アナライズstoreblog

2018年04月20日T島的 ATTAS FF アイアン試打インプレ&回旋新ドリル動画!

昨日は小林賢太郎さんのカジャラを観に東京芸術劇場へ

非常に練り込まれた上質なお芝居(コント)でした!最高!!!

とT島がお芝居を観ている時に、アナライズでは

YOUTUBEのおジャーステツキンTVの皆さんがオンプレーン講習会に来られていたようです。(名前の由来は全くわかりませんが・・)

T島が作った動画のドリルを!!! こちら左腕の回旋を覚えるメニュー

この動きを覚えるためには、頻繁に左の回旋を繰り返す必要があります

こちらがフリップ! ダメな動き

こちらが回旋

さてさて差がわかりますか

大切なのはここからの動きです

まあわかりにくい写真ですが、ペットボトルで、一ヶ月ぐらいこの動きを繰り返したりと地味にやらないと、フリップが染み付いた人には回旋が覚えられない気がします。タイミングは?質問や動画作ってとか、セミナーとか・・目と耳で見た情報がいくらあっても、しつこくこの動きを反復してないと

絶対に出来ない・・・

絶対に覚えられないと思うんですケド・・・ 日々の反復

フレループです(黄色品薄です!お急ぎ下さい)

よろしくお願いします。↓クリック

このダブルで効率的に回旋を覚えよう。T島もこの回旋の動きを暇を見つけては、2ヶ月猛烈にやりましたが、なんかクラブを持っても違和感が無くなってきたんです

そしてフレループをお忘れなく

さて昨日からコチラ発売開始!

新しいPXGのアイアン。本日から世界同時発売!ぜひ皆さん全国のPXG販売店へ

まあお値段が・・・お値段が・・・・と言えば

そしてもう一つ情報解禁になったのはこちら

THE Diamana

500本限定のDiamanaです

実物を見ました・・・打ってません 打つ機会があるのでしょうか????

お値段は120000円(税前)

となっております。こういうシャフトは、打ってもいいんだけど、打ってメッチャ良かったらどうするの?と思うわけです。買っちゃうのか??試打するのがはばかられます。まあPXGのアイアンもそうですよ。買うのか???的な

ということでまだ打っておりません。

本日はこちら・・・

USTマミヤのATTAS FFアイアン

をガッツリと試打しました。っていうか、こちらにリシャフトしたのです

ヘッドはPXG0311GEN2アイアンです。アメリカから持って帰ったのですが、アイアンシャフトのセレクトが日本と違うので、リシャフトしてというわけです。

愛用するこちらフジクラさんのMCI・BLACKが鉄板かとおもったんですが・・

新しいモノ好きなT島!シャフトはいろいろ試打して オリムピックのデラマックス02に決まりかけていたのですが・・・

えーっと、やっぱりお値段が・・・ATTAS FFの倍以上なので・・・今回は8本のリシャフトとなりますから、デラマックス160000円、ATTAS FF 72000円、やはりアイアンシャフトというのは、複数本数となります。10万近い差は考えるよねぇ〜

しかしデラマックス02アイアンと言うシャフト凄く良いですよ

ということで。USTマミヤ ATTAS FF アイアンに決定!!T島は今回ですね85という80グラム台をチョイス。95という90グラム台は人気があって品薄らしいです。チト迷ったのですが・・・

55歳なので、85にしました

PXGのアイアンなので、大蔵ゴルフスタジオ世田谷さんにリシャフトはお願いしました。(こちらアメリカのPXGにおいて、大蔵ゴルフスタジオでシリアルを登録しています。PXGは販売店以外の取扱店でリシャフトは出来ませんのでご注意を)

ATTAS FFアイアン と言うシャフトは、フリーフレックスを謳っており。フリーフレックスについては↓こちらを参照下さい

あの人がフレループを!!!マスターズ開幕!フリーフレックスって何?

まあ、簡単に補足すると 硬さは一種類で番手ずらしをすることで、ユーザーにフィットさせる。ということです

T島ですが、やわらかくなるように2番手ずらしにしました。S想定からR想定へと言う感じです。1番手だとSR想定ぐらいですかね?

早々に試打してみました。

まず打って感じるのが。打感の良さです。ナイスショット時は心地よく、ミスショット時も余計な振動が少ないような気がします。まあ打点位置の違いはしっかりと伝えてくれますが、T島みたいに肘に不安のある人にはとてもいいでしょう!

T島ですが 歴代のATTASアイアン全て愛用していました

初代ATTASアイアンは90を一番手ずらしで、プロギアのeggフォージドに

二代目ATTASアイアンは115を選び2番手ずらしで、藤本技工のST99アイアンに入れました

T島的には初代ATTASアイアンにこの、ATTAS FFアイアンは似ていると感じてます。手元はしっかり目ですが、手元から真ん中にかけてしなりがありタイミングの取りやすさを感じます。T島は2番手ずらしたので、更にこの傾向が顕著に出ます。そして先端剛性が高いので、インパクトのヘッドの入りが安定します。

以前のものは、先が動いてボールをシューンと上げてくれたのですが、ATTAS FFはこの動きが抑えられていて、打ち出しがやや低めです。しかしその分安定感があります。かなりいい感じです!!!

実は初代ATTASアイアンのシャフトは、まだウエッジに入れています。コレがいい仕事するんだよねぇ〜大好きだったシャフトなので、このシャフトをウエッジに入れるかも知れません。実は54度のウエッジにも入れました!!!

58度にはATTAS FF95を入れたいと思う けっこう惚れた・・・

ではまた明日



ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


カテゴリー フレループ, 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは受け付けていません。