アナライズstoreblog

2017年09月09日三菱ディアマナRF試打ラウンドレポート&神主スイングから脱出しませんか?

昨日は赤羽ゴルフ倶楽部で、アナライズのスイング研修でした。

新兵器を投入

AdmiralGOLFのスパイクレスシューズ。昨年夏に行われた展示会、2017年秋冬の新製品としてラインナップされていました靴です

弊社カッキーと、これ良いね!買うぜ!と1年近く待って購入しました。T島も白が欲しかったのですが、すでにカッキーが白をオーダーしていたので、ネイビーにしました。Admiralというと、ウエアのお値段はしっかり目ですが、この靴なんと・・・・

9800円+税とお求めやすい価格となっております。靴紐が白とトリコロールの2つついてますので気分次第で変えてみて下さい。

ちと残念なのがサイズが1cm刻みなんです。T島は25.5cmなので26cmを購入。でもインソールを入れたらピッタリな感じになりました

そして

をテスト。

ディアマナRFは、通称赤マナの流れをくむシャフトです。ディアマナRというシャフトからのRFという流れです。

昨年12月に三菱ケミカルさんのフィッティング

D−fit

を体験して、フィッティングしてもらった結果↓(その時の記事)

三菱レイヨンの新世代フッティング「D‐fit」を体験した

進められたのが ディアマナRだったので、そりゃディアマナRFが出たら入れちゃうでしょ!!!

もちろん新製品発表にも行きました

日本でも意外と早いディアマナRF、FUBUKI Ai2など試打インプレ!

↑この記事では、ズバリ ディアマナRF 50Rを選ぶと書いています。その後もシャフトをチェックする機会があり、RではなくSRを選択しました。ディアマナRFは、Rよりもセンター剛性を高めていると感じたので、ワンフレックス落とした方がいいかなと思ったわけですが・・・

センター剛性の高いシャフトというのは、弾く感じがでるのですが。硬さも感じやすいので、タイミングが取りにくく感じる場合もあります。T島はあまりセンター剛性が高いのが得意ではなかったのですが、最近スイングを変えている(引き付けポイントを変えている)のが功を奏したからなのか?! あまり気にならなくなって、弾きを上手く使える気がしてきました。なのでディアマナR50と同じSRで

結果はと言いますと・・・・

気持ちよかった〜

赤マナというと、手元がしなり、先端がボールを捕まえるダブルキックっぽいシャフトという認知されていますが、RFになって、手元のしなりは抑えめです。手元が硬くはありません。そしてRと比べると全体的な余計な動きが減ってます。

このディアマナRFの1番の特徴は

捕まりがいい、でも左のミスが出ない

と言うのが最大のメリット。安心して振れます。チーピンにもなりにくいです

捕まりがイマイチなヘッドなどと相性がいいでしょう。ディアマナRよりは気持ちシビアになってる印象ですが、ボールが捕まらない、スピン量が多いと言う人が使うと、飛距離アップ出来ると思います

もう1本テストした フジクラのスピーダー569エボリューション4は次回レポートします

昨日のブログで、プロギアのサイエンスフィットEXの話を書きました。

まずスイングタイプ

B(アウトサイドイン、アッパーブロー)とC(アウトサイドイン、ダウンブロー)の人は、Aゾーンへ入ることが大切だそうです。

Aゾーン インサイド・アッパーブロー が全て素晴らしいわけではありません

ゴルファーの70〜80%ぐらいが、BかCゾーンで、スライスに悩んでいる。そしてそこから脱出した人がAゾーンにいるのですが、T島がいるAゾーンの端っこはとても危険です。なぜなら極端のインサイドアウト、アッパー軌道だと、チーピンになるし、アイアンがダウンブローに打てないし、ここ一番で曲がります。

アナライズにこられるお客さん。そしてこのブログを読んでいる人は、ゴルフが好きなので、試行錯誤して

  • 70%のB,Cゾーンから脱出してAゾーンに入った
  • B、Cゾーンのまま上達した

この2つ そして上達が止まっているので、試行錯誤してアナライズのセミナーに来たり、ブログを読んだりしてくれているのでは?!と思います

サイエンスフィットでは、B.Cゾーンからの脱出は、振り遅れを直すこと、

Aゾーンからの脱出は、腕の回旋を覚えること

大きな2つの軸があり、どっちのゾーンにいても最終的には、腕の回旋を覚える必要があるみたいですね。腕が回旋したら、左脇は勝手に締まりますからスライスしませんし・・・回旋を覚え、回旋のタイミングが早くなると、フックの度合いも減ります

マーク金井が3月から、T島に教えてくれたのは・・・

この矢印への道です。ちなみにマーク金井がフェードを打った時の軌道が青い点、ドローを打った時の点が赤い点です。

アウトサイドインを直すべく、70%のB,Cゾーンから脱出して、Aゾーンに入ったのはいいのですが、やりすぎてしまってインサイドアッパーがキツくなっている人(アンダー星人)が、実はとっても多いのです。

フォローでシャフとがここに抜ける人は、アンダー星人です。これ今年の4月9日のT島です。これでも直しているつもりです(泣)

マーク金井は、フォローでシャフトが垂直になっているスイングを

神主じゃあるまいし!神主スイングか!

といいます(泣)

T島この間、努力してちょうど5ヶ月で

コレぐらい角度が変わってきました(どちらも素振りではありません)

じつはここに振るのはメッチャ気持ち悪いです。当たるかどうかも自信がないです。でもそれぐらい感覚を変えないと、絶対に動きが変わりません。

「誰が見ても変わったね!と言わないとほぼ変わってないとおもっていい」とマーク金井は言います。なんか動画で変わった所を探すよりも、劇的に変えましょうよ

全国の神主スイングの方、脱出しましょう!

プロギアさんも言ってますが、腕の回旋を覚えるにはゴルフの竪琴ですよ

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

ってことで、まだまだT島もガンバリマス

ではまた月曜日に


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!


カテゴリー ゴルフの竪琴、竪琴検定, シャフト, 試打インプレッション

コメントは受け付けていません。