アナライズstoreblog

カテゴリー: シャフトスタビライザー

2017年09月13日ヤマハRMX2017試打インプレッション&腕の回旋が難しい・・

すっかりと秋の気配です

あっ なぜかこちらのセミナーだけまだ空席があります

9月17日(日)11時

インパクト解析セミナー

ボールの飛び方はボールとヘッドが衝突した瞬間に決まります。このセミナーでは、ボールが曲がる原理、真っ直ぐ飛ばすための方法をわかりやすく説明し、かつ自分のインパクトがどうなっているかを体験できます。

時間は1時間半/人数:6名限定

¥3,000
※プライム会員(有料会員)は参加無料ですが、募集の際にプライム会員ですと、書いてください。

まだまだ間に合いますので、是非ご参加下さい

んで10月のセミナーは 9月20日から告知&受付開始です

さて、プロギアのサイエンスフィットEXに行ってからというもの練習やら自宅練習しまくりのT島です。マーク金井から「ドライバーのがアイアンよりいい」と言われております。自分でもそう思います

アイアンはまだ、ドロー系なんです、そして相変わらずターフが取れないし、どーもスピン量も少ないし、打ち出しが高い(泣)

どうやら腕の回旋のやり方が違うようでした

↓プロギアさんではこのインパクトスナップという練習器具で

このハンドファーストなインパクトを覚えてくださいということでした。実はマーク金井がこの練習器具を買ってきて、アナライズにあるのですが、使い方がわからなかったので放置してました。

この動きって、かなり未体験ゾーン(ソアラか!)なんです。もしかしてこの動きって

「自然にできるようになるのかなぁ」なんて思っていたのですが

そんなわけねーだろ!

と思いました。実はそう考えるとゴルフの竪琴でもこれに近い感じで振れば良いわけで、更に極端にやらないといかんですね!! やはり竪琴はすごいなぁと再認識

やっぱゴルフの竪琴は最高に練習になるんですねぇ〜

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

ってことでボールを打ってみたいのですが、昨日はなんかねぇ 文章がまとまらず凄く時間がかかり、時間が取れませんでした、今日は何と打ってみますよっと〜

さて今週の月曜日9月11日はヤマハ RMX2017の発表会でした

契約プロが勢揃いです(有村智恵ちゃんがいませんが・・)

谷口徹プロ、今平周吾プロ

藤田寛之プロ、大山志保プロ

大江香織プロ、ユン・チェヨンプロ、そして司会のタケ小山プロ(なんとなくうっかり八兵衛に似ている)

ユン・チェヨンプロが美しいので驚いたT島です。大山志保さんはずっと応援してます

という気合の入った新製品発表会だったわけです

実は7月にすでにあたらしいRMXの試打ラウンドをしておりまして、ずっと「9月11日まで書いてはダメですよ」と言われてました。そのフレッシュな感動をお伝えできないのは残念ですが・・・・

新しいRMXですが、まずドライバーは118と218

RMX118ドライバー

RMX218ドライバー

打った印象ですが、前作よりも随分と変わりました。RMXというと重心距離が短い、ザ・ジャパニーズドライバーという感じでした。T島も前前作のRMX TOURを使ってました。

RMX118はディープフェースで445cc、RMX218はシャローフェースで460cc、どちらもザ・ジャパニーズドライバーから、世界標準なドライバーになってきたように思います。飛距離性能も高いです。 でも・・あの・・ぶっちゃけ言わせてもらうど重心距離が長くなったのが、フェースがトゥよりになっただけで「新発想ヘッドターンエネルギー構造」はちょっとぉ〜あの〜無理があると思いますケド。特に新発想でもないとT島は個人的に思います

そんな余計なこと言わなくても、ヤマハ伝統の美しいヘッド形状と音に加えて、安定感の高さ、弾きの良さ、コントロール性能の高さを加えた良いドライバーなんだから・・

そしてヘッドだけでも販売してくれるのが”魅力”です。

そしてアイアンですが

まずRMX018TOURアイアン

カッコイイです!焼きなまし製法で打感もいいです。あとリーディングエッジ側のバンスが効いていたので、気持ちダフリのミスに強くなっています。藤田寛之プロはすぐにこれを使ったらしい(そしてホールインワンだったそうです)

RMX118アイアン

軟鉄鍛造で深いキャビティで前作に比べて、トゥよりにウエイトを配分してある感じですね。このアイアンもフェースセンターに芯がある感じで、打ちやすかったですね

RMX218アイアン

こちらはステンレスでポケットキャビティ。このアイアンはすっごくいい球でました。もう球がよじれないピンを刺すどストレートボール。操作性なんか特にいらねーって人(T島もそうです)

このアイアンは、直進性が高く、ボールもシューンと上がり、飛距離も出ます。マジやべぇーっす。白ティレディースには、カーボンシャフト、三菱ケミカルのFUBUKI Ai2 50Rなんて最高にいいんではないでしょうか?!(とってもオススメのシャフトです70g台を出して欲しいなぁ)

そしてRMX FW

いや〜これいい球でました。前作もとってもよかったんですけど、今回もフェースの弾きが良くて、低スピンでよく飛びます。

RMX UT

こちらはボールの上がりやすさと直進性の高さが魅力

んでFWとUTは音が最高にイイです。流石ヤマハ 楽器を奏でるかのように気持ちいい音で、最高な気分になれます

そして・・・前作も絶賛したんですが・・・

RMX TOUR ウエッジですね。最高にいいです 顔がまず良い。そしてスピンが安定して効きます。バンカーもスパっと打てるソールも最高です。ヤマハ契約プロってこれ打ってるのかな?!なんで使わないんだぁ???と思うぐらい良いです

モデルチェンジサイクルが2年となりましたから、「時間かけてじっくりできるようになりましたか?」と聞いたら「じっくりはできますが、改良に改良を加えるので、忙しさは全く変わりません」という答えでした。ほんとじっくり練られた製品で、とりあえず宣伝文句だけは、ちょっと!それはどーなの?!と思いますが

総じてイイですよ

そうそう 最近なんかシャフトスタビライザーがバカ売れなんですけど??誰か理由を教えて下さい

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

ではまた金曜日に


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!

 


2017年09月11日フジクラ・スピーダーエボリューション4試打ラウンドインプレ&祝!片山晋呉プロ31勝

片山晋呉プロ!ツアー31勝!!おめでとうございます!

ISPSハンダマッチプレー選手権で見事ツアー31勝の片山晋呉プロ。こちらゴルフの竪琴↓を4年近く使っていただいています。

やっぱゴルフの竪琴は最高に練習になるんですねぇ〜

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

T島も、腕の回旋を覚えることに取り組んでいます。どれぐらい良くなったかというのは、木曜日にPRGR GINZA・EXにお邪魔するので分析してもらいます

さて今日は、こちら

フジクラ スピーダーエボリューション4をラウンドしながらチェックしたのでこちらを・・・

実はこのシャフト、今日発表されるヤマハRMXを試打させてもらえる機会がありまして、その時にラウンドテストしていました

なになに?スピーダーエボリューション4も気になるけど、ヤマハRMXも気になるって?!それは水曜日のブログまでお待ちください。一つ言えることは

今回のヤマハRMX かなりいいですヨ!

はい。話をもとに戻しましょう。ヤマハの試打ラウンドで打ったのは661エボ4のSでした。第一印象は「しっかりしているなぁ」って感じ。

第一印象としては。あまりしなりを感じないシャフト。しっかりしていて捕まりが良い。正直、T島との相性が悪いシャフトかなぁと思っていました。しかし・・エボ2の進化系という話を聞き・・

「あれ エボ2大好きだから、ダイジョブじゃないかな??」

と思い始めました。結構エボ2好きだったんです。手元はしっかり目ですが、中間部がしなってタイミングが取りやすい。そして捕まりは悪くないのに、左に行きにくいシャフトでした。エボ4は、エボ2より捕まりが良いですが、先端がしっかりしていて、低スピン弾道が打ちやすいなと思っていたけど、試打した時は、スイング変更真っ最中で、上手く打てなかったわけで・・・

アナライズでスピーダー474エボリューション4のSを打ってみたら、「アレ?いいじゃん」と思い、T島の感想としては、エボ4はしなりを感じにくい分、しっかりして感じてしまうシャフト。少しフレックスを落とせばもしかしてハマるかも???

と思い569のSRを選んでみました

長さを46.5インチと長めにして、振動数は244cpmということは、SRにしてはしっかり目ですね。しかしT島的にはかなりいい感じの数値。全く打たずにこちらに装着してラウンドしました

T島のエースドライバーに昇格した PRGR ナブラRS01です

ウエイトを交換してスリーブ込みで200g弱にしました

プロギアのウエイトは、ナブラRS、RSシリーズ2016、RSシリーズ2017と共通だそうです。俺も2016か2017に以降したいものです。しかしナブラRSシリーズは低スピン弾道が魅力です。

まず一発目から、ナイスドローがでました。やはりフレックスを落とすとかなりタイミングが取りやすいですね。エボ2の安定感の良さが引き継がれています。プラス捕まりの良さが魅力です。T島もヤマハRMXに入ったスピーダーエボリューション4を打ったころに比べて、スイングもかなり良くなったこともあり。捕まりすぎることはなくなりました。

巷の評価では、スピーダーエボリューション4は叩ける!と言われてますが、やはりこのしっかり感は、叩ける人にとっては魅力だと思います。そして弾道が安定しています。ややミスヒットしても距離がでますので、安定感がかなり高いですね。ボールの打ち出し角は抑えめですが、低スピンで強い球になってる気がします。

フジクラの工房専用シャフト、ジュエルラインの『ダイヤモンド スピーダー』や『プラチナム スピーダー』に通じる弾く感じもありますね。同じ素材を使っていることも影響しているのでしょう。

ということで、フジクラのスピーダーエボリューション4

  • 安定感があるので叩ける気がします
  • スピン量が少ない感じ
  • 打ち出しはやや低め
  • しっかりしているので、できればフレックスは柔らかめ

とT島的にそう感じました。まあT島のインプレなので参考程度にしていただくのは言わなくても皆さんお分かりかと・・・

でも一つだけお願いが

661のSとか、569のSとか、売れ筋スペックを打って

「アレ?」

と思って諦めないで、ワンフレックス落としてみて下さい。残念ながら661SRは打ったことないですけど、いつも使っているフレックスよりも柔らかめも試して下さい。

すでにフジクラのWEBサイトではどーんとスピーダーエボリューション4を宣伝中

四代目 速度狂、見参。

結構 とブシ。

というキャッチコピー 結構とブシ? いやいやかなりとブシ!!

このコピーを見た瞬間この曲が流れました

レキシのキラキラ武士

いや~レキシ いいっすね(関係ねーだろって・・スイマセン)

はい スピーダーエボリューション4もいいですよ

もちろんこのシャフトにもこちらを入れております

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

T島、今実験しているのは、更に思いウエイトを入れること

プロバランスパターキット

110gを入れていたのですが、エボ4には90gを入れてみました。90gのがいいカモ。まあだ実験段階ですんで、真似するのはちょっと待ってね。110gはやり過ぎなきがしました。70gにも挑戦してみます。挑戦好きな方↑プロバランスパターキットを使ってみて、レポートお願いします

ってことで

ではまた水曜日


2017年08月16日全米プロゴルフ選手権を観てドライバーをチェックする 訂正編

今日でアナライズのおやすみは終了!

明日から商品の発送再開します!!

(おやすみ中に頂いたオーダーは順次発送します)

注文よろしくお願いしま〜す


さてさて、ポチったこちらが届きました

テーラーメイド TPコレクション SOTO 松山が使って話題のTPコレクション ミューレン プロトタイプですが・・

ごらんのようにネックがありません・・

市販品のミューレンは こんなネックです

名前が同じなだけで、売り切れてしまうってミーハーだな(っていうかマキロイが使ったからとってTPコレクション SOTAを買うT島のがミーハーですね スイマセン)

T島が超私的に思うのは ミューレンよりも松山が使っているパターに近いのは

TP COLLECTION BERWICK じゃないっすか?!

なんて思うんですが・・

こちらはまだ買えるみたいですよ。こちらもシャフトの曲げがシングルベントなんで、たぶんオフセットの感じなんかは違うんじゃないかな?!と想像します。全く同じってのはやっぱり無理なわけですよ。世界のHIDEKIのために作られたパターなんですから!

TPコレクション SOTOですが、SUS303を使っていて、高級感があります。打感はしっかりとしていて、ソリッドでいい感じです。

結構いい感じで使えそうなので

パター用シャフトスタビライザーを入れました(結構ヘッドは重めです)

T島ですが、テイクバックがスッと引けるカウンターバランスにしてあるパターが好きです。なのでパターを買ったらかならずこちらを入れてカウンターバランスにします

パターを買い替えたら、なんとなくテイクバックが引きにくくなった?!と感じる人は是非こちらをこちらをよろしくお願いします↑

全米プロゴルフ選手権を観てドライバーをチェックする&もしかしてハンドファースト??

 

こちらの記事ですが・・・月曜に書いてgolfwrx.comの記事をチェックしたら、使用ドライバーがタイトリスト917D3となっていたのですが、その後タイトリスト917D2に変わっていました(汗)

http://www.golfwrx.com/465758/justin-thomas-winning-witb-2017-pga-championship/

スイマセンここに訂正します

T島こちらのサイトを信じて書いてますんで、T島の見間違いではないのは、月曜のブログを見ればわかります。golfwrxからのFacebookの引用部分に917D3って書いてますんで・・・

 

こうなったらタイトリスト917D2ドライバーも紹介しないといけませんね(汗)

とりあえず

タイトリスト917D3ドライバー

  • 重心距離:40.3mm
  • 重心深度:37.7mm
  • 重心高:31.9mm
  • 重心高2:24.4mm
  • 重心角:22.2度
  • ヘッド重量:204.1g

ちなみにメーカーさんは440ccと書いてますが、ゴルフクラシックのデータ(実測値)によると445.6ccみたいです。ちなみにD2は453.8ccと実はあまり差がありません(その差8.2cc)

タイトリスト917D2ドライバー

タイトリストWEBサイトより転載

 

  • 重心距離:39.0mm
  • 重心深度:38.5mm
  • 重心高:31.3mm
  • 重心高2:22.9mm
  • 重心角:25.1度
  • ヘッド重量:204.3g

T島もこの2つのドライバーはかなりテストしました(購入には至っていませんが、買ってもいいと思ったドライバーの1本です)

重心位置でだいたい性格がわかります。

低スピン弾道が打ちやすいのは 917D3ドライバーでしょう。D3の方が、若干ディープフェースなのに、重心高があまりかわらないので、重心高2が広くなっています。加えて重心深度も浅くなっています。しかし重心深度÷重心距離が0.935となっていますので、若干ヘッドの動きがピーキーかも

917D2ドライバーは、重心深度÷重心距離が0.987とマーク金井的理想値の1に近いので、ヘッドの挙動はニュートラル。プロモデルで難しいというイメージを一新するぐらいニュートラルで、ミスに強いドライバーです。

ジャスティン・トーマスが、どうしてD3からD2にしたのかわかりませんが、飛距離よりも安定感を優先するなら917D2のがいいのでは?!と思ったのかもしれません。

T島が買うとしたら、超悩む〜けどD3かなぁ

タイトリスト917ドライバー、超オススメなんですが・・・気になる点・・昨日はヘッド重量について書きましたが

今日はフェース角です!

T島ですが、スライサーの人に、タイトリスト917カッコイイですね欲しいんですけど・・・と言われたら

他のドライバーにしたら・・と言います

タイトリストだけじゃないです。ピンのG-LSテック(G400、G400-LSテック)、テーラーメイドM1、今のM2(初代M2はギリギリセーフ)、キャロウェイGBBエピックサブゼオもスライサーにはオススメしにくいです

それはフェース角のオープン度合いが強いから

D2が-4.3度、D3が-3.2度とかなりオープン。ピンGドライバーLSテックは-2.8度、テーラーメイドM1(2017)は-2.4度、初代M1は-2.5度、今のM2は-2.4度、とかなりオープンです

タイトリストだけでなく、ハードヒッター向けプロ用モデルはこの傾向が強いです

それでも欲しかったらカチャカチャを目一杯ロフトが増える方向に調整して下さい。ロフトが増える方向に調整すると、フェース角は必ずプラス方向へ動きます!!これはどんな可変スリーブも同じです!

ちなみにヘッドが重いのも、タイトリストだけでなく、テーラーメイド初代M1、M1(2017)204g、キャロウェイGBBエピック サブゼロ204gと200gオーバーです

重いヘッドで扱いにくいと感じたら、タイトリストはウエイト交換で軽く出来ますが、他のモデルはメーカーでは交換用ウエイトを販売してません。(メーカー外ではありますので、検索して下さい(交換は自己責任で)

そんな時はこちら

 

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

これをグリップエンドに装着します。手元の重量で、ヘッドが重いことで増大した遠心力に耐えられるようになり打点位置が安定します。ヒールからセンターへも何とか持っていけるようになります。

ということでよろしくお願いします。

では金曜日に


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年07月31日クラブの変化!はパターが一番大きいかもしれません!

昨日は朝から高尾山の登ろうと思って高尾山まで始発で向かいました

しかし天気予報が外れ・・雨・・・

家の近所は降っていなかったのにな〜仕方なく家に戻りウォーキングしようかなと思ったら、雨・・・ということで練習場に行くことに・・・

そしてこちらのブリヂストン 倉本プロギャビティ2を打ってみました。なんかよくわからないカーボンにリシャフトされているんですけどね 打ってみたら

イイじゃんコレ!

まあキャビティと書いてありますけど、ほぼマッスルバックですけど、凄いいい球が出て打ちやすい。昔からのギアマニアは、倉本プロキャビティのことはご存知かと思いますが、若い人は何じゃそれ?!と思うかもしれません

現在PGAの会長である倉本昌弘プロが現役時代にブリヂストンから発売していたアイアンです。実はT島が今まで一番気持ちのいい球を打っていたと記憶するのが、倉本プロモデルアイアンです。これは紛れもなくマッスルバックでして、いい球でてたなぁ〜

なのでこのプロキャビティ2も期待していたのですが、打ってみるとシューンといい球が出ます。もしかしてエースアイアンになってしまうのか?!ぐらいの衝撃です。ちょっとコースで打ってみよっと

確かプロキャビティは三浦技研だったと・・プロキャビティ2は三浦技研監修?!よくわからないですが、T島的には構えやすいなと思ったら三浦技研だったということが珍しくなく・・・テーラーメイド300フォージドアイアンとかね

発売が1995年だそうで、何となくよくわかります

95年って22年前じゃん(汗)当時からするとゴルフクラブは劇的に進化してます。一番変わったのはドライバーでしょうか・・アイアンはそうでもないような、変わったような

T島的に一番変わってないようで変わったのはパターじゃないかと・・・

そんなことないだろ〜ピンタイプなんか現役だし、L字マレットはテーラーメイドが原型だろう?!と思われるでしょうね。いやいや20年前のパターと今のパター形状はかわってないですが(まあスパイダーとかあるけどね)

ヘッド重量が劇的に重くなりました!

その理由ですが・・

その原因はたぶんグリーンの高速化です

T島がゴルフ始めた頃は、まだゴルフ場ってコーライグリーンばっかりで(っていうかその頃まだお金もないしいいコースなんかいけなかったのもあり)初めてベントグリーンでプレーした時びっくりしたんです。あれは柳井カントリー倶楽部だったなぁ。

それまで、グリーン上でボールマークを直すのがマナーです

って言われていたんですが、バリバリの高麗グリーンでは、ボールマークなんか付きませんでした。でも柳井カントリー倶楽部のグリーンってボールマークはできるし、柔らかいし、スピンがかかるし驚いた記憶が・・そしてグリーンが速かったなぁ

昔のゴルフ番組をテレビでたまに見ると、グリーンがメッチャ重いのが観てわかると思います。今では高麗グリーンって珍しいぐらいどこも高麗グリーンからベントへ張り替えてしまって、男子のトーナメントでは、KBCオーガスタ、女子は川奈ぐらいになってしまいましたね

グリーンの変化に対応すべく、パターのヘッド重量がどんどん重くなって言ったのではないでしょうか?!

T島が生まれてはじめて買ったパターは、ピン PALというパター。実家に帰って、振ってみると

 

なんじゃこりゃ!

と声が出るぐらいヘッドが軽いんです

 

たぶんヘッド重量は300gぐらいかな?!ODYSSEYの初代ホワイトホットを今もつかってるプロが意外と多いですが、ソールには鉛がべったり貼られていますよね・・・

今はヘッド重量は350gぐらいが標準でしょうかね

ヘッドを重くする目的ですが、ゆっくりと動かしたいからだと思います。ヘッドが重いとパンチがはいりにくいですしね。

じゃあ

重ければ重いほどヘッドがゆっくり動かしやすくていいのか??と思うでしょ?!でもそうなると

やりすぎると・・ヘッドが動かしにくくなる・・

そうなんですよ やりすぎるとヘッドが動かしにくくなり、動かないから動かそうとするするとパンチが入ったりします。

それを解決するにはグリップ側に重量を配置することです

高速グリーンに行くと、カウンターウエイトの効果が絶大にあります。ヘッドだけ重いのと全体として重いのはかなり違います。是非体感してほしいわけです。じゃ体感方法を!!!

体感しやすいのは。クラブを2本(パターでもいいです)持ってパターのストロークをして下さい

メッチャヘッド効いてるでしょ。でも一本逆さまに持ってみて下さい

はい劇的にヘッドが動かしやすくなったでしょ??

プレッシャーがかかると、ヘッドをすーっと引けなくなります。手元にウエイトがあると、テイクバックしやすいく、動き出してもフォローで止めやすいのです。

パターが一番カウンターウエイトの効果を感じやすいと思いますし、一番効果的!!

カッコイイパターと言えば、スコッティ・キャメロンがすぐ浮かびますが、ヘッド重量もかなり重くなってきています。打ってみて・・ヘッド重い!!!と感じた瞬間があったら、今日のエントリーを思い出して下さい。ということで!

カウンターウエイトにする一押しはコレ!

プロバランスパターキット

 

そして、グリップを切るグリップカッター、固定する六角レンチ、交換時引き抜くためのハンドルがついています

現在JAPANバージョンは売り切れ中ですが、まずは30,50,70gのセットを試して欲しいなっと

興味ある方こちらをクリック ←クリック

マーク金井もこのヘンこだわっています。なので自身で作ったリンクス ナチュラルパターのグリップは、135gもあります。

P1050397

こちらのパターは最初からカウンターバランスとなっていますんでよろしく↑クリック

ではまた明日


お待たせしました!

売り切れていました

アナライズマジックマリガンUT

 UT70装着モデル

販売再開!しました!

↓クリック

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年07月26日全英オープントップ10のドライバーを分析してみた

ゲリラ豪雨大丈夫ですか? なんだか曇りの日が続くとまだ梅雨なのかなと思うわけで・・水不足が解消されるとイイなぁなんて思っています。

さて最近のT島ですが・・・

仕事でも写真や動画を撮る機会が激増していますので、ラウンドも飲み会も断り

こちらの特派員ブログに書いたように↓、PXGのアイアンも手放し

手持ちのカメラやレンズを半分以上処分して↓こちらを購入

そういえばこれがほしいと・・

ゴルフって始めるの大変なのを疑似体験した

↑こちらのブログに書きましたね

MMT9の撮影で、素人T島の隣で、プロなオーラを放っていたカッコイイカメラ(この人はソニーα9ですが・・)を持っていた、カッコイイカメラマンに影響されたわけではありません(ウソです・・影響されました)

ということで動画のクオリティが、上げていければ嬉しいです

ということで、ゴルフクラブも買い替えるどころの騒ぎではありません。まあクラブが問題じゃないんですよね・・T島の場合・・・・・

Facebookを観ていたらこんな記事が

1.J.スピース

タイトリスト915D2 (9.5 度), with アルディラ NV 2KXV Blue 70 X

2.M.クーチャー

ブリヂストン J715 B5 (8.5 度),  三菱ケミカル  テンセイ CK Blue 60S

3.李昊桐

テーラーメイドM2 (10.5 度),  フジクラ Pro XLR8 71X Tour Spec

T4. ローリー・マキロイ

テーラーメイド M2 (8.5 度), 三菱ケミカル Kuro Kage 70 X

T4. R.カブレラベロー

タイトリスト 913D2 (8.5 度),  Project X HZRDUS Yellow 6.5

T6.M.サウスゲート

タイトリスト 917D2 (8.5 度),  フジクラ Speeder Evolution X

T6.M.レイシュマン

キャロウェイGBB Epic (9度), フジクラ Speeder 757 Evolution II

T6.A.ノレン

キャロウェイGBB Epic サブゼロ(9 度),  フジクラ Pro 53 X

T6.B.グレース

キャロウェイGBB Epic サブゼロ (9 度), フジクラ Six Tour Spec 60X

T6.B.ケプカ

テーラーメイドM2 (9.5 度)  三菱ケミカル  ディアマナ D+ 70 TX

という感じです。GDOさんの記事

「全英」1W&シャフト使用率をチェック TOP10選手は何を使ったか?

によると↑クリック

出場選手156人のうちテーラーメイドが74人、タイトリストが29人、キャロウェイが28人、ピンが19人だそうです。

シャフトは、三菱ケミカルが50人、フジクラが32人、アルディラが30人

と書いてありました!トップテンでもテーラーメイドが5名となっております人気ですね。しかし以前はもっとその比率が高かった気がしますが、キャロウェイGBBエピックが大躍進って感じかな

こういうデータを観ると・・

世界のトップのフィールドで、トップの選手が使っているクラブは性能が高い!!

と思ってしまうわけです。もちろんそれは間違いではないです。流石にこの人達のシャフトは、Xシャフトとか更に硬い TX(ツアーエックス)などを選んでいるわけで、流石に我々もシャフトは同じではダメだ・・・

なんて事自体はわかる

しかし・・・

「シャフトを変えると使えるだろ」と思うのが我々アマチュアゴルファー

もちろんT島は、ちょっとまった〜と思うところもありますが、ゴルフというジャンルを離れると(さっきのカメラみたいに、まあカッコイイからプロ用を買ってしまうわけです(汗))

一番気をつけてほしいのは

ロフト角とフェース角です!!

まずロフトですが、8.5度とか真似しないでくださいね。ロフトは少なくとも9度以上でお願いします。できれば10度台がいいのですが、気をつけて欲しいのがフェース角です。

全英オープントップ10のドライバーの特徴として、フェース角がオープンなモデルが多いことです。フェース角がオープン・・というのはフェース角が開いているということです

 

フェース角が開いていると、

こういう状態でインパクトしやすいのです

インパクトでフェースが開いていると、スライスしてしまいます。スライスに悩んでいる人が、このトップ10に入っているドライバーを使うと、更にスライスに悩む可能性が高いです

スライサーが使っても何とかなりそうなのが

2.M.クーチャー

ブリヂストン J715 B5

T6.B.ケプカ

テーラーメイドM2 (2016)

この2つかなぁ それ以外はスライサーは選ばないように。もし持っているなら、カチャカチャしてロフトを目一杯増やしてください

あとですねぇ

ヘッドが重めです。

プロが使っているのはプロが好みに重さを選べますから実際はどうかわかりません、この市販の製品の特徴としては、ヘッド重量は200g弱〜205gと重くなっております。

重くなると遠心力に負けてしまい。インパクトでボールがヒール側に当たりやすくなりますので要注意です。みなさんもこういうシールがゴルフショップに売ってますんで、貼り付けて打ってみてください

 

もしどうやってもヒール側にしか当たらないなら、YOUTUBEで打点コントロールセミナーを観てくださいね

 

しかし手っ取り早いのはこちら

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

これをグリップエンドに装着します。すると手元の重量で、遠心力に耐えられるようになり打点位置が安定します。ヒールからセンターへも何とか持っていけるようになります。(これはスイングもがんばってください)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

ではまた明日


打点コントロールセミナーの動画配信、その2、その3配信しました

ぜひご覧ください。ちなみに8月の打点コントロールセミナーは満席となりました

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


1 2 3 4 5 6 13
▲ページのTOPへ戻る