アナライズstoreblog

2016年09月14日日本でそこそこ早い、テーラーメイド グローレF2ドライバー試打インプレッション

昨日のブログでチラッと書きましたが、昨日はグローレF2を試打ラウンドしてそのインプレッションをお送りすると書きましたが・・・

関東地方は、天気予報が外れて、豪雨

20160913_111629300

有名なゴルフライターのNAMEKO氏は、『輪厚で石川遼のインタビューしてもらいたいんですけど・・』という夢の様のオファーを『あっ火曜日予定が・・』と断わったらしいです。本人曰く『魔が差した』おまけにこの豪雨で、激しく後悔していました。

しかしこの恐ろしい豪雨の中、GDOさんたちは試打ラウンドに・・・凄いエライ!!!

イケメンライターはそもそも来ないし・・いろいろな人間模様が・・・

今回の会場である平川カントリークラブは、しっかりとした練習場がございます。雨が降っても大丈夫・・ですが・・しかし水没?!と思うぐらい降ってきて、クラブハウスに戻れなかったのでしっかりと試打することができました

はいコレです

テーラーメイド グローレF2ドライバー(通称)

正式には、グローレFドライバーです (二代目)

ちなみにすでに・・室田淳プロが使ってシニアで勝っております

T島は初代グローレから、初代グローレFドライバーをもちろん購入しております。テーラメイドさん的にには、ワールドワイドモデル(RシリーズからのM1、M2など)とはちがって日本限定モデルなわけですが、簡単に説明しますとこんな特色があります

  • 価格がプレミアム
  • フェースがチタン鍛造で弾きがいい
  • ボールの捕まりがいい
  • 軽量でシャフトも長い(ヘッド重量も軽め)
  • 女子、シニアツアーに人気

と5つの要素がございます。歴史的に説明すると、まず2011年に初代グローレが発売されます。こちらはダンロップゼクシオに対抗すべく、テーラメイドの日本限定モデルとして登場。そのグローレ、女子プロ、シニアプロに人気が出て、マーク金井も絶賛。アマチュアに話題となり、今でも中古市場では高価で取引されております

その後、モデルチェンジして、カーボンフェースの二代目グローレが発売されますが・・・初代グローレのモデルチェンジなの?!的なモデルで、あまり人気が出ず

初代グローレを支持した、プレミアムアスリート層を取り込むべく発売されたのが

グローレF!

こちらは見事に、初代グローレを支持した層に支持されてヒットし、この度モデルチェンジしたということです

構えた感じも↓初代グローレFにそっくりで見分けがつかないほどです

フェース面もそうですねぇ

初代グローレFと違うのはまずロフト設定

グローレF(初代)    10度 11度 12度

グローレF2(二代目)  9.5度 10.5度 11.5度

初代はテーラーメイドさんが、SLDRという問題作を売るために、苦し紛れに言い出した『ロフトアップ』の流れを受けて、10度、11度、12度という設定でしたが、今はこんな感じです。実はアナライズで9.5度を計測していまして

2016-09-11-12-32-40

ノーマルポジションで、表示ロフト9.5度 リアルロフト10.5度

2016-09-11-12-31-41

フェース角 +1.0度

2016-09-11-12-33-50

重心角21度

となっています、メーカーのカタログでは重心アングル(重心角)を大きくしたとありますが、0.5度ぐらい大きくなっていました

グローレF(初代)

表示ロフト10度、リアルロフト10.5度、フェース角+1.75度、重心角20.5度

グローレF2(二代目)

表示ロフト9.5度、リアルロフト10.5度、フェース角+1.0度、重心角21度

2016-09-11-12-40-44

という感じです。グローレFは歴代捕まりがいいのですが、それはフェース角によるものが大きいと思います。M1、M2ともに、フェース角はマイナスですから、スライサーにはかなり厳しいモデルですが、グローレFは歴代スライサーに人気なのは、まずこのフェース角によるものが大きいです。

パッと見て、フェース角がそんなプラスなんて見えないのも魅力ではないでしょうか?!

残念ですが、フッカーのT島にはこのフェース角がどーも苦手なので、そんな人は

10.5度を一番オープンにすると、いい感じになります(スイマセンこれは、アナライズにないので計測できませんでした)

はい。試打してみました。練習場のボールなので、ザックリな感じで読んでいただきたいのですが(後日、試打クラブをお借りして試打ラウンドしてみたいと思います)

グローレF2は、

  • ミスヒットに強い
  • 直進性が強い
  • 捕まりがいい

なんて思いました。しっかりとテーラーメイドさんがグローレF(初代)も練習場に用意していたので、その差はよくわかりましたね。飛距離も出ているよーな気がします。前作よりも少し捕まりが抑えてある気がするし、T島すごくいい感じ!!!

ロフトを上手く選べると、フッカーでも大丈夫

あまりに曲がらないので、興奮してFacebookに

投稿したりして・・・

いやー あのねぇ 今使っております

T島のエースドライバー

テーラーメイドM1ドライバー(ウエイトダウン仕様)

PRGR ナブラRS02ドライバー

2016-09-14-08-45-29

すご~くに気に入っているんですけど・・・

この秋の新製品ではPRGR RS-Fドライバー

2016-07-08 10.22.19

が欲しいなぁなんて思っていたの

グローレF2ドライバー(10/7発売)

もいいなぁ〜 いやすごくいいなぁ〜〜

なんて・・スゲー欲しくなってしまった。PRGRを買うのか・・はたまたテーラーメイドを買うのか・・・もしくは耐えるのか・・・・・・

悩むねぇ・・

ちなみに純正シャフトですが、初代のGL3300はSで振動数256cpmセンターフレックス4.21とかなりのしっかり者だったのですが・・・

グローレF2のGL6600のSは振動数230cpmとかなり柔らかくなっておりますがの!!!

ってことで

あっ 追加ラウンドインプレはこちら↓

テーラーメイドグローレF2ドライバー試打ラウンドインプレッション

この新しいグローレFですが、アイアンもユーティリティもフェアウェイウッドもいいので明日レポートしますがの!!!!↓

日本でまあまあ早いグローレF2アイアン、FW、UT、試打インプレッション

あっ!そう言えばこの試打ラウンドに、代官山 K`s Island Golf Academyの大堀貴子先生が来られていて、美しいフォームでボールを打ってました。(素敵過ぎる)

なにやらゴルフの竪琴をつかっているみたい

まいちん(代官山 K`s Island Golf Academyのインストラクター)のブログに載ってました↓クリック

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-9-04-05

はい。なんと植村啓太さんのスタジオでもつかってるってことは・・・

やっぱりいいっすよゴルフの竪琴 ってことで

↓よろしくお願いします。

pr00001

ではまた明日


アナライズの9月のセミナーの予定がアップされています

9月のセミナー予定をアップしています ↓こちらを

seminar-top

topic_mulligan_ut_plus30

アナライズマジックマリガンUTに30度が追加されました。もう超やさしく打てます!!!ぜひお試し下さい↑クリック

 


カテゴリー ゴルフの竪琴、竪琴検定, 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは受け付けていません。