アナライズstoreblog

カテゴリー: 50歳からの飛距離アップ

2018年04月16日50歳からの飛距離アップは可能なのか②&今日生配信やります

 

石川遼プロ、惜しくも2位

本日21時からに生配信やります!

ぜひご視聴ください


朝2時に起きて、仕事しようと思いつつ。PGAのサイトを観ると・・・アレ?小平2位じゃん!!!と思って、ゴルフネットワークを観ると、LIVEと書いてましたがぜんぜんLIVEではなく。(この日悪天候が予想されていて、急遽組み合わせが3サムになり進行がはやくなったようです)

ふたたびPGAツアーのwebをずっとチェックしていると、プレーオフになり、PGATOUR.comのラジオをオン、ツイッターでGDOの今岡記者のツイートとダブルで結果を追いかけていましたが、見事プレーオフ3ホールで優勝が決まりました。

小平智プロ PGAツアー優勝

おめでとうございます~

昨日は、プライム会員限定マーク塾の撮影でした。T島も観たことなかったけど 怪しい感じ・・・

ゴルフに関係ありそうで、なさそうで、実はあることばかり、これは字幕を入れないで編集して配信する予定です。

さてT島ですが回旋の練習をしすぎて、手首が痛いです。マーク塾が終わった後に、T島に回旋のことを聞かれましたが、まあ試行錯誤中で答えを探してもがいているわけで、T島ではなくマーク金井に聞いてください(スイマセン)

さてT島ですが、先日こちらの記事

50歳からの飛距離アップは可能なのか?&もしかして女子用のドライバーの常識が変わるかも

50歳からの飛距離アップの企画(勝手に1人企画)で行きました↑

ヨッシー小山先生のファストファーストプログラム↓

ファストファーストトレーニングは、4歳から95歳まで、老若男女どんな人にも受けていただけます。
全ての人が飛距離アップできるポテンシャルをお持ちです。
眠らせている速筋を呼び覚まし動かしていきますので、その日のうちに自分でもびっくりな数値が出せるのです。
あなたもまだまだいけるという実感を持つことができるはず

 

こちらのプログラムの追加バージョンで伺いました。私の友人も行ったそうです! 人気があるのでT島受けたときよりもお値段もアップ・・されているとか?

おさらいですがこのプログラムは、まずスイングスピードを上げるための速筋を鍛えるドリルをやります。これは自宅でもやる必要があるそうで、できれば毎日やって欲しいとのこと。内容は書けませんけど、飛んだり跳ねたりで速筋を鍛えるんです。

T島、もう55歳ですから、こういうドリルはパスしたいんですけど、このドリルですが、早く動くためにはどうしたらいいか、やっていると試行錯誤してしまうんですね。速筋だけでなく、脳も鍛えているとか?

速く動くための

  • 準備
  • 姿勢
  • 重心
  • 身体のどこを使う

あとですね、例えば足を速く動かすために、手を使う?、腹筋を使う?コレがスイングにつながっているんです。

そして、また独自の練習器具を使ってスイングしますのじゃ

でもなかなかイメージが湧かない↓

カッコわりー

その後いろいろ考えつつ、いろいろアドバイスを貰いつつ、スイングを見つつ。かなり速くなってきました。

しかし・・・ドライバーを振ってちゃん打って、結果が出ないとつまんないよね。1回目はボール打ってないんですよ。2回目はちゃんとドライバーでボールで結果を出さなきゃね しかし ボールを目の前にすると

当たりませんねぇ〜(泣)

T島的には、右に一旦乗りすぎてしまうので、スタックアンドチルトぐらいの意識で良いみたいですね。今回マーク塾のテーマだった

ゴルフに回転はない!

ということに非常に近くて、マーク塾を聞きながら驚いていました。そしてマーク塾ではキネティックシークエンスにも触れていました。(その言葉は使っていないけど)

ゴルフスイングはどこから動き出して、動きの連動性を出していくかってことなんです。ここがスピードアップに非常に大切だそうです

最終的には

 

ヘッドスピード44〜46m/sぐらい出るようになりました

翌日ラウンドだったのですが・・・・もう体はボロボロで、あちこち痛い(ソレぐらいドリルはキツイ)状態だったのですが

なんか意外と飛んでました。ドライバーの強烈なミスは1発だけ・・・もっと極端にやらないとダメかな。まずは練習場からやってみたいと思います。

お値段的なことはヨッシー小山プロに聞いてください。T島が受ける時に1月中だとお得で、2月以降はお値段を改正するという話を聞いたような気がします。マーク塾と同じように、答えを教えてくれるわけではありません。

T島も手っ取り早く答えは知りたいです・・・

でも自分で気がついていかないと自分のものにはならない気がします。なので回旋に関しても、いろいろなところへ出向いて、投資して、自分で見つけようとしています。雑誌の受け売りや、YOUTUBEの受け売りは簡単なのですが、やはりちゃんと対価を払って自分で見つけるというのが大切かと思います。

ヨッシーさんは、答えを導く方法を教えてくれます。答えは教えてくれませんよ

詳しくはヨッシー小山さんのブログを、連絡先もありますんで。お問合わせの際はT島さんのブログを読んだよと言ってください。「あ~そうなんですねぇ」と言ってくれます(以上)↓クリック(アナライズへのお問い合わせはご遠慮ください)

お願いだからT島さんのブログ読んだと言ったあとに、値切らないでください

石川遼プロも、自分なりの答えを見つけるために

フレループにたどり着いたそうです(秘蔵映像でそう言ってました)


ということで、売り切れる前にフレループよろしくおねがいします

ではまた水曜日に


 


2018年02月02日遂にRENGAパター発売!&50代から飛距離アップできるカラダづくり

関東地方はまた雪になりました。

マーク金井は今日もスノボに行ってるようです。今日もパウダーでしょうかね? いいなぁ~ T島はと言うと自宅で動画編集 はい こちら出来ましたよ

フレループセミナーの最終回です!

この動画を編集しつつ、自分でもフレループを手に取りドリルをやってます(笑)

フレループよろしくお願いします。↓クリック

ホントにいい練習器具です! 何も考えず振るだけでもOKですよ

さて今日は 50代から飛距離アップできるカラダづくりについて書いてみます

50歳からの飛ばせる身体づくり&パターに悩んだら是非・・・

↑にも書きましたが、ジムで鍛えても、ランニングでフルマラソン走れるようになっても。飛距離が伸びた人はいません・・・T島の周りでも皆無です

皆さん、鍛えるのが楽しくなって、練習すればするほど走るのが楽しくなって、ゴルフから疎遠になってしまう・・というパターンです(汗)50代に飛距離を伸ばしたのはマーク金井ぐらいです。毎週スノボに行ってますが、まったくマッチョなわけではなく・・・まあ身長とリーチの長さは間違いなく飛距離には有利でしょう

しかし、それだけで飛ぶなら もっと飛んでもいい人はたくさん要るわけです

ということで、マーク金井の飛距離の秘密ですが・・・

超私的な提案 50歳過ぎてドライバーの飛距離を伸すコツ、 その4

こちらにも書いてありますが↑

・エネルギー効率が高い(エネルギーロスが少ない)インパクト
・テコの原理を上手く使うこと
・シャフトのしなりを上手く利用すること

飛距離の秘密は、ずばり技術。技術で飛ばしているということを仰ってます。しかしマーク金井は、肩甲骨周りがかなりやわらかく、飛ばす技術を使いやすい身体になっています。T島なんかは体が硬いので、なかなか同じようなカタチになりません

T島もストレッチパッドを使い始めてかなり柔らかくなりました。ホント昔はもっとひどかったですから・・・マーク金井は毎週凄く遠くまで体のメンテナンスに行ってます。年令を重ねてくると、どんどん老化してくるものです。

老化しない為には、鍛えるのではダメらしいです。最近はジムでも鍛えるがテーマではないそうです。体を整える、良い姿勢がキーワードなようです。こちらのストレッチパッド、多くのプロゴルファーも愛用しています。↓小平智プロも

もともとは

背筋ピンというモノです(外装がちがうだけ)

最近外見がかわりまして、名前もSesuji-PIN!になったようです こちらWEBページも一新しておりますが・・・ストレッチパッドと同じもので、付属のDVDが違います(中身がゴルファー向けとなってます)

まず老化すると姿勢が悪くなるんですね。

 

こちらの右側が姿勢が悪くなる・・老化の第一歩は姿勢が悪くなること

はい↓こんな感じ

なんかダメな人のゴルフのアドレスみたいでしょ???

ストレッチパッドを置いて寝転がると↓こうなるのが老化していない人

これが老化している人

 

↑この人実はまっすぐ手を伸ばしているつもりです。このストレッチパッドを開発した、背筋ピン助先生によると、T島さんは、ストレッチパッドを使っているからこの程度ですが・・・

こんな↓人も珍しくないようです。

ウソぉ~ と思った人・・・

マジですよ、↑の女性のように、T島だって手が真っすぐ伸びていると思っているんですから(汗)

↓こちらですが、2014年の7月の写真、全然T島のが肘の位置が高いですよね。それぐらいメンテナンスされているわけで・・

皆さんぜひ、ストレッチパッドに横たわって、どれぐらい老化しているか確かめてください

ストレッチパッドに横たわっているだけでストレッチになります。まずは横たわって、自分の老化をチェックしてください

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドよろしく

まずは飛距離アップは老化を止めることです

昨日からこちら発売開始

アナライズRS1.5パター(数量限定)

すっごくお待たせしました。WEBページが出来上がらずに、プライム会員様に先行発売でかなり売れてしまい、一般発売できるのか不安になりましたわ

実は赤もあるのですが、ファーストロットの赤は売り切れてしまいまして・・たぶんセカンドロットで少数販売できるかと(まだ状況がわかりませんのでなんとも)

こちら通称RENGAパターと言われています。

  • ・インゴットからCNC精密加工によるアルミ削り出し
  • ・トウ&ヒールバランスによる高慣性モーメント
  • ・フェースミーリングによるソフトな打感
  • ・センターシャフトに加え、リバースシャフトをラインナップ

と言うパター。T島は7度のリバースネックというのをコースで打ちました。リバースネックは、すごく真っ直ぐストロークしやすかったです。ただアドレスの時にシャフトが見えますので慣れが必要かと・・・ ロフト7度はインパクト時にハンドファーストを求められますから、最初にかなり練習しないとダメかと思います

打感を重視する人はセンターネック、とにかくまっすぐヘッドが動かしやすいのがいい人は、リバースネックがいいでしょう

備考欄に長さを書くのをお忘れなく↓クリック

ではまた明日


YOUTUBEのアナライズチャンネル人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない M4、M3ドライバー編もよろしく↓

 

YOUTUBEのアナライズチャンネル

フレループセミナー配信しています

フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック

 

 


2018年01月26日50歳からの飛ばせる身体づくり&パターに悩んだら是非・・・

はい!!!今日から

ゴルフの竪琴販売再開!

注文が殺到しておりますが、発注頂いた順番(入金確認が取れた方から)に随時発送しています。もしかしてしばらくお時間がかかるばあいがございます ご容赦いただければと思います

お待たせしました。ゴルフの竪琴を使って練習すれば、40歳、50歳、60歳過ぎてゴルフを始めても、順調の上達すると思います。ゴルフの竪琴を買ってこちらのセミナーの動画を観てください

そして是非 アナライズのセミナーにも・・・ 現在2月のセミナーの募集開始しております

お申込み方法など詳しくはこちら↓

寒いですね~ T島もやっと体調が回復してきました。

もうすぐ55歳と年令を重ねると回復力が遅いのか? 今回の風邪は長引きました。アナライズのお客様は、意外と年齢層が若い方が少なくありません。30代、40代の人もいらっしゃいます!

でも50代が一番多いと思います。

T島も、50代になってから、飛距離が落ちてきたなぁと感じています。しかしマーク金井は、50代に飛距離を落としていませんし、逆に伸びたんじゃないか??と言う感じです。もちろん筋トレとかしてません。筋力ダウン傾向かも

スノーボードで、体幹は鍛えられれているはずですね

T島の周りの人とか、SNSとか観てると・・・・

飛距離が落ちた→ジムに行って鍛える!

とか

トレーニングかな!

と皆さん、書いてますね。残念ながらT島ですが、ジムで鍛えたり、トレーニングして飛距離を伸ばしている人を観たことありません(汗)

実はT島も46歳の時に、走り込んだらもしかして飛距離アップするの??と思い、皇居を走ってるうちに、ランニングにハマりました。ランニングって走り込めば走り込むほど、タイムが早くなります。練習が裏切らないので、それにハマってランニングが楽しくなりましたね 結果フルマラソン3回も走るぐらいハマりました。

走り始めて3ヶ月でハーフマラソンに出て、2時間切って、半年後に制限時間5時間の長野マラソンに、完走(制限時間は越えてますが)その半年後につくばマラソンで4時間22分とかなり真面目に走りました

しかし・・・走っても飛距離は・・・

ではマーク金井に学びましょう

技術はコレ・・・

マーク金井の飛距離に対する考え方がまとめられています

んで、知られていませんが、マーク金井は体のメンテナンスに非常に時間を割いています。

毎週一回必ず!!

メンテナンスに通っています。時間だけでなくコストもかなり投入しているのです。残念ながら詳細は不明ですが・・・T島的には間違いなく飛距離のプラスとなっているでしょう!肩甲骨まわりや股関節など、60歳とは思えないぐらい動きますから・・

んで 50歳からの動ける体づくりが飛距離アップに大切ではないか? いろいろとストレッチパッドのドリルを紹介してきましたが

ずばり

50歳からの身体づくり

をテーマに動ける身体づくりに取り組もうかと・・・・ ということで

ストレッチパッド!  こちらをつかって

仕切り直そうかなと思ってます

ストレッチパッドよろしく

まず買ってください(汗) 毎週金曜日イロイロ身体作りにとりくみます。

T島とともにやりませんか??

んで今年のお正月に・・・

T島的クラブオブザイヤー、パター、ウエッジ編

毎年恒例ですがT島的、クラブオブザイヤー的なことをやりますが、その時に

このパターが気になる!!

と書きましたら、このパターを作った人・・からメッセージが・・・

↑こちらアークテックゴルフのTOSHIさん。いやアンサーフリークのTOSHIさんと言ったほうがいいでしょうか? インターネット創世記からWEBページでマニアックな情報を発信し続けているTOSHIさん。T島も10年以上前からのお友達です

「ブログでパター紹介してくださってありがとうございます。パター観に来ませんか?」

なんてやさしい声をかけていただきました。そりゃTOSHIさんから誘われたら行くでしょ?TOSHIさんのアークテックゴルフさんは、神田から歩いて10分ちょい。5年ぶりかなぁ遊びに行きました。

「エースパター持ってきてくださいよ!」

と言われたんで持っていったら。「T島さん、パター診断しましょう」って・・T島最近パターが入らなくて、少し悩んでいたんです 嬉しい・・・

アークテックゴルフさんは、フィッティングされてますけど、パターフィッティングは有名ですから。T島のデータを入れてくれます

そしてパターのデータ計測を

はい こちらにも凄い機械があります サムパットラボです! GPC恵比寿さん でもやってもらいましたけど、今回も・・・

こちらを使います!

はい 意外と良いデータ 「T島さんの平均パットどれぐらいですか? 32ぐらい?」

と言われて、もうちょっと悪いかなと思ったんですが、ストローク自体の再現性は悪くないようです・・・

しかし打点が↓

フェースの上部に集中している・・

「これではボールの転がりが悪いですね」と言われまして。直し方を教えてもらったら・・・・(パターの歯でうつぐらいで打ってみてくださいと言われて、打点をチェックしてもらいながら打っただけです)

メッチャ転がりがよくなりました!!!!

時間は15分ぐらいですよ(汗) これで距離感がバッチリあうわぁ

んで TOSHIの作ったパターを打たせてもらうことに

まずは ヒルクレスト TRUE CoGシリーズ

ネックがアルミでボディは銅。このネックをアルミにしているのは、ネックがあることで、芯をフェースセンターにするためにです。

TRUE CoGパターだと↓こんな風にフェースセンターでバランスが取れます

しかし・・・某有名パターだと ↓ヒール寄りに置かないとバランスが取れないのです

このTRUE CoGパターのカッパーを打ったんですけどね

音がゴツ!!!

とダイレクトな音で、打感が柔らかいって感じではないです。でもねぇフェースに乗ってる感じがすごくするんです。タイガー・ウッズがパターしているのをすごく近くで観たことがありますが、すごい音がするんです。

TRUE CoGパターは、そんなすごい音がします!!!!!

惚れた・・・

でも25万円+税 T島ではちと(泣)

こちらのパターは、フィッティングして

ネック形状が選べたりするんです

↓この形状も人気らしい

うーんカッコイイ~ シャフトもいろいろな中からフィッティングして選べます

ヤバイヤバイ あの試打してもいいけど 欲しくなっても知らないよ~

そしてdgRSRパター こちらはですね T島でも買えそうな値段・・・

やば~い

はい。でもいきなり買いにアークテックゴルフに行きにくいでしょ? そんな人はコレを利用してみては??

1月の 「寒いのはわかってます、でも頑張りましょう!キャンペーン」 

をやっていて、フィッティングメニューが凄くお得になってます。↑クリック

寒いけど頑張ろうよ

こんどは三位一体フィッティングを体験したいです(汗)

TOSHIさんイロイロありがとうございました。50歳すぎるとパターも入らなくなる(視力なのか?)ことが多くって、深みに嵌りそうだったけど、脱出できそうでうれしいです

アナライズもRENGAパターをもうすぐ発売(っていつなんだろうね)

もう限定なんで結構残りが少ないみたいです(汗)

ってことで、寒いけどでも頑張りましょう


YOUTUBEのアナライズチャンネル

フレループセミナーその1配信開始しました

フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック

 


2018年01月20日テーラーメイドM3ドライバーを丸裸にする&50代からゴルフ再開してみませんが?

昨日も微熱少年のT島ですが、いつまでも寝ているわけにいきません。いろいろと仕事しておったわけですが、ついにフレループセミナーの1本めの動画を仕上げました。

↓クリック

ホントこれ字幕入れるの大変で5分で50分ぐらいかかります。セミナーは1時間半を3回に分けますが1回目が一番マーク金井が喋るので一番大変です(汗)

このフレループですが、非常に使いやすい練習器具だと思います。ゴルフ人口が減っているというゴルフ業界の問題があります。スター選手が登場したら、ツアーに人がたくさん来て、ゴルフ人口が増える。ジュニアゴルファーが増える!とまだそんなことを言ってる人がいます。

ほんとかなぁ とT島が思っていることはブログに書きましたよね

アナライズ的には、40代から50代からゴルフを始めて欲しいんですよね。T島やマーク金井がやってますスノボは40代、50代から始めるのは大変です。マーク金井だって最近始めてスノボをやったわけではありません。スキーをやっていて、スノボも経験者だったんです。

スノボよりもゴルフのが全然始めやすいと思うわけです。そしてゴルフを全くやったこと長いって人も意外と少なくて・・・

「ちょっとかじったことがある」

と言う人のが多いはずです。もし再び始めたいと言う人を応援しちゃいます!!!

ゴルフをしばらくやっていない人のが、

リセット再起動!がきっと簡単です

上達も早いはず。ということでフレループやゴルフの竪琴(来週から販売再開する予定です)を使って、華麗に復帰してほしいと思います

あとセミナーにお越しいただいたら、その再起動が楽です!!!! セミナーもアナライズだけではなく・・・・京都でもやりますよ

お問合わせはコムクラブさんのお電話で!

ではお待たせしました!!!

テーラーメイドM3、M4ドライバーです

比較してみるとM4のが投影面積が大きいです

でも M4のが若干ディープなのかなという気もします・・・というかどちらもM1、M2に比べるとシャローに感じます。これはツイストフェースのせいなのかな???

ということで

テーラーメイドM3ドライバーを丸裸にしてみましょう!!!(M4はまた月曜日に)

M3はもうご存知かと思いますが、M1の後継と言えるモデルです。

まずは長さですが・・・

ほぼ45インチ(+0.175インチぐらい)ヒールエンド法です

クラブ重量ですが

309.5グラムと重めです 純正シャフトKUROKAGE TM5は55gのシャフトのようです。M3みたいな、アスリート向けモデルなら、今までは60g台のシャフトを入れるのが通例・・・しかし50g台というのは、やはりゴルファーの高年齢化を意識しているのでしょうか? T島みたいな50歳代ゴルファーとしては大歓迎です

ちなみにM4は299gぐらい純正シャフトはほぼ同じぐらいですからヘッド重量の差だと思います

バランスはD2.5

純正シャフトのKUROKAGE TM5のSの振動数は249cpm

うーん、アスリート向けモデルも純正シャフトとしては気持ち柔らかめでしょうか

センターフレックスは

3.84 こちらもアスリート向けモデルも純正シャフトとしては気持ちやわからめ。M1(2017)とほぼ同じかなM1(2017)の純正シャフトは250cpm、センターフレック3.93でした

フェース角は-1.75度

スタンダードポジションでの数値です

表示ロフトは10.5度でリアルロフト角は11度でした

なかなか理想的な数値ですね

ヘッド重量は196.7グラム スリーブは約7グラムなので、ヘッド重量は204グラム弱

歴代M1と同じぐらいですね

重心角は20度、左に行きにくい仕様かと思います

重心位置を何となく計測してみたよ

M3 重心距離38mm、重心深度40mm、重心高31mm、重心高22mm

(スイマセンT島計測なので、なんちゃってな感じです)

基本的なスペック自体は、M1とあまりかわりません。

シャフトのラインナップですが、やはりアスリート仕様だけあって、カスタムシャフトは60g台のSばかりですね

総重量、ヘッド重量、カスタムシャフトのセレクトから察するに、テーラーメイドM3ドライバーは、紛れもなくアスリート仕様です。T島的な50代のゴルファーがもし使うとしたら、ヘッド重量を少し落として、50g台のシャフトを入れたいところです。

もちろん40歳台の人や、50歳代でもヘッドスピードの速い人には向いています

んで音ですが、結構派手な音がします!確かに曲がり幅が少ない気がします

まあこちらはコースで打ってみないとわからないでしょう。明日しっかりとテストして、またブログでレポートしたいと思います

ではまた月曜日に


フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック



2018年01月13日50歳からの飛距離アップは可能なのか?&もしかして女子用のドライバーの常識が変わるかも

1月20日土曜日

  • オンプレーンセミナー
  • 脱アンダー星人セミナー

まだ若干空きがあります!この機会に是非ご参加下さい↓詳しくはこちらをクリック


今日T島は、長野でスノボやってます。嬉しいなぁ。スノボLOVEと言ってもゴルフも行きたいんだよね↓

気になる記事を発見。T島の仲の良いムジークゴルフさんの裏ブログ

女子が飛ばせるスペックなんですがコレが面白い

シャフトは40g台のX

プラチナスピーダー4X

こちらにグローレFのヘッド、そして43.5インチ、

総重量が356g?

グローレFのヘッドは195g前後で、シャフトが51g(カット前)グリップが48gだとして、295g前後になるはず・・・ということは???

はい

カウンターバランスになってます。グリップ側に50g弱のウエイトが入っているはず。これで女子が飛距離アップするということらしい!

うーん 試してみたい。アナライズに4Xとかなかったっけ??無いかなぁ~

40gのXがあるシャフトってあんまりないんです

  • アッタスクール
  • プラチナスピーダー
  • ムジーク DOGATTI・GENERATION・Ti4

これぐらいですかねぇ。T島も女子ではないですが(アタリマエや)効率良く飛ばす手段になるのでは?と思います。

うーん作ってみてぇ~ 作ってみるぜ!

まあ なんて言ってもアナライズにはカウンターバランスのシャフトスタビライザーがあるしね

analyze_ss_top (3)

シャフトスタビライザー ←クリック

analyze_ss_photo01

はい。とっても大切かと思います。作ったらまたレポートしまっせ~

50歳過ぎても(正確には54歳ですが)飛距離アップできるのか? まず第一回目のチャレンジとして・・木曜日に宇都宮まで(遠いわぁ)行きました

昨日のブログに載せた動画に、結構反応がありまして・・・

「T島さんどうしたのあれ?なんかヘッドスピード上がってない??」

なんて言われたわけです

 

アメリカLPGA A級ティーチングプロフェッショナル ヨッシー小山プロに

ベン・ジャクソン ファストファーストプログラムを受けたからです!

(↓左がベン・ジャクソンさん、右がヨッシー小山さん)

以前、今野一哉プロに「T島さん スイングがカワイイ」と言われたT島(こんちゃん軽くコロスリストに入ってます)ですが、飛距離を諦めたわけではありません。ヨッシーさんのブログに、ヘッドスピードが劇的に上がるというのが出てまして

Facebookでメッセージしたんです。そしたらお値段が凄くて・・・えーーーーと思ったんですが、中途半端よりも突き抜けた値段のが信頼性が高いと思い。昨年の11月に予約して、ようやく受けることが出来ました

そもそもそのBen Jackson’s FastFirst プログラム

それって何?って方は・・↓こちらを

Ben Jackson’s FastFirst プログラムは、アメフト・陸上とナショナルレベルで活躍しゴルフでは全米オープンにも出場した、スーパーアスリート ベンの長年にわたる様々なデータと実績から生み出された、即効性のある本物の飛距離アッププログラムです!!

うーんよくわからんって?T島もよくわからなかったんですが、ベン・ジャクソンさんてのは、アメフトで「何で俺はレギュラーになれないのだろう?」と思いトレーニング方法を開発。足が超早くなって、それでプロになって、陸上の世界でも活躍、その後ゴルフを初めて全米オープンまで出たらしいです。

そのベンさんが開発したトレーニングメソッドを使って、飛距離アップに特化したプログラムを作ったのが、Ben Jackson’s FastFirst プログラム!

最初はまずトレーニングします。昨日のブログにも書いたけど・・・筋肉には遅筋というのがあって、これはいわゆる筋力ってやつですね。ベンチプレスとか・・皆さん飛ばしたいとか、飛距離が落ちたら

ジムで鍛える!

と言い出します。まあジムでムキムキになったけど、飛距離が伸びたって人、T島は一人も知りません。ゴルフのスイングは2秒で終わってしまうので、遅筋(チキン)よりも速筋を鍛えるんです。このメニューは特別なものではありません。書いちゃうと、真似できちゃう感じ。このメニューは1回8秒ぐらいしかやらないのですが

T島は汗だくで死にそう

このインターバルを置きながらこのトレーニングをするんですが、ヨッシープロが、そのときもいろいろなキーワードをくれるんです。するとT島の脳が

「あれコレの動きは、ダスティン・ジョンソンのアレじゃん」

とか

「ああ、ジャスティン・トーマスのアレかも?」

とか

こういう動きを早くやるにはどうしたら良いのか?ヨッシーさんから指導されるわけでなく、自分なりにイロイロやってみると、凄く早くできるようになるんです。15分で汗だく(泣)

そしてスイングするんですけどね 最初はこんな感じ

表示がキロじゃないですが39m/sぐらい(泣)

んで、さっきのドリルでどうやったら早く動けるか考えながら試行錯誤していくと・・

すぐに101まで上がりました(44m/sぐらい?)

ヨッシーさんがヒントをくれるので自分でいろいろやっているとスイングも変わります

はい↓これは今年の7月です

 

かなり違うですよね??

はい最終的にはこんな感じまで

そして

105、約47m/sまで上がりました。まだまだ治すところがあります

「まだまだ上がる」

そうです。以前吉田一尊プロに教わったことが非常に近い気がします。とにかく何も考える暇がない。T島はトップから切り返しでループするくせがあるんですが、ループする時間がないわけです。スイングのイメージもかわりました

翌日は筋肉痛です・・

ヨッシーさんいわく

ファストファーストトレーニングは、4歳から95歳まで、老若男女どんな人にも受けていただけます。
全ての人が飛距離アップできるポテンシャルをお持ちです。
眠らせている速筋を呼び覚まし動かしていきますので、その日のうちに自分でもびっくりな数値が出せるのです。
あなたもまだまだいけるという実感を持つことができるはず

だそうです。T島が宣伝しなくても、予約がずーーーと一杯だそうです

T島、ヘッドスピードが上がって嬉しそうです。ベンさんいわく「ヘッドスピードにはスランプがない」そうです何を振ってもそんなにヘッドスピードが上がったことがないのですが、なんかめっちゃ嬉しい

詳しくはヨッシー小山さんのブログを、連絡先もありますんで。お問合わせの際はT島さんのブログを読んだよと言ってください。「あ~そうなんですねぇ」と言ってくれます(以上)↓クリック(アナライズへのお問い合わせはご遠慮ください)

ってことで50歳過ぎても飛距離アップはできるそうです

ではまた月曜日に


↓こちら是非

マーク金井が、世の中の様々な練習器具をインプレッションします 今回は手前味噌ですいません・・・ アナライズのイージーフレックスEF009ドライバーです

詳しくは↓をクリック

こちら超柔らかシャフト!!EF009ウッド用シャフト

スリーブ付きシャフトで発売開始!しました

↓クリック


▲ページのTOPへ戻る