アナライズstoreblog

2017年06月14日脱スライス!なティショットを実現するには

雨ですね〜しばらくゴルフの予定がないT島です!

ゴルフ行きたいなぁ〜

しかし昨日のメルマガでマーク金井が書いていたのですが・・・

素振りでは出来るけど、ボールを前にしたら元のアンダー星人に戻ってしまう。今までと動きが違う!でもボールを前にしたら

当てたい・・

という気持ちが出てしまうから、新しい動きではなく、今までの動きが顔を出すわけです・・少なくとも1000回素振りしてから、ボールを打って下さい

でもねぇ ボールを打ってみたいんです。ラウンドで試してみたいと思うのです。ゴルファーですからね・・・しかしここで

グッと我慢すること!

そしてゴルフの竪琴を使ってこのドリルを1000回やってからボールを打つことにします

ゴルフの竪琴だと

左手の内側に竪琴の手元の部分が当たるので、フェースのが開かない(振り遅れない)動きを覚えやすいんです。家でもできるしね

 

 

もちろん本来のドリルもやりますよ

もしかしてこのブログは読んでるけど・・・

ゴルフの竪琴を持っていないとか??

買って下さい!!!↓クリック

クラブセッティングチェックですが現在は募集してませんのでよろしくお願いします。

今まで頂いた分はチェックしますよ

T島さま

前回のセミナーで初めて生T島さんを見られて感激しました。
この企画一番乗りしたかったのに出遅れて悔しいです><。

以下現在のセッティングです。
7I~9I以外はグリップエンドにおもりをつけてカウンターバランスにしてます。(ライト社の安いやつ)

アイアンはPINGで赤ドットに変更済。(6Iを買うときに測定)
スライサーなのでドライバーは先日マークさんが衝動買いした記事を呼んで同じモデルを買いました。
(前に使っていたモデルはANALYZEで診断したらカタログでは1°クローズなものが実は0.8°くらいオープンだったので)
ただし広いところ以外ではMagic Mulligan FW 3+を使います。
最近ようやくCUTでのアプローチのコツが掴めてきました。この2本はすごく役に立ってます。

セミナー及びANALYZEブログのお陰で先日久しぶりに100を切ることが出来ました。

番手 メーカー モデル ロフト角 ライ角 バウンス角 クラブ長 シャフト FX 調子 トルク 総重量
1W Bridgestone Golf J815 9.5° 59.00° NA 45.25″ FUBUKI AT-Series S 中 4.1 330
3W Analyze Magic Mulligan FW 3+ 12.5° 58.50° NA 43.5″ Analyze W60 NA 元 NA 348
2U PING G25 Hybrid 14.0° 58.00° NA 40.75″ FUBUKI FW-Series S 中 3.9 378
4U TaylorMade SLDR S RESCUE 22.0° 59.50° NA 39.75″ N.S. PRO 930GH S 中 2.0 408.5
5U TaylorMade SLDR S RESCUE 25.0° 60.00° NA 39.5″ N.S. PRO 930GH S 中 2.0 413
6I PING G MAX 27.0° 60.19° 6.0° 37.63″ N.S. PRO MODUS3 120 R(番手ずらし) 中元 1.8 424.5
7I PING G15 32.0° 61.50° 6.0° 36.75″ N.S. PRO MODUS3 120 S(番手ずらし) 中元 1.7 425.5
8I PING G15 36.0° 62.25° 8.0° 36.25″ N.S. PRO MODUS3120 S(番手ずらし) 中元 1.7 432
9I PING G15 40.0° 63.00° 9.0° 35.75″ N.S. PRO MODUS3 120 S(番手ずらし) 中元 1.7 439
PW PING G15 45.0° 63.25° 10.0° 35.5″ N.S. PRO MODUS3 120(番手ずらし) S 中元 1.7 472.5
UW PING G25 50.0° 63.25° 11.0° 35.5″ N.S. PRO MODUS3 120(番手ずらし) S 中元 1.7 483.5
SW PING G25 54.0° 63.50° 12.0° 35.25″ N.S. PRO MODUS3 Wedge W 中 1.5 494
CU Analyze Magic Mulligan CUT35 35.0° NA NA 34.5″ NA NA NA NA 575.5
PT Odyssey Stroke Lab #1W Custom 3.5° 71.50° NA 32.5″ Stroke Lab Original NA NA NA 524.5

これからも楽しい企画を楽しみにしてます。

凄くデータを書いていただいております。几帳面ですね!!!凄いわぁ(汗)

っていうかカウンターバランスにするなら

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

シャフトスタビライザーでしょ!(笑)

サンデー・モーニングの張本氏ならここで喝!です(笑)カウンターウエイトですが少なくとも15gぐらいないとあまり効果を感じないとT島は超私的に思っておりますんで是非、シャフトスタビライザーよろしくお願いします・・

んでスライスする方は、このドライバーJ815と相性がいいと思います。今お安くなっているので買い時かと・・・カチャカチャしてロフトを増やすのが使いこなしコツでしょうか・・

でも

100切りがテーマなら、マジックマリガンFWの3+をお持ちなので!特にドライバーは不要かと・・スライスに悩んでいる方にとってかなりメリットが有ると思います

そのポイントは

  1. ルール適合であること(ホントはバンパードライバーを使って欲しいですが、イロイロ言う人が居るので、気になりますよねぇ・・)
  2. 重心距離が短い(34.5mm)
  3. フェースの中央に芯がある
  4. ロフトが13度もある
  5. 長さが43.5インチと言う長さ

1 ルールを改正してバンパードライバーも使えるようにすれば、スライスに悩む人が減ると思うんだけどねぇ。でもゴチャゴチャ言う人はいます(泣)

2 重心距離が短い!(ドライバーと比べてです)ということはフェースが開きにくい!ということで、スライスの原因となる、インパクト時にフェースが開いてしまう という根本問題がクリアしやすくなります。

3 これですね。重心距離の短いドライバーって今、結構あるんですけど、ヘッドが大きいのに重心距離が短いということは、フェースのヒール寄りに芯があるということになりますよね?! でも皆さんフェースの中央で打とうと本能的に思っています。マジックマリガンFW3+は、フェアウェイウッドとしては、ヘッドも大きめ、そしてフェースの中央にあります。これは打ちやすい!と感じる人が多いはずです。

4 ドライバーでも13度とか使えば、スライスしにくいのですが、何となく恥ずかしいわけで・・ロフトがあればボールはつかまりやすくなります。この辺は絶妙なロフト設定かと思います

5 ドライバーの長さは45インチぐらいが一番多いでしょう。それよりも1.5インチも短いのです!スライサーのミスの原因である振り遅れを防ぐことが出来ます

この5つの要素でスライスしにくいわけです。

じゃあ飛ばないのか?!というと、フェースの弾きはいいし、スライスにしにくいってことは、曲がっていた分真っ直ぐ飛ぶだけで、飛距離は伸びますがの!!!

オマケに低重心なので(低重心率 57.8%)低スピンで強い球が打てます。残念ながら地面から打つにはかなり厳しいクラブですが、ティショット専用としてとってもいいですよ

そして、スイングが良くなるシャフト W60が入ってます!!(これについては明日のブログで書いてみようかな)

マジックマリガンFWよろしくお願いします

はい それと・・

17度のUTが、浮いてるような気がしますが、他はウエイトフローなどなーんの問題がないと思います。マジックマリガンUT35もご愛用いただいてありがとうございます。とにかくオンプレーンドリル、お互い頑張りましょう

ではまた明日


売り切れになっていました

アナライズのシャフト W60、W65UT70が再入荷!!!

こちらマジックマリガンUTもフルラインナップ揃いました

この機会に是非


カテゴリー アナライズにしかない商品, アナライズのクラブ, 練習法、ヒントになれば, 試打インプレッション

コメントは停止中です。