アナライズstoreblog

2018年08月03日テーラーメイドMグローレを日本でそこそこ速く丸裸にした。

マーク金井のここだけの話 8月6日21時から生配信決定

今回はマーク金井が、皆さんの質問にお答えする、オールリクエスト特集となっております。マーク金井にコメント欄にて質問してください。(コメント欄にコメントするには、YouTubeのアカウントを作って、アナライズチャンネルのチャンネル登録して頂く必要があります!ぜひこの機会に、チャンネル登録お願いします)



暑い暑いと毎日書いてる気がしますが、ほんとに昨日、一昨日が一番熱かった気がします。一昨日は薄暮プレーに行きましたが、ほんとヤバかったっす。

動画では素振りもチェックするので、いつもはやらない素振りを2回もしていますが、実際は3人共、もっともっとサクっと打ちます。T島ですが、この動画で打っているのは、YONEXのE-ZONE GTドライバー。月刊ゴルフダイジェストのD1グランプリでも準決勝まで残っていましたね

それに、USTマミヤのTHE ATTASの4Xという組み合わせです。もともとE-ZONE GTは、捕まりの良いドライバーなんですが、THE ATTASのオンプレーンに打つとフェードになりやすいと言う特性がうまくハマって。登場回数がかなり増えそうな組み合わせです

さて、水曜日はテーラーメイドの新製品発表会の模様をレポートしましたが・・・T島は試打クラブをお願いして、早々に送っていただきました。そしたらやるしか無いでしょう?

日本で結構早い試打インプレッション テーラーメイドMグローレです

飛距離データなどは、採ってますが、どんなドライバーがT島の飛距離では、皆さん欲しくなる距離ではないので、GDOさんのマーク金井の試打インプレッションなどでチェックしてください。もちろん!! マーク金井のYouTube試打、打たずにいられないでも、早々にやります。(たぶん週末には公開します)

現在の最新作は、プロギアのRSドライバーです↓

打たずにいられないですが、次がフジクラのスピーダーエボリューション5、その後、Mグローレとなっております。ただいま編集中なので少々お待ちください。

はい

テーラーメイド

Mグローレ

まず手にとった印象ですが・・・

軽い・・281グラ(Sシャフトの場合)ぐらいしかありません・・・

(シャフト重量が、Sは約50グラム、SRが47グラム、Rが42グラムとなっております)

その秘密はグリップです。専用グリップ、新製品の報道資料によれば33.5グラムです。

皆さんが、普通買っておられるグリップ、例えばツアーベルベットラバー

こちらM60と言う一般的な厚みの場合51グラム。前後

51グラム-33.5グラム=17.5グラム

T島が、愛してやまないIOMICのスティッキー1.8だと

48グラム前後・・・

48グラム-33.5グラム=14.5グラム

ってことは・・もし普通のグリップが入っていたとして、総重量はどうなるかと言うと・・

  • 281+17.5=298グラム
  • 281+14.5=295グラム

何だかんだで、そんなに軽量というわけではなく

300グラム弱のドライバーってことです。

テーラーメイドさんの発表会で、ヘッド重量は195グラムとおっしゃってました、まあ日本のメーカーや、外ブラの日本限定モデルとしてはいたって標準的な重さです。いい感じです。軽いと感じれば鉛を貼れば良いのです。

シャフトは40グラム台(シャフトメーカーもフレックスによってシャフト重さが変わります。40g台を謳っていても、SやXは50グラム前半と言うシャフトは珍しくないですよ)

総重量が軽いと謳っていますが、ヘッドは軽くない、シャフトは少し軽めの40g台、一番軽くなっているのがグリップなだけです・・・ この辺の重量マジックは、偽装というわけでは無くって、大ヒット作のゼクシオはじめ、各社やってます。総重量に関しては、大手量販店のバイヤーさんの強い要請から来ているという業界の都市伝説を聞いたことがありますが・・・

T島的には

「意味ねぇ」

グリップ軽くて振りにくぅ〜と思うんです。(あっだってアンダー星人ですから、シャフトスタビライザーつけてた人ですから、僕が悪いんです)

これはですね・・・けっしてネガティブキャンペーンではなく

むしろ逆です

グリップ変えるだけで、いい感じ!の重さと数字的に感じる人が多いんじゃね??ってことが言いたいのです!!!

とりあえず1発打ってみたんですが・・・

あれ・・いいじゃん!!!

スイマセン。新製品発表会では、「チッ」と誰にも聞こえないように舌打ちしてしまったT島。期待はずれ感バリバリだったのですが、一発打って印象が変わりました。この純正シャフト意外と好きかも。っていうか男前スペックです

振動数

251cpm!これはですね、フジクラスピーダー569エボリューション5のSとほぼ同じ。結構しっかりしてるじゃん!!!かなり意外です

センターフレックスは

3.86です。手元はしっかり目ですが、センターはしなってタイミングが取りやすく、スピーダーらしいしなり戻りの速さがいい感じ。お金かかっている純正シャフトかと思います

発表会で構えた時に、フックフェースじゃないし、意外と悪くないなと思ったんですね

今回お借りしたスペックですが9.5度のS

測ってみると

フェース角は-1度

ロフト角は

10度でした。

ライ角は、メーカー資料によると59度ですが、もう少しアップライトに感じました。ロフト角、フェース角はT島的にはベストです

打ってみるとボールはつかまります。これは、FP値が少ないというか、シャフト軸線にフェースが近いんです。(わかりやすくいうとほんの少しグース的な)あとは重心角が大きいです。

でもフェースが左向いているわけではないので、捕まりすぎてアンコントローラブルになってしまうわけではありません。チーピン野郎には厳しいですが、最近フェードも打てるT島的には、何の問題もありません。

やば!!!いいじゃん コレ

フォージド・ツイストフェースです!! 弾きの良さがグローレの魅力なんですが、ここは相変わらず!!! ツイストフェースですが・・T島、M4を買い、売ってM3 440を愛用しておりますが・・

「効果はよくわかりません」

Mグローレですが、打ってみると魅力的なドライバーであることがわかります。純正シャフトも頑張ってます。

9.5度のSだと、ヘッドスピード43〜45m/sぐらいのスライス、フェードが持ち球のゴルファーにオススメです。ミスヒットにも強いでしょう!!!

T島的に買うか?と言われると・・・買っても良い でも

このネックがネック・・・

やっぱりカチャカチャしたいんです。外ブラの日本限定モデルって、カチャカチャをあえて取っ払っているモデルが多いですよね。エピックスター、ローグスターそしてMグローレなど・・・というのも日本のゴルファーはカチャカチャしないというデータを持っているからでしょう。

アメリカでは、カチャカチャは差別化になるので、ついてないと売れないということで、日本のメーカーも海外向けは、カチャカチャつけてることが多いです。(BS、ホンマなど)

T島ブログを読む層はマニアらしいので・・・(よくマニアックと言われます。いつもどこがじゃ??と思うのですが)何だよ、付けておけよ!と思う人が多いと思いますが、忖度かと思います。ということで買わない可能性が高いですが、勢いで買ってしまう可能性もあり・・・

まあお願いだから、カスタムシャフトも用意して欲しいわけで・・・

それこそ フジクラスピーダー474エボリューション5のSとか、USTマミヤ THE・ATTAS 4のs、三菱ケミカルのディアマナDF 50Sとか・・・

左が怖くないシャフトがラインナップされていれば嬉しい。っていうか Mグローレ・Fとか、MグローレTPとか、Mグローレサブゼロとか(スイマセン)、出してくれよ〜

ってことで。来週ラウンドがあるので使ってみてから返却したいと思います。

ではまた明日


↓石川遼プロも使っている

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

 


カテゴリー 新製品情報, 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは停止中です。