アナライズstoreblog

カテゴリー: シャフトスタビライザー

2019年12月11日意外に宣伝じゃないドライバーの選び方

忘年会などあまり声がかからないT島ですが、忘年コンペは幾つか入っています。明日は、T島的ゴルフ場1位を志摩シーサイドカンツリークラブと争う鳴尾ゴルフ倶楽部へ行きます。今からわくわくしております。

こちらも初投入!!! 色々と楽しみです。鳴尾ゴルフ倶楽部の高速コーライグリーンに通用するのでしょうか?? んで・・

パターについてはこんな動画に出ております

中古のパターについて語っております(汗)よろしければチャンネル登録をお願いします

こちら行きたかったのですが・・・

福岡でこんなイベントが

福岡の皆さんぜひ行ってみてください。T島からのお願いです

T島も書いてもらってます

さて前回のブログ

意外に宣伝じゃないユーティリティの選び方

ゴルフクラブってファンタジーが増えてきたよね?って話がでてきました。例えば可変スリーブとか、重心位置を移動させるために、ウエイトの位置が動かせるというやつです・・・・

今回はドライバーのファンタジーと選び方について

可変スリーブと、ウエイト位置が動かせると、すべてのゴルファーが1本のドライバーでOKなんてファンタジーがありましたね。ワンヘッドというファンタジー、今はミズノさんぐらいしか残ってないです。口火を切ったテーラーメイド(R1ドライバー)は早々に、ロフトのちがうヘッドを発売するようになりましたよ。

可変スリーブについてはこちら

今更聞けないシリーズ!可変スリーブってどう使う?

↑読んでいただけるとお解りかと思います。可変スリーブではすべて補えません。だから可変スリーブ付きドライバーでも、ロフトのバリエーションがあります! マーク金井はそもそもカチャカチャが嫌い。T島はシャフトが簡単に変えられるから好き。でもロフト角はヘッド個体を見てノーマル位置で決めます。可変スリーブを当てにしません。

ウエイトの移動ですが・・テーラーメイドR7が口火を切り、M1ドライバーなどが積極的に宣伝

でも活かせている人がいるのでしょうかね? もちろん重心位置がかわりますので球筋は変わります。このブログでも実験しましたが確かに重心距離も深度も変わりました!

でも、フェースのセンターでボールを打ちたくないですか? 構えた顔が変わらないのに重心位置だけ変わってもねぇ・・・なんて思います。でも縦方向は重心深度が変わるから良いかもとか思います。

ついにはウエイト外しとかが流行りました(汗)

プロがウエイトを外すからといって、軽いヘッドを使っているわけではないのです。(池田勇太プロとかは軽くしているみたいですけど)ヘッド内部にジェルなどを盛ったりしています。

つまり、ウエイト移動って要るの?ってことになります。

T島ですが・・・ウエイト外しならぬ ウエイト増やしをやってます

ピンG410プラスドライバー ウエイトは1つで それを3つのポジションに動かせます。ノーマル状態は16グラムのウエイトが1個付いてます。T島は、Amazonで8グラムと5グラムのウエイトを買って2つ付けました。(改造なので自己責任となりますよ)ヘッドを軽量化しつつ。周辺にウエイトを配分し、若干深度を浅くしたかったのですが・・・

『ぶっちゃけ違いはよくわかりません(汗)』

なんとなくカッコいいだけ。でもなんかいい感じなんだよね T島的な小さいファンタジーを楽しんでおります。メーカー風にカタカナを駆使すると『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』これでファンタジーなんて簡単に出来上がるわけです。

打球音は少し変わりましたよ。

でも、T島こういうファンタジーの謎を解いていくのは嫌いじゃありません。結構好きです(汗)

そう言えば、今朝Facebook見たらグリップ重量を増やすカウンターウエイトを採用するドライバーも意外とあります。T島が覚えているだけで ミズノさん ヨネックスさんなどが、重いグリップを使ってました。

そしたら、トップブランドのゼクシオが、凄いテクノロジーのようにカウンターウエイトのグリップを、”初めてです”的に凄い長い時間かけて新製品発表会で説明して驚きました。驚きの模様はこのブログを・・⇩

11代目ゼクシオとGOLFTVが発表されました!!

プラスウエイトテクノロジーらしい

カウンターウエイトというのは、手が浮いてしまう人には劇的に効きます。ドラコンの選手も使っています。大手メーカーさんはタメが深くなると説明してくれています。スライサーにはイマイチと言う声が多かったりします。

アナライズで扱っていますシャフトスタビライザー

10年ぐらい前から扱っております カウンターバランスの元祖⇩クリック

シャフトスタビライザー

こちらですね、アメリカのゴルフショップ、フェアウェイゴルフさんで見つけて、マーク金井が気に入ったもんですから、ほとんど日帰りでオーランドのPGAマーチャンダイズショーに行って、日本での代理店契約を結んだと言う商品です。現地1泊といっても夜中について1泊して、PGAショー行って、ゴルフしてそのまま日本に帰ったという弾丸ツアーでした。

カウンターウエイトって、入れてみるとすごく体感できるので、ファンタジーっぽさがあまりないんです。まあアメリカ側が新しくなったよ!という中身が意外とファンタジーっぽいんです。振動を吸収するとか・・・よくわからないのですが、ほぼカウンターウエイトの効果だと思います。あとグリップの中に入るので剛性感が出る気がします。

まあカウンターウエイトというのは、ドライバーに標準装備されていなくてもあとから装着できますんで、特になくても良いと思います。結構ウエイトの重さ(20グラムぐらい)ないとあまり実感できないと思いますけどね。

あとファンタジーっぽいのが空力です。T島もメタルドライバー全盛時代に、ネックが飛行機の垂直尾翼みたいになっているフォイラーとかいうドライバーを買いましたけど、空力を体感できた人っています?

そしてフェースの反発です。もう色々なメーカーが言ってます。でもギリギリだから飛ぶって話になかなかなってないんですよ。今年のはじめにテーラーメイドとキャロウェイがバーンと独自のフェース構造を打ち出しました。だから圧倒的に飛ぶのか?と言うとそうでもなかった。もちろん飛んでますけど、一番売れたのはフェースの弾きについて特に宣伝していなかったピンという・・・ピンが説明したのは『さらなるたわみを生み出す
フォージドフェース』これだけ(汗)

T島もマーク金井も、G410のフェースの弾きが良いとずっと言ってました。

意外と弾く

と、意外とというのは、特に弾きの良さを謳っていないから付いたわけですけど・・・どこだってギリギリ目指しているんですよね。

ということで、ドライバーってファンタジーの塊なんです。というのもゴルファーの夢や希望が詰まっているから!ファンタジーだからといって、それが不要であるわけではありませんし、効果がないわけではないと思います。

T島的にはぶっちゃけ『あって邪魔にならないファンタジーならOK』です。メーカーの試行錯誤です。効果はあるけど圧倒的な効果ではないわけです。圧倒的な効果ならルールで規制されるでしょう。各メーカーさんは、試行錯誤しているんです。その試行錯誤は素晴らしいんですが、なんとなく凄く感じるように『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』なんて言うからファンタジーっぽくなる。

例えばオノフさん なんか

シンプルで勇気あるなぁと思います。

T島的には、カタカナから受ける妄想を捨てて、打って良かったら良いんじゃない?と思うわけです。でもどこのメーカーもファンタジーを打ち出していますから、本質を見極めて、踊らされないことが大切なんじゃないかと・・・

自動車で言えば、フルオプションに惑わされないこと。もちろんフルオプションでも基本性能が良い思えば購入すればいいでしょう。オプションがついてなくても良いものはたくさんあります。

ということで・・・

また金曜日



2019年10月18日今更聞けないシリーズ・・慣性モーメントって何だっけ YoutuberT島誕生

昨日ゴルフに行ったT島です。7月から一番叩いても84だったので、俺はもう大丈夫。もう90は超えないと思っていたら素で8とか打って93も叩いて凹んでおります。オークヒルズ激ピンだったなぁ〜 悔しいので激しく練習します(T_T)

えーっと一番良かったのが

ヤマハRMX220ドライバーに、島田のスチールシャフトにシャフトスタビライザーって組み合わせですね。安定して、キープレフトできました。

最近ちょっと忘れかけていましたが、カウンターウエイトってグリップ側を意識しやすいことを思い出しました。こちらやっぱり感じがかなり変わって良いです

手元のウエイトは色々効果があるみたいです。ホント是非試して欲しいわけです。

ちょっとやってみたいのがウエッジですね。フォロー側の手元の位置にこだわって練習しているのですけど、入れてみたい!!! やってみようと思います

シャフトスタビライザーを買った人が、リピートする確率を一昨年集計したことがあるんのですが

なんと約40%(38.13%)!

の方が、追加でオーダーしてくれていました。もちろん効果を感じない人もいます。(主にフェード系)ということで・・

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。

T島がどんどん構えにくく感じてきた ヤマハRMX220ですが

スライス系持ち球の球筋安定しない同伴者が『打たせて♡』というので、打って貰ったんですが、いい感じのフェードでメッチャ飛ばしておりました

  • 打感が柔らかい
  • 構えやすい
  • スゲー飛んだ

と絶賛 っていうか持ち主のT島を50ヤード近くオーバードライブしやがって・・・高く売りつけてやろうかと思いましたわ。買うてくれ

フェード系でボールを左に打ち出すことに慣れているゴルファーには、構え得やすいらしい。T島は左に打ち出したいけど、染み付いているフックのDNAが、『ちょっとちょっとと〜そのまま左に行って逆球でたらどうするのぉ』という心の声が出てきます(泣)

練習場では、左からフェードが気持ちよく打てるのですケド

ということで、エース候補から脱落なのか?

しかし、スライスに悩んでいる人でもフェースのオフセットが効果的なのか?意外と使えて、大慣性モーメントが球筋の安定を生むことがわかりました。彼のエースドライバーよりも明らかに飛んでいました。

慣性モーメントが大きいとヘッドを動かしにくい。スライサーというのは、インパクト時にフェースが開いて当たりやすいのです。でも慣性モーメントが大きいと開いたフェースを戻しにくい。

この弱点を補うために、ヤマハRMX220や、PRGRのegg5500などは、大慣性モーメントのヘッドは、フェースにオフセットをつけることで、インパクト時のフェースの開きを補っているわけです。

↑こうみてみると、エッグのが構えやすいね(汗)egg5500にディアマナDF入ってたやつよかったなぁ・・・

んで、慣性モーメントと よく出てきますけど、ここでおさらいをしてみましょう

というのも・・・

えーっとT島ですが、元々は広島で会社員だったのですが、その会社は、レコードレンタルや、ゲームリサイクルや、古着そして中古ゴルフショップを運営する会社で・・

中古ゴルフ部門担当でした。広島のレプトンというとこなんですが、YoutubeやりたいとT島にお仕事をくれました。『Youtube?大変だよ』と言ったのですがやりたいということで・・ それで打ち合わせしてたのですが、『どんな動画作りたい? えっ それって俺が出るの? それじゃ見積もりと違うよ 出演料取るよ?』的な話があり この度完成して公開となりました・・・

っていうか誰か観るのか?コレ? スゲー恥ずかしい 自分の出てるの編集するのつらいっす(泣)とは言え誰も見ないと悲しいので、チャンネル登録おねがします!!!ホントお願いしますよ〜

んでこの動画で慣性モーメントについて説明しているのですが

適当過ぎて モヤモヤしていました ということで 説明したいと思います(汗)

俗に言われる慣性モーメントとはヘッドの左右の慣性モーメントのことですね。ヤマハさんやら、ピンさんが慣性モーメントが大きくなりましたというと、この数値のことを指します。ゴルフのルールで規制されている慣性モーメントの数値はこの数値を指します(5900g・cm2以下)

ヘッドの重心位置を軸に、ヘッドが左右にどう動くかってこと

この状態で ヘッドが動きやすいか動きにくいかということかと・・

まあ厳密に言えば、重心はソールにはありません。ヘッドの内部にあるわけで・・・まあ3D的にイメージしてほしいのです!でも左右ということで、この写真でもいいんじゃない? T島にその厳密さを求めるなら、このブログを読んでいないと思います。スイマセン適当で・・ できる限りわかりやすく考えてるんです

この時にこのバランスが取れる位置つまり重心位置、これは後ろに有ればあるほど、ヘッドが動きにくくなるというわけです! これが前になればなるほど動きやすい。つまり動かしやすい。そして重心距離が長いと、ヘッドは動かしにくくなり、短いと動かしやすい。なんとなく↑を観るとイメージしやすいかと思います。

ヘッドの左右慣性モーメントと重心距離、重心深度というのは密接な関係があるということですね。重心位置というのはヘッドの体積を大きく影響がありそうということにもなります。動きにくいということで、ヘッド重量も慣性モーメントに大きく影響します

慣性モーメントですが他に

  • ヘッドの上下の慣性モーメント
  • シャフト軸の慣性モーメント

というのもあります。これはヘッド左右の慣性モーメントが増えれば、↑の2つの慣性モーメントも大きくなるというのは、なんとなくわかっていただけると思います。

この3つの慣性モーメントは、ヘッドの慣性モーメントです

それだけでなく、クラブ慣性モーメントというクラブ全体の慣性モーメントがあります。

現行モデルのドライバーでヘッド左右の慣性モーメントが5000g・cm2を超えるモデルは

この3つに加えて ヤマハRMX120ドライバーと、ピンG410プラスドライバーと、タイトリストTS2と6つあります。(たぶん・・・他に現行であったら教えて下さい)ドライバーの歴史ではこんな感じで存在します。

ということで、こんな視点でクラブをチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか?

この慣性モーメント 実はパターにも有効なんですわ・・ パターってヘッドがぶれてフェース面がインパクトであらぬ方向に向いたら チーン でしょ? なので、慣性モーメントにこだわっているものが多くあります。マーク金井はドライバーよりも、パターの慣性モーメントにこだわっているんです

アナライズRS1.5パターよろしくおねがいします。

ということで また月曜に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴↓こちらでオンプレーンスイングの必要なハンドアクションを覚えよう

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2019年10月16日キープレフトするためにシャフトスタビライザーが有効かも

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ディープバック・シャローバック”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


あーあ ゴルフに行きたいT島です。ということでゴルフに行くことに。まだどこに行くかは決まっていませんけど・・明日行ってきます。

今、T島ドライバーが増えすぎておりまして・・・

  • PXG0811X
  • ヤマハ RMX220
  • ピン G400MAX
  • テーラーメイドM3 460
  • ヤマハRMX116

とこんなに増えております。そう言えばBSオープンで、某メーカーの方に

『T島さん、今のエースドライバーはなんですか?』

と聞かれまして この質問以外とメーカーの方に聞かれます。試打ラウンドとか行くと・・・今回もマーク金井ブログの影響力をBSオープンで感じたのですた、T島ブログとか誰も観てないハズです

『あーあーヤマハRMX220です』と正直にお答えしましたところ

『あーそう言えば、ブログにヤマハ買った書かれてましたね、てっきりプレゼントされたのかと』

んーーーーー プレゼントとかされたこと無いけど(まあアリゾナまで交通費自腹で取材にいったらプレゼントされたことあるけど、時間も経費がガッツリとかってますからね)

っていうか、御社がドライバーとかプレゼントとかしてくれたこと無いでしょ。そう考えるとわかると思うんだけど(汗)もっともっと有名な人ならそんなことあるかもしれないけど、言っときますけどT島レベルではありません。

ヤマハさんは、ヘッドだけで販売しているので買いやすいんです。

っていうか・・・

今からでも送っていただければ、すごく宣伝しますケド・・・

と言いたかったけど、何も言えなくて(秋)

ヤマハって意外だったのかなぁ〜 すごく良いとこあるんだけど、RMX220!でも ロフト角とフェース角問題で苦労しています。

ってことで、この5本から2本ぐらいに断捨離したいと思います。そしてピンG410を買うとか妄想しております。スタジオコアの佐藤コーチ、どれか買いますか? ほしいのがあったらメッセ下さい(ってなにそれ)

とゴルフクラブはサクッと買えるんです。いくらで売れるとか、商品知識があるからですね・・・でも・・・;

イラストをタブレットで書きたいのですが、タブレットはなかなか書けません。まあ毎日書くわけじゃないからですよね。ゴルフも毎日行くわけじゃないけど、毎週使いますからね

えーっとこちらの練習法

超私的な提案 クロスハンドグリップでドライバーを打つことのメリットとは!?

これは凄いので是非やってみてください。

えーっと、こちらのブログ・・

11代目ゼクシオとGOLFTVが発表されました!!

まあ新しいゼクシオのウエイトプラステクノロジーにモヤモヤしたわけです。ぶっちゃけテクノロジーと言われてもなぁ・・ ナンバーワンブランドじゃなくて小さいところならまだしも

しかし・・・ カウンターウエイトの効果を最大手が認めたという T島的にはこういう理解をしたわけです。前述のマーク金井のブログ

・骨盤を開いたインパクト
・振り遅れた状態をキープしたままクラブを振る
・インパクトゾーンでリストターンを自発的にしない
・ハンドファーストでインパクトを迎える(インパクトゾーンでヘッドはグリップエンド を追い越さない)
・シャローな軌道のダウンスイング&フォロー

これがT島もテーマなのですが、これをやるためにはグリップがいつも身体の左サイドにあって、ヘッドはそれを追い越さず右側にあることが大切となると思うんですね。

先日拝読した 和田泰郎プロのこの本

とても面白かったのですが、ではグリップをキープレフトしつづけることということで、キープリフト理論と名付けらています。教習所で習った運転の基本と同じ言葉で覚えやすいです。T島的には、ジャイアントスイング的な動きになると思うんですよ

ということで、和田泰郎プロの本はT島的に今一番おすすめなんですけど。このグリップとヘッドの位置関係が覚えやすいのって、もしかしてカウンターウエイトが有効なんじゃないかなと思い始めて・・・

スチールシャフトのドライバーにシャフトスタビライザーを入れてみました

えーっと素振りしてみましたが、グリップ側をとても意識しやすいです。ハンドファースト感が出ます。ちょっとちょっとぉってぐらい感じます。

シャフトスタビライザーって素晴らしいのは、もう良いや!と思ったら抜けます。残念ながらグリップの空いた穴は元には戻りませんので、シャフトスタビライザー使うなら高価なグリップよりも安いグリップを使うことをオススメします。

ちょっとラウンドでガッツリと試してみたいと思います。

ということでシャフトスタビライザーを練習器具的に使う方法を考えましたが・・・

  • トップの収まりが良くなる
  • タメの角度が深くなる
  • インパクトで手が浮きにくくなる

と言う効果があります

シャフトスタビライザー

手元のウエイトは色々効果があるみたいです。ホント是非試して欲しいわけです。

パターでは手元の動きが安定するで、ヘッドの動きも安定します

ということで是非お試し下さい

ということで、シャフトスタビライザーの効果は金曜日に



2019年10月04日グリップって大切!and遠心力セミナー動画観てね。

Youtube動画 新シリーズ『ゴルフの真理』今回は、つかまり に、ついて語っています。動画の続きは こちらで

https://filmuy.com/analyze/video/363576244


週末ですね。まだまだ暑くて夏みたいです。秋が好きなT島、早く秋になってほしい。ついでに冬になると、スキーの季節。早くスキーしたいなぁ(オイオイ)今年は、富士見高原スキー場のシーズン券を購入したいと思います。広島にいることで最も熱心な時は、年に20回以上スキー場に通って、いつか買いたい!!と思っていたのですが、シーズン券を買ったことはありませんでした。

でも、同じスキー場に行くことがほとんどなので、今年は購入しようと思います。シーズン券って、今流行りのサブスク、そうサブスクリプションですよね。ゴルフ場もサブスクの時代だと思うのですが、なかなかそうなりませんねぇ。

お値段もスキー場のように、安くないだろうし・・・ いくらなら買います?? 赤羽ゴルフ倶楽部の薄暮のシーズン券とかあったらいいなぁ〜シーズン券というと、なんかダサい感じですが、サブスクというと新しい感じがします。

ゴルフ場もサブスクでしょ!(ホントか?)

こちらのセミナー動画・・

このサムネイル画像↑いつもと感じが違いますよね。あれ?ゲーリーさんが作ったのと思った方。ゲーリー久永さんはもっとカッコよく作ると思います。T島が作ってみました。

この遠心力セミナー、終わりの方で振り抜く方向について説明しています。多分何かのセミナーがグレードアップしてNEOになった時にやると思いますけど・・・ この練習が効きます

クロスハンドでスイングする!T島もやってみたら

驚きのいい感じ。これは毎日の練習に取り入れようと思います!!みなさんもぜひやってみてください。

えっT島が何がやりたいのか?というのはこちらを是非

昨日、大蔵ゴルフスタジオに行ったら・・IOMICさんのグリップ交換会をやられていました。

グリップ交換会といいますがけど、こちらのクルマでツアー会場に行ってツアーサービスもされているそうです。つまりIOMICを愛用している渋野日向子ちゃんのグリップを交換している人に、グリップ交換してもらえるということなわけです。ミーハーなT島ですが、それだけでテンション上がります。しかし渋野日向子優勝記念グリップは、発売して一瞬で売り切れたそうです。ちょっと使ってみたかったなぁ

女子ツアーでのIOMICさんのシェアは50%を超えるぐらいで、圧倒的ですね。IOMICのグリップは樹脂ですから、劣化しにくいので交換のタイミングも、ゴム系に比べると圧倒的に長いそうです。ゴム系グリップに比べると高価ですが劣化しにくいんですよ。

男子ツアーのシェアは女子ほど高くなく、やはり世代交代というか長く活躍しているプロが多いという背景があるのではないでしょうかね?

昔はジャンボ軍団に代表されるように、下巻きにこだわっている人が多かったそうですが、イマドキのプロは太さを気にするぐらいで特にこだわらない人が多い。T島的には、太さと重ささえ、問題なければ、こだわらないぐらいのメンタリティの方のが強いんじゃないかなぁ なんて思います。特に女子は、『バックラインってなんですか?』なんて言う選手もいるらしい。

アナライズって、面白いなぁと思うのは、オリジナルグリップが5種類もあるんですよ。昔はプレミアムグリップなんてのもあったので、7種類ありました。面白いのが、マーク金井は、ゴム系のグリップが好みで、劣化したらすぐ交換したいタイプ。なので手頃な価格のグリップがいい!とのこと

グリップってやっぱり大切だと思うんです。T島はズバリIOMICが昔から好きなんですけど、そこはやっぱり好みで良いと思います。どっちが優れているかというより、どっちが好きか?という点かと思います。

先程も書きましたが

  • 樹脂系は一般的に言うと寿命が長く(ソフトさにこだわると短くなります)高価
  • ゴム系は、経年劣化したり、摩耗したりするけど、安価

という傾向があります。(ゴム系も寿命が長くなるような製品もありますが)

好みはとても大切ですが、やっぱりこだわりポイントは、太さと重さです。グリップの重量って意外と製品によって違うんですね。グリップを純正から変えたら、感じが変わったという場合も少なくありません。というのも総重量の軽さを謳っているドライバー、一番どこを軽量化するかというと

グリップ

なんです。通常のグリップっていうのは50グラム、48グラムぐらいが多いのですが、総重量が軽いほうが飛ぶというイメージが、アマチュアゴルファーにあるのでしょう。グリップ重量を減らして、総重量を減らしているドライバーが少なくありません。

  • ゼクシオシリーズ
  • タイトリストTS1
  • Mグローレ

などの大ヒットしているドライバーなど、グリップを軽量化しています。というのもヘッドが軽くするとヘッドスピードは上がりやすいけど、遠心力も出しにくいし、ボール初速も出にくいんです。シャフトの重さには限界があります。そうなるとグリップぐらいしかないわけです。

T島的には、軽くなりすぎると振りにくく感じるんですね。遠心力セミナーでもマーク金井が言ってますが、グリップエンドで遠心力をコントローするイメージ。これが出にくく感じます。(スイマセン、T島的な話しなんで、そう感じない人もいるかも・・)

っていうか、そんな見せかけの総重量を減らしてもなぁ と思うわけで・・・まあコレは大手量販店からのリクエストで総重量を減らせと言うのがあるという噂を聞いたことがあるんで、メーカーさんの真意はわかりませんけどね。

しかし、軽いグリップに慣れているから ということがあるかもしれません。そういう場合、各社軽量グリップを発売していますので、それを使ってください!グリップ交換会などでは、そんなことは百も承知なので、ちゃんと説明してくれますよ。

グリップエンドを感じやすくしたいなら、逆に重くしてしまえ!!という発想、つまりカンターウエイト効果を狙って作ったのが、アナライズオリジナルのヘビーグリップです。

カウンターウェイトというと、アナライズにはシャフトスタビライザーがありますが、ぶっちゃけ安くはありません。とりあえずカウンターウエイト効果を体験してみたいとか、ドライバーにシャフトスタビライザーを入れて、いい感じなんだけど、アイアン全部に入れるには予算が・・って方などは、このヘビーグリップはいかがでしょう?

もっとも安価でカウンターウエイト効果を体感できます

⇩ヘビーグリップ 興味ある方⇩クリック

T島も島田スチールシャフト+ドライバーに入れて、練習しようかな〜とか思っています。シャフトスタビライザーにしようかなぁ

ということでまた来週月曜日にお会いしましょう


しばらく売り切れておりました UT用シャフト UT70が再入荷しました。UT70装着のマジックマリガンUTも販売再開しております。よろしくおねがいします。

マジックマリガンUT+UT70


2019年07月29日パターに悩んでるならコレかも・・・

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”パターのフェース素材”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

 


やっと晴れてきましたね。週末はゴルフなしでした。まあ予定があったとしても、痛風の発作が左手首に出てしまい。かなり痛いです(泣)痛風と言えば足の親指の付け根に出ることが多いのですが、T島は2回連続左手首です・・・不便っす

せっかく、YouTubeで参考になる動画を見つけたので、とっても試してみたかったのに・・

これは驚きました。ほとんどYoutubeは見ないのですが、たまに見るのもいいですね。勉強になりました。

アナライズのYoutube動画 今はマーク金井の珍道中を重点的に配信しております。

マーク金井のソロゴルフ 第8回まで来ました

なかなか撮れない、全英オープンの舞台裏をお見せしますよ

えーっとさっきまで、違うネタを書いてきたのですが、そのネタからつなげる商品が売り切れていて、今違う話を必死で考えているT島です。うーん 楽勝で書きあげたのに!!!!!

えーっと痛風なのでスイングが出来ません。健康って大切だなぁ と思うわけですが、まあ後悔先にたたずといいますがまさにそのとおりです。ということで自宅でパターについていろいろと試行錯誤しておりました。

最近パターがいまいちだったんですね。どうせ入らないならカッコいいやつ使おうを、L字マレットパターを出して練習しています。

カッコいいわぁ〜 T島はコレクターではありませんから、こういうかっこいいパターだって使い倒していたのですが、当たり傷が入るたびに心が痛み。最近では出番が減ってきました。

でもカッコいいから使いたいわけですよ

ということで最近コレを使って練習しています。慣性モーメントが大きいパターって良いと思うんですが、T島が使っていて困るのが予想以上に曲がるグリーンです。先日北海道に行った時に、見た目よりもググッと曲がるグリーンが多くて、苦労しました。

慣性モーメントが大きいパターは、真っ直ぐ打ちやすいといいますが、L字パターは球筋を作って打ちやすいなぁ と T島的に思っています。真っ直ぐ打つのではなくなんか思ったラインに打っていくと入る感じです。ややこしいラインが上手く入るんですよ

あと アプローチっぽく打てるので寄せる感じで打てるのが楽しい。でもT島が不安なのは上りの真っ直ぐなんですね。なんか上手く打てない・・・ややこしいラインは楽しいのですが、短いパットがどうも不安に思ってしまうわけです。

グリップエンドにはパター用シャフトスタビライザーを入れてます

はい、以前はもっと軽い(50グラム)やつを入れていたのです。今は90グラムをいれてみました。こちらですが・・・

2タイプあります。軽めのウエイトが3種類入ってあるもの、重めのウエイトが3種類入っているもの。

これ入れるとどうなるか? 重さはどうやって選ぶ?とか 入れたことがない人は不安に思われると思います。ということで T島的に説明してみましょう。

グリップエンドにウエイトを入れる。カウンターバランスですが、ヘッド重量が重いとそれだけでヘッドが動かしにくくなりますよね。手元のウエイトが増えると、ヘッドが軽く感じて、テイクバックが引きやすくなります。

イマドキのパターのヘッドというのは、30年前に比べると50グラムぐらい重くなっているもの珍しくありません。どうして重くなったか?というと、グリーンが総じて高速化されたからです。T島がゴルフを始めた頃は、ベントグリーンのゴルフ場なんて、高級なところしかありませんでした。

T島レベルが行けるコースというのは、バリバリの高麗グリーンで夏は『ジャリジャリ』と音がするぐらい。そういうグリーンは軽いヘッドのパターでパチンと打たなきゃころがならいわけですよ。しかし日本のゴルフ場も、ベントグリーンに張り替えるコースが増えてきました。高級コース=高速グリーン と言う構図ですね

高速グリーンを軽いヘッドのパターでパチンと打つとなかなか距離感が合いません。世界の青木ぐらいですかなぁ・・ということでパターのヘッドはどんどん重くなり、ゆっくりとヘッドを動かすために、どんどん重くなったわけです。

重くなったのは良いのですが、重くなるとヘッドを動かす抵抗が増えます。そんな現代のパターのために、シャフトスタビライザーはあります。手元が重いとヘッドがスッと動かしやすいんです。

でも なんでこんなにパター用スタビライザーのウエイトの種類ががたくさんあるんでしょうね(汗)それはプレーヤーによって・・

こんな感じで打ちたい

という感覚が違うからです。今までT島のL字パターに軽めのウエイトを入れていたのは、ヘッドを操作できる感覚を残しておきたかったんです。

ウエイト重い→オートマチック感でる

ウエイト軽い→マニュアル感でる

今回ガッツリと重くしたのは、手元と一体感を持ってL字パターを打ってみたらどうなるのか???と言う実験です。自宅のパターマットではいい感じなんですけど、実際どうなるかは色々やってみないとわかりません。

この重さを試行錯誤したら、いい感じの重さが理解できるのでは?なんて思います。

⇩クリック

こちら、3本セットが二種類となってます。いろいろ試行錯誤してみるのはいかがでしょう?

ということで、また水曜日に


最新スイングのキモがわかる マーク金井 NEOフットワークセミナー その2 公開しました

ぜひご覧下さい よろしければチャンネル登録もお願いします

アナライズmmアイアン 限定数ですが販売再開しました

こちらの商品はライ角調整代金込みとなっております。ご希望のライ角度がございましたら備考欄にご記入下さい。
※調整跡がネックやフェース面につく場合がございますがご了承下さい。


1 2 3 4 5 6 18
▲ページのTOPへ戻る