アナライズstoreblog

2018年02月07日ドライバー変えます?リシャフト?リシャフトより効果的って・・

ゴルフのテンションが低いT島です

なんかイロイロやりすぎてスイングがワケがわからなくなっております。それよりスノボ行きたいわけですよ!!!

冬はスノボ!!!!

ですよねぇ~

とは言え・・・もうすぐテーラーメイドとキャロウェイに新製品が出ます。うーんどっちを買おうかなぁ~

T島的には2択まで絞りました

テーラーメイドM4

キャロウェイROGUE SUB-ZERO

月曜日のブログにも書きましたが、EVENの試打会で、キャロウェイのROGUEドライバーを打ち込みまして、テーラーメイドM4ドライバーとどっちを買おうか悩み始めたT島です。(汗)ROGUEサブゼロがかなりいい感じでした。問題はROGUEのほうが発売日が遅いこと・・そして定価が若干高いことです。

うーん やっぱりM4かなぁ なやむ~

しかしこのROGUEにせよ、M4にせよ、純正シャフトの他のカスタムシャフトが60g台であるのが、やはり違和感です。シャフトの大手メーカーに聞くと、シャフトの売れ筋が、昨年ぐらいから明らかに変わってきているとのこと・・・60g台から50gが中心となってきているそうです。

まあメーカーカスタムシャフトが60g台だから、アフターマーケット用のシャフトの50gが売れるというのは何となくわかります。しかし以前はアフターマーケット用でも60g台が主力だったのですから、シャフトの軽量化というのは大きな流れになっている模様です。PGAツアーでもモーダス105が人気とか、ジャスティン・トーマスとかも、60グラム台のカーボンを使う時代なのに・・

メーカーカスタムに60gのSしか無いという構図は、そろそろやめて欲しいですね。

さて発売日が早いM4に行ってしまうのか・・うーんうーん

とは言え・・・

現在のエースであるG400LS-TECにも

YONEX E-ZONE GTにも

全く不満はないのです・・・新しいものが好きなだけ(汗)

皆さんはどんなタイミングでクラブを買い替えたい。ドライバーがほしいとなるのでしょうか?? T島と同じで新製品の発売タイミングですか?

買い換える!!

と決めるきっかけとか・・・特に曲がらないし、ソコソコ飛んでるし、全く不満がないのが現状なんですけどね・・・

クラブを買っても良いんですが、クラブは増えると処分しないといかんし・・面倒くさいんですよね(ゴルフのテンションが下がりすぎ)

もし買い替えたい理由が、フックが出る!とかチーピンに悩んでいるとか・・なら

ドライバーを変えるよりも

フレループでしょ。↓クリック

ホントにいい練習器具です! 何も考えず振るだけでもOKですよ

いやいや、俺は悪くない!クラブが悪い!!!って人。クラブ変えてもなかなか治りません(経験者は語る)

こちらですよ↓

シャフトスタビライザー!!! これはホント効きます。チーピンに悩む人が来れを買って帰って、使っていただいた感想が

「リシャフトより効果ある!」

でした(汗)

シャフトスタビライザーって何?って方はこちらを

シャフトスタビライザーは、グリップエンドから挿入して装着する専用ウエイトです。
カウンターバランス効果により、ダウンスイングで手元が自然に下りてくる感覚を得る事が出来るので、左手が浮いてしまうミス、いわゆる煽り打ちを抑制し、結果的にスムーズなスイング軌道を促します。

また、手元の重量感を増す事で、スイングの安定感を高め、ミート率向上の効果があります。
アメリカのPGAマーチャンダイジングショーの取材の折、現地でシャフトスタビライザーを見つけたマーク金井がその性能に着目。日本での代理店契約を結びました。

シャフトスタビライザーを装着すると、ゴルフクラブは普通のキャラメルから 「生キャラメル」になるほど操作感が向上するとは、マーク金井の感想です。ミート率が向上し、振り抜きやスイングが良くなります。

ウェッジやパターでも効果は高く、手元よりの重量が感じられるため、格段に扱いやすくなります。
操作感が向上し、よりフィーリングを出したいショートゲームの場面で有効です。

そうそうシャフトスタビライザーのページがリニューアルしていまして、選び方のコツ的なことが書いてあります

まずはウッドですね ドライバーとフェアウェイウッドですが↓

はじめての方には、『20gウエイト(ウッド専用)+装着キット』がおすすめです。
十分な重量があり、効果を体感しやすくなります。

パワーのある方は、より重量のある『POWER TRANSFER INSERT for Drivers(ウッド専用) / 31gウエイト+装着キット』や『AMT for Woods ウエイト(38g/可変ウエイト)(ウッド専用)+装着キット』がよいでしょう。
上記の3種類は、装着キットが付属しており、これひとつでお試しが可能です。

FWウッドに装着するときも、より重量のあるほうが好相性です。
3本のウエイトがセットになった『POWER TRANSFER INSERT for Drivers(ウッド専用) 単品ウエイト3本セット』や『AMT for Woods(ウッド専用) 単品ウエイト(38g/可変ウエイト)』を活用するのも有効です。
※この2モデルは、装着キットが付属していません。

シャフトスタビライザーで一番効果を感じるのはドライバーに入れたときかと思います。T島的には、両端であるドライバーとパターは変化を感じ、効果があると思っています。

T島ですが御存知の通り、パワーはありません!しかし、パター用の90グラムのものとか、120グラムのものとか入れても、全然問題なかったですけど(汗)ヘッドスピードは気持ち落ちますが、ヘッドが重くなるわけではありませんからね。

そして

ドライバーに入れて 

よかったぁ・・・

って方はフェアウェイウッドにも入れてみてください!!! 少し重いものでも良いかと思います。シャフトが長い方が、アンダー星人にとって苦手意識を持ちやすいので・・・

フェアウェイウッドに入れて良かったら、ユーティリティに入れたくなるでしょう。そういう場合、T島は1本あたりの単価が安い、アイアン用をオススメします。

アイアン用ですが、気をつけてほしいのは重いカーボンシャフトです。80グラムを超えるカーボンシャフトでは、PWなどのウエッジ類、短い番手に入らないことが増えてきます。カーボンシャフトのウエッジ用はほぼ入らないと思ってください

ということで・・・

装着方法、外す方法はとてもカンタンです。 外す時に、付属の六角レンチで緩めることを忘れて、無理やり抜こうとしてシャフトスタビライザーが壊れることが多いです。これは誤った使い方なので保証対象外です。

大切なことなんで書いておきます。シャフトスタビライザーは、何度も入れたり外したりするように作られていません。ご自身でいろいろ試されるのは構いませんが、ゴムは劣化しますから自己責任でお願いします。

シャフトの手元側が太い場合は、先端のゴムにテープを巻いて太くすると固定できますよ!

この部分↓

 

 

ここにビニールテープを巻いて太くすると固定できます。でも本来の使い方じゃないのであくまで自己責任でお願いしますね。

シャフトスタビライザーは手元が重くなるので、バランス値は変わります。でもどんなに手元が重くなっても、ヘッドの重さが変わるわけではありません。そこをちゃんと理解してもらえば

バランスが変わるよね?

というこだわりを持たないと思います。振り心地をマッチングさせるMOIマッチングが話題ですが、手元がガッツリ重くなってもMOI値はあまり変化がないと言う話を聞いたことがあります。

まあそもそも、まだバランス値が気になる人は、買わないですよね。

ってことで、シャフトスタビライザーよろしくお願いします

↓こちらをチェックしてください

ではまた金曜日に


YOUTUBEのアナライズチャンネル人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない M4、M3ドライバー編もよろしく↓

 

YOUTUBEのアナライズチャンネル

フレループセミナー配信しています

フレループよろしくお願いします。


カテゴリー シャフトスタビライザー, 調べてみました

コメントは停止中です。