アナライズstoreblog

カテゴリー: 日本で一番早い試打インプレッション

2018年08月17日VolvikボールS3、S4試打!T島オンプレーンへの道が遠い(泣)

さてさて本日、このブログがアップされる頃にはT島は神奈川県の超名門コースにお邪魔しているはずです

そしてラウンド終了後はこちらに↓お邪魔する予定

本日14時から22時半まで、ヒルトップ横浜クラブで、田島創志プロが西日本豪雨災害のレッスン・イベントやります!!!

T島もチャリティに参加したいと思います。

皆さんレッスンはもちろんですが・・・

リサオの幻の缶バッチが、いつもよりお安く買えたりします!!!

このバッチを買いに行くだけでも!チャリティにご協力いただくだけでもOKかと思います。ぜひぜひ、ヒルトップ横浜クラブへ GOです

ヒルトップ横浜クラブはこちらです↓

さて先日は、早朝セルフでアナライズ研修会に行きましたが・・・

その時テストしたのがコレ。

Volvikの新しい S3、S4です

NewS3(エススリー)」、「S4(エスフォー)20188月上旬より発売開始~

新しくなった3ピース構造の「S3」、4ピース構造の「S4」ともに、スピン性能と耐久性に優れた『VU-Xウレタンカバー』を新たに採用し、ソフトなフィーリングと正確なショットコントロールを可能にしました。またウレタンボールに最適化した八面体構造のディンプルパターンにより、一貫性のある飛行を生み出します。さらに「S3」には、ソフトな打感と大きな飛距離を生み出すインナーコアを、「S4」には、インパクト時のエネルギーを効率よく伝達させ高初速・高弾道を生み出す、強くて軽いインナーコアをそれぞれ採用し、幅広いゴルファーの飛距離アップに貢献します。

メーカーWEBサイトより。

はい。難しいことはわかりませんけど、早朝ラウンドでテストしました、えーっとこういうの数字マジックで、3ピースより4ピースのが偉い・・などと思ってしまいがち!レイザーラモンRGのあるあるネタで言えば、数が多いほうが性能がよさそうあるあるですわな。ちなみに、先日J-WAVEのポップザ・ワールド(土曜日6時からオンエア)にレイザーラモンRGさんがでていて、洋楽あるある を生でやってくれまして、ゴルフ場へ向かう運転中、睡魔に襲われたT島の睡魔を笑いで撃退してくれました。

あっ・・土曜の朝と言えば・・・インターFMのタケ小山のグリーンジャケットなんですが・・・J-WAVEのポップザ・ワールドを聞いています。スイマセン タケ小山友達なんですけど・・だってゴルフに行く途中で入らなくなるし・・(インターFM電波弱し)

あっ 完全に脱線しましたね。(最近脱線してなかったので許して)

そうなんです、2ピースより3ピース、数字が多いほうが偉いと思っていますが・・・関係ないっす。(といいつつテーラーメイドのTP5という5ピースボールを愛用するT島)

まずこの2つの違いは・・・

S3のが柔らかいです。対象ヘッドスピードも【対象ヘッドスピード】38〜47m/sとなってます。T島的にはこの柔らかいフィーリングにググっと来ました。ボルビックといえばVIVID SOFTというヘッドスピード33〜42m/Sのボールがありますが、これはかなりソフトで、女性ゴルファーできっちりスピンを掛けたい人にオススメな感じでした。T島的にはS3のフィーリングが好感触。

マーク金井が、コレ使おうかなぁ と言ったのが S4!こちらはかなりしっかりとしたソリッドな打感。インパクト感もあります。これは4スタンスに詳しい人に聞いた話ですが、B2な人は、インパクト感を重視するので、しっかり目の打感を好むそうです。ってことはA2であるT島は柔らかいボールを好む理由がなんとなくわかりました。

マーク金井は現在、ブリジストンのTOUR-D X、プロギアのRSスピンと言うボールがエース。最近はプロギアのボールが多いかな〜、理由を聞いたら飛距離性能もスピン性能も充分で・・・

人とかぶらないから・・

だって(汗)、なので ボルビックS4もコレ使おうかなぁなんて言ってました。T島もテーラーメイドは人とかぶりにくいというのは、大きな選ぶ理由となってます。

というか・・・ぶっちゃけ言います。今回モデルチェンジするまえのS3、S4だったら変えようかな・・なんてマーク金井も言わなかっただろうと思います。T島もコレは凄く良くなったななんて感じました。

大手メーカーのタイトリスト、スリクソン、ブリジストン、キャロウェイ、テーラーメイドなどなど、まったく引けを取らなくなりました。飛距離、スピン性能もいい感じです!ラウンド終了後、T島はS4をマーク金井にプレゼント、そのお返しにS3をいただくことになってます。

んで T島のオンプレーンへの道ですが・・・

ドライバーが・・・どうしても切り返しからの回旋が遅れてしまう。素振りでは問題ないのに、ボールを目の前にするとどーしても・・・・

この苦悩、マーク金井も経験したことがあるそうですが・・『俺も自分がどうやって出来るようになったかがいまいちわからん・・なんでやとおもう』と聞きかえされる始末、アイアンやアプローチは、ホントに切り返しから(意識的にはトップに上る前から)左腕の回旋をするつもりで振ると凄く良くなりました。

素振りでは出来るのになぁ〜なんて、皆さんよくおっしゃいますが・・・素振りで出来なきゃ、実際絶対できないわけですよ(汗) そしてこのフットワークにも取り組んでます

↑こちらはマーク金井が取り組んでいます。フットワークのドリル。やることが多くて大変ですが頑張ります。この練習はフレループでやると良いらしいです。

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

ということで、また明日


アマチュアならやさしいウエッジのほうがいいんじゃない?↓クリック

やさしいウエッジ mmウエッジオススメします↑クリック


2018年08月13日ディアマナDFコース試打&アプローチイップスとウエッジの関係

 

お盆中でも生配信やります!!!マーク金井ここだけの話

全米プロゴルフ選手権の話題になるかと思いますよ(8月13日21時配信)

とは言え、マーク金井が喋りたいことを喋ったら、またまたリクエスト特集かもしれませんね。お盆中ですが観てみて下さい


今朝は、全米プロゴルフ選手権最終日!、ブルックス・ケプカ優勝!! 強いですねぇ ホント、昨年の全米プロゴルフ選手権から強さを維持しています。T島はタイガーの勝利を祈っていましたが、残念ながら3位に終わりました。しかしメジャーを一つ終える度にタイガーのポジションがどんどんと上がっています!!!

来年のメジャーとても期待できますね。

なんて話を本日21時からの生配信でマーク金井が語ってくれると思います

さて

お盆が来たというのにまだまだ暑いです。T島は土曜日に曇り予報で浮き浮きしてゴルフに行きましたが、見事に晴れて暑くて死にそうになりましたわ(汗)

はい。三菱ケミカル ディアマナDFをしっかりと試打しました

えーっとディアマナDFについてまず基礎知識はこちら↓

日本でまあまあ早い試打インプレ 三菱ケミカル ディアマナDF!

こちらを観てください。ザックリとおさらいすると

ディアマナDFは、初代ディアマナシリーズのディアマナD いわゆる白マナからの流れを汲むシャフトです。白マナと言えば、手元調子の代表的なシャフトと言われました。手元がしなって、先端剛性が高いと言うシャフトです。先端はほんとにしっかりとしていて、タイガー・ウッズも使用していました。そこからディアマナWと言うモデルになり、今回はディアマナDFとして進化したわけです。

進化ポイントですが、白マナはハードヒッター御用達的なシャフトと言われました。なぜかというと先端剛性が高いので、ボールの捕まりを抑える働きがあったわけです。しかし当時に比べると、ドライバーのヘッドは重心距離が全体的に長くなる傾向があり、ボールの捕まりを抑えたヘッドが増えています。なのでボールが捕まらないと言われるシャフトも、若干捕まるよいうにしています。

以前の白マナのように、捕まりを抑えたシャフト は、三菱ケミカルのKUROKAGE XDなどがいいかと思います。ぜひお試しを

さてコースで試打した印象ですが・・・

手元のしなりでタイミングが取りやすい。先端はしっかりしているが・・前回のブログに書いたように

この剛性の落としたポイントがありまして、この味付けに少し戸惑いました。左のOBゾーンからフェードという時にそのまま左、それを怖がって右へOBが出ましたが、コントロールしようとか。加減せずに振り切ることができれば、凄く強い球が出ました。(スイマセン まだ新RS-Fに慣れていないので)

えーっとT島のように長くしないで(46.5インチ)、45.5インチいやいや45インチとか、短くしたほうがいい結果が出そうな印象です(とりあえずT島は1インチカットします)

ちなみに・・・45.5インチでヘッド重量200グラムのヘッドに入れたディアマナDF50Sはこんなデータ

センターがしっかりしているのがわかります。ということでこちらのシャフトですが、エース候補の筆頭に急上昇しました。

ディアマナDF スピンが抑えられた強い球が出る

これが一番素敵なポイントですね〜 新製品発表会で打てたキレイなフェードが連発できれば間違いなくエースかも

さて、今回はT島のゴルフ仲間夫婦とのラウンドでした。ちょっと久々のラウンド、そしたら旦那のほうが

「アプローチイップスなんです」

なんていうじゃありませんか。以前飲んだ時に、「mmウエッジ打ってみたら凄く良かったんでまた打ちたい」というので、T島のmmウエッジを持っていきました。

そしたら・・・

寄せワンとか3つ取るし・・アプローチイップスどころか負けてしまいました(泣)っていうか

「アプローチイップスが寄せワンとか取るんかい!!!」

アプローチイップスの症状を聞いてみたんです。そしたらヘッドが刺さってしまう。それを恐れるとトップしてしまうと言う話。以前打ったときにも感じていたのですが、ウエッジの選び方っていうのは・・・

  • カッコいい
  • プロが使っている

もちろん大切です。カッコいいの大切!でもそれで選んでしまうとアプローチイップスとかも起こりやすい。アプローチイップス君のバッグにはウエッジが6本入ってましたが、mmウエッジ以外は、歯の出たいわゆるアメリカンタイプのウエッジです。

しかし彼は、ハンドファーストに構えて、手首の角度をキープしながらヘッドがきれいに上から入るタイプ。ボールは低めに打っていくタイプで、ボールを上げていくタイプではありません。ボールを拾っていく感じではありません。ジャンボ尾崎的なアプローチというか、マーク金井的なアプローチです。

出っ歯のウエッジよりも、グースがある方が相性が良いんじゃないかな?なんて思っていたのです。アドレスから考えると、グースがある方が、手よりもヘッドからテイクバックする感じのほうが、初動がスムースにできるはずって思っていました。

T島は手首の角度をキープしなくて、ボールを拾うタイプなので、グースよりもやや出っ歯の方が好きなんですが、この動きを抑えるというかハンドファーストを覚えたいので、グースのウエッジをまたまた使いたいと思っています。

こんなにウエッジを持っているT島

最近はグースのウエッジが増えています。アプローチでダフる、ヘッドが刺さってしまうという方はグースのウエッジを試してほしいなと思います。

mmウエッジはソール幅も広く、キャビティなので打点のブレにも強いですよ

アマチュアならやさしいウエッジのほうがいいんじゃない?↓クリック

ということで・・・

また水曜日に


はい!こちら販売開始しております↑クリック

アナライズオリジナルキャップ(数量限定)

そしてこちら・・・

アナライズ オリジナルMOBOTボトル ←クリック(こちらも限定)

■容量:700ml(φ107xH283)
水分補給とストレッチ器具が一つになった画期的なモビリティボトル!
水筒でありながら、筋膜のコリもほぐせる「MOBOT」。ボトル本体がフォームローラーになるので、気軽にどこでもセルフストレッチが可能です。筋膜へのアプローチはもちろん、関節痛やコリの解消にも役立ちます。また、ボトルのステンレスは、BPA(有機化合物)フリー。製品の安全性もお墨付きです。

よろしくおねがいします


2018年08月08日Mグローレコース試打!&難コースはパー+0.5作戦はいかが?

アナライズから夏季休暇のお知らせ

8/11~16迄お盆休みとさせて頂きます。

発送やメール返信等は休み明けの営業日より順次ご対応させて頂きます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承下さい。※8/12のセミナーは開催されますのでご安心ください。


えーっと月曜日は、YouTubeのアナライズチャンネルの人気生配信、マーク金井のここだけの話! オールリクエスト特集でした。これはマーク金井が視聴者からの質問にひたすら答えると言う回で、相当面白かったです。

はい↑こちらでかぶっています、マーク金井の帽子。視聴者からも質問がありましたが、ニューエラ社で限定特注した、アナライズオリジナルキャップです!!!!

はい!こちら販売開始しております↑クリック

そしてこちら・・・

アナライズ オリジナルMOBOTボトル ←クリック

■容量:700ml(φ107xH283)
水分補給とストレッチ器具が一つになった画期的なモビリティボトル!
水筒でありながら、筋膜のコリもほぐせる「MOBOT」。ボトル本体がフォームローラーになるので、気軽にどこでもセルフストレッチが可能です。筋膜へのアプローチはもちろん、関節痛やコリの解消にも役立ちます。また、ボトルのステンレスは、BPA(有機化合物)フリー。製品の安全性もお墨付きです。

このMOBOTですが、T島も家で使ってみましたが、かなり気持ちいいです(ウソ結構効きます)やっていると痛いですが、あとが気持ちいいわけで・・・

↓こちらに使用法の動画がありますのでぜひ観てみてね

さてT島ですが、昨日は、T島的パラダイスと言えるゴルフ場

鳴沢ゴルフ倶楽部で、いい部屋ネットレディースと同じティで挑戦。女子プロゴルファーの飛距離を思い知りました(泣)

んで テーラーメイド Mグローレをコースで試打してみました

まずですね。やっぱしグリップが軽いですね。T島が使うならグリップは速攻変えます。(グリップが軽いのでバランスはD5とかとなっておりますから、これは収まるでしょう)

シャフトは全然問題ない感じです! フェードを打ちに行くとストレート。まっすぐ打ちに行くとドローになる捕まりの良さ。飛距離は安定して飛んでます・・・これは聞いた噂ですが「グローレシリーズは終わる予定だったが、日本サイドは売れているので、M4DタイプをリメイクしてMグローレにした」ということを聞きました

 

M4Dタイプ、T島も重心位置を計測したりしましたので、T島的分析がいいますと。全く別物かと思います。(T島的分析ってのが説得力が無いので好き勝手言います) まずはフェースの素材も弾きが違います。顔つきもかなり違うし

↓こちらM4Dタイプのフェース

こちら↓Mグローレ

見た目けっこう違うよーな。M4Dタイプの重心位置を参考にしたというならわかりますけどね。どちらも打ったT島的には、Mグローレの方が捕まりがいいかなと言う印象。これは純正シャフトの性格も影響があると思います。

シャフトを三菱ケミカルから新しく出る ディアマナDFとか入れるとかなり印象も変わるかも・・あと可変スリーブでない分、打った感じは非常に気持ちいいですね。純正シャフトが決して悪いわけではなく、T島がドロー系だからです。

ボールは捕まりますがミスヒットには強いです!

さて、鳴沢ゴルフ倶楽部ですが・・・グリーンが非常に難しいのは皆さんご存知かと思います。

グリーンが難しい=アプローチが難しい

これは何となくわかりますか? グリーンが難しいということは、傾斜が強いであるとか、傾斜が複雑であるとか、高速であるとか、総じてこの傾向が組み合わされての結果、グリーンが難しいということになります

グリーンが難しい=アプローチで寄せたい

という精神的にも追い込まれます。スタートホールでバーディチャンスからのパーでスタートしたT島、何とかいい感じだったのですが、アプローチで無理してしまい、2ホールほどダブルパーというアホなことをやりました。 はいこれぞ鳴沢マジックです(泣)

寄せたい・・・・勝負に行く・・・

60度のウエッジを多用し・・墓穴を掘る。と言う罠。やっぱりねぇ カッコいいけど難しかったわこのウエッジ・・・

はい。これを使えばよかった・・・(持ってないけど)

ということで、後半は・・・こういうコースは、ボギーが基本でいいじゃん。とにかくダブルボギーを叩かないということに注力してラウンドしましたら。パーが5つ取れました。

はい。アプローチで60度を使って寄せてやろうと思わずに、54度でとりあえずパターで頑張れる所に乗せようと方向転換したのです。

これって+0.5戦略と呼んでいるんですけど。パープラス0.5作戦なんですよ。乗らなかったら、しっかりと狙えそうなところに乗せる。ビタビタに寄せなくていい、パターで頑張れる3メートル〜5メートルぐらいのとこでいいやとおもうと、60度の出番は減り、54度を使うことになるわけで・・

とはいえ鳴沢ゴルフ倶楽部に行かれた方はわかると思うんですが、なかなかグリーンの傾斜が難しく、3mのパットなんて一回しかはいりませんでしたけどね。

でもパー+0.5でいいやと思えば。なかなかダブルボギーにはなりません。まあ鳴沢ゴルフ倶楽部のグリーンは、この作戦でも3パットが出てしまう可能性があるんですけど、寄せワンを狙うよりもその確率は限りなく減ります

0.5って四捨五入されるとほぼボギーとなってしまうのですけど、ほぼボギーでいいんですよ。たまに四捨五入されなくて、五捨四入になることもあります。

というか1m以内に寄せようと思わないほうが、結果寄るんですよね・・・

↓んでT島みたいに、カッコいいウエッジ買うと後で後悔するよ↓こっちのがいいよ(クリック)

(54度と60度が欲しい)

ということで 難コースにいったら、+0.5でいいやと思ったほうが結果が良いというお話でした。

ではまた金曜日に


エボリューション5の試打インプレッションがアップされています。

いきなりスピーダーレボリューションと言い間違えています。これワザとだったり(炎上作戦(笑)・・・)

↓石川遼プロも使っている

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


2018年08月03日テーラーメイドMグローレを日本でそこそこ速く丸裸にした。

マーク金井のここだけの話 8月6日21時から生配信決定

今回はマーク金井が、皆さんの質問にお答えする、オールリクエスト特集となっております。マーク金井にコメント欄にて質問してください。(コメント欄にコメントするには、YouTubeのアカウントを作って、アナライズチャンネルのチャンネル登録して頂く必要があります!ぜひこの機会に、チャンネル登録お願いします)



暑い暑いと毎日書いてる気がしますが、ほんとに昨日、一昨日が一番熱かった気がします。一昨日は薄暮プレーに行きましたが、ほんとヤバかったっす。

動画では素振りもチェックするので、いつもはやらない素振りを2回もしていますが、実際は3人共、もっともっとサクっと打ちます。T島ですが、この動画で打っているのは、YONEXのE-ZONE GTドライバー。月刊ゴルフダイジェストのD1グランプリでも準決勝まで残っていましたね

それに、USTマミヤのTHE ATTASの4Xという組み合わせです。もともとE-ZONE GTは、捕まりの良いドライバーなんですが、THE ATTASのオンプレーンに打つとフェードになりやすいと言う特性がうまくハマって。登場回数がかなり増えそうな組み合わせです

さて、水曜日はテーラーメイドの新製品発表会の模様をレポートしましたが・・・T島は試打クラブをお願いして、早々に送っていただきました。そしたらやるしか無いでしょう?

日本で結構早い試打インプレッション テーラーメイドMグローレです

飛距離データなどは、採ってますが、どんなドライバーがT島の飛距離では、皆さん欲しくなる距離ではないので、GDOさんのマーク金井の試打インプレッションなどでチェックしてください。もちろん!! マーク金井のYouTube試打、打たずにいられないでも、早々にやります。(たぶん週末には公開します)

現在の最新作は、プロギアのRSドライバーです↓

打たずにいられないですが、次がフジクラのスピーダーエボリューション5、その後、Mグローレとなっております。ただいま編集中なので少々お待ちください。

はい

テーラーメイド

Mグローレ

まず手にとった印象ですが・・・

軽い・・281グラ(Sシャフトの場合)ぐらいしかありません・・・

(シャフト重量が、Sは約50グラム、SRが47グラム、Rが42グラムとなっております)

その秘密はグリップです。専用グリップ、新製品の報道資料によれば33.5グラムです。

皆さんが、普通買っておられるグリップ、例えばツアーベルベットラバー

こちらM60と言う一般的な厚みの場合51グラム。前後

51グラム-33.5グラム=17.5グラム

T島が、愛してやまないIOMICのスティッキー1.8だと

48グラム前後・・・

48グラム-33.5グラム=14.5グラム

ってことは・・もし普通のグリップが入っていたとして、総重量はどうなるかと言うと・・

  • 281+17.5=298グラム
  • 281+14.5=295グラム

何だかんだで、そんなに軽量というわけではなく

300グラム弱のドライバーってことです。

テーラーメイドさんの発表会で、ヘッド重量は195グラムとおっしゃってました、まあ日本のメーカーや、外ブラの日本限定モデルとしてはいたって標準的な重さです。いい感じです。軽いと感じれば鉛を貼れば良いのです。

シャフトは40グラム台(シャフトメーカーもフレックスによってシャフト重さが変わります。40g台を謳っていても、SやXは50グラム前半と言うシャフトは珍しくないですよ)

総重量が軽いと謳っていますが、ヘッドは軽くない、シャフトは少し軽めの40g台、一番軽くなっているのがグリップなだけです・・・ この辺の重量マジックは、偽装というわけでは無くって、大ヒット作のゼクシオはじめ、各社やってます。総重量に関しては、大手量販店のバイヤーさんの強い要請から来ているという業界の都市伝説を聞いたことがありますが・・・

T島的には

「意味ねぇ」

グリップ軽くて振りにくぅ〜と思うんです。(あっだってアンダー星人ですから、シャフトスタビライザーつけてた人ですから、僕が悪いんです)

これはですね・・・けっしてネガティブキャンペーンではなく

むしろ逆です

グリップ変えるだけで、いい感じ!の重さと数字的に感じる人が多いんじゃね??ってことが言いたいのです!!!

とりあえず1発打ってみたんですが・・・

あれ・・いいじゃん!!!

スイマセン。新製品発表会では、「チッ」と誰にも聞こえないように舌打ちしてしまったT島。期待はずれ感バリバリだったのですが、一発打って印象が変わりました。この純正シャフト意外と好きかも。っていうか男前スペックです

振動数

251cpm!これはですね、フジクラスピーダー569エボリューション5のSとほぼ同じ。結構しっかりしてるじゃん!!!かなり意外です

センターフレックスは

3.86です。手元はしっかり目ですが、センターはしなってタイミングが取りやすく、スピーダーらしいしなり戻りの速さがいい感じ。お金かかっている純正シャフトかと思います

発表会で構えた時に、フックフェースじゃないし、意外と悪くないなと思ったんですね

今回お借りしたスペックですが9.5度のS

測ってみると

フェース角は-1度

ロフト角は

10度でした。

ライ角は、メーカー資料によると59度ですが、もう少しアップライトに感じました。ロフト角、フェース角はT島的にはベストです

打ってみるとボールはつかまります。これは、FP値が少ないというか、シャフト軸線にフェースが近いんです。(わかりやすくいうとほんの少しグース的な)あとは重心角が大きいです。

でもフェースが左向いているわけではないので、捕まりすぎてアンコントローラブルになってしまうわけではありません。チーピン野郎には厳しいですが、最近フェードも打てるT島的には、何の問題もありません。

やば!!!いいじゃん コレ

フォージド・ツイストフェースです!! 弾きの良さがグローレの魅力なんですが、ここは相変わらず!!! ツイストフェースですが・・T島、M4を買い、売ってM3 440を愛用しておりますが・・

「効果はよくわかりません」

Mグローレですが、打ってみると魅力的なドライバーであることがわかります。純正シャフトも頑張ってます。

9.5度のSだと、ヘッドスピード43〜45m/sぐらいのスライス、フェードが持ち球のゴルファーにオススメです。ミスヒットにも強いでしょう!!!

T島的に買うか?と言われると・・・買っても良い でも

このネックがネック・・・

やっぱりカチャカチャしたいんです。外ブラの日本限定モデルって、カチャカチャをあえて取っ払っているモデルが多いですよね。エピックスター、ローグスターそしてMグローレなど・・・というのも日本のゴルファーはカチャカチャしないというデータを持っているからでしょう。

アメリカでは、カチャカチャは差別化になるので、ついてないと売れないということで、日本のメーカーも海外向けは、カチャカチャつけてることが多いです。(BS、ホンマなど)

T島ブログを読む層はマニアらしいので・・・(よくマニアックと言われます。いつもどこがじゃ??と思うのですが)何だよ、付けておけよ!と思う人が多いと思いますが、忖度かと思います。ということで買わない可能性が高いですが、勢いで買ってしまう可能性もあり・・・

まあお願いだから、カスタムシャフトも用意して欲しいわけで・・・

それこそ フジクラスピーダー474エボリューション5のSとか、USTマミヤ THE・ATTAS 4のs、三菱ケミカルのディアマナDF 50Sとか・・・

左が怖くないシャフトがラインナップされていれば嬉しい。っていうか Mグローレ・Fとか、MグローレTPとか、Mグローレサブゼロとか(スイマセン)、出してくれよ〜

ってことで。来週ラウンドがあるので使ってみてから返却したいと思います。

ではまた明日


↓石川遼プロも使っている

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

 


2018年07月27日日本でソコソコ早いスピーダーエボリューション5試打インプレッション

昨日は、朝からヤマハのムフフな新製品を試打して、T島的にLOVEな、AdmiralGOLFさんの2019春夏の展示会へ(この模様は明日のブログで)

Admiralといえば、小平智プロが着ていますよね。小平智プロと言えば、PGAツアー RBCヘリテージで優勝しました。そのチャンピオンブレザーが展示されていました

スイマセン・ 着ちゃいました(もちろん許可は頂いています)

なんか嬉しい。T島ですが、小平智プロ優勝記念でこちらを、探して購入したり

大好きなプロの一人です!! んで・・・・

コレも買ってしまったわけで・・・

ヤバイっす。

ヤバイといえばこちら・・・

フジクラ スピーダーエボリューションⅤ(5)

試打しましたよ。

フジクラのスピーダーエボリューションと言えば、最近メッチャ人気ですよね!!!

T島、スピーダーTRに挑戦しました意外とハマらず、現在 テーラーメイドM3 440ドライバーには、スピーダー569エボリューションⅣ(SR)が入っておりまして、ボールも上がるし安定感抜群で、再び評価がかなりアップしております。

そして、スピーダーエボリューションⅤですが・・・

前評判が高いんですよね。プロがいきなり投入したりと・・噂によるとスピーダーエボリューションの初代(ブルーのやつ)のように飛距離性能が高いらしい

たしかに初代スピーダーエボリューションは飛びました

日本一早い!FUJIKURAのスピーダーエボリューションの試打インプレ!

まだこの初代スピーダーエボリューションを使っているプロや上級者多いです。T島もコレは飛んだという記憶があります。人生最大飛距離的な感じでしたが、この子の取扱には結構苦労した記憶があります。当たんない時は、かなり残念な感じがしました・・・

このエボリューション2は、757のSという重いやつを使ったらハマったんです。シビアな感じが消えていい感じでしたよ。

その次のエボリューションⅡは、タイミングが取りやすく安定感アリで凄く良かったです。平均飛距離が伸びる感じね。その次のエボリューションⅢは、ちと扱いづらくて、苦労した記憶が(泣)

そしてエボリューションⅣ。こちらは、フレックスを落として大成功。コレは好きなシャフトです。

んで、エボリューションⅤですが・・・ラインナップ的にはこんな感じ

まず474のSを打ちましたが、一発目軽く打っても、ええ感じで飛びます。約束の時間から15分遅れで行ったので、時間があまりなかったのですが、気持ちよくていつもより球数が多い。

うーんヤバイ。俺も55過ぎると40グラムが心地よいのか・・と思うわけで・・・・これのXみたいなのがあれば、すげー売れるんだろうなと思ったわけで(なんかXってカッコいいじゃん)

続いて569のSR、569のSを

はい。T島的にはコレぐらいがストライクのスペックでしょうか? 手元はしっかり目なんですが、手元からセンターにかけてしなるポイントを感じてタイミングがとても取りやすいです。極端にクィっとしなるわけじゃなくて、グィーンって感じなんで、プレーンに乗せやすい気がします。初代のような先端がバーンと行くわけじゃないんですが、コントロールしやすくバーンと行く感じです。

捕まりがいいんだけど、左のミスが出ないという・・・

661SR、Sも打ったよ(一応)

俺まだまだ60グラム台でもいいのかな なんて思う・・振りやすいシャフトって何グラムとか関係ないんだよね(ぶっちゃけ過ぎですか)厚い当たり感が出てきて、40、50グラムとはまた違った感じが味わえます。フェアウェイウッドに入れてもいいっすね

757S

スイマセン。トラックマンで打つとヘッドスピードが40m/S行くか行かないかですが、757ってマイルドに感じて(歴代そうなんですけど)なので、普通に打ちやすい。7Wに入れてみたいわぁ(妄想)気持ちいいっす

総じて言えるのですが、初代エボリューションでは、あっと思ったら低い引っ掛けになる球が、左のラフとフェアウェイの間ぐらいにとどまってくれる感じ。かなり好きです。

フジクラのKさんが「マークさんが好きそうなシャフトでしょ?」なんて言ってましたが、ゆるすぎず、しめすぎず、このさじ加減、わかるわぁその表現。

重量帯がかわっても、シャフトのイメージはほとんどかわりません!

T島的には569(SR)かなぁ〜474のSも捨てがたい。757とか入れるかなどと妄想が膨らみます。えーっとドライバーが増え過ぎ問題で、テーラーメイドのスリーブとプロギアのスリーブ2ウェイ状態となっており、1本にまとめたいのですが、なかなか難しい問題が発生しております。

妄想がぁあああああああ 早く装着したいっっ

 

あ、そうそうスピーダーエボリューション Ⅴ FWも同時発売

試打会場では、上手く打てない(泣)

このフェアウェイ用ですが、お値段が通常のものよりもお安いのでお得感満載です。(半額)まあ普通値段半額という時点で、まったく同じであるわけありません。テイストは近いですが、やはり通常のエボリューションⅤのほうがしっとりしているというか、緻密な感じがします。まあT島レベルで言うのもなんですが・・・

居酒屋の刺し身と、寿司屋の刺し身の差かなぁ。違わないようでちがう。ハッキリとした性能差はないと思うんですけどね。(スイマセン適当で)コレは考え方しだいです。同じフィーリングがいいなら、通常のを入れる。似ていればいいならFW用という感じですね

T島は今回、あまり上手く打てなかった(多分、お腹が空いていたからだと思います)のですが、ストライクゾーンの広いシャフトだと思います

T島、569SRが本命ですが、注目しているのは40g台。474の振り心地の良さが気になりました。PGAツアーの若手は60g台のシャフトを使い始め、ベテランは50グラム台にも挑戦しつつあります。今からは40グラム、30グラムのシャフトが注目を集めるのではないか?と予想しています。

軽いシャフトって不安ですよね。軽硬ってどうなんです?とマーク金井に聞いたことがあって、スイングロボットが打つの軽くて硬いシャフトってデータがいいとのこと。スイングプレーンに問題がなければ飛距離が伸びるだろう みたいなことを言われたことがあります。

軽いシャフトに挑戦してダメだったという人に

コレを勧めていたことを思い出しました。

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

手元が重くなると、遠心力に負けず手元が浮きにくくなるんです。T島的には軽いシャフトはその傾向が強くなりやすいと感じてます。最近クラブを変えてみて、なんか軽すぎとか、シャフトをリシャフトして打ちにくくなったという人に、手元が浮きにくくすると効果が出る場合があります。

特にインサイドアウト傾向が強い人には効果がありそうです

軽硬に挑戦してみる際には、シャフトスタビライザーにも挑戦してほしいな なんて思います(スイマセン宣伝です)

ってことで また明日


↓石川遼プロも使っている

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

 


1 2 3 4 5 6 15
▲ページのTOPへ戻る