アナライズstoreblog

カテゴリー: 調べてみました

2019年11月11日スナッグゴルフ楽しいですよ。

おはようございます。すっかりと秋が終わっていきそうです。T島はというと週末は、セミナー動画の編集に没頭。まだ少し時間がかかりそうですが、水曜日ぐらいまでには公開したいと思い頑張っております。

えーっと金曜日は、T島が愛してやまない志摩シーサイドカンツリークラブへ行ってきました。福岡の僕の友人たちはシマシーと呼んでいます。

なんと素敵なコースなんでしょう!!

こちらのブログに書いたように

ZOZO効果?中古ショップでパターを物色するT島

んで、↑コレを書いた時にパターが絶好調だったですけど、1mのパーパット打つ前に『ナイスボギー』と言われてその後同じ距離4回ぐらいはずして、パターがやばいことに・・・ということで、スパイダーX欲しいわ

他にもいろいろな事件が起こりましたが、またこれはFacebookにでも書きます

さて皆さんスナッグゴルフってご存知でしょうか?? スナックじゃないですスナッグですよ。

T島が以前、一緒に本を作ったことがある今野一哉プロが、スナッグゴルフの館を東京都江戸川区平井にオープンしたというのでこの機会に体験してきました。

今野一哉プロは、いろんなところでレッスンをしてたんですが、自分で始めたのがスナッグゴルフのスタジオだったので、最初驚きました。T島ですが、パークゴルフはやったことあるけど、スナッグゴルフはやったことなかったんです。

なぜ・・スナッグゴルフ?

とぶっちゃけ思ったんです。そしてなぜキッズ?? そんな思いを胸に、キッズゴルフスタジオに行ってみました。

やってみたら・・・

これってゴルフじゃん!!!

と驚きました!(やってる写真が無いよ)もう打ってみると、ゴルフなんです!なんかスナッグゴルフという言葉で、ぶっちゃけ子供の遊びなんじゃね?とかネガティブなイメージが無かったわけではないのですが、実際プレーしてみると、コレって、限りなくゴルフに近い。いやゴルフだよね と思いました

スナッグゴルフJAPANのウエブサイトを拝見すると・・・

スナッグゴルフとは

スナッグは、元PGAツアープレイヤーのテリー・アントンとウォーリー・アームストロング によって6年の歳月を費やして開発されました。教える者、学ぶ者の両方にとって「やさしく」「正確に」「どこでも」「だれでも」ゴルフの基本を学ぶ事ができ、また教えることができる用具とプログラムの開発をコンセプトにして用具開発に4年、プログラム作成に2年を費やし2001年米国PGAショウ(世界最大のGOLF SHOW)で始めて発表されました。

スナッグ(SNAG)の意味は、Starting New At Golf(ゴルフを始めるために)の頭文字をとったものです。もう一つ、スナッグで使用するターゲット類はすべてボールがくっつくようにデザインされています。SNAGとは、「くっつく」という意味がありますので、この二つの理由から「SNAG」と命名されました。

スナッグはゴルフの基礎的な要素を全て持ち合わせており、ルールはわかりやすく、広さの限られた場所でも充分に楽しめるスポーツです。スナッグの用具やプログラムには、ゴルフの基本技術であるフルショット・ピッチショット・チップショット・パッティングそして“コースプレイ”を「楽しく」「正確に」習得するために、様々な工夫が 施されています。また、プレイや練習を通してゴルフの「マナーやエチケット」を学ぶことができます。 スナッグは、初心者にとってゴルフを学ぶための「ゴルフの入り口」となるでしょう!!

日本にはパークゴルフ、グランドゴルフなど、~~~ゴルフと呼ばれるものが多くあります。これらのスポーツとスナッグの大きな違いは、前者はゴルフのような、またはゴルフに似たスポーツであるのに対し、スナッグはゴルフの基本を学ぶために開発され、ティーショットを打ち、アプローチをして、パットをする風景は「ゴルフ」そのものです。そしてプレイや練習がゴルフ場や練習場だけでなく、校庭や野球場、サッカー場、体育館などどこででも、子供から高齢者まで3世代が、またゴルフ未経験者から上級者まで気軽に安全にプレイできるスポーツが「SNAG」なのです。(スナッグゴルフJAPANのWEBサイトより転載)

だそうです。Starting New At Golf つまりゴルフを始めるため。ゴルフを始めるための第一歩的に開発されたそうです。略すと本来の意味が薄くなってしまうのがもったいないぐらいゴルフでした。

まず道具が良くできています。ボールはテニスボールより一回り小さくて、ゴルフボールと同じ重さだそうです

ジャックバニーさんも注目していて、道具を作ったりしています。

フルショットとアプローチ用、そしてパター用、この2本です。

ヘッド大きいです。ボール大きい。ティアップして使います!! ヘッドがデカイ、FP値がでかい!変わった形状ですがとても良くできています。シャフトはレジン感があるカーボンシャフト。なんかホンマのバイオレットシャフトみたいな感じ。

これですね。子供さんがやるの楽しいと思います。ゴルフの基本が覚えられるはずです。っていうか、そのあと普通のゴルフクラブを持っても違和感なく始められるはずです。T島もすごくハマってしまい。すごく発見がありました。

T島、シミュレーションゴルフよりもスナッグゴルフのが好きです・・楽しいっす

お子様をお持ちのゴルファーの方、まずはスナッグゴルフをやってもらうのはどうでしょう?一緒について行って、打ってみたら”コレはいい”と思ってもらえるでしょうね!ゴルフの弱点もしっかりスナッグゴルフに引き継がれますんで、子供さんをスナッグで遊ばせつつ、お父さんは今野一哉に相談すると、スナッグゴルフでアドバイスしてくれるかも?

まじ!スナッグゴルフ恐るべし!!

お子様を連れて是非訪れてください 楽しいですよ! ゴルフ人口が減っているのでゴルフ業界では色々な試みをしています。大きな団体もゴルフ人口を増やそうと言ってますが、なんかモヤッとするんです。でも小さいことからコツコツではありませんけど、ゴルフを身近に感じさせるスナッグゴルフのスタジオを作っちゃうって凄いことだと思います。T島も何もできませんけど、クラウドファンディングで気持ちばかり応援させていだきました。頑張ってほしいと思います。

T島は、何の影響力もありませんが、ゴルフの楽しさを伝え、小さなヒントなど見つけてもらって、ゴルフから離脱する人が一人でも減らせれば嬉しいと思っております。業界を変えるとか、大きいこと言っても出来ることは限られています。小さな一歩が大切です。

スナッグゴルフの道具がもう少し短いなら練習器具として最高だな!と思ったんですが、ちょっと長いです。まあ地面から打つのでしかたないですね。ヘッドの重心距離が長いので右に出やすいですが、イマドキのシャットフェースを覚えるにはとってもいいです。

室内ではこちらをお使いください・・

アナライズのスーパーシャット君

こちらとパイロンボールをセットにして、練習するのっていいです。やっぱり大きいボールっていいですね。練習にはとっても!!!!

スナッグゴルフ同様、よろしくお願いします

ではまた水曜日に



2019年11月03日フィッティングも大切だけどセッティングも大切

えーっと振替休日ですね

T島は、長野県の富士見高原から戻って、セミナーの撮影をして

夜は・・・生配信です

11月4日21時から、マーク金井の生配信 マーク金井ここだけの話 やります! 是非ナマでご視聴ください

この間 ZOZOやらいろいろとありましたね。タオル事件とかも・・・はい、T島も思うところがありますが、言いません。当事者じゃない人が、勝手に騒いで、お騒がせしてるんだから謝れってのは、どーかと思います。関係者各位に誠心誠意お詫びをすれば良いと思うわけで・・

それ以前に、タオルがなくなる問題とか、そもそもストレッチするスペースの問題とか、そちらを論議すべきかな と超私的に思います。

さてマーク金井がどんな話をするか?

11月4日 21時ですよ!お忘れなく

金曜日は、塚田好宣プロと飲みました。塚田プロはシニアツアーに出てます。シニアツアー楽しいようです。主題曲が大ヒットした映画をAmazonプライムでフットルースを観たら面白くて、ストリート・オブ・ファイヤーとか観たと言う話から、映画とその主題歌、挿入歌の話となり盛り上がりました。

塚田さんが50歳、T島56歳、T島友人が55歳なので、同じ映画と音楽をリアルタイムで観ていたので、トップガンやらネバーエンディング・ストーリーやら、愛と青春の旅だちなどいろいろ出てきて

じゃ 歌いに行きますか?

というのでカラオケへ、塚田さん行きつけの新橋のイナックへ(田舎のスナックみたいな店)そこでは30代のサラリーマンが、米津とかあいみょんとか、結構上手い集団が幅を利かせており、ちょっとここでフットルール(ケニー・ロギンス)とかハードルが高いぜ・・・

だってケニー・ロギンスとか、キーが高すぎて声出ないし(汗)と悩んだ末にネバーエンディング・ストーリーのテーマを歌いました。リマールなら歌えると思ったのですが、よく考えたら一人で歌う歌でなく、女性の高い声が必要で裏声で歌ったけど撃沈でした(泣)

ということで、面白かったです。んで朝起きて 富士見高原ゴルフコースへ

今ゴルフ場は一番キレイな季節

えーっともう冬の気配ですね。えーっとすでにゴルフ場はこんな感じ。と言っても標高が1350米もあるのでそんなもんでしょう。T島の大好きな秋が短かったなぁ。週末は台風や豪雨だし・・・

っていうか、もうすぐスキーシーズンですねぇ T島はスキー場のシーズン券を申し込みました!しっかりと冬の間に、シャローイングを覚えようと思います

前回も重心位置の話をしました。勉強会の時に松吉さんに、

『ヘッドは何でもよくて、シャフトで性能が決まるのではないか?』

という質問をされた人がいらっしゃいました・・・上級者にありがちな質問に感じました。結局はシャフトだよ! 以前にもT島このブログに書いたことあります。

シャフトってダイナミックゴールドって30年ぐらい売ってわけで・・・この動画でもT島喋ってますが

シャフトメーカーのカタログを観ていただくとわかりますが、10年前のシャフトが平気で載せてあります。最近 松山英樹がシャフトを最新のグラファイトデザイン ツアーAD XCに変えましたけど・・・それまではツアーAD DIを使っていました。このDIってもう10年近く販売してますし、まだカタログに載ってます。

カタログに載ってるということは、最新モデルと同じく42000円で販売しているわけです。まだまだ売れるという判断ですよね

シャフトというのは、スイングに与える影響がすごくあります。スイングに特徴がある人は、シャフトの特性がすごく影響します。シャフトを変えただけで、チョロ連発したりすることもあります。ゴルファーの性能を5%しか発揮できないのか99%なのかという時にシャフトとの相性がわるいと、5%があるよっていうのがシャフト選びの恐ろしさなんです・

とは言えマーク金井の試打を間近で見てると、シャフトに合わせて振るので、重ささ変わらなければ、データがほとんど変わりません。ビックリするぐらい変わらないです。スイングに癖がある人は極端にシャフトとの相性がでますので、ヘッドよりシャフトだろ!ということになりやすいです。

ヘッドの重心位置というのも、飛距離に影響を及ぼします。特に最近は慣性モーメントというキーワードがよく出てくるようになっていますね。松吉さんによると、重心位置によって、シャフトの挙動に影響を与えるので、このシャフトなら大丈夫というのも、少し変わる可能性もあるとのこと・・

とは言え・・ ここ10年のヘッドの重心位置の平均をチェックするとあまり変化はないんです。その中で、以前浅重心が流行ったり、深重心が流行ったりと、極端なスペックだったりすると、今まで気に入ってたシャフトが アレ?ってことになるようです。

可能性としてあるのは・・・

重心距離長く、重心深度深い ヘッドに入れて ”いいねコレ!”というのを、重心距離が短く、重心深度が浅いヘッドに入れると、アレ?となるとか・・・

いま欠品しております。島田ゴルフのスチールシャフトをドライバーに入れるという・・

こちらですが・・T島が散々テストしてみました。テーラーメイドM3 460ドライバーとか、ヤマハのいろいろなヘッドにいれてみたけど⇩

最新のRMX220ドライバーよりも、RMXツアーやRMX116との相性が良かったです。やはりそもそもこのシャフト、フェアウェイウッド用なんで、重心距離や深度が、極端に長くないほうが良いみたい。(やっぱり・・・)

結局RMX116ドライバー+島田スチール に加えて、グリップ側とヘッドの位置関係がわかりやすいように(振り遅れ度の把握)グリップ側にシャフトスタビライザーを入れて使ってます。

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。

皆さんピンG410が良いんですか?とかテーラーM5ですか?とか聞かれます。どのモデルを選ぶかというフィッティング的なことに非常に熱心があるんですけど

例えばT島が、キャロウェイ エピックフラッシュサブゼロ 10.5度なら欲しいけど、9度は要らないとか、そういうセッティング的なところにあまり目が向いていないような気がします。

どのロフト角を選ぶ?

このシャフトの何グラムのものを選ぶ?

そしてその硬さは

という部分がかなり性能を発揮するのに大切なポイントなんです。マーク金井が10年以上連載しております ゴルフダイジェスト・オンラインの連載

マーク金井の試打インプレッション

こちらの連載では、データ計測しています。ここでチェックしてほしいのは、数値と表記のズレです。ロフト角が表記は10度だけど、リアルロフト角は9.5度しかないとか・・・

このシャフト(R)表記だけど、極端にやわらかいとか

  • リアルロフト角
  • フェース角
  • 重心角
  • シャフトの振動数
  • センターフレックス
  • クラブ総重量

に注目してもらうことで、自分のセッティングの基準が見えてきます。重心位置はもちろん大切ですが、まずはこのスペックの理想的なところを把握してもらうことが、大切かとおもいます。

これって目安で0.1度単位であってないとダメとか そういうものではありません。厳密であればそれで全てが救われるわけでもありません。(適当よりはいいですよね)

ということで、また水曜日

生配信お忘れなく!



2019年11月01日「松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?」と言う勉強会に参加した その2

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”バンカー脱出”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


もう11月ですよ と驚いているT島です。なんと月日が立つのが早いことでしょう。11月と言えばこちら!!!

もう11回 凄いすでにゴルフの祭典ですよ、T島的にはジャパンゴルフフェアよりも楽しい ゴルフショップマジック大試打会っす!

今回は、親族のお仕事がありまして伺えません。皆さん絶対行ったほうが良いよ!新しいシャフトもクラブもガンガン打てますぜ! リサオのお絵かきLIVEも特別価格!!!楽しそうだぁああ

えーっと T島もYoutuberとしてコツコツとやっております。新しい動画アップされています

まあまだ チャンネル登録が79人なんで、Youtuberを名乗るのはおこがましいんですけどね。1000人超えるのはいつだ??って感じ(泣)ゴルフYoutuberのマーク金井の撮影をしましたが、やっぱりモノが違うと言うか、滑舌がいいと言うか。(まあスタジオでの撮影ですんで声も張れますけど)素晴らしいなと思いました

ってことでこちらマーク金井チャンネル 新しいセミナー動画公開しています

切り返すなという・・『切り返しセミナー』

是非ご覧ください こちらもチャンネル登録よろしくお願いします

えーっと前回の続きです

「松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?」と言う勉強会に参加した

えーっと松山英樹が金メダルを取るためのドライバーについては書いていません。これ実はマーク金井も同じようなことを言ってたんです。松山英樹が長い間使っていたZR30や、グレートビッグバーサなどと全く同じものを、渡されてもたぶん使わない。それはどうしても『なんか違うな』とか『前のが良い』と思ってしまうからです。

違うメーカーなら、面影を追わない。新しい提案を受け入れやすいじゃないかと、効くところに寄ると松山英樹プロは強い信念をお持ちだそうです。(まあ頑固と言う表現もありあますが)ちゃんと言語化して、作り上げるスタイル。作り手と使い手がお互い進化するドライバーを作ることができれば、いいんじゃないかなぁ〜

現時点のとっかえひっかえは、プラスに作用しないという意見でした。

松吉さんが言われたことで印象に残ったのは、

『プロやハードヒッターは小さいヘッドが合うというのは、ほんとうなのかな?』

という点です。ヘッドが大型化していく過程、パーシモンからメタル、そしてチタンと大型化していく過程でも、例えばブリヂストン230エイトなどが、丁度いいと言ってました。特に日本のプロは保守的だったですね。

その後グレートビッグバーサが出ても、ビゲストビッグバーサをは使わず。いつもちょっと小さい方を選んで、その時点で『こんなデカイの使えない』と言っていました。テーラーメイドから300ti、340ti、360tiなどが発売されても

300ccとか使えない でしたが・・PGAツアーの選手がバンバン360tiを使っていくと、翌年には、徐々に移行していくという。プロの対応は少しづつ遅れているが確実に対応しているのです。そして、今や460ccのヘッドをほとんどのプロが使っています。まあ440ccとかの人もいます。そんな事書いたら ピンG400はちょっと小さいじゃんとか言うかもしれませんが、重心距離、重心深度、慣性モーメントなど データ的にはイマドキのデータなわけです、投影面積も全然小さく観えないし。

イマドキのドライバーの打ち方とか 雑誌で特集しておりますが、すでに10年前から重心特性や慣性モーメントはほとんど変化がないわけで・・

『イマドキと言われても・・』とモヤモヤされるらしい 

これは、勉強会で聞いた話ではないのですが・・・やさしいウエッジについてです。

『グースネックのウエッジはやさしい これは正解であり不正解なんです』

という話、

『やさしいウエッジというのは、ソールの後ろ側に接地しやすいウエッジ』

と言われました。

『逆に難しいウエッジというのは、ソールの前側、つまり歯で接地しやすいウエッジ』

どういうことかというと、ソールの後ろ側に接地すると、ヘッドは前に進んでくれる。しかし歯で接地するとソールは地面に刺さります。

俗に言う ソールが使えるか使えないか とか バンスが使えるか使えないかってことかと理解しました

『グースネックというのはシャフト軸線上から後ろ側にヘッドがあります。だから構造的にソールの後ろ側に当たりやすい。でもグースネックだからといって、すべてがソールの後ろ側に当たりやすいわけではありません。もちろんストレートネックのウエッジでもソールの後ろ側に接地しやすいものもあります。ソール形状とバンス角が大切なんです』

『グースだからやさしい、ストレートだから難しいという』わけではないということです。

グースはやさしく作りやすいということは間違いないようです。T島ですが、今まではヘッドをリリースしてアプローチしていたのですが、最近は殆どリリースせずアプローチの球筋がかなり低くなりました。リリースしなくなったらグースのウエッジがとっても打ちやすく感じるようになりました。

グースだとリリースが入るとソールの後ろ側に当たりすぎ気がしてたんだよね・・・

ってことで・・・マーク金井からヒントを貰う度にどんどん打ちやすくなるのが・・

このグース感がとってもいい感じ

『今のSWですが、昔はバンカーから出ればいい という役割がメインだったのが、アプローチにも多用されるようになり、アプローチもやりつつバンカーも・・と役割が増えてしまって、選び方を間違える人が多い』

  • バンカーから出すこと
  • アプローチすること

これはSWのロフト選びにも問題があるようで、やっぱり58度でアプローチするのって難しいじゃないですか? 松吉さんのジューシーでは55度を作っておすすめしているのことでした。T島的には mmウエッジの54度が好き

ってことで、色々試して、固定観念を捨てて色々と試してみてください

あっそうそう

GAPK第2回クラブハウストークは 11月25日 永井延宏プロ担当だそうです

ゴルフアミューズメントパーク(GAPAK)へお問い合わせを

では月曜に

 


マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

心地よいスチールのしなり感をお楽しみください↑クリック

 

 

 


2019年10月30日「松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?」と言う勉強会に参加した

マーク金井チャンネル 新しいセミナー動画公開しています

切り返すなという・・『切り返しセミナー』


えーっ 新しいセミナー動画↑公開しています。もうこれが大変、ホント大変なんですが、頑張って編集しました。ぜひご覧ください

切り返しセミナーですが・・・

切り返さないことをマーク金井がじっくりと教えてくれます

はい。切り返さないんですよ!T島もじっくりと取り組んでおります。じんわりとがんばります。えーっと11月のセミナーですが募集を開始しております。

11/4(月祝) 11時00分〜ハンドファーストセミナー 満席
11/4(月祝) 13時30分〜NEO フレループセミナー
11/24(日) 11時00分〜振り遅れセミナー
11/24(日) 13時30分〜アプローチセミナー

皆さんの参加お待ちしております。以前は一瞬で埋まっていたセミナーですが、今はそうでもありません。もしかして、セミナー動画を観て、なんだろよくわからない質問出されて、ちゃんと答えないと、小学生でも答えられるとか、答えられないの?ダメだろ的な場面をみると、怖いなぁと思う人も多いかもしれません。(T島思わず、小学生は答えられないだろとツッコミ入れたこともあります) 最近は募集人数も増えておりますんで、質問も少なめです!!気軽に来て欲しいわけです(汗)物理の公式とか・・ 理系がみんな公式覚えてるわけ無いでしょ(T島も理系ですが、大学で誰もがそんなこと習いませんよね)

そもそもわからないから参加するんですから・・お気軽に!

ぜひぜひご参加お申し込みください。プライム会員じゃなくても大丈夫です

月曜日は、NPO法人ゴルフアミューズメントパーク が主宰する勉強会、「GAPKクラブハウストーク」に参加しました。そもそもゴルフアミューズメントパークをご存じない方がほどんどでしょうから説明しましょう。

ゴルフアミューズメントパーク(GAPAK)

日本のゴルフの魅力をさまざまな活動を通して、ゴルフをされない方やもっとゴルフを楽しみたい方など多くの人々に良きゴルフを伝えることをおこなっています。

という団体です。WEBサイトはこちら↓クリック

関係ないですけど、先日日本オープンを開催した古賀ゴルフクラブのことを、仲間内ではゴルフアミューズメントパークと呼んでました。ゴルフ場だと思うとスゲー叩いてつらいけど、ゴルフアミューズメントパークと思えば耐えられると言う意味でした。ゴルフって、堅苦しいというか、アミューズメントパークな感じがないので、素晴らしいネーミングかと思います。

スイマセン、その勉強会ですね

演題は「松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?」

講師は、GAPK理事のクラブデザイナー松吉宗之さんでし。松吉さんは、フォーティーンで竹林隆光氏に師事し、クラブデザイナーとなり、昨年独立され今は、ジューシーという会社を立ち上げておられます

クラブマニアなら、ジューシー?知ってる!という方もいらっしゃるでしょう。市原広大プロや、今期二勝の浅地洋佑プロが使っているオリジナルウエッジを発売されています。

こちら松吉さんの連載面白いので是非

もう一つ別の顔があります。T島が何度も取り上げておりますゴルフクラシック誌の毎年8月号に付属している重心ハンドブック。こちらの計測を1997年からフォーティーンが担当していたのですが、フォーティーンで実際に計測していたのが松吉さん。退社されてから、計測もジューシューつまり松吉さんが担当しています。

その数2179モデル! アイアンの重心ハンドブックも調べてますので(2086モデル)合わせると4265モデルということになり、たぶんこれはギネスに載ってもいい記録かと思います。

世界一クラブのスペックを知る男

なわけです。T島は、自称ですが日本で一番重心位置にこだわるゴルフライターと思っています。(文句のある方スイマセン。自称ですからお許しください)なので、もう話が面白すぎて萌え萌えでした。

まず・・

クラブの評価基準の単純化を求めすぎ じゃないですかね? と まあ皆さんの興味があるのは

それ飛ぶん? それやさしいん?

という非常に単純なわけです。飛ぶというのには5W2HがあるとおもうT島は、そういう質問されるとちょっとモヤっとします。

  • WHAT
  • WHO
  • WHY
  • WHERE
  • WHEN
  • HOW TO
  • HOW MUCH

これさえハッキリさせてくれれば、答えようがありますよね。SNSで飛ぶん?と聞かれても、失礼ですがどちら様ですか?と言うところから入るしかないわけで・・

もっと評価基準を明確にしていないので迷走してしまうと言う話から、重心性能でクラブの評価をするようになった経緯。というかそもそもパーシモンは重心位置のコントロールという意識があまりなく・・・経験則による顔であるとか、形状によるものばかりだったのが、だんだんソールにバタフライウエイトとか付いて、そして

パーシモンからメタルになり

ヘッドに空洞が生まれる

これにより、空洞化→慣性モーメントが大きくなる。それがドライバーの進化の拠り所となってきたという・・

今まではシャフト軸から近いところに重心位置があるクラブを上手く使えるの上級者だったのが、ここから変化してきたのだそうです。

パーシモンからメタル、メタルが220ccぐらいまで大型化できるようになり慣性モーメントも大きくなってきます。ヘッド体積に一つ0(ゼロ)をつければ、大体の慣性モーメントになると言われていたそうです。

220ccのヘッドだと2200gcm2ってこと ってことは460ccのヘッドだと4600gcm2と、ほぼあってますよね?!

慣性モーメントはルールで規制されているのですが

このグラフ↑芯を外した時に、ヘッドがブレる度合いをグラフにしています。例えば慣性モーメントが1000gcm2の場合は20ヤードぶれていたのが、慣性モーメントが増えると、ブレ幅がどんどん減っていき、4000gcm2を超えると殆どブレ幅が変わらなくなるというグラフです。これは竹林隆光さんがご存命の頃、直接伺ったことがあります。

ちなみにアイアンですが20年前は3000を超えるものがかなりあったそうで、20年前のが進化していたそうです。(慣性モーメントと言う視点ならですけどね)ちなみにピンG410アイアンは3000超えてます。これは軟○鍛○神話などもあり、まあいろいろ理由が推測されるそうですが全部は書けません(汗) T島的にはビッグバーサアイアンなど重心距離が超長く、慣性モーメントが大きそうなのに、実際は2000行ってないとかなんて話を聞くと、T島もまだまだイメージの世界の人なのね と思いました。

アイアンの慣性モーメントですが、平均でいくと1997年の2609gcm2が最大で、2019年は2383gcm2とどんどん減ってます。一番減ってるのが2017年の2341gcm2 あまりアイアンは調べたことがなかったのですが、改めて見ると面白いですね。

えーっと竹林隆光さんを信じてないわけではないのですが、T島思わず質問してみました!慣性モーメントが4000gcm2を超えても効果が変わらないというのですが、2019年になって、2008〜2010年にでてきていた5000gcm2を超える大慣性モーメントのドライバーが再び登場してきましたよ 理由は何だと思いますか?

と聞いてみた

この数値はヘッド左右の慣性モーメントですが、上下の慣性モーメントを増やしているのでは? 上下の慣性モーメントに注目して増やすことで、結果左右の慣性モーメントも増えたのでは?とのこと、あとここ数年の傾向としては、FP値(フェースプログレッション値、シャフトの軸線上からのフェースの位置、数値が大きいほどシャフトよりフェースが前に出ている)がどんどん減っている。(ここ22年の平均では最低値になってます)慣性モーメントが大きいデメリットを消している(インパクトでフェースが戻らない)などもあるんじゃないかとのことでした。

T島も、効果を感じてるのですが、裏付けがあって嬉しい感じです

FP値の平均とかみたことなかったのですが、面白なぁと思いました。これ調べて気がついたのですが、アイアンはここ22年でFP値の平均が一番多いのは2019年なんですよ。グースは売れないという流れなんでしょうかね?

んで皆さんが気になる

松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?

ってやつですが、ここでは書けません(汗)昨日のマーク金井の有料メルマガでは書いちゃったけどね。んで、まだまだネタがあるんでまた続きを書いてみたいと思います。

ほんと面白かったわぁ・・

ということで

また金曜日に


マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

心地よいスチールのしなり感をお楽しみください↑クリック

 

 

 


2019年10月28日ZOZOを観てアイアンについて考える

えーZOZOチャンピオンシップですが!!

月曜日まで試合がもつれましたが、素晴らしい試合でしたね。T島土曜のチケットを持っていたのですが、無観客試合と言う情報を前日に掴んでいましたので、まあ残念でしかありませんでした。現地では無観客試合というのを会場で知ったと言う人がとても多かったらしいです。まあ朝 知ったとか、会場に着いて知ると昇華できないかも・・

T島は、現地のひどい状況をSNSなどで掴んでいたので、まあしかたないね。って感じ 日曜日にこんな記事がアップされて

想像を超えて凄かったようで、有り難い限りです。プレー中も修復していたということなので、お客さんがもし入っていたら、修復作業に支障をきたすはずですから、土曜に2ラウンド目もできなかったでしょう。批判もありますが、興行ですからね

思い起こせばT島が、高校生の頃必死の思いで、ポール・マッカートニーのLIVEのチケットを手に入れ、新幹線のチケットを買っていたのに、空港で大麻で捕まり公演は無くなったという・・・えーっと 新幹線のチケットは払い戻せますし、LIVEのチケットは20年後にヤフオクでスゲー高く売れましたので、今では笑って話せますケド。

そー言えば、数年前のポール・マッカートニーのLIVEも、チケットを手に入れたのに体調不良でキャンセルされたりした(汗) ポールぅ〜(泣)T島の友人は、海外赴任先のベトナムから来てましたが、『残念っす。美味いもの食べます』と言ってました

残念ですが、来年からやらないって言われたら困る 6年間はやってもらえるように応援したいと思います。

えーっと結局22日と木曜日にZOZO行きました。選手のクラブをT島がチェックしておりました。前回のブログではドライバーに注目しましたが、今回はアイアン!! ほとんどの選手が マッスルバックアイアンを使っていましたね。ヘッドがデカイキャビティアイアン使っている人は誰もいません。せいぜいタイトリストのT100的な、複合素材をつかってミスヒットに強くしているけどヘッドサイズが小さいアイアンです。

テーラーメイドのP760アイアン、ジェイソンディとかが使っていました。

このアイアンも結構ヘッドサイズちいさいですね どうして、ヘッドサイズが小さいのか?

  • ラフに負けにくい(ヘッドが小さい方が抵抗が少ない)
  • そして球筋を操りやすい(重心距離が短く、重心深度も浅い)

からだと思います。たぶんZOZOを現地やテレビで観た人ならおわかりかと思いますが、球をめっちゃ曲げています。そもそも ここから狙えるの??みたいなところからボールを曲げて グリーンの乗せていました。

習志野カントリークラブは、ホール間が林でセパレートしていますし、PGAツアー開催コースとしては、狭いと感じました。その日本的林間コースにティショットを打ち込んだ時は球を曲げてターゲットを狙っていました。

練習場でも、球の高低の打ち分けを入念に練習してる選手が多かったです。どの選手も300ヤード近く飛ばせるので、アイアンだって飛びますから、ぶっ飛び系アイアンとか必要ないでしょう。

ドライバーは、重心距離が短く、重心深度が浅いと、芯に当てやすい。慣性モーメントが小さい方がヘッドを動かしやすいので、動かすことに慣れていたらヘッドにボールを当てやすいのです。パーシモンドライバーをアナライズのセミナーで打った人は、みんな振りやすいといいます。

アイアンも同じく、重心距離が短く、受信深度が浅く、ヘッドが小さいと、慣性モーメントは少ないですから、ヘッドは動かしやすく、動かすことに慣れていたら ヘッドにボールを当てやすいし、操りやすいと感じるでしょう。

難しいというのも抽象的な表現ですよね。

  • ヘッドに当てやすいけど、ミスヒットした時のブレが大きい
  • ヘッドに当てにくいけど、ミスヒットした時のブレが小さい

そもそもどっちがヘッドに当てやすいか? ということが一つ。アナライズのセミナーでずっとやっているのは、慣性モーメントが大きいクラブをどう操るのか?という手段。スイング中の慣性の力を使ってボールを捕まえるのか、意図的にヘッドをターンさせるのか?どちらが正解でもなく、それは手段にすぎないのです。

T島ですが、小さいヘッドのアイアンとか、芯に当てやすいと感じます。なのでマッスルバックとか使ってみたいなぁ なんて思うこともあります。このピンのブループリントアイアンとか、打ってみたらバンス角がしっかりついていることもあり、飛距離もそんなに落ちなかったし、かなり好感触でした。

でも、慣性の力を使って打ってる人はどっちでも打てると思うんだよね〜もう引き返せないし・・・

T島的には、ヘッドが小さいから難しいという感じではなくて、芯に当てやすいけど、曲げやすいということは、打点のズレで曲がりやすいよねってのが気になるわけです。もうもう少しヘッドスピードがあったらチャレンジしてみたいんですけどね

で・・・T島的にこだわっているポイント

優先順位はこんな感じ

  1. バンス角がしっかりついていること(角度はともあれバンスが効くこと)
  2. 重心が低すぎないこと(スピンは必要です)
  3. 慣性モーメントが小さくないこと
  4. ヘッドは小さいと不安だけど、大きすぎたらヤダな

と言う結論に達しました。まあでもさあ

ぶっちゃけ↑こういうの使ってみたいですよ。HAYABUSAアイアンも気になるし。

と言う視点で考えると、アイアンはまあそのままでいいなと思うわけです。まあタイガーみたいにボールは曲げて狙いたいですが・・・

はい・・T島も使っております mmアイアンです。アマチュアがシンプルに使うにはコレが良いかと思いますよ⇩クリック

特にソールが上手く使えると、とっても気持ち良いです。↑オススメしたいですぜひクリックしてみてね。T島の優先順位をバランスよく保っています

あっ⇩こちらの動画もよろしく

↑ 是非チャンネル登録いただけるとT島嬉しいです

では また水曜日に


マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

心地よいスチールのしなり感をお楽しみください↑クリック


1 2 3 4 5 6 132
▲ページのTOPへ戻る