アナライズstoreblog

2014年03月10日シャフトって再利用できますか?(難しい質問)

マーク金井絶賛のブラッシーがスマッシュヒット!
結果がいいので、FWをフルラインナップ!販売開始しました!

↓をクリック

fw00006
2W以外、3W、5W、7W、9Wもラインナップ!

スイマセン・・予想より売れすぎて、クラフトマンが悲鳴を上げております。お時間少々頂く場合があります。よろしくお願いします。

そしてこの白/緑のW65がもう在庫がありません・・・(W65+は白/緑あります)今後は白/黒で展開してきます。

去年から販売しておりました白ベースのW65シリーズですが。今年は白ベースは作らないということで

P1060294

 

今年から黒ベースを主に販売してきます

 

 

 

P1060292

 

よろしくお願いします

アナライズにはこの道20年の赤坂というクラフトマンがいます。T島ももちろんなんでも出来ますが、お客様のクラブは担当しません。まあ自分のクラブや、マーク金井が急ぎの時にやるぐらいです。

よく抜いたシャフトは再利用できますか?という質問を受けます。スチールシャフトは、大丈夫な場合が多いですが、カーボンシャフトに関しては、「大丈夫よ!」なんて言えません。

P1060299

一般的に聞かれたら「出来ません」と言います。でもでもT島もマーク金井も、抜いたシャフトを再利用することもあります・・

その違いは何でしょうか? ヘッドとシャフトは接着剤で固定されています。ヘッドからシャフトを抜く時に、接着剤を溶かすために熱を加えます。その熱はカーボンシャフトの性能に影響を与えます。その影響がどうでるかははっきりわかっていません。

何回ぐらい出来るの?とか大丈夫ですか?とか・・聞かれてもぶっちゃけわかりません・・だって個々に違うからです。最近中古シャフトがよく売られています。中古ショップでも販売されるようになりました。T島は手を出しません・・

T島やマーク金井が再利用するのは、新品の状態のシャフトを、信頼のおけるクラフトマンが、カーボンシャフトに出来る限り負荷をかけずに抜いている。そして何度それをやっているかを正確に把握しているからです。ぶっちゃけ気に入ったシャフトなら、3回ぐらいは抜き差しします。

それって中古車で言えば、整備記録簿付きみたいな感じですかね。

ディーラー整備は高い、ディーラー車検は高いと言われますが、T島的にはその分信頼が置けて、高く売れるから、整備記録をつけてくれるところでやります。

audi

昔乗ってたAudi S3

ユーザー車検が安いよ!と言われますが、それをいざ売る時は、どこの馬の骨かわからない車になってしまう気がするのです・・まあ同じ車を長く乗るという人ではないからですが、整備記録付きだと中古車を買っても外れにくいというのを経験でわかっているからです。抜いたシャフトもどういう状況で、誰が抜いて、どうだったというのがわかればいいのですが、それが不明です。

整備記録のない中古シャフトは、どういう状態かわからない・・

だから聞かれたら、一般論でいうと再利用はできないよ!と答えます。しかし、個人的には履歴がわかっているシャフトは自己責任において再利用しています。

もちろん折れたり、抜けたりしたことはありませんが、ゴルファー保険は絶対に入っておいたほうがイイです。皆さん「ホールインワンにはまだ早いから・・」といいますが、そこ?そこじゃないだろう!!と思います。ゴルフは危険がつきもの、ボールが当たったり、人に当ててしまったり、被害者にも加害者にもなります。ゴルフ場でクラブが盗まれたり、破損しても保険がおります。ホールインワンの金額を安くすれば、保険料も知れていますよ。

そんなこんなでゴルフは基本、どんなことも自己責任なのです。ゴルファー保険もちゃんと入りましょうね。

最近は可変スリーブで、だれでも簡単にシャフト交換が出来ますから、スリーブ付きシャフトで中古で流通すれば、少しは安心ですが(まあリシャフトなのか純正なのかモヤっとしますが・・) そしてヤマハみたいにヘッドだけで売ってくれないと本来の楽しみは生まれないし・・なかなか難しいね

P1060301

ではまた明日


カテゴリー お知らせ, クラブ分析

コメントは停止中です。