アナライズstoreblog

2018年06月06日あの人気アイアンの後継がスクープされてます!&新しいオンプレーンドリルを習った!!

昨日は早朝から赤羽ゴルフ倶楽部へ

アナライズ研修会でした。マーク金井は、本日プロギアさんが主催するRSカップへ出場するのですが、その最終調整がしたかったようです。ティショットを動画撮影して、チェックしていました。

T島はと言うと、毎ショット打つ前にフレループで素振りをして、ショットを打ちます。いつも最初はいい感じで打てるのですが、どんどん悪くなる とマーク金井にいうと

「毎ショットやったほうがいい!!競技の時はアカンけど 」

と言われて実践してみました。やっぱりラウンド中も振ったほうがいいですよ。なーんて書くと、コイツらスロープレーじゃん と言われそうですが、6時5分ティオフでホールアウトは6時30分と、2サムで1時間25分でした。我々にしてはゆっくり目のペース

ちなみに前の組はお一人様だったのですが、同じぐらいのペース。後ろの組は2サムでしたが、1ホールちょっと離してホールアウトでした

そしてすでに、1年半を費やしている、オンプレーンへの修正ですが、いよいよ最終コーナなのか?という感じになってきました!!! T島は切り返しで、ヘッドと手が一瞬同じ方向へ動いてしまうのですが(まあドローには必要な動き)左腕の回旋をすることで、これが無くなると言う理解でしたが、もう一つタネと仕掛けが必要だったのですよ!!

さてこのドリルどういう意味があるのか? サラッと書いたヘッドと手の動く方向は??

こちらはマーク金井の有料メールマガジン マーク金井の書かずにいられない で連載しています、オンプレーンの真実 の昨日の号と来週の号で詳しく説明しています

ちなみに有料メールマガジンは↓こちらからご登録いただけます

マーク金井の書かずにいられない(ご登録は↓こちらから)

よろしくおねがいします。ということでこの動きを、教わってから左に振ってもボールが左に行かないことがわかりました。左に振れば振るほど、ボールは右に飛び出すんです。なんだかいい感じです。

マーク金井先生ありがとうございました。

何やらこんなものがツイッターに

ピンi210アイアンだそうです。なんかかなりシャープじゃん!!!実物が見たいっすね

そしてGLIDE2.0 ES Stealth

コレ良さそうです。何やらピンのウエッジ、ルール大丈夫?ってぐらいスピンが入ると女子ツアーでは話題だそうです。58度はコレ買おうかなぁ

ついでにこちら、塚田好宣プロのツイート、54度の使用頻度が急増しているとの話。T島もブログで書いてますが、使い始めると

コレでいいじゃん!

と思うのが54度なんです。T島ですが、タイトリストさんのウエッジフィッティングに伺った時に、50度、56度を勧められて、データを計測してみると、ずっとつかっていた58度は、10球に一球ぐらいあまり寄らないことがあるんですよ。56度はそれがないわけで・・

そして、緊急用に60度を入れたら??って言われていたんですね。普通は56度使って、ロブを打ったり、深いバンカーとかでは60度とかを使うことをオススメすると言われました。ジョーダン・スピースがまさにそういうセッティングだそうです。

その時にふと思ったのが、56より54のがやさしいんじゃない? 58度から56度でアレだけ効いたんだからって思って54度にしてみた。結構慣れが必要みたいですけど(だってそもそも58度だったのが54度になったので、打ちすぎる)

極端なミスが減って、ダボは減ってボギーが増えるみたいな(汗)まあ現状は安全にそこそこ寄せれるけど、奇跡の一発は減ったって感じ、もっと慣れると違うとは思うんですけどね

ということで、あなたのウエッジのロフト構成、ホント見直してみませんか??

もうすぐmmウエッジのロフトバリエーションも増えますんで

現在 50、52、56、58度ですが、46、48、54、60度がもうすぐ追加されます。

ということでまた金曜日に


話題の練習器具フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


カテゴリー フレループ, 新製品情報

コメントは停止中です。