アナライズstoreblog

カテゴリー: T島のなんちゃって極意

2019年06月14日アプローチはトン・コロコロコロコロぐらいがいいんじゃないかな・・

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ストレートネック・グースネック”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

 


梅雨の中休みでしょうか? 関東地方は昨日、今日と、いい天気ですね。赤羽行きたいなぁと思いつつ、仕事の追われるT島です。

全米オープンが始まりました。メージャーが終わった直後の月曜日21時から
マーク金井の生配信 ここだけの話やります! ブログや雑誌では言えないことも、ガッツリと喋ってしまいます。そのため録画はありませんので、生でお楽しみ下さい

 

今回はペブルビーチゴルフリンクスです。行ってみたい!プレーしてみたいです。

えーっとプレーできるらしいです。特別なコネはいらないようです。一応パブリックというか、ペブルビーチリゾートというところが所有する4つのコースの一つなんですね。

基本的に、ペブルビーチリゾートのホテルに2泊以上しないとプレーできないそうです。(なにやらハイシーズンは3日)ゴルフだけでもプレーできるようですが、プレー日の1日前にしか予約できないそうで、プレーだけのお値段は550ドルらしい。(カート代別)

しかし1日前に行って、予約するとか無理っすよね。宿泊とプレーするなら、ペブルビーチリゾートのwebサイトから予約出るみたい。ホテルのお値段は一番安くても10万ぐらいでございました(汗)最低2泊ってことはホテル代だけで20万ってことっすか・・・

スゲーぜペブルビーチ!

T島的には、まずはニュージーランドに行ってゴルフしたいっす

昨日は、塚田好宣プロとしゃぶしゃぶ食べに行きました

東京都江戸川区新小岩にあります つくし と言うお店です。塚田プロの後輩のお店らしいです。マジ美味かったので、お近くはぜひ

塚田プロは、全米オープン、全英オープンに出場したことがあり、そのお話などを伺ってました。ピンのBlueprintアイアンの話なども教えてもらいました。プロにはいいアイアンだそうです。T島も打てましたけど・・i210のが好きです(汗)

塚田プロですが、今年50歳なので、チャンピオンズ・ツアーに挑戦したいそうで、先日日本で行われ 2019 マスターカードジャパンチャンピオンシップに下見に行ってきたそうです。出場選手ですが、とにかくショートゲームが上手い。アプローチもスピンを掛けてこなくて、足を使うのがメッチャ寄るとのことでした。

今どきのプロは、スピンをかけてくるアプローチ主流だそうですが、チャンピオンズ・ツアーの選手は ポーンと上げてそれが、コロコロ転がって寄っていくんだそうです。塚田プロ的には

「チャンピオンズ・ツアーの選手がレギュラーで活躍してた頃は、ほっといてもスピンがかかるウエッジばっかりだったのが、今は溝規制でスピンがかからないので、足を使ってるんじゃないかな」(スイマセン酔っ払ってたんでこんな話だったとうろ覚え)

と言う話でした。今のレギュラーの選手は、溝規制のウエッジでもスピンを掛けて行くそうですが、チャンピオンズ・ツアーの選手はメッチャ上手く転がすそうですよ。T島もスピンがかかるウエッジというのが好きでしたが、今はあまり使いません。普通にポーンと打って足が使える方が寄るんです。

今でも、溝を彫刻にした とかいう高級ウエッジあります。スピンがかかるウエッジって楽しいんです。

バックスピンは魔性です

ピンまで打っていってピタリと止めると快感なんです。最近はあまりやらなくなりました。T島がゴルフを始めた頃といえば

アルバに連載していたゴルフ漫画

新 上がってなんぼ 泣くな太一

川端太一の必殺技のロブショット 蘭陵(ラリョウ、漢字あってるんだろうか??)です。これを非常に練習しました。アホですねアホ。メッチャロブ上手いです、それは蘭陵を練習したからです。(あ?知りませんか 上がってなんぼ??)

おまけに、織部金次郎という映画がありましてね。武田鉄矢がダメなプロゴルファーを演じるんですが、バンカーショットが死ぬほど上手くて、バックスピンをかけるんです。

行け〜 って言ったらバックスピンで戻るわけで(汗)

最近、CS放送の日本映画チャンネルで放映されていたので、観てしまったんですがゴルファーが作った割にかなり雑な模写でした(泣)ゴルフを始めた頃にそんなロブショットを練習したもんで、激スピンウエッジが出た時には、すぐ買いました

フォーティーンMT28とか、ゲージデザインスタジオウエッジとか・・・古くはピンアイ2とかですね。コレ大丈夫??っていう溝の深さです(汗)⇩

そんなウエッジ使って、無駄にロブを打っていたものですから、スピンをかけたくなってしまうわけですよ。でもやっぱりスピン量を安定してかけるというのは、相当難しいんです。

止まったり止まらなかったりと結果が良くないのです。バックスピンって魔物だと思うんです。T島レベルだと、ピンの手前に落ちた時にバックスピンで止まり、ピンの奥に打ってしまったら結構転がるという・・・ことが多くって(下手ってことですけど)

そんなことなら、激スピンとか要らねーとか思いました。

あとは、54度のウエッジを使うようになったことも大きいです。58度と比較するとやはりスピンの掛かり具合が違います。なのでピンをガッツリと狙えませんから。必然的にポーン、コロコロのアプローチになります。

とても確率が良いわけです・・・

ということで、最近は激スピンより適度なスピンがかかるウエッジが好みとなってしまいました。

ってことで・・・レギュラーツアーみたいな、硬いグリーンでプレーすることは我々にはありませんから、激スピンウエッジってぶっちゃけ要らないんじゃないの? とT島は思っています。

はい mmウエッジってまさに、適度なスピンが掛かってくれます。バンカーショットでもちゃんと止めれますしね。深いキャビティでフルショットやコントロールショットのミスにも強いですよ

ということで、激スピンウエッジ使っている人は、一度適度なスピンがかかるウエッジで、トンコロコロで寄せてみて下さい

ではまた 月曜日に


マーク金井のエースシャフト⇩こちらです

↑こちらからオーダーいただけます

手打ちが直る、ハンドファーストインパクトのヒント満載

体幹セミナーの最終回配信開始しました

よろしければチャンネル登録を是非お願いします

 

 


2019年05月13日バンカー苦手な人向けのロフトは何度がいい??

本日21時から配信します

(5月13日月曜日21時から)

『マーク金井 ここだけの話』

マーク金井がブログや雑誌にかけないことを1時間生配信します。 録画はありませんので リアルタイムでご覧下さい

よろしければチャンネル登録もお願いします。投げ銭もよろしく


この週末はゴルフもなく、T島は朝、公園で縄跳びしておりました。えーっとちなみにダイエットです(汗)3分縄跳びして、3分フレループ、というのを3セットやっております。どこまで続くかわかりませんが頑張ってみたいと思っています

やっぱフレループですね。公園で使う時は周囲を確認してやりましょう

(早朝なので誰も公園にいませんけど)

←クリック

んで動画の編集をして、お昼から飲みに行き、国内ツアーをテレビ観戦するという・・

昨日の国内ツアーは、男女とも大きな試合でした

男子は浅地洋佑プロが

女子は渋野日向子プロが

若い二人が大活躍でした。どちらもいい試合でしたね。特に浅地洋佑プロは、終盤バンカーに入れまくってましたが。しっかりとパーセーブしてましたね。

先週書きました⇩

前座のゴルフ って何?

こちらのブログですが、意外と好評でした。読んでいない方は是非もう一度読んで下さい。前座の落語というのは 登場人物が少ない(二人)そして場面展開が無い(舞台となる場所が一定)

少しだけ前座のゴルフについて書きますが、前座の落語は登場人物が少ないということは、前座のゴルフに置き換えるとなんでしょうね?

はい。使うクラブの本数を少なくするのです

とりあえず短めのコースを、2本で回って欲しいということですが、2本は寂しい・・・じゃ5本でということで、皆さんは何を選ぶでしょう?? ここがまずゴルフ力が試されるところ・・・

スコアを崩す可能性のあるクラブを抜くわけですが、皆さんにとってそれは何ですかね?? イロイロ考えて欲しいわけで、この連載を読みたい方は是非有料メルマガを登録していただきたいのですが(登録していただいた月は無料で読めます)

マーク金井的5本には、SWが入ってなかったです

「だってSWがあったらバンカーに入れてもいいやと思うでしょ?」

「バンカー苦手なら、絶対入れないことでしょ」

えええ! さかなクンなら ギョギョ!

(すいません、T島ですが、さかなクン好きなもんもで)

前座なんだから、バンカーは徹底的に避けること! バンカーは異空間なんですよ。つまりバンカーショットというのは、場面展開している状況です。前座のうちは、場面展開しない噺を練習しないといかんのです。

アプローチは? PWで充分ということだそうです・・

えーっと、ロフトが立っていると、フェースに確実にボールが当たりますよね。それはパターが安定して打てる理由ですよ

でもロフト角が大きくなると、当たる面がリーディングエッジのドンドン後ろになるわけで・・・・

この写真は60度のウエッジなんですけどね。改めて考えると歯に当てないように、フェース面に当てるのって、パターと比べるとメッチャ難しそうじゃないですか??

皆さんお持ちのSWってロフト何度ですかね?

T島の廻りの皆さんの殆どが・・

ウエッジ? 52、58だよ

とおっしゃいます・・T島ですが、ここ1〜2年ウエッジは50度、54度としています。T島は競技とか出ないので、60度を入れています。鬼ロブとか打って遊びたいのですけど、ぶっちゃけ60度要らないです。だいたい54度でまかないますね。

あの54度って・・ホント58度に比べるとかなりやさしいですよ。

T島ですが、アイアンを6番からにしたいので、60度を抜きたいなぁ と思っております。その場合54度でもいいんですが、56度にしようかななんて思ったりしています。スイマセン、前座で修行をやりなおしたいなら、58度はちょっとむずかしいと思います。SWですが、できたら54度、せめて56度ぐらいがオススメです。

バンカーのミスで一番大きいのは、高さがでないよりも、飛ばないことが多くないですか、ヘッドが深く入ってしまってバンカーの外まで飛ばない・・・58度や60度は上に飛ぶので深いバンカーではいいでしょうが、そもそも飛ばないとバンカー内にまた落ちてしまいます。試しに52度などでやってみて下さい。脱出だけならかなりの武器になりますよ。ということで、バンカー苦手なら、あまりロフト角が大きくないほうが、オススメです。

アナライズmmウエッジですが、54度が在庫限りで、売り切れたらしばらくありません

56度は大丈夫です。mmウエッジ、ヘッドが大きく、深いキャビティでミスヒットにも強く、ソール幅も充分ありバンスが使えます。とっても良いのでこの機会にいかがでしょう

まあバンカーから出すだけなら52度でもPWでもいいんですけどね・・・

ぐらいの割り切りが必要カモ。誰だって、昨日の浅地洋佑プロみたいにバンカーショットを決めて、パーセーブできればカッコいいですけど、なかなかそういうわけには行きません。

バンカーには絶対入れない。というのが一番かなとやっぱり思うわけで・・

バンカー超えのピンは狙わないとか・・・

ピン手前でも、バンカー越えならぎりぎり狙わず、奥にこぼれてもいいやと思って打つとか・・・

もし入ってしまったらとにかく1回で出す

断固たる意思で前座のゴルフを貫いてほしいわけです

ということでまた、水曜日に


Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ【おしえてマークさん】最新作はフックです。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年04月03日フェアウェイウッドが苦手ならシャフトを見直しては?

Youtubeアナライズチャンネルの人気動画、『おしえてマークさん』最新作配信

スチールとカーボンの違いってなんですか?


↑こちらの動画、昨日の18時に公開されたのですが、非常に好調に推移しています。皆さん気になるポイントなんでしょうね。

さてT島ですが、昨日はadidasGolfさんのプレスルームがお引越しということで、パーティ的なことがありましたのでお邪魔しました

そこで教えてもらったのがこれ・・・

マスターズ限定モデルらしいですよ

どこがマスターズ?というと、会場でありますオーガスタナショナルの人気アイスクリーム『FRESH Georgia Peachs』というアイスクリームをイメージして作ったゴルフシューズだそうです(汗)わかりにくぅ〜

箱はアイスクリームな感じ

そして、ソールはクリスピーなソールですね(汗)

面白い・・・

面白いんですが、スゲーお金かけて大丈夫?(まあ世界のアディダスですから大丈夫だと思います。T島が心配するほどのことではありませんね。自分の心配しろ的な・・)

こちらにて販売しております

https://shop.adidas.jp/products/G28370/

えーっと今日は気持ちよくブログを書いていたのですが 気持ちよく消えてしまいました。すでに5年ぐらいやってますが、こんなに気持ちよく消えたのは初めてです。

えーっと T島ブログの右側を見ていただけるとこんなのあります

最新ブログと試打インプレが上位に来ることが多いのですけど、このブログが定期的に上位に来ます

フェアウェイウッドにはドライバーと同じシャフトがいいのか?!&試打会へ行こう!

2017年の秋にかいてますんで、結構経っています。

T島的に

フェアウェイウッドが苦手なんです

と仰っている人のフェアウェイウッドを拝見すると・・ 苦手だから使わない→使わないから買い換えない→古くて難しそう

という構図の人が多い気がします。

苦手な人は、どうせ打てないんだからと 買い替えたり、コスト投入しない人が多いなぁって気がします。まあ打てなくても大丈夫です。苦手なものは使わない(これもまた真理)

皆さん、ドライバーは打てないといろいろと頑張るんです。打てても『もうチョット飛ばしたい』とコスト投入しますよね。ドライバーでも『純正シャフトはよりもカスタムシャフトだ』とシャフト選びもしっかりと時間を掛けます。

この時に・・発生する問題がですね。メーカーカスタムシャフトは60グラムのSシャフトが多い。最近50グラムのカスタムシャフトが増えて嬉しいんですけど・・でも3wは純正シャフトということになると

  • 1W 60グラム S
  • 3w 50グラム S

ということになります。このウエイトの逆転現象は問題です。 アレ最近アナライズ、スリーブ付きスチールシャフトって100グラムだろ?という人、いいツッコミですね。数値的なことはわからないのですが、スリーブ付きスチールシャフトって43インチぐらいなんですね。あんまり違和感がないんですよね〜シャフトもビヨーンとしなるんですよ(いつかマーク金井が謎解きしてくれるはず)

ウエイトだけでなく、おなじSでも シャフトメーカーのアフターマーケット用シャフトって純正シャフト(アスリートモデルは同じぐらいですが)と比べるとかなりしっかり目ですから、硬さ的にも逆転します。

出来ましたら(スチールでかなり短いドライバーを除く)フェアウェイウッドのシャフトの方が重いほうがイイと思いますよ

んで選び方ですけどね

ドライバーのシャフトが気に入っているなら、ドライバーと同じモデルのシャフトを入れる。ドライバー50グラムだったら5wは60グラムとかにしたいですね。そのシャフト、あまり先端が動きすぎるとフェアウェイウッドに向かないことがありますが、とりあえず試して欲しい組み合わせです

T島ですがドライバーは TENSEI CKプロ ORANGE 50Rに、フェアウェイウッドはTENSEI CKプロ BLUE 60Rです。

T島的には、TENSEI CK プロ WHITEの60Rとかにしてみたいと妄想していますが、まだ変えるには至っていません

以前書いたブログでは、同じモデルのフェアウェイウッド用もいいんじゃない?と書いてました。お値段もドライバー用の半額ぐらいだし、いいんじゃないですか?なんて思うのですが、こういうフェアウェイウッド用シャフトって、皆さん全く同じと誤解している場合が多いです。半額にできる=同じ素材は使えない これは間違いないでしょ。

メーカーの人に、”どう違うんですか?” と聞くと、ほぼ間違いなく”フェアウェイウッド用なんで、手元剛性と先端剛性も高くしています”と言われます。先端剛性はわかるのですが、なんで手元剛性もなんだろう?といつも思います。でも皆さん同じこというんだよなぁ〜

ドライバー用の手元のシナリが気に行っているという人、できればそのモデルのフェアウェイ用は使わないほうがいいですね。お値段かかりますが、フェアウェイウッド用ではないほうが良いでしょう。同じじゃないので要注意です。ツアープロも同じシャフトを1W、FWに入れている人が多いですが、FW用を入れている人はいませんよね。

T島は、フェアウェイウッドにはこれなんだよねぇ なんてシャフトが何種類かあってそういうシャフトを持っています。

例えば、グラファイトデザインのツアーAD PTシリーズ

コレの入ったフェアウェイウッドを長く使っていたので、困ったときのPTシリーズですね。非常にロングセラーのシャフトで、カラーチェンジを行うぐらい地味に人気がありますね

これはもう手に入らないのですが

フジクラのランバックス7X07 これは昔”金バックス”と言われていた金色のシャフトでしたが、黒やピンクも発売された人気があったシャフトです

えっ 古いじゃん!! って思ったでしょ?そういう人に限ってアイアンはダイナミックゴールドだったりするんですよ(汗) というのは冗談ですが、フェアウェイウッドは使い慣れたシャフトを長く使う人が多いですよ。それは飛んだほうが良いですが、安定して打てるという安心感って大切だと思うんです。

中古ショップで安く買うっていう手もあります(自己責任でよろしくおねがいします)

えーっと、ドライバー用と同じコスメのフェアウェイウッド用って、同じコスメだから同じように感じるわけで・・・それってどーなんよと思う気持ちがあります。便乗人気狙いじゃんねー と思う自分がおりまして。そこが引っかかるわけで、打って気に入ったのなら問題ありませんので・・でも同じじゃないですよ というだけは知っておいてくださいね。

でも世の中には、そもそもフェアウェイウッド用として、フェアウェイウッドに入れるために開発されたシャフトで、独自で売っていこうというシャフトがあります。

T島的に好きなのが

USTマミヤさんの ATTAS EEATTAS FW IP の二首類のFW用シャフト

試打してみて、気に入ったらフェアウェイウッドならコレ入れるとかにしておけば悩まない。T島ですが、ATTAS EEのが打ちやすく感じるんですよね。(手元がしっかりとありますが・・うーんわからん)

グラファイトデザインさんのツアーAD F

すいません 打ったことありません。今度打ってみます

これもいいですYO

アナライズのW65 これは、そもそもフェアウェイウッドが苦手な人が多いのは、純正シャフトに問題があるのでは?と重い、ピッタリの重さ、そして硬すぎないフレックスを考えて作ったシャフトです。あとお値段も安くして、フェアウェイウッド得意になってほしいという願いがこもってます

フェアウェイウッドですが、苦手ならやっぱりコスト投入してですね。問題解決を考えてみてはいかがでしょう

ということで、また金曜日に


Youtubeアナライズチャンネル

マーク金井打たずにいられない。

今回はピンG410アイアンを徹底試打インプレします

こちら人気のスリーブ付きスチールシャフト!

↑クリック人気です!!


2019年03月11日重心距離って大切かも”おしえてマークさんの”重心距離”を観て思う”

3月11日がやってきました。あの日、T島はアナライズのスタジオに居て、テーブルの下で揺れが収まるのを必死に祈っていました。アナライズの床は地面の上に、コンクリートを引いて、その上に木材でフローリングしているのですが、その床がうねっていました。

まだまだ日本はその傷跡から復興できていないのです。そして近い将来、また大地震はかなり高い確率でやってくるそうです。ゴルフができることに感謝し、自分たちができる備えをして過ごしたいと思います。

と・・・・いう重く書き出さねば気持ちが収まらない特別な日となってしまいましたが・・・T島の誕生日であります。誕生日というのはなんとなく浮かれますが、嬉しさが半分以下になります。プロゴルファーの久保谷健一さんと、何度か飲んだことがあるのですが、彼も3月11日生まれで、そうなんだよね・・『日本にいるとなんとなくつらいので、僕はタイに行くことにしているよ。』とコッソリ教えてくれました。

T島の誕生日の件はこれぐらいにして・・・

YouTubeのアナライズチャンネルの人気コンテンツとなっております

おしえてマークさん

観ていただいてますか?? 何気なく使っているゴルフクラブの用語ですが、ちょっと自信ないとか、もしかして誤解しているのではないかと不安になりつつ。

今さら聞けない・・・

なんて人にはぴったりです。もちろんご存じない方も、ただしく知識をつけることで、クラブ選びなどに楽になると思います

例えばこの重心距離ですが・・・

重心距離があるからゴルフは難しい

ということなのですが・・・

そもそも昔は重心距離が無いクラブを作ること自体が無理だったのですよ。なぜなら地面にあるボールを打つからでしょう。今は素材的に作れないこともないけど。ゴルフは重心距離(ゴルフスイング物理学の小澤さんによれば重心深度も)のことを考えてスイングする必要があるわけです

 

そしてこの重心距離ですが、クラブの大型化でどんどん長くなる傾向があります

重心距離があると、フェース振っていく方向に対してフェースは開こうとします

まっすぐテイクバックすると→フェースは飛球線方向に閉じます(つまり振っていく方向に対して開こうとする)

まっすぐ飛球線方向に振り下ろす→フェースは開く

重心距離が長くなると、開いたものを戻しにくいのです。アナライズでスライス撲滅セミナーというのをやったことがあります。スライサーばかり参加されるはずですが、お越しいただいたスライスに悩めるゴルファーの皆さんが持ってきたドライバーですが・・・

何故か皆さん・・・

重心距離が長くスライスしやすいドライバー

今でいえばこういうやつです

いわゆる外ブラのドライバーですが・・・

もっとも効率よく飛ばすにはどうするか?というのを考えています。飛距離的には重心距離が長いほうが有利とされていますので、重心距離は長めです。(40ミリを超えているものも珍しくありません)

先程書いたように、重心距離が長いと開いたフェースを戻しにくい傾向がありますから、スライサーには向きません。

マーク金井がスライス撲滅セミナーの参加者に『みなさん、スライスに悩んでいるのに、どうしてスライスしやすいドライバーを選んでいるでしょう?』と聞きましたが・・

やはり『カッコいい!人気がある!』から・・と言う返事になってしまいます

この写真には写っていない、ピン、タイトリスト、コブラも同じ傾向があります。じゃあどうして重心距離を長くするのか・・ 飛距離的有利なだけでなく、ヘッドの他の特性も連動して変わるのです。慣性モーメントが大きくなりやすいのでミスヒットにも強くなります。重心深度にも影響します。

インパクトでしっかりとフェースをスクエアに戻せさえすれば、非常に安定して飛ばせるのが、いわゆる外ブラのドライバーなのです。

一方、国産のドライバーは、そもそもインパクト時にフェースがスクエアに戻せるの?と言う部分で作られていることが多い気がします。ボールの捕まりを重視しているのでしょうね。大手量販店がユーザーの声を聞き、それをメーカーの担当者にリクエストしているという話を聞いたことがあります。

確かに、インパクトでフェースが開くといかにフェースの反発がギリギリでも飛距離性能を発揮できません。ボールを捕まえることが大切です

たとえば先日レポートしたプロギアのRS-Eは、捕まりがいいですね

そして上級者モデルは、国内の契約プロに意見を聞いていますので、インパクト付近でフェースの開閉を意図的にしやすいものを好む傾向があります。もちろんヘッドスピードが速い人向けなのですが、重心距離が短いほうがコントロールしやすいので、好むプロが多いそうです。

例えばミズノプロモデルなどそのタイプ

重心距離が長いドライバー、短いドライバーどちらを使うかは好みなのですが、インパクトでフェースをスクエアに戻せるか?というのが運命の別れ道のようです。

インパクトでフェースをスクエアに戻せるスイングを身につける

ゴルフの竪琴フレループ、そしてシャットフェースのスイングを身につける

スーパーシャット君⇩クリック

などを使って練習すること・・

あとYouTubeのアナライズチャンネルは動画では、初心者セミナーなどでボールの捕まえ方をレクチャーしてますんで、チャンネル登録してご覧いただければ嬉しいです。

どうしても戻せない人は、一度捕まった球を打ってもらいたいんです。アナライズのバンパードライバーですが、ほぼシャフトの軸線上に芯があります。このドライバーを打ってみるとボールが捕まるということがよくわかります

ということで、外ブラドライバーでスライスに悩んでいる人、重心距離が原因かもしれませんね

ではまた水曜日に


アナライズのプライム会員ですが 募集は3月15日までです

⇩こちらから申し込めます

ゴルフの竪琴が再び人気なんですよ

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年03月02日大好きな超名門コースに行って、ショートゲームの大切さを知る

YouTubeのアナライズチャンネル 教えてマークさん 第一回目配信開始しました

何気なく使っているゴルフ用語ですが、あれ?どういうことだっけ?というのが少なくありません。そんな今さら聞けない、なかなか聞けないことを説明しちゃいますよ。

チャンネル登録よろしくおねがいします

さて 昨日のブログに書きましたように、T島が一番好きなコース

鳴尾ゴルフ倶楽部

やってきました。時間がゆっくり流れるような素敵な空間です。20年前に一度来たことがありますが、1番のティショットでこの池にチョロして入れそうになったぐらいしか覚えていません(汗)

この時期まだ緑ではありませんが緑になるとキレイになるんです。

鳴尾ゴルフ倶楽部と言えば、グリーンは高麗です

高速で固くて小さいグリーンは、ボールがなかなか止まりません

バンカーが深いです・・・階段があったりします

グリーン周りは、こんな感じ奥に外すとバンカーと傾斜が待っています

T島、久々のゴルフでもうショットが悲しいぐらいボールに当たりませんが、100ヤード以内は問題ないので、ボギーペース以下では回れました。最後2ホールやっとドライバーがあたるようになりました。

気持ちよかったです。

コースも素敵なのですが・・・・ こんな小物入れも素敵です

スコアカードのサイズが小さいんですが、こんなとこも好き

これを2つに折ったサイズが、スコアカードのケースです。通常の3分の2ですかね?!かわいいでしょ

これが10番

好きだなぁ〜

やはり バンカーが凄いですよ。ホームラン1回しました。

グリーンに直接落とすと止まらないので、エッジ当たりに落としたいなと思うと手前バンカーに入っちゃうんだよね。実はバンカーとグリーンの間に結構スペースがあるんだけど、そこに打てません。だから距離のあるバンカーショットが多くなります。

平日会員でいいのでメンバーになりたいです

大好きだぁああああ

ここのコースですが名門なんですが、関東の名門コースに比べて、とっても暖かいんです。(そう言えば廣野ゴルフ倶楽部も同じ雰囲気が)関東のコースはどーしてなんですようね??(まあメンバーさんのための倶楽部ですから、ビジターの私には関係ないことですけどね)

今回T島、まったくティショットが不調・・・すると残りの距離が長くなりますよね。T島ですが、こういうグリーンが小さく、グリーン周りの難しいコースに行くと、パーオン狙うとバンカーに入りますよね。名門コースってグリーンは速いわけです。そこに止めるショットって普通でもなかなか難しいのに、距離が残ると更に難しくなります。

何でもかんでもパーオンを狙うと、スコアは乱れますよね

名門コース、難易度の高いコースに行く。どうもショットがいつもより悪い

こういう時どうする?

ボギーペース狙いにします。ボギーオンでイイんです!!!というゴルフ。ティショットが飛ばなくても、カス当たりでもOK!でも2打でなんとか残り100ヤードを切る位置まで持っていきたいですね。100ヤードは厳しいかな〜 グリーンを避けると40ヤード近くまで打つのは危険ですから、40〜100ヤードを練習することでしょう。

この距離が苦にならなくなったら、なかなか90を超えることはなくなります。(まあ3パットあまりしないことが前提)

このバンカー地獄の鳴尾ゴルフ倶楽部、前半はバンカー避けまくって1回も入れませんでした。まあパーオン2回しかしませんでしたけど(ガク・・)

後半は下手に狙って行ってバンカーに結構入りましたが、スコアは変わらないという(汗)(パーは増えたけどダボも増えた)

やっぱり・・・スコアを作るのはウエッジとパターですよ。アナライズの(マーク金井設計)クラブって、初めて作って発売したのは

MSウエッジ

 

はいウエッジです。ドライバーでもアイアンでもパターでもなくウエッジです! もちろんショートゲームというのが大切ということが大前提、グリーン周りのうちやすさが注目を浴びてたMSウエッジですが、フルショットも非常に良かったんです。深いキャビティと、ヘッドが手前から入ってもグリーンエッジぐらいまで運んでくれるし・・・

ショートゲームが大切であるだけでなく、登場するに至ったのは時代へ背景がありますね。ちょうど8年ぐらい前ですね。当時、単品ウエッジは、ボーケイやキャロウェイなど、プロ仕様ウエッジが大人気(今でも人気ですけどね)その傾向はどんどん強くなって、プロがそのまま使えるようなウエッジが発売されていたんですよ。

しかし・・・アマチュアゴルファーがミスしにくいという目線のウエッジって、殆どなかったんですね。そんな時にクリーブランドが出したニブリックというウエッジにインスパイアされてMSウエッジは登場しました。

  • 深いキャビティ
  • ワイドソール
  • ハイバウンス

このウエッジまだまだ現役で使えます。当時はチッパーみたいといわれましたが、今でも使っている人は意外と多いです。T島も、今の芝の薄い季節は使うことがありますよ。

40ヤードから100ヤードぐらい打つなら、芯は広いほうがよくないですか?ポーンと乗せたいですよね。だからMSウエッジもmmウエッジも深いキャビティとなっています。グリーン周りでスピン量を微細にコントロールしたいならマッスルでもいいですけど、T島的には長い距離も重視して欲しい。

mmウエッジ です MSよりもかまえやすく、MSウエッジのテイストはしっかりと受け継いています。

この3つ

  • 深いキャビティ
  • ワイドソール
  • ハイバウンス

しっかりと守ってお値段もお求めやすい。是非お試しを(スイマセンいつものオチです)

まあmmウエッジもいいですが

この距離を凄く練習するとスコアづくりがとても楽になりますよというお話でした

ではまた 月曜日に


アナライズのプライム会員ですが まだまだ募集しております

⇩こちらから申し込めます

ゴルフの竪琴が再び人気なんですよ

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

 


1 2 3 4 5 6 16
▲ページのTOPへ戻る