アナライズstoreblog

2018年08月08日Mグローレコース試打!&難コースはパー+0.5作戦はいかが?

アナライズから夏季休暇のお知らせ

8/11~16迄お盆休みとさせて頂きます。

発送やメール返信等は休み明けの営業日より順次ご対応させて頂きます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承下さい。※8/12のセミナーは開催されますのでご安心ください。


えーっと月曜日は、YouTubeのアナライズチャンネルの人気生配信、マーク金井のここだけの話! オールリクエスト特集でした。これはマーク金井が視聴者からの質問にひたすら答えると言う回で、相当面白かったです。

はい↑こちらでかぶっています、マーク金井の帽子。視聴者からも質問がありましたが、ニューエラ社で限定特注した、アナライズオリジナルキャップです!!!!

はい!こちら販売開始しております↑クリック

そしてこちら・・・

アナライズ オリジナルMOBOTボトル ←クリック

■容量:700ml(φ107xH283)
水分補給とストレッチ器具が一つになった画期的なモビリティボトル!
水筒でありながら、筋膜のコリもほぐせる「MOBOT」。ボトル本体がフォームローラーになるので、気軽にどこでもセルフストレッチが可能です。筋膜へのアプローチはもちろん、関節痛やコリの解消にも役立ちます。また、ボトルのステンレスは、BPA(有機化合物)フリー。製品の安全性もお墨付きです。

このMOBOTですが、T島も家で使ってみましたが、かなり気持ちいいです(ウソ結構効きます)やっていると痛いですが、あとが気持ちいいわけで・・・

↓こちらに使用法の動画がありますのでぜひ観てみてね

さてT島ですが、昨日は、T島的パラダイスと言えるゴルフ場

鳴沢ゴルフ倶楽部で、いい部屋ネットレディースと同じティで挑戦。女子プロゴルファーの飛距離を思い知りました(泣)

んで テーラーメイド Mグローレをコースで試打してみました

まずですね。やっぱしグリップが軽いですね。T島が使うならグリップは速攻変えます。(グリップが軽いのでバランスはD5とかとなっておりますから、これは収まるでしょう)

シャフトは全然問題ない感じです! フェードを打ちに行くとストレート。まっすぐ打ちに行くとドローになる捕まりの良さ。飛距離は安定して飛んでます・・・これは聞いた噂ですが「グローレシリーズは終わる予定だったが、日本サイドは売れているので、M4DタイプをリメイクしてMグローレにした」ということを聞きました

 

M4Dタイプ、T島も重心位置を計測したりしましたので、T島的分析がいいますと。全く別物かと思います。(T島的分析ってのが説得力が無いので好き勝手言います) まずはフェースの素材も弾きが違います。顔つきもかなり違うし

↓こちらM4Dタイプのフェース

こちら↓Mグローレ

見た目けっこう違うよーな。M4Dタイプの重心位置を参考にしたというならわかりますけどね。どちらも打ったT島的には、Mグローレの方が捕まりがいいかなと言う印象。これは純正シャフトの性格も影響があると思います。

シャフトを三菱ケミカルから新しく出る ディアマナDFとか入れるとかなり印象も変わるかも・・あと可変スリーブでない分、打った感じは非常に気持ちいいですね。純正シャフトが決して悪いわけではなく、T島がドロー系だからです。

ボールは捕まりますがミスヒットには強いです!

さて、鳴沢ゴルフ倶楽部ですが・・・グリーンが非常に難しいのは皆さんご存知かと思います。

グリーンが難しい=アプローチが難しい

これは何となくわかりますか? グリーンが難しいということは、傾斜が強いであるとか、傾斜が複雑であるとか、高速であるとか、総じてこの傾向が組み合わされての結果、グリーンが難しいということになります

グリーンが難しい=アプローチで寄せたい

という精神的にも追い込まれます。スタートホールでバーディチャンスからのパーでスタートしたT島、何とかいい感じだったのですが、アプローチで無理してしまい、2ホールほどダブルパーというアホなことをやりました。 はいこれぞ鳴沢マジックです(泣)

寄せたい・・・・勝負に行く・・・

60度のウエッジを多用し・・墓穴を掘る。と言う罠。やっぱりねぇ カッコいいけど難しかったわこのウエッジ・・・

はい。これを使えばよかった・・・(持ってないけど)

ということで、後半は・・・こういうコースは、ボギーが基本でいいじゃん。とにかくダブルボギーを叩かないということに注力してラウンドしましたら。パーが5つ取れました。

はい。アプローチで60度を使って寄せてやろうと思わずに、54度でとりあえずパターで頑張れる所に乗せようと方向転換したのです。

これって+0.5戦略と呼んでいるんですけど。パープラス0.5作戦なんですよ。乗らなかったら、しっかりと狙えそうなところに乗せる。ビタビタに寄せなくていい、パターで頑張れる3メートル〜5メートルぐらいのとこでいいやとおもうと、60度の出番は減り、54度を使うことになるわけで・・

とはいえ鳴沢ゴルフ倶楽部に行かれた方はわかると思うんですが、なかなかグリーンの傾斜が難しく、3mのパットなんて一回しかはいりませんでしたけどね。

でもパー+0.5でいいやと思えば。なかなかダブルボギーにはなりません。まあ鳴沢ゴルフ倶楽部のグリーンは、この作戦でも3パットが出てしまう可能性があるんですけど、寄せワンを狙うよりもその確率は限りなく減ります

0.5って四捨五入されるとほぼボギーとなってしまうのですけど、ほぼボギーでいいんですよ。たまに四捨五入されなくて、五捨四入になることもあります。

というか1m以内に寄せようと思わないほうが、結果寄るんですよね・・・

↓んでT島みたいに、カッコいいウエッジ買うと後で後悔するよ↓こっちのがいいよ(クリック)

(54度と60度が欲しい)

ということで 難コースにいったら、+0.5でいいやと思ったほうが結果が良いというお話でした。

ではまた金曜日に


エボリューション5の試打インプレッションがアップされています。

いきなりスピーダーレボリューションと言い間違えています。これワザとだったり(炎上作戦(笑)・・・)

 

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


カテゴリー T島のなんちゃって極意, 新製品情報, 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは停止中です。