシャフトにヘッドがついてきたぐらいの価格設定でお求めやすくなっております。

買ってもリシャフトしなくて済みます

よろしくお願いします

ではまた明日

 

 


2017年02月06日フェアウエイウッド、ユーティリティのT島的、苦手克服法

今日は朝から、ゴルフ場でお仕事しております。3月中ぐらいにGDOさんで公開されます。T島が大好きなアイアンのお仕事なので楽しみです

アナライズですが今週より土曜日、日曜、祭日は発送とメール返信がお休みとなります。セミナーなどの急な連絡は電話(03−5294−0160)でお願いしますね

このブログがアップされる頃には、ウェイストマネジメント フェニックスオープンの結果が出ているでしょう。松山英樹どうだったのかなぁ〜 しかしPGAツアーの飛距離アップ度合いがすごいですね。もうよくわからない感じ・・・300y超えが当たり前の世界です。

しかし、マット・クーチャーや、ブラント・スネデカーなど、平均飛距離が300yを切る選手も活躍しています。今回は上位にいませんが、ジム・フューリックなんか58という恐ろしいスコアを出したりしています。藤田寛之プロが、ジム・フューリックのことを、「僕のユーティリティぐらいの精度でドライバーを打つ」と言ってた記憶があります(すいませんうろ覚えです)

このパワーゲーム全盛時代ですが、飛ばなくても、ミスショットを極力減らすことで、スコアを作って優勝できるって、アマチュアからすれば、とても参考にしたいところです。

しかし・・カッコいい正統派のプロを参考にする人が圧倒的に多い気がします・・・

あなたのまわりのどんなハードヒッターだって、ジム・フューリックより飛ばないでしょ?!(まあなんちゃって300yな人が多いですが、トラックマンとかで丸裸にするとなかなかいませんよね)

ではミスをしないためにはどうすればいいか?!

練習してます!!

素晴らしい!こないだマーク金井が言ってたのは「皆さん、ナイスショットを打つ練習をしに練習場に行って沢山ボールを打つ!でも、同じミスショットを続けて打てる人のが、スイングをより理解しているんだけどな」

練習場でミスショットが出ると、皆さんそれを忘れようと、ナイスショットを打ってそのイメージを消そうとしますよね。マーク金井は「同じミスショットを打ち続けること」でミスの本当の原因がつかめる方が練習になるよって言うわけです。

まあ意図せず同じミスショットが続くことがあります(特にシャンクな・・つらいよねそれ)ミスショットのメカニズムを知ることが大切ということが練習と言ってました。

T島的、ミスショットの解決策は・・・

ミスに強いクラブを使うこと・・

T島が尊敬する、片山晋呉プロもシンゴイズムで↓こんなことを書いています

片山プロはマスターズで4位に入っています(2009年)その時片山プロは、キャロウェイの初代スチールヘッドの7W、9Wを駆使して活躍していました。全米プロでも活躍しましたね。ボールが上がりやすく、硬いグリーンでもボールを止めていましたね。

今は片山プロは、7W、9Wじゃなくて、ユーティリティに変わっています。アイアンを抜いて、ミスヒットに強いショートウッド、ユーティリティを使っているわけです。マスターズで4位になるようなプロが、確率の高いクラブを使っているわけです。

コレ真似せずに何を真似する??

しかし・・・!

多くのゴルファーは、フェアウェイウッドが苦手とかユーティリティが苦手と、意外とこの2つのカテゴリーのクラブを苦手だと思っている人が多いんですよ。

その多くの人の苦手意識の原因ですが、T島が超私的に分析すると(まあT島の回りにいる人たちの分析)

  • 3Wがバンバン打てない→ 俺ねぇ フェアウェイウッドがどうも苦手・・
  • 20度のUTがバンバン打てない→俺ねぇ ユーティリティがどうも苦手・・

そもそも・・3Wは難しいのです。バンバン打てる人(脳内ミスショット消去を除く)なんか、ハンデ5下ぐらいっすよ。同じようにロフトの立っているUTは、ヘッドスピードと高いミート率が無いと難しいものです。そんなレベルで悩むのはトップアマかよ!!!って感じです。ある意味打てなくて当然。まあ使ってもいいですが、ミスしてもいいやぐらいを前提にお願いします

せめて・・

  • 5wがバンバン打てない→苦手
  • 24度のUTがバンバン打てない→苦手

ぐらいにしておいて下さい・・でもこれでも打てない方苦手かもしれません・・・

ではT島的苦手意識攻略法は!!!(まあT島的=なんちゃってです)

成功体験を増やす事!

はい。そうすれば何となく苦手じゃないか?!なんて思うはずです。でも苦手だと思っているものを使い続けても良い結果になるわけありません。T島も苦手でした。まあアンダー星人なので、インサイドアウト軌道が強い、3Wをイロイロ買い替えても打てませんでした。そんな時に7Wなるものを買ったんですね。最初はどうも打てなかったけど、どんどん打てるようになって、あら不思議

俺はフェアウェイウッドが得意!

なんて思い始め・・何となく3Wも打てるようになりました。でも3Wを地面から打つ時は、ミス前提、打てたらラッキーぐらいで打って下さい。5wはかなりの確率で打てるようになりました。

はい!察しのいい人はもうお気づきでしょう!!!

ユーティリティも

ロフト角の大きいUTを使って成功体験を!!!

本来、ユーティリティは、アイアンより重心深度が深くミスヒットに強いわけですが、なんとなくどう構えていいか?ボールの位置とか??

??

となる人が多いんですね。??となる上に、皆さんロフトを立っているものを最初に距離がほしいから買ってしまうわけで・・??が???????となって苦手と思うわけです。ロフトが大きくなると、アイアンっぽく構えても大丈夫なんです。いやいやアイアンっだと思って打ってみましょう。特に27度、30度は、ターフをとっても良いよぐらいで構えてみましょう

ロフトの大きいユーティリティって、なかなかラインナップにありませんが。こちらございます!!!

はい、久々にT島が持っている、キャロウェイのスチールヘッドの7Wと、アナライズ、マジックマリガンUTのヘッドの大きさってほとんど変わらないのですよ

やさしいわけですよ!構えやすいしね

ということで、フェアウェイウッドとユーティリティをバンバン打てるようになるとメッチャゴルフ楽になるよ!!

ってことでまた明日


あっこちらも打ちやすい3HLですよ

↑写真をクリック

こちら販売再開(残り僅か)

pr00013-300x300

イージーフレックスEF009SW!(少量なのでお急ぎ下さい。)

↓クリック

bbanner_l_red02

 


2017年02月01日マークダウン品、新製品、どっち買ったらいい?!(難しい質問)

こちら販売再開(ちょっと数が少ないですが)

pr00013-300x300pr00014-300x300

イージーフレックスEF009SW!(少量なのでお急ぎ下さい。)

↓クリック

bbanner_l_red02

 

2月になりましたね

昨日はT島の大好きなコースにお誘いいただいたのですが、仕事で伺うことが出来ませんでした。超残念です!

マーク金井は、イーグルポイントなんて素敵なコースに行って、届いたばかりのM2を試打ししていました。イイなぁ〜 マーク金井が新しいM2ドライバー(US仕様)をテストする記事はこのブログがアップされた1時間後 11時半にアップされますんで!是非御覧ください ↓クリック(2月1日11時半にアップされます)

さて、ブログを書くとFacebookページにお知らせをします。T島の個人のページにもするんですけど、今度M1とM2との比較とか、初代と二代目の違いをアップして下さいとかコメントが入ります。あのそんな記事しか書いてないです(泣)

かと思うと、アナライズのWEBショップサイトでご注文いただいた際、備考欄に、「T島ブログ読んでます!」とか書いてくれると、メッチャ嬉しいT島です。先日、仲の良い友達と飲みに行ったら、「うちの会社にT島ファンがいる」と教えてくれました。こんなT島までいいなら、会社の君!今度飲みに行きましょう(笑)

まあ何度か同じこと書いてはじめて、わかってもらえることもあります。

初代M1、M2と二代目M1,M2は、スリーブは共通ですか? ってのも最初からずっと、互換性があります!と書いてますがよく聞かれます

スリーブのシャフト側の形状は少し違いますが

互換性はありますので、旧M1、M2(SLDR、グローレF、F2なども)シャフトは使いまわし出来ますよ。

このスリーブ、メーカーで互換性がなく、カメラみたいですねぇ・・さしずめテーラーメイドはキャノンで、キャロウェイがニコンってとこでしょうか?!GBBエピックが良くても、このスリーブ問題がありますのでなかなか乗り換えに勇気がいるわけです。

カメラではマウントアダプターというのが出ていて、メーカーを超えて装着できたりするんですね。実は色々なメーカーに装着できるスリーブというのも販売されていたりします。T島は使ったことがありませんが一度テストしてみたいと思います

ということで、キャロウェイのGBBエピックにも惹かれつつ、シャフトがつかいまわせないので、二代目M2を買ってしまうわけです・・・・ホントは接着のドライバーのが好きなんですが、シャフトもテストしないといけないからこんなことになっております。

昨日こんなモノが届きました

はいスノーボードです。T島が乗っているのは、アルペンボードという板で、靴はスキー靴のような、プラスチックでできたハードブーツです。一般的にスノボというと、ソフトブーツが99%ぐらいかと、いやいやスキー場に行っても一人か二人ぐらいしか出会いませんから、もしかして、スノボの人口の1%ぐらいかなと思います

人口が少ないので、大量生産できないので、板もブーツも高価です。T島は17年前ぐらいの板に乗っておりましたが、ゴルフ仲間にこの道のエキスパートがいらっしゃって、「かっこ悪いからせめてこれに乗れ」と貸してくれました。

ゴルフ的に言えば・・・

年に数度しか行かないので という理由でパーシモン使ってるみたいなもんかと・・・T島的には、特にかっこ悪いという自覚はないのです。あっなんか・・・今でもパーシモンな人の気持ちがわかった気がします。実はこの板、2年前に乗ったことがありまして、そのときには。凄くびっくりした記憶があります。普通長い板は安定しているけど、小回りというか、ターンの時に頑張らないといけません。小回りの効く板は、ターンしやすいのですが、高速安定性にかけます。しかしこれが高いレベルで両立しているのです

まあなんだかんだ言っても

17年!

もあれば恐ろしく進化しますよね。ゴルフクラブも17年前って言えば、流石にもうチタンヘッドでしたが、体積が300ccぐらいですよ(汗)そう言われると、さすがに「かっこ悪い」って言われても納得いたします。

この板を送ってくれた方に聞くと、アルペンボードもここ数年での構造や素材と考え方は、ほほ出尽くしているそうです。ゴルフクラブと同じだなぁ・・・・なんて思いました。T島が乗っているアルペンボードは、あまりに数が少ないので、マークダウンが殆どありません。並行輸入品や、マークダウンってスキー、スノーボード業界が先駆者だったと記憶しています。

新製品とマークダウン品の性能差ですが・・・

新製品は

  • 新しいテクノロジーが投入されています。
  • 前モデルの問題点を解決しようとします。

これは間違いありません。

進化している!

といい切っていいでしょう(T島的にはそう思います)その差(進化具合)ですが、T島的に考えると、前のモデルとの販売間隔(モデルチェンジサイクル)が影響すると思っています。クラブを開発して、最新技術や素材を研究して、これで行こう!と決めてからも、研究開発しているのですから、その時間分は進化していると思うからです

1年より2年サイクルのが変化度合いが激しいはずです。

しかし不定期に劇的な進化を遂げる事があります。ずっと研究していたことが、その開発時に発表になったら、そのクラブはエポックメイキングになりますよね・・・

ゴルフクラブですが・・・

通常変化→通常変化→劇的変化→通常変化→通常変化

といきなり劇的がやってきます。素材が変わると

通常変化→通常変化→劇的変化→劇的変化→劇的変化→劇的変化→

なんてこともあります。これはチタンドライバーが生まれて、10年ぐらいはこんな感じで、その時はクラブも売れましたよね・・・このサイクルだと、マークダウンしても、前作との違いがわかりやすかったので、新製品買うか、マークダウン品買うか、あまり悩まなかった気がします。

しかし今はなかなか劇的変化していません。(突然の劇的変化なクラブ=名器となる感じ)

劇的変化しないものだ・・

と思うと、

マークダウンを待って買う!

という人が増えます。性能差が劇的でないなら、新製品の半分で買えるマークダウン品は魅力的だからです。ゴルフクラブの難しいのは、誰でも同じ性能を出せないところです。たまたま、旧モデルの純正シャフトとの相性が良かったり。ロフトとフェース角がバッチリだったりすることもあります。

T島的には、最新は最善の可能性が高いと思っています。ただしコスト効果として最善か?というとそれは人により考え方が変わると思います

  • コストパフォマンスならマークダウン
  • ベストな性能なら新製品

そしてもうすぐコストパフォーマンスの高いこんなクラブを限定で販売します

もうすぐ詳細を発表しますケド

どっちを選んでも、ゴルファーとして結果が出るのは、保証できないわけで・・・実際はそんなにシンプルじゃないんです(ココが一番難しい)

これは、クラブのこと、スイングのこと、イロイロ知れば知るほど歯切れが悪くなります。(すいません・・)

T島的には、この人に聞いてみるのは結果的に安いかもしれないと思っています

マーク金井のクラブ・スイング診断

マーク金井多忙のため、なかなか予約が取れませんけど・・一度体験して欲しいです

ってことで、マークダウン品と新製品どっち買ったらいいですか?!なんて聞かないで下さい。まあ聞いても「好きにしたら?!」としか答えませんけどね

ではまた明日


2月のアナライズセミナー募集開始しています

↓セミナーに参加されたい方、興味がある方、こちらをクリック

今回リクエストいただいた

初めての平日開催!!!します

2月17日(金)19時から オンプレーンセミナーもありますのでよろしくお願いします

 

 


1 2 3 4 5 6 54
▲ページのTOPへ戻る