アナライズstoreblog

カテゴリー: 練習法、ヒントになれば

2017年08月18日T島のクラブセッティングを公開!&肩甲骨でしょ飛ばしは

明日から夏休み的なT島です。

明日は、何十年振りの船で釣りに行きます。45年振りぐらいでしょうかね?!(汗)

それからは、出雲、福岡、広島、と転戦しつつ帰省します。ゴルフですが

  • 大山ゴルフクラブ
  • 志摩シーサイドカンツリークラブ
  • JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部

と3回決まっております。九州では早朝もう一回ゴルフしてもいいな〜なんて思っていますが、どーなることやら・・木曜日はKBCオーガスタを観戦。塚田好宣誕生日会に本人が登場するのか?!などなど不確定要素はありますが楽しみです

JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部は、年に一度の20年来のゴルフ仲間の公式戦です。まあT島はスイングを大幅に変えているので、スタートホールでチョロしないことだけを考えています。(まあチョロでボギーでいいんですけどね)

しかし一週間前に出発するので、もうクラブを送らないといけない・・・

それも今日出しておかないと・・なんて思うわけで・・

結局こんな感じになりそうです

Driver: Callaway GBB-EPIC SubZERO(10.5degrees )
Shaft: BUDDY MT-α (SR)

5 Wood: PRGR RS-TOUR (17 degrees)
Shaft: 三菱ケミカル ディアマナB 70S

Hybrid: ANALYZE マジックマリガンUT  (21 degrees)
Shaft: ANALYZE UT70

 

Hybrid: FREIHEIT THE-G Ti Hybrid (24 degrees)
Shaft:KBS HYBRID PROTO 85(R)

Hybrid: ANALYZE マジックマリガンUT  (21 degrees)
Shaft:KBS HYBRID PROTO 85(R)

Hybrid: ANALYZE マジックマリガンUT  (27 degrees)
Shaft: KBS HYBRID PROTO 85(R)

Hybrid: FREIHEIT THE-G Hybrid IRON (30 degrees)

Shaft:FUJIKURA MCI80(S)(2番手ずらし)

Irons:藤本技工ST99IRON (7-PW)
Shaft: USTMamiya ATTASIRON 115(S)(2番手ずらし)

Wedges: ANALYZE mmウエッジ (52degrees)
Shaft: FUJIKURA MCI・SOLID105

Wedges:Grandista RS-W (58degrees)
Shaft: FUJIKURA MCI・SOLID105

Putter: ODYSSEY WHITE-HOT 2BALL BLADE

Golf ball: TaylorMade TP5

あと一本入れれるんですケド 何入れようかな。と思い立ったのが

MSウエッジです!

今まで使っていたヘッドを探して、見つけました

この使い込み方を見ていただいたら。とことん使ったのがおわかりでしょう

すっごく長いこと使いました。その頃結構良いスコアでていたことを思い出しました。今より全然いい!!!

組み立てようと思ったのですが、今回は組み立てが間に合いません(もうクラブを送らないといけないので(泣))

それにもう結構フェースとか傷んでますし・・新しいの買わないと

マーク金井は、クラブインプレッションする時に、初代が一番尖っているとよくいいいます。そうなんです!そういうマーク金井自身が設計したクラブも

初代が一番トンガッてます・・(汗)

このウエッジの開発の経緯です

MSウェッジは、クラブアナリストであるマーク金井が、これまでのクラブ分析の経験を元に開発した初のオリジナルクラブです。

「クラブはやさしくなければならない」という持論のもと、アマチュアに優しいウエッジを作ろうと開発がスタート。

ウェッジの試作品をいくつかつくっていた頃、アメリカで行われたPGAマーチャンダイジングショーで、クリーブランド社のニブリックというチッパー形状のウェッジを見つけたことが、大きなきっかけになりました。

その特徴のある形状からヒントを得て、マーク金井のこだわりであるハイバンス&ワイドソールを実現するべく、数多くの試作を重ね、国産の軟鉄鍛造ヘッドにバックフェースをCNCミルド成型することで、ようやく求める性能にたどり着くことができました。

深いラフやバンカー、ベアグラウンドに至るまで、あらゆるライからやさしく打て、ミスの許容範囲が非常に広いウェッジ。さらに、オートマチックにフェースの下目に当たり、新溝仕様ながら強烈にスピンがかかります。
アマチュアゴルファーのスコアアップを実現するこれまでにない画期的な高機能ウェッジが誕生しました。(アナライズWEBサイトより引用)

何と言っても、この性能の特化した独特の形状を、ステンレス鋳造ではなくて、軟鉄鍛造で作ってしまったんです

ホントこれ凄くいいんです。

アプローチが苦手な方からハンデゼロの方まで、これ使うと楽になりますで〜。スイングがオンプレーンに近づけば近づくほど、使いやすくなりますよ

名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

はい。よろしくお願いします。

T島最近、ハマっているのが大谷翔平体操。まずこれをやって

大谷翔平体操をやります

↑これについては、ピン助先生がどう思っているかわからないのでまた話を聞いてからとりあげます。

大谷翔平は、高校の頃、石川遼の肩甲骨がやわらかい画像を見て、肩甲骨のストレッチに取り組んで当時130kmの速球だったのが、160kmでるようになったとか!!!

やっぱ肩甲骨まわりって大切なのね 肩甲骨を動くようにするには

ストレッチパッド、肩こりに効きます!

そして飛距離アップにも繋がるみたいです!!

ストレッチパッドぜひよろしく↓クリック

ac00033-300x300

ではまた明日


 


2017年08月09日新しいegg出ますよ!&やさしいクラブをやさしく使おう!


昨日は千葉カントリークラブ野田コースにお邪魔しました

台風が来ているので、中止?の可能性が高かったのですが、ゴル天を信じて結構しましたら風は強いもののいい感じに・・後半は風がやみ・・

猛暑・・

ドライバーだけでなく、アイアンも・・どのクラブも真っすぐ飛びます。意外と飛んでるし、もしかして覚醒したのか・・

その後 プロギアの新しいeggの新製品発表会へ

しかし覚醒は幻でした(汗)飛距離も伸びていません。プロギアのeggといえば、赤と金があります。赤はギリギリのルール適合、金はルールを超えています。どれ位飛距離が違うか?!

10yは違いました(T島計測結果)

T島の注目は、まずeggのフェアウェイウッド!

初代eggスプーンはチタンヘッドでしたが、その後マレージングに変更されましたが、今回はチタンとなりました。チタン+タングステンという組み合わせ

なんかやってくれそうな外見!eggのフェアウェイウッドといえば、音がいまいちとかですが今回は普通です。ロフトが2Wが13度、3W15度、5W18度、という感じ(ちなみに7W、9W、11Wはマレージングヘッド)、金のスーパーeggは2W14度、3W16度、5W19度、1度づつ増えます。できれば赤もこういうセッティングにしてほしかったところ

嬉しいのはチタンヘッドなのに50000円+税、(マレージングは40000円+税)

そしてアイアンが良さそうだったです、赤eggアイアンPCと、赤eggアイアンPFの二種類がでます。T島的には、赤eggアイアンPF(パワーフォージド)が物欲をソソりました!!

7番のロフトが26度と立っています。T島初代eggフォージドのユーザーで、これ使っている時良いスコアでたなぁなんて思い出しました。シャフトを変えて使ってみたいアイアンです

eggのウエッジが良さげ こちらは赤eggPCというタイプのウエッジ

こちらは赤eggPFアイアンのSW

非常にいい顔しております!!T島はこれぐらいのオフセットが好きです。ヘッドも大きいし、キャビティだと、ミスヒットに強いですよね!

やさしいクラブをやさしく使う。難しく使わないというのが、T島的にはスコアに繋がると思っています。

アナライズのクラブって、難しいモノがありません・・そもそもアナライズはクラブを作ってなかったし・・・ゴルフの竪琴も作ってなかったし・・・・

アナライズとの出会いですが、お客さんとして マーク金井のスイング&クラブ診断を受けたのです

クラブを13本計測してもらって、スイングを動画でチェックするのです。

その時に、クラブのことよりスイングのチェックの時間が長かったんですよ。

そもそも

クラブの使い方が間違っていたら、どんなクラブだってその性能が活かせない

じゃないですか・・

やさしいクラブを難しく使っては、性能が活きてこない・・・ということで、活かす方向を提示してもらいました。色々なアマチュアゴルファーのクラブとスイングをチェックしていると、クラブ選び以前に、共通の問題点が観えてきて

このレッスンワンという練習クラブが生まれました。短い練習用クラブです。これはただ短いだけじゃなくて、ヘッドが重くなっているし、シャフトにも秘密があるし、グリップも普通のものではありません(ただ短く切ってもこのクラブできませんよ)

これは完全オリジナルではなくて、この練習器具面白いということで、マーク金井バージョンが生まれたのです

そしてこちらスーパーシャットくんに進化

短いクラブは、アンダー星人を直すことが目的だったのです。当時まだマーク金井は、アンダー星人だったし・・・

その後

こちらのゴルフの竪琴の販売開始。右手と左手の役割が違うことがハッキリわかる練習器具です。

マーク金井は、ゴルフの竪琴を使って、アンダー星人を脱却・・

スイングは劇的に変わりましたね。

これもゴルフクラブを活かすスイングを身に着けないと、クラブの難易度とか関係ない!とまではいいませんが、スイングの誤差の方が大きいと、やさしさなんか活かせないしね

ゴルフクラブを活かすスイングを覚えるために 練習器具を販売して

やさしいクラブで、確率を上げる

という2本柱の商品をアナライズは販売しているわけです。

んで・・・

セミナーを開催して、練習器具がちゃんと使えているか?!であるとか、ゴルフクラブを活かすスイングって何か伝えています

スコアアップをトータルで販売している

のかなと・・

T島もアンダーから徐々に脱出しています。徐々に良くなるとゴルフも楽しいですね。セミナーに参加された方から、T島がアンダー星人で苦悩のしているのを笑っていたけど、自分もアンダー星人だったというメールが届いてました。

笑ってもらって結構です〜(そのためにブログやってますし)

アンダー星人でもハーフなら気持ちよくアンダー(スコア)出るんだけどなぁ(汗)

T島の経験から言いますと、水平打ち、膝立ち打ちが出来るようになっても、それを実際のスイングに繋げられなくて苦労する。ここが難関な気がします。

この動画で紹介しているドリル(この動画ではパーシモンドライバーですが、自宅ならスーパーシャットくんですね)を自宅でやるとかなり繋がるようになります

しかし まずは水平打ちと膝立ち打ちがキレイに出来ないと、話になりません。

アンダー星人の同士達よ 共に頑張りましょう。

やさしいクラブを、やさしく使うこと でよろしく

ではまた金曜日に・・

あっ・・スーパーシャットくんゴルフの竪琴持ってないと、話は始まりませんから必ず買ってくださいね

では


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年08月05日超一流プロとアマの求めるウエッジは違うんじゃない?!

名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック


えーとアナライズのブログですが、今後は

月、水、金、土がストアブログ更新(更新時間は11時半に変更)

火、木、日がマーク金井ブログ更新(更新時間は11時半)

に変更します。その代わりと言っては何ですが

動画コンテンツをガンガン増やしていきます・・・

こちらもその一環で続けていきますよ↓

8月7日月曜日21時から 生配信決定

今後ともよろしくお願いします

ということでなんだか寂しいT島です。火、木、日は裏ブログでも立ち上げようかなとか思っています。

今週はWGCブリヂストン招待をやってますね。いわゆる第五のメジャーってやつですよ

今回もジョーダン・スピースは上位にいますね。この人メッチャアプローチが上手いとプロの中でも話題です。タイトリスト契約プロなのでボーケイウエッジを使っています。ボーケイって、ソールの種類が色々有りますが、基本的にスピースは、60度以外はバンスがしっかり効く、ボーケイの中ではやさしいウエッジを使ってます

↓参照

ジョーダン・スピースのクラブ(特にウエッジ)をチェックした

しかし60度はほぼバンス聞いてない難しいソールをつかってます。スピースに限らず、

WGCに出るようなプロは

明らかにピンチなのに、オイどうなってるんだ? と言うぐらい世界のトッププロの技術は凄いわけです。日頃はドライバーやアイアンの飛距離など、プロはすごいね・・プロ仕様モデルってのはちょっと無理かな・・なんて思ったりするわけですがぁ (ロフトやシャフトの硬さなどもありますが)

ウエッジは、難しいよといわれても、マットの上からそこそこ打てますよね・・・

プロ使用モデルが圧倒的人気ですが。VOKEYやクリーブランド、石川遼やミケルソン使うキャロウェイ。といっても練習場のマットじゃ打ててしまいますが・・

普通に考えてみましょう

ウエッジが凄いんで、あんなアメイジングなアプローチできる???
ウエッジもしかして、ウエッジがやさしいから??????

あの人達は、あんなスゲー深いバンカーから。入れちゃうんですよ1発でカップに!!

それを何度もやるわけですよ(汗)

そらスッゲー人たちが使いやすいウエッジと、我々が使いやすいウエッジは違うんじゃない?と普通思うでしょ?? でも我々アマチュアは

同じウエッジ使えば俺も打てるんじゃないか

なんて思っちゃうわけさ!

あのレベルの方々だし・・・

世界最高峰は、超絶技巧で更に激しく練習しているわけです。

ここで整理します

超上手い!世界最高峰

リスクを犯して、入れに行く

カッコイイ→プロ使用ウエッジ

それを見て、ああ同じ物使えば、俺も打てる!と思ってる人が多いわけです。多いわけじゃなくて、同じものを使いたいと思う。まあ憧れですよね。

なかなか超上手い!世界最高峰 の人たちが、超練習してるから、使いこなせるとなかなか思わない。このプロ使用ウエッジ!!ちょっと打ったら、ちゃんと我々でも打てるわけですよ!! でも条件が良い時、プレッシャーが掛かってない時のお話。ちゃんと打てるから

「俺も上手くなったな」

なんて思うかもしれませんが

肝心な時にミスを生むんです。

肝心な時=勝負どころ

最近ゴルフした時、同伴の人が全部パーで上がりたいなんて言うわけです。70台だしたことないのに・・T島はもう歳で爺さんなので「72で出して言え」と冷たいわけです。80切れない人のスコアカードって、パーはたくさんあります。多いのはダボ以上。ホントにパーを重ねる力はあるんですが、ダボを簡単に打ってしまう。

80切れない人のアプローチの共通点・・

  • ウエッジが難しい(プロ仕様モデル)
  • アプローチはプロっぽい打ち方(サンドウエッジでランニングとか、ロブショットとか)それが結構上手い

あの、自分でハードル上げてませんか?! もっと簡単でいいと思うんです

スピースみたいに、入れに行ってるとまでは言いませんが、パーを取りに行ってますよね?!あったりまえだろ。普通狙いに行くだろ!!と、今、心のなかで思った人多いと思います。

優先順位が

  1. パーが取れる
  2. まあボギーでもいいや。

になっている人が多いのです

えっちがうの??って

T島には ダボにならない。というのが一番先に来ます。そして次頑張れば、パーが来るとこに打ちたいと思います。ボギーでもいいけど、次頑張ったらパーが来る。でも絶対ダボにしない攻め方を選択するのです。

なのでパターを選択することがみなさんより多いです。あとはピッチエンドラン。

そして、悪くてもボギーで済むウエッジを使いましょう!!!アマチュアの為にマーク金井が開発したウエッジ。たぶんWGCに出る選手は、ソールが邪魔とかいうかもしれませんが、超絶技巧をお持ちの方以外、絶対にメリットが有ります。

それは MSウエッジでありMMウエッジです。

特にMSウエッジはフェースが開きにくいですが、目標にスクエアに構えやすいし、ボールの手前からススッと打てば、ボールが簡単に上がります。ダフリにも強いです。トップしないことだけ考えればいいのです。

その辺にポンと打っておけば、とりあえずボギーではあがれます

ホントにすっごく芝の上から練習して、すっごく上手くなるなら、プロ使用モデルでもいいです。すごく練習して、必殺技を身につけることが出来るまでには、時間がかかります。シンプルに攻めて、シンプルに打てるクラブを使っていれば、確率も高まり必殺技を覚えたら、さらにレベルアップするわけです。

アプローチは、ダボにならないこと、次頑張れるところに打てれば、70台が見えてくるはずだとT島は思います

しつこいですが↓こちらよろしくお願いします

名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

こちらの商品発送は8月7日から注文順(入金確認済の方)に随時行います

では次回月曜日に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


 


2017年07月31日クラブの変化!はパターが一番大きいかもしれません!

昨日は朝から高尾山の登ろうと思って高尾山まで始発で向かいました

しかし天気予報が外れ・・雨・・・

家の近所は降っていなかったのにな〜仕方なく家に戻りウォーキングしようかなと思ったら、雨・・・ということで練習場に行くことに・・・

そしてこちらのブリヂストン 倉本プロギャビティ2を打ってみました。なんかよくわからないカーボンにリシャフトされているんですけどね 打ってみたら

イイじゃんコレ!

まあキャビティと書いてありますけど、ほぼマッスルバックですけど、凄いいい球が出て打ちやすい。昔からのギアマニアは、倉本プロキャビティのことはご存知かと思いますが、若い人は何じゃそれ?!と思うかもしれません

現在PGAの会長である倉本昌弘プロが現役時代にブリヂストンから発売していたアイアンです。実はT島が今まで一番気持ちのいい球を打っていたと記憶するのが、倉本プロモデルアイアンです。これは紛れもなくマッスルバックでして、いい球でてたなぁ〜

なのでこのプロキャビティ2も期待していたのですが、打ってみるとシューンといい球が出ます。もしかしてエースアイアンになってしまうのか?!ぐらいの衝撃です。ちょっとコースで打ってみよっと

確かプロキャビティは三浦技研だったと・・プロキャビティ2は三浦技研監修?!よくわからないですが、T島的には構えやすいなと思ったら三浦技研だったということが珍しくなく・・・テーラーメイド300フォージドアイアンとかね

発売が1995年だそうで、何となくよくわかります

95年って22年前じゃん(汗)当時からするとゴルフクラブは劇的に進化してます。一番変わったのはドライバーでしょうか・・アイアンはそうでもないような、変わったような

T島的に一番変わってないようで変わったのはパターじゃないかと・・・

そんなことないだろ〜ピンタイプなんか現役だし、L字マレットはテーラーメイドが原型だろう?!と思われるでしょうね。いやいや20年前のパターと今のパター形状はかわってないですが(まあスパイダーとかあるけどね)

ヘッド重量が劇的に重くなりました!

その理由ですが・・

その原因はたぶんグリーンの高速化です

T島がゴルフ始めた頃は、まだゴルフ場ってコーライグリーンばっかりで(っていうかその頃まだお金もないしいいコースなんかいけなかったのもあり)初めてベントグリーンでプレーした時びっくりしたんです。あれは柳井カントリー倶楽部だったなぁ。

それまで、グリーン上でボールマークを直すのがマナーです

って言われていたんですが、バリバリの高麗グリーンでは、ボールマークなんか付きませんでした。でも柳井カントリー倶楽部のグリーンってボールマークはできるし、柔らかいし、スピンがかかるし驚いた記憶が・・そしてグリーンが速かったなぁ

昔のゴルフ番組をテレビでたまに見ると、グリーンがメッチャ重いのが観てわかると思います。今では高麗グリーンって珍しいぐらいどこも高麗グリーンからベントへ張り替えてしまって、男子のトーナメントでは、KBCオーガスタ、女子は川奈ぐらいになってしまいましたね

グリーンの変化に対応すべく、パターのヘッド重量がどんどん重くなって言ったのではないでしょうか?!

T島が生まれてはじめて買ったパターは、ピン PALというパター。実家に帰って、振ってみると

 

なんじゃこりゃ!

と声が出るぐらいヘッドが軽いんです

 

たぶんヘッド重量は300gぐらいかな?!ODYSSEYの初代ホワイトホットを今もつかってるプロが意外と多いですが、ソールには鉛がべったり貼られていますよね・・・

今はヘッド重量は350gぐらいが標準でしょうかね

ヘッドを重くする目的ですが、ゆっくりと動かしたいからだと思います。ヘッドが重いとパンチがはいりにくいですしね。

じゃあ

重ければ重いほどヘッドがゆっくり動かしやすくていいのか??と思うでしょ?!でもそうなると

やりすぎると・・ヘッドが動かしにくくなる・・

そうなんですよ やりすぎるとヘッドが動かしにくくなり、動かないから動かそうとするするとパンチが入ったりします。

それを解決するにはグリップ側に重量を配置することです

高速グリーンに行くと、カウンターウエイトの効果が絶大にあります。ヘッドだけ重いのと全体として重いのはかなり違います。是非体感してほしいわけです。じゃ体感方法を!!!

体感しやすいのは。クラブを2本(パターでもいいです)持ってパターのストロークをして下さい

メッチャヘッド効いてるでしょ。でも一本逆さまに持ってみて下さい

はい劇的にヘッドが動かしやすくなったでしょ??

プレッシャーがかかると、ヘッドをすーっと引けなくなります。手元にウエイトがあると、テイクバックしやすいく、動き出してもフォローで止めやすいのです。

パターが一番カウンターウエイトの効果を感じやすいと思いますし、一番効果的!!

カッコイイパターと言えば、スコッティ・キャメロンがすぐ浮かびますが、ヘッド重量もかなり重くなってきています。打ってみて・・ヘッド重い!!!と感じた瞬間があったら、今日のエントリーを思い出して下さい。ということで!

カウンターウエイトにする一押しはコレ!

プロバランスパターキット

 

そして、グリップを切るグリップカッター、固定する六角レンチ、交換時引き抜くためのハンドルがついています

現在JAPANバージョンは売り切れ中ですが、まずは30,50,70gのセットを試して欲しいなっと

興味ある方こちらをクリック ←クリック

マーク金井もこのヘンこだわっています。なので自身で作ったリンクス ナチュラルパターのグリップは、135gもあります。

P1050397

こちらのパターは最初からカウンターバランスとなっていますんでよろしく↑クリック

ではまた明日


お待たせしました!

売り切れていました

アナライズマジックマリガンUT

 UT70装着モデル

販売再開!しました!

↓クリック

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年07月24日ジョーダン・スピースのクラブ(特にウエッジ)をチェックした

全英オープンが終わりました

ジョーダン・スピースの上がり4ホール凄かったですね。でも13番は何かモヤッとしました。非常に時間をかけて、穿った見方かもしれませんが、勝負には流れがありますから、マット・クーチャーのプレーのリズムは乱れるはずです。

ゴルフは一人でプレーしているのではないですよね。マット・クーチャーはあんなに待たされてどう感じたのでしょう。それともそれに違和感を感じてしまうのは、日本人のメンタリティなのでしょうかね?!

T島なら、さっさと打って、ゴメンねクーチャーという場面なんですが、これが勝負師ということなのかな。

でもその後のスピースはホント凄かった・・・

ジョーダン・スピースですが、よく解説者が「飛距離が出る方ではない」と言われています。PGAツアーのスタッツを観るとドライビングディスタンスは 291.1ヤード で94位タイ。PGAツアーの平均が290.9yと平均以上は飛んでいます。日本ツアーで比較すると、23位の今平周吾が291.23ヤード、ベスト20位前後ということで、日本では飛ばし屋といっていいでしょう。

ちなみに松山英樹はPGAツアーで301.7ヤードで24位タイ、日本ツアーだと5位のK・バーンズぐらいです。PGAツアーのレベルがよくわかる数値です。PGAツアーのフィールドの方が、コースは広いそうですから、飛ばせる環境にあるらしい

飛距離は充分で、セカンド以降の上手さが目立つ選手ですね。特にアプローチとパターは、すごく上手い。(スタッツ的にはすば抜けていないのですが、勝負どころで決めれるということでしょう)

ちなみにジョーダン・スピースのクラブセッティングですが・・↑こちらに載っています

あまりクラブは変えないタイプですね ドライバーは915D2、フェアウェイウッドは915F、アイアンは716AP2(一応現行モデルですが、ツアーではすでに718AP2がでてますんで、なんかT島的にはすでに旧モデル感が強い)

現行モデルは

3番アイアン:718 T-MB

ウエッジ:タイトリスト  ボーケイ SM6 (46-08 F グラインド, 52-08 F グラインド, 56-10 S グラインド  60-04 L グラインド)

これぐらいです。

注目はウエッジ 716AP2は5番から9番まで

46度、52度、56度、60度とソール形状の違うウエッジが4本入っています。

ボーケイウエッジには、5タイプのソール形状があります

  • Fグラインド
  • Sグラインド
  • Kグラインド
  • Mグラインド
  • Lグラインド

ジョーダン・スピースは46、52がFグラインド、56度がSグラインド、60度はLグラインドみたいです

タイトリストさんのWEBサイトには、このグラインドの選び方が動画で紹介されています。この動画ですが すっごく分かりやすく作らているにも関わらず・・・

2ヶ月で3108人しか見てないのです・・・

もったいないです!

(きっと、目の前で削ってくれるわけではないのにグラインドってカッコイイ表現にこだわっているからじゃないかと・・まあこの表現がタイトリスターにはたまらんのでしょうけど)

この動画、ソール形状をどう選べばいいか?!しっかりと説明してくれています。この動画をチェックすると、ジョーダン・スピースさんは、60度以外シビアなフェースコントロールが必要なソール形状を選んでいないですね。

T島的には世界で一番アプローチが上手いと思っているスピース。聞いたところによる

普段は56度のSグラインドを多用!!そして60度のLグラインドは、緊急用的に使っているとか・・・

皆さん是非参考にしてください!

この動画でも言ってますが

ソール幅を落として、バンスの効きを抑えると、自分でヘッドコントロールする必要があります。ボーケイでしたら、MグラインドとLグラインドは、ヘッドコントロールする技術が必要だよって言ってますね。もちろんアマチュアゴルファーのごく一部はこの技術を持っています。そういう人はホームコースに芝の上から打てるアプローチ練習場があって、そこにこもって練習できるような人、ショットバリエーションが豊富な人です。

ジョーダン・スピースはまず46度、52度は、フェースを開かなくてもバンスが効いて、ヘッドコントロールをシビアにする必要がないFグラインドを選んでます。

そして通常使用の56度、フェースを開くことを前提にSグラインドをチョイス

だったら我々は、わざわざ難しくする必要はないと思うんですけど・・・そりゃMとかLとか何となくカッコイイですが、そんな練習しますか?!(芝の上からですよ。マットじゃわからないですからね)

この動画ですが、今使ってるウエッジのソール形状があっていない場合

リーディングエッジ側に砂がつきますと教えてくれています。

ボーケイウエッジたしかにカッコイイです!!

オススメです!!

でもアナライズのmmウエッジはソール形状が、ボーケイで言えばKグライドぐらい広くてバンスが効いてます

そしてSグラインドみたいになんとなくトレーディングエッジを落としています。↑の写真みたいに、特に考えなくても上手くソールが使える形状になってますよ

お値段もお求めやすくなっております。

やさしいウエッジつかいましょ↓クリック

ではまた明日


打点コントロールセミナーの動画配信、その2、その3配信しました

ぜひご覧ください。ちなみに8月の打点コントロールセミナーは満席となりました

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


1 2 3 4 5 6 62
▲ページのTOPへ戻る