アナライズstoreblog

2017年03月17日開脚前屈は2段階ストレッチで&一生役に立つゴルフ超思考法から考える その1

WBCの日本代表、決勝進出しました。毎回ビシッとという試合ではなく、後半バタバタしている感が拭えませんが、一安心。あと2つ勝てば優勝!と思っている皆さん、あのぉプールFの試合をご覧になりました?!日本のニュースでは結果しか報道されませんが・・・メッチャ凄いです プエルトリコvsドミニカ戦をみましたが、まあほぼメジャーの選手で、デカくて上手くて速くて・・

マジ・・

と思ってしまいました。日本に優勝してもらいたいです!!!でも負けてもしかたないなと思いました

あの人達を見ていると、筋肉もそうですが、体も柔らかいわけで・・オッチャン悲しくなります・・

この無様なT島・・なんとかしたいわけです

開脚が出来ない原因としてまず

理由は2つ!!!

股関節が硬い!↑股関節をまずほぐすこと、これは先週のコレ

開脚ストレッチ&スリーブ付きシャフトもリシャフトできるよ

をやって下さい。先週のコレですが・・・

膝を曲げていますね。開脚の出来ない人(T島)のほとんどが、足を真っ直ぐにすると、股関節を曲げる前に、太ももの裏側やふくらはぎが痛くて、股関節をストレッチできないんですよ。

これを開脚という一つのストレッチで解決するのではなく

2WAYで!

  • 膝を曲げて開脚屈伸
  • 足の裏をほぐす

コレです

太ももの裏側やふくらはぎ

をまずほぐすストレッチをご紹介しましょう

まずここにストレッチパッドをセット↓

うつ伏せになる

足を曲げて

パターンと下ろす

これを50回とは言わないけど、20回ぐらいやってください

片足やった後に正座してみる

両足やると↓こんなに腰の位置が下がります

すると、更に曲がるようになりました(拷問的な)

ウンコ座りも結構できるようになってきたよ

ということで

ストレッチパッドが有ると無いでは大違い!!!

ぜひストレッチパッドお試しいただきたいと思います

 

マーク金井の著書ですが・・年末にこちらが発売されて、話題ですが・・

T島的にはこちらが好き↓

一生役に立つゴルフ超思考法』←欲しい方こちらをクリック

何故なら・・売れたらT島にも印税が入るから・・・と言うのはウソですが(まあ嘘ヂャないですけど)この本は、マーク金井の有料メルマガの連載が電子書籍『一生役に立つゴルフの考え方』になり、それを再構成して書籍化したものです。

マーク金井の言葉を受けて、T島が無いようを噛み砕いて説明するという構成になっております。シンゴイズムは、片山晋呉の言葉を受けて、マーク金井が喋ったことを文章にするという本です。同じようなやり方んですが、シンゴイズムは、片山晋呉/マーク金井 共著となっています。

しかし・・『一生役に立つゴルフ超思考法』はマーク金井・著となっております。オマケにT島という人が登場して明らかに話を展開しているのに、T島に対する説明もありません。(いきなりT島が登場して、誰やコイツってならないのかな?)

冷たい・・(これは出版社の判断ですので、マーク金井のせいじゃないですよ)

共著でいいんじゃない?!

と今更ながら思います。表紙に名前があるだけで、広島は廿日市市に住むT島の父がさぞ喜んだことでしょう・・(今まで出した本は後ろに名前がチョコっとあるだけなので、『これだけか?』と聞かれ悲しかったわけで)

まあしかし印税はしっかりと私にも入りますから、でもねぇ

ああT島の愚痴は置いておいて・・・

こちらの本から上達に役立つキーワードを紐解いてみたいと思います

01 あなたは「残念な人」になっていませんか?!

練習場で気持良くボールを打っていても何も変わらない・・・

これはシンゴイズムにも書いていましたね。でも練習場にも行かない、練習もしない。ラウンドばかりしていては、それこそ何も変わらないですよね。練習場でボールを打つということ、努力をしている姿勢は大切なことです。

マーク金井は練習自体は否定していません。でもただボールを打つだけじゃ、練習場代、それにかける交通費、時間などの

投資効率が悪い

といいたいのです。その上その結果に一喜一憂してもしかたない。特にゴルフの日の前日に練習場に行って打ちまくっても、調子悪かったら不安になるし(不安になって凄く打ちまくってしまうという・・・)調子よかったら翌日の期待値が上がって、無茶なコースマネジメントをしてしまいがち これについてはこの記事を↓

「練習しないほうが良いスコア(調子がいい事)で回れる」って言う人について考えてみた

それでなくても、ゴルフは残酷で、努力がそのまま結果に繋がりにくいのです。T島は一時期、ランニングにハマったことがありました

その理由は

  • 努力すればタイムは縮まる
  • 努力の選択肢が多く、手軽である
  • エリートランナーがゴルフみたいに偉そうじゃない

この3つ、とくに走れば走るほど(走りすぎて故障することさえ気をつければ)タイムは縮まるし、練習場所はそれこそ服を着替え、靴を履けば、すぐに練習できるのです。

しかしゴルフは、打てば打つほど下手を固めることになりかねません。危険がいっぱいなのに、「昨日は打ち込んだ!」と得意げな人も少なくなく

ちょっと『残念』

に感じるようです

マーク金井、最初!ゴルフを始めてすぐは、ボールを打つなといいます。ゴルフの竪琴でまずアームローテーションを覚えることから始めます。

マジで凄く良くなります

自宅で地味にアナライズの練習器具を使って自宅で練習して↓

ゴルフの竪琴

↓クリック

欲しいと思います

このゴルフの竪琴ですが・・・密かに・・というか普通に、いろいろなレッスンプロの方が購入していただいているようです!!!!! T島顧客管理データを整理しているのですが・・

この方、レッスンプロだったよな??という方が、大量に購入していただいているようです。ツアープロは、片山晋呉プロが愛用していただいているので、男女問わずかなりの数ご購入していただいてますが、レッスンプロの方も良さを認めて活用していただいているとは・・・・

レッスンでお使いいただけるなら、登録していたくことを条件に、レッスンプロ価格というの有りかなぁ(あの気持ちだけお安くなる程度ですが)なんて、マーク金井と話をしておりました。 レッスンで使っていただいているレッスンプロの方向けに、マーク金井がセミナーというか情報交換の会などをやってみたいなんて言っておりますので、ご興味ある方は、ご連絡いただければなんて思います。

ということで

また明日


 

冬のゴルフに絶対的な安心感をもたらすこちら

マジックマリガンUT35 販売再開しました!!!

よろしくお願いします


カテゴリー ゴルフの竪琴、竪琴検定, ストレッチパッド, 一生役に立つゴルフ超思考法

コメントは停止中です。