アナライズstoreblog

カテゴリー: アナライズのクラブ

2017年05月29日ゴルフクラブ、ベストとベターの差はどれぐらいあるのか?!その1

ということで

宮里藍引退のニュースに驚いているT島です・・ 寂しいですね

そして朝飛び込んできたのは、インディ500で佐藤琢磨が優勝!

1978年に富士スピードウェイのF1を観たT島、それ以来 AUTOSPORT誌を買っていました。まあ今は観てないのですケド。鈴鹿にも英田にも行きましたよ。しかしインディ500での勝利はF1の優勝にも値すると思います すげーなぁ

F1でも誰か勝ってくだい(っていうか日本人ドライバー誰も乗ってないしなぁ)

さてさて

アナライズのお客さんのお買い物データを集計していますT島ですが、調べれば調べるほどほんとありがたいなァ〜と感じるわけです。

ゴルフクラブって、ドライバーは進化している気がしますし、シャフト重量も年々軽くなっています(ツアープロにおいても)調整機能も盛々・・・とは言え、日本の女子ツアーを見ると、葭葉ルミプロは、少し前の地クラブのドライバーを使って、ドライビングディスタンス1位です。じゃ最新クラブはベストじゃないの??とか・・

ぶっちゃけハイテクっているのか?!って気がしないでもないですが、古いといっても5年以上前のドライバーを使っている人はほとんどいません。

しかしそれ以外のクラブは意外と賞味期限が長いようです。

T島が思うのは、ミスヒットに対する強さは、サイズによるものが一番大きい要素だとおもいます。ドライバーはティアップして打つクラブですから、サイズが多くなっても、打ちにくく感じません。

しかし、地面から打つことを前提にすると、サイズアップが難しいものです。

  • フェアウェイウッド
  • ユーティリティ
  • アイアン
  • ウエッジ

ドライバーのサイズが30年前で倍になったのに比べると、他のクラブはそんなに大きくなっていません。

やはり重心位置といっても動かせるのはサイズが大きいからこそです。フェースの反発もルールで規制されているので、フェアウェイウッドもアイアンも限界があります

はい 地面から打つということからする、ゴルフクラブが受ける制約って意外と大きいのです

まずフェース面を大型化できません。フェースの高さは、ボールのサイズがありますから、ディープにすると難しくなります。幅を広げると、芝の抵抗を受けやすくなります

ということでサイズを大型化すると用途が規制されますよね

サイズが規制されるということは、ゴルフクラブも物理ですから、ソールに比重の違うものを使っても限界がありますし、ヘッドの大きいドライバみたいに違いがわかりやすくありません。

なので・・

  • フェアウェイウッド
  • ユーティリティ
  • アイアン
  • ウエッジ

は、素材を変えたり、複合化しても差が出にくいわけです

もしあなたが、お金に糸目はつけないので

ベストなものが欲しい!

というのであれば、そのベストなものを買えば良いのですが、サイズが小さくなればなるほど、イロイロやっても劇的に差が出なくなってくるのです。

できればやったほうがいいこと

これをすべてやろうとすると、非常にコストがかかります。それはコスト効果が低くなる傾向にあります。まあそれが買えれば幸せですよね。でも現時点でのベストが買えることは間違いないかもしれません

必ずこれはやる!やる必要があること。

これはやらないといけません!!でも、そのこの機能はかならず要る!!!というのを、買う人が持つ必要があります。

自分にとって何が必要と思ってクラブを選んでいるんだ?!

ということを考えて貰いたいと思います! 自分なりのベターな要素を追求すれば良いのです

アナライズのクラブ。マーク金井の設計するクラブは、マーク金井が絶対必要!!!と思っていること、ベターな要素が妥協なく詰まっています。

 

こちらのmmウエッジ

  1. ヘッドが大きめ
  2. 程よいグース
  3. 深いキャビティだけど、打点位置は肉厚
  4. 広いソール
  5. 強いバンス
  6. ライ、ロフト角が調整できること

すべて満たしています。ウエッジはロフトがあるので、ボールも上がるし、飛ばす必要がありませんから、あこがれのプロが使っているものを選ぶ傾向があります。

しかし・・

ウエッジって一番シビアにターゲットを狙うクラブです。

そして

失敗したら一番ダメージが大きいショット。まあすべてパーオンするならいいですけど、

  • グリーンを外した
  • 2打目失敗して50y残った
  • バンカー入れた

スコアに直結するシチュエーションで使われるクラブだからです。だから難しいウエッジじゃないほうがいいんです。

マーク金井曰く

「100点が出るクラブは、0点が簡単に出るクラブ!70点が続けて出るクラブがスコアアップする。」

まあ70点でいいやと思うといい結果が出るもんです。そんな気持ちで使ってくれるといい結果がでますね。プロは高い技術を持っていますから、100点狙ってきます。技術で0点を防いでいるわけです。

このmmウエッジは、高級な素材や特殊な作り方をしていません、素材は軟鉄鋳造です!当然ライ角、ロフト角も調整できますし、打点付近は肉厚になっているので打感も申し分ないです。特にややこしいことをしなくても、ちゃんと性能が出せるからです。そりゃイロイロやったら、何となく凄そうですが、特にウンチクもありませんが、一切妥協してません

だからお値段もお求めやすいです。無理せず手に入れてもらえる。

マーク金井は「ゴルフクラブは、ゴルフする道具。だからシンプルに機能を追求して、買いやすい値段で提供したい」なんて言ってます

T島もこのウエッジ ずーっと使ってます。ウエッジ沢山もってるんだけどなぁ。ぶっちゃけ、最新テクノロジーも新素材も使ってませんし、高くないので、所有感は高くありませんが、限りなくベストに近いベターなクラブです!!

顧客データを集計していると、このクラブを選んでくれた人に感謝したくなって、こんな感じのブログになってしまった。っていうか

マジックマリガンUTの話が書けてないじゃん

ということで MMウエッジよろしくお願いします

それはまた後日


 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック

 


2017年05月20日たくさんあるのに・・欲しくなる靴とパターの話

 

6月のセミナーは5月22日に日程発表して募集開始しますのでよろしくお願いします!

5月27日のWEB公開版 オンプレーンセミナーもまだ空きがありますんでよろしくお願いします。(顔出しオッケーの方のみですけど)

さて、皆さんの家にはゴルフクラブとかゴルフグッズがたくさんあると思います。ゴルフするときに1つしか持っていかないのに何故か複数あるものがあるはずです。T島にとってそれは

ゴルフシューズとパター

昨日はこのシューズの発売日だったのですが・・まあマイケル・ジョーダン好きのT島としては・・・エアジョーダンのゴルフシューズなんか反則やろ!!!欲しくなるやろと思って発売開始前からPCの前で待機してたんですけど・・

速攻売り切れ・・・瞬殺でした。限られた販売店でも発売したそうです。運がよければ手に入りそうです。うーんカッコイイなぁ(まあ買えなくてホッとした面も)

マーク金井は

ナイキのギミーを買ってました。カッコイイですね。思わず写真とってFacebookに乗せてしまいました!!黒はマーク金井っぽいですねぇ T島的には↓こちらのが好きかな

こちらはナイキゴルフのWEBショップで買えますよ←クリック

クソー!カッコイイぜ!!

アナライズのゴルフシューズも復活させたいのですが、サイズがあるものは、在庫負担が厳しいんですよ2足単位で販売しようかな。予約で半分ぐらい売れたら なんて思うんですが・・やっぱりギミーみたいな靴は作れない(ナイキぐらい大きくないと)

んでパターですが、まあT島あんまり持ってないです10本ぐらいっすかね。実はウエッジのが多いんですケドね でも多いっちゃ多いか

今朝、PGAツアーを観ていたら

ジョーダン・スピースがパターを変えていました

ピンタイプから、ネオマレット形状への大胆なチェンジ。カッコイイぜ!! ヒール側にネックを溶接してシャフトをつけているモデルなのでフェースバランスではないでしょう。今までピンタイプ全盛だったPGAツアーですが、今年は、テーラーメイドのスパイダーツアーを筆頭にネオマレットが目立ちますよね。

マーク金井設計のナチュラルパターもネオマレット形状が中心。ナチュラルパターはリンクスの製品ですが

アナライズでも今試作しているパターがあります

はい このパター!シャフトの穴が3つ付いています。製品版は2つになるはず。マーク金井がかなり気に入ってテストしています。限定として販売する予定です(まだ少し先かも)

センターとトウ側にシャフトが入るようにしてます。カチャカチャっとシャフトの位置を変える事は出来ません。どちらかを選んで接着するという仕組みです。もちろんリシャフトの要領で、センターだったのをトゥ側に、トゥだったのをセンターにと抜き差しすれば可能です。

トゥ側にシャフトを入れるとすごく真っ直ぐヘッドが出しやすいんです。凄くいいので早く欲しいなぁ

あっそうそう先日ご紹介したイーデルゴルフのパターフィッティング

こちら簡単にお話を聞きましたが

こんなにこだわりポイントが!!!

  • ヘッド形状
  • ネック形状(ネック取り付け位置も)
  • シャフト形状
  • 長さ
  • ヘッドの重さ
  • グリップ
  • グリップエンドの重さ

 

まずアドレスをチェックしてヘッド形状と、サイトラインをどう引くか決めるとか・・ヘッドの重さとグリップエンドの重さの関係とか・・・イロイロ面白い話を聞けました。まあ時間がなかったので・・・実際にフィッティングしていただいたわけではなく、どういう流れになっているのか?!ということで、一度じっくり聞いてみたいと思います。

んで デシャンボーが愛用していた、イーデルさんのTHE BRICKをレポートしましょう

THE BRICK つまり レンガ?? まあ長方形でほんと大丈夫って感じ BRICKと言えば、クルマ好きのT島が思い浮かべるのは、ボルボ240ターボですよ、欧州ツーリングカーレース選手権で凄く速くって、空力なんか考えてねーよ的な形状のレンガ重ねた感じだったので「FlyingBRICK」と呼ばれていました。日本のインターTECに登場して、日本車が全く歯が立たなかった記憶があります、

ああスイマセンすぐ脱線する・・

まあ上から見るとBRICK(レンガ)なんですが・・ソールはこんな感じで、なんかイロイロ工夫していそうです!! ウエイトがヒール側にガッツリ付いてます。フィッティングではここを調整したりするみたい

グリップが丸い

一番の特徴はコレ! トルクバランス!!

はい! えーっとオデッセイのトゥアップパター、同じくオデッセイのバックストライクなども、手のひらに乗せるとこんな感じですよね。なのでヘッドが真っ直ぐ動かしやすい気がします

トルクバランスとは

このようなバランスにすることによる最大のメリットは、パッティングストローク中のシャフトのトルク(ねじれ)が極限まで最小化されることです。シャフトのトルクによるフェースの開閉が起こりにくくなるため、従来のパターでは不可能だったレベルでのスクエアインパクトを実現することができました。

イーデルゴルフWEBサイトより引用しました)

なんか期待できるでしょ!!!ってことで、コースで使ってみることに!!!

打感はしっかりしているけど、いい音しますよサイトラインとかないのですが、打点のずれにあまりシビアではない点も気に入りました

うーん楽しみです

皆さんも是非イーデルゴルフさんの取扱店でフィッティングしてみてください

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年05月15日いい球が出ないのに、いいスコアが出ることありませんか?!

しばらくゴルフの予定がないT島です。昨日もゴルフを観ながらずーっと仕事をしておりました。ゴルフ行きたいわぁ

ゴルフを観つつ、仕事しつつ

このドリルを、ゴルフの竪琴でやってます。ゴルフの竪琴でやるといい感じがするんです。

この辺を持って下さいグリップの一番前ぐらいですね

こんな感じで↓握ってもらえればと思います

そして、グリップエンドを自分に向けることを意識してやってください。竪琴ならお部屋でも出来ますから、いいと思うんですが・・・どうかな??今日マーク金井に聞いてみますね!

問題なかったら竪琴を使ったこのドリルの動画をアップしましょう。

昨日やっていたのは、マーク金井の有料メルマガの連載をまとめて構成して、出版社に送る準備をしていたのです。このブログの火曜日の連載を本できたらと思っているわけです。すでにこのメルマガから電子書籍なり書籍なり出来上がっているんですけど・・・

それを読みつつ思ったんですけど・・・

先月キャンプ座間のゴルフコースに友だちと行った時の話を思い出しました

その友達は飛距離は人よりはかなり出ます。飛距離以外も特に弱点もありませんが、まあメンタルは強くないです。キャンプ座間のゴルフコース、距離は短めですが、かなりアップダウンがあり、グリーンは硬くて、3段グリーンは当たり前とかなりの難コースです

  • ドライバーは一発も当たらない
  • セカンドも寄らない

とグズグズ言っていたんですが・・・

結局上がってみれば−1の35・・・

  • ドライバーは一発も当たらない

まあ彼自身の飛距離から言ったら不満でしょうけど、当たりが悪くてもT島のナイスショットぐらいは飛ぶんですから、それで充分かと思うんですよ。行きの車の中でも、どうしてドライバーのティショットにこだわるのか?!という話をしていたのです。ティショット用のユーティリティ(16度)を入れている彼は、ユーティリティでもT島のドライバーぐらいは(230yぐらい?)は打てるんです。まあドライバーのティショットにこだわるというよりも、ナイスショット呪縛が強いようですね

  1. ナイスショットを打ちたい(270y以上)と思って1Wを持ってティグラウンドに立つ
  2. ユーティリティよりも少し飛べばいいやと思って1Wを持ってティグラウンドに立つ

彼の場合、いつも1ですね

だからドライバーが当たらない・・と彼は感じるわけです。T島的には、まあソコソコいいとこあるじゃんって思っていたんですけど、ご不満のようでした

今回はユーティリティよりも少し飛んで、2打目が問題なく打てるところにいつもボールがありました。結果的にずっと2ぐらいの当たり だったんです。まあ結果オーライでも充分飛んでるわけです。

ナイスショット基準だとユーティリティを持っても「ナイスショットを打ちたい」と思ってるとミスが出やすいから、クラブの問題じゃないけど・・まあそこには気がついてないかな・・

  • セカンドも寄らない

セカンドですが、まあほぼグリーンまわりにはいました。ピンチから一発ラッキーなチップインバーディがありましたが、ラッキーだったのはその一発だけでしょう。

  1. ピンそばに打ちたい
  2. とりあえず乗ればいい
  3. パターで打てるかシンプルなアプローチが出来るとこに飛べばOK

寄らないと言ってたってことは、狙いとしては1ですよね。しかし結果的にほぼ3だったんです。その日はパターがほぼ完璧でしたね

この日はすごく天気が良くって↓

こんなのびのびな感じで、あまり深いこと考えなくてよかったから良かったのかも??

しかしコレが・・・後半はドライバーが当たりはじめ

何故か・・スコアも増えました・・・・前半の35は、まあ彼の力からすればもっと頻繁に出る感じだと思っているので特に驚きませんでした。後半はパー4でワンオンチャレンジとかしてたので仕方ないですね(笑)

ただナイスショットを狙うと、メンタルの負担は大きいんだなってすごく感じました

 

マーク金井がよく言ってる、「いいスコアを出すにはナイスショットは要らない」という言葉。

T島だったわかっているつもりなんですけど・・・なかなかねぇ。

自分の持っている13本の中で、安定して飛距離が出せるクラブは何か? これをまず把握して、それが何ヤードなのか?!そこから考えてみてはいかがでしょう?!

T島の場合5Wといいたいところですが・・・7Wかなぁ200〜190yぐらいですかね。ドライバーはそれより飛べばいいやと思って打ってます。

まあすでに10年ぐらい使ってるんで、安心感がすごくあるんです。まあ経験は何者にも変えがたいというのを知る一本です。5Wもかなりのレベルに達しているんですが、まだまだ安心感が7Wにかなわないです・・・

マーク金井のクラブセッティングでいえば・・

↑に写っています18度のユーティリティでしょう。赤羽攻略で絶対にこれを抜かないんですよ。ずーっと使っておりますねぇ。このユーティリティ、アナライズのマジックマリガンUTなんですが・・発売当初限定で18度は発売されましたが、ファーストロットで販売終了しました。

しかし、マーク金井がずっ〜〜と使っているわけで・・マークさんの18度が欲しいという人が増えて再販に至ったというわけです

現在純正カーボンシャフトであるUT70が欠品していますが、NS950、そしてカスタムオーダーで、イロイロなシャフトがチョイスできます

↓お値段はこちらを参考に!!

MMUT フジクラMCI90装着 29160円
MMUT フジクラMCIブラック80装着 30240円
MMUT フジクラMCIブラック100装着 30240円
MMUT フジクラMCH70、80装着 36720円
MMUT モーダス3ツアー120 22680円
MMUT モーダス3ツアー105 22680円
MMUT モーダスツアー120 22680円
MMUT TourAD HY HYBRID ツアーAD HY-85 38880円
MMUT Tour AD GT Utility 39960円
MMUT Tour AD Utility 55 65 39960円
MMUT Tour AD Utility 85 95 34560円

これ以外のシャフトももちろんオーダーできますのでお問い合わせ下さい!!

ドライバーをこのクラブより飛べばいいや!という基準となる、安心感のあるクラブを把握していると、気楽に打てますし、困ったら持ち替えて打ってほしいと思います。それがマジックマリガンUTだったら嬉しいなぁ

T島も18度作っちゃおうかな〜(品薄なので作ってないのです)

ではまた明日


腰痛にも肩こりにも効きます

↓こちらヨロシク

ぜひストレッチパッドお試しいただきたいと思います


2017年04月29日T島的HOTLIST2017 パター編

アナライズよりゴールデン・ウィークのご案内

アナライズのゴールデン・ウィーク、4月29、30日、5月3,4,5,6,7日発送、メール、電話での問い合わせお休みさせていただきます。(セミナーを開催したり、ブログを更新していても、担当者が休みなもので・・・)

連休中ですが 5月5日以外はスタッフが誰かおりますので、14時30分以降ご来店頂ければ試打等出来ます。食事などで外出することがありますので、来店前にご連絡いただけると助かります

(連休中セミナー参加者の方の緊急な連絡はメールではなく電話でお願いします)


昨日はキャンプ座間のゴルフ場にお邪魔しました

お天気最高でした、おはようバーディからのグダグダで肘が痛いです。ドライバーの不調はなんとかなりましたが、50度のウエッジだけがダフります(汗)うーん これは原因に心当たりがありますんでチェックしてみようと思います

いや〜ホントいい感じです(決して歓迎されていないけど)

このゴルフ場ですが・・・1961年にアーノルドパーマーが来てたらしい

さて キャンプ座間ですがコースは短めです。丘陵コースでアップダウンはかなり凄い。そしてグリーンがエグい(3段グリーンが基本)

ので、ティショットのポジショニングが大切 T島は200yぐらいをドライバーでコントロールして打つのが得意なので、それを多用します。同伴した飛ばし屋の方々は、ユーティリティを多用していましたね

こちらのマジックマリガンUTには18度が登場!ぜひご検討下さい

連休中は試打できるような機会を増やしていますんでぜひぜひ

さて・・・

今年もGDOさんから HOTLIST JAPAN2017が発表!!!毎年審査員&ライターとして参加していたのですが、温かく設備が良い宮崎シーガイヤで試打できるようになった今年から、「ライターは使わないんで」という理由で卒業となりました。(まあその代わり、お仕事もいただいたりしました。あるたす)最初の頃は、試打テストして、データ集計徹夜やって、文章も書いて、タイトな締め切りと、予算のない時は、何でも屋的に支えてきたと思っていたのですが、売れないミュージシャンが人気が出ると、下積み時代を支えてきた妻と別れ、若い美人の女優さんと結婚する的な感じで、「立派になったじゃん!私は嬉しいわ・・もっと立派になってね」ってことで、このゴールデン・ウィークは

T島的ホットリスト2017を選んでみたいと思います。T島的なんでほとんど権威はありませんけど、ゆるゆると言ってみたいと思います

今回は地味になパター編!!!

うーんパターってぶっちゃけ好みだし、絶対的性能ポイントが有るわけじゃないし。(ボールを遠くに飛ばせばいいとか・・スピン量など)

  • 芯に当てやすいパターは、ミスヒットに何となく弱い
  • ミスヒットに強いパターは、何となく芯に当てにくい

と言う傾向があります。ぶっちゃけ人気のハリウッド女優的名前がチラッとついているパターなんか、モデルチェンジというよりもデザインチェンジしている感じですよね。でも毎年しっかりと本家HOTLISTに入ってきて、なおかつ売れています。スゲーなぁ〜

では行ってみましょうか

まずこちら

T島的ホットリスト2017 パター編

今話題のスパイダーレッドツアー 

マスターズでセルジオ・ガルシアが使い、ジェイソン・デイも使っているパターです

通常のスパイダーはネックがダブルベントシャフトでフェースバランスが基本です。センターネックもフェースバランスですが、このパターはヒール側にネックがついているんですね。ってことなのでフェースバランスではないです。オートマチックなL字マレット的な感じでしょうか。引っかかりにくい点が支持されているのかもしれません

 

オデッセイO WORKSパター

このインサートが革命的ですね。準回転になるのが早いので転がりがいいのです。これは打ってみればわかりやすいんですけど(シュリンクかぶってたらわからないかも)こちらかなり売れているそうです!

T島的には#9が好きなのでこちらがいいですね↓ オデッセイはヘッドバリエーションがたくさんあるし、グリップも最初から

スーパーストロークが入っていて、カウンターバランスのウエイトも入ります

もう全くスキのない 売れ筋パターです

そして

マルマン K’Sパター

こちらコースで打ちましたが

  • 構えやすい
  • 打球音と転がりのイメージが合いやすい
  • 打ち出しのスピードがT島のイメージと合う

といい感じでした。このパターですが、安倍総理がトランプ大統領とゴルフしたときに使っていて、同伴だったアーニー・エルスが、使ってみたいから送って!と安倍総理に言ったというパターです

まあこういう逸話があると 何となく欲しくなってしまうから不思議ですな〜

んで このパターが良かった

デザインチューニングのフルミルドパター

メッチャ座りがいい、構えやすい、打感がいい (値段もイイですが・・・)

地クラブ的なのが入るのもT島的でしょ?!

ってことで

また明日も続きます



マーク金井設計

アナライズMMウエッジ販売開始しました

(申し訳ありません すでに注文殺到のため、発送にお時間いただいております。来週月曜日以降となる予定です)

基本性能の高い『ミスがミスになりにくいウエッジ』です


2017年04月24日ハイブリッドなクラブを使って思う!!H030とか30度のUTとか・・

昨日は男子ツアーは久保谷健一プロ、女子は吉田弓美子プロが優勝しました。久保谷健一プロとは2回ほどお会いしたことがありますが、ひょうひょうとして楽しい方です。T島と同じ3月11日生まれで親近感があります。怪我からの復帰で見事優勝。パナソニックオープンは、アジアンツアーでもありますから、アジアンツアーのシードも獲得したことになりますね。活躍を期待したいと思います

さてGDOさんでポチっとしていたコレが・・・

フォーティーンのH030 RW(38度)届きました。フォーティーンさんといえば、故、竹林隆光さんが立ち上げたメーカーです。硬派なアイアンやウエッジのイメージがありますが、歴代革新的なクラブを数多く発売していました。特にハイブリッドの先駆者的なクラブが多く、T島もこんなクラブを大切にしています

ウッド型ハイブリッドのピカンテとか

アイアン型ハイブリッドのHI660とか

まだユーティリティというジャンルが確立する前から、意欲的に開発発売していましたね。そんなことを思い出していたら今朝 PGAツアーのテキサスオープンで勝ったケビン・チャペルが

フォーティーン HI877を使っていました↓流石プロは18度・・

なんともタイミングがいいというか・・・竹林さんが残した熱い想いを、引き継いている感があるクラブが、高く評価されているのは嬉しいことです。そしてH−030はウッドとウエッジをハイブリッドしたクラブ。きっと竹林さんは、雲の上からチェックされていて

「なかなかいいんじゃない?」

と仰ってると妄想していました。(スイマセン、T島一度しかお話する機会がありませんたので、妄想っぷりが半端ないのですが)

早速 練習場で打ってみました(距離80y、練習マットの上の団子ボール)

残念ながら・・このシチュエーションではあまり良さがわかりません(汗)そうなんですよ。こういうクラブはコース、芝の上でないと良さが見えにくいものです。まあこのウエッジはそもそもアプローチでランニングをするのが目的なのですが、永井プロがコントロールショットに多用して、欲しくなったんです

ウッド+ウエッジとなると、そりゃ簡単だろ!と思うわけです。しかしまあ構えにくいだろって話ですが、それは慣れですよ

T島の前職の会長が、社長の頃に言ったんです。「変化しない=死んでるんだ」つまり変化することが生きてる証だと言うわけです。まあ残念ながら進化ではない局面があるんです。老い は退化ですがそれもまた変化。しかし進化したいといつまでも思うことが、生きてることかとT島的には解釈してます

コダワリってのは、変化しないということにつながりがちですが、コダワリも進化する必要があると思います。伝統を受け継ぐということは、死んでるわけではなく、その世界では常に切磋琢磨して進化しているのでは?!と思うわけです。違和感があることも、その先に何かあるなら

慣れること!=進化

じゃないかなと・・とても大切な能力だと思います。これもいわゆる進化かと思います。ゴルフ仲間でヒッコリーのクラブでゴルフするのが大好きな人がいます。もちろんスコア的には不利ですが、彼はヒッコリーが好きなんです。いいじゃないですか! それをスコアが悪い、エクスキューズにしなければ、それはソレで楽しいこと

誰だってこのクラブよりも

こっちのクラブのが、構えやすいものです

アナライズのクラブは、道具としての機能を追求します。皆さんの持ってるゴルフに対する問題点をどう解決するか?!という視点から、その問題を解決するために一番効率のいい手段を用いるのです。だからちょっと、今までのゴルフクラブからすると、異端な形状になりがちです。フォーティーンさんと同列に書くと、一緒にするな!とお怒りになる方もいらっしゃると思いますが、最も効率がいい方法を探しているのは非常に近いのでは?!とT島は感じてます

ロフト角の大きいユーティリティ。どう構えたら良いのかわからない

はい これマジックマリガンUTの30度↑ね そりゃこちら 同じロフトのアイアンのが構えやすいです

でも ボールの位置とかなんとなくわかってくると確実に武器になりますよね。だってそうじゃなきゃ、ちょっと不細工にする意味がないわけです。

ゴルフは物理

物理的に有利なことを上手く利用すること、そのことでスイングが退化することはないと思うのですけど、やさしいクラブを使うと下手になるという人が意外と多いです。その理由がわからない?

ミスが出ないから練習しない? スイングはスイングで進化させるものではないでしょうか?!練習は練習でスイングは進化させる。クラブはクラブでセッティングする。スコアメイクって両面必要なはずです。

やさしいクラブを使うと上達しないというのは、問題をゴッチャにしているんじゃないかと?!、それぞれの現状把握からの、問題発見を経て、問題解決へ行くわけじゃないかとT島はそんなことを思います。(なんちゃって)

ということでこちら

18度も発売されましたが、T島的には27度、30度がオススメです。少し最初は構えにくいかもしれないかもしれませんが慣れると武器になりますよ

是非挑戦してみて下さい。構えてみたい方はGWにアナライズへ是非

ではまた明日


お陰様で、ゴルフの竪琴(弊社にての直販)が累計販売1万本を突破しました!

お買い上げいただいた皆様に感謝の気持ちを込めて・・・

ゴルフの竪琴大ヒットのきっかけとなった片山晋呉プロとマーク金井の共著

シンゴイズムを抽選で毎週20名、累計100名様にプレゼントします

アナライズWEBショップにて、ゴルフの竪琴を購入していただいた方は、どしどし応募ください

(当選者は商品の発送を持って発表と代えさせていただきます)

yoyaku@analyze2005.comへ、お名前、〒、ご住所、お電話番号、シンゴイズムプレゼント応募と書いて、応募メールを頂きたいと思います

 

 

 


1 2 3 4 5 6 27
▲ページのTOPへ戻る