アナライズstoreblog

2018年06月11日日本で一番速い試打インプレッション プロギア新RS、RS-Fドライバー

YouTubeのアナライズチャンネルで
6月11日21時にマーク金井のここだけの話 生配信します


一昨日は、湘南国際村にあります。Ven!Kitchen&Dog GardenでBBQを、こちらワンコが沢山走り回っています

かなり癒やされました。T島は柴犬ラブなんですけど、この巨大なMarlyちゃんの優しさにメロメロでございます。そして昨日のゴルフの練習に行きたかったのですが・・

疲れていたので、ゴロゴロしておりましたら 飛び込んできたのが

ミッスー今季初優勝!さすが逆転の成田です

宮里藍サントリーレディース! 藍さんのはじめての冠トーナメントをまさかわたしの名前が初めて刻まれるとは… ほんとに光栄すぎてやばいです。 わたしを支えてくれている、全ての方に感謝です一杯です。 1つ欠けてもここにはこれない。 わたしにとって、かけがえのない一勝を刻むことができました。 、 、 …藍さんを思う気持ちは誰にも負けないってことでみなさん理解してくれたでしょうか。笑笑 愛してます藍さん🤤❤ 、 、 そしてセレナ! いつも待っていてくれてありがとう😊 できた嫁です❤❤ #宮里藍サントリーレディスオープン2018 #六甲国際ゴルフ倶楽部 #サントリー #ONWARD #23区 #EYEVOL #ジャガーレンジローバー横浜 #安福一貴 #井上透 #南秀樹 #キャディの小畑さん #pxg #大蔵ゴルフスタジオ 、 、 #そして約束していた #花組ポーズ!!!! #やったぞー!! #もっとキザればよかった #心の支えの宝塚

成田美寿々さん(@misuzunarita)がシェアした投稿 –

ということで勝手に祝勝会をやってました

さて今日のブログどうして公開が遅かったのか??と思ったでしょ? それはですね

久々

日本で一番早い試打インプレッション! 

プロギア 新RSシリーズ

はい!!! プロギアのRSシリーズモデルチェンジです!昨年度にドライバーだけRS2017が出ましたが、これはイレギュラーというか、RS−F2016が、発売後にルール適合から不適合に変わり、回収するという事件がありました

その御蔭でこちらが↓世の中に出回ることにRS−Fプロトタイプ

そこからRSシリーズの2017を経て、今回新RSシリーズ登場とあいまったわけです。このRS−Fプロトタイプ、今季の新製品をいろいろ打ちましたが、なんとなくT島のエースドライバーに収まっております ということで期待マックスです。

まずはRS-Fドライバー。コレには期待するでしょう!

ウエイトは2つから1つへ、見た目もかなり変わりました。新しい感じが出ましたね・・・

顔は相変わらず構えやすいです。お馴染みのWクラウンの段差もあまり目立たなくなりました。これは9.5度を1度立ててるポジションですね。マーク金井はこれでぶっ飛ばしてましたわ

9.5度でもボールは上がります。やはり初速が速いなと感じます。そして高初速エリアはかなり広く感じました。

どこの当たっても結果的に飛んでます。まあそれなりに曲がりますが、曲がっていても飛んでいます。新RSはプロギアのデータによると、CT240位上のエリアが、840平方ミリ、で最近のドライバーの平均の約4倍広く、CT245以上のエリアが、416平方ミリで最近のドライバーの平均約9倍広いそうです。

何だが飛んでます!!! RS-F2017は、高反発なのにスピン量が少し多めに感じたのですが、新RS-Fは少し抑えられているようです。T島が持っているiDナブラRS01の低スピンにはかなわないですが、新RS-F適度に低スピンでいいポジション取りできるドライバーです。

そしてRSです

初代RS、RS2017ともT島は打つのにかなり苦労しました。というのも凄く捕まりがよく・・っていうか捕まりすぎて、左へのミスがでるからです。試打クラブはRSの9.5度と10.5度、RS-Fの10.5度、9.5度と4本で、普通色々テストするのですが、途中からMKさんとKKさんが、試打ラウンドなのに勝負に走り、RS-Fの9.5度と10.5度のロフトを自分好みに変更してそればかりつかい・・・

KKさんはRSを一度も打たずに終了するという体たらくぶり。あばれはっちゃくのお父さんなら、「父ちゃん情けなくって涙しか出ねぇ」というでしょう。試打ラウンドなのにスコアをつけまくる編集者とかいますが、何しに来てんだ?と思いました

ということで仕方なくT島はRSを使う機会が多くなったわけですが、以前よりも少し捕まりが抑えられています。重心距離も少し長くなったようです。かなりニュートラルになった気がします。

このRSですが、歴代捕まりがいいのに、フェースが左を向いていないのが特色でした

今回も同じ傾向です。顔を気にするけど、ボールが捕まるドライバーが欲しい人には最適なドライバーでしょう。スライスなのにドローが出るという感じではありませんが、スライスな人が、フェードになって反発がいいから飛距離が出る と言うドライバーです

左右の打点のズレだけでなくて、上下の打点のズレにも強いです。ちなみにプロギアのデータによるとRSとRS-Fだと、RSのが高反発エリアが広いそうです!!殘念ながらその差は感じなかったけど・・・

ちなみにRSのほうが重心位置も深くなっています

以前だったら、RS-Fだけでいいかな?と思っていたのにRSでもいいじゃんと思える新RS、純正シャフトがですね

三菱ケミカル Diamana for PRGR

このディアマナ純正シャフト史上、一番、本物(失礼)というかアフターマーケットのディアマナに似ています(BFカラーですね)

いただいた資料には全くシャフトの細かいデータが載っていないのですが、重さが50グラム台の癖のないシャフトです。やっぱり色と同じくBFに近い感じのシャフトかと思います

長くなってしまったので今日は、新しいウエッジだけ紹介してあとは次回にでもご紹介しましょう。

新RSウエッジですが ヒールとトゥ部分をしっかりとエグっています

素材はS20Cという特に柔らかい鉄を鍛造してます。ワイドソールですが、両サイドを落としているのでいろいろと使いやすいです。ややこしいことできます

少し歯が出てますねスコアリングラインはなんとなくヒールに寄っているように見えるのはトゥ部分が広く見えるからかなぁ 新しいRSスピンと言うボールのスピン性能が向上したのも相まって、よく止まってくれます。やさしいのにスピンが効くって感じのウエッジです。

こちらのウエッジにもDiamana for PRGRというのが用意されていました。重さは60グラム台かな カッコいいですね。シャフトバリエーションが多いのも魅力です

ニューダイナミックゴールド105と125、PRGRと日本シャフトの共同開発のウエッジ用スチール、そしてDiamana for PRGR と4種類

発売はいつなのかまだ聞いてなかった。本日発表と同時にインプレッションしました

この写真は プロギアのNさんに、フレループの新ドリルを教えているマーク金井です

その動きはこちら

T島が先日教わったドリルのスローバージョン(スローに動かせるマーク金井がすげー)

T島今回RSが普通に打てるようになったのは、新RSの特性が少し変わったこともありますが、オンプレーン感がフレループドリルのおかげでできるようになったからかと思います。ってことで

話題の練習器具フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

ではまた水曜日に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


カテゴリー フレループ, 新製品情報, 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは停止中です。