アナライズstoreblog

カテゴリー: ストレッチパッド

2017年07月14日T島のパッティングを丸裸にした&凄い股関節のストレッチこれが決定版か?!

ようやく金曜日が来ました。毎日忙しい感じでバタバタしておりますが、今週末は連休ですね。久々ゆっくりさせていただきたいと思います

今日は恵比寿な感じのお話です。ストレッチパッドも恵比寿で撮影しているわけで、そしてGpc恵比寿さんでパットラボしましたという話の2本となっております。どちらも

ええええええ

って感じの驚きなのでお楽しみに

パットに悩んでいる方是非読んでね!

ではまずはストレッチパッドの素敵なドリルです。 このコーナーで散々肩甲骨周りの柔軟性と股関節周りの柔軟性が大切と書いてきました。

T島も おかげで

超硬い人→硬い人へと変化してきました

長いことやっているのに、ピン助先生が

あっ あれやりましたっけ?!

なんていうわけです

まず正座して・・・

左足を伸ばす・・・って伸びねぇ(汗)

でっできません つか痛い

はい ダメな俺・・・しかしストレッチパッドを使うと、もっと楽に効果的に出来ますよ

ストレッチパッドをお尻にひきます

足を曲げる・・

イターイ

そして後ろに反る!

これメッチャ太ももが伸びて、股関節がグーンと動きましてメッチャほぐれますで〜

↓ストレッチしてない方       ↓ストレッチした方

スゲー足が上がる

反対側もやる 左のほうが硬いみたいです

こんな感じ!!

これは凄い!!!

ちなみにソネちゃんとか・・・

ピン次郎とかこんな感じ悪い感じ

今まではスエーするところが・・・↓

ググっと股関節が入ってパワーが受け止められますで!!!!

ということで、是非試してみてください

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドお試しいただきたいと思います

よろしくお願いします。


昨日こちらにお邪魔しました

GPC恵比寿さん。こちらは大本研太郎さんがヘッドコーチを務めるゴルフスタジオです

大本研太郎さんと言えば、4スタンスをレッスンに取り入れたり↓こちらのように

↑パッティングに関する本も発売されています。そしてパットラボという、パターに特化した施設をGPC恵比寿内に作っておられ、アマチュアだけでなくプロにもパッティングの分析、パター選び、そしてパターレッスンを行っておられます。

ってことで・・・今回は

スコッティ・キャメロン使いこなせてます?!&目指せジャスティン・トーマス

↑こちらに伺った時に、やばいパットラボ受けてみない!!!

受けたい!!!!

ということで予約しました

T島のパッティングを丸裸にする!!!

まずは問診ですね。大本さんは4スタンスレッスンもしているので、4スタンスのタイプを聞かれます。T島はA2です!とつげると4スタンスとクラブについて話が盛り上がります

実はパターグリップもタイプによって、向き不向きがあるそうです!T島は、JOPグリップが最近お気に入りでエースパターには、全て装着してあります

大本さんが持ってきてくれた、4スタンスタイプ別オススメパターグリップの表のA2のとこへ、JOPグリップありました!!!

ウムウムやっぱりそうだよね〜なんて思いました。(その表がご覧になりたい方は、Gpc恵比寿へどうぞ)

それではパットの診断です、パッティング解析のデータは3台の測定器を使って、分析します

使用する計測器は

  1. C SWING (アナライズにもあります)ビデオ解析
  2. クインテックロール(超高速カメラのよるインパクト解析)
  3. サムパットラボ(パターのヘッド軌道が計測できる)

この3台。これを4台のディスプレイに写して何となくカッコイイ

まず

C SWINGには5台のカメラを接続しております。これでアドレスからパッティング中の動くが3次元的に把握できます

 

クイッテックロールというのはボールがどう転がっているか?!というのがわかります↓

そしてSAMパットラボ!!!

この計測器は

  1. アドレスのパターのフェース向き
  2. インパクト時のフェース向き
  3. 上からのストローク軌道
  4. 打点位置とインパクト時のライ角
  5. 横からのストローク軌道(ヘッドの入射角、ハンドファーストの度合い、インパクトロフト)
  6. フェースローテーション
  7. リズム&タイミング

という項目がわかります!!!

ボールを6発打って、その平均値と再現性のデータを出します

以前パットラボはいろいろなとこで体験したのですが、大本さんのこだわりはここでわかりました

吉岡徹次オフィシャルブログよリ転載 写真をクリックすると吉岡さんのブログへ行けます

まずはフェース目標方向にフェース向きをセットします。このゲージを使っているだけでなく、後ろからレーザーを当てて目標方向にちゃんと向いているか、キャリブレーションを行います

このキャリブレーションってとっても大切なんですよ!!!

これがちゃんとしないと、このあとの診断が意味がないわけです・・・

何故なら・・・

パターが目標方向に転がるか転がらないか

いちばん大切な要素!

それは

インパクト時のフェース向き!

だからです

これは↓このインパクト解析セミナーをご覧になった方はご理解いただけると思います

そうですDプレーンってパターも同じなんです。まずこれを理解していない人が多いんですね。

大本さんも、「パターでよく押し出した!!!という人がいますが、押し出したからといって、インサイドアウトで右に打ち出した人はほとんどいません。ただフェースが開いてインパクトしたのを押し出したと言っているんです」

ということなんですよ。だからインパクトのフェース向きがとっても大切なんですね

おっと時間が無くなりました。この続きはまた明日!!

ってもうパットラボ受けたくなった人がいるでしょ?!そういう方は今お得なキャンペーン中です↓

アナライズのセミナーですが、7月20日に8月分の募集を開始しますんでこちらもよろしく

ではまた続きをよろしく


 


2017年06月30日スコッティ・キャメロン使いこなせてます?!&目指せジャスティン・トーマス

もう6月も終わります。7月からアナライズは動画コンテンツの充実を更に図っていきますんでよろしくお願いします

さて金曜日はストレッチパッドの日です。取材の時に全米オープンの話題となり。ピン助先生が・・

「打つ時飛ぶ人のトレーニングをマークさんがFacebookでシェアしていたけど凄いトレーニングですね」

打つ時飛ぶ人!というのは、球も飛ぶけど、打つ時飛び上がる感じの

ジャスティン・トーマス!

GDOさんの選手プロフィールでジャスティン・トーマスを調べてみると

178cm 66kg あまり大柄でもないし

細身だけどメッチャ飛ぶ!

その秘密ですが↑こちらの動画をピン助先生が分析すると、縮める力よりも伸ばす力、縮める方向の筋肉よりも、伸ばす方向の筋肉を鍛えているそうです。

中でもこの飛び上がるトレーニングは

飛距離アップにつながるそうです!!!

早速、真似するドラコンな女性・・・

T島も飛んでみましたが、「危ない危ない」

初老には危険です!

と怒られたのでやめることに。ではその代わりにトレーニングを教えてもらうことに

ストレッパッドを背中に添えます(これで骨盤が起きていい姿勢になることが大切)

足を広げて沈み込み、飛んで足を入れ替えて沈み込む これを繰り返します

えーっとこんな感じに深く沈み込んでね

ということで、是非試してみてください

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドお試しいただきたいと思います

よろしくお願いします。

さて先日こちらにお邪魔しました

GPC恵比寿さん。こちらは大本研太郎さんがヘッドコーチを務めるゴルフスタジオです

大本研太郎さんと言えば、4スタンスをレッスンに取り入れたり↓こちらのように

↑パッティングに関する本も発売されています。そしてパットラボという、パターに特化した施設をGPC恵比寿内に作っておられ、アマチュアだけでなくプロにもパッティングの分析、パター選び、そしてパターレッスンを行っておられます。

大本コーチとは、ご挨拶程度しかしたことがなかったのですが、AJGAの吉岡さんが、パット解析スタジオに行くよ〜とFacebookに書いていたんで見学に行きました

↑こちらのブログ、面白いので読んでみてください。

今回、パットの解析を受けていたのは、明日のツアーの有名選手になるかもしれないジュニアゴルファー達。皆さんさすがにストロークも安定していますし、パターが上手いと言われているジュニアの女子は、データ的にも素晴らしかったです

この日、解析を受けたジュニアは、スコッティ・キャメロンを使っている人がほとんどでした。(ジュニアにも人気なのか??)

大本コーチが面白いことをおっしゃいました

スコッティ・キャメロンはロフトが4度近くあります。ですからハンドファーストにインパクトして打つ必要があります。アメリカの芝は沈みますからパターをハンドファーストに打つ人が多いです(これはアイアンもだそうです)

つまりハンドファーストに打つことを前提にしたロフト設定となっているんですね。しかしジュニアの子たちのデータはあまりハンドファーストにインパクトしていないようです。大本プロの話だと、日本でハンドファーストに打っている人はすくないです。ハンドファーストにしなくても打ててしまうからでしょう みたいなことをおっしゃってました

芝の違いが大きいということですが、日本だってグリーンはほぼベントグリーンなので、今考えるとモヤっとしました(今度聞いてみます)が・・

アッパーに打つと距離感が合いにくいそうで、海外の選手は圧倒的にダウンブローに打っているそうです。

あのぉ〜お節介で申し訳ないのですが・・

もしかして

スコッティ・キャメロンを上手く使えない人

は、ハンドファーストにインパクト出来ていないのでは??なんて思うわけで。まあプロパーなスコッティ・キャメロンでもソコソコ高いわけですが、T島のゴルフ仲間が持っている軽自動車が買えるぐらいのやつとか、ハイブリッドカーが買えるぐらいとか・・・

アレで入らないって悲しいなんて思うわけで(余計なことでスイマセン)

やっぱりパターのインパクトはハンドファーストなわけですよ。スコッティ・キャメロンを持っているあなた、こちらを買って練習すればハンドファーストインパクトが覚えられますよ!!!

↑マーク金井考案!ハンドファーストのインパクトが自然に覚えられるナチュラルパターこちらのパター、7度もロフトがありますからハンドファーストにインパクトしないと、ちゃんとボールが転がりません。だからこのパターを使っていると、いつのまにかハンドファーストのインパクトが覚えられます。まあ練習器具みたいなパターなんですが・・

片山晋呉プロも使ってくれるんで、パターとしてもなかなかの性能かと思います

スコッティ・キャメロンのパターを愛用している松山英樹もハンドファーストですよね

ということで! ハンドファースインパクト覚えましょう!! 軽自動車が買えるぐらいなら安いもんです。そして

こちらのパットラボ

 

3つの機器を組み合わせて分析

  1.  Cスイングを使ったビデオ解析
  2.  クインテックロール(高速カメラによるインパクト付近のボールとヘッドの挙動の解析)
  3.  サムパットラボ こちらはパッティングストローク中のヘッドの動きの分析

と凄いんですよ T島も受けてみたくなり早々に予約しました↓

ということで

ハンドファースト覚えてみましょう

ではまた


 


2017年06月23日クラブで飛ばすのは限界がやっぱりあります(泣)

はい!こちらマーク金井”ここだけの話” ご好評いただいたようで、マーク金井も楽しかったようで、来週もやる?!という話になりまた来週もやりますよ

来週月曜日 6月26日21時から配信します

ライブ配信のみで録画はありません


昨日はEVEN GOLF LABで

こちらで、33本ドライバーを一気試打し計測しました。キツかったです。残念ながら未発売の新しいドライバーはありませんでしたが、ドライバーによる正確の違いを感じることが出来てとてもよい経験となりました。

地クラブとナショナルブランドを一気に打ったのですが、地クラブとナショナルブランドの最大飛距離はどちらも変わらない感じでしたが、ドライバーによって±20yの差が

220y〜240yの飛距離の差がでました。

皆さん・・T島さん飛ぶドライバーは何?

と聞きます。でも質問には5W1Hが必要だと思います。しかし皆さんの質問には5W1HGが無いような気がします

無条件に飛ぶドライバーなんかありません

無条件とは、5W1Hが無いということです。特に3wが必要です(スプーンじゃないです)

  • WHO
  • WHEN
  • WHERE

の3W

  • いつでも
  • どこでも
  • だれでも

飛ばせるドライバーなんかありません。なんていうと一般論でいいですからなんて言われます。

一般論?それを知ってどうする?

ドライバーの飛距離を決めるのは

  • 打ち出し角
  • ボール初速
  • スピン量

この3つです

今、ツアープロが使っているトラックマンという機械で昨日の試打は計測したのですが

トラックマンでは

  • 打ち出し角→Launch Angle
  • ボール初速→Ball Speed
  • スピン量→Spin Rate

という表示になります。最近トラックマンを試打室においている店がものすごく増えています!覚えておいて損はありませんよ。

今までの計測器は、打ち出し角、ボール初速、スピン量の3つしか測れない物がほとんどだったのですが、新世代の弾道計測器である。トラックマン、フライトスコープ、GC4、そしてアナライズにある、ディテクトのプレシオなどは、クラブの軌道まで把握できるようになりました

↓ディテクトのプレシオ

アナライズでは↑の2台のカメラに加えて、天井にもう一台配備しているスペシャル仕様です。

データも日本語なのでわかりやすいです。マーク金井のこだわりは、ヘッドとボールの画像が見えて、データの理由がわかること、なのでディテクトを選んだようですね

  • 打ち出し角
  • ボール初速
  • スピン量

これがわかれば、どんなドライバーを勧めたいか・・・だいたい見えてきます。

ディテクトやトラックマン、次世代の弾道計測器は↓こちらのデータがわかります

このデータはクラブの軌道を表すデータです

  • ①Club Speed
  • ②Attack Angle
  • ③Dynamic Loft
  • ④Club Path
  • ⑤Face Angle
  • ⑥Face to Path
  • ⑦Spin Loft
  • ⑧Low Point
  • ⑨Swing Direction
  • ⑩Swing Plane

この10の要素が先程の

  • 打ち出し角
  • ボール初速
  • スピン量

この3つの要素を作り出すのです。まあ10の要素を上げましたが、T島的には10もよくわからないので、

この3つの要素

↓を気にしています

  • ブロー角(Attack Angle )
  • ヘッド軌道(Club Path )
  • フェース角(Face Angle )

皆さん今のスイングで飛ぶクラブを求めています。5W1Hは

  • WHO→俺が
  • WHERE→ゴルフ場で
  • WHEN→今
  • WHY→・・・
  • WHAT→ドライバーの飛距離
  • HOW TO→今のスイングで

ってことになりますね・・・

HOW TOが→今のスイングでいいの?

って思うんです。ドライバーの飛距離差が±20yでした。もし今一番自分に合ってないドライバーを使っているとして、20y飛距離アップする可能性があります。しかしそうじゃないと思うんですよ。イロイロと試行錯誤して選んだドライバーでしょうから、イロイロ今から変えても、飛距離アップする可能性は結構低いと思います。

ってことでアナライズの練習器具です

まず

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

そして

↓このスーパーシャット君

そして

イージーフレックスEF009

この3つを使ってスイングで飛距離アップを狙いますよ!!!

そしてセミナーに来てもらって、それぞれの使い方をチェックして下さい

アナライズのセミナー募集開始↓クリック

アナライズのセミナーは、プライム会員セミナー、リピーターセミナー以外はお一人一回しか受けることができません。同じセミナーに2回申し込まないでくださいね

こちらをクリック↓↑

んで・・・この本に素敵なことが書いてありました

中部銀次郎さんの

もっと深く、もっと楽しく。

飛距離を伸ばす方法として、地味ですが実際に実行可能な方法をこの本で、中部銀次郎さんは上げてます

「毎日5分でいいから柔軟体操をやってみたらどうでしょう?」

はい!スイマセン 最近サボっていました。ストレッチパッド どうりで飛ばないと思ったわ

ということで、是非試してみてください

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドお試しいただきたいと思います

よろしくお願いします。

ではまた明日



マジックマリガンUT35再入荷しました

アプローチがとってもやさしくなる


2017年06月16日全米オープン開幕!活躍しているシャフトとmmウエッジとの関係&大人買い?のストレッチパッド

マーク金井がYouTubeで来週月曜ライブ配信を行います。

6月19日午後9時です!!! どうぞよろしく

アナライズチャンネルのチャンネル登録してください 月曜日までにイロイロと配信の準備をするT島です。ちょこちょことテスト配信とかやりますが、気にしないでくださいね

全米オープン開幕しましたね。日本勢はイーブンパーの宮里優作、谷原秀人、池田勇太が頑張っていますが、期待の松山英樹が+2と苦戦。

今回もすごいコースで、テレビを見ながら悶絶しています。しかしリッキーファウラー-7とか出して凄いですね。ざっと見た感じ、ドライバーは日本のシャフトメーカーのシャフトから、アメリカのメーカーに移行している人(例えば、アダム・スコットはドライバーのシャフトを塗装を変えているグラファイトデザインのツアーADのDI、からProject X Even Flow Black 75 (6.5-Flex)へ変更)が目立ち、アイアンはその逆で、モーダス3の赤いロゴが目立っているが・・・

ご存知のようにモーダス3は日本シャフトさんの製品

日本から参戦の池田勇太、宮里優作が使っているからだけではありません。ヘンリック・ステンソンとか、今年マスターズを勝ったセルジオ・ガルシアもモーダス3を使っています。↓こちらの情報によると

23選手!

が使っているようです。PGAツアーでのアイアン用スチールシャフトと言えば、ツルーテンパー社とプレシジョンシャフト社の2社がすっごく強くて、日本シャフトさんも進出したあとはすごく苦労したそうです。その後プレシジョンがツルーテンパーに吸収され、新たにKBSシャフトという強敵もあらわれたんですが、日本シャフトもシェアをじわじわと伸ばして、ついに昨年、今年とメジャーチャンプも生まれました

T島も、工房の方と話す機会が多いですが、日本シャフトさんの製品の精度の高さが話題となっております。

mmウエッジには4種類のスチールシャフトを用意しています(その他も)オーダーできます

その中の

  • NS950、
  • モーダス3 105
  • オリジナルスチールシャフト(BMI)

3本は日本シャフト製です。

マーク金井ですが、もちろんmmウエッジを使っています。

使っているシャフトは何??

と気になる人がいらっしゃると思います。

実はマーク金井、一番お求めやすいオリジナルスチールシャフトを使っているんです・・

このオリジナルシャフトですが、どんなシャフトか?!マーク金井に聞いてみました

このオリジナルスチールシャフト(BMI)は、昔から僕が好きだったキャロウェイのアイアンに装着されていた、

M10DB

をイメージして作ったものです。DGよりも気持ち軽くて、シャフトが主張しないところがとても気にいいっている。ただ価格を抑えたくて作ったわけじゃないよ

って言ってました。ということでマーク金井的にはオススメらしい。マーク金井と同じシャフトを使いたい!!って人は是非こちらを使ってみて下さいな

はい。金曜日は体のメンテナンスについて書いてます

ストレッチパッドってアナライズのお客さんに沢山買っていただいたのですが。

お一人で

 

4つ!も買っていただいた方がいます

「これ良いから使ってみな?!」と家族や知人にプレゼントしたのか?? 車が3台と家に1つとか、いろんな部屋においてあるのか??とT島的には妄想が止まりません

 

T島んちには2つあります。車や、旅に出る時はこの袋に入れて

持ち歩くのですが、車に置いておきたいなぁ といつも思います。

実は3個買ってくれた方も10人近くいらっしゃいます。一つ買って気に入ってくれたのかなぁ なんて思うわけで、なんとなく嬉しいわけです。

今から購入してみたいという方、このストレッチパッド、椅子においても仕事すると良い姿勢をキープするので肩こりしたり、疲れやすくなったり、腰痛を持っている方には置いて座るだけで効果があります

でも ホントはストレッチのドリルをやってみて欲しいんですね

ということで、是非試してみてください

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドお試しいただきたいと思います

よろしくお願いします。


 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年06月09日梅雨前にグリップを変えよう!&疲れにくい椅子ってなんだ?!

梅雨入りしましたね。雨の日にラウンドしますか?! T島は出来る限りラウンドしないようにしますけど、そういうわけにもいかない日があります。

雨の日のラウンドで大切なのは、グリップと手袋。

手袋は、たくさん持っていってこまめに変えることが出来ますが

グリップは・・・・・

濡れてもその場で交換できません。ってことは、梅雨はグリップの交換時期でしょ!!

変えちゃいました

アナライズPPグリップ

こちらのグリップですが・・・

株式会社ワークス さんが販売しているパーフェクトプロというグリップをごぞんじでしょうか?!実は非常にプロ使用率が高い人気グリップなんですよ。石川遼プロはGRAPHITEDESIGNとロゴが入っている、芹沢ゴムが作ったコード入りグリップを使用。池田勇太プロはパーフェクトプロを使っています。最近流行りのプラスチック形成のグリップを好むプロも多いですが・・・やっぱりラバーグリップが好きって人も多いですよね

このパーフェクトプロは芹沢ゴム工業という会社が製造しています。いろいろなメーカーのOEMをやっていて、高い品質で定評があるんですよ。グリップはやっぱりラバーでしょう!という人の支持をあつめています。しっとりと手に馴染む握り心地です。

アナライズも芹沢ゴム工業に、アナライズロゴ入りのグリップの制作をお願いしました。パーフェクトプロのX-LINE CC RUBBERというグリップのロゴチェンジバージョン

もともと全てにこだわった作ったリアルウエッジ(T島ウエッジ)の為にオリジナルロゴ入りで作りましたが、リアルウエッジだけで終わらせるにもったいない握り心地!そしてグリップエンドのカラーをクラブやシャフトのカラーと合わせて楽しめるので、グリップだけ販売することにしました!

  • コアサイズ:M60
  • 標準重量:49g

気持ち高いですが、まとめて買うとお安くなってます!!analyzeのロゴ入りグリップは、他では手に入りませんのでこの機会に是非。↓こちらよろしくお願いします

アナライズPPグリップ

マーク金井も使っているみたいですよ!マーク金井ファンの方是非↑クリック

はい 金曜日はストレッチパッドの日です

皆さんどんな椅子に座っています?

今回この椅子に変更したそうですが、なんか落ち着かないという青野さん

座り心地がわるいわけではないようですが

仕事をしていると疲れる。

T島も座ってみたのですが

ふんぞり返るといい感じですけど・・・腰回りが落ち着かない気がします。

以前座っていた椅子の↓のほうが全然楽なんです!ということだそうです

では何が違うのでしょうか・・・

この座面の長さ・・

ココが長すぎる

スペースが出来ると骨盤が傾きます。このスペースが広いといくらストレッチパッドを置いても全く機能しないということになります

骨盤が傾くと背骨をその上にある頭を支えるのに負荷がかかります

椅子に座った時に、しっかりと骨盤が起きるようにすると、とても重たい頭を上手く支えることが出来ます。背骨にもそれを支える体幹にも余計な負荷がかからないので

体幹がやわらかくなり、しっかりとパフォーマンスが出せます!!!

ストレッチパッドを椅子の上に置くと、座っているだけで骨盤が起きる

いい姿勢!

となりますので、体幹を柔らかく保ちます。

  • 疲れない
  • 肩こりしにくくなる
  • 腰痛防止
  • 眠くならない

なんてT島的には感じております。ストレッチパッドを是非、いつも座る椅子や、車のシートにおいて欲しいのですが、椅子に問題があると上手く機能しません。というかストレッチパッドが機能しない椅子っていうのは、かなり負荷がかかるんですよ

リクライニングしている椅子、骨盤が傾きやすい椅子は気をつけて下さいね。

ということで・・・

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドお試しいただきたいと思います

よろしくお願いします。

ではまた明日


アナライズからお知らせ

売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷しています

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非に是非!18度、21度、24度、27度、30度と豊富にラインナップされています!! よろしくお願いします。


▲ページのTOPへ戻る