アナライズstoreblog

2017年09月25日シャフトは硬いほうが曲がらないってホント?!

お待たせしました!
YOUTUBE アナライズチャンネルにて
マーク金井 ここだけの話

本日21時生配信します

録画はありませんので生で観てね

そして・・

10月のセミナー募集開始しています

詳しくは↓こちらをご覧ください(クリック)↓


土曜日のブリック&ウッドクラブでひさびさ18ホールラウンドしたT島です。8月26日のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部から、していなかったわけで、あまりに間隔が空いて、クラブって14本入れると重いなぁとか、スルーでも6時間弱と、詰まり詰まりのラウンドで、いつもハーフ1時間半で終わっているので、すっかり疲れてしまいました

ブリック&ウッドクラブは、デスモンドミュアヘッドさん設計の難コース、特にティショットが難しいのですが、いつものドローから、左が怖いホールでフェードが何発か打てて、なかなか実りが多いラウンドでした・・・つかパターがヤバイけど(赤羽の高麗のせいかも)

こちらのコース、メンバーシップで、スルーラウンドできるのがいいですね。ハーフでおにぎりとか買ってそのままスタートできる。でもコースが難しいので、結構詰まってしまって、時間が掛かるのがちと残念。

先日のこちら

ウエッジの賞味期限について考えてみた

素朴な疑問について書いてみた記事、好評でした

最近聞かれたのは・・

シャフトは硬いほうが曲がらないってホント?!

 

これは正解のようで正解でないです。今、PGAツアーでも日本のツアーでも、シャフトのチョイスが変わってきています。特にPGAツアーは、シャフト重量は軽め、そして柔らか目となっています。ちなみこれは覚えておいてほしいのですが・・・・

40g台のx 50g台のX 60g台のX 70g台のX

すべて同じXですが、重量が減ると除々に柔らかくなります。誤解を恐れず言うと、軽くする=柔らかくするということかと・・同じように市場でもドライバーに70g台のシャフトを入れる人が減ってきているそうです。シャフトメーカーの人も軽い方へシフトとしてきていると言ってます。

三菱ケミカルさんのディアマナシリーズ、以前は60g台までしか作っていなかったのに(市販されていなかったですが、ツアーには投入されていました)、現在は50g台がラインナップされています。USTMamiyaさんのATTASクールも40g台にXを作って、意外と好評なようです。

シャフトが硬いほうが曲がらないと言うのはホントか?!

とマーク金井さんに聞いてみると、「スイングロボットが打てば、軽くて硬いのが飛ぶ。スイングが良ければ軽くて硬いほうが飛ぶ可能性が高い」

スイングが良ければ・・

というのがつきました。もちろんヘッドスピードがある程度必要ですよね

T島が個人的に聞かれたら、アンダー星人のスイングの人には、硬いシャフトは勧めません。皆さん硬いとフックしないといいますが、そんなわけないじゃんと思うわけで・・・

切り返しでシャフトをしならせよう!!!と思うわけで、切り返しグッと力が入ってしまいます。ここでコックが解けてしまう人が多いです。確かに硬くするとまがらない気がしますけど、ここ一番で曲がりやすくなります。

こちらのシャフトセミナーで超柔らかいシャフトを振っていますが、超柔らかいシャフトを振っていると皆さんスイングが良くなってます

シャフトが硬いと、自分のタイミングで振ってしまうのですが、超やわらかいとシャフトのしなりに合わせて振らないといけないので、切り返しで暴れることがなくなります。

マーク金井はこのセミナーで

「シャフトが暴れる という人がいますが、自分が暴れているだけ、シャフトは暴れません」

と言ってます。シャフトが硬い、そしてトルクが少ないと、シャフトに自分のスイングの悪いとこが伝わって、シャフトが暴れてしまうわけです

実はスイングタイプによって、シャフトの好みも違います

アウトサイドインに振る人は、硬いシャフト(特に手元が硬くても)を好みます。アウトサイドインを助長する可能性があるのですが、逆球がでるわけではないので、コントロールしやすいと思います。

アウトサイドインを直したいというなら、硬いシャフトは向かないと思います

逆にインサイドアウト軌道だと、シャフトの強い負荷をかけるスイングになる場合がありますから、硬いシャフトが合うと感じることがあるでしょう。まあそうなると、その負荷に合うシャフトというのがあったりして

このシャフトじゃないと!!

という傾向が強くなります。初代FUBUKIや、白マナ、初代KUROKAGEなどハードヒッター御用達シャフトはその傾向が強い気がします。「このシャフトしかダメなんだよ」という場合は、強い負荷をかけている可能性があるので、どっちにせよ球筋は安定しません

T島も↑この傾向が強く、硬いオーバースペック目のシャフトを使うことが多かったんですが マーク金井に

「T島はん、それ(硬すぎるシャフト)使っていると未来はないよ」

と言われて、フレックスをグッと落としています

自分のスイングスピードに対して硬いシャフト、もちろんメリットもあります。しかしスイングに問題がある場合、そのポイントが治りにくいと言うデメリットもあります。一度リセットするには

↓こちら超柔らかいシャフトの入った練習器具こちらで練習して、シャフトのしなりを感じて使えるようになれば・・・ んでシャフトセミナーを受けて下さい(YOUTUBEでシャフトセミナーをとりあえず観て下さい)

イージーフレックスEF009です

そしてもうすぐこちらのドライバーバージョンが発売となります

もうすぐです・・・ちとお待ちを

プロよりオーバースペックな人・・意外と多いですよね。それ危険なんですけど、そういう人は頑固だし、言い訳がよくわからないし・・絶対言わないです(危うきに近寄らず)

ではまた水曜日に


 

マジックマリガンUT 

21度、24度販売再開しています ↑クリック


カテゴリー ゴルフ都市伝説!, シャフト, 練習法、ヒントになれば, 調べてみました

コメントは受け付けていません。