アナライズstoreblog

カテゴリー: シャフト

2018年11月30日アイアン用カーボンシャフトのススメ&アメリカに来てます&2019年ゴルフルール変更その10

YouTubeのアナライズチャンネル。新しい動画配信開始

パターセミナーの最終回です


えーっと昨日のマーク金井ブログから ブログ公開時間がいつもと違うぞ?とおもっている人が居ると思います。T島現在USAのロスアンジェルス空港におります。実は羽田発の飛行機の機材トラブル(テレビが映らない)ということで出発が2時間遅れ、乗り換え出来ませんでした。ギリギリ間に合いそうだったのですが、ターミナル移動するバスを間違えて乗り遅れました

悲しみに暮れるシャトルバス

えーっと ロスアンジェルス空港ですが、シャトルバスが滑走路をバンバン横切るんですよ。飛行機の鼻っ先をバンバン走って面白かったです

結局出発から24時間近くかかり到着しました

今回はPXGのオーナーであるボブパーソンズさんが所有する スコッツデールナショナルゴルフクラブのビラ(コテージ的な)ところに宿泊します

クラブハウスから、カートに乗って3分近く走りたどり着きました

4ベッドルームのコテージです(汗)今日は一人で寝ました

ベッドから床の高さが高くて、毎回転びそうです。またこちらレポートします


2019年ルール改正 注目ポイントその10ですが・・

2019 年規則変更点の解説

11.1 動いている球が偶然に方向を変えられる

現在の規則:動いているプレーヤーの球が偶然に方向を変えられた場合、その結果はその方向が変えら れた原因によります:

 球がプレーヤー、そのプレーヤーの用具やキャディーに当たった場合、そのプレーヤーは 1 打の 罰を受け、その球をあるがままにプレーします(いくつかの例外があります)。

 球が相手、その相手の用具やキャディーに当たった場合、罰はありませんが、プレーヤーはその球 をあるがままにプレーするか、そのストロークを取り消して、再びプレーするかを選択することが できます。

 その球が他の人、動物、物によって方向を変えられた場合、罰なしに、その球をあるがままにプレ ーします。

新ルール⇩

2019 年規則:規則 11.1 では、球がプレーヤーや相手、あるいはその用具やキャディーに当たった場合を 含め、偶然に方向が変えられた場合はすべて次の通りとなります。

 罰はなく、その球をあるがままにプレーします(いくつかの例外があります)。

 プレーヤーが、球の方向を変えようとして故意に歯止めとなる場所に用具を置き、球がその用具に 当たった場合には罰があります(規則 11.2a)。

変更の理由:

 多くの物、人、動物がプレー中のコース上に存在しています。動いている球が止まる前にそれらに 時々当たってしまうことは避けられませんし、プレーヤーはその結果(良いか悪いかにかかわらず) を一般的には受け入れなければなりません。

 あるプレーヤー(またはそのプレーヤーの用具やキャディー)が偶然に他のプレーヤーの球の方向 を変えた場合、ストロークプレーでは罰はないのと同様に、プレーヤー(またはそのプレーヤーの 用具やキャディー)が自分の球の方向を偶然に変えた場合も罰の必要はありません。

o 「偶然に方向が変わる」とは、その名の通り偶然であり、プレーエリアに必然的に近い所にあ るプレーヤー、キャディー、用具にも公平に適用します。

o プレーヤーの球がそのプレーヤーやそのプレーヤーの用具に当たる場合、それは悪いショッ トの結果や予期しない結末であることが通常です。例えば、球がバンカーの壁や樹木に跳ね返 ってそのプレーヤーに当たる場合や、チップショットがグリーンをオーバーしてそのプレー ヤーのカートやゴルフバッグに当たる場合などです。

o このようなケースの結果は一定ではなく予測不能です。その結果はしばしばプレーヤーの利 益になるというより、少なくとも同じくらいはプレーヤーに不利益になります。

 誰が原因となったのか、何が原因となったのかに関係なく、偶然に方向が変えられたすべてのケー スを扱うことは様々な状況で規則をとても簡単にするでしょう。例えば、プレーヤーの球が他のプ レーヤーと共用している用具(例、ゴルフカート)によって方向を変えられた場合、同時に共用して いる用具を誰が所有しているのかを決定するためにもはや複雑な分析をする必要はなくなります

JGA WEBサイト2019年ゴルフ規則 主要変更点の解説より引用

今までは、明らかに故意じゃないのに当たってしまって、ペナルティということがありました。当たってラッキーもあるし、アンラッキーもあるわけで、故意じゃないのに!!という理不尽さがあったわけです。このルールができる背景になることがきっとあったんでしょうね。と変更の理由を読んでイロイロ考えてしまいました。

こういうルールは、プレーヤーがゴルフへ対する理不尽さで嫌になったりすることが減ると思うんです。コンペとかで『それペナルティだよ』とか言われると悲しくなるわけで・・・”わざとじゃないのぃいいいい”にってやつです。

イロイロなポジションでゴルフする人を増やそうという試みは様々な角度で続いています。

さて この間国内女子ツアーのクラブセッティングのことを書いていますが・・T島が不思議に思うことがあります・・・それは

アイアンのシャフト選びです。ゴルフクラシックさんの記事を拝見すると・・・

まだまだアイアンのスチールシャフト装着率が高いですね。マーク金井はよくYouTube生配信で、女子ツアーのプロはカーボンシャフトを選んだほうが良いよ と言ってます。女子ツアーのスチールシャフトブームは、T島が記憶するのは宮里藍プロの影響が強いと思います。彼女が全盛期の頃に、カーボンシャフトからスチールシャフトに変更して、パワーのあるアマチュア女子もスチールに変更したケースが多かったですね

今でこそ、日本シャフトのZEROS7などアマチュア女子でも充分使いこなせるスチールシャフトが発売されていますが、当時はNS950とかNS850までしかない頃。それからスチールシャフトの憧れ的な感じで選んでいるようにT島は分析していました。

当時 ”どうしてスチールじゃダメなんですか?” とよく聞かれましたけど、アイアンのカーボンシャフトの進化はめざましく、重さ的に、飛距離的に、弾道の高さ的に、カーボンシャフトの方がマッチする場合が多いな と思った次第。

もちろん価格的に手頃ということはありますけど・・

女子ツアープロにおすすめということは、飛距離が落ち始めたアマチュア男性ゴルファーにもオススメなのです。しかしスチールとカーボンって感じが少し違うので慣れが必要です。でもそれをクリアして、是非使ってほしいなと思っています。

特にT島やマーク金井のように50歳を過ぎた方

カーボンシャフトって振動減退率が高いので、肘や腰など関節を痛めている人には体に優しいのですよ

ってことで

アナライズMI72 ですが、最近アイアンセットって4本とか発売されるようになりましたよね?従来のセット販売では、本数が合わない・・というお客様の要望がありまして

1本からの販売に切り替えております(シャフトだけの販売はしておりません)

こちらぜひご利用いただければと思います

ってことで また明日


YouTubeアナライズチャンネル
マーク金井のパターセミナーの続編が公開されました

ぜひご覧下さい。チャンネル登録もよろしくおねがいます


2018年11月28日国内女子ツアーで今年一番勝ったシャフトって何?&2019年ルール改正を解説その9

YouTubeのアナライズチャンネル 新しい動画が配信されました

こちら是非ご覧さい。チャンネル登録もお願いします


バタバタしてますT島です。というのも今日からアリゾナに出張します。10月にPXGさんが、メディア・イベントやるから、日程開けておいて〜なんて言うので、気楽にオッケーと言ったら。正式に招待状が届きました。

前回は、日本の代理店さんの依頼でしたが、今回はT島が個人的に呼ばれたみたいで・・・PXGさんはWEBサイトへの流入、検索などを細かくチェックされているようで、T島意外と数字持ってるという部分もあるようです。(ホントか?)

面白いのが、昨日D社さんが発表会をやったのですが、T島スルーされたみたい(笑)・・・アレ?何やってるの??的な・・なかなかゴルフ業界も面白いですね。ということで金曜日、土曜日のブログは、アリゾナ州スコッツデールからお送りまします。

今回は、PGAツアープレーヤー、LPGAツアープレーヤーの有名な人のインタビューも予定されております

さて2019年ルール改正も9回目です

現在の規則:プレーヤーが球を捜索中に自分の球を動かした場合、

 プレーヤーは通常は 1 打の罰を受けます(4 つの例外があります)、そして

 プレーヤーがその球の正確な元の箇所を知らなかった場合、そのプレーヤーは推定した箇所にで きるだけ近い所に球をドロップすることによってプレーに戻さなければなりません。

2019 年規則:規則 7.4 では、プレーヤーが球の捜索中に自分の球を偶然に動かした場合、

 そのプレーヤーはその球を動かした原因となったことに対して罰はありません。そして

 球を常にリプレースします。正確な箇所が分からない場合、そのプレーヤーはその球を推定した元 の箇所(根付いている自然物の上や、下に球があった箇所、または球が寄りかかっていた箇所を含 む)にリプレースすることになります。

JGA2019年ゴルフ規則 主要変更点の解説より引用

これで安心して探せますね!!

それでは・・国内女子ツアーを振り返るシリーズ

2019年国内女子ツアーで一番優勝したシャフトは何でしょう?

なんと女子ツアーで今年9勝(ちなみにスピーダーエボリューション4は男子ツアーでも3勝と今年最多優勝数なんですよ)

フジクラ スピーダーエボリューション4

こちらのシャフト、T島も好きなシャフトです。厳しい競争を経て、ドライバーの先発ローテーションしております マクレガーのターニークラシックM85ドライバーに入れてます。

このシャフトですが、スピーダーらしい弾きに安定感を加えたシャフトです。しっかり感を感じたので、T島は569のSRにしております。フェアウェイ用も使ってました。うーんこれは抜くんじゃなかったなと少し後悔しています。

  • アン・ソンジュ 1勝
  • 永峰咲希    1勝
  • 黄アルム    3勝
  • 福田真未    1勝
  • 申ジエ     3勝
  • 合計      9勝

(GDOさんの優勝者のクラブセッティング参照)

ちなみにメーカー別では

  • フジクラ      14勝
  • 三菱ケミカル    7勝
  • グラファイトデザイン4勝
  • USTマミヤ     2勝

今年は特にフジクラさんが多いですね。面白いのは純正シャフトが4勝しています。つかっているのは鈴木愛プロ、彼女はGドライバーの純正シャフトALTA J50を使って4勝しています。このシャフトをG400LS-TECに変わっても、このシャフトを使っています。

ということは?? 純正シャフトで充分なの??と言う疑問が浮かびます。はい、自分が気に入って納得できればそれでOKだと思います。イロイロシャフトをテストした結果でしょうからね。

フジクラさんのシャフトで14勝しているのですが、9勝がスピーダーエボリューション4ですが、5勝はフジクラさんのほかのモデルです。もちろんその中には最新作であるエボリューション5も入っています。プロはシーズンオフにクラブをテストするので、来年は最新作が増える可能性もあります。

よく雑誌でこのヘッドとこのシャフトはベストマッチ!

なんて書いてる企画がありますが、その前に

自分とマッチしないとイカンでしょ

とT島は思うんです。この組み合わせはベストですって、それは誰に??って思うんですよ

ぶっちゃけ

  • 最新作が最善作というわけではない
  • 高いから良い(自分に合うとか性能が優れている)わけではない
  • 使用プロが活躍しているから、自分に良いわけではない。
  • 神セッティングが自分に合うわけではない

ということは言えると思うんです。使用プロが活躍しているということは、シャフトとして魅力があることは間違いありませんが、そのシャフトがあなたの好みなのかどうなのか?は保証されていませんよね。

みなさんは得てして、マーク金井のような人、極稀にT島のようなナンチャッテなおじさんにも、”これは良いですか?”とか答えを求めますが・・・

あなたのことを存じ上げないのに、答えは出せません。

正解があるわけではないです。

っていうか正解があるならこんな楽なことはないわけで・・・T島も、これは自分にはよかった とか 〇〇な人にオススメと、対象になる人を必ず書いてます。それがあなたなのかどうかは、ホントすいませんけど・・わからないのです。だってスイング観たこと無いし、好みもわからないので・・・

そういう時に、一般論で答えると という前置きをつけます。いわゆるセオリー的なことになるのですが・・・

一般論にあてはまる、一般的な人ってホントにいるのかな ってT島常々思っておりまして、一般論を持ち出すのは凄く抵抗感があります。最近素晴らしいと思うのは、各シャフトメーカー、シャフトフィッティングを自社でやっておられます。素晴らしいですよね。だいたい無料ですよね

正解はありません。とにかく自分で見つける。自分に合わないからといってダメとか言ってはいけません、それを聞いた人が先入観を持ちます。

シャフト選びに正解はありません いろいろやってみて下さい!

ちなみに、スイングプレーンがオンプレーンに近づけば近づくほど、『これは全然ダメ』というシャフトが減ります。好きな傾向は変わりませんが、色々なシャフト打ちこなせるような気がしますので、ぜひこちらで練習してみてね

←クリック

ではまた金曜日(スイマセン 公開時間が変わったりするかも・・・)


YouTubeアナライズチャンネル
マーク金井のパターセミナーの続編が公開されました

ぜひご覧下さい。チャンネル登録もよろしくおねがいます

 

 


2018年11月14日2019年ルール変更に向けて新コーナー&T島的!いま気になるシャフト

アナライズチャンネルのYouTube試打

マーク金井 打たずにいられない 最新動画が配信されました


毎日バタバタと忙しいT島です。現在パッティングセミナーの編集しておりますが、マーク金井がNGワードを連発するので編集に余計な時間がかかるんです(泣)がんばりますわ〜

さてご存知の方も多いと思いますけど2019年1月1日からゴルフのルールが大幅に変わります。あの・・・皆さん油断していると思いますが

ガッツリ変わりますよ

大きくは27項目の変更があるそうです。今回から、アナライズストアブログでは、毎回、1項目ずつ説明していこうと思います。といいつつ T島は審判員の資格を持っているわけでも何でも無いので・・詳しくは自分でしっかりと調べるように!

JGAのWEBサイトに有る

2019年ゴルフ規則 主要変更点の解説 という資料を自分なり(一般ゴルファーとして)に解釈して、まとめてみます。(その解釈には間違いがあるでしょうが、それはT島の理解力もあるでしょうが、説明のわかりやすさの2面性があるとおもいます)

記念すべき第一回目ですが・・・プレーヤー自身の行動基準と、このゴルフ規則のそもそもの役割的な変更事項的なことが書いてあるのかな・・と・・

まずは1つめの変更点

ゴルフはプレーヤー自身が規則を適用し、必要であれば自
らに罰を課すゲームです。したがって、プレーヤーはゲーム
のすべての面で誠実で、正直でなければならないことが明
記されています。そして規則もプレーヤーが合理的に行っ
た判断をできるだけ尊重することも追記されています。ま
た、委員会は独自の「行動規範」を作成し、それに違反した
プレーヤーに1打、2打、失格の罰を課すこともできます。

JGA2019年ゴルフ規則リーフレットより引用

変更の理由のT島的解釈

ゴルフは、審判は自分ということを言われますよね。高い行動基準をプレーヤーに期待するスポーツであると定義した上で、規則はこのことを明確で直接的な方法で明言するようにしたようです。

今まではエチケットとして、助言のようにかいてあったことを、優先順位、重要度を明確にして、すべてのプレーヤーに誠実に、他の人を思いやり、そしてコースを大切に扱って行動することを強調すること。そして、これらの期待に合致しない重大な非行は失格の原因となることをプレーヤーに十分に認識させること。

今まで、エチケット違反という曖昧な感じだったことを、”重大な非行”と言う位置づけにして、それを委員会は罰することができるようにした。

と言う感じなのでしょうか? これはルールブックの最初にでてくることなので、中身を更に読み勧めていくと、この視点からの変更点がわかるのではないでしょうか??

あの〜 読んでる人・・モヤッとしてますよね? そもそもこういうゴルフ規則であるとか、学生時代の生徒手帳とかは、最初の出だしが、観念的なことが多いわけです。

日本の海軍では、”スマートネスを持ってモットーとせよ”とまず最初に言われた的なことを、本で読んだことあります(なぜかたぶんゴルフの本)日本の海軍は英国海軍を模範としたようで、ゴルフのルール的な一文が数多く見受けられます。(スイマセンT島的ナンチャッテですんで、突っ込まないでください)

今まで、そういう規範的なことで、曖昧に縛っていたことを罰してもいい と言う感じにしてのではないでしょうか? ゴルファーとしては寂しい感じもします。しかし競技の世界は、ドロドロとして決してもう踏み入れないと誓ったT島には思い当たる節があります

と、脇道にそれる

ということで次回から、具体的な変更点を書いていきます(今回、具体的じゃないのはT島のせいではありませんのでお許しください)

ということで、最初が長くなりすぎましたが、ルールはあなたを救済してくれるので、継続して連載しますね

最近T島が気になっているシャフトが2つありまして・・・実はこの方が使ってます!こちら

三菱ケミカル テンセイ です。これはアメリカ市場向けですね。

はい。額賀プロは TENSEI WHITE CK PRO 70TXを使っているようです

PGAツアーで人気のようで、ジャスティン・ローズ、ガルシア、モリナリなどが使っています。タイガーも少し前まで使ってましたね。

TENSEIですが、ウッド用は、CK PROとCK、そしてAVという3つのラインがあります。

CK PROは RED、ORANGE、WHITE、BLUE があり60、70、80グラムのラインナップ。60はRからあります。

剛性分布はこんな感じ⇩

CKもRED、ORANGE、WHITE、BLUEがありますが、それぞれラインナップが違います

  • REDは50、60グラム R,S
  • ORANGEは50、60、70グラム R,S,X
  • WHITE 60、70グラム R,S,X
  • BLUE  50グラムはL,A,R,S,X 60、70はR,S,X、フェアウェイ用55、65もありますね

TENSEIにはハイブリッド用もあります

T島はCKのORANGEとBLUEとハイブリッド用をアメリカで打ったことがあります。どれも素直なシャフトだった印象があります。CK PROはやはりしっかりしているのでしょう。多分月末ぐらいに打つ機会があるのでまたレポートしたいと思います

気になるなあぁ〜

あとこちら・・・

TPT ゴルフのシャフト。

T島の好きなジェイソン・デイ様、ブライソン・デシャンボーが使っています。こちらは日本でも代理店があり販売しているようです。なにやら良さそうです

試してみたいなぁ。

新しいシャフトが気になってしまうT島ですが、ドライバー以外のシャフトはなかなか変わらないんですよ

フェアウェイウッドは 5WがアナライズのW60、7Wが W65

UTは21度、24度は アナライズのUT70

こちら、しばらく品薄でしたがガッツリ入荷しています。是非お試しを↑クリック

ではまた金曜日。


←クリック


2018年10月24日素朴な疑問、シャフトってどうして高価になるのか?

本日より25日まで、アナライズは社員研修の為、商品の発送、メール返信、電話対応などお休みさせていただきます。Webショップでのお買い物は365日24時間ご利用いただけますが、商品の発送が遅くなる場合があります。(在庫があるものに限り2日に発送させていただきます。それ以外のものは来週の発送となります)

お客様にはご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいします。

YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR


一気に寒くなりましたね。まあもう10月も終りが見えてきたので当たり前といえば当たり前なんですけどね。

T島ですがこちらデビュー

ゴルフダイジェスト社さんがやっております。みんなのゴルフダイジェストというWebサイト。T島がこのサイト自体以前から好きだったということもあり、知ってる人もいるし、T島が週刊ゴルフダイジェストに連載している「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」というご縁もありましてちょっと書いてみました。

さて、巷ではT島ブログはマニアックということらしいのです。まあ難しいゴルフ用語を(本人自覚なしスイマセン)をサラリ(説明無く)使ったりして、まあそれは当然なのかな〜と思い。今さら聞けないゴルフ用語的なことを、定期的に書いてみたいなと思っています。

今回は、

ねぇねぇ なんでアフターマーケット用のシャフトって定価4万円(税前)とか高いの?

という。メッチャ素直な質問を受けまして、それについて書いてみたいと思います。

カーボンシャフトって、シートワインディング法とフィラメントワインディング法という2種類の製造方法があります。主流はシートワインディング法ですね。フィラメントワインディング法って、やってるとこあるのかな?? ということでシートワインディング法についてちょっと説明しましょう

プリプレグと呼ばれる薄いカーボンシートをマンドレルと呼ばれる芯金に巻き付けます。そしてアイロンみたいなので加熱して、何層にも巻き最後に熱硬化処理するために窯の中に入れて、塗装して出来上がり。

 

んで シャフトの値段はどこで変わるのか??

  • カーボンシート(プリプレグ)の種類
  • カーボンシート(プリプレグ)巻き付け方
  • マンドレル(芯)の形状
  • 塗装

この3つがシャフトの原価に影響します。あとは宣伝とかですよね。

んで、よく登場するのが高弾性という言葉です

メーカーさんの宣伝文句を検証してみましょう

T島も使用しております フジクラさんのスピーダーエボリューション5の宣伝文句を検証してみましょう

「Speeder EVOLUTION Ⅱ」以降、歴代モデルに使用している 「超高弾性炭素繊維90tカーボン」を「EVO Ⅴ」にも採用。また、東レ(株)製の高強度炭素繊維「T1100G」も使用し、フジクラらしい強烈な弾きを表現しました。
さらに、「MCT」で設計自由度を上げ、「アウター バイアス テクノロジー」で無駄な動きを抑制。ねじれとしなり戻りが 一体化したシャフト挙動で抜群の振りやすさ、安定感を実現しています。(フジクラシャフトWebサイトより転載)

この超高弾性と 高弾性という言葉が出てきますね、これはカーボンシートの弾性率。弾性率とは、外力に対する物質の変形し難さを表すもので、20トンよりは40トン、40トンよりは90トンの方が高弾性ということになります。

高弾性なほど製造が難しく、高価な原材料となります。高弾性シートを使うほど、ねじれづらいシャフトが作りやすく、フィーリングがシャープになってきます。つまり製法が難しく、素材も高価になるわけですから、コストアップになります。

高弾性シート=高性能そして高価というイメージが出来上がりました。

では、高弾性シートを使えば、
誰もが打ちやすい高性能シャフトが作れる?

これはイエスでもありノーでもあります

今までは、高弾性シートというと、トルクが抑えられるけど、挙動がシャープで、反応がシビアというデメリットがありました。今でもトルクをおさえていてシビアな高弾性シートを使ったシャフトもあります。でも最近の高弾性を使っているシャフト。このフジクラさんのスピーダーエボリューション5もそうですが、そんな感じは全く無いんですよね〜

というのも、極端にトルクを抑えていないんです。スピーダーエボリューション5のトルクですが

  • 474が4.7
  • 569が4.9
  • 661が3.7
  • 757が3.0

と、適度にトルクがありますね。イマドキのシャフトですが、プロが使っているシャフトも、トルクは適度にあります。

「トルクはハンドルの遊びみたいなもの」

とマーク金井はよくいいます。レーシングカーのハンドルは直径が小さく反応がいいです。しかしバスのハンドルは直径が大きく、反応はあまりよくないですが、シビアでなくて運転していても疲れません。プロのクラブがやさしくなっているように、シャフトもやさしいものを使う時代です。

これはT島の推測ですが、極端なトルクを狙わなくなり高弾性シートをうまく使える時代が来たのではないでしょう。スピーダーエボリューション5も高弾性シートを使っていますがとても扱いやすいシャフトになってます

市販のシャフトというのは、材料を吟味し、製法にもこだわり、外装もカッコよくしているわけで、現時点でベストなものを妥協せずにつくるとこんなお値段になってしまうのではと思います!

アナライズのシャフトは、高弾性シートは使っていません。使い慣れた素材をうまく使って、技術のしっかりあるところで製造する。それで低コストで良いシャフトが作れるわけです。ベストを追求するとコストが上がりますが、限りなくベターを狙うというのが、マーク金井のやりかたなのかもしれませんね

シャフトについてなんとなくわかってもらえれば幸せなT島でした

ではまた金曜日に


YouTubeのアナライズチャンネル
新しい動画を配信開始

おしりでスイングが変わる!!おしりセミナー②回めです

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

ドラコンのプロのほとんどが手元にウエイトを配するカウンターウエイトにしているんです。ドラコンプロはルールギリギリ一杯の長さ48インチ弱にしているんです。手元のウエイトが長くすると効きますから!!!

そして

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

ということで、お試しいただければと思います


2018年10月22日グラファイトデザインツアーAD VRを試打しました&パターがメッチャいい感じ

土曜日はブリック&ウッドクラブへ伺いました。ご存知の方も多いと思いますが、ディスモンドミュアヘッド設計の難コースです。マーク金井がフェアウェイキープ率は100%と自慢していましたが、あとでGARMIN CT10で取ったデータを見たら、T島も100%でした。

たぶんこのおしりセミナーのおかげだと思います

おしりでスイングが変わる!!おしりセミナー②回めのおかげです。ほんとチーピンが出なくなりました

左腕の回旋は、更に進化していると思うのですが、コースに出ると全く出来ません。ドライバーはほぼストレートですが、アイアン、アプローチがまだまだ出来ません。すごく新しいことをやっている時に、こういう難しいコースに行っちゃダメですね(汗)気持ちが萎えます。ほんと情けない(泣)でも

27度、30度のマジックマリガンUTは大活躍してくれました。

27度が5番アイアンの代わり、30度が6番アイアンの代わりなんです。T島的にはこの2つの番手には、アイアンと同じシャフトを出来れば入れて欲しいと思っています。マジックマリガンUTはカスタムオーダーもできますんで、あとNS950が入っているモデルはお値段もお求めやすくなってますんで是非是非

練習場ではできるのになぁ(泣)コースで一発でも出ると自信になるのになぁ〜 悔しいので赤羽ゴルフ倶楽部に通おうかなとか思っています。

しかし、このパターが絶好調です

というのも、このYONEXのパターを開発した清永先生のセミナーと、塚田好宣プロとのラウンドが効いています。

先日セミナーの模様はブログに書きましたし、マーク金井ブログでも書いていましたね。今回心がけていたのは・・・・

  • グリップはしっかり握ること(下りは特に)
  • 口でイチ・ニィ・サンといいながら打つ。(リズムが大切)
  • ショートパットは壁ドン(2mオーバーさせる距離でも入る)

この3つですよ。先日、塚田好宣プロとラウンドした時も、ファーストパットを気持ちよくオーバーさせて、返しもガッツリうってました。真似してみましたが、高速グリーンではメッチャ怖いです。ブリック&ウッドクラブは11フィートの速さだったようですから尚更でした。しかし届かなければ入らない。続けているうちに距離感もあってきて、返しも怖くなくなってきます

かなりいい感じです。下りの1mをガッツリと打って4メートルオーバーさせて4パットしたのは内緒ですけど、それ以外はかなりいい感じです

清永先生は、口でイチ・ニ・サンと言いながら打ちなさいと言ってました。ちょっと恥ずかしいのですが、嫌なパットだなぁ って時でも言いならが打つとサッと打つことが出来ます。緊張するとテイクバックがなかなか上がらない人にすっごくオススメします。ロングパットの距離感も合ってきます。ショットもそうやってみようかな と思うぐらい良いです。

えーっと遅くなりましたがこちらT島も試打しました〜

グラファイトデザイン ツアーAD VR

マーク金井は⇩こちらでインプレッションしておりますケド・・・

YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR

T島ですが、意外とグラファイトデザインさん、好きなシャフトが多く・・以前フェアウェイウッドにはツアーAD PT6SRや7Sなどをながーーーーいこと使っておりました。アナライズさんとあまりご縁がないメーカーさんなので、なかなか試打のお仕事で、シャフトが届かないと打てないんですけど・・・

今回ツアーAD VRもようやく試打することが出来ました。まあ詳しいというか、ちゃんとしたインプレッションは↑をご覧いただければと思います。

T島的インプレッションです。

T島ですが、VRの前のモデルのIZというシャフトが好きでした。フェアウェイウッドに入れたりしてます。この動画でマーク金井も言ってますが、IZが合う人はVRはちょっと・・・ということなんですけど・・・

60グラムのSを打った時は、コレは苦手だな〜と感じたツアーAD VRですが、今回 VR5(S)を打ってみたら、アレそんな苦手じゃないカモと思いました。確かにT島手元がしっかりしたシャフトだと、タイミングが取りにくい傾向があるんですけどね。50グラム台のSの方が、60グラムのSよりも硬くないので、あれっ?って感じで打てました。

ちなみにVR5(S)の振動数は255cpm、センターフレックスは4.06となっております。センターはあまり硬くないシャフトですね。

T島ですがトップでループ気味になるんですけど、最近発見したのは、このループ気味になってタイミングを取っている模様。動画でチェックしたら

コレ振りやすいな!というシャフトほど、ループ傾向が強くなっていました。

しかしこのシャフトを打つ時は切り返しのタイミングが早くなり、ループが収まっているんです。マーク金井が『スイングを変えたければ、クラブを変えろ』とよく言ってます。これは竹林隆光さんがおっしゃっておられた台詞。T島にとって気持は良くないけど、データや動画を見た時に、ツアーAD VRってアリなんじゃないだろうか??と思ってしまいました。

一昨年よく使っていた、フジクラさんのスピーダー569エボリューション3というシャフトとかアッタスクールとかも・・気持ちは決して良くないんだけど、結果が良かったシャフト。そして切り返しもしまった感じになっていたわけで・・・

こういうシャフトを選ぶのもアリかななんてT島思ったりしています。心地よさというのは、スイングが変わらないんです。自分にとって気持ち悪いシャフト(でも結果がいいシャフト)をあえて使うとどうなるんだろうなぁ〜 なんて思いました。

この辺がフッティングの限界 とマーク金井はよく言ってます。自分にとって気持ちいというのは、スイングは変化しにくいものです。今発展途上の方は、この辺見極める必要があるような気もします。

グラファイトデザインの ツアーAD VR ですが、やはり手元がしっかりしていて、切り返しが早い人に向くと思います。どちらかと言えばアウトサイドイン傾向の人のほうが振りやすいのかななんて思いました。

是非一度試打してほしいと思います

ではまた水曜日に


ツアープロに静かなブームのフレループ

←クリック


1 2 3 4 5 6 17
▲ページのTOPへ戻る