アナライズstoreblog

2014年02月26日引き算してパター下手を克服しよう&パイロン入荷!

☆☆3/9に好評の「4スタンスセミナー」を開催します。10時開始と、14時半開始の2回予定

レッシュプロジェクトの山下プロ、西野プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8000円です

参加ご希望の方は、yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

さて

ホットリストサミット無事終了しました。もう熱い論議が展開されて一度生中継していただきたい。危険すぎる会話が聞けると思います

ホットリストについては↓クリックimg_hlj_01 (1)

HOT LIST JAPANとは?“HOT LIST”とは、米国「Golf Digest」誌が2004年から実施しているゴルフギアのレーティング企画。同誌が30万ドル以上(2012年度)のコストをかけ、100年を超えるゴルフ業界での経験をもとに、ゴルフギアの有識者や一般アマチュアによる試打評価(機能性45%、見た目・音・打感20%)、科学者と有識者による革新性の評価(30%)、販売店関係者とゴルフ業界関係者による需要性(5%)の評価を総合して、ゴールド、シルバーのバッジをつけるもの。日本で発売されている最新のゴルフクラブを対象に受賞クラブを決めるのが“HOT LIST JAPAN”である。2014年の結果は4月2日に発表されます!お楽しみに。

えー7時間半缶詰にされた上に火曜日有料メルマガの日でT島はボロボロです。たぶんもうすぐ死にます

雑誌の取材を受けてからの・・土曜日のパッティングセミナーで、T島なりに感じたことを書いてみます

そもそもパターに悩むという段階ですが・・いきなり初心者には訪れません。それはグリーンまでたどり着くのが大変で、ドライバーでチョロしたくない。いやそもそもボールに当たることが大変なわけで、その点パターって一応当たるじゃないですか、入るか入らないかは2の次、当たるからかなり安心。つまりゴルフを始めたばかりの人は、パターに悩む前に悩むことがたくさんありすぎて、あまり意識をしないわけです。

まあそうすると、意外と上手く行ったりします

(同じようにバンカーでも悩まない)

しかしショットがちゃんと打てるようになると、それなりに考えます。3パットが当たり前だったのが、周りの人は何故か2パットぐらいで収めて、3パットしたら悔しがっているわけです。ショートゲームの重要さがわかってくると、パターに悩み始めます

ちゃんと目標に向けることが大切です。右向いてるよ左向いてるよなんて言われます。このころ・・これって大前提として大切なことを「端折って」います。

構えた方向にフェースが向いている。スタンスは目標方向に(打ち出したい方向)並行となっていて、フェースはそれに垂直になっていること・・コレが前提だから、右向いてるよとかいうわけです

でも一番大切なのはフェースが目標を向いているか?何ですよね。それもインパクトの瞬間にフェースが目標を向いてないとそっちに転がらないでしょ?しかし、スタンスも肩のラインもスクエアに構えないと!!いうスクエア神話が生まれます。プロでも超クローズに構える人もいれば、超オープンに構える人も居ます。大切なことは、フェースが狙いたい方向に向いているか?!ってことです。

ボールにライン引いてそれを、目標に合わせることに総力を注ぎ込む人も多いです。でもまっすぐにフェースを合わせても、そこに戻ってくる保証はどこにもないのです。まあ結局一番大切なことはインパクトにフェースが構えた方向に戻せるのが技術ってことなのではないでしょうか?

ゴルファーの経験値が高いと、目標にしっかりフェースを合わせることが出来るようになってきます。T島が初心者には、フェースの後ろが長いパターをすすめるのは、目標からずれていることに気が付きやすいからです

P1060129 P1060130  P1060132 P1060133

上のパタ-の方がズレている?!事に気が付き易くないですか?? まずはこういう後ろが長いパター!例えばナチュラルパターみたいなをパターを使って、構えた位置にちゃんと戻す練習をしましょう。ボールを打ってもいいですが、素振りでも十分です。どんなパターも真直ぐシャフトを動かす練習をしましょう

アナライズでレッスンしている永井延宏プロ

P1060135

 

パターを指に乗せてみてバランスが取れるポイントにテープを貼って

P1060136

ここを真直ぐ動くように練習して下さいとレッスンしてます。コレ凄い極意かもしれません。丸く振るとかイントゥインとかT島はちょっとよくわかんないですけど、ここを真直ぐ動かしたらヘッドの機能が活かせるじゃん!

永井プロのレッスンはアナライズでやってます

こちらから↓

right_bn_04

肩のラインとスタンスを目標に並行にとか・・ボールの線を目標に合わせないと・・とか ヘッドをまっすぐ引かないと とか パターが入らない人はどんどんやることが増えます。増えれば増えるほど、動きにくくなってこないですか??考えるだけで手もヘッドも動かない。

真直!

と考えるだけで、前腕に力が入ります、するとスムースに手が動きません。すると動かそうとして強い力を使おうとします。まあいわゆるパンチが入るってやつです。そしてこういう痛い思いは脳を犯していきます。失敗は手痛い思い出として脳を支配して、簡単に「パターは苦手」と結論付けます

そうやってどんどん深みに入って行きます。マーク金井の有料メルマガで引き算のゴルフというのを連載していますが、みなさんどんどん足し算して動きがとれなくなっていきます。

一番大切なのはインパクトのフェースの向きです。それだけ考えればヘッドはスムースに動くので、距離感も合ってきます。難しく考えるととことん難しくなるし、シンプルに考えればシンプルです。

足し算するとすれば1ポイントだけにしてください。たとえばハンドファーストインパクトとか?

↓クリック

natural_putter_top

ってことで、パターは悩む前に上手くなれってことっすね

では また明日

おまたせしておりました パイロン&ボール入荷しました

竪琴はまだかなぁ・・(T_T)

pr00002

写真をクリック↑


カテゴリー HOW TO, ストア更新情報

コメントは受け付けていません。