アナライズstoreblog

2018年01月19日ピンのG400MAXとG700アイアンは、50代の武器になるのか?!

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


一昨日から発熱しておりますT島です。インフルエンザの検査は陰性なのですが、熱が下がりません(泣)なんかしんどいです(泣)

ひじょうに体調が悪い・・眠いのにねれないと言うときは

床の上にストレッチパッドを2つ並べて・・

しばらく寝っ転がる(そっそれだけ・・・)

これメッサ気持ち良いのですよ!!! 寝っ転がるっていると70%以上の確率で寝てしまいます。(寝ると、もしかして軽い筋肉痛になる可能性がありますので注意。ちなみにT島はそんなことなったことないです)

15分転がっているだけで、1時間寝ているぐらいスッキリします(T島調べ)

ストレッチパッド!是非試して下さい ヨロシク

ストレッチパッドよろしく

病気のときは、ストレッチする気がなくなるものですが、そんな時にぜひやってみてください

はい!今日はピンの新製品をコースでガッツリ打ってみたのでレポートすることにします。もちろん50代目線を忘れていません。

今回の目玉は

ピン G400MAXドライバー

そしてG700アイアンです

この2つのモデルですが、ピンさんでは、50代以上も狙っているようです!というのも

軽量シャフトが用意されています

まずドライバーにはこちら!こんなにラインナップがありますね

新しく追加されたのが ALTA DISTANZAシャフト。こちら40g代のシャフトで。年配層にも向きますとのこと・・・

G700アイアンは・・・

40g代のPING FUBUKIシャフト、そして日本シャフトの新製品 N.S.PRO ZELOS6が新たにラインナップされてます。ZELOS6は世界最軽量のスチールシャフトです

 

ヘッドスピード的には40m/s(ドライバーのヘッドスピード)までがターゲットでしょうか。T島が打っても物足らなさは感じません。スチールシャフトが大好きな白ティレディースにもオススメです。

さてG400MAXドライバーですが・・・・

今までのG400が445ccだったのですが、今回はG400MAXというぐらいですから460ccとなっております。体積は15ccですが、投影面積はもっと大きくなっている気がします。

フェース面積も広くなっておりますね。ピンは空気抵抗をG30からずっと唱えていますが、どんなに頑張ってもフェース面積が増えれば空気抵抗が増します。445ccのG400の方が振り抜きがよく感じるでしょう

打ってみますと・・・・G400よりも高い音がします。かなり爽快感があるいい音です。G400も悪くないのですが、G400MAXのほうが好みかなぁ。G400MAXですが、ヘッド重量が少し思いそうです(203グラム)G400のLS-TECと同じぐらいでしょうかね。

第一印象は

直進性が高い!

スピン量も少ないです。ボールが捕まるか?と言ったら、ぶっちゃけG400シリーズの中では捕まりはいまいちなのではないでしょうか?

ヘッドが大きくなる=慣性モーメントが大きくなる するとヘッドが動きにくい!つまりミスヒットに強いということになります。

しかしヘッドが動きにくい!ということは、ボールが捕まりにくいということイコールです。ゴルフクラブは2面性がいつもあります。このことを理解していないとミスリードします。皆さんほんと答えが欲しいわけで、「どっちがいいですか?」とか「○○さんならどうしますか?」と・・・つまんねー質問・・ 自分で決めてもらうための材料にしてくれれば嬉しいです

ということで、G400MAXは打点のブレに強いです。スピン量も少ないですね。でもボールは捕まりが・・・・しかし今までのG30、Gドライバーなどを使ってきた人には、違和感がないと思います。ぶっちゃけGドライバーのモデルチェンジは、G400MAXかなって感じ。

んでいろんなシャフトを入れて試打しましたが。ALTA DISTANZAは上手く打ったらメッチャ飛びました。結構しなりが大きいシャフトです。このシャフトを上手く使えると凄く飛ばせます。G400MAXですが、50代以上の人が使うとしたら、シャットフェースにクラブが使える人ならハマると思います。あとフッカーにもいいと思います。

逆にスライサーや、フェースの開閉が大きい人にはオススメしません

これぞピンと言うドライバーです

T島的には、ATTASクールを入れた時に安定していい球がでました。やはりどっちかというと捕まりが良いシャフトとの相性がいいでしょう

そして

G700アイアン

この写真だけを見たら、PXGの0311とかテーラーメイドのP790っぽいのかな?と思うでしょうけど、実物はもっとデカイです。PXG0311XFと言うアイアンよりも一回りぐらいで大きいと思います。

ピンの現行モデルと比較するとこんな感じ

ヘッドサイズも一番大きく、ソール幅も原稿では一番幅広です

グースも結構あります

ここから樹脂が入ります(どこかでみたよーな)

G700アイアンですが、飛距離が売りなんですけど。スイマセン寒くてよくわからなかった。とは言え、T島でも寒いのにいつもより0.5番手飛びましたから、やっぱり飛距離性能が高いかも?!

んで凄いのは

直進性です!

ボールも気持ちよく上がります!!! このクラブも慣性モーメントが大きい=ミスヒットに強い=ボールが捕まりにくい と言えるでしょう。こちらもシャットにテイクバックできれば上手く使いこなせるでしょうね。

ただゼクシオアイアンも重心距離は短くありませんから。50歳以降、60代の人もゼクシオからの買い替えユーザーだと、あまり違和感がないかもしれません(ゼクシオよりもグースがキツイけど)

あとピンのアイアンならではバンス角がしっかりついているので、手前からダフってもなんとかグリーンに乗ってくれました.

オリジナルウエッジですが意外とよかったぁ

でも・・1本24000円+税だから、これを買うのかは微妙ですね

あとグライド2.0ステルスってウエッジがよかったです

ソール形状一種類ですけど・・・・

バンカーショットしたら、こんなに綺麗に砂がついた。T島にピッタリのソール形状で非常に欲しくなったしまいました

ピンのG400MAXドライバーは、高い打ち出し角と低スピンで飛ばせるドライバー。

G700アイアンは、直進性が高く、ボールも上がりやすいミスヒットに強いアイアンです。

でも メリットになる人とデメリットにもなるんですね。シャフトだけ軽くしても、50歳以上にピッタリとかと言うクラブにはなりません。ヘッドを大きくしても、ミスヒットに強くなるが、芯に当てにくくなります。ゴルフクラブは矛盾の中で出来上がっていきます。

とりあえずいろいろ打って決めてください。

ではまた明日

明日はM3,M4を丸裸にしますよ


1月20日土曜日

  • 脱アンダー星人セミナー

まだ若干空きがあります!この機会に是非ご参加下さい↓詳しくはこちらをクリック


カテゴリー ストレッチパッド, 新製品情報, 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは停止中です。