アナライズstoreblog

カテゴリー: 練習法、ヒントになれば

2019年12月20日意外に宣伝じゃないシャフトの選びかた

マーク金井チャンネルの生配信!12月の2回目は

12月23日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください


すでに12月も20日になりましたね。T島もバタバタと忙しく過ごしています。マーク金井が今年の漢字一文字は 変 と昨日のブログに書いていましたね。T島的には”転”ですかね。来年はもっとグルグルと回転していきたいと思っております。

ゴルフスイングもようやく『スイング変わったね』と言われることが増えてきました。これは、間違いなく、小澤さんや長井さんや、佐藤コーチやらマーク金井のセミナーのおかげです

 

と言いつつ相変わらずなのは、クラブを衝動買いしてしまうことです。最近は減ったのですけどね、こんな仕事が入って⇩中古ショップ情報が入ってくるようになったので

来年は中古鑑定人 T島というキャラを売り出そう!と思ってます。

先日、撮影で行ったレプトンゴルフ五日市店で、ヘッドとシャフトを購入して

ようやく組み立てることができました〜

 

キャロウェイのローグフェアウェイウッドのUS仕様です。4WはUS仕様しかなかったような・・ヘッドとシャフト両方合わせても1万円しなかったです。中古ショップって良いよね〜

ローグのフェアウェイウッドですが、キャロウェイ契約プロの間でも、使っている人が多くて、柏原明日架も使っています。3wだとT島はボールの高さが出ませんけど、4Wだとなんとかなります。低スピンで強い球がでます。キャロウェイのフェアウェイウッドは音が好きです。弾く音がするので気持ちいいです。

シャフトはUSTマミヤ AUGA-G for FW 65s こちらも意外と扱いやすくて驚きました。そう言えばUSTマミヤさん、以前からコッソリ、新しいFW、UT用のシャフト出しますよって聞いてたけどようやく発売されたようです。

ATTAS-MB

合成分布図を見ると、なんかT島がかなり好きそうです。UT用には70、80グラム台までRの設定があるのが嬉しいです。マットブラックでT島の愛車の色と同じでいい感じっす。

打ってみたいっす。

そして、これをウチの家人より取り戻すことに成功

やっぱりコレ扱いやすくて好きです。あと打感が良いんですよ。打感のことは一切謳ってないけど打感が良いというマジック。うちの家人には、キャスコのドルフィンウエッジを中古で安く買って渡しました。

こちらmmウエッジ⇩クリック。アナライズのオリジナルクラブではイチオシです

はい、シリーズ化してます、意外に宣伝じゃないシリーズ。今回はシャフト編です。

最新シャフトは、新しいテクノロジーを使ってますから、素材的には最善かと思います。でもシャフトって非常に製品寿命が長いですよね。素材や作り方が最善だからといって、劇的に変化しないんです。変化が好きなのか嫌いなのかという部分もあると思います。

ヘッド性能のように、重心位置とか慣性モーメントなどのわかりやすい数値が無いのです。一昔前はトルク少ない=高性能というわかりやすい図式がありましたので、こぞって低トルクを謳っていましたね。ミズノさんのエクサーゴールドとか、ジャンボのHM−80とか・・ 低トルクが素晴らしいなら、今でもバーンとメーカーさんが打ち出すはずですが、今はそんな競争をどこもしていない。

でも、アマチュアのなかでも、トルクが大きいから曲がったとかいう人が、結構いらっしゃいます。リアリー?と聞いてみたい。トルクが大きいとオートマチック感でますけど、少ないと、マニュアル感でます。操作性は良くなるでしょうが、トルクが大きいから曲がる感じたことない・・・カーボンシャフト創世記にプロが打つと、飛ぶけど曲がると言ってましたけど・・トルク値10を超えてたとか・・

今ではだれもそんなこと言ってないし・・

ということでシャフト選びって、先入観に捕らわれている気がします。都市伝説からのフラシーボ効果デカそうです。

ゴルフスイング物理学の小澤さんは、『手元がしなって先端がしっかりしたシャフト』というのに拘ってそういうシャフトを選んでるようです。まあT島も同じ傾向がありますがけど、フィッターの皆さんは、T島に、先がちょっと・・動くものを勧めてくれます。

えーっといろいろなシャフトを打ってみて欲しいです。皆さん硬いシャフトに興味があると思うんですが、超柔らかいシャフトとか打ってみるのは絶対良いです。できれば超柔らかいシャフトをコースで使ってみて欲しいと思います。やわらかい=曲がる という固定観念が変わるはずです。

ちゃんとシャフトが使えると、ホント曲がらないです・・・

こちら アナライズのEF009ウッド用 ⇩こちらをご覧頂いてお解りになると思いますが、超柔らかいです

これは、張力のあるスイングを覚えていただくにはピッタリな練習クラブ用シャフトなんですが、コレを実際ラウンドに使っている人も要るらしい。だって練習になるし、曲がりにくいから・・・エースシャフトにしているという話も聞いております!!!

素敵・・・

あまりに柔らかくて不安という人は、デザインチューニング メビウスEQなどもいいかも。T島も1ラウンド通して使いましたが、安定して打てました。冬場とかメッチャ良さそうな気がします。

上手くシャフトが使えるとメッチャ飛ばせるそうです。ドラコンのプロとかレディースぐらいの硬さを使ったりしていますし・・・

すごく軽いシャフト、重いシャフト、いろいろと自分で打ってみるといろいろな発見があるでしょう。T島も昨年驚いたのは・・・

ウッドにスチールシャフトを入れたことですね

マーク金井も自身のブログに書いていましたが、これは驚きでした!

流石に100グラムは無いだろう!と思ったのですが、打ってみるとあれ不思議。たぶん43.5インチと短いこと、振動数のわりにシャフトのしなりを感じること、などなど、フラシーボ効果ではない、たぶん裏付けられる要素がかなり有ると思うんです。

あと重心位置的には、ドライバーは他のクラブとかなり違うので、ドライバーだけ別!と考えれば、ウッド用スチールシャフトってとても有効だと思います。他のショップでもすごく売れたそうで、アナライズはメーカー欠品ということで、ずっと売り切れでスイマセン。

島田ゴルフさん、すごく売れたんじゃないかなぁ・・・これはホント打ってみないとわかりませんね。

っていうか・・・是非打って欲しい!!!!!

いろいろなシャフトを打っていくと、シャフトの違いとかが実体験とかでわかってきます。自分で良くわからなかったら、フィッティングとか受けてみたらどうでしょうか?

面白いのがT島のスイング軌道。自分の中でも振っていて気持ち良くないシャフトを使ったほうが、クラブパスが良かったり、切り返しでヘッドが動く癖が出なかったりするんです。自分のリズムで打ちやすいシャフトっていうのは、癖が前提だったりしますし・・・

シャフト選びというのは結構やっかいです。

先入観を捨てて打ってみよう

ということはあるかな・・・と歯切れが悪い感じっすね

ってことで、また月曜日に


Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ドライバーのロフト”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


2019年12月11日意外に宣伝じゃないドライバーの選び方

忘年会などあまり声がかからないT島ですが、忘年コンペは幾つか入っています。明日は、T島的ゴルフ場1位を志摩シーサイドカンツリークラブと争う鳴尾ゴルフ倶楽部へ行きます。今からわくわくしております。

こちらも初投入!!! 色々と楽しみです。鳴尾ゴルフ倶楽部の高速コーライグリーンに通用するのでしょうか?? んで・・

パターについてはこんな動画に出ております

中古のパターについて語っております(汗)よろしければチャンネル登録をお願いします

こちら行きたかったのですが・・・

福岡でこんなイベントが

福岡の皆さんぜひ行ってみてください。T島からのお願いです

T島も書いてもらってます

さて前回のブログ

意外に宣伝じゃないユーティリティの選び方

ゴルフクラブってファンタジーが増えてきたよね?って話がでてきました。例えば可変スリーブとか、重心位置を移動させるために、ウエイトの位置が動かせるというやつです・・・・

今回はドライバーのファンタジーと選び方について

可変スリーブと、ウエイト位置が動かせると、すべてのゴルファーが1本のドライバーでOKなんてファンタジーがありましたね。ワンヘッドというファンタジー、今はミズノさんぐらいしか残ってないです。口火を切ったテーラーメイド(R1ドライバー)は早々に、ロフトのちがうヘッドを発売するようになりましたよ。

可変スリーブについてはこちら

今更聞けないシリーズ!可変スリーブってどう使う?

↑読んでいただけるとお解りかと思います。可変スリーブではすべて補えません。だから可変スリーブ付きドライバーでも、ロフトのバリエーションがあります! マーク金井はそもそもカチャカチャが嫌い。T島はシャフトが簡単に変えられるから好き。でもロフト角はヘッド個体を見てノーマル位置で決めます。可変スリーブを当てにしません。

ウエイトの移動ですが・・テーラーメイドR7が口火を切り、M1ドライバーなどが積極的に宣伝

でも活かせている人がいるのでしょうかね? もちろん重心位置がかわりますので球筋は変わります。このブログでも実験しましたが確かに重心距離も深度も変わりました!

でも、フェースのセンターでボールを打ちたくないですか? 構えた顔が変わらないのに重心位置だけ変わってもねぇ・・・なんて思います。でも縦方向は重心深度が変わるから良いかもとか思います。

ついにはウエイト外しとかが流行りました(汗)

プロがウエイトを外すからといって、軽いヘッドを使っているわけではないのです。(池田勇太プロとかは軽くしているみたいですけど)ヘッド内部にジェルなどを盛ったりしています。

つまり、ウエイト移動って要るの?ってことになります。

T島ですが・・・ウエイト外しならぬ ウエイト増やしをやってます

ピンG410プラスドライバー ウエイトは1つで それを3つのポジションに動かせます。ノーマル状態は16グラムのウエイトが1個付いてます。T島は、Amazonで8グラムと5グラムのウエイトを買って2つ付けました。(改造なので自己責任となりますよ)ヘッドを軽量化しつつ。周辺にウエイトを配分し、若干深度を浅くしたかったのですが・・・

『ぶっちゃけ違いはよくわかりません(汗)』

なんとなくカッコいいだけ。でもなんかいい感じなんだよね T島的な小さいファンタジーを楽しんでおります。メーカー風にカタカナを駆使すると『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』これでファンタジーなんて簡単に出来上がるわけです。

打球音は少し変わりましたよ。

でも、T島こういうファンタジーの謎を解いていくのは嫌いじゃありません。結構好きです(汗)

そう言えば、今朝Facebook見たらグリップ重量を増やすカウンターウエイトを採用するドライバーも意外とあります。T島が覚えているだけで ミズノさん ヨネックスさんなどが、重いグリップを使ってました。

そしたら、トップブランドのゼクシオが、凄いテクノロジーのようにカウンターウエイトのグリップを、”初めてです”的に凄い長い時間かけて新製品発表会で説明して驚きました。驚きの模様はこのブログを・・⇩

11代目ゼクシオとGOLFTVが発表されました!!

プラスウエイトテクノロジーらしい

カウンターウエイトというのは、手が浮いてしまう人には劇的に効きます。ドラコンの選手も使っています。大手メーカーさんはタメが深くなると説明してくれています。スライサーにはイマイチと言う声が多かったりします。

アナライズで扱っていますシャフトスタビライザー

10年ぐらい前から扱っております カウンターバランスの元祖⇩クリック

シャフトスタビライザー

こちらですね、アメリカのゴルフショップ、フェアウェイゴルフさんで見つけて、マーク金井が気に入ったもんですから、ほとんど日帰りでオーランドのPGAマーチャンダイズショーに行って、日本での代理店契約を結んだと言う商品です。現地1泊といっても夜中について1泊して、PGAショー行って、ゴルフしてそのまま日本に帰ったという弾丸ツアーでした。

カウンターウエイトって、入れてみるとすごく体感できるので、ファンタジーっぽさがあまりないんです。まあアメリカ側が新しくなったよ!という中身が意外とファンタジーっぽいんです。振動を吸収するとか・・・よくわからないのですが、ほぼカウンターウエイトの効果だと思います。あとグリップの中に入るので剛性感が出る気がします。

まあカウンターウエイトというのは、ドライバーに標準装備されていなくてもあとから装着できますんで、特になくても良いと思います。結構ウエイトの重さ(20グラムぐらい)ないとあまり実感できないと思いますけどね。

あとファンタジーっぽいのが空力です。T島もメタルドライバー全盛時代に、ネックが飛行機の垂直尾翼みたいになっているフォイラーとかいうドライバーを買いましたけど、空力を体感できた人っています?

そしてフェースの反発です。もう色々なメーカーが言ってます。でもギリギリだから飛ぶって話になかなかなってないんですよ。今年のはじめにテーラーメイドとキャロウェイがバーンと独自のフェース構造を打ち出しました。だから圧倒的に飛ぶのか?と言うとそうでもなかった。もちろん飛んでますけど、一番売れたのはフェースの弾きについて特に宣伝していなかったピンという・・・ピンが説明したのは『さらなるたわみを生み出す
フォージドフェース』これだけ(汗)

T島もマーク金井も、G410のフェースの弾きが良いとずっと言ってました。

意外と弾く

と、意外とというのは、特に弾きの良さを謳っていないから付いたわけですけど・・・どこだってギリギリ目指しているんですよね。

ということで、ドライバーってファンタジーの塊なんです。というのもゴルファーの夢や希望が詰まっているから!ファンタジーだからといって、それが不要であるわけではありませんし、効果がないわけではないと思います。

T島的にはぶっちゃけ『あって邪魔にならないファンタジーならOK』です。メーカーの試行錯誤です。効果はあるけど圧倒的な効果ではないわけです。圧倒的な効果ならルールで規制されるでしょう。各メーカーさんは、試行錯誤しているんです。その試行錯誤は素晴らしいんですが、なんとなく凄く感じるように『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』なんて言うからファンタジーっぽくなる。

例えばオノフさん なんか

シンプルで勇気あるなぁと思います。

T島的には、カタカナから受ける妄想を捨てて、打って良かったら良いんじゃない?と思うわけです。でもどこのメーカーもファンタジーを打ち出していますから、本質を見極めて、踊らされないことが大切なんじゃないかと・・・

自動車で言えば、フルオプションに惑わされないこと。もちろんフルオプションでも基本性能が良い思えば購入すればいいでしょう。オプションがついてなくても良いものはたくさんあります。

ということで・・・

また金曜日



2019年12月09日意外に宣伝じゃないユーティリティの選び方

マーク金井チャンネルの生配信!12月の1回目は

本日21時

(12月9日月曜21時から配信します)

録画配信はございません 生でごらんください

たぶんJT日本シリーズの話とか話しちゃうんじゃないでしょうか?ぜひご視聴ください!!

石川遼かっこよかったわ

さて・・
2013年11月にアナライズのWEBサイトがリニューアルして、アナライズストアブログが始まりました。それ以前はアメブロでやってました(残ってるのは2011年9月から)GDOブログでもやってたのかな??覚えてません(汗)たぶんver3なんでやってたんだと思います(汗)

なんだかんだで10年近くやってると思います。T島のゴルフの課題でありました『脱アンダー星人』というのは、最近、マーク金井のセミナーとゴルフスイング物理学の小澤さん、佐藤さん、新宿インドアゴルフの長井さんのおかげで。どーやってもクラブパスがフェードにならなかったのに、最近はインサイドから殆ど入らず

クラブパス-3.0Lとかと言う数字が出るようになりました・・ そんなのアウトサイドインに振ればいいじゃん!と皆さん思うでしょ? どんなにやってもこの値は、マイナスつまりLにならなかったんです。最近はなんか出るんですね。もちろんコースでは、左を向いて逆球が出たりしますけど(汗)

一応頑張っております

こちらのデータ、この練習器具を使って打ったデータです

こちら渋野日向子プロも愛用する

こちらでございます。超柔らかい練習用シャフト。すごい人気だそうです・・・コレ普通にアイアンに入れて使ってみたいカモ というのは、やわやわシャフトというほどやわらかくない。こういう練習器具にしては、意外と硬いです・・コレは好みだと思うんですけど、T島はいつも

EF009を使っています。↑ウッド用だけでなくアイアン、ウエッジ用もあるんですけどね。今売り切れ中です!

こちらのが、やわらかいです。これは好みですけど、T島的にEF009ぐらいのやわらかさのほうが好きです。しなりをガッツリ感じたい人は、こちらをオススメします。

こんな感じで、話題の商品を説明しつつ、自社の商品もアピールするのが目的なのです。しかし世の中のゴルフクラブは進化しているのか?と言う疑問を持ってきました。最近よくマーク金井が、ゴルフクラブにファンタジーを持ち出すことが増えてきた と言うようになりました。

特に有料メールマガジンにはそんなことが書いているんですね

マーク金井の有料メルマガ 是非 ご購読いただければと思います⇩クリック

↑こちらからご登録できます

えーっと・・ファンタジーというのは、T島的に理解すると、ほんとに効果があるのか?いかにも凄いテクノロジーに感じるけど、実際だれでも効果が出て、飛距離アップしたり、スコアアップするのか?

という”なんか凄い”こと、それがファンタジーなわけです。”なんとなく凄い”感じがする。なんとなく凄いを売りにしているんですよね。カタカナで非常に長いテクノロジーを説明しているものは、意外とそういものがあります。

例えば、今ではマストになった。カーボンコンポジットヘッド。クラウンを軽量化することで、低重心のヘッドを作りたい、クラウン部分の重量をフリーウエイトで活用する。実際にクラブを設計している人、何人かに話を伺ったところ、カーボンクラウンを接着する。のりしろ部分や、接着剤などで殆ど減らないと言う話を聞きました。

新しいテクノロジーといいますが、重心位置ではここ10年あまり変化がありません。カーボンクラウンを採用して低重心化したいなら、重心位置がかわるはずだし、明らかに距離が伸びたということがあるでしょう。しかし最近の傾向としては慣性モーメントが大きい物が増えてきて人気があるということです。(ピンなど)

アナライズのクラブは、ファンタジーに興味のないマーク金井が設計しています。ファンタジー要素がないと、非常に宣伝しにくいんですけどね(汗)

ということで、ストアブログ本来の目的に立ち返りアナライズのクラブをもう一度説明して行こうと思います。

まず一回目は マジックマリガンUTです ええ宣伝かよ?と思われるかもしれませんが、よく読んで頂くと UTの選び方が何となくわかってくれると思うんです

チタンのUTが増えてますね。チタン効果です!チタンはそもそも強度があり比重が軽い素材です。つまり強度を保ちつつ軽く作れます。ドライバーの大型化にはチタン素材がなくてはならなかったのです。大型化出来るメリットがあります。

チタンだからフェースの弾きが強い!というわけでもなく、フェースの弾きはステンレス素材でもルールギリギリぐらいまでなら出せるそうです。しかしUTのヘッドを大きくしてもデメリットもでてきます。だってUTが大きくなったらFWじゃん(汗)

サイズはUTのままで強度を確保して軽量に作り、余ったウエイトで重心位置を適正化する。ということも出来ます。

 

しかし、そもそもヘッドサイズ自体が小さいので、あまりフリーウエイトも生まれません。全部ステンレスで作っても、ぶっちゃけそんなに変わらないという・・ もちろんコスト度外視で、ベストを目指すならチタンやカーボンクラウンなどを採用すれば、構造的にベストになるかもしれません。しかしヘッドサイズを考えるとあまり差がでないと想像します。

そもそもUTに飛距離は要るでしょうか? そもそもUTってアイアンの代わりであることを思い出してください。3番アイアン打てない!でもショートウッドはどう構えていいかわからない。ウッドのように上がって、アイアンのように構えやすい!そんなのから生まれてきたのがUT。

 

飛距離が圧倒的に出るより も 飛んだり飛ばなかったりしない安定した距離が打てることが大切。ならば安定した手法で、安定した素材でシンプルに作ることを選んだわけです。つまりカタカナが踊る素材や、ファンタジーは何もなし。

しかし打ってみると、アイアンぽくスピンが入ります。そして距離が合います。

ソールにバンスのような傾斜がついているので、アイアンぽく打つととても気持ちいいです。そしてマレージング独特の打感で非常に打感がいいんですよね

シャフトはいろいろ選べますよ UTはシャフト選びが非常に大切です。面白いのがこのUTができる以前に、UT用のアナライズオリジナルシャフトが先に開発されたことです。

大手メーカーのUTの純正シャフトですが、カーボンシャフトは50グラムのものが多く、そして重くても60グラムなんです。ドライバーにカスタムシャフトの60グラム台のシャフトを入れると、重さが逆転します。(これはフェアウェイウッドが上手く打てない場合も同じ傾向があります) スチールシャフトだと、重すぎる可能性もありますよね。

ということで70グラム台のUT用シャフトがそもそも無かったのでアナライズで作ったわけです

このシャフト手元がしなって先端がしっかりしているUTにピッタリのシャフトなわけで・・・

これだけでなく、カスタムシャフトも選べます

ということで、マジックマリガンUTをよろしくお願いします

人はファンタジーにお金を払いますが、本来の必要な機能をしっかり作り上げるとお手頃で手に入るのです

ではまた水曜日に


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。

 


2019年11月22日セミナーand試打会に行こう!!

マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました。↑ハンドファーストにインパクトしたいなぁ とずっと思っていたのですけど、形だけ真似ても出来ないわけで、最近ようやくできるようになってきました。セミナーですが、配信されているのを観ると

あ〜なるほど

と思っていただける瞬間があると思いますが、参加すると更に100倍ぐらい

あああ〜なるほど〜ぉ

と思うと思います。そして実際に動きの中でやりますから、100倍ぐらい実感できます。T島も言ってることは、字幕にしているので誰よりも理解しているはずなのですが、実際は、撮影していてドリルをやっていないので、あとでマーク金井に『ちゃうちゃう ここやで手は』ということがよくあります。

セミナー動画をみていただくとわかるのですが、やってみて、マーク金井が『ちゃうちゃう〜』と言って修正してくれる。とってもわかりやすいはずです。T島なんか撮影しているだけで、実際動いてないから あれ?あれあれあれ?_となるわけです。 ホントね4000円でこんなに楽しめるんですから、絶対お得だと思いますよ

最近は、参加人数を増やしたためか、料金が値上げされたためか、前払い(スイマセン、よくわからない理由でのドタキャンが多かったので)になったためか、最近予約が取りやすくなっております。

今週末の・・・

まだ気持ち空きがありますので、ぜひぜひご参加ください。このセミナーすでにYouTubeで配信しているので、撮影は入りませんよ!

12月開催されるセミナー

現時点はでまだ空席ございますので、是非皆さんご参加ください

セミナー申し込み お待ちしておりますね!

さて今週末は、こんなイベントがございます

トラックマン試打会のすべてをT島がALL ABOUTにまとめる!

神奈川県相模原のフルヤゴルフガーデンはトラックマンレンジなんですけど、そのトラックマンレンジを使った試打会があります。試打した結果が、同じ計測器で結果がすぐわかってしまうってのは素敵じゃないですか?

こちらの試打会、T島も会場におります(15時ぐらいまでね)お気軽に声をかけてね。来年はT島コーナーとか作ってもらって、アナライズのmmアイアンとかmmウエッジとか、スチールシャフトドライバーとか試打してもらったり、T島のクラブとかもバンバンうってもらったり・・気になるメーカー集めたりとか思ったりした・・喫茶コーナーとかもやりたいんだよね。(お茶を売るぐらいですが)

一応T島もバッグを持って会場にいるので、スチールシャフトドライバーが打ちたい撮って人が居たら、声かけてください mmアイアンもあるけど、mmアイアンなら最新シャフトを打って欲しいとか、思うわけですがT島のmmはMI72とかなんで、感じちょっとちがうんだよなぁ

アナライズのクラブですが、圧倒的に試打して貰う機会が少ないのですよね。ここで勧めているのですがちょっとその点が心苦しいです。

T島的な試打会の極意をお教えしましょう。新しいクラブに出会うための極意です。

・まず固定観念は捨てて、打席に立とう!

試打会に出展している人は、百戦錬磨のメーカーの方ばかりです。皆さんもクラブに対する知識があるでしょうが、相手はプロですから知識や力量は一瞬で把握されています。もうまな板の上の鯉なわけですから・・・

もう好きにして!

というぐらいの言いなりプレーがオススメです。いい感じだったら、『いい感じ!』イマイチだったら『イマイチ!』と素直な反応だと、やりやすいと思います。

・同じクラブで沢山打たない!

あんまり球数を打つとよくわからなくなりますので、1本につき10球以上は打たないほうが良し悪しがわかります。そして1球目に何気なく打つ球がとても大切です。

・一発飛距離よりも、アンフォーストエラーが出ないクラブのが相性がいい

今回の試打会はトラックマンレンジということで、一球ごとにデータが出ます。一発メッチャ飛ぶクラブに心惹かれる気持ちはわかりますが、平均的に飛距離方向性がまとまるクラブが絶対にオススメです。

データは、ありのままなので、ショックを受けないようにしてください。T島みたいに飛ばなくても70台ぐらい出ますんで。受け入れることが大切よ

ということで、今から色々な試打会があると思いますが、T島的ポイントを抑えるといい試打ができると思いますよ。

遠慮しないで、いろいろな打席でいっぱい試打して欲しいと思います。

ああ そうそう・・・T島、こんな動画出てますんで お暇ならどうぞ

ということでまた月曜日に

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


2019年11月20日アンフォーストエラーが出にくいクラブセッティングを試してみた

マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました。セミナー動画編集大変です。T島総研的にはかなりな赤字部門ですが、皆さんに観ていただきたくて頑張っております。

昨日は、マーク金井の有料メルマガの配信日。

マーク金井は毎回ステキな名言を仰るんですけど、今回は

空振りするぐらいじゃないと、スイングは全然変わってない

空振りしてないってことは、何も変わっていないと思っていい

なんて言ってました。T島、そういえアディダスさんのイベントで、チョロばかり打ちました。有名な野村タケオさんとか鹿又芳典さんとかの前で・・毎回いろいろやってますので、だいぶ変わったんじゃないかと・・ あっそうそう⇩

マーク金井の有料メルマガ 是非 ご購読いただければと思います⇩クリック

↑こちらからご登録できます

先週書いたブログ・・・

クラブ選びに何を優先しますか?その1

クラブ選びに何を優先するか?その2 and テーラーメイド銀座行ってきた

最近、アンフォーストエラーについて書いております 色々書いてます。是非読んで欲しいのですけど・・・

んで、土曜にゴルフに行ったんで、↑に書いたことをいろいろと実験してみました

コースはいつもの、富士見高原ゴルフコース。打ち下ろしの打ち上げ、打ち上げ、とずーっと打ち下ろしとかあまりなくて、実際よりも距離が長く感じます。おまけに洋芝とT島的には難しいコースなんです。この日は風が強めでアゲンストだとなかなかパーオンしません。

 

んで、アンフォーストエラーが起こりにくいクラブセッティングの実験を・・

 

まずインからスタートしたのですが、インでは3W、5WなどT島的にアンフォーストエラーが発生しやすいクラブも使いました。まあでも軌道が良くなったのか結構上手いこと打ててしまって、富士見高原のインコース 41ならまあ良いじゃんって感じ。まあパターが入らなかったなぁ〜 突発性難聴の後遺症?ではないと思います 単に下手なんでしょう

  • 1W
  • 3W
  • 5W
  • 7W
  • 25度UT
  • 28度UT
  • 7〜PW
  • 50度
  • 54度
  • 58度
  • PT
  • 計14本

アウトでは、3W、5Wは封印 7Wまでしか使わない。58度のSWも使わない。無理に狙わない。と言う戦略でしたが、3w,5Wが当たりだした流れで、長めのPAR4やアゲンストのホールでも7Wが楽勝になってきて、いいポジションにボールを運べ、パーオンしなくても、難しいピン位置でも寄せワンが取れるという・・

  • 1W
  • 7W
  • 25度UT
  • 28度UT
  • 7〜PW
  • 50度
  • 54度
  • PT

計11本

はい。まあ危険なクラブを抜けば、アンフォーストエラーは起こりにくくなります。上手く行けばパー、上手く行かなくてもボギーで収まります。確かに3Wが打てたら気持ちいいです。最高です!!年に一回ぐらい凄いショットが打てます。うまくなるとその頻度が上がりますが・・・

3Wって何が危険なのかというと大きく分けて2つ

  • ミスした時に怪我が大きい
  • ミスしやすいシチュエーションで使うことが多い

問題なのは1つではなく2つであること まず詳しく書いていくと・・・

ミスした時に怪我が大きいこと その中身ですが

  • 曲がり幅が大きい
  • 飛距離の落ち込みが大きい(最大と最小の差)

グリーンに届くということは、手前、左右、奥のハザードに入りやすいです。

210ヤードガッツリ飛んでくれることもありますが、ボールの手前を叩いて5ヤードとかいうこともありますよね。この差が最大なクラブなわけです

そしてコレ!

ミスしやすいシチュエーションで使うことが多い

グリーンから遠い位置で、待つことが多いのです。それはトップスタートで前の組がいない状況ならコレはかなり減ります。でも前、後の組が居ると

前の組が遅いとイライラする。いちいちプレーの遅さが気になる。

後ろの組が自分と同じような、イライラしていると思うと焦る。

(あんなとこから乗るかよ!とか、どうせ届かないんだから刻めよとか。思われているとか)

自分軸のメンタル強い人はそんなこと思わないかもしれませんが、T島はヘタレの中のヘタレですが、後ろの組がメッサ気になります。

そんなプレッシャーの中で、ナイスショットが打てるというのは素晴らしい技術とメンタルでしょう。自分はイケてると思っていないと無理です。

そういう人のために、以前は4Wや3HLなどを勧めてきました。

確かに15度のロフト角に+2度ぐらい増えるとかなり楽になります。それが5Wの18度、19度ぐらいになるともっと楽になります。

でもマーク金井は気持ち良くフェアウェイウッドを抜きました。これはドライバーでのティショットの距離のコントロールが上手く出来るようになったこと。つまりティショット用の3Wなどが不要になったこともありますが、地面から打つ最大飛距離のクラブをアンフォーストエラーがもっと出にくいクラブに限定したのです。

マーク金井が選んだクラブは21度のUT

マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

T島は7Wです

まあUTでも7Wでもいいんですけど、好きなクラブでどうぞ。富士見高原は打ち上げがとにかく多いので、高さが欲しいので7Wなのかな あと7Wが好きなのもあります。

そしてアプローチに何を使うかも以前書きましたが、できるだけロフトが立ったものから考えていくほうが、フェースに当たりやすい。T島はパターでのアプローチが得意。実は58度とかで上げるアプローチばかりやってきたのですが、最近は封印してピンチのときしかやりません。

えーっとアプローチはSWと決めている人が多いですけど、いつもSWを使っているなら52度とか50度を多用してみる。52度ならPWをつかってみる。と言うのがおすすめです。

どーしてもSWというなら54度ってとっても便利で、T島はたくさん持ってます(知ってますよね(汗))

こんなのとか・・

 

 

そして塚田好宣プロも54度入れてました(私がブログで54度良いすよって書いてたからと言われました。今は抜いてるのかな??)

ってことで・・カッコいい 54度たくさんありますが

えーっとこちらでしょう!皆さん mmウエッジですよ。ホント良いウエッジ

えーっと 危険とわかっているなら、近寄らないようにするだけでいいわけですが、人は危険なものに惹かれるわけで、練習してなんとかしたいという欲もうまれますが、危険とわかっているなら対処法があるわけで、皆さんも色々と試してみることをオススメします

ということで、また金曜日に



1 2 3 4 5 6 84
▲ページのTOPへ戻る