アナライズstoreblog

2017年02月14日ビジョン79(目指せ70台のゴルフ)その13

アナライズからのお知らせ

アナライズのプライム会員のお申込いただいて、

まだ年会費のお支払がない方

2月15日

までにお支払が確認出来ない場合は、

申込みキャンセルとさせていただきます。

(クレジット決済をご希望で、クレジットお申込みのためのメールが届いておられない方は、ご連絡いただければと思います)

そしてこちら・・販売開始日(予定日)が決まりました

今週の金曜日!2月17日販売開始予定

2本以上購入で(もちろん同時購入に限ります)

マーク金井と片山晋呉プロの本 

シンゴイズム!プレゼントします

T島これを使っておりますが、もう変えれないっす


はい!今日は火曜日なので

マーク金井の有料メルマガの名作のアーカイブをお送りしてます

この有料メルマガから、いろいろな本や、今回はずっと連載していた内容をまとめたこちら。「一生役立つゴルフ超思考法」発売されました

↓クリック(こちらからお求めできます)

51o3u9gfp1l-_sx350_bo1204203200_

この有料メルマガ←クリックからいろんな電子書籍↑や、書籍が生まれましたが・・そんな有料メルマガの魅力をお伝えするために、毎週火曜は、有料メルマガの過去の人気連載を掲載しております。

マーク金井の ビジョン79 をお送りします

このメルマガはまぐまぐで配信しています有料メルマガ 「マーク金井の書かずにいらない」2015年6月30日に配信されたものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジョン79
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100切りはとうに済ませたが・・いくら頑張っても80が切れないあなた。技術
的なことなのか?マネジメントなのか?そんなモヤモヤをマーク金井がズバッ
と晴らします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookにゴルフ場の支配人をしている友人が毎日、『ゴルフ一日一話』と題したゴルフについての一言を書いています。僕がいつも思っていることを文章にしてくれることがあります。

『ナイスショットは、日に何回かしかないので、出来ればドライバーではなく、アプローチやパターで出て欲しいのです』

という一文です。

僕はよく『アマチュアだと1ホールに1回しかナイスショットは出ないと思ってプレーしてください』と言ってます。このメルマガにも書いたことがあると思います。残念ながら1ホールでは1回も出ないのが普通でしょう。僕はそう思ってプレーしています。世界トップレベルでも一日1回から2回と言ってます。もちろんナイスショットのレベルは途方も無く高く、ミスショットも我々では気が付かないレベルでしょうが、納得がいくショットはそれぐらいで少ないものなのです
では そのナイスショットをいつ使いたいか?

ティショットで使うか?、セカンドショット?、アプローチ?、パター?どこで使いたいでしょうか。アマチュアの皆さんのゴルフを見ていると間違いなくティショットという人が一番多いはずです。ティショットで出てしまうと、あとはミスショットしかでません。ナイスショットは1回だけ!それをティショットに使う。「え?ダメですか??」と言われそうです

問題はスコアを良くするならいつ使うかということです

残念ながらティショットで使うと、あとは全てミスショットとなります。では一日1回だとすると、皆さんはスタートホールで使うというでしょう。しかしそれもスコアに結びつきにくい使い方です。ティショットでナイスショット、気持ちがいいかもしれませんが、それがスコアにつながらないのがゴルフです。しかし例外があります。ティショットでナイスショットがスコアに結びつきやすいのはPAR3です。ゴルフを始めたばかりで、もしバーディやパーが取れる可能性があるとすれば、それはPAR3。たとえまぐれでもなんでも、1回のナイスショットでイーグルまであるのです。ホールインワンが技量に関係なく出るのは、1回のナイスショットで出るからです。

ではいつ使うとスコアにでやすいのでしょうか?! 察しの良い方はもうお気づきでしょう。ピンを狙うショットで使えばスコアになります。ピンを狙うと言ってもアマチュアだと、セカンドでピンを狙うのは無謀です。とりあえずグリーンに乗せておけば、3打目勝負。グリーンを外したらアプローチ。確実にピン(カップ)を狙えるところでナイスショットが出れば、グッとスコアが良くなる確率が近づきます。
皆さんティショットが240y飛ぶとして、少しミスして一割減って210yちょっとだと怒ります。ティショットもセカンドショットも3打目を打つためのリハーサルです。リハーサルだと思うと攻め方はセーフティになります。ミスしてもいい場所を狙います。そこの折り合いがついていないと、ティショットで、アクセル全開となり、ほんとにナイスショットが必要なピンを狙うショットでカス欠になるのです。
とはいえ狙ってナイスショットはなかなか出ないものです。狙わないとナイスショットが出る確率があがります。意図せずティショットでナイスショットがでたらどうすればいいでしょう?!

あとはすべてミスショットが出る

なんて思ってプレーすればいいのです。想定よりもミスショットの度合いが少なかったらラッキーと思えばいいのです。そんなゴルフができるようになったらハーフで45以上なかなか叩こうと思っても叩かないゴルフが出来るようになります。
そうなると70台はすぐ近くです。

ではまた明日


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


カテゴリー ビジョン79, 調べてみました

コメントは受け付けていません。