アナライズstoreblog

カテゴリー: 調べてみました

2019年01月16日ビギナーがダブルボギー以下で抑えるシンプルな方法&スキーを買ってゴルフの将来を危惧する

えーっとPXGの新製品、ようやく正式にリリースされました

はい!日本のリリースはいつなんでしょう?早く発売してほしいですね

マーク金井は世界で一番速いインプレしてます

さてT島ですが、スノーボードに行ったという話を書きましたが、スキーを再開します!!!というのも、T島がやっておりますスノーボード、アルペンというハードブーツを履いて滑るのですが、かなり体力的に厳しいわけです。まあ滑っているときはいいのですが、誰かを待つときも、座り込まないと行けないし(足が固定されているので)、ゲレンデからゲレンデを移動したり、滑っていない時スノーボードというのはかなり大変です。ストックがないんです。

スキーをどう選ぶか?ということになると、まあ商品知識が全く無いという話を以前書きましたね

スキーを買いに行ってゴルフのハードルの高さを実感

ということで、まあ素人が考えてもろくな事はないので・・T島やマーク金井がゴルフシューズのインソールを作ってくれました、FOOT PRO STATIONさんに相談することに・・・⇩ゴルフのインソールを作った記事はこちら

T島的クラブオブザイヤー2017ボール編&インソール良いっすよ!

こちらですね、そもそもスキーやスノーボードのインソールを作ってくれるお店。っていうか 東京神田に沢山お店があります株式会社ドリームゲートさんのインソール専門店なわけです。他にもFUSOスポーツさん、Aspenさん、Vailさん、F・JUNKさんなどのショップを展開してます。

どうせやるなら妥協してはいけません。ゴルフクラブを売り払いスキー一式揃えました。一番妥協してはいけないのが靴でしょう

FOOT PRO STATIONさんは、ブーツチューニング&インソールのスペシャリストです。今期大活躍の鬼塚雅さんもこちらでチューニングしています。

まずインソールを作ります

そして、シェルごと足に合わせます

T島ガスキーをやっている頃、スキー靴が足に合わずに痛いという理由で、スキーを辞める人がいました。っていうか、FOOT PRO STATIONさんに行く前に大手スキー量販店に行ってみたのですが、靴をイロイロ履いて足に合うかチェックしている人が沢山いました。こちらでは足のサイズを図り、正しいサイズに合った靴を持ってきて、靴を足に合わせてしまうわけで・・・

合わないわけがない・・痛いわけない

というシステムなわけです。

しかし、T島がFacebookでスキーを買ったということを書いたら、反応がすごかったんです!皆さん

昔は2メートルの板に乗ってましたとか、このメーカーの板に乗っていたとか・・・たぶん皆さん、お上手だったようですが、コメントいただいた10人ぐらいの中で今スキーをしている人は、1名(汗)

みなさん、スキーが楽しかったのに・・今はスキーをしていない・・ つまり離脱率が高いと言うことです。まあスキー場はゴルフ場より遠い、クルマが必要で雪対策も必要。天気に左右される。ゴルフよりも遥かにハードルが高いと言えます。

皆さん離脱されたので 今、スキー場は結構空いてます。昔のようにリフト待ち30分、1時間ということはありません。

ゴルフも離脱率が高いんですよ。

10年後、ゴルフを再びはじめますって書いたら、皆さんテーラーメイドM5をつかっていた、いやキャロウェイでしたとか・・・なんてコメントが入るのかな?? なんて考えるとゾッとします。

T島のまわりにも、まだまだゴルフに悩んでいる人が多くいます。T島自身も悩んでますね。どーしてスカッとしないんでしょう!!!ゴルフって!!!!

特に、最近ゴルフが楽しくなったという人。最近良くラウンドします。ゴルフをやろう!と思って、始めるんですけど練習はあまりせず、ゴルフネットワークを観てなんとなく、今度やってみようとか・・・ やっぱりですね 練習してください。自宅でゴルフの竪琴とか、フレループとか振るだけで違います。

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

YouTubeのアナライズチャンネルのセミナー動画も観てほしいっす。でもやっぱり練習しないんですよ。

T島的には、まずは楽しくなってほしいわけで、スコアはいくつでもいいのですが・・やはりダブルボギーよりもボギーのが嬉しいし、パーのが嬉しいですよね?

そういう小さく打数が減ると、ベストスコアが更新されていくわけです。

ビギナーがダブルボギー以上のスコアを減らすにはどうすればいいでしょう??

その1 ティショットは平均飛距離が一番出るクラブを使おう!!!

PAR3以外のホール、ティショットはドライバーと決めている人が95%ですよね。たぶんドライバーはちゃんと当たれば、14本持ってきてるとすれば、その中で一番飛ぶはずです。しかし平均飛距離となるとドライバーが一番かどうかは疑問でしょう。特にビギナーは、まずはティショット問題を解決したいと思うでしょう。

7番アイアンが一番オススメです。でも・・なかなかPAR3以外では持てません。T島は100を切るのが早かったのですが、ティショットは4Wと決めていたんですね。ドライバーよりも全然簡単でソコソコ飛んでスライスしにくかったわけで・・・

ホント、バンパースチールなどを使ってみてほしいんです。

 

一応ドライバーだし・・・まあルール的には問題があるのですが・・T島が作ったこちら、パーシモン的スチールシャフト装着ドライバーこんどビギナーに打ってもらおうかな〜なんて思ってます

ほんとドライバーへのこだわりを無くすと、グッとティショットの安定感が増すと思います。

2打目は、いつも同じクラブでイイです。7番アイアンとか、ロフトの大きいUTとかがいいですね。同じクラブを打つことで安心感があります

3打目、グリーン近くから、とにかく乗せてください。ぶっちゃけパターでもいいですよ。ほんとパター最強です。少々のラフでも使えます。パターが嫌なら練習してください。ランニングアプローチなんか覚えやすいはずです

パター、とにかく2パット狙いですよ

  • ティショットは安定感のあるクラブで!(ドライバーに限らない)
  • 2打目も自信のあるクラブで!
  • 3打目以降はパターを多用する

やっぱり、アプローチとパターは練習しないと上手くならないのでがんばりましょう

アナライズですが、もうすぐ冬のスチール祭り開催します!!!ビギナーの役に立つクラブがお得な価格で買えますのでよろしくおねがいします。


こちらでスイングのレベルアップを!

←クリック

レディース用も販売開始しました

おまたせしました〜

フレループにレディースモデルが登場。

 

 


2019年01月11日スキーを買いに行ってゴルフのハードルの高さを実感

寒い日々が続いております。

今日はテーラーメイドの新製品発表会 が楽しみになT島です。

ああああ

ゴルフに行きたいわぁ〜と思いつつゴルフの予定がないT島です。明日は今シーズンはじめてのスノボに行く予定です。T島ですが今年はスキーも挑戦してみようかと思っています。

ということでスキー一式を揃えたいと思い相場をしらべに、神田のスポーツ用品街を散策

一番安いセットでは4万ぐらいでそろうかなというリサーチ結果でした。安いドライバーを買うぐらいで手に入るのですが、何故か二の足を踏むT島です(汗)

その心の揺れを今野一哉プロが・・・

4万円のドライバーが飛距離だけでは買わない。投資をすることで得られる情景を総合して価値を決めている(今野一哉いわく)

何で鋭いことを仰るわけです。確かに”ブログに使えるな”とか”〇〇◯のゴルフダイジェストに寄稿できるな”とか、”半年後に売ったら実際は幾らだとか”というイメージがあるわけで、一瞬でポチれるんですよ。

オマケに、これはドコで買うのが安いとか、ドコで売ると高く売れるというのを知り尽くしているわけで

でもスキーって、売れるの?(意外と売れます)とか、そもそも商品の価値が一切わからないので・・・

全くイメージが無い人には霧の中の影に金を払うみたいなもの(笑)(今野一哉)

と原因を分析してくれました。T島もなるほどと思ったわけです

人は決断する時

  • 促進
  • 継続
  • 保証

この3つを条件として考えると言いますが。T島がドライバーを買う場合それが瞬時に浮かぶわけですよ。しかしT島がスキーを始めようと思った時に、どれも浮かんでこなかったわけです。スキーをやってみたいという促進条件がありましたが、継続するのか?つまんなかったら、スノボに戻るのかとか・・その買うのものの価値がわからないのに、投資して良いのかという保証する知識がないわけで・・・

ゴルフの初心者もクラブを買う時に、そんな不安になるんだろうな〜 なんて思うんですね。初心者向けクラブってのは、パッと見てもなんとなくかっこ悪いし、それ買って何だこれはなんて言われるのは嫌だし・・・

 

うぉおおおお 

なんてゴルフってハードルが高いんだ

使えるのかどうかわらん、価値がわからない。

T島もよく。一式揃えたいのですが・・・と友人より相談を受けます

これほんとぶっちゃけ面倒くさい。友人なので1円も抜かないボランティアなわけで・・・最近はGDOの中古クラブのURLを貼り付けて『これ買え』と直接買わせるんですね。やはりまずは中古を勧めます。

今は初心者用セットというのが減りましたが、まずこれは中古市場の確立と、マークダウン市場が出来上がったためかと思います。といいつつこの初心者セットって意外と売れているようです。マーク金井も作りたいと言ってます

まずはコレ

バンパースチールでしょう。1Wはこちらで決まり。ルール違反がいやだったら

マジックマリガンFWの3+にスチールでも良いでしょう

それに24度もしくは27度のマジックマリガンUT

今はありませんが、mmアイアンの7、9、PW

そして

mmウエッジ 54度

パター

この7本で充分かなと思います。

うーんやっぱりUTは24度じゃなくて27度かな?

T島ですが、バンパースチールを試しに打って、これは良いわ!!と思ったんですけどね。このスチールシャフトと言う発想。凄く面白くって、これって冬のドライバーにピッタリかと思ったわけです。

冬用ドライバーというと、良く振れないからシャフトを軽くしろとか、フレックスをやわらかくとか、ゴルフ雑誌に書いてありました。

マーク金井は、”シャフトは重く”といいます。それは手先で振れずにシャフトの重さというか・・冬は身体が動きにくいから、クラブの重さを利用してスイングしろと言います。

T島は 、12月の風の強い日にバンパースチールを打ってもみて思いました! 長さは43インチと短いのですけど、当たりが強くいい球がでました。クラブの重さを利用する感覚というのがよくわかりました。

ということで、広島に帰省した時に、広島の中古ショップ レプトンゴルフで

買ったのは五日市店ですが・・

名器ヤマハインプレスRMXツアー

昨年も谷口徹が使ってました。でもなんとかプロトなんてメーカーさんは言ってましたね。歴代良いドライバーを作っているのでプロもなかなか変えないのだなとおもってます。かといって最新モデルが悪いわけでは決してありません!!!最新のRMXっていつか買おうと思ってタイミングを逃しているT島なんですよ。

なかなかご縁が無いだけでして・・

えっとこのインプレスRMXツアーを選んだ理由ですが、まずは重心距離が短いことでしょう35.8ミリと短め、重心角は18度どと小さめです。ヘッドをターンさせやすいヘッドですね。いい顔してます!マーク金井はまだ持ってますし、T島も使ってました

このヘッドに、島田ゴルフのウッド用スチールシャフトを入れました。

総重量は

348グラム

長さが

43インチ

バランスは

C4.5ぐらいっすかね

振動数254cpm(このシャフトの硬さはR)

んでセンターフレックスは3.88

振動数のわりには、センターフレックスがやわらかいです。全体がしなってタイミングが取りやすいですよ。

ちょっと打ってみたらいい感じでした。コースで試したらまたレポートします

ではまた明日。


マーク金井打たずにいられない

おそらく世界最速試打動画

PXG0811X GEN2ドライバー

こちらでスイングのレベルアップを!

←クリック

レディース用も販売開始しました

おまたせしました〜

フレループにレディースモデルが登場。

《レディースモデル追加!》

商品仕様
長さ:39インチ
総重量:525g
シャフトカーブ:800r(半径80cmの曲線)

重さは変わらないのですが、長さが1インチ短くなってます。これだけでかなり違いますよ。レディースだけ注文してもらっての取り寄せになるので、発送までお時間いただきます。よろしくおねがいします。


2018年12月21日スチールシャフトブーム?迷走するT島&2019年ゴルフルール改正 ここが大切22回目

アナライズの年末年始の営業のお知らせです。

年始は7日から営業ですが、発送が殺到すると思われます。ご注文の順番に随時発送していきますので、恐れ入りますが少しお時間下さい。


おはようございます。なんだかんだとバタバタのT島です。もう12月21日ですよ奥様!明日から3連休という人も多いでしょう。T島は仕事しつつ飲み会などが入っております。マーク金井は最近忙しそうで、倒れるんじゃないかと心配しております。マーク金井が忙しいと、マーク金井を取材しないといけないT島は、スケジュールを押さえるのがとても大変になるので、仕事の段取りが大変なのです。

風が吹けば桶屋が儲かると言いますが。T島は特に儲かりません(汗)

そんな中、T島も妄想をブログに書いた。アナライズマジックマリガンFWの3+を

スチールシャフトにしたらどうなるんだろう??ってヤツです。これぞルール適合で、パーシモンの螺旋的進化と言えるクラブなんですよね

そうそうにマーク金井が試作していました

これは良さそうですね。ドライバーが苦手な人にピッタリ。Iし川遼プロいかがでしょうか?? まだ長さなど試行錯誤しますので、販売は来年となるんじゃないかなぁ〜

はい2019年ゴルフルール改正。ここが変わるぞ!!ってやつももう22回です

2019 年規則変更点の解説

規則 17 「ウォーターハザード」に代わる「ペナルティーエリア」の概念

現在の規則:規則 26-1 は、球が「ウォーターハザード」(黄色で標示)や「ラテラル・ウォーターハザード」(赤で標示)の中にある場合に罰ありの救済を認めています。

 これらのハザードは水があるか、水が出てくる可能性がある区域に限定されています。それ以外の区域は、たとえプレーを妨害する類似の物であるかも知れなくてもウォーターハザードとして標示することはできません。

 通常、ウォーターハザードが基準として考えられています。ラテラル・ウォーターハザードは規則26-1b に基づいてウォーターハザードの後方に球をドロップすることが実際的でない場合にだけ使用されることになっています。

2019 年規則:新規則では、「ウォーターハザード」は「ペナルティーエリア」と呼ばれる拡大された概念に取って代わります。そしてこの規則 17 は現在の規則にもある同じ基本的な救済の選択肢を与えます。

 ペナルティーエリアには(1)規則の中で現在、ウォーターハザードやラテラル・ウォーターハザードとして規定されているすべてのエリアと(2)委員会がペナルティーエリアとして定めることを選択した他のエリア(ガイドブックの中で規定される推奨されるガイドラインがある)の両方を含みます。

 したがってペナルティーエリアは、例えば、砂漠、ジャングル、溶岩地帯などを含めることができます。

 2 種類のペナルティーエリアはマーキングする色によって識別されます。レッドペナルティーエリア(今はラテラル・ウォーターハザードと呼ばれている)とイエローペナルティーエリア(今はウォーターハザードと呼ばれている)です。委員会には、ラテラルの救済が常に受けられるようにすべてのペナルティーエリアを赤としてマークする裁量が与えられます。

 「ハザード」という言葉は、新しい規則ではもはや使用されません。

JGAWEBサイト、2019年ゴルフ規則 主要変更点の解説より引用

はい。ウォーターハザードというか、ハザードという表現は一切使われなくなります。ペナルティエリアだそうです。お水がなくても砂漠でも、溶岩エリアでもOKです。溶岩?そんなに日本に無いでしょ?と思う方 群馬県の吉井カントリークラブに行けばあります。

今まで

  • ラテラルウォーターハザードだったのは→レッドペナルティエリア
  • ウォーターハザードだったのは→イエローペナルティエリア

となります。

そして大切なことが・・今までラテラルウォーターハザードは、対岸での救済というのがありましたが、今回の改正で無くなります。この変更は、上級者も戸惑いそうですね

さて先程も書きましたが、今、アナライズではスチールシャフトブームです。T島のクラブセットですが、今ウエッジとパター以外はカーボンシャフトとなっています。理由は簡単です、T島左肘を痛めやすいからです。冬場に練習すると肘が痛くなりやすく、その予防のためにウッド、ユーティリティ、アイアンとカーボンシャフトにしています。カーボンシャフトはインパクト時の衝撃をやわらげるんですよ

今回のスチールシャフトブーム。マーク金井はウエッジまでカーボンシャフトのはずです。(最新のmmアイアンに何を入れたか覚えてないけど)

こういう方、世界で一番やさしいドライバーや、先ほど紹介した現代版パーシモンドライバーなどに抵抗があると思います。T島もぶっちゃけ、世界で一番やさしいドライバーをコースで試打する時に、次の番手を打つ時に違和感があるんじゃないかな?なんて思っていたんです。

しかし・・・

コースで打ってみたら、全く関係なかったです。

その理由をT島なりに分析してみると、その理由

長さだと思います

今どきのドライバーは、45インチでも短いぐらいですよね。外ブラのヘッドの重いドライバーでも、45.75インチとか(60度計測法ですから45.25ぐらいかな)2インチ変わると凄く変わりますよ。実は世界で一番やさしいドライバーを打ってから、かなりの衝撃を受けておりまして・・・

今使っているドライバーを・・・43インチにしてやろうかとか・・43はみじかいな44インチぐらいでどうよ?とか妄想が止まりません。幸いなことに今どきのドライバーはカチャカチャですから、フェアウェイウッド用のシャフトなんか入れれば、一発で43インチちょっとにはなるわけです。

例えば・・・重心距離が短い ドライバーを43インチで使うとどうなるか??

とにかくドライバーを短くしたくて仕方がないわけです。そのときにカーボンなの??もしかしてスチールなの??なんて妄想が止まりません

っていうか・・スチールシャフト入れてみたいわけです。ではスチールシャフトのフィーリングはどんな感じかと言うと、振動数の数値は高いのですが、振ってみるとしなりを感じます。Rシャフトぐらいになるとインパクト後の『ぼよーん』という感じがなんとも心地よいです。

じつはマジックマリガンUTも新しいシャフトをテストしています。こちらのシャフトも試打しましたが、凄く良くてビックリしました。タイミングが取りやすいんですよね。やっぱり飛距離的にはカーボンですが、安定感というかインパクト感はこの島田シャフトのスチールが良かったです。当たりが厚い気がします。

こちらも来年にはマジックマリガンUTのシャフトラインナップに加わる予定です。

27度、30度のマジックマリガンUTに特にオススメ⇩クリック

アイアンもスチールにしようかなぁ〜 なんて思って迷走気味のT島でした


こちらでスイングのレベルアップを!

←クリック

レディース用も販売開始しました

おまたせしました〜

フレループにレディースモデルが登場。

《レディースモデル追加!》

商品仕様
長さ:39インチ
総重量:525g
シャフトカーブ:800r(半径80cmの曲線)

重さは変わらないのですが、長さが1インチ短くなってます。これだけでかなり違いますよ。レディースだけ注文してもらっての取り寄せになるので、発送までお時間いただきます。よろしくおねがいします。


2018年12月07日これがマーク金井最近お気に入りの練習器具だ!&2019年ルール改正ポイントその14

まだ手首が痛いT島です・・・

試打クラブを返却するために、ライ角お戻そうとうっかりFOURTEENの、ライロフトゲージを痛めてる左手で持ち上げて、ギャーーー となりました。はい ヤバかったです。

昨日は、車の雑誌の取材をうけました。

クルマがある生活的なことだと思うのですが、カメラマンの方がゴルフのお仕事もやっていて、変わったクルマに乗ってる人に声を掛けてるようで、T島の登場となりました。

うちの車かわいいな(親バカ)

その後アナライズで動画撮影を、『マーク金井の打たずにいられない 撮るから来て』ということで撮影に行ったら、試打クラブは『赤羽に忘れてきた・・・』とのことでしたが、予定通り無事2本撮影してます。

さてこちらですけど

2019 年規則変更点の解説

8.1 パッティンググリーンのプレーの線に触れること

現在の規則:規則 16-1a では、プレーヤーの球がパッティンググリーンにある場合、

 そのプレーヤーは自分のパットの線に触れることを一般的に禁止されています。

 しかし、7 つの例外規定があります(ルースインペディメントや動かせる障害物を取り除く場合、 球を拾い上げ、リプレースする場合、ボールマークを修理する場合など)

2019 年規則:パッティンググリーンでプレーの線に触れることの禁止は廃止されます。

 パッティンググリーンで単にプレーの線に触れたことに対してもはや罰はありません(「プレーの 線」という言葉はパッティンググリーンを含め、コース上のすべての場所に適用します。そして 「パットの線」という言葉はもはや使用されません)。

 しかし、パッティンググリーンの自分のプレーの線を改善することについてはまだ違反となりま す(規則 8.1b により制限されている通り、8.1a 参照)。

これですね、キャディさんが狙うラインを旗竿でトンとやったりしてもペナルティなわけですよ。ずっと何だよそれ!って思っていたのです。おかしいですよね!こういうルールが嫌いでね。疑わしいだけで有罪!みたないのが・・・ 推定無罪の原則が無いは日本だけかと思っていましたが、ゴルフルールもそうですな。いやだんだんそうなっていったのかなとか思います。

紳士のスポーツ ではなく、あまりにひどいので紳士らしくしなさい というのを曲解して紳士のスポーツになったんじゃない?とT島的に解釈してます。試合などで、ペナルティを課して相手を蹴落とす的な人っているんだ。と思ったことあります。

しかし、こんな理解しがたいルールも変わります。もちろんプレーの線を改善したらダメですよ。

はい!!先日ですねこちらのブログでご紹介しました練習器具

ビバ衝動買い!&2019年ルール改正その7

こちら アナライズでも販売することが決定しました。今ページを作ってます

早々にYouTubeのアナライズチャンネルの動画、練習器具ミシュランで紹介しました

こちら軽い棒状の練習器具を速く振ることで、自分のリミッターを外すという練習器具です。T島もこれはエエわ!とおもいました。

動画を観てもらたらわかるように、かなりしなります!このシナリ感が絶妙です。あとですね。動画にもあるように

これはおしりセミナーで詳しく説明しているんですけど、セミナー動画観ていただくと判ると思いますが、スイングする時に気合が入ったら、おしりがボールに近づく動きになるんです。

おしりが近づくとどうなるか?

  • インサイドアウト軌道が強くなる
  • ダフりやすい
  • チーピン、右プッシュアウトがでる

などの問題が発生します。

トライワンスーパーファストフレックスこれに効きますで!

更に

しなり感を覚えつつボールが打てるのはこちら・・

イージーフレックスEF009、EF009SW

です。こちらは、シャフトのしなりを覚えるために作られています。柔らかいシャフトを振りながらボールを打つと、シャフトのしなるタイミングでボールを打つしか無くなって、力任せに振れなくなるので、自然とスイングがキレイになります

シャフトのしなりの習得、切り返しのタメを覚えたい人は是非こちらを!

そしてこちらの練習器具ですが・・・名前が判明!!!

スキルズ ゴールドフレックスと言う商品だそうです

これはさらに、おしりが前に出る、先端が重すぎてちゃんと振れないという。かなりの強制力を持っております。これではヘッドスピードは速くならないとおもいますが、おしりの動きが良くなって、スイング軌道が変わると思うんです。

トライワンすばらしいのですが、こちらも練習器具ミシュランでやってほしいな〜と思うスグレモノでございますよ!!!!

ということで、練習器具って何となく楽しいっすね

ではまた明日



2018年12月03日米ツアーの選手に、ルール改正について聞いてみたよ

こちら、12月開催分、空きがあるセミナーありますのでチェックしてみてください⇩クリック

YouTubeのアナライズチャンネル。新しい動画配信開始

パターセミナーの最終回です


えーっとこのブログが公開される頃は、日本へ帰る飛行機の中で爆睡しているはずです

前回は、近くのホテルに止まってイベント会場へ向かうと言う感じでしたが、今回はゴルフ場の中に缶詰にされていて、イベント数が多くて疲労が倍ぐらいに感じています。オーナーのボブパーソンズにインタビューしたら、昨年プレゼントしたこちらを飾っていると言ってくれたことです

今回のプレゼントもとても喜んでくれました。

皆さんもお気づきだろうと思います。わざわざ世界中からメディアを集めているのだがなんかあるんだろ?って。なんか出るんだろ!って! なんか凄いのでますよ奥様!!!

ということで、それは書けないので とりあえず 2019年ルール改正 ここが変わるよ 奥様 (毎回タイトルが違う(汗))言ってみましょう

2019 年規則変更点の解説

10.1 ストローク中に偶然球を複数回打った

現在の規則:プレーヤーが 1 回のストロークを行っている間に偶然に複数回球を打った場合:

 球を何回打ったかにかかわらず、プレーヤーは行ったストロークに追加して1 打の罰を受けます。

 その球はあるがままにプレーします。

2019 年規則:規則 10.1a では、プレーヤーのクラブが 1 回のストローク中に偶然複数回球に当たった場 合:

 罰はなく、球はあるがままにプレーします。

 球が動いている間にプレーヤーが故意に球を 2 回以上打った場合、そのストロークをカウントし、 さらにそのプレーヤーは故意に動いている球の方向を変えたことに対して規則 11.3 に基づく一般 の罰も受けることになります。

JGA2019年ゴルフ規則 主要変更点の解説より引用

今までは、フェースに何回当たるか?という打つというとこを観ていましたが、ストローク中にと言う概念がつかわれるようになりました。あたろうがあたるまいがストロークをするわけです。その時に原因はどうあれ意図的ではなくボールにフェースが当たってしまうこともありますが、意図的ではないと 1ストロークとみなされるだけです。明らかに意図的だと罰ですのでご注意を

2019年ルール改正についてブログに書いていると関心が高まります。そうなると聞いてみたいもので・・・・今回、アリゾナに来てPXGの契約プロに直接話しを機会がありました。10分しかインタビュー時間がなかったので、通訳も入るし突っ込んだ話はできませんでしたが・・・・

ライアン・ムーアさん

ライアン・ムーアですよ!好きですよ!だから靴とか真似したりしてました。インタビューしたんですが、場所が二転三転して、なんだかご機嫌斜めな感じ。というか真面目な方なんでしょう。ZOZOで日本で試合ができることは当然知っているし、今まで中国、韓国、シンガポールなどでプレーしてきたが、日本は行ったことがないので行ってみたかったとのことです。来てほしいなぁ〜

2019年ルールに関して言えば、これで自分のプレースタイルが変わるということはないが、進行は確実に早くなるし、ルールによる救済というより現状は、ペナルティを貸すこと、複雑にやってはいけないことを作って罰を課すと言う部分が改善されるのでそこはとてもいい。と言う話でした。

リディア・コーさん っていうか どっちも写真ちゃんと撮ってよ(泣)やっぱり自撮りのがいいかもって思いました(泣)

リディア・コーは、日本にしょっちゅう来ていて日本大好きと言ってました。ヘッドカバーは日本のファンが作ってくれたのよ〜と嬉しそうでした。T島が作っていったPXGのタオルも、ラブリー!と気にいってくれました

日本のコースはトリッキー、でもグリーンはどこも素晴らしいと言ってました。

2019年のルール改正は、シンプルになってとてもいいと思う とこのこと。ゴルフのルールは複雑だから難しいゲームと思われていたけど、シンプルになってわかりやすくなると思うって言ってました

パット・ペレス

は、ラウンド中なのであまり詳しく聞いていないけど、シンプルになってとても良いんじゃない?って、プレーが遅いやつは〇〇○だからいいじゃないか!とファンキーでした。

あと

『タイガーとミケルソンのマッチ観た?つまんなかったろ?俺みたいな適当な奴をださないと面白くないだろ!!』

なんてことを言ってましたよ

あとPXGのデザイナーである、マイクとブラッドにクラブ設計に影響はあるのか?と聞きましたが、無い!とこのこ パターは?と言ったら、PXGのパターは調整できるので大丈夫とのこと

日本のツアープロよりも、PGAツアーのプロは、シーズン中に変更になるので、なんかルールについても勉強していると言う印象でした。日本の男子は4月、女子は3月ですから、PGAツアーを観てからどうするか考えることができるからでしょうかね??

なんか理解度が全然違う印象でした。

ということで

水曜日は日本からお送りします



1 2 3 4 5 6 114
▲ページのTOPへ戻る