アナライズstoreblog

カテゴリー: インパクトの真実

2017年06月27日インパクトの真実 その8

今日は火曜日ですから

マーク金井の有料メルマガの名作のアーカイブをお送りしてます

この有料メルマガから、いろいろな本や、今回はずっと連載していた内容をまとめたこちら。「一生役立つゴルフ超思考法」発売されました

↓クリック(こちらからお求めできます)

51o3u9gfp1l-_sx350_bo1204203200_

この有料メルマガ←クリックからいろんな電子書籍↑や、書籍が生まれましたが・・そんな有料メルマガの魅力をお伝えするために、毎週火曜は、有料メルマガの過去の人気連載を掲載しております。

その中から

新自転車に乗れるスイングをお送りします

をお送りします

このメルマガはまぐまぐで配信しています有料メルマガ 「マーク金井の書かずにいらない」2015年12月15日に配信されたものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インパクトの真実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超高速カメラでわかった。今までのインパクトの常識のウソを、マーク金井が
徹底解明します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アナライズのセミナーでも、一番人気なのがシャフトセミナー、そして2番目がインパクト解析セミナーです。実はこのセミナーが僕は、メルマガやブログで、僕の日頃言ってることを、共感してくれているゴルファーを、救えるのではないとと思っています。
今年の始め、僕のブログで『ことしからフィッティングではなく、セッティングを重視して行きたい』と書いたのを覚えてくれている人いるでしょうか?!弾道計測器を使って、様々なところでクラブフィッティングされるようになりました。僕はその現状をとても危惧しています。何故かというと、弾道計測器を使い、数値が明らかになると、その数値を補正するクラブを選ぼうとするからです。
例えば、打ち出し角が高いから、ロフト角を減らしましょう。ヘッドスピードが40m/sなのに、8.5度のクラブをフィッターが選んでしまうことは、珍しくありません。自分のインパクトの軌道と、フェースのどこに当たっているのかを知ることが大切で、その結果の弾道なのですから、単純に選ぶことは出来ないと僕は思っています。
インパクトで、ロフトを減らして打っているのか?!

インパクトで、ロフトを増やして打っているのか?!

ドライバーでロブショットを打つようにフェースを開いて打っている人は、ヘッドスピードが遅くても、フェースを開くことでロフトが増えて、ヘッドスピードにかかわらず高い打ち出し角となります。こういうゴルファーには打ち出し角が高いから、ロフトを減らそう!としても、逆効果になってしまいます。


ヘッドスピードが速くないのに、ボールが上がりする人は、フェース角がクローズなヘッドを使いましょう。スライサーでボールが上がりすぎる。つまりインパクトで、フェースが開くのです。特に重心距離が長いと、スイング中にフェースが開こう開こうとする動きが更に強くなり、高いスライスボールとなり飛距離が出ません。


インパクトで、フェースが開かないようにグリップする
インパクトで、フェースが開かないような軌道でスイングする

もしくは

フェース角がクローズなドライバーを使う。コレが即効性がある対処法です。
逆にチーピンを打っている人。チーピンでボールが高いと言う人はいないと思います。それはインパクトの瞬間フェースが閉じているから、チーピンがでるので、ハイチーピンにはなりにくいのです。この場合ロフトを増やすよりも効果的なのは、インパクトでフェースがクローズに当たらないようにスイングするか
フェース角がオープンなドライバーを使うこと

毎回インパクトを高速カメラでチェックする必要はありません。一度自分のインパクトを掴んでおくこと、そして自分のクラブのリアルロフトとフェース角を掴んでおくと、その後高速カメラがなくても、修正ができます。そのレベルに達して、初めて弾道計測機能があるドライバー、カチャカチャ付きのドライバーが活かせるのです

 
毎月、インパクト解析セミナーを開催しますので、是非ご参加いただきたいと思います。そして自分のクラブのフェース角、リアルロフト角を知ることも大切です。アナライズの計測を是非ご利用いただきたいと思います

ではまた明日


マジックマリガンUT35再入荷しました

アプローチがとってもやさしくなる


2017年06月20日7月のセミナー募集開始します!&インパクトの真実 その7

アナライズからのお知らせ

7月のアナライズのセミナー募集開始しております。

こちらをクリック↓↑

アナライズよりお願い

アナライズのセミナーは、プライム会員セミナー、リピーターセミナー以外はお一人一回しか受けることができません。同じセミナーに2回お申し込みいただかないようにお願い申し上げます


 昨日はこちらのライブ配信しました

こちら、生放送で・・・録画残しません。何故なら・・・

ここだけの話!

だからです。何やらまた来週やる?!とかいう話になっております。生でしか聞けませんし、生だから出来る話をしますよ。昨日も”ここだけの話”が満載でした

ということで、また告知しますね

アナライズでこんなクラブを発見!!

詳しくは今日配信の有料メルマガに書いてます

今日は火曜日ですから

マーク金井の有料メルマガの名作のアーカイブをお送りしてます

この有料メルマガから、いろいろな本や、今回はずっと連載していた内容をまとめたこちら。「一生役立つゴルフ超思考法」発売されました

↓クリック(こちらからお求めできます)

51o3u9gfp1l-_sx350_bo1204203200_

この有料メルマガ←クリックからいろんな電子書籍↑や、書籍が生まれましたが・・そんな有料メルマガの魅力をお伝えするために、毎週火曜は、有料メルマガの過去の人気連載を掲載しております。

その中から

新自転車に乗れるスイングをお送りします

をお送りします

このメルマガはまぐまぐで配信しています有料メルマガ 「マーク金井の書かずにいらない」2015年12月1 日に配信されたものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インパクトの真実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超高速カメラでわかった。今までのインパクトの常識のウソを、マーク金井が
徹底解明します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヘッドの芯にボールが当たると、フェースの反発が一番いいはずと誰もが思うでしょう。芯に当たるとヘッドがぶれないと、この連載で何度も書いています。ヘッドがぶれないから、エネルギーのロスが少ないので、 反発が良くなるわけです。今回はインパクト時に芯の左右のブレにではなく、芯の上下のブレについてお話しましょう。
芯の少し上で打つと、球が飛ぶと言う話を聞いたことはありませんか?ゴルフ雑誌がヘッドのデータを公開することが増えてきましたが、フェースの最下部から芯までの高さを重心高というのはご存知かと思います。芯からフェースの最上部までの長さを表す数値を第二重心高とか、有効打点距離などと表記しています。
つまりヘッドの性能を謳うのに大切な要素と認識されているわけです

フェースの芯の少し上でヒットすると、芯を少し外すことになるので、ボール初速が少し下がりますが、ギア効果でフェースが少しロフトが増える方向に回転して、球の打ち出し角度が1~3度増えます。スピン量は500から1000回転減ります。フェースの上側で打ったら飛ぶと言われている通り、この高打ち出し、低スピン弾道は、風に強くランも出やすい。飛ばせる放物線を描きやすいのです。逆に芯の下側で打つと、ギア効果で、ロフトが立ち打ち出し角が減り、スピン量が増えます。フェースの芯がどこにあるのかというのは、ドライバーにとってとても大切な要素となるわけです。
有効打点距離などという数値があるのは、ここで打つと飛ぶ。飛距離を生みやすい弾道が打てる面積が広いドライバーなのか、そうではないのかというのを、見極めやすくしたためです。

では、フェースの芯の上側でヒットするにはどうしたらいいのでしょう?!アッパーに打つと良いと言われていますが、なかなか難しいものです。コレはシャフトのチョイスによって、フェースの上部に当てやすくなります。シャフトの先端部分が硬いシャフトは、インパクト時にヘッドが上を向きにくく、フェースセンターより上に当てやすくなります。ハードヒッター向けのクラブに入ってるシャフトは、この特性の物が多く、スピンが多くなりがちなハードヒッターが打っても、低スピン弾道になりやすいようになっています

ではまた


マジックマリガンUT35再入荷しました

アプローチがとってもやさしくなる


2017年06月13日インパクトの真実 その6

今日は火曜日なので

マーク金井の有料メルマガの名作のアーカイブをお送りしてます

この有料メルマガから、いろいろな本や、今回はずっと連載していた内容をまとめたこちら。「一生役立つゴルフ超思考法」発売されました

↓クリック(こちらからお求めできます)

51o3u9gfp1l-_sx350_bo1204203200_

この有料メルマガ←クリックからいろんな電子書籍↑や、書籍が生まれましたが・・そんな有料メルマガの魅力をお伝えするために、毎週火曜は、有料メルマガの過去の人気連載を掲載しております。

その中から

新自転車に乗れるスイングをお送りします

をお送りします

このメルマガはまぐまぐで配信しています有料メルマガ 「マーク金井の書かずにいらない」2015年11月24 日に配信されたものです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インパクトの真実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超高速カメラでわかった。今までのインパクトの常識のウソを、マーク金井が
徹底解明します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は重心距離がインパクトに与える影響についてお話しましょう。

インパクトの時にヘッドの芯にボールが当たった場合は、フェースが上を向いたり、下を向いたり、フェースが開いたり、閉じたりしません。芯でないところでヒットすると、インパクトの衝撃は1トンですから、ヘッドは大きくブレます。とにかく芯にインパクトするということが大切です。ヘッドの特性(重心距離)がインパクトに与える影響はとても強いのです。人間はフェースのセンターでヒットしたいと言う本能があります。インパクトでフェースのセンターで当たって、そこが芯ではないと、ヘッドはおかしい挙動をします。僕が重心位置がセンターにあるドライバーを好むのはそんな理由があります。

 
僕は重心距離が長くても、芯でヒットする技術があります。重心距離が長いドライバーは総じて、ヘッドの慣性モーメントが大きくなります。ミスヒットに強いので、初心者向けと思われがちですが・・
世間一般に言われるミスヒットに強いドライバーは、スクエアヒットしにくいドライバー、芯に当てにくいドライバーなのです。芯に当てにくい=必然的にミート率が低くなります。アナライズの重心距離が極端に短いバンパードライバーや、AデザインゴルフのIYA-DOMOドライバーは、シャフトの延長線上に芯があります。野球のバットやテニスのラケットに近い感覚です。しかしゴルフクラブの方が、長さが長く、シャフトにトルクがかかるため、ヘッドの挙動とシャフトとのズレを生んでしまうので、止まっているボールでも、なかなか当たりません。


重心距離が無いと、ヘッドの挙動とシャフトのズレだけですが、重心距離があると、重心を軸にヘッドが動きます。この2重のズレで、更にスクエアインパクトが難しくなります。ゴルフに慣れてくると、この2重のズレを察知してインパクトすることが出来るようになります。重心距離が無くなると、シャフト軸のズレだけをクリアすればいいだけなので、初心者にとって格段に優しくなります。

格段に優しくなる為、ルールにより規制されていて、パター以外ではルール違反となります。歴然と有利になることは、ルールにより規制されるという良い例だと思います。ドライバーよりもフェアウェイウッドのほうが、芯に当てやすいため、フェアウェイウッドはしっかり打てるけど、ドライバーはスライスするという事が起こるわけです
重心距離が長いとこのズレの幅が大きくなるので、ミスヒットに強いけど芯に当てにくいということになるわけです。おまけに飛距離にはプラス作用がありますから、クラブの進歩は、この2つの軸のズレに対応している上級者やプロに有利となるわけです。メルマガだから書きますが、この初心者に絶対やさしい重心距離が無いドライバー、今開発中です。まずは初心者にとってゴルフが楽しめるクラブを使ってもらって、徐々に技術の向上をアナライズの練習器具で目指して下さい


売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷!!!

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非


2017年06月06日インパクトの真実 その5

今日は火曜日なので

マーク金井の有料メルマガの名作のアーカイブをお送りしてます

この有料メルマガから、いろいろな本や、今回はずっと連載していた内容をまとめたこちら。「一生役立つゴルフ超思考法」発売されました

↓クリック(こちらからお求めできます)

51o3u9gfp1l-_sx350_bo1204203200_

この有料メルマガ←クリックからいろんな電子書籍↑や、書籍が生まれましたが・・そんな有料メルマガの魅力をお伝えするために、毎週火曜は、有料メルマガの過去の人気連載を掲載しております。

その中から

新自転車に乗れるスイングをお送りします

をお送りします

このメルマガはまぐまぐで配信しています有料メルマガ 「マーク金井の書かずにいらない」2015年11月17 日に配信されたものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インパクトの真実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超高速カメラでわかった。今までのインパクトの常識のウソを、マーク金井が
徹底解明します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週三井住友VISAマスターズにババ・ワトソンを観に行きました。米ツアーで一二を争う飛距離は本物でした。超高弾道で300y超えを連発して、日本のギャラリーの度肝を抜いていました。練習場ではただ一人奥のネットを越えていきます。

ババ・ワトソンの球筋は、ドライバーがフェードかどスライス、アイアンはほぼストレートですが、フック気味です。それだけ見るとアイアンとドライバーではスイングを変えているでは?!と思う人がいるでしょうが、スイング軌道は変わっていません。アイアンはしっかりと球を捕まえています。彼のアイアンは、ピンのS55アイアン。ピンのアイアンにしてはヘッドが小さく、重心距離が短いアイアンです。球筋とスイングがとても合っています。

しかしドライバーはボールを捕まえていません。彼のスイングの特徴はテイクバックでフライングエルボー気味になり、トップ位置でのフェースはオープン、スイングの特徴からすると、契約先のピンのドライバーとの相性は良くないと思われます。しかし並外れたパワーでクラブなりに、オープンフェースでスライスを打っています。飛距離を優先させる打ち方ではありません、ババ・ワトソンだからこそ飛ばせる打ち方でしょう
スタンスに対する軌道は、インサイドアウトのフック軌道です。なのにオープンフェースで、フェース向き基準の軌道は、アウトサイドインとなりスライスになります。ババ・ワトソンはスイングを全く変えること無く、ドライバーとアイアンで球筋を変えています。アマチュアは、球筋を変えようとする時、スイングを変えて軌道自体を変えようとします。これは相当難しいことです、しかし軌道に対してフェースの向きを変えるだけで、スライス、フックは打ち分けられるのです。
インパクトカメラを使うとチェックできますし、トラックマンやGC2でも、インパクト時のフェース向きはチェックできます。欧米のプロは、フライトスコープやトラックマンなど最新のデジタル機器で、インパクトをチェックしながら練習しています。
インパクトの数値をチェックしながら、自分の感覚の検証して、より磨きをかけているのです。プロの世界は、ただ闇雲にボール打つだけでは通用しなくなっています

皆さんも是非、インパクトセミナーに参加して、自分のインパクトをチェック
してみてください。

では


売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷!!!

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非


2017年05月30日インパクトの真実 その4

今日は火曜日なので

マーク金井の有料メルマガの名作のアーカイブをお送りしてます

この有料メルマガから、いろいろな本や、今回はずっと連載していた内容をまとめたこちら。「一生役立つゴルフ超思考法」発売されました

↓クリック(こちらからお求めできます)

51o3u9gfp1l-_sx350_bo1204203200_

この有料メルマガ←クリックからいろんな電子書籍↑や、書籍が生まれましたが・・そんな有料メルマガの魅力をお伝えするために、毎週火曜は、有料メルマガの過去の人気連載を掲載しております。

その中から

新自転車に乗れるスイングをお送りします

をお送りします

このメルマガはまぐまぐで配信しています有料メルマガ 「マーク金井の書かずにいらない」2015年11月10日に配信されたものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インパクトの真実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超高速カメラでわかった。今までのインパクトの常識のウソを、マーク金井が
徹底解明します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インパクトセミナー 好評です。もちろん今月も開催しますが、セミナーに参加したことのある人は、知っていると思いますが。セミナーの参加者に僕は、バンバン質問します。毎回同じことを参加者に質問します

目の前に木があり、それを避けて左からスライス、右からフックをかける

あなたならどう打ちますか??

皆さん同じ解答です。ボールの落下地点にフェースを向けて、スライスなら、スタンスをオープンにする、フックならクローズにする。

昔からそう言われています。昔の常識は今の非常識。超高速カメラによるインパクト解析で、昔のセオリーではボールは思うようにコントロールできません。プロもそう言ってるという方もいらっしゃいますが、彼らは彼らなりのアジャスト能力でコントロールします。メカニズムは理解していなくても、後付で誰かが言ったセオリーを、受け売りしていたのかもしれません。
どなたかこの方法で球筋をコントロールしていたという方がいたら、ぜひインパクトを解析してみたいです。
横方向のギア効果はほとんど働かないことは説明したと思います。セミナー参加者の方で、右から攻めたかったら、トゥよりで打って、左から打ちたかったらヒール寄りで打つという方もいらっしゃいました。残念ながらトゥ寄りで打つと、フェースは開きますので、右に飛び出しますが、スイング軌道によってはそのまま右へ飛びますし、フッカーがヒール寄りでインパクトすると、チーピンになってしまいます。どちらも最悪の逆球になる可能性があるわけです

昔のセオリー通りにアドレスした時に、フェースを木に向けて、アウトサイドインに振ったら。間違いなく木に当たります。

まず気をつけて欲しいのはインパクト時のフェース向きです。右から回すときは、フェースを右に向ける。打ち出したい方向にインパクトのフェース向きに合うようにスイングします。

そして前回に書いたように、スイング軌道は、自分のスタンス基準ではなくフェース基準で、スライスならアウトサイドイン、フックなら、インサイドアウトに振って下さい。すると障害物を避けて目標にボールを運ぶことが出来ます

 


▲ページのTOPへ戻る