アナライズstoreblog

2017年01月22日二代目テーラーメイドM1ドライバーを丸裸にしてみた。

昨日はセミナーが開催される予定でしたが・・・

マーク金井がインフルエンザを発症し・・中止に・・・参加申し込みいただいた方々、誠に申し訳ありません。T島も朝から対応に追われ・・メッチャ疲れました。

潜伏期間中に私やカッキーもガッツリ打ち合わせしてたので、感染ったらマーク金井を恨みますわ

さて、アナライズでお買い物をしていただいた皆さんには、メールでご案内しておりますが・・・ことし↓のようなサービスを開始します

日頃お世話になっております皆様に向け2017年度より「アナライズ プライム会
員」を限定募集させていただきます。プライム会員の限定サービスとしましては、
送料無料を始め、様々なサービスをご提供させていただきます。

限定サービス一例
・送料無料(メール受注に限ります)
・マーク金井が主催するセミナー参加無料(回数制限はございませんが、同じセ
ミナーは1回のみとさせて頂いております)
・クラブ診断、買い換え診断無料(年に1回)
・アナライズの新製品、優先購入
・各種イベントにご招待
・マーク金井との交流会(コンペ)に優先エントリー
・他にも順次、限定サービスを増やしていきます

 プライム会員の年会費は10800円(税込み)。更新月は1月で、2月以降のご入会
の場合も2年目の更新月は1月とさせていただきます。今回はプライム会員にご入
会いただきますと、新規入会プレゼントとして「CLUBER BASE “TURF AID“  
BAG アナライズバージョン」を差し上げます(お届けは5月頃になる予定です。
ご了承ください)。
 
プライム会員の受付は、お名前、お電話番号、ご住所、メールアドレス(携帯ア
ドレスで無い方が助かります)、ご希望のお支払方法(クレジット決済または銀
行振込)をご記入の上、yoyaku@analyze2005.com 柿木までメールでお願いします。
受付完了次第、年会費請求のご案内をさせていただきます。

クラブ診断と買い替え相談は、グループにて開催となる可能性もありますが、実験的に今年やってみます。好評でしたら継続します。すでに申し込みいただいております。限定数までどんどん少なくなっているわけで・・・

ご興味ある方は、弊社柿木までメールいただければと思います。(更新月は1月となっていますので、早めに申し込むほうがお得です)

さて今日は・・・

テーラーメイドM1ドライバー(2017)を丸裸にしてみましょう

カーボンの面積がかなり広くなっています。ソールにも大胆にカーボンが・・・

  • 総重量:312g
  • 長さ:45.25インチ
  • バランス:D2.5

純正シャフトの振動数は250cpm センターフレックス3.96

となっております。はい結構しっかり目のシャフトですね

スリーブの形状は変わりました。金属部分が増えましたね。しかしこのスリーブは、旧M1、M2と互換性がありますのでご安心下さい(R1以降のスリーブと共通です)

ヘッド重量はスリーブなしで199g(スリーブは抜いてないのですが、初代M1のスリーブと重量が変わらなければ、スリーブ込みで205gぐらいになりそうです)

初代M1と同じぐらいです。やっぱりちと重いと感じる人が多いと思います。うーん少し軽くしてほしかったなぁ・・・

9.5度のヘッドでリアルロフトは10.5度

フェース角は-3度とかなりオープンです

重心角は19度となっています

ちなみに気になる新しいM1の重心位置ですが・・

  • 重心距離:38.5mm
  • 重心高:31.0mm
  • 重心深度:36.5mm
  • フェース厚:55mm

ちなみに一番、重心距離を長くする方向に調整すると39.5mm

一番、重心距離を短くする方向に調整すると、37mmになります

重心深度は最深で38.5mm、最浅で34.5mmとなります

(こちらはT島のナンチャッテ計測なので、参考程度にお願いします)

ちなみに初代M1(ノーマルポジション)は

  • 総重量:311.1g
  • 長さ:45.24
  • バランス:D3
  • シャフト振動数:250cpm
  • センターフレックス:3.93
  • フェース角:-1.75度
  • 表示ロフト:9.5度
  • リアルロフト:10.5度
  • 重心角:17.5度
  • 重心距離:38mm
  • 重心高:31.5mm
  • 重心深度:37mm
  • フェースの厚:59mm

とこんな感じ フェースの厚みが違いますが、これは、どこからがフェースの厚みか?!というのがありまして、新しいM1は、フェース部分まで少し塗装してあるので、初代とほぼ同じぐらいかと思います。(この辺の基準が難しいんです)

ヘッドデータやシャフトデータ的には、あまり変化がないというデータです。フェース角が1,25度もオープンになっていますが、このへんは個体差があるかもしれません。他は計測誤差と言えるレベルですね

試打した感じでは、かなり低スピンなデータになるんですけどね・・・

ってことで、初代M1と二代目の違いについては、じわじわっとレポートしたいと思います

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

年末は売り切れが目立っていましたが入荷しております

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


カテゴリー クラブ分析, 新製品情報, 調べてみました

コメントは停止中です。