アナライズstoreblog

カテゴリー: 調べてみました

2018年11月12日最新パター計測器でT島のパッティングを丸裸。

ゴルフのない週末だったT島です。日曜日は女子から男子ツアーそして、AXNでトリックを観つつ、おしりドリルと左の回旋を何度も何度も繰り返しておりました。

あっそうそう額賀プロ優勝してよかったですね

今年からでしたっけピンの契約となって・・

使っているドライバーはG400LS-TECでしたね。シャフトは三菱ケミカルのTENSEIのホワイトに見えました。もう一度買おうかなと思うアホなT島でした

G400シリーズですが、まだまだ中古では高値安定。2017年発売なのにG400LS-TECは、3万円後半が相場、2018年発売のテーラーメイドM3-460ドライバーと同じぐらいですね。キャロウェイのローグシリーズも同じぐらいか、少し高めとなっております。この流れで行きますと、来年の2月、3月にはモデルチェンジですよね。(ピンはいつだろ、ピンは1年周期じゃないんですよ)

ということでT島は、この辺のドライバーを断捨離しておくことにします。

土曜日は、マーク金井パッティングセミナーの撮影。マーク金井、パターは決して下手ではないですが、セミナーするほど上手くはないと思います。しかし上手くはないけど、上手くなりたいので、いろいろなところへ出向いて様々な情報を仕入れ上手くなりたいと努力するわけです。

だからこうやったら良くなったというのをセミナーで発表しています。

ぶっちゃけオリジナルなことは特に無いです(汗)でも、面白いと思いますので是非動画アップされた際には観てくださいね。今週の後半にはその一回目がアップされると思います。(編集のことを考えると気が重いです)

さてこのパターセミナーの前にT島は、パターの勉強に行ってました。

虎ノ門にあります。ヒルズゴルフアカデミー、こちらにパットビューでと言う設備があります。なんとアジア初だそうです

プロジェクターでターゲットラインと、ラインが表示されます。(タッチに応じてでます)すげー設備です

こちらでパター解析ツールの説明会というか体験会がありました。パター解析ツールといえばサムパットラボと言うのが有名です。キャロウェイの日本本社でもサムパットラボでフィッティングしています。

あと以前紹介しました。神田のアークテックゴルフさん

恵比寿にある

にもありますね。恵比寿のパットラボにもあります。恵比寿にはサムパットラボだけでなく、パッティング転がり計測器とC’スイングもありましたね。

サムパットラボは素晴らしいのですが高価です・・・はい軽自動車1台買えます

しかし、あたらしいコイツ。キャプト君!

こちら↑このセンサーとタブレット端末(iPadとかですね)やpcがあれそれだけでOKです。サムパットラボに比べると設備自体は非常にコンパクト。そのため、インドアだけでなく、実際のコースのグリーンに持ち込むことが出来ます。

高精度のセンサーを9つ使ったハイテクセンサーでパターの動きを1/400 秒単位で計測 できるそうです。このセンサーは写真のようにシャフトに取り付けるのですが、重さは63グラム。

重っ

と思ったでしょ。サムパットラボのものよりは10グラム近く軽いんだそうです。全く気にならないか?と言ったら・・・うーん全くというほどではないですけど、まあ気持ち悪いというほどでもないです。

これをターゲットラインに合わせて、ボールを数球打つと

16項目のデータを収集してくれます

  1. フェース角
  2. シャフト角
  3. ライ角
  4. angles(ってなんだっけ?)
  5. 横のヘッド軌道?
  6. 縦のヘッド軌道?
  7. ヘッド軌道の傾向?
  8. パットのプレーン
  9. パットのスイングアークの半径
  10. ボールの打ち出し角
  11. エネルギー効率
  12. ローテーション
  13. インパクト時の打点
  14. 手の使う量
  15. 手の震え量
  16. Accelerations?
  17. リズム
  18. テンポ

あれ18もあるね。まあよくわからない数字も多いです。日本語化してほしいですわ。今回の説明会&体験会には、ツアー6勝のレジェンド 天沼知恵子プロ、ツアーコーチやらレッスンスタジオ経営している石井忍プロ、なども参加されていて、ご自身のストロークをチェックしてました。

すごく面白いですね。T島も診断してもらいました

えーっとデータはかなり良かったです。

石井忍プロ曰く『雑味のないパッティング』

とお褒めいただきました。特にパッティングのリズムはとてもいいそうです。これはですね、清永先生のおかげです⇩コチラを読んでね

パターに悩んでるなら、『真っ直ぐ思考』は危険よ

石井忍プロも天沼知恵子プロも、T島のストローク 褒めていただけました。そう肉眼で観ていてる限り何の問題もないということでしたが・・・・

このCAPTO君・・T島の問題点をあっさりと見つけました(汗)

それは

HANDLING

Trembling

かなり手の動きが大きいのと、Trembling!インパクト時の手の震えです。手の震え???ストローク中は震えていないのに、インパクト時に震えているそうです

つか震えって何よ!(お爺さんか)

プレッシャーが掛かると震えるらしい。まあ後ろで石井忍プロやレジェンドの天沼プロに顔見されたら手も震えるだろ!!! ってそれってどうやったら治るの??

手の動きが大きいですが、プレーンの視点は体感部分にあるので、そんなに悪くないと思います。T島の場合はトゥ寄りでヒットしているので、エネルギー効率が良くないみたいです。だから慣性モーメントが大きいパターが合うとかフィッティングにも使えます

詳しいデータをメールしてくれると言いつつ、SさんはT島以外の人の写真ばかり送ってくれたので、まだまだよくわかりません(汗)

石井忍プロと、帰りの電車が同じだったんですけど、『肉眼でチェックしてもわからないことが、データとして明らかになるというのは、やはり大切なんで、導入しようかな』なんて言ってました。

お値段ですが40万はしませんって感じらしいです。石井忍プロのように、ツアーコーチや、レッスンスタジオをやっておられるなら買おうかな!と思えるかもしれませんが、個人となるとなかなか厳しいですね

しかしサムパットラボよりは全然安いわけで、室外でも使える点が素晴らしいです

ということでパターセミナーの動画を楽しみにしてくださいね

そしてアナライズのセミナーですが12月分は11月20日に募集を開始するようです

(一般の方はプライム会員のセミナー申し込みが終わってからの募集となるので、発表時にすでに満席のセミナーがあるかもしれません。ご容赦下さい)

ではまた水曜日に


 


2018年11月10日UTとアイアンの境界線と、おしりと左腕頑張りませんか?

こちら追加生産決定

と言っても早くて3月ぐらいじゃないかなぁ〜(1月と言う話もありますが多分そんなわけ無いと思う。すいません予約受け付けてません。大丈夫です次はそんなに早く売り切れないと思います)

昨日も、練習場でmmアイアンをガッツリ打ってきました

ホント打ちやすいアイアンですね。T島的にはmmウエッジからの流れが綺麗につながる9番,PWが超いい感じと思いました。まあ長くなるとグースが気になる(あまり使い慣れていないもので)T島ですが、徐々に慣れてくると思います。

こちらのアイアン6番までしか作っていないのですが、それより上の番手はユーティリティを入れて欲しいですね。

たまたまですがGDOさんの連載でこんな記事を書いてみました

ヘッドスピードが速すぎる人は、ボールが上がりすぎると言うかもしれませんが。アイアンは6番までで充分ではと常々思っています。マーク金井も5番アイアン入れてません。アイアンは6番から、だからmmアイアンも6番まででオプションでも5番アイアンなんかありません。

5番アイアンという存在自体、マーク金井に忖度されたわけです。まあT島は6番さえも抜いてしまいましたが・・・(30度のUTを入れてます)

27度UT(30度もですが)アイアンっぽく打ちたいので、アイアンと同じシャフトを入れることをお勧めしてます。とは言えT島ですが、以前使っていたアイアンと同じシャフトであります。MCIブラック80が入ってます(汗)

もうこれで慣れちゃって・・・もう変えられない1本になってます。今のアイアンに入れている

USTマミヤのATTAS・FF85にリシャフトするのか躊躇ってます。別に1セット作るかなとか思ってます。

ヘッドスピードが速い人でアイアンが好きならアイアン型UTを

まあそうでない場合は、ウッド型UTのがやさしいっすよ!

アナライズ マジックマリガンUT ヘッドサイズが絶妙です(PR)

昨日のブログ・・・

森守洋プロがシェアしてくれまして、T島嬉しいです。世が世ならヒデキカンゲキ位の勢いであります。人見知り同士仲良くしていただければと・・・

ということで、ヒントを戴いたので練習熱が高まるわけで・・

自宅でこちらを取り組んでおります。左の回旋ばかりに目を向けていたT島ですが、最重要課題は現在

おしり・・・

まずこのポジションに竪琴を持っていって

おしりを動かして打つ

⇩クリック ゴルフの竪琴

こちらのパイロンセットがあれば練習できるんで、お持ちでない方は是非。

あとボールを打つ時に、このおしりのポジションを作ってみてください。

T島↑マーク金井がこの動きをやっていて、『何やってるんだろ?』と思ったのですが、やってみると、インパクト時にこれぐらい”おしり”が見えてないとダメなことがやっとわかりました。あのマジでやってみてください。

ええ?

ってぐらい骨盤は打ち出し方向を向きます。この感覚のズレをまず感じて欲しいです。でないと、おしりの習得は難しいかもしれません。ここが肝かもしれませんぜ!!

あとこちらお尻セミナーみてね

このセミナーで、アナライズの廊下に出て、おしりを壁に付けて打つ練習法が紹介されています。プロギアさんの教本では、おしりの位置にキャディバッグを置いてキャディバッグを押すという練習方法が紹介されていましたが、このセミナー動画では壁を押します。

プロギアさんはおしりということばを使わず

骨盤を開く

という表現をしますね。

なかなかこのポジション作るのが難しいんです。(マジ)

そして作ってみて

えええええ・・・

と思ってほしいんです。この動きだけで、アプローチを打つのもいいでしょう。それができると確かにフィニッシュの時のクラブの収まりが違います。まだアイアンとアプローチしか打ってないけど、他のクラブ打ったらどうなるんだろうね。怖いけどゴルフに行きたい。

んで、左の回旋というか、左手首の山をキープする練習ですが、やっぱりアプローチかなと・・・

⇩今季のChoice グリーン周りは僕らのパラダイス ショートゲーム天国だそうです

んでこの記事、ロフトを立てながらインパクトって、この回旋の動きですよね?

と思って、本文を読んだら解説は、森守洋プロだった(汗)なんか、色々調べるとこの方が出てきますね。人見知り同士だからか??

 

骨盤を開くとか、回旋のタイミングを早くとか、いきなりやっぱりフルショットは難しいし、ヘッドを回しながら、骨盤を開きつつ、この腕の動きのアプローチやってます。いやー芝の上からやりたい。1日中練習できるとこ無いかなぁ

何とかマスターしたいですよね。

ってことで また月曜日に


←クリック


2018年10月27日ゴルフの歴史に触れていろいろ思い出した

YouTube アナライズチャンネル 新しい動画を配信開始

ぜひご視聴ください


昨日グリップの記事を書いたら、グリップを揃えたくなったT島です。

T島以前は、T島グリップというの作ったんです。好きだったなぁあのグリップ・・・しかしもう無いんですよね ってことでIOMICかな

グリップを変えると気分一新する感じがしますよね

今日はゴルフの予定だったのですが、雨予報だったのでやめておきました。グリップでも掃除することにしましょう。練習場にも行きますかね。

明日はゴルフできるといいなぁ(ゴルフ場がいっぱいで予約が取れない)

昨日は、ゴルフジャーナリストの大先輩である三田村昌鳳先生のお話を拝聴しました

日本ゴルフジャーナリスト協会主催の勉強会です。

タイトルは「国内男子ゴルフツアーに再び活気は戻るのか?~AONの凄さから改めて考える必要とされるスターとは?~」

●国内男子の試合数の推移
●国内男子ツアー、女子ツアー試合数の推移
●国内男子の賞金額の推移
●改めて振り返るAONの強さ
●バブル崩壊以降にあった主な出来事
●20年前から同じスポンサーの試合数は?

というテーマでした

ご存知のように男子ツアーはバブル時期から比べると、半減とまでは行きませんが今年が25試合、20年前から同じスポンサーの試合というのは10試合だけ・・・それももっと減るのではないか?と言われています

コストがかかる上に、あまり効果もないという大企業の評価。三田村先生は、逆に25試合でよく収まっている、10試合ぐらいの規模が適正ではと言われました。

トップダウンでトーナメントを開催するよりも、地元の人が『わが町のトーナメント』と応援したくなるようなトーナメントを地味に開催して行くことのが大切だなと思いました。

しかしジャンボ尾崎、青木功、中嶋常幸の話は面白かったなぁ〜、T島がゴルフを始めたのは1987年から1988年ぐらいです。この頃はメタルドライバーを使うプロがPGAツアーに出てきた頃(メタルドライバー自体はもっと以前からからありました)ジャンボは、当時、海外の試合でテストして、日本で使うこととなりました。

これがテーラーメイドのツアープリファードドライバー

当時ジャンボは、ブリヂストンの看板選手でしたが、そのジャンボがテーラーメイドを使ったんです。この衝撃と言ったら・・っていうか、当時テーラーメイドって何よ??って感じだったですが、ここで一気に知名度が上がりましたね

まあ売れに売れたわけです。同時期にピンアイ2が流行っていて、ピンテラな組み合わせがお洒落だったなぁ。あとテーラーメイドのドライバーのおかげで、ドライバーにはカーボンシャフトってのが定着した感じ。昔はドライバーもスチールシャフトが当たり前。T島もテーラーメイドのメタルドライバーを買った時には、スチールシャフト(DG)でしたよ(リシャフトしたけど)

ジャンボの影響力すごかったなぁ

あとP/S(ピッチングサンド)というの発想の番手も、ジャンボがはじめでしたね。三田村さんの話では、『ジャンボ尾崎は、非常にこだわる人、アイアンの番手は何度と決めている』だからPWを寝かすとか、SWを立てて2本入れるという発想はなくP/Sという番手を作ったということらしい。

J’sブランド誕生秘話なども聞けました。役員会では反対意見ばかりで、とりあえず帽子だけ作っていいという許可を得て、帽子だけ作ったら、バカ売れでクラブを始め、ウェア、手袋そして、スパイクレスシューズも・・・

そうです スパイクレスシューズもジャンボ尾崎が流行らせて定着したんですよ。J’sのスパイクレスシューズ買いましたわ〜 それで結婚式行った(汗)

ホントすごかったんです!ジャンボ尾崎の影響力

あと糸巻きボールから2ピースボールに切り替えたのも早かったですね。(もっと杉原輝雄プロは早かったけど)レイグランデWF432ってのが大ヒットして、日本ツアーではこれが流行りました。その流れでニック・プライスが2ピースボールでメジャー制覇。そしてUSツアーの賞金王になりました。タイガー・ウッズまで使うようになりました。これってジャンボのおかげといっても過言ではないと思うケド・・・

タイガー・ウッズが2ピースボールで大活躍したので、タイトリストが奮起してプロV1を開発となり糸巻きボールが終焉を迎えるという流れになりました。

そんなジャンボさんのお話をたっぷり聴けて幸せでしたわ

あと何処のゴルフ場へ行ったらいいですか?と伺ったら

  • 仙塩ゴルフ倶楽部
  • 大みかゴルフクラブ
  • 小値賀島にあるコース(まだあるのかな・・)

だそうです。

  • 仙塩ゴルフ倶楽部は、YouTubeのアナライズチャンネルの生配信、マーク金井ここだけの話で、視聴者の方に教えていただきました。その後メールを頂いて

 

  • 仙塩ゴルフ倶楽部
  • 鳴子カントリークラブ
  • 気仙沼カントリークラブ

この3つ教えてもらいました。宮城行かなきゃね〜

あと三田村先生、フレループを買っていただいたのですが。

翌日に届いたよ!

と褒めていただきました(汗)土日は発送お休みですが、平日ですと在庫あればササッと発送します(時間にもよるけどね)

←クリック

三田村先生のお話、面白すぎてなかなかまとめられない

次回はちゃんと聞いてブログに書きたいと思います

ではまた


シャフトタビライザー

ぶっちゃけフッカーには効果がありますが、スライサーには弱いかな

ということでまた明日


2018年10月20日プロ支給品ってやっぱりイイの?

YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR


今、プロ野球はCSの真っ最中ですね。T島的には、CSって要るの?と思います。せっかくペナントレースで優勝しても、日本一を争う日本シリーズに出れないなんて、おかしいです。広島カープは日本シリーズの出場権を獲得したようです。

おめでとうございます

T島は広島出身です。45歳までほぼ広島におりました。ということで『カープ優勝おめっでとうございます』とよく言われます。『あっスイマセン阪神ファンなんです』というとシラケます。広島にはカープファンしかいないと皆さん思っているようです。今はカープファンの比率が非常に高いと思いますが、T島が子供の頃にはカープファンというのは結構少なかったです。

代表的な例で言えば、T島が小学校の時に巨人のV9時代でした。優勝が決まる試合がデーゲームで、担任の先生に『テレビで見せてくれ』と教室のテレビで巨人優勝のシーンを何度か観ました。担任の先生が熱狂的な巨人ファンだったわけではありません。それぐらいクラスに巨人ファンが多かったんです。

まあテレビアニメも、巨人の星、侍ジャイアンツと巨人ばっかりでしたし・・・

ところが中学1年の時に、昭和50年赤ヘルブームが来ます。広島東洋カープの初優勝です。その時にクラスの巨人ファンはほぼ90%カープファンになっていました。T島は、『ち!寝返りやがって、一生忘れないぞ』と思って現在に至ります。はい 初優勝するまでは、広島で一番人気だったのは巨人です。赤ヘルブームを子供の頃に経験したカープファンは、元巨人ファンの確率が非常に高い! カープカープと言ってる50歳代の人の半分、もしかしたら元巨人ファンかもしれませんね

T島は、ずーっと阪神でしたが、ずーーーーと強くなくても応援してます。いやー強い球団を応援してるやつは、弱いとこをバッシングするわけで・・T島まだ根に持っておりますよ。しかし赤ヘルブームは凄かった。T島でも応援歌を覚えました。赤ヘル数え歌とかってのもあったなぁ。

しかし現在の若い人、というは広島の人はやっぱりカープファンが多いのでしょう。日本シリーズでも頑張って欲しいと思います。いや弱い球団を応援し続けるとバッシングが凄くって・・・チっとか思っているだけで・・・にわかでも、ライトなファンでもいいんですよ。寝返ってもいいんです

何の話やねん・・・ スイマセン

そう言えば・・・最近、ある特定のメーカーが好き!というゴルファーをあまり見かけなくなった気がしますね。T島がGDOブログをやっている時には、ミズラーとかタイトリスターなどのメーカーが好きな人が多くいました。

なんか少なくなったなぁって気がします。

T島はある特定のメーカーが好きということは無いです。自社工場で、すべての部品を作り、自社で組み立てるメーカーというのは、無いんじゃないかな〜 まあグリップなどは、グリップメーカーから購入するわけで・・・

日本では、本間ゴルフさん、YONEXさんなど、シャフトは自社で作っているし、自社工場があるし、自社比率が高いメーカーかと思います。

 

イマドキのクラブメーカーは、商社みたいなものです。ヘッドは中国か台湾のヘッド工場に頼み、シャフトは大手シャフトメーカー、そしてグリップはグリップメーカー。組み立ては、組み立て業者と・・・

そんな話を聞くと、メーカーにこだわるって ちょっと虚しい気がしますよね。でもでももちろん、皆さんがこだわるロゴがバーンとついてるわけでそのコダワリもわかります。

プロ支給品がオークションに流れています。これは、プロゴルファーから流れているものはごくごくごく少数です。メーカーがヘッドを発注した業者が、様々な工程を経て、そのチェックする業者など流通していく過程で、流れていくと推測されています。

つまり偽物かと・・・

自社で全部やってれば、偽物の発生はほぼ抑えられるでしょう。ブロ支給品が素晴らしく飛ぶのか?と皆さん幻想を抱くと思います。T島もプロのクラブなどを見せていただいたり、実際に打ったり、持っていたりします。

すげー飛ぶわけではないんだなぁ〜これが・・・

ルールギリギリにしている!などという都市伝説もありますが、最近は市販品がかなり攻めています。ギリギリなものが増えているわけで、ルール規制がありますからプロ支給品が、マン飛びって可能性は少ないです

それよりも感覚的なところが違うことが多いです。まず顔、そして音、同じヘッドのはずなのに小ぶりに見えるという特別なヘッドも中にはあります、でもそれが飛ぶのか?と言われると、ルール規制がありますから・・・

まあ、テーラーメイドさんのツアーバンなど、プロ用に特別な番手などありました。でもそれに大金を払う価値があるのかというのは疑問です。もちろん好きな人はどーぞどーぞと思いますけどね。

実はシャフトも支給品、特別なものなどいろいろあります。この重さなのにXがあるとか・・・シャフトも相性だしね

市販品と顕著に違うのは、ウエッジかなと思います。それぞれのプロのためにカスタマイズされているのです。そのプロの打ち方に合わせてカスタマイズするわけで、その人には『よくなった〜』と思うカスタマイズは一般的には、『お助け機能が減った』ということが多いです。

プロは技術を駆使して100点のショットを打とうとする。当然100点狙うにはリスクがあります。我々は道具に助けられて70点でもいいんじゃないかと思うんです。

そもそも、オークションに出ているプロ支給品が、もしプロから流れている本物だとしても、必要なものを流したりしないでしょ?要らないから手放したわけで・・

そんなプロがダメ出ししたものでいいの?って・・・T島は思います

⇩こちらお求めやすい価格で、75点のショットがリスク無く打てることを狙っています

←クリック

プロ支給品って憧れます。カッコいい!!けど、最終的にはカッコいい球を打ちたいよね

ということでまた月曜日に


 

YouTubeのアナライズチャンネル
新しい動画を配信開始

おしりでスイングが変わる!!おしりセミナー②回めです

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

ドラコンのプロのほとんどが手元にウエイトを配するカウンターウエイトにしているんです。ドラコンプロはルールギリギリ一杯の長さ48インチ弱にしているんです。手元のウエイトが長くすると効きますから!!!

そして

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

ということで、お試しいただければと思います

 


2018年10月19日なんとなく今さら聞きにくい、ロフト角、フェース角ってなんだっけ

YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR

ぜひご覧ください


おはようございます。グッと寒くなってきましたね。最近

この2冊の本で、オオォォォと思って

このプロギアさんの教本で、更に詳しいディティールが理解できるようになりました

とくにLEVEL3でここまでやらないといけないのか!!!! ということを感じることが出来ました。(悩んでいる方、この本を買ってLEVEL3の章をチェックしてください)

加えてこのおしりセミナーの動画です

はい、おしりセミナーも2回目が公開。これ編集するの大変なんですよ。”打たずにいられない”の5倍ぐらい時間がかかります。1作5倍なんで、トータル15倍ですね。アクセスは、打たずにいられないの方がガッツリ来ます。でもねぇ〜 皆さんに観て欲しいわけです。

このおしりセミナーとフレループセミナー、ほんと観てほしいと思います。まあ内容が最初から決まってないので、どういう展開になるかわからないので、いきなり廊下に出たりすると音が悪くなってしまうんですけど・・・・(スイマセン)

ということでT島、スイングする度に????って感じになっております。ということで、練習場に行ってチェックしつつ、ドリルを日々やっております。

あの・・皆さん頑張りましょう!きっと超えられますって

まだの方・・とりあえずフレループ買って取り組んでみませんか・・・

←クリック

ということで、コースで試してみたいんですけど、ちゃんと当たるんだろうか????非常に不安でございます。明日ブリック&ウッドにお邪魔するんですが、不安だらけです(泣)いや実は楽しみ・・

ゴルフクラブを新しく買ったときもそうじゃないですか? T島は練習場にあまり行きません(最近行ってますけど)なので、クラブを投入する時、コースでいきなり打つということが多いです。すごく楽しみだけど、すごく不安という感じです。

でも大体すぐ打てるんです。

というのも・・・

例えばドライバーを購入した場合。まず計測します

ロフト角

ロフト角は、いわゆるロフトです。『なんだよそんなのヘッドに書いているじゃないの〜』と思っている方が多いと思います。はい書いています。その書いてあるロフトのことを表示ロフトと呼んでいますが、実際に計測したロフト角と実は差があります。

この実際に測ったロフト角をリアルロフトと言います。残念ながらゴルフクラブのカタログ値には、誤差があります。この誤差を減らそうと思うと、精度が求められますから、必然的にお値段が上がるでしょう。

T島はこのリアルロフトがどれぐらいだったら自分にピッタリかな?っていうのを把握しています。10度〜10.5度ぐらいだと求める高さになります。これがわかっていると、クラブを変える時にとても楽です

フェース角

そしてフェース角。フェース角というのは、フェースがどっちを向いているかという数値です。この角度が右を向いているとプラスの数値となります。つまりフックフェース。この角度が左を向いていると、マイナスの数値。つまりオープンフェースです。

人間の目には、−0.5度ぐらいがスクエアに見えるようです。T島はフッカーなんで、オープンフェースのが安心感があります

このフェース角と、ロフト角、カチャカチャで変えることができます。でもね

  • ロフト角が増える方向に調整すると→フェース角が増える(クローズになる)
  • ロフト角が減る方向に調整すると→フェース角が減る(オープンになる)

連動して動きます!

残念ながら単独では調整できません・・・

これは個体差がありますから、ノーマルポジションでのフェース角、オープン角をまず知って欲しいのですけど、一応目安です。

  • スライサーは、ロフト角小さめを選ぶ。するとロフトを増える方向に調整して、フェース角、クローズに調整できる。
  • フッカーは、ロフト角大きめを選ぶと、ロフトを減る方向に調整してフェース角をオープンにして使う。

注意してほしいのは、最初のノーマルポジションでの角度が大切ということです。基本的に外ブラのアスリート向けヘッドは、ノーマルでフェース角がかなりオープンです。だからロフト角小さめを選んで、オープンにして使うということがT島は多いです。

例えば、ピンのG400LS-TECドライバー、10度を買いましたが、8.5度にしておけばよかったなと思って買い直したいな〜とか思っています

8.5度を1度ロフトを増やすと、フェース角は1度クローズになる計算だからです

うーん欲しいな〜

あとヘッド重量を必ず測ります

よく雑誌にヘッド重量が書いてありますが、これはスリーブ込みの重さです。ヘッドは最近外せるので、料理用の秤でも測れますよね

スリーブは大体どこのメーカーも7グラム弱であることを覚えておけば、スリーブなしのヘッドの重量に7グラムをプラスして、大体のヘッド重量がわかります。

T島は198グラム〜200グラムぐらいのヘッド重量が好みです

最近のアスリート向けドライバーは200グラムを超えるものが少なくないので、ウエイトをアマゾンで探して軽くしたりします。

ちなみに女性は190グラム前後がよいかと・・長尺にするなら195グラムぐらいがいいなぁ(これはT島的目安です)

ということで、この数値がわかっていれば、いきなり使ってもあまり変な球は出ません。シャフトが変わるほうが怖いですなぁ〜

ということで、今日は、今さらなんとなく聞きにくい、ロフト角、フェース角、ヘッド重量について説明してみました。

ってことで、また明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

ドラコンのプロのほとんどが手元にウエイトを配するカウンターウエイトにしているんです。ドラコンプロはルールギリギリ一杯の長さ48インチ弱にしているんです。手元のウエイトが長くすると効きますから!!!

そして

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

ということで、お試しいただければと思います


1 2 3 4 5 6 111
▲ページのTOPへ戻る