アナライズstoreblog

カテゴリー: シャフト

2018年06月27日ゴルフの都市伝説は、あなたの成功体験から出来るのかも?

週末 6月30日、7月1日

とマーク金井が福岡でセミナーを行います

6月30日

そして7月1日に福岡の大野城でセミナーやります

お問い合わせは、アナライズではなく、各会場にてお願いします


おはようございます

T島月曜日、火曜日は意外と忙しいT島ですが、月曜日に火曜日分を超頑張って・・・

こちらの動画を完成。スイマセン。マーク金井のセミナーやこのマーク塾とか、台本とか展開予定とか全く無いので、いきなり本人の顔が映らなかったりします(汗)報道番組ですね。あと字幕の入れようがない展開とかになります。まあ怖いもの知らずの方は是非ご覧いただければと思います。

セミナー動画編集は、忍耐です。気合が高まるまで(追い込まれるまで)なかなか作れません。

今回のマーク塾④は 8分55秒辺りから↓オンプレーンの極意を説明しておりますので是非そこだけでもご覧下さい↓こちらちょうどイイとこから始まるようにセットしておりますのでご利用下さい

フレループの使い方の極意かも・・・

↓こちらからチャンネル登録できますのでぜひ

誤解しやすいポイントなので動画をしっかりチェックしてください↓クリック

いろいろなとこで動画を作ってますが、新しいソフトを導入したりして、もう全く先行投資ばかりでツライT島でございます。

あーあ新RS-Fが買えるのに(泣)と思いながら投資しております。次回はもう少し高いクオリティのものが出来ると思いますんでご期待下さい!

はい 今年もこちらのゴルフクラシック8月号が発売となりました

毎年ゴルフクラシック8月号にはこちらが付属されています

ドライバー重心ハンドブック

これは素晴らしい企画ですよね。ほんとありがたい!以前、メーカーさんの試打ラウンドで、ゴルフクラシックの編集さんと一緒になった時に、毎年ご苦労さまです そしてありがとうございます とお礼をしたT島。こちらの仕事大変そうです。

T島的にこの本は、別名 妄想ハンドブック・・この本を読みながら妄想するのが好きです。さてさてこの本に、今季の新しいシャフトの記事が載っております。残念ながらまだどのシャフトメーカーも最新シャフトの正式な発表はありません。まあいわゆるティザー広告の一環でしょう。っていうか もうツアープロには配布されているので、スクープされますわなぁ

まず・・・

グラファイトデザイン ツアーAD VR

記事によりますと・・TPやMJの流れをくんだ走り系であるとか・・PTの剛性を全体的に上げたシャフトであるとか 書いてます。TPよりも手元がしっかりしているそうです。T島には、合わないのかなぁ って感じがしないでもないですけど・・ 今のIZは結構好きですけどね

フジクラ スピーダーエボリューションV

こちらは走り系の青エボの系譜らしい。 走り感とか弾き感とか書いてあります。T島的には色が好き。すでに国内女子ツアーで人気だそうです

そして

三菱ケミカル ディアマナDF

こちらは今までのディアマナWとか、いわゆる白マナ系のシャフトのようですね。T島的には一番合いそうな予感。手元がしなって、先端がしっかりしているという感じらしいです。早く打ってみたい

最新が素晴らしいというわけではないですが、最新技術は間違いなく投入されているわけです。

以前・・・

シャフトの調子って何?&フレループ水平振りのススメ

こんな記事をアップしました。

まあシャフトの調子ってザックリし過ぎでこだわっても、シャフト選びを間違えるだけですよ〜的な記事ですね。

というか人間って、ゴルファーって、

例えば自分にすごく合う衝撃的なドライバーに巡り合ったとします。

そのメーカー であるとか モデル であるとか シャフト であるとかに

すげー良かったという事実を関連付けようとします

例えば

◯ーラーメイド最高

だから、◯ーラーメイドは飛ぶ、全部◯ーラーで揃えるとか・・

例えば

M1最高。

ってことはカーボンコンポジットが飛ぶんだ。とか・・

例えば

スピーダーで飛距離が伸びた

そこからスピーダーと言えば先調子だから、俺には先調子が合う

とか・・・

その関連付け合ってます?

(今回のマーク塾動画でもそのことを最初からしつこく言ってます、マーク塾④だと32分ぐらいからその話になります)合ってるというか、そこ関連付けれるのか、それを固定観念にしてしまうと危険です。そもそも先調子なんてあまりに抽象的なグループ分けなんか、T島的には何の役にも立たないとぶっちゃけ思っています。メーカーさんがカタログに書くのは、固定観念に縛られている人が、問い合わせるからです。それにいちいち答える必要があるから、形骸化していてもカタログに書いてるわけです

T島がディレクションしております 大蔵ゴルフスタジオの動画でこんなの作りました

↓Mr吉田のクラブは打たなきゃわからない ゴルフの都市伝説に挑む編です

一般的に、先端が走る先調子と言われるシャフトは、ボールが捕まると言います。

ボールが捕まる? じゃボールが捕まらないスライサーには先調子じゃん!

と思ってしまうのはわかります。あとボールを上げたかったら先調子でしょとかいうやつです。以前にも書きましたが、シャフトはもっと複雑に作られています。先調子でスライスが治り、元調子でフックが治るなら、モデルは3種類でOKであとは、重さと硬さだけで済むはずです・・

しかしシャフトは沢山シャフトが販売されて、昔のシャフトもラインナップに長く入っています。マーク金井が手元のしなりにこだわって作ったアナライズのシャフトですが、計測して分類すると、先中調子と判定されてしまうのです。

こちらの動画では、先調子でも打ちやすいものと、そうでないものがあって、データもスイングも明らかに変るということが検証されています。

まあ成功体験からの関連付けというのは、人間の無意識下で行われているので、それを疑うというのはなかなか難しいことですが、それは皆さんの仕事でも同じだと思うんでです。

この関連付けを上手くやることで、結果が出る練習や、クラブ選び、そしてゴルフの上達につながるのではないかということを、マーク塾の動画編集をしながら思ったT島でした

ゴルフの都市伝説って、この成功体験をしっかり分析せずに、直感的に関連付けることで起こるのかななんて思ってしまいました

ってことで また金曜日に


ご好評いただいておりますゴルフの竪琴、スーパーシャット君ですが

pr00001

ゴルフの竪琴 マーク金井の解説DVD付き

¥15,120(税込)

pr00009

アナライズオリジナル練習器具 「スーパーシャットくん」解説DVD付

¥10,800(税込)

7月中旬より付属のDVDを廃止し、取扱はYouTubeの配信に切り替えさせていただきます

DVD付属をご希望の方は、早めにお求め下さい


2018年06月22日疑問解決?わかりにくいクラブスペック・クラブの長さと硬さを調べる

YouTubeのアナライズチャンネル
人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない

新しい動画配信開始!今回はキャロウェイ ローグドライバーです


サッカーワールドカップが盛り上がってきました。日頃はあまりサッカーを観ないT島もなんとなく良く観ています。日本戦は酸欠になるので、関係ない試合を観るのが好きです。今朝は、アルゼンチンvsクロアチアを観ておりました。

 

今回は強豪チームが敗れるという、ジャイアンキリングな試合が多く、楽しんでおります。SNSでは素人が解説してくれてますが、なるほど〜と思う時もあれば、う〜ンと思う時も多いです。T島的には、お友達のライター、KSさんの解説がわかりやすくて好きです。(スイマセンわかんないですよね) いろいろな意見が発信できる時代ですね。まあ自分のエリアで自分の意見を述べることが大切だと思います。

とブログを書いているうちに、まさかのアルゼンチンが3-0で負けてしまいました(汗)クロアチア強かった!!!!

日本代表戦ですが

NHKが放映していましたが、ハーフタイムにSuchmosというバンドが出て演奏したようです。T島は「Suchmos観たかったわぁ」と寝ていたことを後悔したのですが、T島のまわりではかなり不評で、ワールドカップのNHKのテーマ曲なのですが、「向いてない」「乗れない」と・・そして「ハーフタイムにはいらない」とボロカス言われていました。

Suchmosって誰だよって人も多くて・・・(T島もオッサンですけどSuchmosはカッコいいと思います)

超かっこいいバンドだと思うのですが、たしかにこの曲は盛り上がりにかけます。応援ソングって馬鹿騒ぎできればいいってことなんでしょうね

Suchmos好きんもT島も流石にこの曲は向いてないと思いました(汗)

まあわかりにくい!これはNHKのミスですね

わかりにくい・・と言えばゴルフ用語です。とくにクラブのスペックについて、なかなか理解にしにくいんです。

例えば

長さですけど・・・図り方が2つあります

  • ヒールエンド法
  • 60度法

↑が長さを測るゲージなのですが。この部分をクラブに添って置くことで長さを測るのですが、この三角形の角度が変わると、長さが変わりますよね

こんな感じです。ここからグリップエンドまでの距離が、クラブ長なんですね。この三角形の傾きで、同じクラブでも長さが2つあるということになります

日本のメーカーはヒールエンド法での表示が多いですが、外ブラは60度法で計測していることがほとんどです。T島もアナライズでクラブを組んでもらう時は、ヒールエンド法なんですが、大蔵ゴルフスタジオは60度法と、毎回確認しています。

どちらが間違っている?ということではなく、基準が違うだけなんですね。出来れば統一してほしいのですが(日本ゴルフ用品協会は統一に向けて論議しているようですが)60度計測法を使っている方が、シャフトが長く表示されます。ヒールエンド法で45インチだとすると、60度法では45.5インチぐらい(クラブ形状で差がでますので目安です)

クラブの長さですらそうなんですから、他のスペックも基準が統一されていないことが多いです・・

逆に統一されているというか、そのまま読める数字というのが

  • クラブ総重量
  • バランス

ぐらいかなぁ・・・んで一番わかりにくいのは

シャフトの硬さ!

かと思います!各メーカー、シャフトの硬さの決め方が違います。そしてその硬さと数値の関係が統一されていません(汗)

シャフトの硬さですが・・・

R、S、Xとかありますよね。でも・・クラブメーカーの純正装着シャフトだとモデルによっても硬さが違ったりします

表にするとこんな感じ(あくまで目安です)

はい。純正シャフト最近はですね。総じて柔らかくなってしまって、シニア普通向けとアスリート向けの2つぐらいにしか分かれなくなりました

アスリート向けの硬さは、シャフトメーカーがアフターマーケット向けに出しているシャフトとほぼ同じ感じの硬さであることが多いです。

そして並行輸入の純正シャフトは、メッサ硬いのに拍車がかかりまして更に硬くなったりしてます(泣)

硬さの決め方ですが、シャフトメーカーによってまちまちなんです。振動数を基準にしていたり、硬度計というのを使ったりとまるでカオスですね

それだけではありません・・・

シャフトメーカーは同じモデルでも、様々な重さのバリエーションを出しています。そのシャフトって重さによって硬さが違います。これはT島が、シャフトの硬さを振動数や、センターフレックス計を使って今まで測ってきた

感覚を表にしたものです・・(あくまで感覚です)

こんな感じと思っています。もちろんメーカーやシャフトによって差がありますから、あくまで目安としてください。

感覚的には、軽いシャフトの方が、同じ硬さの数値でも硬く感じると思います。軽硬と言うシャフトが流行っていますが、この上の表を観ていただくと、実際はそんなに硬くないじゃん なんて傾向があります。

シャフト選びの時に、ちょっと気をつけてくださいね

でも実際、その重さに最適な硬さというのがあって、その周りの硬さは 必要でないことがほとんどです。もちろんそれを希望される方もいらっしゃいますし、必要な方もいらっしゃいます。

シャフトには基本となるスペックが必ずあります。それはコンセプトを決めて作り上げられた重さであり、硬さであり特性を持っているものです。シャフトメーカーさんは、そのベースとなるシャフトの持ち味を、重さを変え、硬さを変え、特性を引き継ついで変えていきます。

これは非常に大変で・・・結構難しく、まあぶっちゃけますと、重さが変わったり、硬さが変わったりすると、完全に同じ特性にはなりません。かなり難しいんですね。マーク金井は、この基本となるスペックを買え!と言います。

ということで・・・

アナライズのシャフトは、ワンスペックだけです。作りたい重さで、作りたい硬さ、作りたい特性で作ったので、軽くしたり、重くしたり、硬くしたりとか、すると変わってしまうし、そのコストがかかります。

低価格で、必要な特性のシャフトを作る シンプルな作戦で作ってます

ってことでアナライズのシャフトよろしくおねがいします


フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

YouTubeのアナライズチャンネル
人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない

新しい動画配信開始!今回はミズノGXドライバーです

 


2018年05月30日新しいシャフト情報とシャフトの長さの超私的な決め方

なんだかんだで5月も30日もう終わっちゃいますよ〜

昨日はアナライズのwebショップのショッピングカートのサーバーが不調で、ご迷惑をおかけしました。修復し安全な買い物ができる状態になっております是非よろしくおねがいします。

昨日アップした動画↓マーク塾②ですが、アナライズの有料会員制度である

プライム会員様限定で参加できます(プライム会員の募集は終了してます。毎年2月ぐらいに募集開始しております。金額、内容は、毎年変わっているので、いまお問い合わせいただいても、予想も出来ませんので募集開始までお待ち下さい)

その動画なんですけど、この動画の開始20分ぐらいから終了まで、ゴルフスイングの誤解を凄くわかりやすく説明しています。

  • 腕を使うということはどういうことか
  • 体が回転するってほんとか?

ゴルフスイングに大切な動きをわかりやすく説明します。マーク塾の①を観て、んーゴルフの話してないじゃん?!とか思ったからマーク塾の②は見ないと決めたあなた!!!だんだんゴルフの話が増えていますんで

是非見て下さい!

マーク塾③も編集中です。マーク塾は2時間なのでたぶん4までに分けて配信すると思います

YOUTUBEをチェックしたらこんな動画を発見!!!

フレループとアナライズのRS1.5パターを使ってくれています↑

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

そしてRENGAパター↓

RENGAパター!(アナライズRS1.5パター)

是非お試しを↑

さて、アメリカのゴルフサイトで入ってきた情報ですケドこちら

スリクソンの新しいドライバーのスクープです。ダンロップさん、T島的には一番ご縁が無いメーカーさん、残念ながら裏情報も表情報も全く収集する力が、T島にはありません。知り合いから聞くとか雑誌を読むとかwebを観るぐらいです

契約プロの動向を観ると、ハードヒッター向けのウッド作るのが苦手なのかな という印象です。(松山英樹プロとかね)日本の契約プロも、ゼクシオ10を使っている人が少なくないので、とくにスリクソンブランドのウッドが琴線に触れません。

今回こそ、松山英樹が使って、T島が打ってみたいなと思わせて欲しい密かに思ってます。しかしスリクソンのアイアンはとても評価が高いというの面白いっす。

続いてこちらのシャフト

三菱ケミカルのディアマナDFの情報が!!!!

  • フジクラスピーダーエボリューション5
  • グラファイトデザイン ツアーAD VR
  • 三菱ケミカル ディアマナDF

と今年はこの3つのシャフトが話題になりそう。ああそうそうUSTマミヤさんも出すだろうけど、こちらはまだ何の情報も入ってません

ディアマナDFは、この流れからすると、白マナとかディアマナアヒナそしてディアマナWなどの流れを組むシャフトかと想像します。手元がしなる感じのシャフトなのかなぁ〜メッチャ楽しみです。

フジクラ、三菱ケミカル、グラファイトデザイン、USTマミヤさんの4大メーカーさんのシャフト情報は、ゴルフ雑誌やwebの情報サイトでしっかり取り上げられます。しかしそれ以外のメーカーのシャフトとなると、なかなか収集するのが難しいわけで・・

どんなシャフトなんだろう??と思ってしまう人も多いかと思います

えーっとこちらの動画では、マーク金井があまり情報のないシャフトを一気に試打してインプレッションするという番組です。T島こちらでもディレクションしてますんで

是非チャンネル登録してください。マーク金井はこのあとも引き続き登場し、隠れた逸品を紹介するようですよ

T島ですが、リシャフトする時に大切にしているポイントがあります。まあこれはT島の超私的なリシャフトする際のポイントです。リシャフトというかクラブを試打して、上手く打つコツでもあります。

そのポイントは・・・

長さです。例えばドライバーは45.5インチとか D2にする とか・・決めていません。少し長めに切ります。ドライバーでしたら46.5インチと少し長めにして、グリップを入れます。何度も書いていますが、バランスとか気にしません。

そして打ってみます。

グリップする位置をいろいろと変えて打ってみます。すると心地よいポイントがあることに気がつくはずです。T島は意外と長いところが気持ち良いシャフト。短いところが気持ち良いシャフトといろいろあることに気が付きます。その長さにあわせて、グリップを切りシャフトをカットして、再び新しいグリップを入れて心地よい長さに仕上げます。

まあこれはT島のこだわりです。これを何本かやっていると、自分と相性のいいシャフトは、だいたい長さが同じであることに気がついてきました。

まあ、これは一般的でも何でも無いですが、T島がやってることです。

皆さんもリシャフトするときは、バランス値にこだわらず、少し長めに作ってみて、心地よい長さを見つけてその長さにカットしてみてはいかがでしょう? いきなり短くすると、もうどうしようもないですから(まあ伸ばしたり出来ますけどね)

短くするのは簡単です。でも長くするのは無理・・ここがポイントかもしれませんね

ということで、いろいろ自分で実験してみるのも面白いかとおもいます

ではまた


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2018年05月21日シャフトの調子って何?&フレループ水平振りのススメ

昨日は朝からゴルフ番組ばかり観て、午後から大蔵ゴルフスタジオがありますオークラランドゴルフへ練習に行きました。先日赤羽ゴルフ倶楽部でやったアナライズ研修会のおかげで、練習のテンションは上がっております。自宅では、フレループの水平振りを左手首が軽く痛いぐらい練習しております。

石川遼プロもやってました

ちとお仕事のお話もあり大蔵ゴルフスタジオにフレループを持ってお邪魔したら大蔵ゴルフスタジオの仮にYさんとしておきましょう。彼が「フレループで水平打ちをしたらシャンクでる人がいるんじゃないですか?」と言ってました。

なるほど・・

誤解しやすいポイントなので説明しておきましょう↓クリック

確かに、間違った振り方をすればシャンクが出ますね

トップでクラブを寝かせます。このまま左腕を回旋させないまま、インパクトまで近づけ、急激にヘッドを振り出すと危険です。

確かに

シャンク

が出ます

この練習では

タメとかハンドファースト

とかを強く意識しないほうがいいでしょう。テイクバックが終わって切り返しから、左手の回旋を初めてください。水平素振りは、腕の回旋というかヘッドの回転が通常のスイングよりもとても大きくなります。この角度は90度ぐらいかな

コレが斜めになると(通常のスイングだと)45度ぐらいに減ります。

水平振りは、この角度が大きい分だけ回旋を覚えやすいので、オススメしているわけです。このフラットな軌道が傾けば傾くほど、通常のスイングに近くなるのですが、そうなると回旋しなくても打てる要素が増えてくるみたいなんです。

まずはフレループでの水平振りが重要です。

意外と重いので、カッキーは腕が筋肉痛になると言ってました(汗)か弱いのか??

あのちょっと重めですが、ぜひフレループ水平振りホントオススメですのでやってくださいね。極端に回旋させるイメージでいいでしょう

大蔵ゴルフスタジオのYさんは、左手に腕時計してスイングすると、右手に時計の

ここが当たるのが気になるそうで、GARMINなど腕時計タイプの距離計ができないそうです。見事な左手の回旋ですよね〜 T島もそれぐらいを目指したいと思います。誤解しやすい一面もありますが、しっかりとセミナーやセミナー動画、ブログなどで伝えていきたいと思います

先日ですがシャフトのトルクって、まだ気にしますか?って話をしました。まあトルクもそうなんですけど、もう一つ気にしてないことがあります。

それはですね

調子

です

いわゆる先調子、中調子、元調子などと言われる”調子”です。キックポイントとも言いますね。なんでT島は気にしないのでしょう? っていうかマーク金井も気にしてません。T島も、マーク金井も手元がしっかりしているシャフトは得意ではありません。じゃ手元がしなる元調子が好きなんですか?というと、半分正解です。

調子というと一箇所が”しなる”イメージがしますよね。

シャフトって、残念ながらそんなにシンプルではありません。シャフトメーカーは剛性分布というグラフをよくカタログやウェブページに載せています。

例えば・・・

USTマミヤさんのwebサイトをみると ↓こんな表があります(親切だ)

各社ありますが、縦軸横軸に数値は入っていませんよね。これはシャフトのしなる傾向のイメージなんです。でも無いよりあったほうが全然親切じゃないかと・・・

白い線がアッタスクールなんですが、このシャフトは先中調子(ミッドロー)とメーカーはカタログに載っています

黄色い線はアッタスパンチ、マーク金井が大好きなシャフト。このシャフトは中調子(ミッド)とカタログに載っています

そして紫はアッタスG7、このシャフトも中調子と分類されています。同じ中調子でも、アッタスパンチと、アッタスG7この曲線がぜんぜん違うのわかりますよね??どのシャフトも意外と複雑な曲線を描いています。

もうすでにこの表示の限界を示していると思います。SNSなどでは、調子を例に出して、そのシャフトの特性を比較していますが、「意味ないんだけどねぇ」と思いながら、スルーしています。余計なアドバイスなどすると、こんな仕事してますんで、まあ叩かれたりするんですわ。T島はこういう発信の場を持っているので、そちらで表現します。

他人のエリアでは長いコメントとか避けるようにしています。

ということで、この調子というもの自体はほとんど意味をなさなくなっています。残念ながら、剛性分布の図も全てのメーカーで詳しく載っているわけではありません。フジクラさんは、曲率分布曲線という表になっていますし、三菱ケミカルさんとUSTマミヤさんの剛性分布の曲線はかなり違うんですね(汗)

ちなみにフジクラさんの表をひっくり返したら

なんとなく雰囲気が伝わるはずです(あくまでイメージです)

残念ながら、こちらにも統一基準などがありませんが、ゴルフクラシックさんが毎年シャフトの、先端、中間、手元の剛性を測ったデータを紙面で公開しています

実はアナライズのシャフトも載っています↓

是非チェックしてください。

が、自分の打って気持ちいいな!と言うシャフトのこの図をチェックしてみると、発見がきっとあると思います。そして○○調子だからという先入観を持って試打しないことがオススメです。

ということで

また水曜日に


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)


2018年05月09日フレループは女子ツアーでも人気&50歳超えたらアイアンもカーボンを検討下さい!

寒いですね。東京は3月下旬の気温らしいです(泣)いやー参った。早く夏カモン〜という感じです。

さてフレループ人気みたいです。アナライズには様々な目撃情報が寄せられています。男子ツアーだけではなく、女子ツアーでも人気が出てきたそうですよ。女子ツアー会場でも目撃情報が・・・イ・ボミプロも使っているとか・・・・永井花奈プロも・・

ということで世の中でフルループってどこで買えるの???と言うことになっているらしいです。リンクスさんは全員で日夜組み立てているとかいないとか?!

はい!そんな皆さん アナライズにはまだあります!!!

フレループよろしくお願いします。↓

先日書きました↓こちらのブログ

松山英樹の新しいドライバー&打ち上げの多いコースのクラブセッティング

で松山英樹が使う、テーラーメイドM3 440ドライバーを買おうと思い。つるやゴルフの安田プロック長にLINEしました。

しかし・・・T島が探すM3 440ドライバーの10度はつるやゴルフ全店の店頭には無いようでした(泣)ということで、テーラーメイドさんにメールしてみました。(正確にはテーラーメイドのPRを担当されている会社)

すると・・・10度はカスタム対応ということで、現在欠品中。5月下旬入荷予定ということだそうです・・・

ガーン・・

このM3 440ドライバー、ハードヒッター向けと言われていますが、先日初勝利を上げた永峰咲希プロも使っているんですよ↓ あっこのGDOの連載、T島が書いてますんで、毎週金曜日更新しますんでヨロシク!

ということで、待つか・・・M3 460を買うか悩んでおります・・・

さて・・・T島ですが、55歳になりアイアンのシャフトはカーボンシャフト!!! ということで、アイアンのシャフトを振り返ってみましょう。アナライズに入るまでは、日本シャフトのNS950のSが多かったですね。何故かと言うと、メーカーの純正シャフトに採用されているからです。

アナライズに入ってから、アイアンシャフトを色々と試打する機会が増えました。当時、マーク金井がチャレンジリシャフトというムック本の仕事を毎年やっていたので、その試打シャフトが毎年 ドーンと来るわけで全部打ってみて コレいいねぇというシャフトを入れればよかったのです。

まず気に入ったのは、KBS TOUR 115のR(当時は KBS TOURのRだったような)・・

このシャフトを、初代レガシーアイアンに入れたんだよね。そうそうこのアイアンでホールインワンしたんだわ。やっぱりこのシャフトと相性が良いようで、今でもウエッジはKBSのシャフト入れてます!!!

その次は・・・なんだっけかなぁ〜

たぶんコンポジットテクノのカーボンシャフトだった気がします。試合の前にいきなり変えて、練習ラウンドは問題なかったけど、本番スタートホール、鳴沢ゴルフクラブの10番のPAR3でいきなりマンダフリして、レデイースティまでしか飛ばなかった事を思い出しました(軽く死にたかったです)

その後、日本シャフトのアイアン用カーボンシャフト GT800でした。今は廃盤になったようですが、日本シャフトさん、スチールのイメージが強いですがカーボンも非常に良いシャフトが多いんです。アイアン用カーボンシャフトもすごく良くってねぇ〜 ほんと良かったなぁ〜

その次は、日本シャフトのNS・PRO MODUS3 120 このシャフトですが、PGAショーでプロトタイプを打ったんですけど凄く良くって 長く使いました!!!

125、105もとても良いシャフトですよね〜 スチールを使ってもいいんだけどなぁ(理由は後ほど)

そしてこちら

USTマミヤ ATTASアイアン9S

コレは長かったなぁ PRGRのeggフォージドに入れて使ってました。これよかったんだよね〜

この頃が50歳ぐらいかな。

その後こちら・・・アナライズのMI72 を入れました 

こちらですね。軽量スチールが重いなぁ〜と感じはじめたアラフィフの方にオススメしたいのです。今使っていないじゃんって? やはり他社のシャフトをいろいろテストする必要があるんですよ。

その後・・・様々なシャフトを使ってきました!!!

このフジクラのMCI・BLACK100、80とかすっごく好きです MCIアイアンもいいですねぇ

今は ATTAS FFアイアンというシャフトを入れてます

 

あと50歳すぎると、どこが痛い、ここが痛いとなるんですね

スチールからカーボンにすると、圧倒的に飛距離が伸ばせるわけではありません。軽くすると若干飛距離が伸びますけどね。スチールよりはカーボンの方がエネルギー減退率が高いので、衝撃を伝えにくいんです。ですから打感もマイルドになり気持ちいいんです。

肘や体の負担が減ります!!

歳をとったらアイアンはカーボンシャフトかも・・・

アナライズのMI72をガッツリ宣伝しようと思ったら、今売り切れでした(泣)

ってことで また金曜日に


アナライズで今話題の逸品と言えばこれ!

よろしくおねがいします。↓クリック

RENGAパター!(アナライズRS1.5パター)

片山晋呉プロ使用しております↑(みてみて)アルミ削り出しと言うコストの掛かる構造なのにお値段控えめですよ!!!!!

 

 

 


▲ページのTOPへ戻る