アナライズstoreblog

カテゴリー: シャフト

2017年07月10日最新シャフトは、あなたに合う?合わない?!

本日21時から

マーク金井 ここだけの話 第3回配信します

こちらアーカイブありません。生配信のみですので、是非スマホ、タブレット、PC似てご覧ください

ここだけの話は何回もできないのでホントに生配信のみなんですよ!!!録画はありませんから 是非生で・・・スマホだと電車の中でも観れたりします!是非是非ご覧ください


昨日はこんなお手伝いを

講演などを撮影するお仕事。すごく素敵なお話ばかりでしたが大変印象に残ったのは、

「人生やり直しはきかないけど、出直しはできる。」

と言うセリフです。

スイング出直し中のT島に染みました。できれば・・・やり直したいケド

さてさて、シャフトメーカーさん新しいシャフト情報が様々なところから漏れ聞こえてきております。T島も新製品発表会などで打ったり、ムフフな新製品に装着されていて、試打出来たりしました。

シャフトの新製品が、クラブと根本的に違うのは、新しいモデルが発売されても、前のモデルが廃盤になってマークダウンされたりしないことです。かなり昔のモデルまでカタログに残っていたりします。

例えばUSTマミヤさんのWEBサイトでは5年前のATTAS 4Uまで掲載。三菱ケミカルさんではディアマナBまで掲載こちらも5年前発売まで掲載しています。グラファイトデザインはツアーAD クアトロテックまで2007年と10年前のモデルまで掲載されています。(その間のMDとか載っていないモデルもありますが・・・)

クアトロテックは、今も小平智プロが使っています。松山英樹が使っている、ツアーADのDIは2009年と8年も前のシャフトです。シャフト発売時期や直前情報をチェックすると

「いいシャフトがでた! 使うよコレ」

とプロがコメントしていますが。いつの間にか今まで使っていたシャフトに戻したりしています。

クラブメーカーは、モデルチェンジすると、同じブランドなら同じ傾向の新製品がでますが。シャフトメーカーは、ほぼ例外なく昨年発売のシャフトが、今年の新作と同じ傾向のシャフトではないことがほとんど。T島の感覚では、昨年のモデルが良い〜、と思ったらその次の年は特性をガラリと変えて来ることが多く、毎年最高ですということにはなりにくいです。

三菱ケミカルのディアマナシリーズなどは、青(B)、赤(R)、白(W)と性格付けされているものが、モデルチェンジしてくるので、クラブメーカーには近いです。三菱ケミカルさんも、全種類毎年モデルチェンジするわけではないので、最新のディアマナRFは、BFと特性は違います

シャフトはゴルフクラブよりも、ターゲットユーザーが明確です

合う人には合う!

合わない人には合わない!

最新だから、全てのゴルファーに最高!ってことはありません。

自分に合っているシャフトを探すコツですが

1発目が肝心です!

2発目打ってダメなシャフトは、相性が良くないってことです。相性が良いってことは素敵なことです。

しかし

シャフトを打ってみて「気持ちいい!」ということは、相性が良いシャフトであることは間違いないのですが・・ しかし、悪い癖を治したい時は、気持ち良くないシャフトをつかうことで、その癖が緩和させることができたりします。

それは、動画で撮ったり、フィッティングしてもらう人に、スイングの課題を告げて、そのポイントをチェックしてもらったりしたらいいと思います。一般的には、硬すぎるシャフトは、切り返しでシャフトをしならせようとして、アーリーリリースしたり、右肩が前に出たりします。

このシャフトが気に入った!と思っても、重さと硬さを選ぶ必要があります。一般論ですが、皆さん自分のパワーよりも、オーバースペックを選ぶ傾向があります。試打することができるなら。

60gのS

と決めずに、60gのSRも試打して下さい。そして50gのSも試してください。60gのXとか打ってる人は、60gのsも打って下さい。70gのsとか・・イマドキPGAツアーの選手だって70g台を使う人は減っています。キャリーで270yとか打てないのに、70gのXとか重硬を好む場合は、アンダー傾向が強いのかもしれませんね

マーク金井は手元がしなるやわから目のシャフトのほうが、スイングが良くなる傾向があるといいます。

そんなの嫌や〜

って人は、まあそれでも仕方ないです。(自分で買うんだから好きなの買いな!)

しかしそういう方は、柔らかいシャフトの練習器具で、シャフトの使い方を覚えて欲しいと思います!!!

はい イージーフレックスEF009です

こちらで、シャフトのしなりを覚えることができ!スイングプレーンが良くなったら、もっと軽いシャフトが使えるようになり、飛距離も伸ばせるはずです

ってことで

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年07月06日日本でそこそこ速いATTASクール試打インプレ、クラブの役割を決めてます?!

中国地方に続いて、九州北部に大雨が降っております。九州LOVEなT島としてはかなり心配です。雨が早くやんで欲しい。毎年九州に行くのを楽しみにしています(今年も8月22日より福岡に行きます)皆さんご無事で

さて新製品発表会が相次いでおります。特にシャフトですね

USTマミヤさんの新製品です。ATTASの9代目は 9だけにCOOOL(クールです)

何となく色目も涼しけでクールですね

このシャフトですが、手元はしっかり目ですが、先端も意外としっかりしてますが、真ん中から先にかけてしなります。それがインパクトでの加速感というか、走り感につながっています。手元硬いシャフト苦手なT島ですが、意外とタイミングがとりやすいです。

というとバンバン捕まりそうなイメージがしますが、走りますが左に行きにくいです。T島的には、いいフェードが打てる感じでとても気に入りました。面白いのが40g台にXシャフトを設定。これが面白いシャフトで、Xってほど硬くないんですけど、Sよりはしっかりしていて、50gのS使っている人が40gの打ってみたいなぁって時に最適な感じ。

T島的には、50gのXもいい感じで軽硬!面白いと思いました

フレックス的には、柔らかめの設定にしている感じ、純正シャフトのSを使っている人が、ATTAS クールの60gのSにしても違和感がないでしょう! 先調子と言っても、フェアウエイウッドに入れてもいいと思います。ボールがフッと上がりそうです。

フレンドリーに走る。扱いやすいいいシャフトです

そしてヨネックスさんからも、新しいシャフトが!

REXIS カイザHです

超手元調子!のシャフトだそうです。凄く興味あります!がまだ打ったことありません。ヨネックスさんのシャフトとってもいいです。このシャフト以外はT島も試打したことあります。

あのPGAツアーで大活躍する◯ーだん◯ぴーすさんもテストしているそうです。もしかしたら使うかも??使ったら凄くない??

アンちゃんも使っているようです

なかなか試す機会が無いのが残念ですね

あとアイアンの新製品もそういえば、池田勇太のアイアン作りが、テレビに取り上げられていましたね

池田勇太プロは、こちらのE-ZONE N1−CBを使っています。軟鉄鍛造でヘッドが大きめ、深いキャビティ、そしてメイド・イン・ジャパンとコダワリのアイアンです

あたらしいアイアンE-ZONE CB301

こちらのアイアンはE-ZONEのN1−MBと言うマッスルバックと、N1−CBと言うキャビティの間の大きさです。サイズ的にもちょうどいいと感じる人が多いようです

↑キム・ヒョージュやアン・ソンジュも使ってます。

T島的にはN1−CBとかいいなぁ〜なんて思います。とは言えアイアンの重要度がどんどん下がっていますよね。

最近のクラブセッティングですが3番、4番アイアンを入れる人がかなり減りましたから、アイアンセットは5番からPWという6本セットが主流になりました

女子ツアーでは、5番アイアンを抜いて6番からPWまでというのが一般的ですが、人によっては、6番アイアンを抜いてアイアンは

7番から!

というプロが増えてきました。T島も実はアイアンは7番からです。

140y〜145yぐらいを7番アイアンで打ちます。この距離まではグリーンセンターを狙って何とか乗ればいい、ハザードを避けつつ、グリーンエッジでもいいや!と思って打っています。

それ以上だとグリーンに近づければいいやと思います。たまたま乗ることもあるでしょう。

今までは飛距離の階段と言うのは大切ですが、

こういうザックリで役割別にクラブセッティングを考えてはいかがでしょう?!

  1. 1W:安全に飛ばすクラブ
  2. 5W、7W、24度UT、27度UT、30度UT:グリーン近くに運ぶクラブ
  3. 7番、8番アイアン:グリーンのどこでも良いから乗ればいいやと言うクラブ
  4. 9アイアン、PW、52度、58度:ピンを狙って打つクラブ

1はまあいいでしょ? 170yぐらい飛んで、OBとか池とか避けてくれればいいです

2は、まず最低飛距離が140yぐらいは飛んで欲しい。ミスが出てもいいですが、チョロとかダフリとかで100yも飛ばないと言うクラブは不要です。このカテゴリーのクラブでグリーンに乗ったら超ラッキーです。ハザードは避けて、極端なミスを避けて、グリーンに近づけることが大切

3は、ピンがどこに合ってもセンター狙いで、とりあえず乗ってくれればいい。カラーでもいいって感じです。何とか乗せるクラブ

4は、ピンを狙うクラブです

このカテゴリー別で考えた時に、5番、6番アイアンよりも、27度、30度ユーティリティの方が、ミスしてもソコソコ飛びます。ボールも上がりやすい。ラフにも強い。確かにピンを狙うのはアイアンのがイメージが出るでしょうが、ミスのしやすさや、ミスした時の飛距離の落ち具合を考えると

5番、6番アイアンを抜いて、ユーティリティだろ!!!と思っています。

はい!こちらお求めやすいお値段で、ちょっと27度のユーティリティとか、30度とか使ってみたいかもと言う人も使いやすい価格設定(NS950で19440円)となっています。(すいません今UT70が売り切れています!入荷までしばらくおまちを)

27度、30度はアイアンと同じシャフト、気持ち軽いシャフトをオススメします。ほんと使いやすいですよん

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

ではまた明日

 


2017年07月05日日本でも意外と早いディアマナRF、FUBUKI Ai2など試打インプレ!

中国地方、特に島根県と広島県の豪雨が気になるT島です。というのも帰省ついでに8月末に行くんです。島根県 大丈夫かなぁ

さて昨日は・・・三菱ケミカル(旧三菱レイヨン)さんの新製品発表会に行ってきました

はい!新製品でます!まずは

ディアマナRF

T島ですが、以前の記事で

三菱レイヨンの新世代フッティング「D‐fit」を体験した

こんな記事を書きました。三菱レイヨンさんが、D−FITというフィッティングをやっていますが、それを体験した記事です。

その時にディアマナRが合いますって言われたんですね。その後継に当たるのがディアマナRFです。だからとっても期待していたんですよ!

試打したヘッドは、テーラーメイドM2(2017)です。T島ですがこのヘッドに、ディアマナR50SRを入れて使っていました。なんともいい組み合わせだったんですけど・・

打ってすぐFacebookにアップしたのは

まあ、資料とかまだ見ていないファーストインプレッションですね

センターの張りを感じました。Rよりも真ん中が強い感じ、それが原因なのかわかりませんが、手元のしなり感が若干抑えられてる気がします。センターがしっかりしているので、弾き感があります。加えて先端が動くのですが、その具合も絶妙な感じです。なんとなく先端の動きも若干抑えられている気がしました。

ディアマナBFとどう差別化するんだろう?!と打つまでは妄想してたのですが、やはり先端の動く感じがBFと違います。T島的にはFUBUKI Vの操作性を増して、弾き感を加えた感じ・・

センターの剛性が高まったので、かなりしっかり感が出たと思うんです。T島が選ぶならズバリ

ディアマナRF50R

ディアマナRを使っていた人が、試打していただく機会があれば、ぜひひとつフレックスを落としたスペックも試打して欲しいです。逆に、ヘッドスピードが速い人やシャフトをしならせることが出来る人は、好まれる傾向かとおもいます。BFから移行する人もいるんじゃないかなぁ

今回はD−FITを体験した時にお話した田中さんが忙しそうだったので、お話を伺えなかったので、T島の信頼性に若干かけるインプレとなってますが、またお話聞いてみたいです

んで・・

FUBUKI Ai2シリーズ

こちらはドライバー、フェアウエイウッド、アイアン用とそろっています。

ドライバー用ですが、すっごく扱いやすいです。ボールが捕まりますし、ボール上がる。いい意味ですこし緩さがあります。操作性は高くはありませんが、スイングが不安定でも、結果は安定する感じです。お値段も30000円(税前)とお求めやすい感じで。メーカーの純正シャフトでは、物足らないけどアフターマーケット用のプロも使っているようなシャフトは手強いなあ・・ なんて方にはピッタリかも T島ですがかなり気に入りました。

操作性が高い=シビア ということですからFUBUKI Ai2みたいなシャフトの方がスコアは安定しますよ・・なんてT島は思います。

フェアウエイウッド用も同じ傾向です。ボールが上がるのがなんともいい感じ、このフェアウェイウッド用ユーティリティにも使えるそうです。アナライズのマジックマリガンUTの18度に入れてみたい

アイアン用もいい感じですね。50g台と60g台とあります。こちらもドライバー用と傾向は同じ感じです。ボールが良く上がります。50gのRなんか白ティレデイースに打ってほしいなぁ 70g台も作って欲しい感じです。

最近、軽量スチールシャフト、まあたとえば日本シャフトの人気シャフトである。NS950がキツイという人が増えてきましたので、そういう人は70gのカーボンシャフトなんかオススメです。三菱ケミカルさんには

OTiという70g台のシャフトがありますね。NS950に近い挙動です

今回のOTi−TOURと言うアイアン用も出ました! かなりハード!ダイナミックゴールドを使っていてしんどいなあ。ボールが上がればいいな〜と言う人にオススメします

重さは80g、90g、100g、110gとあります

アナライズにもアイアン用カーボンシャフトがあります。これ70g台です

アナライズMI72

<開発の経緯>


現在市販されているアイアンの純正シャフトの大半は、50~60g台のカーボンシャフト、NS PRO 950GH(90g台)、Dynamic Gold(120g弱)の3種類です。
多くのゴルファーにとって、50g台のカーボンシャフトは軽すぎ。かといって、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーには、90g台のNS PRO950GHはやや重すぎです。70g台のカーボンシャフトは、アイアンシャフトの空白地帯。日本のゴルファーの一番多い層にマッチするアイアンシャフトが、ほとんど存在していないというのが、現状なのです。
「ならばアナライズでつくりましょう!」と、日本でもっともシャフト評価を行っているであろうマーク金井がシャフト開発。これまでにない、「自然とタメができ、スイングの良くなる」70g台のアイアン用カーボンシャフトを製作しました。

と言うシャフトなんですね。こちらも是非リシャフトの際には候補に入れて下さいよ!

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年06月21日シャフトの新製品が話題となってきましたが、スイングが良くなるシャフトってなんだ?!

アナライズからのお知らせ

7月のアナライズのセミナー募集開始しております。

アナライズのセミナーは、プライム会員セミナー、リピーターセミナー以外はお一人一回しか受けることができません。同じセミナーに2回申し込まないでくださいね

こちらをクリック↓↑


7月のセミナー募集開始しております。

 

かなり埋まって来ていますので、お申込みはお急ぎ下さいね。

さて新製品情報がイロイロ飛び込んで来ていますね

そろそろ新しいシャフトが発表直前

三菱ケミカルからは ディアナマ RF

RFという名前で色が赤いということで、ディアマナRの後継ではないかと・・・ディアマナRはT島が好きなシャフト、手元がしなり、先端でボールを気持ち捕まえてくれる感じのシャフトです。イマドキの大型ヘッドのドライバーが今イチ捕まらないという人にはいいかも?!(まだ打ってないケド)

グラファイトデザインからは ツアーAD IZ

IZ?というとあれ??聞いた事あるなぁという人もいるかもしれません。ブリヂストンの名器ツアーステージRV10や、V700などに入っていたIZ-70Mというシャフトを覚えていますか?!伊沢利光プロの全盛期に発売されていたシャフトです。かなりしっかりしていてトルクが少ないけど、手元がしなって先端硬いシャフトだった記憶が・・・

こんかいのツアーAD IZはどんなシャフトなんでしょうね??

フジクラからは・・・

なんか懐かしい感じ 15年前ぐらいフジクラさんのスピーダーにはTRという設定あって、通常のプリントでなく、独特のプロ支給品っぽいコスメだったんです。TRというだけで「硬そう」と身構えてしまうT島でしたが、中元調子で叩けるらしいです

そしてUSTMamiyaからはATTASの9番目のシャフトがでます・・・

写真は載せれません・・今回はメッチャ走るシャフトとか・・・

なんだか手元のしなりが感じられそうなシャフトが今年はトレンドっぽいですね。まだ打ったこと無いのでなんとも言えませんが・・・

さてアナライズもシャフトメーカーなんです。アナライズのカーボンシャフトはすべて、コンポジットテクノさんで作っています。

コンポジットテクノさんと言えば、ファイヤーエクスプレスという高級シャフトを作っているメーカーさん

工房さんを中心に、熱狂的なファンを掴んでいます

そして、スコアアップにつながる、練習用クラブのシャフトも発売しています

ファイヤーエクスプレス72

あれ?マーク金井さんもお手伝いしています。ファイヤーエクスプレス72には、-1(ワンアンダー)、-2(ツーアンダー)、-3(スリーアンダー)、-4(フォーアンダー)と4種類あります

T島もファイヤーエクスプレス72 -3 ファイヤーエクスプレス72 -4を試す機会がありましたが、とっても良かったです。

-3は超柔らかシャフト、アナライズのイージーフレックスEF009にとても近い感じ!!

↑クリック!柔らかシャフトでシャフトのしなりの使い方を覚えるにはピッタリ!

-4(フォーアンダー)は

140gでカウンターバランス、そして柔らかいというシャフト。コレでT島もボールを打ってみたんだですが、手先で振れないし、アンダーに振ったら上手く打てないんですよ、すんごくよくて、コレでウエッジ作ったらどうなるんだ??的な妄想が止まりませんでした

総合するとファイヤーエクスプレス72シリーズは、スイングがよくなって72が出ちゃうよ的な製品のようです

あっ・・

マーク金井が設計して、コンポジットテクノさんが作っているアナライズのシャフトも、スイングが良くなるというのが売りです

ウッド用のアナライズW60、W65、W48、ユーティリティのUT70(品薄です。すいません)、UT55、アイアン用のMI75はすべて↓このような設計意図があり開発されてます

マーク金井はこのシャフトについて こんなことを言ってます

スイングが良くなるシャフトとして、自然にタメが出来るアナライズオリジナルシャフトを開発しました。
シャフトのしなりを使えて、飛んで曲がりにくくなるシャフトです。
多くのゴルファーに良い結果をもたらしているアナライズシャフトですが、ゴルファーの体力やヘッドスピードに合わせて、重量のラインナップを増やしました。

どうして自然にタメができるとスイングが良くなるのでしょう?! そもそもスイングがいい人というのは、自分で切り返しでタメが作れる人です

↓この動き

ダウンスイングのクラブの角度ですが、スイングのいい人は、自分でタメが作れます。だからシャフトがタメを作ってくれなくてもいいんです。マーク金井は自分で切り返しでタメが作れるんですが・・

「手元がしなるほうが、タメが作りやすいし、タメを無理に作ろうとしないので、スイングが悪くならない」

と手元のしなりを感じるシャフトを好んで使っています。T島はこの切り返しが課題で、手元のしなりが感じられないシャフトを使うと、無理にしならせようとして、逆にタメが上手く作れないかも、アンダー星人傾向が強くなります

硬すぎるシャフトも同じような傾向が出ます。昔こんな動画を作ってました!!!

柔らかいシャフト、そして手元がしなるシャフトだと、この切り返しからのシャフトのためをキープしてスイングできるのがわかると思います

アナライズのシャフトは全て、手元のしなりを感じやすいシャフトとなっていますので、スイングが良くなる傾向があるわけです

ということで アナライズのシャフトとそれが装着されているクラブを是非使って欲しいと思います↓クリック

そしてアナライズのシャフトのリシャフトのご相談は、yoyaku@analyze2005.com 工房担当赤坂までお願いします

ではまた


マジックマリガンUT35再入荷しました

アプローチがとってもやさしくなる


2017年06月15日シャフトのしなり使いたいっすねぇ!!(しみじみ)

マーク金井がYouTubeで来週月曜ライブ配信を行いますよ

T島も裏方でガンバリマスよ。アナライズも動画コンテンツをバンバン増やしていきます。ということで、アナライズチャンネルのチャンネル登録してください←クリック

こちらの配信ですが、マーク金井が色々と考えてます。たぶん驚くような演出が待っているかも・・・もしかしてアーカイブとかしないかも・・(という可能性も)

そしてセミナーのWEB配信も毎月やっていく予定です!

ドリルの動画を観ても????セミナーを受けないと???かと思います。とりあえずWEB配信で説明したりするはずです

セミナーですが、一番人気はオンプレーンセミナーです。その次がインパクトセミナーですかね?! そして定番で人気なのがシャフトセミナーです。

シャフトセミナーでは、超柔らかいシャフトのクラブを使います

まず超柔らかいドライバーの寸止めドリルです。超スローですからヘッドの動きがわかりやすいと思います。切り返しでシャフトをしならせます。そしてインパクトで左手がブレーキをかけるとシャフトが逆しなりをします

この逆しなりの時のヘッドに注目

フェースが閉じる方向に動いているのがわかりますか?? 本来フェースというのは、スイング中に開く方向に動こう動こうとしています!! ほっとくと開いてしまうのです。特にドライバーは重心距離が長いので、その動きが顕著!

だからドライバーのスライスに悩む人が多いんです。

しかしシャフトが上手く使えると、シャフトのしなりでヘッドが閉じる方向に動きボールを捕まえてくれます。もちろんドライバーを実際に打つ時は寸止めでは打ちませんが、左手が減速する動きを覚えると、シャフトが順しなりから逆しなりへ転換します

まずこの左手の減速を覚えて下さい。この原則ですが実は、オンプレーンにヘッド動かす為の左手の動きと深い関係があります。昨日載せたドリル

このドリルの左手の使い方と並行してやってほしい動きなんです。

でもマーク金井がドライバーやっている寸止めドリルはかなり難しいです。ドライバーは長いし、これマーク金井じゃないと、この黒いのガッツリと叩いてしまって危険なんですす・・・

はいこれで・・やってください

このイージーフレックスEF009を使って

はい 寸止めドリル!

こちらの動画を参照にしてやってみてください

やり方は、イージーフレックスEF009の付属している取扱説明DVDにしっかりと入ってます(実は動画を探したけど見つからないの)。こちらのドリル実際に練習場でボールを打てるのがいいですね。

T島はですね・・・このドリルの切り返しを家でやってます

切り返しでヘッドがすっと下がるのがわかりますか???

↓こんな風にさがります

T島はここでヘッドがあがってしまうんです。そしてこのシャフトと左手のラインがマーク金井みたいに鋭角でもないのです

この切り返しの動きを覚えたいと思ってるんですけどね。ここがスッと降りると

シャフトの順しなりが上手く作れます!まずしっかりとここでしならせることで、強い逆しなりを作れるのですが・・

これが上手く出来ないのです(泣)

シャフトをどう使うか?!これがシャフトセミナーでレクチャーしていることなんですけど、やっぱり地味に練習しないとなかなか出来ないわけで・・

ってことで

しっかりとイージーフレックスEF009で練習してなんとか覚えたいと思います!!!この動画を観て気がついたことないですか??

この動画はセミナーでの動画ではなくて、マーク金井がFacebookにアップロードしている

自主練習なんです!!!

はい。マーク金井は自分で練習してスイングを変える為、効率よく練習して上達するために練習クラブを作ってるんです。このイージーフレックスEF009もそうです。自分で使いたいから作ったものが悪いわけないと思うんですね

ってことで、アナライズとしては使ってくれる人に、上達してほしいからセミナーでフォローしているわけで・・

一緒に上達したいですね

ってことで

イージーフレックスよろしくお願いします

ではまた明日


 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


1 2 3 4 5 6 11
▲ページのTOPへ戻る