アナライズstoreblog

カテゴリー: ゴルフの竪琴、竪琴検定

2017年06月23日クラブで飛ばすのは限界がやっぱりあります(泣)

はい!こちらマーク金井”ここだけの話” ご好評いただいたようで、マーク金井も楽しかったようで、来週もやる?!という話になりまた来週もやりますよ

来週月曜日 6月26日21時から配信します

ライブ配信のみで録画はありません


昨日はEVEN GOLF LABで

こちらで、33本ドライバーを一気試打し計測しました。キツかったです。残念ながら未発売の新しいドライバーはありませんでしたが、ドライバーによる正確の違いを感じることが出来てとてもよい経験となりました。

地クラブとナショナルブランドを一気に打ったのですが、地クラブとナショナルブランドの最大飛距離はどちらも変わらない感じでしたが、ドライバーによって±20yの差が

220y〜240yの飛距離の差がでました。

皆さん・・T島さん飛ぶドライバーは何?

と聞きます。でも質問には5W1Hが必要だと思います。しかし皆さんの質問には5W1HGが無いような気がします

無条件に飛ぶドライバーなんかありません

無条件とは、5W1Hが無いということです。特に3wが必要です(スプーンじゃないです)

  • WHO
  • WHEN
  • WHERE

の3W

  • いつでも
  • どこでも
  • だれでも

飛ばせるドライバーなんかありません。なんていうと一般論でいいですからなんて言われます。

一般論?それを知ってどうする?

ドライバーの飛距離を決めるのは

  • 打ち出し角
  • ボール初速
  • スピン量

この3つです

今、ツアープロが使っているトラックマンという機械で昨日の試打は計測したのですが

トラックマンでは

  • 打ち出し角→Launch Angle
  • ボール初速→Ball Speed
  • スピン量→Spin Rate

という表示になります。最近トラックマンを試打室においている店がものすごく増えています!覚えておいて損はありませんよ。

今までの計測器は、打ち出し角、ボール初速、スピン量の3つしか測れない物がほとんどだったのですが、新世代の弾道計測器である。トラックマン、フライトスコープ、GC4、そしてアナライズにある、ディテクトのプレシオなどは、クラブの軌道まで把握できるようになりました

↓ディテクトのプレシオ

アナライズでは↑の2台のカメラに加えて、天井にもう一台配備しているスペシャル仕様です。

データも日本語なのでわかりやすいです。マーク金井のこだわりは、ヘッドとボールの画像が見えて、データの理由がわかること、なのでディテクトを選んだようですね

  • 打ち出し角
  • ボール初速
  • スピン量

これがわかれば、どんなドライバーを勧めたいか・・・だいたい見えてきます。

ディテクトやトラックマン、次世代の弾道計測器は↓こちらのデータがわかります

このデータはクラブの軌道を表すデータです

  • ①Club Speed
  • ②Attack Angle
  • ③Dynamic Loft
  • ④Club Path
  • ⑤Face Angle
  • ⑥Face to Path
  • ⑦Spin Loft
  • ⑧Low Point
  • ⑨Swing Direction
  • ⑩Swing Plane

この10の要素が先程の

  • 打ち出し角
  • ボール初速
  • スピン量

この3つの要素を作り出すのです。まあ10の要素を上げましたが、T島的には10もよくわからないので、

この3つの要素

↓を気にしています

  • ブロー角(Attack Angle )
  • ヘッド軌道(Club Path )
  • フェース角(Face Angle )

皆さん今のスイングで飛ぶクラブを求めています。5W1Hは

  • WHO→俺が
  • WHERE→ゴルフ場で
  • WHEN→今
  • WHY→・・・
  • WHAT→ドライバーの飛距離
  • HOW TO→今のスイングで

ってことになりますね・・・

HOW TOが→今のスイングでいいの?

って思うんです。ドライバーの飛距離差が±20yでした。もし今一番自分に合ってないドライバーを使っているとして、20y飛距離アップする可能性があります。しかしそうじゃないと思うんですよ。イロイロと試行錯誤して選んだドライバーでしょうから、イロイロ今から変えても、飛距離アップする可能性は結構低いと思います。

ってことでアナライズの練習器具です

まず

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

そして

↓このスーパーシャット君

そして

イージーフレックスEF009

この3つを使ってスイングで飛距離アップを狙いますよ!!!

そしてセミナーに来てもらって、それぞれの使い方をチェックして下さい

アナライズのセミナー募集開始↓クリック

アナライズのセミナーは、プライム会員セミナー、リピーターセミナー以外はお一人一回しか受けることができません。同じセミナーに2回申し込まないでくださいね

こちらをクリック↓↑

んで・・・この本に素敵なことが書いてありました

中部銀次郎さんの

もっと深く、もっと楽しく。

飛距離を伸ばす方法として、地味ですが実際に実行可能な方法をこの本で、中部銀次郎さんは上げてます

「毎日5分でいいから柔軟体操をやってみたらどうでしょう?」

はい!スイマセン 最近サボっていました。ストレッチパッド どうりで飛ばないと思ったわ

ということで、是非試してみてください

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドお試しいただきたいと思います

よろしくお願いします。

ではまた明日



マジックマリガンUT35再入荷しました

アプローチがとってもやさしくなる


2017年06月05日スライスについて、スイング、カチャカチャの両面から考える

おはようございます

昨日は一昨日の疲れを取るべく休養しようとしたのですが、なんだかんだで仕事していたT島です

一昨日のKOSHIGAYAゴルフクラブでのラウンドのウオーターショットを撮影してくれていた動画が届きましたので編集しました。

あの・・・真似しないでくださいね

  • 靴が汚れる
  • 服が汚れる
  • ショットにはリスクが有る
  • 危険
  • クラブが傷つく可能性が高い

と良いことは何もないです・・

そもそも池に入れるんじゃないよ!

ちなみに、このショット全てmmウエッジを使用しております

mmウエッジ

泥にも水にも強いだけじゃなく・・

普通にミスに強い

やさしいウエッジです↓(クリック)

となんでも宣伝にしてしまうT島でした。はいこの日爽やかな白いポロシャツだったのですが、3ホール目で泥だらけでございます。実はこの動画以外にも1回やってまして、これが一番、泥の飛び方がすごかったそうです。

さてさて

T島的クラブセッティングチェックですが、どんどん溜まって来ています(汗)

取り上げるかどうかわからなくてもいいなら tajima@analyze2005.comへメールください

アナライズ
T島様

お世話になります。
いつもブログを楽しみにしております。

この度、ブログでセッティングチェックの件を拝見しましてメールしている次第です。

私、現在30代後半。
USGAオフィシャルハンデ15。
今シーズンベストスコアかつ、人生ベストスコア82(H66.3、S119、距離5,556y、パー71)
今シーズンワーストスコア110(71.4、136、6,412y、パー72)
職業会社員です。
持ち球は基本ドローですが、このドライバーを振ってる限り、1Wだけは、ほぼフェードからスライスです。

セッティングは以下の通りです。
1W Ping G30 Tour65(R)シャフト カチャカチャ標準位置
7W Ping G30 US純正Sシャフト カチャカチャでロフトマイナス1度設定
3U Ping G30 US純正Sシャフト

以下、54度までシャフトは全てKBS Tour120
4Iと5I Mizuno JPX EZ FriHi (アイアンも含めてミズノの海外展開モデル) 
6IからGW Mizuno JPX EZ Forged 2014年モデル ライ角1度アップ
54度 Ping G25 ライ角はアイアイからのフローに調整済み
58度 Cleveland Smart Sole S 2.0 こちらもライ角調整済み シャフトはUS純正

パター Ping Scottsdale Senita B

写真とスイング動画(1W)を添付致します。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

S山

スイングを拝見すると、軌道はアウトサイド・インで、アンダー星人ではありませんね。膝立ち打ちが簡単にできるタイプかも。1Wのスイング動画だけ拝見したのですが、他のクラブがドローする理由がちょっとわかんない感じです??

昨日のマーク金井ブログ

超私的な理系のススメ、ゴルフを物理的に考えることのメリットとは!?

こちらで考えるとピンのG30ドライバーをお使いなので、カチャカチャしてロフトを増やしてみるとスライス傾向が収まるはずです。

スライスするということは、インパクトでフェースが開いた状態で当たりやすいのです。だからボールは高くなるボールが高くなるから、ロフトを立てる方向にカチャカチャするから。更にフェースが開いて当たりやすくなって

カチャカチャしても変わらない!!

逆に酷くなったよ!!

という人が少なくありません・・

カチャカチャしてロフト角を増やす方向に調整するということは、フェース角がクローズになります。なのでインパクトのフェースの開きが抑えられるので、スライスが抑えられるはずですし、ボールの高さも変わらないか減ったりします

カチャカチャは、どのメーカーも原理は同じですから。ロフト角だけ単独で調整することはできません。副作用がでます

  • ロフト角を増やす=フェース角が閉じる(フック)
  • ロフト角を減らす=フェース角が開く(スライス)

これが同時進行で発生します(ちなみにライ角も変わります)

S山さん

7W Ping G30 US純正Sシャフト カチャカチャでロフトマイナス1度設定

と7Wはロフトをマイナスにしておられますが、7Wのロフトを立てて、5と7Wの間な感じになるわけです。7Wが捕まりすぎるなら、カチャカチャでこんなことが出来ますね。

なんかこのクラブセッティングに申し込まれる方は

3wを入れてないもしくはティショット専用に使っている人が多いですね

地面から打てるクラブは7Wぐらいが一番多く、3wなんてつかってないし、5wすらいません。そしてアイアンはウッド系に比べるとハード目というのが現時点での共通点ですね。

セッティング的には何ら問題ありません。アイアンのシャフトが気持ちオーバースペックかな。KBSシャフトはツアープロに今とても人気で認知度が凄く上がっているメーカーですが、フレックス設定が硬めです。なのでワンフレックスぐらい柔らかめのほうが理想的かななんて思います

こちらのS山さんは、メールには書かれていませんが海外在住なのかも?!何となくそんな気がしています。アンダー星人ではないのですが、ドライバーの動画を拝見するとヘッドが上から入る傾向を感じますね

ゴルフの竪琴ですが、アンダー星人矯正用練習器具として認知されている気がしますが。(ハッ・・T島がアンダー星人だからか???? スイマセン)

スライサーにも劇的に効くんです!!!

S山さんのフォローの左肘

この左肘が引けるのは、切り返しから左手の引きつけが弱いんですね。左手の減速と言うやつです

ゴルフの竪琴を使うと・・・

こんなに劇的に・・↑変化します

ゴルフの竪琴は、腕の位置が離れているので、両腕の使い方の違いが

 

とってもよくわかるのですよ

スライスに悩むことがないと思われる、ツアープロが使っているのですが、スライサーに劇的に効きますんで

ゴルフの竪琴↓こちらでチキンウイングを治そう

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック

ということで!

また明日


売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷!!!

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非



2017年06月03日オンプレーンスイングのコツは、首都高の合流にある?!

売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷!!!

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非


さてさて

こちらの動画も再生回数、11000を超えました。こちらのアナライズの動画チャンネル是非登録してください。今後動画コンテンツがバンバン増える予定となっております。

6月1日のブログでこの動画の要点を書き出したのですが・・・

  1. 皆さんパターのように右手、左手を同じ方向に動かそうとしていないか?!

  2. オンプレーンにクラブヘッドを動かすためには、右手と左手の動かし方がぜんぜん違う。

  3. トップの位置から左手がボールに向かって降りると、スイングプレーンの下をヘッドが通ってしまう(アンダー星人)

  4. この両手の動き、普通にグリップ(右手、左手をくっつけてグリップ)していると動かした方がわかりにくいが、ゴルフの竪琴みたいに両手を離してにぎるとわかりやすい

  5. この動きが出来ているかどうかは、膝立ち打ち有効

3,4がこの動画で特に大切なポイント

この動画の開始から58分ぐらいから、右手と左手使い方のキモについて喋っています。

首都高の合流!

とマーク金井が言ってるとこぐらいでしょうか・・

ちなみに、セミナー中手に持って喋っているクラブが、アナライズの練習器具、スーパーシャット君です(短いだけじゃないので↓クリックしてみて)

首都高って、関東にお住まいの方は運転されたことがある人多いと思いますけど、T島も10年前ぐらいに初めて運転して、ビックリしたのは、

  • 入り口から本戦までの合流までのインターバルが短いこと・・・
  • 右側から合流することが非常に多い

この2つ。ぐえーーーーって感じです、流石にもう慣れましたが、最初は結構焦りました。料金所で減速して、30mぐらい加速して、100km/hぐらいで走ってる本戦に合流するのですから、かなり怖いです 右側から入るということは追い越し車線ですからね

首都高の入り口で右側から合流するってことを喩えて

左手が本線 右手が合流

スムースに合流するためには

本線の車が(左手)が、気持ち速度を落としてくれる

 

合流の車が(右手)が、加速する

ということが大切なんです。

車の進行方向が 右から左だとすると

←ーーーーーーーー

左手 →

右手 ←

と極端に言えば逆方向に行く感じ

それを左手の減速とか、左はブレーキとかいうわけです。その手の使い方が覚えられるのは↓ゴルフの竪琴

なんですね。ということで モヤッとしたらゴルフの竪琴なわけです

ということで

また明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 


2017年05月28日脱ゴルフの都市伝説!ダメだったら逆をやってみよう!

オンプレーンセミナーのYoutubeご覧いただきましたか?

リアルタイムでの放送で視聴回数3059回だったのですが(ピークは259人)動画として公開して、今日ブログを書いている時点で6700回弱となっています。この動画ですが、金曜日放送後、開始までの時間、流しっぱなしにしていたのをカットするのと、画質が悪いので画質の改善を行ったのですが、反映されたのが

24時間後・・

配信時間が1時間40分程度だったので、反映に時間がかかるのでしょうねぇ(汗)

イロイロやってみて、イロイロ習得できるわけですねぇ。イロイロ配信したくなりました

昨日は↓特派員としてお世話になっている大蔵ゴルフスタジオコンペ

バタバタ忙しいので、ゴルフしている気分ではないのですが、すっげーいい天気の中ゴルフしました

場所は、フォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブ

素晴らしい晴天で、富士山が良く見えました!!!

ゴルフの内容は全くパターがノー感じで、モヤモヤしてました。途中からオンプレーンセミナーのことを思いだして、やってみるとアイアンとUTでいい球がでるようになりました。このフォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブは、フェアウェイもやわらかーい洋芝なので、ちょっとでも手前からヘッドが入ると、ミスになりやすいのですが、気持よくアイアンが打てました。

わらじのようなターフは取れませんが、ボール先が削れるようになったのです!

人間って、コレをやろう!と思うってやってみると、結果は全く逆であることに気がつくわけです。結果が出ないと、他のせいにする。まあスイングが悪いとクラブを買うということに繋がるわけです。クラブを買いまくっても、変わらないですよね。

まあゴルフだけじゃなくて、人生もそうです

早く気付けよ!

ってことです、自分が出来てないだけなんです。そういう時には、真逆をやってみるのが面白いんじゃないか?!とここ数日思いはじめまして・・・・

ラウンドしながらウダウダ考えていたんですね。

 

ヘッドを上から入れるには?? アンダーじゃなくするには??

↓↓↓

ダウンブローに打て!クラブを立てにおろせ! 

横ぶりじゃなくて縦振り!!

ゴルフの何となく常識と言われているような都市伝説のような言葉ですが・・何となく縦に使うとダウンブローに打てそうな気がします。このなんとなくそんな気がすることって、意外と危険じゃねーかと思い始めまして。そういうモヤモヤというメタファーってろくなもんじゃないかも・・・

今ダメなんだから、徹底的に逆をやろう! 

だって ケンシロウ的に言えば

お前はもう死んでいる・・

瀕死なんですが、死んでないなら、逆やればいいだけです。思い切り極端に!!!!

アームローテーションを覚えるためには水平振りが有効。っていうかスイング中の手の動きって、水平振り

腕を水平振りして、前傾すれば、ちゃんとオンプレーンに打てるんじゃね??

アイアンでも水平振りな感じで打つ!

じゃトップの位置でシャフトが水平になる感じの位置に上げて・・当たらなくてもいいから水平振りじゃ〜

と思うと綺麗に打てました(まだインサイド・アウト?タイミングが遅い?のでドローします)

家に帰って鏡で写してみると、今までは体の近くにトップの位置があったんですが、気持ち遠くなって、左手が体から離れているので、引きつけを意識しやすく感じました。

こんな感じのトップ位置(実際はこうなっていないと思うけど)

イメージはブライアン・ジョーンズ!!!(写真を探したけど無い)のトップの位置

もちろんローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズでも、JGTOのブレンダン・ジョーンズと間違えているわけでもありません。1985年ぐらいから、ジャンボ尾崎全盛時代に、大活躍した選手。

変な打ち方・・

と、更に変な打ち方の昔のT島が思っていたのですが、この位置を意識してあげると、次のダウンスイングで、左手の引き付けが凄く意識しやすいんです!!!

だって遠い!と感じているからから引きつける必要があるわけで・・・

そんなことを考えていたら・・・

ゴルフの竪琴のトップの位置の時の左腕のポジションに近いんじゃね??

と感じたわけです!! ゴルフの竪琴を振ると、左手が体から離れた位置にあります。すごく張りのあるトップ位置なんです。しかしクラブを持つとこの位置に上がっていない事に気が付きました

この差はゴルフの竪琴の右手と左手の位置の差によるもの

T島にとって右手の位置のトップのが気持ちよかったんでしょう。確かに両手でグリップするとこの位置に上がっている気がします。

しかし水平に振ろうと思って試してみると、ゴルフの竪琴の左手の位置に何となく上がっている!!!やはりゴルフの竪琴で練習しているから、この位置に上がりやすいのかも???

そんな気付きを元に、ゴルフの竪琴を振ってみると、なんか感覚がかなり違うことに気が付きます。

左手が力点

右手が支点

ヘッドが作用点

やっぱりゴルフの竪琴ってイイ練習器具だなぁと思いました。

ゴルフの竪琴と実際のクラブをどうつなぐか?! T島的にはこんな発見がありましたが、マーク金井もオンプレーンセミナー配信で、ビビッときているようなので・・・

↓今日11時半公開のマーク金井ブログを是非チェックしてください

ってことで ゴルフの竪琴!↓

まだ持ってない!人は買って下さい

最近使ってない・・・

という人は、引っ張り出して使ってください。

とりあえずゴルフの都市伝説打破するには、やってみることかもしれません

ってことで

また明日


 

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年05月10日コースで打つ1発は、練習場で打つ200発よりも値打ちがある(と言われる)

5月27日10時

中越豪パッティングセミナー開催します

時間は2時間半/ 料金:8000円 / 人数:8名限定中越豪は、元パターメーカー、ジオギャラクシー代表、大手メーカーのツアーサービス、プロキャディ、プロに対するショートゲームのコーチングの経験があります。中越豪があなたをパッティングの世界の入り口にご案内します。希望者にはパターの調整もします(別料金)愛用のパターをお持ち下さい。お申し込みはyoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!


昨日はマーク金井とサクッと赤羽ゴルフ倶楽部へ薄暮プレーへ

目からウロコを落としましょう

オンプレーンドリルのその後の検証へ 前回のラウンドから一ヶ月どれぐらい変化したかの検証に行ってきました。

かなりオンプレーン感が出てきたつもりでしたが・・・・まだまだ切り返しからのヘッドの振り出しが遅いとの指摘

切り返しで踏み込んだ時に、ヘッドの振り出しが遅れるT島・・・

だからヘッドを振り出すのではなく、グリップエンドを自分の方に向けるというドリルなんですが・・・

ヘッドの振り出す方向が以前は

前だったのですが、これはヘッドを時計回りに振り出しているので、それを是正するためのドリル

今回のは、オンプレーンにヘッドを振り出すためにグリップエンドを自分に向けるドリルです。だんだんバージョンアップしてきたわけです

とは言えスタートホールの10番では出来ず・・・

11番ホールで少し出来て

12番のロングでは右からフックが必要なんですが、フックを打とうとするとヘッドが綺麗にプレーンに乗って、ストレートで右の池まで・・

そこから3打目の7Wがメッチャ気持ち球で・・・

あっコレね・・・

という動きがかなりわかったんです

そして問題は13番。これ短いミドルですが 左はOB!!!MMT9でも13番で大叩きする人が多いです。これはプロも同じ・・・・川岸良兼プロもここで前回2発左にOBを打ったそうですが

T島も左がコワイと、せっかく出来た動きができず

左OB・・・っぽい

さっき完璧な球が出たのに、左OBだと、今までのように振り遅れてフックが出てしまうんです・・暫定球は、もう完璧な球が出ました・・・

マーク金井曰く

「練習場でいくら上手く打ててもアカンねん。ここで打たないと!(▼▼)b」

そうなんですよね。現場で上手く出来ないと意味がない。

「コースで打つ1発は、練習場で打つ200発よりも値打ちがある(▼▼)b」

まさにコレです・・・練習場では出来たのにな・・と言ってもプレッシャーがかかった状況で、ちゃんと狙った動きが出来ることが大切なのです。↑の言葉はマーク金井が自身のFacebookで書いてました。なかなか何がイイたいのか理解している人が少ないような気がしました。

赤羽ゴルフ倶楽部でラウンドしながらスイングチェックしているわけですが、本来のプレーのボールだけで、練習でボールを打つことは一度もありません。それはゴルフは何球もボールを打つゲームではないから・・・

いつも本番です・・

キーワードは 現場で本番!

それが一番実になる練習というわけです。マーク金井が常にチェックしてるので、プレッシャーは半端ないのですが、そこで結果を出さないといけないのです。まあ次の14番も左がダメの試されているホールなんですけど・・・・見事にミス

しかしかなり4月8日よりも早く修正できるようになっているのは、日頃のドリルのおかげでしょう。かなり手応えありでした

16番はマーク金井のバーサミニ1.5を使って完璧なショット。17番PAR3も9番でいい球が出て、18番は左へギリギリセーフ、マーク金井は右から振り遅れ気味のエグいフックを打って、フェアウェイど真ん中でした

小狡い!

とは本人の弁・・↓まさにコレです

超私的な考察 ズル賢くスコアメイクするためのティショットの役割とは!?

最終18番は比較的距離のあるPAR4  右からの強めのアゲンストで、左サイドはOB、気持左を向いて、安定感抜群のフェードを打っていくのかなと思ったのですが、右サイドからフックで攻めていました。

「ここで左を向いてフェードを打つ これができればいいけど、風は右から そしてマーク金井もDNA的には元アンダー星人なので、この状況では右からフックでまわしたほうがいい」

ずる賢いというか、ミスしても怪我が少ないですよね。左はOB、右は広いんです(あまり右だとスタイミーです)

ということで、イロイロなネタができたラウンドでした

えっ・・・あのドリルの動画が気になるって??

そういう方はアナライズのセミナーへお越しください。残念ながら5月開催分のセミナーは5月21日の竪琴検定しか空いてません!6月開催日程は5月22日(20日が土曜日なので、平日の22日になります)に発表して、受付を開始しますんでよろしくお願いします

セミナーについてはこちら

詳細は↓をクリック

このドリルは、ゴルフの竪琴を購入してもらって

こちらのポジションをしっかりと覚えないと、オンプレーンドリルの意味はなかなか把握できませんので 是非買って、セミナーに来て下さい

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 


1 2 3 4 5 6 13
▲ページのTOPへ戻る