アナライズstoreblog

カテゴリー: ゴルフの竪琴、竪琴検定

2017年05月28日脱ゴルフの都市伝説!ダメだったら逆をやってみよう!

オンプレーンセミナーのYoutubeご覧いただきましたか?

リアルタイムでの放送で視聴回数3059回だったのですが(ピークは259人)動画として公開して、今日ブログを書いている時点で6700回弱となっています。この動画ですが、金曜日放送後、開始までの時間、流しっぱなしにしていたのをカットするのと、画質が悪いので画質の改善を行ったのですが、反映されたのが

24時間後・・

配信時間が1時間40分程度だったので、反映に時間がかかるのでしょうねぇ(汗)

イロイロやってみて、イロイロ習得できるわけですねぇ。イロイロ配信したくなりました

昨日は↓特派員としてお世話になっている大蔵ゴルフスタジオコンペ

バタバタ忙しいので、ゴルフしている気分ではないのですが、すっげーいい天気の中ゴルフしました

場所は、フォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブ

素晴らしい晴天で、富士山が良く見えました!!!

ゴルフの内容は全くパターがノー感じで、モヤモヤしてました。途中からオンプレーンセミナーのことを思いだして、やってみるとアイアンとUTでいい球がでるようになりました。このフォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブは、フェアウェイもやわらかーい洋芝なので、ちょっとでも手前からヘッドが入ると、ミスになりやすいのですが、気持よくアイアンが打てました。

わらじのようなターフは取れませんが、ボール先が削れるようになったのです!

人間って、コレをやろう!と思うってやってみると、結果は全く逆であることに気がつくわけです。結果が出ないと、他のせいにする。まあスイングが悪いとクラブを買うということに繋がるわけです。クラブを買いまくっても、変わらないですよね。

まあゴルフだけじゃなくて、人生もそうです

早く気付けよ!

ってことです、自分が出来てないだけなんです。そういう時には、真逆をやってみるのが面白いんじゃないか?!とここ数日思いはじめまして・・・・

ラウンドしながらウダウダ考えていたんですね。

 

ヘッドを上から入れるには?? アンダーじゃなくするには??

↓↓↓

ダウンブローに打て!クラブを立てにおろせ! 

横ぶりじゃなくて縦振り!!

ゴルフの何となく常識と言われているような都市伝説のような言葉ですが・・何となく縦に使うとダウンブローに打てそうな気がします。このなんとなくそんな気がすることって、意外と危険じゃねーかと思い始めまして。そういうモヤモヤというメタファーってろくなもんじゃないかも・・・

今ダメなんだから、徹底的に逆をやろう! 

だって ケンシロウ的に言えば

お前はもう死んでいる・・

瀕死なんですが、死んでないなら、逆やればいいだけです。思い切り極端に!!!!

アームローテーションを覚えるためには水平振りが有効。っていうかスイング中の手の動きって、水平振り

腕を水平振りして、前傾すれば、ちゃんとオンプレーンに打てるんじゃね??

アイアンでも水平振りな感じで打つ!

じゃトップの位置でシャフトが水平になる感じの位置に上げて・・当たらなくてもいいから水平振りじゃ〜

と思うと綺麗に打てました(まだインサイド・アウト?タイミングが遅い?のでドローします)

家に帰って鏡で写してみると、今までは体の近くにトップの位置があったんですが、気持ち遠くなって、左手が体から離れているので、引きつけを意識しやすく感じました。

こんな感じのトップ位置(実際はこうなっていないと思うけど)

イメージはブライアン・ジョーンズ!!!(写真を探したけど無い)のトップの位置

もちろんローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズでも、JGTOのブレンダン・ジョーンズと間違えているわけでもありません。1985年ぐらいから、ジャンボ尾崎全盛時代に、大活躍した選手。

変な打ち方・・

と、更に変な打ち方の昔のT島が思っていたのですが、この位置を意識してあげると、次のダウンスイングで、左手の引き付けが凄く意識しやすいんです!!!

だって遠い!と感じているからから引きつける必要があるわけで・・・

そんなことを考えていたら・・・

ゴルフの竪琴のトップの位置の時の左腕のポジションに近いんじゃね??

と感じたわけです!! ゴルフの竪琴を振ると、左手が体から離れた位置にあります。すごく張りのあるトップ位置なんです。しかしクラブを持つとこの位置に上がっていない事に気が付きました

この差はゴルフの竪琴の右手と左手の位置の差によるもの

T島にとって右手の位置のトップのが気持ちよかったんでしょう。確かに両手でグリップするとこの位置に上がっている気がします。

しかし水平に振ろうと思って試してみると、ゴルフの竪琴の左手の位置に何となく上がっている!!!やはりゴルフの竪琴で練習しているから、この位置に上がりやすいのかも???

そんな気付きを元に、ゴルフの竪琴を振ってみると、なんか感覚がかなり違うことに気が付きます。

左手が力点

右手が支点

ヘッドが作用点

やっぱりゴルフの竪琴ってイイ練習器具だなぁと思いました。

ゴルフの竪琴と実際のクラブをどうつなぐか?! T島的にはこんな発見がありましたが、マーク金井もオンプレーンセミナー配信で、ビビッときているようなので・・・

↓今日11時半公開のマーク金井ブログを是非チェックしてください

ってことで ゴルフの竪琴!↓

まだ持ってない!人は買って下さい

最近使ってない・・・

という人は、引っ張り出して使ってください。

とりあえずゴルフの都市伝説打破するには、やってみることかもしれません

ってことで

また明日


 

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年05月10日コースで打つ1発は、練習場で打つ200発よりも値打ちがある(と言われる)

5月27日10時

中越豪パッティングセミナー開催します

時間は2時間半/ 料金:8000円 / 人数:8名限定中越豪は、元パターメーカー、ジオギャラクシー代表、大手メーカーのツアーサービス、プロキャディ、プロに対するショートゲームのコーチングの経験があります。中越豪があなたをパッティングの世界の入り口にご案内します。希望者にはパターの調整もします(別料金)愛用のパターをお持ち下さい。お申し込みはyoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!


昨日はマーク金井とサクッと赤羽ゴルフ倶楽部へ薄暮プレーへ

目からウロコを落としましょう

オンプレーンドリルのその後の検証へ 前回のラウンドから一ヶ月どれぐらい変化したかの検証に行ってきました。

かなりオンプレーン感が出てきたつもりでしたが・・・・まだまだ切り返しからのヘッドの振り出しが遅いとの指摘

切り返しで踏み込んだ時に、ヘッドの振り出しが遅れるT島・・・

だからヘッドを振り出すのではなく、グリップエンドを自分の方に向けるというドリルなんですが・・・

ヘッドの振り出す方向が以前は

前だったのですが、これはヘッドを時計回りに振り出しているので、それを是正するためのドリル

今回のは、オンプレーンにヘッドを振り出すためにグリップエンドを自分に向けるドリルです。だんだんバージョンアップしてきたわけです

とは言えスタートホールの10番では出来ず・・・

11番ホールで少し出来て

12番のロングでは右からフックが必要なんですが、フックを打とうとするとヘッドが綺麗にプレーンに乗って、ストレートで右の池まで・・

そこから3打目の7Wがメッチャ気持ち球で・・・

あっコレね・・・

という動きがかなりわかったんです

そして問題は13番。これ短いミドルですが 左はOB!!!MMT9でも13番で大叩きする人が多いです。これはプロも同じ・・・・川岸良兼プロもここで前回2発左にOBを打ったそうですが

T島も左がコワイと、せっかく出来た動きができず

左OB・・・っぽい

さっき完璧な球が出たのに、左OBだと、今までのように振り遅れてフックが出てしまうんです・・暫定球は、もう完璧な球が出ました・・・

マーク金井曰く

「練習場でいくら上手く打ててもアカンねん。ここで打たないと!(▼▼)b」

そうなんですよね。現場で上手く出来ないと意味がない。

「コースで打つ1発は、練習場で打つ200発よりも値打ちがある(▼▼)b」

まさにコレです・・・練習場では出来たのにな・・と言ってもプレッシャーがかかった状況で、ちゃんと狙った動きが出来ることが大切なのです。↑の言葉はマーク金井が自身のFacebookで書いてました。なかなか何がイイたいのか理解している人が少ないような気がしました。

赤羽ゴルフ倶楽部でラウンドしながらスイングチェックしているわけですが、本来のプレーのボールだけで、練習でボールを打つことは一度もありません。それはゴルフは何球もボールを打つゲームではないから・・・

いつも本番です・・

キーワードは 現場で本番!

それが一番実になる練習というわけです。マーク金井が常にチェックしてるので、プレッシャーは半端ないのですが、そこで結果を出さないといけないのです。まあ次の14番も左がダメの試されているホールなんですけど・・・・見事にミス

しかしかなり4月8日よりも早く修正できるようになっているのは、日頃のドリルのおかげでしょう。かなり手応えありでした

16番はマーク金井のバーサミニ1.5を使って完璧なショット。17番PAR3も9番でいい球が出て、18番は左へギリギリセーフ、マーク金井は右から振り遅れ気味のエグいフックを打って、フェアウェイど真ん中でした

小狡い!

とは本人の弁・・↓まさにコレです

超私的な考察 ズル賢くスコアメイクするためのティショットの役割とは!?

最終18番は比較的距離のあるPAR4  右からの強めのアゲンストで、左サイドはOB、気持左を向いて、安定感抜群のフェードを打っていくのかなと思ったのですが、右サイドからフックで攻めていました。

「ここで左を向いてフェードを打つ これができればいいけど、風は右から そしてマーク金井もDNA的には元アンダー星人なので、この状況では右からフックでまわしたほうがいい」

ずる賢いというか、ミスしても怪我が少ないですよね。左はOB、右は広いんです(あまり右だとスタイミーです)

ということで、イロイロなネタができたラウンドでした

えっ・・・あのドリルの動画が気になるって??

そういう方はアナライズのセミナーへお越しください。残念ながら5月開催分のセミナーは5月21日の竪琴検定しか空いてません!6月開催日程は5月22日(20日が土曜日なので、平日の22日になります)に発表して、受付を開始しますんでよろしくお願いします

セミナーについてはこちら

詳細は↓をクリック

このドリルは、ゴルフの竪琴を購入してもらって

こちらのポジションをしっかりと覚えないと、オンプレーンドリルの意味はなかなか把握できませんので 是非買って、セミナーに来て下さい

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 


2017年03月17日開脚前屈は2段階ストレッチで&一生役に立つゴルフ超思考法から考える その1

WBCの日本代表、決勝進出しました。毎回ビシッとという試合ではなく、後半バタバタしている感が拭えませんが、一安心。あと2つ勝てば優勝!と思っている皆さん、あのぉプールFの試合をご覧になりました?!日本のニュースでは結果しか報道されませんが・・・メッチャ凄いです プエルトリコvsドミニカ戦をみましたが、まあほぼメジャーの選手で、デカくて上手くて速くて・・

マジ・・

と思ってしまいました。日本に優勝してもらいたいです!!!でも負けてもしかたないなと思いました

あの人達を見ていると、筋肉もそうですが、体も柔らかいわけで・・オッチャン悲しくなります・・

この無様なT島・・なんとかしたいわけです

開脚が出来ない原因としてまず

理由は2つ!!!

股関節が硬い!↑股関節をまずほぐすこと、これは先週のコレ

開脚ストレッチ&スリーブ付きシャフトもリシャフトできるよ

をやって下さい。先週のコレですが・・・

膝を曲げていますね。開脚の出来ない人(T島)のほとんどが、足を真っ直ぐにすると、股関節を曲げる前に、太ももの裏側やふくらはぎが痛くて、股関節をストレッチできないんですよ。

これを開脚という一つのストレッチで解決するのではなく

2WAYで!

  • 膝を曲げて開脚屈伸
  • 足の裏をほぐす

コレです

太ももの裏側やふくらはぎ

をまずほぐすストレッチをご紹介しましょう

まずここにストレッチパッドをセット↓

うつ伏せになる

足を曲げて

パターンと下ろす

これを50回とは言わないけど、20回ぐらいやってください

片足やった後に正座してみる

両足やると↓こんなに腰の位置が下がります

すると、更に曲がるようになりました(拷問的な)

ウンコ座りも結構できるようになってきたよ

ということで

ストレッチパッドが有ると無いでは大違い!!!

ぜひストレッチパッドお試しいただきたいと思います

 

マーク金井の著書ですが・・年末にこちらが発売されて、話題ですが・・

T島的にはこちらが好き↓

一生役に立つゴルフ超思考法』←欲しい方こちらをクリック

何故なら・・売れたらT島にも印税が入るから・・・と言うのはウソですが(まあ嘘ヂャないですけど)この本は、マーク金井の有料メルマガの連載が電子書籍『一生役に立つゴルフの考え方』になり、それを再構成して書籍化したものです。

マーク金井の言葉を受けて、T島が無いようを噛み砕いて説明するという構成になっております。シンゴイズムは、片山晋呉の言葉を受けて、マーク金井が喋ったことを文章にするという本です。同じようなやり方んですが、シンゴイズムは、片山晋呉/マーク金井 共著となっています。

しかし・・『一生役に立つゴルフ超思考法』はマーク金井・著となっております。オマケにT島という人が登場して明らかに話を展開しているのに、T島に対する説明もありません。(いきなりT島が登場して、誰やコイツってならないのかな?)

冷たい・・(これは出版社の判断ですので、マーク金井のせいじゃないですよ)

共著でいいんじゃない?!

と今更ながら思います。表紙に名前があるだけで、広島は廿日市市に住むT島の父がさぞ喜んだことでしょう・・(今まで出した本は後ろに名前がチョコっとあるだけなので、『これだけか?』と聞かれ悲しかったわけで)

まあしかし印税はしっかりと私にも入りますから、でもねぇ

ああT島の愚痴は置いておいて・・・

こちらの本から上達に役立つキーワードを紐解いてみたいと思います

01 あなたは「残念な人」になっていませんか?!

練習場で気持良くボールを打っていても何も変わらない・・・

これはシンゴイズムにも書いていましたね。でも練習場にも行かない、練習もしない。ラウンドばかりしていては、それこそ何も変わらないですよね。練習場でボールを打つということ、努力をしている姿勢は大切なことです。

マーク金井は練習自体は否定していません。でもただボールを打つだけじゃ、練習場代、それにかける交通費、時間などの

投資効率が悪い

といいたいのです。その上その結果に一喜一憂してもしかたない。特にゴルフの日の前日に練習場に行って打ちまくっても、調子悪かったら不安になるし(不安になって凄く打ちまくってしまうという・・・)調子よかったら翌日の期待値が上がって、無茶なコースマネジメントをしてしまいがち これについてはこの記事を↓

「練習しないほうが良いスコア(調子がいい事)で回れる」って言う人について考えてみた

それでなくても、ゴルフは残酷で、努力がそのまま結果に繋がりにくいのです。T島は一時期、ランニングにハマったことがありました

その理由は

  • 努力すればタイムは縮まる
  • 努力の選択肢が多く、手軽である
  • エリートランナーがゴルフみたいに偉そうじゃない

この3つ、とくに走れば走るほど(走りすぎて故障することさえ気をつければ)タイムは縮まるし、練習場所はそれこそ服を着替え、靴を履けば、すぐに練習できるのです。

しかしゴルフは、打てば打つほど下手を固めることになりかねません。危険がいっぱいなのに、「昨日は打ち込んだ!」と得意げな人も少なくなく

ちょっと『残念』

に感じるようです

マーク金井、最初!ゴルフを始めてすぐは、ボールを打つなといいます。ゴルフの竪琴でまずアームローテーションを覚えることから始めます。

マジで凄く良くなります

自宅で地味にアナライズの練習器具を使って自宅で練習して↓

ゴルフの竪琴

↓クリック

欲しいと思います

このゴルフの竪琴ですが・・・密かに・・というか普通に、いろいろなレッスンプロの方が購入していただいているようです!!!!! T島顧客管理データを整理しているのですが・・

この方、レッスンプロだったよな??という方が、大量に購入していただいているようです。ツアープロは、片山晋呉プロが愛用していただいているので、男女問わずかなりの数ご購入していただいてますが、レッスンプロの方も良さを認めて活用していただいているとは・・・・

レッスンでお使いいただけるなら、登録していたくことを条件に、レッスンプロ価格というの有りかなぁ(あの気持ちだけお安くなる程度ですが)なんて、マーク金井と話をしておりました。 レッスンで使っていただいているレッスンプロの方向けに、マーク金井がセミナーというか情報交換の会などをやってみたいなんて言っておりますので、ご興味ある方は、ご連絡いただければなんて思います。

ということで

また明日


 

冬のゴルフに絶対的な安心感をもたらすこちら

マジックマリガンUT35 販売再開しました!!!

よろしくお願いします


2017年03月13日打ったボールよりも、スマホを見よう!!!(打った球より、自分のスイング見よう)

MMウエッジ、イロイロな方がテストしてくれています

アメブロのゴルフブログで人気のクレンショウさんが、MMウエッジをインプレッションしてくれています↓クリック

このmmウェッジのネーミングの由来はわかりませんが、、

m(ミスショットが)、m(ミスにならない)ウェッジ みたいな感じが一番しっくりきますね。

★ギア・スイングの話2 3/13より引用

というコメントいただきました。(まだまだ詳しくインプレしてくれています)

MMウエッジ気になる方↓こちらを是非チェックしてみて下さい

昨日は丸沼高原スキー場へ

凄く良い雪で、上手いボーダーが多いな〜、アルペンボーダーを久々に見たわ!とおもったらレストランで声をかけられました。最新ボード一式をT島に貸してくれてる、古くからのゴルフ仲間が、偶然にもそこにいました(汗)

そしてイロイロ教えてもらいラッキーな一日でした。ゴルフもそうですが、ただボールを打ってるだけ、ただ滑っているだけでは、何も変わらないんだなと思いましたよ。

こちらの本の晋語録!!!

晋語録15

気持ち良くやっているうちは何も変わらない

変えざるを得ない環境で練習する

はい。ゲレンデで何本気持ち良く滑っても、それだけじゃうまくなるわけ無いですよね。何か課題を持って滑る!、ドリルをする!、ゴルフも同じです。

閃いた

とか

ゴルフ雑誌を読んで

コレだ

とか

それで思わずいい球がでたら

掴んだ!

たぶん掴んでないです。練習場の場合いい球が出れば、いい動きが出来ている。スノボも気持良く出来た、上手く滑れている。ちがうようです。T島のスノボの板は16年前ぐらいんも板で、イマドキの板との滑らせ方が違うそうです。

その違いを教えてもらったら、旧い板でもギュインと曲がって驚きました。あまりにギュインとまがってしまうので、転んでしまった・・・(汗)道具によって滑らせ方も違うんですね。ゴルフと一緒でした。

ゴルフと一緒なのは他にもあります。目的は悪い動きを治すことなのに・・ミスショットが出たら、新しい動きを止めて、元の動きに戻すこと。これが上達への障害になっています。

だから気持良く打っちゃダメなんですね!!

  • スノーボード:いい動きができたのにギュインっと行って転んでしまった
  • ゴルフ   :いい動きが出来ているのに、チョロだったり、上手く飛ばなかった

これでオッケーなんですよ。でもそれに気が付かないといけません。だって毎回転んでたり、上手く飛ばなかったら、気持がメゲてしまうからです・・・

理想としては、レッスンしてもらうのが一番です。毎回は難しくても定期的にチェックしてもらうことがオススメです。これはスノーボードだけでなく、ゴルフも同じでしょう。スノーボードではとても難しいですが、ゴルフではセルフチェックが意外と簡単です

自分の打っている姿、ドリルをしている姿を動画に撮って、それをチェックします。

皆さんスマホをお持ちでしょう。、今はスマホで簡単に撮れます。キャディバッグにスマホを固定する

こんな商品もありますし。三脚などにデジカメを設置するってのもいいですね。

カシオさんからこんな便利なスイング撮影カメラも発売されています

 

まあ、カシオさんのカメラはとても便利で素晴らしいのですが、とりあえずスマホで撮ってみて下さい。「スマホ?残念ながら持っていない・・・」「スマホなんて・・・」という方、アナライズ的には凄く残念な人です。マーク金井は。セミナーの際に皆さんの実際に打っている姿をスマホで撮影して、ご自身で観てもらいます。

その時「スマホ持っていません」という人にちょっと・・ダメ出しをしています。スマホもゴルフクラブも、今後まだまだ進化するテクノロジー、しっかりと今から対応することが大切だからです。ゴルフクラブも進化していき、それに対応することで飛距離アップやスコアアップするわけですから。スマホ程度で、「スマホ?!こんなのわからんわー」では、今後困るのでぜひ挑戦して欲しいわけです。

けっこう簡単にスイング自撮りができます

アナライズの練習器具には、プレーンくんを以外すべて、練習ドリルを紹介しているドリルDVDがついています。それと自分の姿を見比べてチェックしてください

T島は自宅練習がメインなので、自宅でドリルを撮影してチェックしています

皆さん特に

ゴルフの竪琴は・・

 

ぶっちゃけ・・「好き勝手振っている」

人が多いです。DVDを観てないのか?もしくは自分のやっているところを見てないのか??と思ってしまいます。

スーパーシャットくんも・・・

パイロン打ちができたら、もう俺できてる!と思ってしまいがちですが、しっかりと自撮りとドリルをチェックして下さい。

ちなみにスマホですが、古いナビを無理やり使っている人なんかは、ナビアプリのが全然正確で、地図も最新ですよ

お父さんもスマホを使いこなせるとゴルフが上達するかも

諦めちゃダメですよ

ではまた

明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 

 


2017年03月08日ゴルフの竪琴は”てこの原理”が大切!!

えーっと好評でした アナライズプレミアグリップ 通称T島グリップ もうすぐ

販売再開します

石川遼や池田勇太が愛用するグリップは日本製のラバーグリップです!

株式会社ワークス さんが販売しているパーフェクトプロというグリップをごぞんじでしょうか?! このパーフェクトプロは芹沢ゴム工業という会社が製造しています。いろいろなメーカーのOEMをやっていて、高い品質で定評があります

石川遼は GRAPHITEDESIGNとロゴが入っている、芹沢ゴムが作ったコード入りグリップを使用。池田勇太はパーフェクトプロを使っています。最近流行りのプラスチック形成のグリップを好むプロも多いですが・・・

グリップはやっぱりラバーでしょう!という人の支持をあつめています。しっとりと手に馴染む握り心地です。

アナライズも芹沢ゴム工業に、アナライズロゴ入りのグリップの制作をお願いしました。パーフェクトプロのX-LINE CC RUBBERというグリップのロゴチェンジバージョン

たぶん来週か再来週には販売再開できると思います。

バックライン有りと無し両方ありますが、エンドキャップは赤だけです もう少しお待ち下さい


昨日はTBSで放送されているドラマ「カルテット」を観たいと思って始まるのを待っていたのですが・・

WBCの日本vsキューバ戦、が長引いて・・・睡魔に耐えられないT島は寝てしまいました。殆ど知らない選手で・・

「筒香って何処の選手?」

と聞かれ「大洋だよ」と答えたぐらいズレています(汗)

ホームランを取っちゃった少年ですが、野球好きなんですよ。グローブ持っていくでしょ!、山田哲人のボール取りたいでしょ!!!、硬球コワイですよ!審判の方に聞いた事ありますが、素手で取りにくいとかなりの確率で怪我するって。グローブ持っていてもコワイのにナイスキャッチです!!球場の構造に問題があると思うT島はズレているのでしょうか? っていうかネットってコワイね

ズレといえば・・

T島ですが、ドライバーのチョロが止まらなくなり、ドライバーを振るのが怖くなり上手く切り返せなくなりました。アナライズに初めて来たのは、マーク金井のスイング&クラブ診断を受けに・・・それも広島から・・・

その時の写真↓

はい・・スイングプレーンの下にヘッドがありますね。T島ですが、ドライバーが打てない、チョロばかりで非常に悩んでおりました。そりゃそうですよ。ドライバーが一番得意で、どうやっても当たっちゃう感じだったんですが、いきなりPAR3以外の14ホール全てでチョロしてしまうという・・・

それはそれはゴルフがつらいわけです・・・

ゴルフやめようかな〜

と思ったりしたんですね。そう思ったらダメで元々・・・マーク金井のスイング&クラブ診断でも受けてみるか・・なんて思ったわけで

そしたら、ツアープロコーチのEさんとこにも行っても、メンタルでしょ?!的に言われていたドライバーのチョロの原因をズバリと指摘・・・

「T島はん 広島に帰りたいのに、北海道に向かってますわぁ」

 

原因は右手と左手が同じ方向に動いている時間が長いから。スイングプレーンの下をヘッドが通ってしまい。極端なインサイドアッパーになるわけで、ボールの手前を叩くとか、ソールにボールが当たるとか・・チョロがでちゃうわけで

原因がわかれば、あとはやるだけなんで、どんどん良くなっていきました!!!

その後 なんやかんやでまさかアナライズに所属するとは・・

T島は、右手と左手が同じ方向へ動く時間が長く、どうしようもなくなってから無理やりリストターンをするわけです。

まあこんな感じになるわけで・・

それを解決してくれるのがコレ

このゴルフの竪琴って、右手が上が大切!とブログに繰り返し書いてきました。このゴルフの竪琴は、アームローテーションが覚えられるとか、いろんな効果を書いてきました。

しかし・・・

ゴルフの竪琴セミナーに、参加している人をチェックすると

アレ??

と思うことが・・・スイマセン実は、T島も何となくわかっていただけで、もやっとしていたことで、マーク金井が何度となく言っていたことなんですが、ようやくT島的にストンときました!

ゴルフの竪琴を使う時に、皆さん右手を積極的に使おうとします。そうすることでインパクト時にフェースをスクエアに戻そうとしているのですが、右手を動かそうとすると運動量が多く必要なのです

どいういうことか?!

というと

えーっと 物理というか理科ですかね

「てこの原理」

を思い出して下さい!

ゴルフクラブって両手で握ってますよね。ゴルフの竪琴も両手です。右手を積極的に動かそうとする。そしてフェースをボールにぶつけようとすると。左手が右手を追い越さないといけません。その動きを皆さん、右手を動かして左手を追い越そうとします。

↓これです

これだと、全く”てこの原理”が使えません。右手が左手を追い越すのに大きな運動量が要ります。

はい

てこの原理を使ってください

右手を使って、左手を追い越していると、てこの原理的に効率が悪いのですよ。

てこの原理では

右手が支点

左手をヘッドと逆方向へ動かす!!!

これです。皆さんゴルフの竪琴で

右手が上!

だけで安心してしまっていますが、てこの原理を使う練習をしてみて下さい。っていうかゴルフの竪琴は、ゴルフスイングにおける

てこの原理

を覚えるための練習器具でもあるのです!!!

  • コレが出来ないと、
  • 振り遅れます
  • スライスします
  • チーピンも出ます
  • シャンクします
  • バンカー出ません
  • バンスが使えません

ってことでゴルフの竪琴よろしくお願いします

実は凄い練習器具です

ではまた明日


マーク金井設計

アナライズMMウエッジ販売開始しました

基本性能の高い『ミスがミスになりにくいウエッジ』です

2本以上購入で(もちろん同時購入に限ります)

マーク金井と片山晋呉プロの本 

シンゴイズム!プレゼントします


1 2 3 4 5 6 12
▲ページのTOPへ戻る