アナライズstoreblog

2018年07月11日疑問解決?!クラブの寛容性について考える

西日本、特にT島の故郷である広島、そしてお隣の岡山が豪雨の被害にあってます。T島の実家は大丈夫だったようですが、仕事でかけまわった場所や、ゴルフの練習へ行ったところなどがひどい被害にあっております

T島としては出来ることは限られておりますが、こちらで寄付させていただきました

ゴルフ仲間もこんなことを↓ せめてもの応援でシェアさせていただきます

ワールドカップ、ベルギーがフランスに破れましたね。フランスがやっぱり優勝かなぁ なんて思わせる試合でした。いよいよ明日には決勝戦のカードが決まります。T島的には、3時からの試合が一番見やすい時間帯です。

夜遅くなると眠いっす

昨日は、神宮球場で野球観戦に行きました。ヤクルトvs巨人 阪神ファンのT島にとってはどうでもいいカードですが、こういうどうでもいい試合を観るのが好きです

ゴルフのトーナメントですが、無音なんで音を出す事に気を使います。PGAツアーのフェニックス・オープンみたいに、スタジアムでビール飲みながら観たいですね。

またまたゴルフ道を突き進む人からは、文句言われそうですが、3月にアメリカ行ったときに、カートから音楽流しながらプレーしたんですケド、まったく気にならずいい感じでした。昨年のKBCオーガスタの18番、9番当たりでも音楽流していましたが、プロも気にならないって言っていました。

そしたらファミリーできて子供が声を上げても気にならないと思うんですよね。JGTOで実験して欲しい取り組みかも。日本ではパナソニックオープンでタケ小山さんがDJやったりしていますよね。

野球を観戦して思うのですが、飽きさせない努力がすごいです!!!野球よりすごいのが、オーランドで観たNBAです。すごいエンターテイメントで、試合も面白かったがけど、ハーフタイム(クオータータイム??)のアトラクションがすごい!!!

野球が3時間ぐらいなのに、ゴルフは6時間以上かかります。↓MMT9みたいに9ホール、なら、短いので頑張ってみようかと思いますが、18ホールだとかなりつらいです

超私的な提案  9ホールでプロトーナメントを開催するメリットとは!?

さてさて、色々と秋の新製品情報が入っております

まあ新製品レポートは随時入れていきます。ああそうそう こちら打ちました

マスダゴルフ M425/S

こちらのウエッジは名器 マスダゴルフM425をストレートネックにしたウエッジ。M425と言えば、ジャンボ尾崎が使っております。んでT島の周りの人で使っている人がやたら多いウエッジです。大蔵ゴルフスタジオのMr吉田、ひさみっちー、イラストレーターの野村タケオさん、QPさんこと関雅史プロ、クラブコーディネーターの鹿又さん、ギアライターの児山和弘さんなどなど、業界の人の使用率NO1ウエッジでしょう

んで、T島も欲しいなぁと思っていたんですが、マスダゴルフ代表、増田雄二御大に、「T島には作ってやんない」と怒られるので、買ってません。

っていうかさぁ

「このM425ってグースが良いから売れてたんじゃないの?それで要望があるからストレート作ってどうすんの?」

とぶっちゃけ思ったんですが、打ってみると・・・

凄く良かったです!

ソールが気持ちよく地面に当たります。ソールが生きてる感じです

はい、ただM425をストレートにしたわけじゃなくて、ソールはストレートネックに適した形状にしてあるらしい。構えやすいし、スピン量もしっかり入りました。しっかりと宣伝しているのに、御大にいじめられてばかりで理不尽さを感じています。まあでも良いものは良いのでイイですけど

さて、今日はクラブの寛容性のお話です

寛容性、まあミスの強さのハナシです。以前も書いたことあるかなぁ 昔、某社がクラブのテストを毎年ドーンと1月2月ぐらいにやって、発表するという企画がありました。その時に、上級者のコメントとして、寛容性が高いと言うのを取り上げたら

「寛容性が必要なのは、上級者じゃなくて、初級者で、初級者のコメントで取り上げてくれ」

と担当の人に言われたことがあります。「ハァ?寛容性っていうのがわかるのは、打点が安定している人だけなんだけどなぁ〜、わかってねぇな」と思ったんですよ。もちろん初級者が知りたいポイントではあるんです。

しかし打点が安定しているからこそ、ミスした時に許してくれるか?そうでないか?がわかるんです。

たとえばこの↑ 一番狭い白いスポットにだいたい当たるから、ブルーや、赤のラインに当たったときの挙動の違いがわかるんです。初心者というのは、赤いラインの何処かにあたっているのが普通、それを超えたらミスになるわけで、白やブルーの違いがわからないのです。

プロゴルファー、それも一流ツアープロは更に打点が安定しています。例えば、マッスルバックのアイアンが、モデルチェンジするとしますねすると

「まえの◯◯よりも、やさしくなった」

なんてそのメーカーの契約プロがコメントするんです。それを読んで「じゃあ俺でも打てるようになったのかな」なんて思うわけですケド・・・ そうは問屋が卸さない!!!!

ツアープロは超絶に打点を変えて打てるからこそ、その寛容性の差がわかるんです。しかしその差に収まらない人は

よくわからない

ということになります。初心者だとマッスルバックもハーフキャビティもよくわからないと思います。といっても重さであるとかシャフトの硬さなどが揃っていることが前提です。ミスの度合いが酷いと何を打っても変わらないと感じることも・・・

T島ですが、キャビティアイアンを使って、これはやさしいな〜と感じるのは、ショートアイアンはすごく感じます。ミドルアイアンとかでギリギリ、ロングアイアンになるともはやよくわからない(汗)

しかしここからが大切です!!!

よくわからない だから 難しいアイアン使っても一緒 ではありません。出来る限りミスヒットに強いものを選んだほうがミスになりにくいです。T島が5番アイアンを抜いてユーティリティを入れているのは

確実にUTのがミスに強いと感じるからです。これは感じます!もちろんアイアンもかなりミスに強いアイアンなのですが、やっぱりウッド型UTはミスに強いと思います

ということで、是非一度ですね27度ぐらいのUTと5番アイアンを比較して欲しいと思うんですよ

こちらお求めやすい価格となっておりますので是非

bnr_store_mulligan_ut (1)

マジックマリガンUT ←クリック

っていうか・・・

寛容性ってわかるようでわからないのですよ!でもわからないからこそ、寛容性があるクラブを使ったほうが良いと思います

では また金曜日に


ご好評いただいておりますゴルフの竪琴、スーパーシャット君ですが

pr00001

ゴルフの竪琴 マーク金井の解説DVD付き

¥15,120(税込)

pr00009

アナライズオリジナル練習器具 「スーパーシャットくん」解説DVD付

¥10,800(税込)

7月中旬より付属のDVDを廃止し、取扱はYouTubeの配信に切り替えさせていただきます

DVD付属をご希望の方は、早めにお求め下さい


カテゴリー アナライズのクラブ, 疑問解決!!, 調べてみました

コメントは停止中です。