アナライズstoreblog

カテゴリー: シャフトスタビライザー

2017年07月03日マーク金井のエースドライバーを分析した!

昨日は、インパクト解析セミナーと打点コントロールセミナーの撮影。しっかりと撮影してきました。今週中にはYOUTUBEにアップできるとおもいます!!

ということで

アナライズのYOUTUBEチャンネルにセミナーやらドリルやら、どんどんアップしていきますので、チャンネル登録してくださいね

うーん 結構難しいです。他のセミナーは違うビデオカメラに変更しようとか?!いろいろ思うところがありましたが、まあ今回は、雰囲気だけは伝わればと思います

うーんほんと難しいね

アナライズの超常連の方から

  • カムイワークス KM300高反発バージョン(ルール不適合)
  • J BEAM GALPHA Blackとシャフトは山崎モデル ZYSPEED YELLOW

がメッチャ飛ぶというメールをいただきました。T島すいません見たことも打ったこともないんです 興味あるわぁ〜

まだまだ不勉強ですね。打ってみた〜い

最近、面白い本と出会い、そのおかげでまた暇があれば本を読んでいます

まあどーしても筆が進まない仕事があり、その気分転換に読んでいたのがハマったというのもあるのですが・・・

T島、子供の頃から本を読むのが大好きでして・・自宅の百科事典とか凄く読みましたし、中学の時は担任の先生から「いつも本を読んでいるので心配」的なことを通信簿に書かれたことがあります。(勉強は出来ませんでしたケド)

百科事典といってもこども百科事典的なやつで・・例えばエベレストの標高であるとか、富士山とか、東京タワーなどが比較してあったり、飛行機の最高速度であったりとか、様々なデータが載っていました。何となく今でも覚えていて

なんか1円にもならないことをよく知っていると今でも言われます(ヒドイ)

なのでゴルフクラシックのドライバー重心ハンドブックなんかをチェックして妄想するのが好きです

(8月号についてますんで、買っていない人は急いで買ってくださいね)

このデータを色々チェックするのが好きなことは、折に触れて色々書いてます。いろいろ調べてみると

T島とマーク金井の好むドライバーですが、意外と似ているようでそうでもないのです。もちろんお互いの試打したドライバーの情報共有しますし

「T島はん、あのドライバーええでぇ」

なんて言われると気になって買ってしまいます。なので同じドライバーを買うことはかなり多いです。しかしマーク金井のように衝動買いして、売るというのを繰り返す財力はありませんから、ドライバーを変える頻度は少し違います

一番の違いは、T島のがアンダー傾向が強いので、重心距離長目で、オープンフェース、そして重心高2(フェース厚-重心高)が広いものを好むと言うことです

その流れを調べるにあたって、マーク金井の最適スペックが見えてきました。では歴代エースの数値を並べてみましょう

重心距離 重心深度 深度÷距離 重心高2 重心角
タイトリストVG3(2012) 41.0mm 41.5mm 0.99 19.3mm 26.2度
テーラーメイド初代グローレ 41.2mm 38.5mm 0.93 22.9mm 24.7度
テーラーメイド初代M2 39.4mm 38.4mm 0.97 22.5mm 23.3度
キャロウェイGBBエピックスター 39.4mm 39.8mm 1.01 21.6mm 25.5度

まず重心距離ですが、40mm前後が好み。そしてここ2年ぐらいでドローからフェード系に持ち球が変わったこともあり、気持ち重心距離が短めをチョイスしています

そして、これが重要なんですが、重心深度÷重心距離がほぼ1.0に近いものばかりです。以前からマーク金井ブログには、この比率について触れることが多いですよね。この値が1.0のヘッドはニュートラルであるとブログに書いてますが、自らその傾向のドライバーを使っています。

そして・・重心高2ですが、ほとんど21mm前後です。あまり極端な低重心のヘッドを選んでいません。VG3だけ19.3mmと例外ですが、21mm前後というのは名器と呼ばれるものが多いんですよ。エースとまではいかなかったですが、意外と使う頻度がかなり高かった グローレFも21.8mmです。なにかここに黄金バランスが存在するのかもしれません。
ヘッド選びがほぼ同じ傾向となっています。短い間使っていたモデルなどもチラッと観ましたが、同じ傾向でしたね。ここに載せているモデルは、ニュートラルで飛距離性能も高いと言えるのではないでしょうか?

このデータが出るのは、クラブを選ぶかなり後なんですけど、その値が歴代ほぼズレなく選んでいるというのは凄いわぁ

重心深度÷距離 が1.0前後、重心高2 21mm前後、マーク金井のエースドライバーを分析すると、この数値が現代の名器の基準となるかもしれませんね・

もしかしてマーク金井は、打点コントロールセミナーではありませんが、その位置で打つのが好きなのかも?!((汗)

マーク金井は、同じ打点で上手く打てるかもしれませんが、T島はインサイドアウト軌道なので、どうしてもヒールよりの打点になりやすいんですよ。(詳しくは打点コントロールセミナーにご参加下さい)

しかしそれがこれを使うと、フェースセンターで打ちやすくなります

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

インサイドアウト軌道が強い人は、体から手が離れやすいので、どうしてもフェースのヒール側でボールを捉えてしまいます。体にググッと引きつけるのが難しいのです。シャフトスタビライザーを入れることで、手元の重さをつかって、グリップ側を引きつけることができるので、フェースセンターでボールを捉えることが出来ます。

T島が使うとヘッドスピードは、0.5とか落ちますが、フェースセンターで捉えることができるので、ボール初速が上がりました。インサイドアウト軌道も緩和されるので、フック度合いも減ります。

ヘッドが重いイマドキのドライバーや長尺ドライバーなど、遠心力が強くなる場合有効です

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年06月25日オンプレーンドリルのようにドライバーを振りたい!

はい!こちらマーク金井”ここだけの話” ご好評いただいたようです。大人の紙芝居みたいな放送です(意味は観たらわかります)

明日6月26日21時から配信します

ライブ配信のみで録画はありません

ぜひご覧ください。

今日は日曜ですがマーク金井ブログはおやすみです。かわりにこちらを読んで下さい

昨日T島は久々のゴルフに行きました。

この日このパターシャフトを投入。懐かしい初代ホワイトホット2ボールブレードに、Matrixのパター用シャフトPZ125を入れてみました

朝から入りました。連続バーディ!素晴らしいと思って、またまたバーディチャンス!そして、4パットでガックリ・・良いのか悪いのか??なんて思いました。

ボールの転がりがとっても良くっていい感じです。4パットはまあご愛嬌ですがなかなかいい感じでした。打感もとっても良いですよ

最近オンプレーンセミナーでやっていますドリルをやっているT島

コース上でも暇さえあればやっております

下の記事に

オンプレーンドリルどうしてシャフトを持ってやるのか?!

オンプレーンドリルをやるときに、シャフトを持ってやるのは、グリップの重さがある、オンプレーンドリルがやりやすいのです。ということは?

シャフトスタビライザーを使う(つまりカウンターバランスにすると・・・)

オンプレーンドリルがやりやすい=オンプレーンに振りやすいんじゃないのか?!というのが↑の記事です

ちょっと今回のラウンドでは更にオンプレーンに振りやすいスタビライザーの使い方を試してみました。シャフトスタビライザーは、グリップ全体を重くするという構造になっていますが、グリップエンド側の方がカウンターバランスになりやすいですよね?!

この◯の部分に重い重量があれば、オンプレーンドリルがやりやすいわけです。ってことは、ドライバーのシャフトを長くして、グリップを短く握ってこの◯の部分にガッツリ重量を配置するといいんじゃないか?!的な

これを入れてみました

パター用シャフトスタビライザー

30、50、70gのセット、70、90、110gのセット二種類あります。残念ながら重いセットをT島は持っていなかったので、手持ちの30g、50gを使って実験

今回は、T島のパターに入っていた50gのプロバランスパターキットを使ってみました

シャフトは46.5インチのAUGA G

これを目一杯短く握って、グリップエンドに50gのプロバランスパターキットを入れてみました

結論から言いましょう

すっごく良いんじゃない??

もともとプロバランスパターキットは、元祖シャフトスタビライザーだったんです。これをウッドなどに入れていたのですが、シャフトスタビライザーに進化したという歴史を持っています!

ウッドやアイアンに入れても何の問題もありません

ちと重さをいろいろと変えて実験してみたいなぁと思っています。

120gのウエイト入れてみたいなぁ・・・

プロバランスパターキットですが、もちろんパターにいれるととてもメリットがありますから、こちらを買ってみてドライバーに試しに入れてみたも面白いかと思います。

パターに入れると、テイクバックが引きやすくなります

イマドキのパターですが、ヘッド重量がかなり重くなっています。重いパターはゆっくりとヘッドを動かしやすいメリットがありますが、ヘッド重くなる=動かしにくくなるというデメリットもあります

動かしだす瞬間に力が必要なんですね

パター用シャフトスタビライザー↓クリック

ってことで、またレポートします

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック

 

 


2017年06月24日ウエッジ選びも、ミスショット基準で!!!

 

はい!こちらマーク金井”ここだけの話” ご好評いただいたようで、マーク金井も楽しかったようで、来週もやる?!という話になりまた来週もやりますよ

来週月曜日 6月26日21時から配信します

ライブ配信のみで録画はありません

ぜひご覧ください


木曜日のアメトークご覧になりました?!ゴルフ楽しい芸人特集でしたね

http://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/backnumber/0796/

実は登場された方のお一人・・・

シャフトスタビライザー

analyze_ss_top (3)

を大量にご購入していただいたことがります。最近特に売れています。特にクラブがインパクトで寝てしまって、フックしてしまう人に効果がアリアリです。

ぜひこちらを↓クリック

嬉しくなっちゃいます。こういうテレビみるとゴルフしたくなりますねぇ〜

芸人さんもT島もゴルフが上手くなりたいと思う気持ちは変わりません。あー上手くなんないかなぁ〜

アナライズはゴルフの大好きな皆さんにずばり

上達して欲しい!

と思って上達に役に立つ練習器具やら、スコアアップに役に立つクラブを販売しております。そうそうセミナーだってそのためなんですね。

そうそう

7月のセミナー全て満席となりました!!

ありがとうございます。遠方の方はこちら

YouTubeでチェックして下さい。オンプレーンセミナー以外も配信していく予定です。このセミナーを観たゴルフ仲間が・・・

「私は、あんなに質問されるとやっぱり怖いかも」

なんて言ってました。そう思う人もいるのかな?!募集は大丈夫かな??と心配したのですが、いつもより早いペースで3日間で全て満席となりました。やはりこのYouTube効果なんでしょうかね?!

さてさて

T島のクラブの選び方ですが・・・

クラブ選びって何を基準に考えるか?!っていうと、自分の力量ですよね。ゴルファーってさぁ、どうしても自分の力量を過大評価してしまうもんですよね。コースマネジメントもナイスショットが出るもの !というナイスショット基準は、スコアメイクにはマイナスですよ・・とよくマーク金井がブログに書いてます。

T島も以前のブログに・・・

クラブ選びは自分の力量の見極めが大切!ベストスコア基準じゃなくて、その1年のワーストスコアを実力だと思って、クラブを選んだほうがいいですよ って書いたんですね。実はT島ですね。100を切ってすぐにマッスルバックを買いましたの。90切ったらクラブは本間なんて コピーに乗せられました?!(100を切ったら?だっけ??)

まあ苦労したような気がします(汗)

で・・・

ウエッジ選びですが、T島は練習場や出来れば芝の上からチェックしてほしいんですが

10球打って、一番寄らなかった距離がどれぐらいか?! ナイスアプローチとの差が大切

ここでチェックします。10球中9球が寄って、1球チャックリするなら。10球中10球ソコソコを選びます。

なんてことを友達に説明してたんですが、スカイAで放送してます

ゴルフギアクエスト

という番組で、カリスマクラブコーディネーターが鹿又芳典さんが似たようなことを言っておられました。(ちなみにこの番組で取り上げているハンドメイドウエッジよさそうですね)

この番組、スカイA好きのT島結構観ております。

「上手く打てたときは、何を打っても寄るもの、でも寄った時と、アッ!と言ったミスの時との差が少ないウエッジがスコアにつながるウエッジ」的な・・

そうだよねぇ。よかった・・

なんて安心したT島でした。鹿又芳典さんが同じようなこと言ってて

致命的なミスが出にくいのがコレ

アナライズmmウエッジです!! ←↑クリック

致命的なミス!0点が出にくいので、とっても安心して打てます。ミスしてもソコソコよってくれますよ

更にアプローチが苦手って人はこちら。ランニングアプローチが劇的に楽になる

マジックマリガンUT35

アプローチがとってもやさしくなりますよ

こちらですよ

ということで、是非参考にしてみてちょうだい

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック

 

 


2017年06月08日スコアアップは、ショートゲームの練習とやさしいウエッジ!

昨日はシャフトスタビライザーを紹介しました記事で

シャフトスタビライザー

analyze_ss_top (3)

この商品って、一度買った人が、再び買い足すことが非常に多く試しに買ってみた人が、再び追加で購入する人の割合が・・・

なんと約40%(38.13%)!

と書きました。シャフトスタビライザーを買った人が、また買ってくれる確率が高いという数値です。この商品の特徴は、シャフトスタビライザーのファンが多いということなんです。人数だと40%ですけど、シャフトスタビライザーの売上本数で計算すると66.5%がリピーターで買ってくれた人というすごい数値です

ぜひこちらを↓クリック

アンダー星人にはほんとに効果的です。試して欲しい。リシャフトと違って装着はとっても簡単!!↓こちらの動画で紹介しています

リシャフトより簡単で効果的カモ!

もし効果がなかったら・・グリップエンドに穴が開くんです(埋めることができませんので、もしグリップをプレゼントする企画とか考えたい(スイマセン発想だけで企画力がありません)

と少し落ち込みつつ

昨日、居酒屋に行ってカウンターで飲んでいたら

隣に20代後半ぐらいの若者二人が座り、なんとゴルフ談義を始めました。聞き耳を立ててましたが、T島がゴルフを始めた頃を思い出しました。もうねぇ ほんとゴルフに夢中で、いろいろやりましたし、イロイロ遠回りをしたなぁ〜なんて思って聞いていたのです・・・

二人のうち一人は、かなりギア好きゴルフ好きで、もう一人はまあゴルフはするけど、あまり熱くない感じでした

Aさん「ドライバーとフェアウェイウッドをカスタムしたんだよ」

Bさん「どこの?」

Aさん「コブラだよ」

Bさん「コブラ?ってどこ?」

Aさん「コブラってプーマだよ」

Bさん「プーマかぁ〜」

聞いていたT島は、コブラってどこだよ?って聞かれたら アメリカのメーカーとか、リッキー・ファウラーが使ってるよ答えると思ったんですが。プーマって答えたのがツボでした。やはりプーマとか、ナイキなど若い人に人気があるんだなぁ(サッカーの影響)

「マッスルバックカッコイイよね」とか、わかるわぁ〜と楽しい時間を過ごすことができました。

新しいコブラのクラブが来たので、200球ぐらいドライバーを打ったそうです。T島も「ちょっとお兄さんたち!」と仲間に加わりたかったのですが、「あんた誰?」と言われるのが関の山。黙って聞いていました

実はT島、20代の頃友達と居酒屋のカウンターで飲んでいて、全く同じような、「ドライバー昨日買って200球ぐらい打ったよ」って話していたら、地元のトップアマ(日本アマレベル)の人に話しかけられたことがあります。(広島時代です)

『ゴルフ好きなん? 上達したいんなら、ドライバーを練習場でそんなに打っちゃだめじゃろ。100y以内を練習で打つ球数の8割ぐらい打ってみんさん。ぶちゴルフがかわるけぇ!』

と言われました。当然そんなトップアマとは知らず、日に焼けて、怖そうなその筋の人にも見えるその人にビビっていたのですが、お店の大将に「あの人、日本アマとか行ってる人だよ」とか言われて、T島はマジにそれを実践したら

3ヶ月後にはサクッと90切れました・・・・・

昨日の若者にもそう言いたかったんですけど、日本アマとか出たこと無いし、ただの爺さんなので黙っておりしました。

アプローチの練習はモッタイナイと思うのか・・どうせ練習するならドライバーみたいに、練習した!!!!!って感じるものを打ちたくなりますよね。ちょっとの距離しか打たないのは

モッタイナイ・・

でもスイングプレーンを良くするなら、まずアプローチのスイングプレーンを良くすることが大切なんだ!プレーンに板をおいて練習したら?!とマーク金井が言って

それを持ち運べるようにゴルフ仲間が作ってくれたのがこの板

 

それを製品化したのが

プレーン君です。↑の写真は片山晋呉プロが使っている写真です。片山プロはフェアウェイウッドですが、我々はまずアプローチから練習した方がいいらしいですよ

もう一つ言われたのが

「プロに憧れるのはわかる、あの人達が言ってることは、わしにもわからないことがある。同じクラブを使おうとか思っちゃダメじゃけぇ!」

 

流石にT島も100y以内を80%打つのはテンションが・・・・新しいウエッジを買えばテンションが上がるもの!!!

だったらこちらですよmmウエッジ

このウエッジ

  • ヘッドが大きく、深いキャビティ
  • ソールが広い
  • バンス角も大きい
  • 心地よいグース
  • ライロフト角の調整が可能

とマーク金井がウエッジに求める要素、全て追求しています。

スコアアップは、ショートゲームの練習と、やさしいウエッジ ですよ。是非挑戦してみて下さい!!

では


アナライズからお知らせ

売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷しています

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非に是非!18度、21度、24度、27度、30度と豊富にラインナップされています!! よろしくお願いします。


2017年06月07日オンプレーンドリルどうしてシャフトを持ってやるのか?!

もうすぐ関東地方は梅雨入りだそうです。皆さん街まちはどうでしょう?!

梅雨入りしたということは、もうすぐボーナスシーズン。アナライズでは、皆様のご利用を24時間お待ちしています。

売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷しています

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非に是非!18度、21度、24度、27度、30度と豊富にラインナップされています!!

さてこちらのオンプレーンセミナー のWEB配信

再生回数12300回を超えました!

全部見せていいんですか??なんて聞かれますが・・残念ながら全部見せていますけど、コレで伝われば皆さんすぐに上達してしまいます・・全部見せている、わかっているけどそれが出来るかどうか??はまた別の問題

このブログを書いているT島も、わかっているけどなかなか出来ません(涙)

この配信の1時間10分ぐらいからのドリルが気になる人が多いはずです。このドリルですね

こちらです。このやり方についてこのオンプレーンセミナーWEB配信の1時10分以降で、参加者に指導する際に色々とヒントをマーク金井が言ってますので、それを参考にして下さい。

このドリルですが・・この短い練習用クラブ スーパーシャット君を使ってます。

↑クリック持っていない人は買って下さい

クラブをここでひっくり返すんですけど。このドリルで注目してほしいのは、グリップを持っていないことです。

このシャフトを持っていますよね?!

この位置を持って、ひっくり返す

どうしてここを持つか??

はい。このドリルだけじゃありません

このドリルだって、グリップを持っていなくてシャフトを持っています!

ではどうしてか?!考えて下さい

 

短いほうがやりやすい

はい。やりやすいですがちょっと違います。

正解は、握っているところよりも下に重さがある方が遥かにクラブをひっくり返しやすいからです!

グリップの重さを利用することで、クラブをひっくり返すことが簡単になるわけですよ

ってことは・・・

オンプレーンに振れない人がオンプレーンに振るのに、グリップ側の重さが助けてくれるってことになるわけ??!!!

まあ自転車の補助輪みたいなものかな

ブリヂストンサイクルのハッチ(ブリヂストンサイクルのWEBサイトより転載)

それというのも・・

ゴルフクラブはヘッドが重いのです。一番ヘッドが軽いドライバーでも200gもあります。重いヘッドだと200gを超えてきます。反対のグリップの重さは50gぐらいが一般的です。つまり手元の4倍の重さが、長いシャフトの先についているわけです。

少しでもクラブをひっくり返すタイミングが遅くなると、ヘッドの重さに負けてしまい。スイングプレーンの下にヘッドが入ってしまいます

ってことは切り返しでクラブをひっくり返すための

補助輪になるのは!!

グリップ側の重量!!

これですね!!

グリップ側を特に重くしちゃえば良いわけですよ!!!

ってことは

analyze_ss_photo01

手元側にウエイトを入れてカウンターウエイトにしてしまう。

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_top (3)

が有効ってことになります。このシャフトスタビライザーは、ヘッドがインサイドから入る人、スイングプレーンの下に入るフッカーに劇的な効果があります

 

アナライズでも凄く売れてます。もう10年近く販売していて、未だに人気商品です!!!

マーク金井が、この商品を使った一ヶ月後には、アメリカのPGAショウにほぼ日帰りで乗り込み、この製造元であるBALANCE CERTIFIED社と契約を結び日本の正規代理店となりました。

この商品って、一度買った人が、再び買い足すことが非常に多く試しに買ってみた人が、再び追加で購入する人の割合が・・・

なんと約40%(38.13%)!

もあります(はいT島がシコシコ調べました)4回以上リピートする人が10%もいらっしゃいまして。(あのこれWEB販売している人ならわかるとおもいますが脅威的な数値ですよ。同じ商品のバリエーションですよ)

オンプレーンに振りたいけど出来ない。チーピンに悩んでいる、そんな方は根本的解決はやっぱり

オンプレーンにスイングすることに間違いはありません。オンプレーンセミナーにお越しいただくが、このセミナーの配信チェックしてもらい。オンプレーンドリルを繰り返すのが一番ですが

しかしすぐには結果が出ません。まずシャフトスタビライザーをグリップエンドに仕込ませて、オンプレーンに振りやすいようにしてみませんか?!

でもそんな補助輪的なことをしたら、オンプレーンの習得が遅れるのではないか??って?? いやいやだって、オンプレーンのドリルでも、グリップ側の重さを使ってドリルをしています。その副作用はありませんよ

ということで

シャフトスタビライザー是非よろしくお願いします

↓こちら詳しくシャフトスタビライザーについて書いてますんでクリックしてみて下さい よろしくお願いします

ではまた


ツアープロも使っているゴルフの竪琴↓こちらでオンプレーンスイングの必要なハンドアクションを覚えよう

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


1 2 3 4 5 6 12
▲ページのTOPへ戻る