アナライズstoreblog

2018年06月08日疑問解決! このドリルをやると、アプローチがシュッと打てる

YouTubeのアナライズチャンネル

新しい動画配信開始しました

マーク塾その③回目です。前半はいい話です。後半は・・・脱線したようなしてないような(汗)

是非ご覧下さい

はいこちらの動画、脱線しますスノボのターンと、スイングには共通点があるのはわかりますが、それをスノボをやらない人に説明してもわかりやすいとは限らないんですけど、なんとなく面白いのでそのまま残しています

とは言え前半は結構マニアックで本質的ですからお時間がある方は観て欲しいと思います

さて関東地方は梅雨入りしたようですが、このブログがアップされる頃には、梅雨の晴れ間を縫って千葉カントリークラブ梅郷に行ってムフフな新製品をテストしていると思います。このコース大好きなんですよね 帰りにこの近くにあります、アナライズのお客様で、広島出身の方が通っているお好み焼き屋(たまや)に寄りたかったのですが、時間が合わない〜(泣)

えーっと巷は、片山晋呉プロのプロアマ問題で揺れています。まあプロゴルファー、色んな人がいます、トーナメント行ってもいろんなプロが居るなぁと思います。私の親しいプロゴルファーは素晴らしい方ばかりでこんなこと信じられないのです。でも有名な方は・・・・活躍された方に多いですね。

この機会にいい方向へ向かうことを祈っています。色んな意見が出るといいかとおもいます

さてこのドリルですが

この動画ですが、多分2年前のT島が観ても、あまり響かなかったと思うんです!!というのもの、2年前はハンドファーストインパクトがテーマだったんです。いや↑このドリルはハンドファーストインパクトへの近道なんですけど、2年前のT島はハンドファーストにインパクトするために

↑このドリルの真逆をやっていたような

これがゴルフの難しいところです。ハンドファースというとインパクトでハンドファースになっている図を思い浮かべます

こんな感じ・・・しかしこのドリルの左手の使い方をすると、ハンドファーストじゃなくてヘッドを振り出しているんだから、ヘッドファーストになるじゃん!!!ってイメージを持つと思います。

あとすごく手首を使って見えるのですが、手首は使ってないのです。手首をフリップするのでなく・・・

これがキモかも?!フリップと腕の回旋の違い(マニアック過ぎ?)

この動きは、左手一本でクラブを振り出した瞬間に、肩甲骨を後方に動かしながら、左腕の付け根から回すと上手く出来るような気が・・・(正しいかどうかは)

マーク金井の有料メールマガジン マーク金井の書かずにいられない の来週火曜日の号で詳しく説明するはずです

ちなみに有料メールマガジンは↓こちらからご登録いただけます

マーク金井の書かずにいられない(ご登録は↓こちらから)

この動きがちゃんとできれば、ハンドファーストなインパクトに近づくのですが、できないころは、その瞬間の形にとらわれてしまい・・・

逆に・・・こんな動きを誘っていました(泣)

T島もこの左腕の回旋が5段階ぐらい進化していまして。多分今回が最終ロケットだと思うのですが・・(違ったら泣く)

その度にアプローチが良くなっていきます

えーと今、不祥事で問題となっていますK山S呉さん、プロアマの態度は存じ上げませんが、ゴルフの練習の継続力は素晴らしいものがあります。ゴルフ竪琴、フレループ

良い!と思ったら継続しまくります

そのK山さんが、たぶん20年ぐらい継続しているのが、片手打ちのアプローチです。T島も昔、真似しましたよ。まず左手一本で20ヤード、右手一本で20ヤード、両手で20ヤードという練習です。昔は雰囲気ばかり真似して、本質を見てなかったなぁと思いました。この時の左手の1本がとっても難しくって苦労しましたが、いま考えるとこの動きだったんだとおもったわけです。

パターっぽく動かす(20年前)

 ↓

左手首をフリックさせる (5年前)

 ↓

左腕の回旋させながら、体に引き付ける(半年前)

 ↓

左腕を回旋させながら、体に引き付けるのだが、方向がグリップエンドが飛球線の逆方向に戻るような方向で、なおかつ肩甲骨を後ろ(背中側)に動かす(現在)(このT島の表現が不安な人は、マーク金井の有料メルマガ「マーク金井の書かずにいられない」の次号をチェック)

と言う感じで今回劇的にアプローチの軌道が変わったことを実感しました。5年前も、ちろん半年前も実感してブログに書いたりしたのですが、ようやくプロ達がやっていた動きに近づいたというわけです。

この動きですが、マーク金井に言われるまで えええ こんなにやったらハンドファーストにならないじゃんとか、逆にヘッドファーストじゃんとか思っていた動きなんですが、アイアンとかスパーンと打てるし。イメージと真逆だったわけです。

このドリルをやったあとのフレループでの素振りですが・・・かなり違います(驚くぐらい)フォローで時計の金具がやや気になるぐらい

ということで、迷ったら逆をやってみるとか、迷ったらYouTubeの動画を観るとか、アナライズのセミナーに来るとか、フレループでいろいろやってみて下さい

話題の練習器具フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

ではまた明日


カテゴリー フレループ, 未分類, 疑問解決!!

コメントは停止中です。