アナライズstoreblog

2018年08月04日クラブを作る人は面白い

週末ですね。今週末は一人なのでどこかに行こうかと思ったのですが、暑いので引きこもろうかと思っています。今、代車なんで乗るのが嫌なんですよね。

といいつついつものように仕事をするのだろうと思います(汗)

来週火曜日は、鳴沢ゴルフ倶楽部なんで、ゴルフはお休みで良いんです!!! 楽しみだなぁ〜

そうそう月曜日ですが21時から

マーク金井 ここだけの話

オールリクエスト特集やります

マーク金井のここだけの話 8月6日21時から生配信決定

今回はマーク金井が、皆さんの質問にお答えする、オールリクエスト特集となっております。マーク金井にコメント欄にて質問してください。(コメント欄にコメントするには、YouTubeのアカウントを作って、アナライズチャンネルのチャンネル登録して頂く必要があります!ぜひこの機会に、チャンネル登録お願いします)

残念ながら、全てのリクエスト(質問)にはお答えできないと思いますが・・できるだけいろいろお答えしようかと話ししています。

ということでしつこいですが

8月6日21時です!!

よろしくおねがいします

T島ですが、ゴルフのお仕事をはじめて20年近く、そして東京に来てメディアのお仕事をはじめて10年弱です。クラブを作っている現場を目にすることがものすごく増えました。その中でも実際に、あーだこーだとクラブを作っている人にも、知っている人が増えましてね

一番昔から知っているのは、ゴールドファクトリーの佐々家さん。東京に出る前からのお付き合いなので20年ぐらいでしょうね

そして マスダゴルフの増田雄二さん

 

このおじさんは、ほぼ同じ年です。作り出すクラブは硬派ですよね。不思議なことに硬派なクラブなんですが、打ってみると

あれ?

と思うぐらいやさしく打てちゃう。

このファストマッスルとか、芯は小さいはずなのに、芯に当てやすいんです。何だこれは??と思い、「なんでなの?」と聞くのですが「教えてやらない」と言われるんですね。

まあWEBサイトを観ても、秘密は何もちーとも書いてないので、本人もよくわかってないのかと疑っています(笑)

でも↓このM425/Sウエッジみたいに、カッコいいけど、そこそこやさしい!!なんてウエッジを作っちゃうわけです

↑など一度打ってみて欲しいウエッジですね

そして昨日のお邪魔したのはムジークさん

ムジークと言えば今

39グラムのボールが人気。社長は「うちはボール屋と思ってる人が増えてる」と言ってました。うちの家人も愛用していますが、たぶんボール屋さんと思っているでしょう。

こちらの社長の吉本さん↓ムジーク裏ブログというのをやってます

面白いです

アナライズと同じ神田に会社があるので、たまに遊びに行くのですが、もういろいろ新製品とか、今から出すやつをいろいろ見せてくれます

オンザスクリューディープフォージドアイアン

マッスルバックとキャビティがありますが、バックフェースはコンピューターミルドです。マッスルの鍛造タネでソールの厚いものがないので、鍛造から作ったそうです。

オマケに一台のCNCマシンで20時間で10個しか作れないとか(汗)

ソールが厚いですよね トップブレードが非常に薄く、打点位置が超肉厚!!!

そして銅下メッキからのメッキをするそうで打感が凄く良い

マッスルバックは打感もよくボールも上がりやすい。キャビティもやさしいのに打感がいいというムジーク史上最高傑作だそうです。えーっとこのヘッドめっちゃお金がかかる加工法をこれでもか!!!と使っているのですが。

お値段控えめで・・「大丈夫ですか?」と聞いたら

「ムジーク10周年だから」

そしてこちら・・・Xspireドライバー。これめっちゃ捕まって飛ばせる!!!と言う話だったんです

T島は、まあかなり治ったとは言え、あまり捕まるドライバーは苦手なわけで、あーそーですか ふーん的な感じだったんですが

「すげー飛ぶから俺が使いたくなって、すこしオープン目で、勝手に捕まるやつ作ったよ」

フェースとクラウンの境目を削って、捕まるけどスクエアにみせる。

オープン目のやつは、さらにオープンで安心感をつける

そんな感じに細かい工夫を忘れません。これがムジークの主力ドライバーになるそうです。(えっオンザスクリューが売れているのに?)

それだけじゃなくて、こんなパターとか

一世を風靡した、元祖超高級シャフトバンブーとか・・・これがまたすごい出るんです

「ムジーク10周年だから」

だそうですが、どの素材を選んで、どう加工して、どこの国のどこの工場で、どんなふうに作らせるか?まあ凄い考えつつ・・・クラブの見た目やデザインにこだわるわけです。すごく高価になってしまいそうな凝りっぷりなんですが、「うち10周年だから」とお求めやすい価格で販売してるんです。

そしてクラブを作る人の最後は、マーク金井さん(汗)

YouTubeチャンネルのコメントに、「こいつはやさしいクラブしか評価しない」と書いてあります(まあ当たりです) が・・アマチュアゴルファーにとって難しいクラブを使うメリットがあるのでしょうかね?

コースや自分と戦うのがゴルフなのに、まずクラブと戦う必要があるなんて効率悪いですよね。プロゴルファーは球を曲げないと、上位に入れない凄いセッティングでゴルフをやってます。曲げれるクラブと、コントロールできるテクニックがあります。

やさしいクラブを使うことで、ミスショットのレベルを上げて、ナイスショットとの差を少なく保つこと。

そのクラブは手軽に買えるに値段にしてます

アイアンよりユーティリティのがミスしにくいなら、ユーティリティに変えようよ!

プロレベルならテクニックを活かせるけど、アマチュアならやさしいウエッジのほうがいいんじゃない?

とか・・・

そんな提案をしてくれます。

三者三様みなさんそれぞれ個性的で、皆さん濃い人達なんですが、それぞれのアプローチでゴルフを愛してます。

アナライズ共々よろしくおねがいします

ではまた月曜日に


 

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

 


カテゴリー T島的ココロ, 新製品情報

コメントは停止中です。