アナライズstoreblog

カテゴリー: T島的ココロ

2018年08月04日クラブを作る人は面白い

週末ですね。今週末は一人なのでどこかに行こうかと思ったのですが、暑いので引きこもろうかと思っています。今、代車なんで乗るのが嫌なんですよね。

といいつついつものように仕事をするのだろうと思います(汗)

来週火曜日は、鳴沢ゴルフ倶楽部なんで、ゴルフはお休みで良いんです!!! 楽しみだなぁ〜

そうそう月曜日ですが21時から

マーク金井 ここだけの話

オールリクエスト特集やります

マーク金井のここだけの話 8月6日21時から生配信決定

今回はマーク金井が、皆さんの質問にお答えする、オールリクエスト特集となっております。マーク金井にコメント欄にて質問してください。(コメント欄にコメントするには、YouTubeのアカウントを作って、アナライズチャンネルのチャンネル登録して頂く必要があります!ぜひこの機会に、チャンネル登録お願いします)

残念ながら、全てのリクエスト(質問)にはお答えできないと思いますが・・できるだけいろいろお答えしようかと話ししています。

ということでしつこいですが

8月6日21時です!!

よろしくおねがいします

T島ですが、ゴルフのお仕事をはじめて20年近く、そして東京に来てメディアのお仕事をはじめて10年弱です。クラブを作っている現場を目にすることがものすごく増えました。その中でも実際に、あーだこーだとクラブを作っている人にも、知っている人が増えましてね

一番昔から知っているのは、ゴールドファクトリーの佐々家さん。東京に出る前からのお付き合いなので20年ぐらいでしょうね

そして マスダゴルフの増田雄二さん

 

このおじさんは、ほぼ同じ年です。作り出すクラブは硬派ですよね。不思議なことに硬派なクラブなんですが、打ってみると

あれ?

と思うぐらいやさしく打てちゃう。

このファストマッスルとか、芯は小さいはずなのに、芯に当てやすいんです。何だこれは??と思い、「なんでなの?」と聞くのですが「教えてやらない」と言われるんですね。

まあWEBサイトを観ても、秘密は何もちーとも書いてないので、本人もよくわかってないのかと疑っています(笑)

でも↓このM425/Sウエッジみたいに、カッコいいけど、そこそこやさしい!!なんてウエッジを作っちゃうわけです

↑など一度打ってみて欲しいウエッジですね

そして昨日のお邪魔したのはムジークさん

ムジークと言えば今

39グラムのボールが人気。社長は「うちはボール屋と思ってる人が増えてる」と言ってました。うちの家人も愛用していますが、たぶんボール屋さんと思っているでしょう。

こちらの社長の吉本さん↓ムジーク裏ブログというのをやってます

面白いです

アナライズと同じ神田に会社があるので、たまに遊びに行くのですが、もういろいろ新製品とか、今から出すやつをいろいろ見せてくれます

オンザスクリューディープフォージドアイアン

マッスルバックとキャビティがありますが、バックフェースはコンピューターミルドです。マッスルの鍛造タネでソールの厚いものがないので、鍛造から作ったそうです。

オマケに一台のCNCマシンで20時間で10個しか作れないとか(汗)

ソールが厚いですよね トップブレードが非常に薄く、打点位置が超肉厚!!!

そして銅下メッキからのメッキをするそうで打感が凄く良い

マッスルバックは打感もよくボールも上がりやすい。キャビティもやさしいのに打感がいいというムジーク史上最高傑作だそうです。えーっとこのヘッドめっちゃお金がかかる加工法をこれでもか!!!と使っているのですが。

お値段控えめで・・「大丈夫ですか?」と聞いたら

「ムジーク10周年だから」

そしてこちら・・・Xspireドライバー。これめっちゃ捕まって飛ばせる!!!と言う話だったんです

T島は、まあかなり治ったとは言え、あまり捕まるドライバーは苦手なわけで、あーそーですか ふーん的な感じだったんですが

「すげー飛ぶから俺が使いたくなって、すこしオープン目で、勝手に捕まるやつ作ったよ」

フェースとクラウンの境目を削って、捕まるけどスクエアにみせる。

オープン目のやつは、さらにオープンで安心感をつける

そんな感じに細かい工夫を忘れません。これがムジークの主力ドライバーになるそうです。(えっオンザスクリューが売れているのに?)

それだけじゃなくて、こんなパターとか

一世を風靡した、元祖超高級シャフトバンブーとか・・・これがまたすごい出るんです

「ムジーク10周年だから」

だそうですが、どの素材を選んで、どう加工して、どこの国のどこの工場で、どんなふうに作らせるか?まあ凄い考えつつ・・・クラブの見た目やデザインにこだわるわけです。すごく高価になってしまいそうな凝りっぷりなんですが、「うち10周年だから」とお求めやすい価格で販売してるんです。

そしてクラブを作る人の最後は、マーク金井さん(汗)

YouTubeチャンネルのコメントに、「こいつはやさしいクラブしか評価しない」と書いてあります(まあ当たりです) が・・アマチュアゴルファーにとって難しいクラブを使うメリットがあるのでしょうかね?

コースや自分と戦うのがゴルフなのに、まずクラブと戦う必要があるなんて効率悪いですよね。プロゴルファーは球を曲げないと、上位に入れない凄いセッティングでゴルフをやってます。曲げれるクラブと、コントロールできるテクニックがあります。

やさしいクラブを使うことで、ミスショットのレベルを上げて、ナイスショットとの差を少なく保つこと。

そのクラブは手軽に買えるに値段にしてます

アイアンよりユーティリティのがミスしにくいなら、ユーティリティに変えようよ!

プロレベルならテクニックを活かせるけど、アマチュアならやさしいウエッジのほうがいいんじゃない?

とか・・・

そんな提案をしてくれます。

三者三様みなさんそれぞれ個性的で、皆さん濃い人達なんですが、それぞれのアプローチでゴルフを愛してます。

アナライズ共々よろしくおねがいします

ではまた月曜日に


 

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

 


2018年07月30日ゴルフクラブに何を求める?

YouTubeのアナライズチャンネル

マーク金井の打たずにいられない。更新しました

USTマミヤのTHE ATTAS です


週末は台風でゴルフが中止になったりした人が多かったと思います。T島もBBQが中止になり、土曜日は映画へ

ジュラシック・ワールド炎の王国

すでにこのシリーズ 5作目 一作目のジュラシック・パークは1993年といいますから25年前、まあすごく昔からやっているわけで・・とは言え最新作が出ると行きますわなぁ〜

日曜日は隠れ家的中古車屋さんに車を見に行きました。

そこに美しいポルシェが・・・

このポルシェ、8万キロ走っているんですけど、キレイだと思いませんか?製造から30年以上経っているにもかかわらず。この輝き・・・ジュラシック・パークよりも昔の車なんですけどね エンジンルームや、細かいところまで見せてもらったのですが、新車と言われても不思議はありません。

T島も欲しい!と思ったのですが、あまりに美しいので買っても乗れません。それぐらい美しかったです・・・あまりに美しいと、T島は使うのを躊躇してしまいますよね

クルマほどではありませんが、ゴルフクラブを溺愛する人がいます。◯◯ちゃんと名前つけたり、特にパターはそれこそクルマが買えるぐらいのやつがあります。いわゆるコレクターが存在しますよね。T島もマーク金井も、ゴルフクラブのコレクターではありません。

ゴルフクラブは使ってなんぼです

もちろん愛着はあります。メンテナンスしますし、プレー中はヘッドカバーをつけます。大切にしております。

しかし所詮道具です・・・

機能が最優先です、道具として目的に対してしっかりとした機能があることが最優先されます。眺めて「あぁあ 美しい」とか、まあ無いよりあったほうがいいですけど・・・

ここで誤解して貰っては困る部分があります。それは顔ですね。顔というとなんか、美しいとか、そういうイメージが大切に思う人がいると思いますが、美しさというよりも必要なのは

構え易さ!

これは機能かと思います。イメージが出るとか、安心感があるというのは、道具の機能でしょう。

マーク金井が作るクラブは、道具としての機能を追求しています。追求する上で、ドライバーは作らないと言ってます。と言うのは開発費が莫大で、新素材の研究ができる大手メーカーに対抗するのは難しいからです。ドライバー以外なら、熟成された素材、製法でも充分な性能を発揮できるという認識があります。(バンパードライバーは、その構造自体が差別化出来たので製品化したという例外です)

飛距離を追求しない、してもあまり意味がないという役割のクラブなら、充分魅力的な賞品が作れると思っています。それもいたずらに新素材や新機能にこだわらなけれれば、価格を抑えることができて、優れたクラブがお求めやすい価格で販売できるのです。

乗りやすいし、便利な機能満載な最新の日本車素晴らしいですが、必要な基本的な機能だけで良ければ価格を抑えられます。

ゴルフクラブは、ゴルフをする道具。この道具がいたずらに効果だと、ゴルフをはじめたり、スコアアップしたくてクラブを変えたい人が買えないではないですか!!!なので、お値段はかなりお求めやすい値段です。

そして、シャフトバリエーションが豊富です。もちろんカスタムオーダーができますので、純正で用意されていないシャフトも選ぶことが出来ます。

調整が必要なクラブは、調整できる素材で作ってます。(ライ角、ロフト角、パターなら長さ)

  • しっかりとした機能
  • 構えやすい形状
  • お求めやすい価格
  • シャフトの豊富さ
  • 調整できる素材

もちろんT島も↓こちら マジックマリガンUTとか

↓mmウエッジとか

使っております。(54度と60度が欲しい)

試しに一本買ってみるか!!!って思った人、是非お願いします

ということで・・・・

また水曜日に


 

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

 


2018年07月23日60度のウエッジの思い出を全英オープンを観て思い出す。THEアッタス、コース試打インプレ

本日21時から!!です

マーク金井ここだけの話生配信

きっと話題は全英オープン!!! マーク金井が雑誌やブログでは言えないことを、生だから話しちゃいます


全英オープン、松山英樹の予選落ち(泣)タイガーが最終日トップに立ったのもつかの間、モリナリが、最終日ノーボギーの安定のプレーでメジャー初勝利。コンスタンチノ・ロッカが95年に全英オープンで優勝争いをしているのを観て、インスパイアされたそうです。

T島もロッカは、ALBAで連載していた「新 上がってなんぼ 太一よ泣くな」という漫画に登場して、覚えてますね。ロッカのアイアンがありえないぐらい飛ぶ!と太一が驚くシーンが思い出されます。(あくまでイメージなんでツッコミ要らないです)この”上がってなんぼ”って漫画面白かったんですね

T島的にはツボで、主人公の太一がやるロブショット、”羅綾”って技、どんなことからでもふわりとボールを上げてピタリと寄せれるという技。T島も真似しました。

実家に全巻あるはずなのですが、サスガに20年以上前の漫画なのでうろ覚えです、確か一万発トップを打ったらもうダフれなくなるから、羅稜が覚えられるということで、打ち放題の練習場でトップボールを打つのが流行りました。ミスショットを続けるというのは耐えられない。それに耐えて1万発打てることで覚えられる。

まあ1万発トップボールが打てるわけではありませんが、T島はロブショットが得意になりました。そして

60度のウエッジ使ったらいいじゃん

と思って買ったけど・・・難しかったなぁ(泣)

はい。昔は単品ウエッジというとプロ使用モデルしか無くて、アマチュア目線のウエッジなどありませんでした。まあ単品ウエッジ自体がまだ流行っていなくて・・・クリーブランドクラシックとかボーケイって何よって感じだったはずです。

しかし!!今はアマチュア目線で開発されたウエッジがあります。60度のウエッジもやさしくなってますよ

アナライズのmmウエッジにも60度のラインナップが登場。ロブショットはもちろん打ちやすいですが、距離の短いバンカーで高さを出したい時などかなり重宝します。

コレは全く、スコアアップには必要ない技ですが、ボールを右足よりに置いて、フェースを開いて、インパクトでフェースを閉じるように打つと、ボールが低く出てスピンが

「ビビッ」

とかかります。これはカッコいいです。ハンデ20ぐらいの人を簡単に「この人上級者?」と騙すことが可能です。T島以外とコレ得意です(まあ無駄ですけど)

mmウエッジは激スピンではありません。適度なスピンが入るウエッジです。58度でフルショットしてピン手前に落ちて、バックスピンでピンから遠ざかるという感じではないですね。 トン キュって感じでしょう

まあ60度は中でも一番スピンが掛かります。

確かに60度のウエッジ、難しいですがmmウエッジは

  • ちょいグーズ
  • 深めのキャビティ
  • ワイドソール
  • ハイバウンス

この4ポイントで メッチャやさしい60度に仕上がっております。

 

mmウエッジの追加ロフト

46、48、54、60度発売開始しました!

ってことでぜひぜひ、追加ロフトお願いします

そして 先日ですね こちらコースで試打テストしました

THE ATTAS

今回テストしたのはこちら

T島的なスペックでのテストですね

ヘッドは、テーラーメイドM3 440ドライバーです。ヘッドウエイトは198グラムにしてあります。

  • 4Xは、46インチ(60度法)で、振動数は237cpmと柔らかめ
  • 5Sは、46インチ(60度法)で、振動数は246cpmでした

4Xってかっこいい!でも硬いんでしょ?って方、ぜひ試して下さい。硬くないです(汗)。他メーカーで5S、6Sの人は5X、6Xを試してみてもいいでしょう。という感じの設定となっています

KOSHIGAYA GOLF CLUB で試したのですが、一発目から安定のショットでした。しなるポイントが明確にあって、クッっとしなる感じのシャフトではなく、全体的にグィーンとしなって、しなり戻る感じのシャフトです。

46インチと長めに使ってみたのですが、捕まりに影響はありません。なんか昔からこのシャフト使っていた?と思うぐらい扱いやすい!癖がない感じがします。スピン量は少なめかと思います。

っていうかヘッドの性能を、そのまま出してくれる感じ・・・

YONEXの E-ZONE GTドライバーは

ボールの捕まりが良く、低スピンが魅力ですが

ボールが気持ちよく捕まってくれて、ドローが打てます

テーラーメイド M3 440ドライバー

左のミスが出にくく、こちらも低スピン

こちらは気持ちよくフェードが打てました。

尖っているシャフトではありません。かなりストライクゾーンが広いシャフトです。シャフトがバーンと弾いてくれるなんて感じじゃないですが、気持ちよく振り切れるので、飛距離が伸びそうだし平均飛距離も伸びるでしょう。

奇跡の一発が出るシャフトじゃないですよ。

先端はそんなに動かないので、フェアウェイウッドにも良いと思います。T島もフェアウェイウッドに入れてみたいです。

秋の新しいシャフトですが・・・

三菱ケミカル ディアマナDF

これも良かったですね。

そして THE ATTASも振りやすいです。あとはスピーダーエボリューション5、グラファイトデザイン ツアーAD VRはまだ売ってませんが、今の所、T島的に好みな、手元のしなりを感じる(THE ATTASは、手元というわけではない)タイミングの取りやすいシャフトですが、あと2つが楽しみです。

スピーダーエボリューション5は26日にしっかりと試打する予定となってますんで、ちょいとお待ち下さい

あーあ タイガー勝ってほしかったなぁ と思うT島でした

では、生配信でお会いしましょう


アナライズのYouTubeチャンネルの人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない
更新しています

 

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

好評いただいておりますゴルフの竪琴、スーパーシャット君ですが

pr00001

ゴルフの竪琴 マーク金井の解説DVD付き

¥15,120(税込)

pr00009

アナライズオリジナル練習器具 「スーパーシャットくん」解説DVD付

¥10,800(税込)

7月中旬より付属のDVDを廃止し、取扱はYouTubeの配信に切り替えさせていただきます

DVD付属をご希望の方は、早めにお求め下さい



2018年07月16日上達しない人の特徴と、GPS距離計を使っている人はアップデートを

日本全国猛暑のようです。こちら富士見高原もいつもに比べるとかなり暑く日中は35度ぐらいまであがる予報となっていますが、湿度が低いので室内はエアコンがなくても快適です。

昨日は、まずこちら

有村智恵ちゃんが久々の勝利に涙し・・

サッカー・ワールドカップがついに幕を閉じるという・・・

予選リーグからちょいちょい観ていたT島が、ここは強い!!と思ったフランスがやっぱり優勝しました。なんとも凄く強いチームですよね。日本も4年後というよりも8年、16年後を見越して、イングランドのようなチームを作って欲しいと思います

さて、長期的にお借りしております GARMIN Z80

 

GARMIN Z80は、普通のレーザー計測機ではなくて、ほぼ電子機器ですので、フリーズして電池を消費してしまって、ラウンドで使えなくなったりしたこともありましたが、7/11に、ソフトウェアの大幅なアップデートが行われまして、かなり改善されたようです。GPS距離計は、買っただけではダメで、ファームウェアと言われるソフトウェアを、アップデートする必要があります。

これは、利用登録することでアップデートのお知らせメールが届きますし、メーカーのwebサイトをチェックして欲しいと思います。

はい・・・

もちろん最初買ったままでも使えるのですが、アップデートで地図や使い勝手の問題点も改善されます。これは、GPS距離計測器のメリットでもありデメリットでもあります。

  • メリット:ソフトを更新することで、精度、使い勝手が向上する。
  • デメリット:面倒くさい。

どちらにしようかな?と思っている方はこちらも選ぶポイントになりますね

さてさて、T島ですが何となく最近、スイング改造によってドライバーだけだけでなく、フェアウェイウッド、ユーティリティが上手く打てるようになってきました。アイアンがまだまだですが、70台でラウンドできる頻度があがってきました。

やはり、これはフレループ効果と言えるでしょう

フレループの使用する上で、大切なことがあります。まずはお手本を何度も観ることです!が・・・・

それだけではダメです!!

マーク金井がいつも言っているのが

「やったつもりになっているのが一番上達しない」

はい。やってないよりダメなのは、やってないのは、やってない!と思っていないからでしょう。やってるのに、一生懸命やってドリルは出来るようになったのに、どうしてコースでできないの?となってしまいます。

「やってないなら、やってないから仕方ない」

と思うわけですが、やったつもりは、やってると思うから

どーして??俺やってるのに・・

という思考になってしまいます。では「やったつもり」と「やった」は何が違うのでしょう。まあとにかくドリルをこなす回数は大切ですが、もっと大切にして欲しいポイント、マーク金井的に言うと

 

  • ドリルを撮る!

  • 練習場でも撮る!

  • コースでラウンド中も撮る!

 

とにかく撮ることで、どこができていないのか把握できて、「やっているつもり」になることを防ぐことができます。マーク金井はとにかく撮るんですよ。その風景がFacebookにアップされています。

まあもちろんアナライズと言うスタジオがあるからやりやすいと言えるでしょう。普通はなかなか、マーク金井のように撮れません。マーク金井は、スノーボードでもそうですが、上達するシステムを作るのが上手いのです。

  • アナライズでは365日、24時間練習可能、録画もデータ取りも出来る
  • 赤羽ゴルフ倶楽部は、アナライズから30分、頻繁に安いコストで行けて、現場で練習できる

もちろん維持するコストは掛かりますけどね。ラウンド中にどうやって撮るか? はいT島を誘っていただけるのは撮影するためです。T島は撮影するだけで、毎回素晴らしいアドバイスをいただけるので、ありがたいだけ つまりWin-Winです。

ちなみにラウンド中の動画では素振りをしています、これは素振りと実際のスイングの差を撮りたいからで、通常のラウンドではマーク金井、素振りしません。まあ素振りをしても、前に人がいなかったら、二人で1時間20分ぐらいでラウンドしちゃいます。

要は、やり方よりも、ドリル、練習でのスイングと、実際のコースでのスイング、どれぐらい差があるかを確かめなら練習しないと、スイングがどっちに向かっているか がわからないわけです。

ドリルが出来たつもりになっていて

スイング、コースで出来ない

これは、どうして?? ではなくて、残念ながら当たり前ですよね。ドリルは何となく出来る、何となくやっている。これを完璧にやるためには、PDCAでいえばCです。

チェック。

ドリルで、水平打ちができた、膝立ち打ちができたという。それは、ドリルとしてのPDCAが回って、ドリルの結果ではなく、ボールが打てた、パイロンを飛ばさなかったという事象であって、本来のP(目的ではありません)

まず、厳密にドリルをやりきる

そしてスイングをチェックする

そしてコースで景色の中で、目指すスイングができているか撮る

これを繰り返し繰り返しするしかないのです。

我々はもっと振らないといかんのと違いますか

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

まずはフレループを買いましょう

ではまた、水曜日に


好評いただいておりますゴルフの竪琴、スーパーシャット君ですが

pr00001

ゴルフの竪琴 マーク金井の解説DVD付き

¥15,120(税込)

pr00009

アナライズオリジナル練習器具 「スーパーシャットくん」解説DVD付

¥10,800(税込)

7月中旬より付属のDVDを廃止し、取扱はYouTubeの配信に切り替えさせていただきます

DVD付属をご希望の方は、早めにお求め下さい


2018年07月09日日本最北端のゴルフ場で、ゴルフについて考える

本日開催されます 観戦できます

 MMT9 小樽カントリー旧コース


T島ですが、本日北海道最終日です。現在は稚内におります

金曜日に根室ゴルフクラブで、日本最東端でプレーして、紋別まで移動(4時間)そこから3時間移動して、ノースバレーカントリークラブに

はい。こちらのコースは、北海道のコースと言う感じのコースでした。

はい。洋芝のラフと、ティショットの落ちどころが見えないので、ボールがロストしやすいのと、見えないので後ろの組から打ち込まれ、誤りにも来ないのでイラッとしつつなんとかホールアウト

うさぎがいましたよ

そして、稚内のホテルにチェックインして、日本の最北端の地、宗谷岬そして、夕日の名所、ノシャップ岬に行きました

利尻富士が見えました

翌日は、稚内カントリー倶楽部へ

こちらのコースも、日本最北端と書いてますね

ゴルフ場の方に、どっちが最北端なんですか?と伺ったら「ノースバレーじゃない?」とあっさりと言われました。こちらですね、歴史のあるコースですから、日本最北端だった時期も長かったんだろうと思います。

重機を使っていない手作りのコースだそうですが、牧草地っぽい地形に、牧草が生えている(牧草ってイネ科が多いんですよね)で、いわゆる洋芝のコースです。そして海が近く風が通ります。今回は6〜8mぐらいの風が吹いていて、「いつもと同じぐらいかな」って感じだそうです。

ピンが170cmぐらいしかありません。んでフラッグもすぐ

こんなにボロボロになるそうです

はい!リンクスですね。

13番ホールは584ヤードの超アゲンスト、ドライバー、4W、4Wとほぼナイスショットでつないでも、まだまだ乗らず120ヤードも残りました。んでラフも深いので、なかなか打つのが難しいんですよ

ラフもご覧の通り、かなり深いんです。これはマジ大変です。特に女性はラフに入れたらかなり苦労されるはず・・・

しかし

うちの家人は、プロギアのQちゃんを持っています。

こちら、ラフからメッチャ威力を発揮します!!!マジスゴイです。バンバン出ます。距離も出せます。試しにT島も借りて使ってみましたが

おおおおお〜

と声が出るぐらいいい感じに打てました。

コースから利尻富士も見えます。キャディさん付きプレーだったのですが、最初なれるまでキャディさんをつけたほうがいいでしょう。というのも何処に打ったらいいかわからないからです・・・

ほんとゴルフの原点って、農作物を作るには向かない、砂丘地形を牧草地にして、ボールみたいなものを打って、うさぎの穴にボールを入れると言う話を聞いたことがあります。(スイマセン違っていたらご自身で調べて下さい。訂正も不要です)

残念ながら、牧草地は本州よりも北海道が遥かに多くあります。今回釧路から根室、そこから稚内に向かった時に、牧草地だらけだったんですね。遠くから見ると全部ゴルフ場に見えるんですよ〜。 だから本場(スコットランドのような)のリンクスに近いゴルフ場は、北海道以外にはあまり存在しない気がします。(あったら教えて下さい!!行きたい)

根室ゴルフクラブも稚内カントリー倶楽部も、今までラウンドしたことがない感じのコースでした。日本のゴルフ場に慣れていると・・・

「なんだこれは?」

と感じる人も居るはずです。いろいろな芝のような、芝でないものが生えていて、コースの外は草茫々、ラフも深くなってます。この2つのコースをラウンドすると、日本のコースのほとんどが箱庭みたいな気がします。作られたゴルフ場に見えるからです

  • でも、これで充分じゃない?
  • でも、これって最高に楽しくない?
  • でも、これがゴルフの原点なんじゃない?

と思い始めます・・・

日本人のゴルフ場に求めるものが、厳しいんじゃないかな?

ゴルフに求めるゴルフ道的なものって、必要なことと不要なことがあるんじゃないかな?

なんて思います。ゴルフをもっと身近に・・・ゴルファーを増やしたいといいつつ、ハードルを上げているのは、ゴルフを昔から楽しんでいる、自分たちではないかと思うのです。スコアなんかつけなくても楽しいし、そのへんに雑草が生えていても、面白いコースは面白いし・・・・

  • レストランとか、お風呂とかゴルフ場に要るの?
  • ゴルフ場=カントリークラブじゃないよね??

稚内も根室も、着いて3時間ちょっとでプレーを終えて、サクッと18ホール終わりました。プレーを終えてグリーン上でスコアを付ける。後ろの人が打てない・・・なんてことは、そもそも几帳面にスコア付けるからでしょ? T島とかマーク金井とかはつけないので、絶対にありえないわけで・・

日本人は几帳面・・でもプロじゃないんで、遊びですよね。

几帳面ではありませんが、凄く真剣にプレーしています。几帳面、キッチリ=真剣ではないと思うんです。もちろん競技などはキッチリということが求められます。

俺は競技を前提にやっているから

とか言う方いらっしゃいます。真剣にしていないと競技の時に出るから・・・切り替えが下手なだけじゃないですか?(あ・・スイマセンぶっちゃけ過ぎですか?)

今から数年すると、団塊の世代がゴルフするのが難しくなり、首都圏近郊以外のゴルフ場はどんどん潰れていくでしょう。ゴルフの原点、じつはゴルフのようなもの の始まりだったのではないでしょうか? そのへんの木を拾って、丸いものを打っていた。

いきなり、ジャケット来てカントリークラブに通っていたわけではないと思うのです。カントリークラブというのは、乗馬であったり、テニスであったり、いろいろことがカントリークラブの中心としてあり、存在していた。そのゴルフだけ、持ってきて真似しちゃったことが、ゴルフを窮屈にしていった気がします。

もっと気楽にゴルフを楽しめるスペース、ゴルフ場が余る今からの時代に、そんなゴルフの原点を取り戻せるスペースに変わっていったら嬉しいなと思いました

もっとゴルフとゴルフがある暮らしを楽しんで貰えると嬉しいなと感じた旅でした。根室ゴルフクラブや、稚内カントリー倶楽部でプレーされている皆さんは、そんな楽しみ方をされているように感じました。

  • ゴルフというスポーツ
  • ゴルフという娯楽
  • ゴルフというゲーム
  • カントリークラブがある生活

なにかごっちゃにしているせいで、ゴルフが窮屈になっている気がしました。ゴルフはゴルフとして楽しめる。そんなゴルフ場が増えて欲しい。ゴルフが楽しくなるというのは、ゴルフがなんとなく上手くなったなと実感できるときじゃないかな?と我々は思っています

アナライズとT島はそんな皆さんを応援します。


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


▲ページのTOPへ戻る