アナライズstoreblog

カテゴリー: スーパーシャット君

2017年03月13日打ったボールよりも、スマホを見よう!!!(打った球より、自分のスイング見よう)

MMウエッジ、イロイロな方がテストしてくれています

アメブロのゴルフブログで人気のクレンショウさんが、MMウエッジをインプレッションしてくれています↓クリック

このmmウェッジのネーミングの由来はわかりませんが、、

m(ミスショットが)、m(ミスにならない)ウェッジ みたいな感じが一番しっくりきますね。

★ギア・スイングの話2 3/13より引用

というコメントいただきました。(まだまだ詳しくインプレしてくれています)

MMウエッジ気になる方↓こちらを是非チェックしてみて下さい

昨日は丸沼高原スキー場へ

凄く良い雪で、上手いボーダーが多いな〜、アルペンボーダーを久々に見たわ!とおもったらレストランで声をかけられました。最新ボード一式をT島に貸してくれてる、古くからのゴルフ仲間が、偶然にもそこにいました(汗)

そしてイロイロ教えてもらいラッキーな一日でした。ゴルフもそうですが、ただボールを打ってるだけ、ただ滑っているだけでは、何も変わらないんだなと思いましたよ。

こちらの本の晋語録!!!

晋語録15

気持ち良くやっているうちは何も変わらない

変えざるを得ない環境で練習する

はい。ゲレンデで何本気持ち良く滑っても、それだけじゃうまくなるわけ無いですよね。何か課題を持って滑る!、ドリルをする!、ゴルフも同じです。

閃いた

とか

ゴルフ雑誌を読んで

コレだ

とか

それで思わずいい球がでたら

掴んだ!

たぶん掴んでないです。練習場の場合いい球が出れば、いい動きが出来ている。スノボも気持良く出来た、上手く滑れている。ちがうようです。T島のスノボの板は16年前ぐらいんも板で、イマドキの板との滑らせ方が違うそうです。

その違いを教えてもらったら、旧い板でもギュインと曲がって驚きました。あまりにギュインとまがってしまうので、転んでしまった・・・(汗)道具によって滑らせ方も違うんですね。ゴルフと一緒でした。

ゴルフと一緒なのは他にもあります。目的は悪い動きを治すことなのに・・ミスショットが出たら、新しい動きを止めて、元の動きに戻すこと。これが上達への障害になっています。

だから気持良く打っちゃダメなんですね!!

  • スノーボード:いい動きができたのにギュインっと行って転んでしまった
  • ゴルフ   :いい動きが出来ているのに、チョロだったり、上手く飛ばなかった

これでオッケーなんですよ。でもそれに気が付かないといけません。だって毎回転んでたり、上手く飛ばなかったら、気持がメゲてしまうからです・・・

理想としては、レッスンしてもらうのが一番です。毎回は難しくても定期的にチェックしてもらうことがオススメです。これはスノーボードだけでなく、ゴルフも同じでしょう。スノーボードではとても難しいですが、ゴルフではセルフチェックが意外と簡単です

自分の打っている姿、ドリルをしている姿を動画に撮って、それをチェックします。

皆さんスマホをお持ちでしょう。、今はスマホで簡単に撮れます。キャディバッグにスマホを固定する

こんな商品もありますし。三脚などにデジカメを設置するってのもいいですね。

カシオさんからこんな便利なスイング撮影カメラも発売されています

 

まあ、カシオさんのカメラはとても便利で素晴らしいのですが、とりあえずスマホで撮ってみて下さい。「スマホ?残念ながら持っていない・・・」「スマホなんて・・・」という方、アナライズ的には凄く残念な人です。マーク金井は。セミナーの際に皆さんの実際に打っている姿をスマホで撮影して、ご自身で観てもらいます。

その時「スマホ持っていません」という人にちょっと・・ダメ出しをしています。スマホもゴルフクラブも、今後まだまだ進化するテクノロジー、しっかりと今から対応することが大切だからです。ゴルフクラブも進化していき、それに対応することで飛距離アップやスコアアップするわけですから。スマホ程度で、「スマホ?!こんなのわからんわー」では、今後困るのでぜひ挑戦して欲しいわけです。

けっこう簡単にスイング自撮りができます

アナライズの練習器具には、プレーンくんを以外すべて、練習ドリルを紹介しているドリルDVDがついています。それと自分の姿を見比べてチェックしてください

T島は自宅練習がメインなので、自宅でドリルを撮影してチェックしています

皆さん特に

ゴルフの竪琴は・・

 

ぶっちゃけ・・「好き勝手振っている」

人が多いです。DVDを観てないのか?もしくは自分のやっているところを見てないのか??と思ってしまいます。

スーパーシャットくんも・・・

パイロン打ちができたら、もう俺できてる!と思ってしまいがちですが、しっかりと自撮りとドリルをチェックして下さい。

ちなみにスマホですが、古いナビを無理やり使っている人なんかは、ナビアプリのが全然正確で、地図も最新ですよ

お父さんもスマホを使いこなせるとゴルフが上達するかも

諦めちゃダメですよ

ではまた

明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 

 


2017年03月06日人気ドライバーを買う前にちょっとまった〜 フェース角編

昨日はゴルフではなく、最近少し太り気味なので、T島の自宅がある高円寺から歩いて2時間半(約13km)日本橋三越で開催されている

宮本卓さんの、ゴルフフォト・ギャラリー2017

にお邪魔しました。行ってみたいゴルフ場ばかり(国内は行ってますが)目の保養になりました。素敵すぎます 日本橋三越の本館4Fで3/7(火曜日)までやっていますのでぜひ!!マスターズ直前にも、マスターズの写真展を開催されるそうです

地クラブの特集などもやってました

PXGやムジークなど・・・T島が好きなブランドも並んでました

木の庄帆布のキャデバッグも

百貨店さんって頑張ってますねぇ

一昨日と昨日とで何となくドライバーの選び方というか、気をつけて欲しいポイントを書いております。

話題のドライバー!ロフト選びは慎重に

人気のドライバー買う前にちょっと待った!ヘッド重量が大切です

あまり最近ブログで過激なことを書いているつもりはありませんが、よく読んでくれると人気のあのドライバーも、ロフトの少ないモデルは捕まらない人が多いかもしれないね〜とか、ヘッドの重さがあるので、女子プロが使っているけど、白ティレディースはやめたほうがいいかなぁ〜なんて読み取ってくれたら嬉しいです。

今回もカタログには載っていない数値ですが、非常に大切なポイントがあります

それはドライバーのフェース角!

まあドライバーじゃなくてもとても大切なんですけど、カタログ値にはほとんど登場しません。フェース角?なんだよ?????って感じですかなぁ でもドライバーを構えてみて、「フェースが開いているね」とか「フックフェースで構えにくい」など見て感じることができるので、数値を知らなくても何となく気にしている人が、少なくないかもしれませんね。

フェース角とは、シャフトを地面に対して垂直に置いた時にフェース面が向く角度のことです

アナライズのインパクト解析セミナーや、シャフトセミナーは、愛用のドライバーを持ってきてもらうんですけど。(荷物になるからヤダって人は、アナライズのドライバーを使ってもらってますけど)

スイングとドライバーが合っていない場合が多いです・・・・

特に・・

スライスに悩んでいるのに・・

外ブラのドライバーを使ってる・・

外ブラのドライバーですが・・・まあテレビでメジャーやら、PGAツアーやらみていると、もうねぇジャスティン・トーマスやらジェイソン・ディやらババ・ワトソンやら、AHOみたいに飛ばすわけで、テーラーメイドやキャロウェイ、タイトリスト、ピン、コブラなど使いたくなります。オマケにデザインも若々しい!!!

日本のメーカーって、ほんと若い人を狙ったデザインってのが皆無な気がしますなぁ。カッコいい上に、ゴルフ雑誌を観るとイマドキの外ブラのドライバーはミスヒットに強いプロモデルが増えていると書いてます

しかし・・外ブラのドライバーと言うのは総じて

  • フェース角がかなりオープン
  • 重心距離が長め
  • ヘッド重量が重い

傾向として、スライスしやすい3大要素をすべて持っているドライバーが多いのですよ・・(汗)スライスというのはインパクトでフェースが開いていることが最大の原因です。もちろん打点位置も関係しています。そのへんは

アナライズのセミナー 「インパクト解析セミナー」にお越しいただいたら、スッキリと理解していただけると思います

球筋というのは

  • インパクトのフェース向き
  • スイング軌道
  • 打点位置

で決まりますが、インパクトのフェース向きというのが非常に大切なのです。スライスするという人のほとんどが、スイング軌道がアウトサイド・インということもありますが、インパクトでフェースが開いているんですね!!!!!

ちなみにアウトサイド・イン軌道でも、インパクトでフェースが閉じていたら相殺されて、ストレートもフックも打てます。(この辺はセミナーに出て下さい。もしくはDプレーンって調べてみて下さい)

外ブラのドライバー、そもそもフェース角がオープンつまり、開いているわけですから、スライスしやすいです。加えて重心距離が長いというのはスイング中、フェースが開こう開こうとする力が強くなりますし、ヘッドが重いと振り遅れやすいので、

フェースが開きやすい3大要素がすべてある=スライスしやすい

ってことになります。ちなみに↓はアナライズで計測した最近のモデルのデータです

(可変スリーブは全てノーマルポジションでの計測です)

メーカー モデル名 表示ロフト フェース角 リアルロフト
キャロウェイ GBBエピックスター 9.5度 −0.75 9.5
GBBエピックサブゼロ 9度 −3.5 7.75
GBBエピック(US) 9度 −3.0 9
テーラーメイド M1(2017) 9.5度 −3.0 10.5
M2(2017) 9.5度 −1.5 10.25
M1(2016) 9.5度 −1.75 10.5
M2(2016) 9.5度 −1.75 9.75
ピン G SF-TEC 10度 −1.5 10.5
G 9度 −4 8
タイトリスト 917D2 9.5度 −3.5 9.75
917D3 9.5度 −3.5 9.5

はい。スライサーが手を出してはいけない感じの数字となっております

ちなみに外ブラでも、日本モデルのエピックスターはオープン度合いが少ないです。他メーカーでも、テーラーメイドのグローレF2もフェース角は+1度、タイトリストVG3は+0.5度と、オープン度合いはかなり押さえられています。

もし、すでに購入している人でスライスに悩んでいるなら・・・

ロフト角が一番大きくなるポジションにしてみて下さい

キャロウェイなら

D+2

タイトリストなら

A-3

テーラーメイド

+2

ピン

にしてみてね。

ロフトが増えるポジションにすると、フェース角がクローズになりますんで!!! ええ?ボールが今でも上がるよ(でもスライスするけど)という人も、インパクトでフェースが開いてしまうからボールが高くてスライスするんですね。なのでロフトを増やすと、フェース角が閉じてスライスが低減されて、ボールの高さも低くなりますんで

ということで・・ 騙されたと思って是非試して下さい

でもスイング中にフェースが開くことがそもそも問題なんです。そういう人はテイクバックですでに開いちゃっている場合が多いんです。イマドキのクラブを上手く使うためには、スイング中にフェースをシャットに使うことが大切です

はい↓こちらスーパーシャットくんです! このクラブで素振りしたり、付属のDVDを見ながら練習するとスイング中のフェースのコントロールができるようになります

こちらで練習して下さい

では

また明日


冬のゴルフに絶対的な安心感をもたらすこちら

マジックマリガンUT35 販売再開しました!!!

よろしくお願いします


2017年01月26日ショット解析データを見て思う

アナライズからお知らせ

2月5日(日)開催

4スタンスセミナー(レッシュプロジェクト公認トレーナーによる)

10時開始〜時間は2時間半です / 料金:8,000円

レッシュプロジェクト公認トレーナーの山下プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8,000円です yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

プライム会員の募集ですが、先行受付終了し

一旦締め切って、近々一般募集に入ります

よろしくおねがいします


今日は昨日到着したばかりの、アナライズのMMウエッジ

のテストと撮影を兼ねてゴルフ場に来ております。テーラーメイドの新しいM1ドライバーもラウンド試打しようか持ち込んで、このブログがアップされている頃には、新しいウエッジを使いまくっているはずです

さて 昨日のブログで、弾道計測器とヘッドの軌道がわかる GC2+HMTのことを少し書きました。GC2だけでなく、トラックマンや、フライトスコープ、など同程度の機能を持っている計測器を、ツアープロは購入し、練習する時に設置して、毎回チェックする姿を目にします。

スイングというのは道具を使うわけです、ボールにヘッドをぶつけて狙ったところへ飛ばす。スイング自体は体の動きですが、このデータは、スイングによって、グリップを動かし、シャフトが動き、ヘッドが動いて

ヘッドがボールに当たる

そのヘッドの動きを分析する機械!

どう動こうと(スイングしようと)最終的にはボールがヘッドとどうコンタクトするか?!でボールの行方は決まるんですよね・・・

スイング分析ではなくて、ショットを微細に分析することで、ショットのパフォーマンスを上げていこうというツアープロが増えてきている(それもトッププロに多い)ように感じています。


日本では、「2012 Golf Digest Awards Lesson of The Year」を受賞している、アジアジュニアゴルフ協会代表理事である吉岡徹治さんが、ショット分析をジュニアゴルファーの育成に積極的に取り入れています。↑のデータは吉岡さんがFacebookにアップしていたものです

吉岡さんは、今からのプロはこのデータを理解することが必要と仰ってました。我々アマチュアも理解していると面白いので、ちょっと説明してみましょう

アッパーブロー、ダウンブローとイメージで語られていますが、これは

AttackAngle(アタックアングル)

という数値で表されます。これが±0だとレベル(レベルブロー)、この数値がプラスだとアッパー、マイナスだとダウンブローということになります。

実はこの二人のプロの数値を見て驚いたのですが、T島がプロギアのフィッティングに行った時(8年前?)女子プロはアタックアングルがプラス(アッパー気味)になるけど、男子プロは、マイナスで打つという話を聞いていたのです。しかしデータをみると、+3度とアッパー、そしてスピン量が1804と凄く少ない。凄く効率良く飛ばしているわけです

昨日、USTMamiyaの浅谷さんには、昨年よりもアッパー度合いが減りましたね

と言われました。昨年は+6度ぐらいで打っていて「アッパーすぎです」と言われていてのですが、今回は+3度ぐらいで安定していて「理想的です」と言われました

そしてもう一つ覚えてほしいのが

ClubPath(クラブパス)

これは、インサイド・アウトだとか、アウトサイド・インだとか言われる軌道の数値で、ストレートにヘッドが通ると±0、インサイドから入るとプラスの値、アウトサイドから入るとマイナスの値になります。

これもT島は超インサイドから入っていたのが(+6度)今回は(+1度)と結構変わりました。この値のプラス度合いが強すぎる人はチーピンが出やすいわけです。そして副産物的にヒールに当たりやすく、更にチーピンが出やすくなります(そのへんはインパクトセミナーに出ると理解が深まりますよ)

あとスピンロフトは、アタックアングル+クラブの動的なロフトであるダイナミックロフトです。LaunchAngle(打ち出し角)はご存知でしょう。ボールが打ち出される角度です

この辺はトラックマンのWebサイトに詳しく説明されています

イロイロ載ってますが、まずは今日説明した、この2つを覚えておいておくと、SNSで出てくるショット分析が面白くなります。

こういうデータを一度は計測してみると、ショット分析から、スイングの問題点が見えてきます。

ちなみにT島ですが、前回USTMamiyaのフィティングスタジオで、フィッティングした時に取ったデータより、ドライバーはかなり良くなっていたんですが、アイアンのアタックアングルは今イチだったんですね。+1.5とか+2とか。ちょっと残念がってると、浅谷さんが「ドライバーは良くなっているから、アイアンもよくなってるはず。ちょっと構えてみて」と言われ、ボールの位置、ハンドファーストの具合をチェックしてもらったら、すっごくいい入りをするようになりました。

特に最近

こちら使って自宅で練習しているのが効いているのかなぁと・・・・

あのぉ

是非地道に自宅でやってみてください

ということで

また明日


アナライズの大ヒット商品

年末は売り切れが目立っていましたが入荷しております

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 

 


2017年01月16日ゴルフスイングみたいなことで上達しよう

 

ソニーオープン・イン・ハワイでは、ジャスティン・トーマスがまたまた活躍しています。まだホールアウトしていませんが、優勝は間違いない?!と思ったら調子がいまいちのようです・・

彼のクラブセッティングですが

ドライバーはタイトリスト917D3の9.5度に三菱レイヨンのディアマナBL60TX(先端1.5インチカット)であの脅威の飛距離を生み出しています

ハードヒッターにしては軽いシャフトを使っていますが、PGAツアーの選手は意外とこういう人が多いんですね。T島のEVENのスーパー試打会で917D2、917D3を打ちましたが、かなりいい感じでやっぱりいいなぁ なんて思いました

さて昨日は中越豪パッティングセミナーでした。今年はアナライズのセミナーの回数を増やすとマーク金井が言ってましたのでお楽しみに。平日セミナーも開催するという話です! 是非とも多くの人に体験して欲しいということです

参加者を集めて、場所を手配していただければ、どこでも行く!

byマーク金井

と言っております。まあスケジュール調整などありますので、全てのご希望に添えないかもしれませんが、出来る限り行くそうです!

早々に旭川のセミナーが決まっています。冬はスノボができるところを集中的にまわるらしいです。旭川でもスノボ優先で行くらしい T島も行きたいわあ〜ぁ

とりあえず今月ですが

  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日    13時ゴルフの竪琴セミナー

はまだ満席ではないので、お申し込み下さい

詳細は↓をクリック

ということでT島もゴルフの予定が来週の日曜日に入ってますが、ソレ以外全く入っておりません。ヤハリ寒いとゴルフへ向けてのテンションが下がるというものです。

T島も、次回MMT9予選に向けて自宅で練習しております!!!

超私的な考察 自分のゴルフの腕前を簡単かつ正確にチェックする方法とは!?

こちらの記事の動画の水平打ちですが

いきなりデキる人はほとんどいません!

この方かなり惜しいです・・・

この位置にクラブが戻ってくればいいんですが・・・

この位置から・・↓こうなってしまうと

パイロンに当たりますよね・・極端にやるとこういう状態になるわけで

ヘッドが下がると、グリップが上がっています。よくスイング中に手元が浮く!と言われますが、ヘッドがプレーンを外れると重くなるので、手元が浮きます。こうなるとパイロンを叩いてしまいます。

この練習に使っている「スーパーシャットくん」は、短いシャフトで作られたゴルフ練習用アイアンです。マーク金井のアイディアがたっぷりつまった自信作。総重量は、短いシャフトでも重量感を感じながら振れるように、約500gに設定。ヘッドは通常より100g前後重くなり、グリップも70gのヘビーグリップが装着されています。

この練習器具についているDVDには、水平振りのやり方が収録されています。水平振りというのは、スイング中の腕の使い方の基本が覚えられる動きです。DVDではボールを打っていません。腕をどう使うかということを徹底的に練習してほしいと思います

皆さん最初にDVDを見たらもう見ない・・でも この基本的な練習こそ大切なんです。

でも腕の動きができても・・この水平振りでボールが打てるかというのが難しい所でもあります!!!

まずは↓このパイロン打ちが出来るようにしましょう

これでパイロンを飛ばさないようにボールを打てればOK!

ボールの位置が高くなればなるほど、難しくなります。腕のローテーションがかなりの精度で出来ないと、水平打ちが出来ないわけです・・・

普通のスイングを練習場ですればスイングが良くなる

なら練習場に通っている人は良くなるはずですよね。T島も広島にいる頃は、広電って練習場の打ち放題に朝から行ってました。でもボールをただ打ってるだけでは何も変わりませんでした。すると毎回会うオジサン達を覚えます

毎日来ているそうですが、スイングは、結構Amazingです。よく当たるなぁというテイクバックからのスイング。T島的考えてみたら、複雑な動きなので、練習場に通わないとすぐに再現できなくなってしまうわけです。だから球数を打たないといけないわけです。

マーク金井のスイングですが、10年前に比べるとかなり変化しています。トップの位置は10センチ以上低くなっていますし、ドローからフェードへ、フックのミスはほとんどでなくなりました。最大飛距離は変わりませんが、平均飛距離はググッと上がっています。

しかし・・

マーク金井は練習場に行きませんし、普通にボールを打つことなどほとんどありません。ラウンドに行っても、アプローチとパター練習はしますが、打席練習場に行きません。

マーク金井が練習しているのはゴルフスイングではなくて

水平振りや、水平打ち、パイロン打ち、膝立ち打ちなどの・・・

ゴルフスイングみたいなこと・・ばかり・・

それは・・より自分の欠点がわかるような状況を作り、それを修正していく・・

普通にボールを打つより数倍自分のスイングの修正ポイントがわかりやすく。オマケに自宅で出来るという・・・結局

練習場に行かなくていい

ってことは練習場代が浮いてしまいますので、ゴルフの竪琴とか、スーパーシャット君を買うのは結局安上がりかもしれません

ゴルフの竪琴とのセット販売もお得ですよ

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

年末は売り切れが目立っていましたが入荷しております

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年01月09日T島的冬ゴルフの死んだふり作戦とは?!&PPAP的スーパーシャットEF009ってどう?

1月のセミナー募集開始しました

  • 1月14日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー
  • 1月15日 10時中越豪のパッティングセミナー
  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー

詳細は↓をクリック


昨日はサクッと、今年の初打ちに行ってきました。赤羽ゴルフ倶楽部でハーフラウンド。トップアマ二人は、MMT9の練ランです。サクサクっと3人でハーフは70分で終了。自宅から電車でゴルフに行って、ドアトゥドア帰るまで3時間ジャストでした。映画と変わらないぐらいで終わるわけで、こんなに気楽にゴルフが出来るなら、ゴルフ人口は減少しないと思いました

赤羽ゴルフ倶楽部 といえば今週1月12日木曜日にMMT9決勝があります。練ランのおつきあいということなので、T島もアマチュア選手の本数縛りの7本でプレーしました。

  1. 1W
  2. 17度UT
  3. 30度UT
  4. 8番
  5. PW
  6. 54度ウエッジ
  7. パター

というセッティングで挑みました。赤羽ゴルフ倶楽部、距離はありませんが、かなり難しいです。というのもMMT9は、傾斜のきついAグリーンです。コーライグリーン、冬は高速で、しかも硬いので止まりません。そして河川敷名物の風です

んで攻略法をT島なりに考えました

まあ冬のゴルフって、死んだふり作戦ですよ

ではそのT島的なんちゃって極意を書いてみます

まず乗せない!

グリーンまわりまで行けば、芝は枯れているので、あとはパターでなんとかなります。下手にウエッジで行くと痛い目をみます。できればグリーンのカラー辺りまで打てればラッキーぐらいで打つと、超楽に打てます。

そして、ロフトが立っているクラブを上手く使う

アゲンストとフォローである状況が多いのですが、アゲンストではいつもよりロフトが立った番手で打てる。そしてフォローでは、ロフトが立ったクラブで抑えて打てば、風の影響を受けにくいです。どうでグリーンに乗せないので、手前のカラー狙いなんですから、グリーンで止めなくてOK

いつもは使わない17度のUTは、12番のPAR5のティショットとセカンドで使います。球の高さが抑えられるわけで、もう地面から打ってもトップでもいいぐらいのつもりでいいです。

ロフトの立ったUTはティショットで重宝します。狭いホールのティショットにぴったりでしょう

いや・・じつは、マーク金井のセッティングを真似ただけです

実はマジックマリガンUTの18度が使いたいのですが・・18度って偶然の産物で、初回ロットで販売終了したんですね。

しかし もう一度作って欲しいという声が多くて

再発売決定!!!

もうすぐ出来上がるんじゃなかなぁ。また決まったらお知らせします

そしてコーライグリーンって

入ったらラッキー。入らなかったらまた頑張ろ

入れようと思うから入らない

ってカリスマのアマチュアゴルファーがおっしゃったという話を伺いました。T島も調子のいい時は、いい回転で転がそうと思うと入るんですよね。入る入らないは結果なわけです。それよりも今できることを出来ることを、しっかりとやりきるしかないわけで・・

結果は、結果、入らなくても腐らないこと

まあ冬のゴルフってそんなもんですよね。MMTの攻略法というよりも、冬ゴルフは期待しないと上手く行きそうに思います

12月から、T島ですが自宅練習をしっかりとするようになりました。なんとなく結果も出てきている気がします

基本的に、ゴルフの竪琴と、スーパーシャット君(使っているのはスーパーシャット君の前身であるレッスンワン)を使っての素振り。これをしつこく繰り返しています。

この写真のように、スーパーシャット君は、短いアイアンです

ただ短いだけではありません。普通のアイアンを短く切って作っても、ヘッドが軽くなりますので、ヘッド重量が重く作られていますし、短く切ると、シャフトの手元の太さが不足して、グリップが細くなってしまうのですが、グリップの太さも調整して普通に握れるように作られています。

同じような商品が安く販売されていますケド、その辺のことを考えていないものも多くあります。練習器具って、なんとなく自分で作れるんです。それこそ試作を繰り返し・・イロイロ調整し、試行錯誤して製品化しているんです。ウチのFacebookページとか、「自分で作っちゃいました」とか書いていただくのは、遠慮していただけると嬉しいです(汗)

短いので部屋で振っても物を壊しません。そう言えば今、重いクラブを再び通販で売っていますが、あれ普通に長いので「部屋で振れないだろ?」って思います・・

 

以前のレッスンワンというヘッドに、以前販売していた、初代イージーフレックスのシャフトを入れたものを自宅で使っています。もちろんこれも持っています、現行のイージーフレックスEF009です。このイージーフレックスは、超柔らかシャフトがはいった練習器具です

スーパーシャット君のヘッドに、イージーフレックスの柔らかシャフトを入れると、自宅で

こんな寸止めドリルが出来ちゃいます!!

練習場に行く人は、ボールも打てるからとても良いんですが、自宅練習しかしない人は、このスーパーシャット君イージーフレックスEF009っていいんじゃないかと・・・

ペンパイナップルアップルペン的な・・・

ちょっと製品化できないか検討したいと思っています スーパーシャットEF009・・・

ってことで自宅練習はゴルフの竪琴とスーパーシャット君もお忘れなく・・・

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

年末は売り切れが目立っていましたが入荷しております

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 


1 2 3 4 5 6 8
▲ページのTOPへ戻る