アナライズstoreblog

2017年06月17日脱スライスは重心距離を制することなり!かも・・

 

こちらの準備が意外と大変(汗)

マーク金井がYouTubeで来週月曜ライブ配信やるんです。しつこく言いますけど

6月19日午後9時です!!! どうぞよろしく

アナライズチャンネルのチャンネル登録 あのできましたらよろしくお願いします

ということでアナライズの使っていないPCなどを稼働しようとおもったらWindowsUpdateしないと、エンコードソフトがインストールできないとか言われて・・・

更新のアップデートで2時間待ちです(泣)

その間、いろいろと必要な機材とかを調べたり、このブログを書いたり、練習したりしています。今週はラウンドがないのですが、スッゲー大胆にイロイロとやってみたらいい感じかも???!!!!

なかなか大胆に出来ないもんですねぇ・・・

新兵器のコレで試しに撮影してみたり

うむむ〜 ウエブカメラとかマイクロフォンとか欲しいなぁ なんて思っているわけです。凝ると結構イロイロ必要そうです。

このビデオカメラかなりの広角なので、練習場でも重宝しそうです↓

っていうか、素振りとボールを前にするとこんなにも変わってしまうのがよくわかりました。軽く気絶しましたが課題がよくわかりました。

しかし素振りは良くなっていると思うので地味に練習します

こちらの動画で膝立ち打ちをやっていますが、これはアナライズmmウエッジです。まあ長くなれば長いほど膝立ち打ちは難しいので、皆さんは短い練習用クラブを使ってまずトライして欲しいと思います

↓こちらです

スーパーシャットくん 

この練習器具ですが、たた普通のアイアンを切って短くしただけではありません。通常のクラブと振り心地をそろえるべく、ヘッドを通常より100g重くしてます。そして、グリップも通常より20gも重いものを装着。イマドキのクラブを上手に使いこなす為に

重心距離も50mm

と激長にしてます

そもそもなんでスライスするか?!というと、アナライズのインパクトセミナーに出られている人や、Dプレーンなどをしっかりと学んでいる人は、ご存知でしょう。インパクトのフェース向きが非常に大切なんです。

ゴルフクラブですが クラブを手のひらに乗せると↓こんな感じに・・・

フェースが開いてしまいます。このフェースが上を向けば向くほど。スイング中にクラブフェースが開きにくいんですけど、ゴルフクラブは基本的に、放っておいたらフェースは開きます。このフェースの開きのことを

重心角!

と言いますが、重心距離が長くなれば長くなるほど、フェースは開きやすくなります(重心角が小さくなる)イマドキの大型ヘッドドライバーは重心角が長いですが

↓こちらアナライズのバンパードライバーは、重心距離がほとんどないので、フェースが通常のクラブに比べて、極端に開きにくいので、スライスに悩み人が打っても・・

えっ・・

というぐらい真っすぐ飛びます。

この重心距離が長い=インパクトでフェースが開きやすいってことになりやすいわけです。

重心距離長い→インパクトでフェースが開きやすい→スライスしやすい ということになるわけです。ゴルフを始めたばかりの人がスライスに悩まされるのは、重心距離があるから、スイング中にフェースが開きやすく、インパクトでも開くからです。

↓ゴルフはこの重心距離があるから難しいわけで、テニスのラケットみたいにこんな感じならもっとやさしいはずなんですよ

イラストレーター ゲーリー久永さん 寄贈写真

しかしこの下のラケットがゴルフクラブです。(上はバンパードライバーが優しい理由です)

まずゴルフを始めると、この勝手に開きやがるフェースとの戦いが始まります。バンパードライバーを使って欲しいんですが、やさしすぎるんでルールで規制されています。なので、スーパーシャットくん

重心距離をえええええ

ってぐらい長くしてます!

そして、イマドキのクラブが使いこなせるように、フェースを開かないようにスイングできるシャットフェースを覚える機能もあります

ということで スーパーシャットくんをよろしく

 

↑クリック

ってことで

また月曜日に


 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


カテゴリー アナライズにしかない商品, スーパーシャット君

コメントは停止中です。