アナライズstoreblog

2017年07月05日日本でも意外と早いディアマナRF、FUBUKI Ai2など試打インプレ!

中国地方、特に島根県と広島県の豪雨が気になるT島です。というのも帰省ついでに8月末に行くんです。島根県 大丈夫かなぁ

さて昨日は・・・三菱ケミカル(旧三菱レイヨン)さんの新製品発表会に行ってきました

はい!新製品でます!まずは

ディアマナRF

T島ですが、以前の記事で

三菱レイヨンの新世代フッティング「D‐fit」を体験した

こんな記事を書きました。三菱レイヨンさんが、D−FITというフィッティングをやっていますが、それを体験した記事です。

その時にディアマナRが合いますって言われたんですね。その後継に当たるのがディアマナRFです。だからとっても期待していたんですよ!

試打したヘッドは、テーラーメイドM2(2017)です。T島ですがこのヘッドに、ディアマナR50SRを入れて使っていました。なんともいい組み合わせだったんですけど・・

打ってすぐFacebookにアップしたのは

まあ、資料とかまだ見ていないファーストインプレッションですね

センターの張りを感じました。Rよりも真ん中が強い感じ、それが原因なのかわかりませんが、手元のしなり感が若干抑えられてる気がします。センターがしっかりしているので、弾き感があります。加えて先端が動くのですが、その具合も絶妙な感じです。なんとなく先端の動きも若干抑えられている気がしました。

ディアマナBFとどう差別化するんだろう?!と打つまでは妄想してたのですが、やはり先端の動く感じがBFと違います。T島的にはFUBUKI Vの操作性を増して、弾き感を加えた感じ・・

センターの剛性が高まったので、かなりしっかり感が出たと思うんです。T島が選ぶならズバリ

ディアマナRF50R

ディアマナRを使っていた人が、試打していただく機会があれば、ぜひひとつフレックスを落としたスペックも試打して欲しいです。逆に、ヘッドスピードが速い人やシャフトをしならせることが出来る人は、好まれる傾向かとおもいます。BFから移行する人もいるんじゃないかなぁ

今回はD−FITを体験した時にお話した田中さんが忙しそうだったので、お話を伺えなかったので、T島の信頼性に若干かけるインプレとなってますが、またお話聞いてみたいです

んで・・

FUBUKI Ai2シリーズ

こちらはドライバー、フェアウエイウッド、アイアン用とそろっています。

ドライバー用ですが、すっごく扱いやすいです。ボールが捕まりますし、ボール上がる。いい意味ですこし緩さがあります。操作性は高くはありませんが、スイングが不安定でも、結果は安定する感じです。お値段も30000円(税前)とお求めやすい感じで。メーカーの純正シャフトでは、物足らないけどアフターマーケット用のプロも使っているようなシャフトは手強いなあ・・ なんて方にはピッタリかも T島ですがかなり気に入りました。

操作性が高い=シビア ということですからFUBUKI Ai2みたいなシャフトの方がスコアは安定しますよ・・なんてT島は思います。

フェアウエイウッド用も同じ傾向です。ボールが上がるのがなんともいい感じ、このフェアウェイウッド用ユーティリティにも使えるそうです。アナライズのマジックマリガンUTの18度に入れてみたい

アイアン用もいい感じですね。50g台と60g台とあります。こちらもドライバー用と傾向は同じ感じです。ボールが良く上がります。50gのRなんか白ティレデイースに打ってほしいなぁ 70g台も作って欲しい感じです。

最近、軽量スチールシャフト、まあたとえば日本シャフトの人気シャフトである。NS950がキツイという人が増えてきましたので、そういう人は70gのカーボンシャフトなんかオススメです。三菱ケミカルさんには

OTiという70g台のシャフトがありますね。NS950に近い挙動です

今回のOTi−TOURと言うアイアン用も出ました! かなりハード!ダイナミックゴールドを使っていてしんどいなあ。ボールが上がればいいな〜と言う人にオススメします

重さは80g、90g、100g、110gとあります

アナライズにもアイアン用カーボンシャフトがあります。これ70g台です

アナライズMI72

<開発の経緯>


現在市販されているアイアンの純正シャフトの大半は、50~60g台のカーボンシャフト、NS PRO 950GH(90g台)、Dynamic Gold(120g弱)の3種類です。
多くのゴルファーにとって、50g台のカーボンシャフトは軽すぎ。かといって、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーには、90g台のNS PRO950GHはやや重すぎです。70g台のカーボンシャフトは、アイアンシャフトの空白地帯。日本のゴルファーの一番多い層にマッチするアイアンシャフトが、ほとんど存在していないというのが、現状なのです。
「ならばアナライズでつくりましょう!」と、日本でもっともシャフト評価を行っているであろうマーク金井がシャフト開発。これまでにない、「自然とタメができ、スイングの良くなる」70g台のアイアン用カーボンシャフトを製作しました。

と言うシャフトなんですね。こちらも是非リシャフトの際には候補に入れて下さいよ!

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


カテゴリー シャフト, 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは受け付けていません。