アナライズstoreblog

2018年08月10日スライサーならスライスしにくいクラブを使ったほうがいい理由

マーク金井のYouTube試打 打たずにいられない

今回は 10月発売の テーラーメイドMグローレドライバーです


気がつくと今日は8月10日です。

ふぎょぎょ!!(半分青い的な)

早いですねぇ・・・アナライズですが、明日11日からお盆休みですよ。商品は365日24時間WEBよりご注文いただけますが、商品の発送、お問い合わせ電話、メール対応は、16日までお休みです。もちろん12日のセミナーは、開催しますが、それ以外の時間に、アナライズには基本的に誰もいません。

(マーク金井が試打していたり、練習していたりすることがあるかも)

お休み中に、いただいたご注文やお問い合わせは17日から(といっても18.19日は土日なのでお休みです)順次発送、返信していきますのでご容赦下さい

といってもブログには、お盆も正月もありません〜通常通り更新していきますよん〜

このところ、ブリヂストンであったりダンロップであったり、このブログで良く紹介しているMグローレであったりと、新製品情報がバンバン出てきましたね

そしてこの秋注目のタイトリストのドライバーの情報がSNSで上がってきてます

業界の有名な方は、日本でも試打ラウンドとかあって呼ばれたようですが、マイナーなT島は声はかからなかったですね。雑誌とかに書いてるわけじゃないので、インディーズ的な位置づけなのかなぁ(汗) ぶっちゃけ言って、グーグルの検索順位調べてみて欲しいです。インディーズでも意外と検索上位にこのブログあるんですけどね〜

打ってみたかったなあぁ すいませんが他の方の記事を読んでね。

こうなったらインディーズのままT島ブログ頑張ります!

試打ですが、まあT島の緩い試打ですから、購入の際に試打したくなってもらえれば嬉しいなぁぐらいの効果があればいいなと思います。ドライバーに関して言えば、まずはヘッドの特性をチェックしますね。特性を決めるのは重心位置です

  • 重心距離(ボールの捕まりに影響を及ぼす)
  • 重心深度(ミスヒットの強さ、慣性モーメントの多さも関係)
  • 重心高(実質的な重心高→ゴルフクラシック的には重心高2です)

これがわかれば、だいたい特性がわかります。発売前、発売したてのドライバーは、ゴルフクラシックさんの重心ハンドブックには載っていません。マーク金井さんなどは、シャフトがカチャカチャット外せるものは、計測して把握していたりします。

あとヘッド重量が知りたいですね

外せないものは無理だけどね

加えて

  • ロフト角(リアルロフト角)
  • フェース角

ロフト角は表示通りの場合がほとんどなくて、測ってみると差があります。製品誤差の場合もありますが、表示ロフトとリアルロフトどれぐらい差をつけるか?!というのは、メーカー的にはかなり意図的に差をつけていると思います。この傾向を知ることで、メーカーさんの意図を探ることが出来ます

そしてフェース角

スライスや、フックを止めるなら、インパクト時のフェース向きが非常に大切です。ということは、フェース角というのは球筋にとても影響を及ぼすのですよ

なのでだいたい打たなくても、ヘッドはほぼ特性がわかります。残念ながらシャフトは、パッとみただけではなかなかわかりません。ワッグルすると雰囲気がつかめますが、なかなか難しい・・・まあ打てば雰囲気はつかめますけどね

ということで、打つまえにだいたい把握できます。まあMグローレなどは、打つ前から「T島とは相性がイマイチだな」とわかるんです。「ボールが捕まる」というだけで、あーーとおもうわけです。クラブメーカーは、ヘッドやシャフトの性格を決めるために、いろいろ設定して、対象ユーザーをハッキリさせます。

しかし使う側・・ゴルファーは

飛ぶドライバーない?

とかなりアバウトというか、飛ぶドライバーとか質問としては「かなりAHO」な質問かと思います。アナライズのセミナーで、参加者に自分のドライバーを持ってきてもらうことがあるんですが。スライスで悩んでいる、スライサーですっていうのに・・・

タイトリストの917です とか ピンのG400です とか テーラーメイドM4です

とか持ってこられるんですね。それでいて「マークさんのブログ欠かさず読んでます」であるとか「T島さん、いつもブログ読んでます」なんておっしゃっていただけるんですけど・・・あの・・えっと・・すいません

「どこ読んでるんですか(泣)」

確かに、タイトリスト新しいのカッコいいっすよね! ピンG400LS-TECいいっすよ!、やっぱタイガーが使ってるテーラーのM3でしょ!って気持ちはわかるのですが、わざと険しい道を歩むのはやめましょうよ!!!

もちろんセミナーに来て、シャフトのキックを使いたいから、イージーフレックスEF009の使い方をマスターしたい。

pr00012
¥17,280(税込)

とか

フレループでハンドアクションを覚えたいという

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

気持ちはわかりますが・・・

スライサーだったら、まずは捕まるドライバーを選んで欲しいのです。

ちなみに、テーラーメイドのMグローレを、スライサーの人に試打してもらった結果のデータがコレ

これですね。アウトサイドイン軌道(-5.1度)に入っていて、インパクトのフェース角が2.4度開いていて、おまけに-5.5度打ち込んでいるという、すげースライスが出てもおかしくないのに・・・

ボールがほぼまっすぐ、そして意外と飛んでます。ボールが捕まり、低スピンで飛ばせるというわけです。これがもし、新しいタイトリストのドライバーだったり、同じテーラーメイドのM4だったら、すっごいスライスになるはずです。

もちろんスライスを根本的に治すことはとても大切ですが、スライスしやすいドライバーを無理やり使う弊害というのがあります。T島はフックの度合いがかなり減りまして、苦労したのが・・

球筋に対する慣れです。

もうそんなにフックしないと思っていても、ターゲットに対してまっすぐスタンスを取る、もしくはもう少し左を向く。これが怖くてできない。球筋の変化よりも、この向きの違和感を取るほうが時間がかかります。

左にOBがあるのに左にスタンスを向けて、左にクラブを振り抜くことはとても怖いのです・・・

フッカーだったら、左に行きにくいドライバーで 左を向いて思い切り左に振り抜くことを覚える。

スライサーだったら、右に行きにくいドライバーで、いつもよりも右を向いて振っていくこと、どちらもとても怖いのですが、スイングが治ってもこのハードルに必ず到達します。ですから球筋にあったドライバーを選んで欲しいと思います

ってことで・・・

また明日ね


はい!こちら販売開始しております↑クリック

アナライズオリジナルキャップ(数量限定)

そしてこちら・・・

アナライズ オリジナルMOBOTボトル ←クリック(こちらも限定)

■容量:700ml(φ107xH283)
水分補給とストレッチ器具が一つになった画期的なモビリティボトル!
水筒でありながら、筋膜のコリもほぐせる「MOBOT」。ボトル本体がフォームローラーになるので、気軽にどこでもセルフストレッチが可能です。筋膜へのアプローチはもちろん、関節痛やコリの解消にも役立ちます。また、ボトルのステンレスは、BPA(有機化合物)フリー。製品の安全性もお墨付きです。

よろしくおねがいします

 


カテゴリー T島のクラブ指南, 疑問解決!!, 調べてみました

コメントは停止中です。